課金 なし ゲーム。 任天堂Switchの(ソフト内課金あり)というゲーム、

完全無料で楽しく遊べるオンラインゲームランキング【2020年最新版】

課金 なし ゲーム

RPGでは必須のシナリオが非常に面白い• 初心者向けコンテンツが充実しており、いつ始めてもプレイ開始しやすい環境• 1人では難しいクエストもマルチで攻略しやすくなる• 「奥義」「真奥義」と装備の組み合わせ・発動のタイミングが攻略のカギになる• そしてなんと言っても グラサマはシナリオが非常に面白い。 定期的にイベントを行っていますが、それぞれのイベントごとに物語の内容が作りこまれています。 2018年の12月に2周年を迎えたのですが、2周年を記念した超大型イベント「ナイツオブブラッド」のストーリーは既存プレイヤーの多くを魅了しました! ドット絵好きな方やRPG好きの方にはぜひ一度はプレイしていただきたい超おすすめのスマホゲームになっています。 ドット絵RPG好きはDL必須級!超高クオリティな新作!王道RPGスマホゲーム• チュートリアルで10連ガチャが連続で引ける• 昔の据え置きゲームのようなクオリティとやりこみ度• 「アーク」システムで自由自在にキャラの育成が可能• ストーリーを進めると釣りやパズルゲームのようなミニゲームがある 報酬が豪華• 2019年にリリースされた新作の中で最もおすすめしたいスマホゲーム 『ラストクラウディア』は2019年の4月にリリースしたドット絵RPGです。 私が事前登録開始から配信を待ち望んでいたイチオシのスマホゲームで、配信がスタートしてからも毎日欠かさずプレイしています。 『ラストクラウディア』の特徴はなんと言っても育成の自由度。 「アーク」という装備を装着することにより、どんなキャラでも好きなスキルや魔法を習得していくことが可能です。 また低レアリティアークでも使いどころは非常に多く、一部のアークは高レアリティのアークよりも有用なものもあります。 ゲーム難易度としては昔の据え置きゲームのように難しいのですが、しっかりじっくりと育成をしていくことで攻略は可能です。 配信されて間もない新作スマホゲームですが、「開発に3年かかった」と語られている通り、綿密な作りこみがされています。 私の時間をガンガンに奪っていく面白さです 笑 リリースされてから常々「これほどまでハイクオリティーなスマホゲームが無料なのはすごい。 買い切りの有料アプリでもいいレベル」と私は思っています。 ガチャを引くたびにツイッターでガチャ劇場してます 笑 たしかに今日、ラーメン屋は閉まってた。 第2候補になりがちな、唐揚げ屋すら閉まってた。 戦略性が重視されるゲームが好きな人にはぜひオススメしたい• ダイヤの配布量が非常に多く、コンテンツをバランスよくクリアできるようになれば毎週ガチャを大量に引くことが可能!• PvPコンテンツの「ギルド戦」や「アリーナ」、高難易度の「悪魔城」、ユーザー全員で攻める「ワールドボス」などコンテンツが非常に豊富• 自動周回機能が非常に優秀 複数のコンテンツを周回可能• リセマラは超絶地獄な「ドミナス・オクト」ガチャコースか、通常のカスタムガチャでリセマラするかの2パターン 2019年3月に1周年を迎えた采配バトルRPG『ブラウンダスト』 ブラダスもまた私がすごく魅了されたイチオシのおすすめスマホゲームの一つです。 私自身、1周年キャンペーンの頃にブラダスを始めました。 バトルシステムが少々一般的なRPGに比べて変わっています。 育成要素が非常に多く、「昇級」「覚醒」「スキルレベル上げ」といった要素があります。 