花粉 症 メガネ。 花粉症対策にメガネは効果あり! 目のかゆみや充血をやわらげよう

花粉対策メガネを大手チェーンメガネ店3つで比較

花粉 症 メガネ

花粉症と目のはなし アレルギー性結膜炎という病名にも名前が入っている「結膜」ですが、これは眼球の表面とまぶたの裏側を結んでいる膜のことです。 ゴミや花粉などの異物が眼球の裏側に入り込むのを防ぐ役割があります。 花粉が目に与える影響として、アレルギー性結膜炎を発症することが挙げられます。 花粉症が原因のアレルギー性結膜炎でもっとも多い症状は、目のかゆみですが、実は目そのものだけでなく、まぶたやまぶたのふちまでかゆくなります。 かゆいので目やまぶたをこすると、ますますかゆくなるのも特徴です。 目やまぶたをこすると、目の粘膜(結膜)などを傷つけてしまうこともあるので、こすらずにかゆみを取る対策や治療を行いましょう。 帰宅したら、目を洗浄したり、洗顔したりして目の周辺の花粉を洗い流しましょう。 それでもかゆいときは、冷たいタオルや保冷剤を使った冷却、アレルギー用の点眼薬の使用が効果的です。 ただし、保冷剤を使用するときは直接まぶたに当てず、タオルやハンカチに包んでから使用しましょう。 日本眼科学会がまとめた「アレルギー性結膜疾患診療ガイドライン 第2版」によると、全人口の15~20%の人がこの病気をもっているのではないかと推測されています。 これは1993年の調査に基づいた推定で、アレルギー性疾患の患者さんが年々増えているといわれている現在では、もう少し患者さんが増えているかもしれません。 このうち約85%の人が、花粉症が原因のアレルギー性結膜炎だと推測されています。 花粉症の季節には毎年多くの人が発症します。 花粉症が原因のアレルギー性結膜炎は、アレルギー性鼻炎(くしゃみ・鼻みず・鼻づまり)と併発することが多いのですが、なかには鼻炎の症状はないという人もいます。 普段使いのメガネでも花粉対策はできます アレルギー性結膜炎対策として有効なのは、花粉の侵入を防ぐ「フード(防護カバー)」が付いた花粉症用メガネの着用です。 普段使いのメガネでも効果はあるので、視力がよくても外出時には、できれば花粉症用メガネ、なければ普段使いのメガネ(伊達メガネ、サングラス)を着用しましょう。 ふだんコンタクトレンズを使用している人には、花粉シーズンだけでもメガネの使用をお勧めします。 なぜなら、目とコンタクトレンズの間に花粉が入り込むと、摩擦が起こって炎症を悪化させてしまうおそれがあるからです。 しかし、メガネで生活するのはいやだ、という人は外出のときだけでもサングラスなどをかけて、花粉の侵入を防いでください。 メガネなしの状態に比べれば、普段使いのメガネでも着用することで、目に入る花粉の数を60〜70%ほどカットすることができます。 花粉の侵入を防ぐ「フード」(防護カバー)が付いた花粉症用メガネならさらに効果的で、約94%もカットできるというデータがあります。 また、レンズクリーナーを使うとより効果的です。 メガネのレンズクリーナーには、汚れを取るだけではなく、花粉やほこりが付着しにくくする帯電防止効果があります。 