滋賀 県 緊急 事態 宣言。 新型コロナ:若者ら「帰省あきらめた」 愛知再び緊急事態宣言 :日本経済新聞

滋賀県の緊急事態宣言延長に伴う休業要請緩和の動き|しがジン│滋賀の情報発信マガジン│滋賀の情報をママ目線で発信

滋賀 県 緊急 事態 宣言

毎日が日曜日になって以来、私の生活の柱は「スポーツジム通い」になった。 それまで何度もチャレンジしながら長続きしなかった「スポーツジム通い」が毎週1〜2日の頻度(と言えるか?)行くようになったのは、そのジム併設のお風呂が「天然温泉」だという施設(水春)が片道7キロのショッピングセンター内にオープンするという広告を目にしたからだった。 しかも、早く申し込めば10%割引!会計学者でなくとも気持ちは動くのではないか。 オープン前に申し込んで、早速通い始めたのが去年の3月。 近所のおごと温泉の泉質の良さは経験済みだが、この水春の泉質もなかなかのもの。 しかし、定年退職までの1年は結構忙しくて、運動嫌いの私は、ついつい「ジムはサボって温泉だけに行く」日が増えてしまう始末。 ところが、毎日が日曜日になると、ジムをサボる理由が見つからず、自然にジムの回数が増えることとなった。 そうなると、運動嫌いと言っても、NHKの「みんなの体操」や時代劇専門チャンネルの「朝の時代劇体操(いとしの土方様)」くらいはなんとかついていける身が、やがてクロストレーナーで脈拍130を目指すようになり、ラットプルダウンで特定の筋肉を意識するようにも。 ペースが上がってきたところで、緊急事態宣言を受けてジムも温泉も閉鎖!仕方なく近所を散歩するようになったものの、ポケモンGOのリウォードのハードルは高く、もう一つ気乗りしない。 ましてや、自宅のお風呂は温泉ではない。 世の中は、コロナに加えて理不尽なことばかりがニュースで報じられ、鬱陶しいことこの上なし。 我慢、我慢、我慢の毎日・・・、ようやく緊急事態宣言の解除を受けて16日からジムも温泉も再開。 ゆっくり温泉に浸かりながら昨今の理不尽な諸事に考えを巡らせていると、新島襄が勝海舟に「同志社の完成まで200年かかる」と言った故事の重要さがじわじわ皮膚から染み込んでくる。 こんな気の抜けたような悠長なブログを書いていていいのか?講義やゼミで話すチャンスがなかった、あるいは最近の学生には受けなくなった話のネタが山ほどあるんじゃないか?リモート講義が一般的になった今、単位は出ないけれど「百合野の監査論」をリモート講義で提供することも可能なのではないか?といった、いろいろな事柄を自問自答しながら、琵琶湖の綺麗な景色を眺めている今日この頃です。

次の

滋賀県の緊急事態宣言が解除されました!|しがジン│滋賀の情報発信マガジン│滋賀の情報をママ目線で発信

滋賀 県 緊急 事態 宣言

政府は、新型コロナウイルス感染症拡大防止にかかる緊急事態宣言を解除することを5月25日に発表しました。 あわせて、「新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針」も改定し、「新しい生活様式」の定着を踏まえながら、「一定の移行期間を設けつつ、外出自粛や施設の利用制限の要請を緩和しつつ、段階的に社会経済の活動レベルを引き上げていく」こととしています。 また滋賀県は、「コロナとの付き合い方滋賀プラン」に基づき、現状を引き続き「警戒ステージ」と位置づけ、「リスクの大きい場所や活動については制限を行い、リスクの小さい場所や活動については十分注意するか一部制限したうえで実施」するよう要請しています。 滋賀大学では、以上の事態を踏まえ、5月31日を期限として定めてきた 「学生の構内立ち入り禁止措置」を6月1日より段階的に緩和する方針です。 あわせて学内施設の利用についても、感染防止対策をとりながら、段階的に制限を緩和していく計画です。 来校に際しては、以下の事項に留意し行動してください。 ・不要不急の来校は引き続き避ける ・来校時には、検温など体調の確認を行う(風邪症状や発熱など体調不良があるときは外出しない) ・来校時はマスクを着用する なお、すでに発表しているように、 2020年度春学期の授業については、オンラインで行います。 ただし、感染状況の変化を踏まえ、今後春学期中に、感染拡大防止を取ったうえで、必要な範囲で少人数の演習や実習、実験などの授業について、対面での授業を実施する可能性があります。 その場合も、オンラインでの授業参加機会もあわせて確保するなど、遠隔地に居住する学生への配慮を行います。 6月1日からの大学への入構及び学内施設の利用について 入構 入構は許可します 入構時の検問は行いません。 彦根キャンパス 学務課教務係 0749(27)1031 大津キャンパス 教育学部教務係 077(537)7707 各学部・研究科から受講について指示がある場合は、それに従ってください。 申請、手続きのための来校 入構は許可します。 指導教員等との面談や進路相談、 カウンセリング等のための来校 入構は許可します。 担当教員、相談担当者の指示に従ってください。 引き続きオンラインによる面談を推奨します 大学院生研究室の利用 利用可能です。 各研究科の指示に従ってください。 利用状況によっては制限する可能性があります 図書館 開館時間10時から15時 利用時間は2時間以内を目安とし、マスク着用など感染拡大防止のための指示に従って利用してください。 詳細は、からの情報を参照してください。 情報基盤センター 開館時間10時から15時 利用時間は2時間以内を目安とし、マスク着用など感染拡大防止のための指示に従って利用してください。 詳細は、からの情報を参照してください。 課外活動 段階的に活動の制限を緩和します。 新型コロナウイルス感染症拡大防止のための課外活動指針に従って活動してください。 指針については、(PDF)を参照してください。

次の

緊急事態宣言後、自己破産を申請 滋賀・ロイヤルオークホテル

滋賀 県 緊急 事態 宣言

新型コロナウイルス感染拡大防止にご協力いただきありがとうございます。 県内の感染が一定抑制されていることから、6月19日以降は 以下の感染拡大防止対策を 実施します。 【概要】 I. 区域 滋賀県 全域 II. III. 実施内容 1. 外出の自粛要請は行いません。 感染防止対策の徹底( 「滋賀らしい生活三方よし」の実践)をお願いします。 イベントの開催自粛の要請 イベント(一定規模のイベントは除く)の主催者に対し、開催の自粛を要請します。 3 .施設の使用制限の要請は行いません 事業者の方は、入場制限等の実施も含め、徹底した感染防止対策の実施をお願いします。 滋賀県では、新型コロナウイルス感染症の感染拡大を防ぐことを目的として、県内の施設・イベント会場の利用者等の把握と、感染拡大防止にあたり必要な人に必要な情報を速やかに伝達するための対策として、LINE公式アカウント「滋賀県-新型コロナパーソナルサポート」の新たな機能である「もしもの時のサポートシステム」(通称『もしサポ滋賀』)をスタートさせています。 施設やイベント会場などに掲示されたQRコードを、施設の利用者等がLINEアプリで読み取り、連絡先を滋賀県に登録していただくことで、後日、他の施設利用者等に感染が判明した際に、登録いただいた方に濃厚接触の疑いがあるなど、必要がある場合に滋賀県から感染拡大防止に向けたお知らせなどを行うシステムであり、一人でも多くの県民の皆様のご利用をお願いします。

次の