敵の配置を予測して自軍ユニットを配置・攻撃順を考えることが重要です。 特に高レアリティのユニットは育成が終えるまで非常に長い道のりです。 序盤は低レアリティのユニットを中心に育成した方がストーリーの攻略やアリーナも勝ちやすくなります。 主要コンテンツの1つであるアリーナは通常「アリーナ」と低レアリティ専用の「新星アリーナ」の2種類に分類されます。 ちなみにリセマラが「超絶地獄」って書いたのはブラウンダストには『ドミナス・オクト』と呼ばれる超激レアなキャラが存在するためです。 ゲーム内通貨「ルビー」で購入する• 『英雄の宿屋』という施設で毎日「親密度」を上げていく これまでのスマホゲームでこんな経験、ありませんか? 「たくさん課金したり石を取っておいたのに狙っているキャラを入手できなかった・・・」 キングスレイドではキャラ爆死の心配がありません! キャラガチャが無いから 日本での配信は2018年ですが、それより前からすでに各国で配信されていたため、すでにどのコンテンツも絶妙なバランスで調整されています。 どこか懐かしさを感じるRPG• モンスターの技をカスタムして自分だけのオリジナルユニットでバトル• リセマラでは最高種族「神」を狙おう• 難しいクエストはマルチを活用することで攻略可能• ガチャイベントでは初回10連が半額になる場合がある• ガチャを引くためのリングの配布が多い 『モンスターマスターX』はどこか懐かしさを感じるRPGです。 なんだろう。 超大人気オンラインゲーム『ドラゴンネスト』シリーズのスマホゲーム版• 複数ある職業から好きな職種を選んで育成・バトル• 操作性抜群で自由度が非常に高い• 対人コンテンツの「天空リーグ」、サブコンテンツに「ギャンブル」や「釣り」など豊富なコンテンツ 『ドラゴンネストM』は世界で大人気の『ドラゴンネスト』シリーズのスマホゲーム版です。 私はあまりオンラインゲームをプレイしないため知らなかったのですが、 『ドラゴンネスト』は世界中で絶大な人気を誇っているようです! たしかに対人戦の「天空リーグ」はかなり白熱した読みあいで楽しかったですし、釣りなんかのサブコンテンツも充実。 職業ごとにモーションがまったく異なるため、気分を変えて色々な職種を操作してみるのもオススメです。 余談ですが私はアクションゲームでは、だいたい遠距離でコッソリダメージ与えたい派 笑• 2日に1回「機体ガチャ」が無料で引ける• 著名なロボットデザイナーが多数携わり、詳細な設定を眺めているだけでも面白い• ドラッグで移動、タップでスキル発動の簡単操作• 自動でステージをクリアしてくれるオート機能もあり、忙しい人にも嬉しい 『アイアンサーガ』は6月ごろに1周年を迎えた美少女とロボットバトルがメインのスマホゲームです。 かっこいいロボットたちが操り繰り広げるバトルは白熱します! ロボットバトルなので好みはわかれそうですが、私自身が『コードギアス』や『アーマード・コア』『蒼穹のファフナー』といったロボット系のアニメ・ゲームが好きなのもあり、私同様 ロボット系が好きな人にはかなりオススメしたいスマホゲームとなっています。 2019年6月にリリースされた新作!大人気アニメ『7つの大罪』のスマホゲーム• アニメの世界をハイクオリティーに再現!3対3のターン制バトルシステムを採用• マルチやPvPなどコンテンツが豊富 『7つの大罪~光と闇のグランドクロス~』は 『7つの大罪』ファンはもちろん、原作やアニメを見たことのない人でも楽しめおすすめのスマホゲームです! 人気作のスマホゲーム化ということもあり、配信開始から勢いがすごかった新作のスマホゲームです。