外出から帰ったら、メガネについた花粉を水道水などで軽く洗い流し、水分をティッシュなどで拭き取ったあと、レンズクリーナーを使用する習慣をつけるとよいかもしれません。 ひと手間加えることで、すっきりと快適にメガネを使うことができるでしょう。 ただし、メガネをお湯で洗うのはNGです。 レンズ表面の反射防止コートなどがダメージを受けてしまいます。 油汚れには、中性洗剤を1滴落として洗うか、メガネ専用の洗浄剤を使いましょう。 花粉症対策メガネの選び方 レンズ部分が大きめで、顔との隙間が小さいものを選びましょう。 花粉症対策としてメガネをかける場合は、目に入る花粉の数を減らすことが目的です。 レンズ部分が小さいものや、顔との隙間が大きいものでは、十分な効果が得られません。 目は花粉症の影響をとくに受けやすい 目はアレルギーの症状が出やすい場所といえます。 ドライアイの人は花粉症を発症しやすい 涙は感動したときや悲しいときだけ流れるものではありません。 実は目を守るのに欠かせないのが涙で、その量が不足したり、涙の成分バランスが崩れたりした状態をドライアイといいます。 ドライアイになると涙が均等に行きわたらなくなり、目の表面が傷つきやすく炎症が起こりやすくなります。 また、涙には目の表面の汚れを洗い流す働きがありますが、 ドライアイになり涙が不足すると、花粉が洗い流されにくくなり、結膜でアレルギー反応が起こりやすくなります。 アレルギー性結膜炎とドライアイの症状はよく似ているので、目のかゆみやゴロゴロとした異物感、充血といった症状が長く続く場合は眼科を受診して、どちらの病気なのか診断してもらうことが必要です。 しかし、なかには花粉症によるアレルギー性結膜炎であると同時にドライアイでもある人がいて、その場合症状を悪化させてしまうおそれがあります。 ドライアイとアレルギー性結膜炎を併発している場合は、どちらの治療も並行して進める必要があります。 目の炎症が強い場合には、抗炎症作用のあるステロイドの目薬を使うことがありますが、こちらは眼科で処方してもらわなくてはなりません。 長期に使用すると副作用として緑内障になる心配があるため、使用中は眼圧のチェックなどの検査が必要です。 花粉メガネで花粉症対策! 花粉から目をガードするなら、花粉症用のメガネが最強のアイテムです。 花粉の侵入を防ぐ「フード」が顔にフィットし、大きな隙間ができないものを選びましょう。 マスク併用時のメガネの曇り対策 メガネとマスクを併用するとメガネが曇って困る! というお悩みを多くの人が抱えています。 そんなときの強い味方が、レンズの曇り止めです。 お出かけ前のひと手間で、メガネの曇りを改善し、視界良好! 快適に過ごすことができるでしょう。 また、メガネのレンズ部分が冷えていると、息との温度差が生じて曇りやすくなるので、かける前にメガネを人肌程度にあたためておくのもよいでしょう。 また、最近はさまざまなタイプのマスクが開発され、メガネが曇らないようにマスクと鼻の隙間をなくすクッション付きのものなどが市販されています。 普通のプリーツ型マスクでも、マスクの上部を内側に少し折ったり、ティッシュを1枚折って中にいれたりすると、メガネが曇りにくくなるそうです。