次の

【飽きずに長く楽しめる】無課金でも長く楽しめるおすすめのスマホゲームまとめ【無料ソシャゲ】

課金 なし ゲーム

任天堂Switchの(ソフト内課金あり)というゲーム、 または(ソフト内課金なし)のゲームを教えて下さい。 私はスマホで色んなゲームをしていて、課金する時は自分で働いて稼いだお金で課金するように言われて育ちました。 今困っていることはゲームの課金中毒になってしまったことです。 自分で働いて稼いだお金ならどんどん課金しても誰も文句は言わないと当時思ってしまって3年で計70万くらい課金してしまいました。 貯金も出来ず中途半端に課金だけして遊ばなくなったゲームも増え、どうにか解決策を考えようと100個以上遊んでいたゲームアプリを1個に激選しました。 (その最後の1個は課金要素が少なくあまり課金せずに一年位前から遊び続けられ、今も遊ぶ好きなゲームなので残しました。 ) そして半ば強制的にアインストールしたゲームたちと離れて一ヶ月経ちました。 今度はゲーム依存症のゲームしたいゲームしたいという欲求に困っています。 そこで最近任天堂さんの公式YouTubeのよゐこの〇〇実況を観るようになってとても楽しんでいて、Switchは一度も触れたことも実物を間近で見たこともない完全に未知の世界でして… Switchについて調べたりしたんですが、 フォートナイトや荒野行動は課金要素があると知りました。 ソフトを購入すれば課金要素もなくずっと楽しく遊べる?ようなのことを想像していましたが、Switch本体購入しようかしまいか悩んでいます。 勿論気になる遊んでみたいゲームは山ほどあるんですが… そのゲームたちにもし、万が一(ソフト内課金あり)だったら、また課金中毒になる可能性が高い気がしまして…。 絶対課金要素なしのゲームをプレイしたいんですがソフト一覧(ランキング)を探しましたがGoogle検索してもひっかかりません。 どなたかソフト内課金あり、なしそれぞれ詳しく教えてくださる方、よろしくお願いします。 (前置き長くてすみません。 ) (もしも Switchの抽選当たったら買おうと思うので、その時まず最初に遊んでたいのが脳トレとあつ森とアソビ大全51とマイクラが気になってます! その後はリングフィットアドベンチャーやゼルダの容量が重いと言われているやつ…ランキング上位で気になりました。 モンハンはダブルクロスがあるんでしたっけ…それも気になります。 冒険ファンタジーや物作り系、自分の実生活の能力が上がるゲームソフトが今着になってるソフトです。 もしこれもハマるかも…というものがあればぜひソフトの方も教えていただけたら嬉しいです) Switchのほとんどのソフトはゲーム内課金などのない「買い切り型」のゲームです 最初に購入する時に代金を支払えばあとは追加料金や課金が発生せずに遊べます 脳トレ、あつ森、アソビ大全、リングフィットアドベンチャーはこのタイプです そこに有料で追加ダウンロードコンテンツ(DLC)が配信されているものも結構ありますが、これは追加のコンテンツを購入すればそれ以上にお金がかかることはありません ゼルダの伝説ブレスオブザワイルドはこのタイプです ソフトだけでも遊べますし有料の追加DLC(エキスパンション・パス)も発売されています そして一部ですがスマホゲーなんかと同様に基本プレイ無料でアイテムで課金できるゲームもあります フォートナイトや荒野行動などスマホや他のゲーム機でも遊べるゲームは他と同じ(横並び)で基本プレイ無料でアイテムを購入して課金する形になっています ゲームによって様々なのでここですべてを説明するのは無理です 興味があって買おうかなと思うソフトについてだけご自分で調べてから購入されるのがいいと思います 「(ソフトの正式タイトル) ニンテンドーeショップ」で検索すると商品の説明、価格、追加DLCの有無、課金などが書かれたページが出てくると思います.

次の

課金なし!買い切り型スマホゲームまとめ

課金 なし ゲーム

こんにちは、ブロックチェーンゲーマーの根本 です。 「絶対にもう、これで最後にしよう…」 スマホゲームへの課金。 ゲームを有利に進めるために課金をしはじめて、ついつい後に引けなくなってしまう。 気が付いたら大金をつぎ込んでいた。 そんな時、冒頭のように「これで最後にしよう」と心に決めるも、またイベントや新しいキャラが来たら我慢できず課金をしてしまう。 こんな経験はありませんか? 何を隠そう、私もこのような経験があります。 過去にスマホゲームへ約100万円ほど課金してしまいました。 そこで今回は、 私がスマホゲームへこれだけの大金をつぎ込むことになってしまった経緯、そしてどうしてやめられたかを紹介していきます。 スマホゲームにハマったきっかけ もともとはそんなにスマホアプリをやるタイプではなく、 社会人になってはじめた 『クラッシュオブクラン』というゲームで初めて課金しました。 『クラッシュオブクラン』には合計で10万円ほど課金しました。 これも約10万円という決して安くない金額です。 しかし、けっこう長い間プレイして少しずつ課金していたので、月平均で数千円程度。 これくらいであれば 社会人の遊びとしては許容範囲だったと思っています。 その後、さらにスマホゲーをやるようになったきっかけは 株です。 ゲーム関連株を買うようになって、 銘柄研究の一環として話題のアプリや新作は少しでもプレイ するようになりました。 そんな中出会ってしまったゲーム。 それが 『白猫プロジェクト』。 株式会社コロプラが2014年に配信を開始した本格アクションRPGで、めっちゃハマりました。 当時の白猫はアクションとしての面白さもあり、それに加えてキャラが個性的で集めたくなってしまう。 キャラを手に入れるためには「ジュエル」という課金アイテムを使ってガチャを回す必要があります。 時には好きなキャラがでるまでガチャを回しまくりました。 ある時、これではマズいと思って、1か月1万円までとルールを決めます。 しかしその範囲内で欲しいキャラが出ないと 「あと1万円だけ…」となってしまいまた課金。 ついには「3万円課金したけど、キリが良いから5万円までなら大丈夫かな」 と完全に意味不明なトランス状態に突入することもありました。 笑 結果としてこの『白猫プロジェクト』にかなりの大金をつぎ込むことになったのです…。 スマホゲームに課金した金額 ここで、今までにアプリゲームに使ったお金の内訳を紹介します。 その都度計算していた訳ではないので、ざっくりになります。 課金したゲームの内訳• 白猫プロジェクト:約60万円• 逆転オセロニア:約10万円• 白猫テニス:約5万円• クラッシュオブクラン:約10万円• バトルガールハイスクール:約5万円• 他 色んなアプリに少しずつで合計20万円程度 今思いつくだけでもこれくらいなので、もしかしたら100万円は余裕で超えてるかもしれませんね。 なぜこんなスマホアプリに課金をしてしまうのか? こうやって冷静に見てみると、自分でも「あちゃ~」って思います。 ただ、 ニュースなどを見ているとゲームにお金をつぎ込む大人たちはそう少ない訳でもないようです。 ・ ・ なぜいい大人が、ゲームにこんなにも大金を落としてしまうのでしょうか? 手っ取り早く強いキャラが欲しい スマホのゲームで手に入るキャラや武器などには「レアリティ」があり、レア度の高いものほど出現確率が低い仕組みになっています。 しかし当然レア度の高いものほど使いやすかったり強い。 場合によっては 最高レアリティのキャラなどがいないとクリアが困難だったり、 対人戦で勝てないこともあります。 なので 続けたいなと思うゲームは最初に少し課金をして強いキャラなり、装備なりを集めてしまいます。 さらに、スマホゲームでは次から次へと新しいキャラなどが出現します。 最初に強いキャラを揃えていて、これを超える強いキャラが出てくるとまた欲しくなってしまうんですよね。 「ここまで課金したたんだから…」という心理でやめられない 「だったらキリがないからやめればいいじゃん」 そんな声が聞こえてきそうです。 いやもう本当におっしゃる通りなんですが、ある程度課金して自分のゲームアカウントが育った状態だと、 「ここまで課金をして時間もかけてきたのにやめるのはもったいない」 と感じてしまうんです。 これが課金にハマる罠の大きなひとつのポイント。 会計士試験で「埋没原価」 どのような意思決定をしても発生する費用、または、すでに発生してしまっている費用で直接的に回収できない費用 というものを習ったのにこのザマですよ。 今までに課金をしたことは、これからゲームを続けるという意思決定においては考慮すべきでないんですけどね。 子どもの頃の夢で自己正当化 また、 変に課金を正当化している節もありました。 小さいころ、ガチャポンといってゲームの中ではないリアルなガチャをやっていたのですが、当然お金もないので欲しいものなんか揃いません。 