次の

花粉対策メガネを大手チェーンメガネ店3つで比較

花粉 症 メガネ

Contents• JINS・Zoff・眼鏡市場・大手メガネチェーンで比較する花粉メガネ 今日本のメガネ大手メガネチェーンと言えば 「JINS」「Zoff」「眼鏡市場」の3大チェーンが上げられるかと思います。 各メガネチェーンとも花粉対策を考えた花粉症予防メガネを販売していますが、どのメガネチェーンの花粉メガネがよいのか。 どのような特色があり、いくらするのか等、比較検討していきたいと思います。 現在一番勢いのあるJINSは低価格路線で大ヒット JINSは低価格路線、若者ウケのデザインやPCメガネといった特色で、今一番勢いに乗っているメガネチェーンと言えるでしょう。 ですが、ポイントとなるのは「別料金」。 非球面レンズや薄型などの特殊加工に対して、Zoffha別料金となってしまいますが、JINSはコミコミ料金で提示されております。 そんなJINSの花粉症対策メガネについてご紹介します。 花粉CUTメガネシリーズ JINSでは花粉症対策メガネを 「花粉CUTメガネシリーズ」として売り出しております。 その特徴は4つ。 最大98%の花粉をカット(当社比率)• 曇り止めレンズ• 耳元・鼻元の調節によりフィット感向上• ノーマルのメガネのようなビジュアルで普段使いもできる また、花粉CUTメガネシリーズと言われているだけあり、4つのタイプが選べるようになっています。 【SLIM】 フレームカーブが額に沿うような設計で、普段使いでも違和感のないデザイン。 カバーを開けてスポンジに水を含ませると、目元の乾燥を防ぐ手助けができます。 (MOIST:約50. 7% 裸眼:約30. ラバーガードにすることによって、動きのある子どもの顔にもフィットするように設計。 普段からメガネをしている人に、そのまま付けられる便利な花粉症対策メガネ。 2カラー(度付きのクリアレンズ込み)7000円 この花粉CUTメガネは、フレームの上にフードが付いているため、かなりの率で花粉がカットできるのが特徴。 花粉意外にも黄砂やPM2. 5、さらには紫外線も防げると人気です。 目が悪いとどうしてもレンズが厚くなってしまい、非球面でないとビン底のようになってしまうので、視力が悪い場合はJINSの方が安いのですが、Zoffは元々のお値段が安く、さらに種類が豊富なので、軽度近視くらいでしたらZoffの方が色々と楽しめます。 AIR VISOR Zoffの花粉症対策メガネは「 AIR VISOR」というもの。 その特徴は3つ。 マスクをしていても曇りにくい防曇レンズ• 自分で顔に合わせたフィッティングができる• 普段使いでも目立たない、ノーマルのメガネのようなデザイン いずれも、度付きレンズかどうか、どのモデルを買うかどうかで異なる部分がありますが、デズニーモデルデザインのフレームなどもあり、見た目で選ぶならおすすめです。 また、花粉カット率は95%。 いずれも度無しなら3000円ほどで購入することができるので、花粉時期だけメガネをしていたいというのなら、シチュエーションや服装に合った物を2~3種類買うこともできるので、若い人からは人気です。 ZoffやJINSよりもお値段が高いのですが、品質はチェーンの中でもかなり良い方で、スタッフの対応等も丁寧だと評判です。 また、価格帯もメガネ一式の価格を3パターンで表示しているのでとてもわかりやすく、そこにブルーライトカット機能を入れるか、色を入れるかなどの相談で追加していくのが基本の型となります。 花粉プロテクト 眼鏡市場の花粉症対策メガネは「 花粉プロテクト」 その特徴は6つもあります。 レンズには曇り止め加工とUVカットレンズを採用• フロントには最新のデザインを入れ9型3色のバリエーション• パッドにしっかりフィットできる素材を採用• テンプルはズレを抑えるよう調節可能に• 重くなりがちなフレームに超軽量樹脂素材を採用• フードを深めに設計し、花粉の侵入を防いでいます 花粉プロテクトシリーズには27もバリエーションあるそうで、中には、フードの部分がシリコンで脱着可能な物もあったりと、色々と種類が選べます。