そこで 「大人になって稼いだら欲しいものがでるまでガチャガチャするんだ」と子供ながらの小さな夢がありました。 ゲームでガチャをして課金をしている時は、まさに「欲しいものが手に入るまでガチャを回す」という夢が叶っている気がして罪悪感半分、高揚感半分。 その翌月にカード明細を見たときは罪悪感が90%くらいに膨れ上がってるんですけどね。 笑 お布施 少し他の人が課金をする理由からは離れてしまいますが、会社への「お布施」の意味でも課金をしていました。 私の場合は株を持っている会社のゲームをメインにやってたんですよね。 その 会社の株価が上がって儲けるとそのお礼の意味もこめて少し課金、みたいなちょっとアホなこともしていましたね。 スマホゲームに課金するやつはバカか? 自分の決めたルールを守れなければ「バカ」だと思う スマホゲームに課金すること自体は、全く問題ないと思うんです。 別に 自分で稼いだお金の使い道なんて自由です。 それに法に背いたりモラルに反することでもなんでもありません。 「娯楽のために映画にお金を払う」といったような使い方と何ら変わりませんからね。 問題は 「自分を抑えられない」ということ。 私のように、自分でルールを決めたにも関わらず、その場のテンションに任せたり誘惑に負けて際限なくお金をつぎ込んでしまう。 これはやはりどう考えても「バカ」としか言いようがないですね。 結局は、 冷静な状態で引いたラインを超えるか超えないか これに尽きると思います。 これが出来ない様であれば危険なのできれいさっぱり足を洗った方が良いですね。 幸い、いまは自分が今までに通ってきた道をみて 「バカだったな」と反省しており、きれいさっぱり課金はやめる事ができました。 スマホゲームへの課金を止める方法 ここで、私が課金を止めるためにやったことを紹介します。 課金してしまうゲームをやめる 正直、これが一番だと思います。 どうしても課金してしまうゲームを続けつつ、課金だけやめるのは非常に困難です。 スマホゲーム自体をやめてしまうのが一番ですが、それができない場合は、• 課金しなくても楽しめるゲーム• 買いきりで追加課金が発生しないゲーム をプレイするのがベターでしょう。 プレイしているゲームについて情報を集めすぎない 人気ゲームには必ずといっていいほどまとめサイトが存在します。 その中で「最強キャラランキング」などで課金要素となるもののアタリ・ハズレが紹介されているんですよね。 そんなものを見てしまうと、 どうしてもおススメされているキャラなりアイテムが欲しくなってしまうのが人間の性というものです。 また、 Youtuberのゲーム実況なども危険です。 ゲーム実況者が狂ったように課金をして強いキャラを当てている様子を見ることで、 「自分も課金してもいいかもな…」 「いいなあ、自分も当てたい」 という気分になってきてしまい課金のネジが外れてしまう可能性があります。 そのため、 必要以上にゲームに関する周りの評価や余計な情報は集めないのが良いでしょう。 他に夢中になれるものを作る スマホゲームに課金してしまうのは、そのゲームが自分の中で大きな存在となってしまっている時です。 仕事でも趣味でも、スマホゲームよりも夢中になれることを見つけることで、自然とゲームへの関心が薄まります。 すると課金額も減り、うまくいけば全く課金しなくなります。 私の場合は今のビジネスやブログに夢中になり「ゲームをやっている場合ではない」という状況を作りました。 どうしても課金をやめられないならブロックチェーンゲームがおすすめ 「どうしてもゲームをやってしまう」 「ゲームをすると課金をしてしまう」 課金は言うほど簡単にやめられるものではありません。 そこで注目したいのが「次世代のソシャゲ」ともいわれる ブロックチェーンゲーム。 ブロックチェーンゲームは仮想通貨やブロックチェーン技術を使った最新のゲームです。 今までのゲームと大きく異なるのは、ゲーム内のキャラやアイテムを1つ1つ自分のものとして所有し、自由に売買できること。 大金を使ってしまっても他に欲しい人がいれば、使ったお金を回収どころか更に多くなって返ってくる可能性もあります。 初心者の方にまずおすすめしたいのは最も面白い「コンサヴァ コントラクトサーヴァント 」というゲームです。 ゲーム紹介記事も書いているので参考にどうぞ。 私もそう思っていました。 笑 スマホゲームがどうこうよりも、こんなタイプの人たちはけっこう危険ですね。 ゲームなんてどんなきっかけでハマるかわかりませんから。 誘惑に負けやすい• 1つのことをはじめたら夢中になってしまう• やるなら極めないと気が済まない もう過ぎてしまったことですし今までに使った100万円については後悔してません。 高い授業料だと思っています。 こういった経験を通じて、「ゲームにかけた時間や情熱が資産になる」というブロックチェーンゲームの魅力にもいち早く気が付くことができました。 「」では、マイクリを中心としたブロックチェーンゲームの情報も発信しているので是非チェックしてみてください!.

次の