次の

花粉対策メガネを大手チェーンメガネ店3つで比較

花粉 症 メガネ

花粉症と目のはなし アレルギー性結膜炎という病名にも名前が入っている「結膜」ですが、これは眼球の表面とまぶたの裏側を結んでいる膜のことです。 ゴミや花粉などの異物が眼球の裏側に入り込むのを防ぐ役割があります。 花粉が目に与える影響として、アレルギー性結膜炎を発症することが挙げられます。 花粉症が原因のアレルギー性結膜炎でもっとも多い症状は、目のかゆみですが、実は目そのものだけでなく、まぶたやまぶたのふちまでかゆくなります。 かゆいので目やまぶたをこすると、ますますかゆくなるのも特徴です。 目やまぶたをこすると、目の粘膜(結膜)などを傷つけてしまうこともあるので、こすらずにかゆみを取る対策や治療を行いましょう。 帰宅したら、目を洗浄したり、洗顔したりして目の周辺の花粉を洗い流しましょう。 それでもかゆいときは、冷たいタオルや保冷剤を使った冷却、アレルギー用の点眼薬の使用が効果的です。 ただし、保冷剤を使用するときは直接まぶたに当てず、タオルやハンカチに包んでから使用しましょう。 日本眼科学会がまとめた「アレルギー性結膜疾患診療ガイドライン 第2版」によると、全人口の15~20%の人がこの病気をもっているのではないかと推測されています。 これは1993年の調査に基づいた推定で、アレルギー性疾患の患者さんが年々増えているといわれている現在では、もう少し患者さんが増えているかもしれません。 このうち約85%の人が、花粉症が原因のアレルギー性結膜炎だと推測されています。 花粉症の季節には毎年多くの人が発症します。 花粉症が原因のアレルギー性結膜炎は、アレルギー性鼻炎(くしゃみ・鼻みず・鼻づまり)と併発することが多いのですが、なかには鼻炎の症状はないという人もいます。 普段使いのメガネでも花粉対策はできます アレルギー性結膜炎対策として有効なのは、花粉の侵入を防ぐ「フード(防護カバー)」が付いた花粉症用メガネの着用です。 普段使いのメガネでも効果はあるので、視力がよくても外出時には、できれば花粉症用メガネ、なければ普段使いのメガネ(伊達メガネ、サングラス)を着用しましょう。 ふだんコンタクトレンズを使用している人には、花粉シーズンだけでもメガネの使用をお勧めします。 なぜなら、目とコンタクトレンズの間に花粉が入り込むと、摩擦が起こって炎症を悪化させてしまうおそれがあるからです。 しかし、メガネで生活するのはいやだ、という人は外出のときだけでもサングラスなどをかけて、花粉の侵入を防いでください。 メガネなしの状態に比べれば、普段使いのメガネでも着用することで、目に入る花粉の数を60〜70%ほどカットすることができます。 花粉の侵入を防ぐ「フード」(防護カバー)が付いた花粉症用メガネならさらに効果的で、約94%もカットできるというデータがあります。 また、レンズクリーナーを使うとより効果的です。 メガネのレンズクリーナーには、汚れを取るだけではなく、花粉やほこりが付着しにくくする帯電防止効果があります。 外出から帰ったら、メガネについた花粉を水道水などで軽く洗い流し、水分をティッシュなどで拭き取ったあと、レンズクリーナーを使用する習慣をつけるとよいかもしれません。 ひと手間加えることで、すっきりと快適にメガネを使うことができるでしょう。 ただし、メガネをお湯で洗うのはNGです。 レンズ表面の反射防止コートなどがダメージを受けてしまいます。 油汚れには、中性洗剤を1滴落として洗うか、メガネ専用の洗浄剤を使いましょう。 花粉症対策メガネの選び方 レンズ部分が大きめで、顔との隙間が小さいものを選びましょう。 花粉症対策としてメガネをかける場合は、目に入る花粉の数を減らすことが目的です。 レンズ部分が小さいものや、顔との隙間が大きいものでは、十分な効果が得られません。 目は花粉症の影響をとくに受けやすい 目はアレルギーの症状が出やすい場所といえます。 ドライアイの人は花粉症を発症しやすい 涙は感動したときや悲しいときだけ流れるものではありません。 実は目を守るのに欠かせないのが涙で、その量が不足したり、涙の成分バランスが崩れたりした状態をドライアイといいます。 ドライアイになると涙が均等に行きわたらなくなり、目の表面が傷つきやすく炎症が起こりやすくなります。 また、涙には目の表面の汚れを洗い流す働きがありますが、 ドライアイになり涙が不足すると、花粉が洗い流されにくくなり、結膜でアレルギー反応が起こりやすくなります。 アレルギー性結膜炎とドライアイの症状はよく似ているので、目のかゆみやゴロゴロとした異物感、充血といった症状が長く続く場合は眼科を受診して、どちらの病気なのか診断してもらうことが必要です。 しかし、なかには花粉症によるアレルギー性結膜炎であると同時にドライアイでもある人がいて、その場合症状を悪化させてしまうおそれがあります。 ドライアイとアレルギー性結膜炎を併発している場合は、どちらの治療も並行して進める必要があります。 目の炎症が強い場合には、抗炎症作用のあるステロイドの目薬を使うことがありますが、こちらは眼科で処方してもらわなくてはなりません。 長期に使用すると副作用として緑内障になる心配があるため、使用中は眼圧のチェックなどの検査が必要です。 花粉メガネで花粉症対策! 花粉から目をガードするなら、花粉症用のメガネが最強のアイテムです。 花粉の侵入を防ぐ「フード」が顔にフィットし、大きな隙間ができないものを選びましょう。 マスク併用時のメガネの曇り対策 メガネとマスクを併用するとメガネが曇って困る! というお悩みを多くの人が抱えています。 そんなときの強い味方が、レンズの曇り止めです。 お出かけ前のひと手間で、メガネの曇りを改善し、視界良好! 快適に過ごすことができるでしょう。 また、メガネのレンズ部分が冷えていると、息との温度差が生じて曇りやすくなるので、かける前にメガネを人肌程度にあたためておくのもよいでしょう。 また、最近はさまざまなタイプのマスクが開発され、メガネが曇らないようにマスクと鼻の隙間をなくすクッション付きのものなどが市販されています。 普通のプリーツ型マスクでも、マスクの上部を内側に少し折ったり、ティッシュを1枚折って中にいれたりすると、メガネが曇りにくくなるそうです。

次の