アンモナイト 異常 巻き。 正常巻きアンモナイトの巻き方 ~密巻きとゆる巻き~

正常巻きアンモナイトの巻き方 ~密巻きとゆる巻き~

アンモナイト 異常 巻き

Nipponitesのら環のシミュレーションおよび標本の形態解析を行った結果, 次のような結論が得られた. 1 Nipponitesの巻きのパターンは全部で9つの係数を有する指数関数と三角関数の組み合わせによって説明することができる. 2 このパターンはx, y, zのどの成分についても原点を中心とした振動関数を示していて, しかも巻きの中心からら環中心までの距離Rの増加率が常に一定となるような, きわめて求心的な関数である. 3 Nipponites 3種 1変種 について, これらの変異を検討した結果, 巻きの基本的なパターンは種間でもほとんど一致していることが分かった. 4 これに対して種間変化の著しい形質は, i ら環半径の長さに対する成長率とその初期値, ii Uカーブの程度, iii 変移点の現われる位置の3点である. これらの形質の違いは, "空間の占有率"に関して大きな差異を生じる原因となっている. Nipponites Yabe, 1904, is a Cretaceous ammonoid genus conspicuous for its meandering whorls. The coiling pattern appears very complicated but it is never irregular, as was pointed out by Yabe 1904 and Matsumoto 1977. On both theoretical and empirical grounds, I attempt to model the coiling pattern and to simulate some actual specimens of this genus by computer graphics. Such theoretical-empirical approaches are, I believe, effective not only for an understanding of coiling regularity but also for the quantitative evaluation of intraspecific variation and interspecific differences among heteromorph ammonoids. It is anticipated that they will be informative for taxonomic and functional considerations. The coiling geometry of three species including one variety of Nipponites, except for their helical early growth stage, can be expressed by a common function, which is fundamentally an exponentially amplifying sine curve in an equiangular spiral roll see Figs. 2 and 6. Some slight modifications are, however, necessary to realize a satisfactory simulation see Figs. 7 and 8. Nine coefficients were estimated on the basis of measurements and allometric analyses of actual specimens. These may be used to express the variability of whorl shape among and within species. A number of projections from various angles have been obtained by means of a micro-computer e. Fig. They are successfully similar to the actual specimens of Nipponites mirabilis, N. mirabilis "var. sachalinensis", and photographs of specimens of N. occidentalis. It is important to note that the calculated values of six of the nine coefficients that determine the basic pattern of coiling are very stable for all of the specimens. On the other hand coefficients for 1 whorl expansion rate, 2 strength of whorl meandering, and 3 position of critical point between the early and middle-late stages which strongly affects the "space occupying ratio" are greatly variable among these species and varieties of Nipponites.

次の

大型アンモナイト化石1

アンモナイト 異常 巻き

Nipponitesのら環のシミュレーションおよび標本の形態解析を行った結果, 次のような結論が得られた. 1 Nipponitesの巻きのパターンは全部で9つの係数を有する指数関数と三角関数の組み合わせによって説明することができる. 2 このパターンはx, y, zのどの成分についても原点を中心とした振動関数を示していて, しかも巻きの中心からら環中心までの距離Rの増加率が常に一定となるような, きわめて求心的な関数である. 3 Nipponites 3種 1変種 について, これらの変異を検討した結果, 巻きの基本的なパターンは種間でもほとんど一致していることが分かった. 4 これに対して種間変化の著しい形質は, i ら環半径の長さに対する成長率とその初期値, ii Uカーブの程度, iii 変移点の現われる位置の3点である. これらの形質の違いは, "空間の占有率"に関して大きな差異を生じる原因となっている. Nipponites Yabe, 1904, is a Cretaceous ammonoid genus conspicuous for its meandering whorls. The coiling pattern appears very complicated but it is never irregular, as was pointed out by Yabe 1904 and Matsumoto 1977. On both theoretical and empirical grounds, I attempt to model the coiling pattern and to simulate some actual specimens of this genus by computer graphics. Such theoretical-empirical approaches are, I believe, effective not only for an understanding of coiling regularity but also for the quantitative evaluation of intraspecific variation and interspecific differences among heteromorph ammonoids. It is anticipated that they will be informative for taxonomic and functional considerations. The coiling geometry of three species including one variety of Nipponites, except for their helical early growth stage, can be expressed by a common function, which is fundamentally an exponentially amplifying sine curve in an equiangular spiral roll see Figs. 2 and 6. Some slight modifications are, however, necessary to realize a satisfactory simulation see Figs. 7 and 8. Nine coefficients were estimated on the basis of measurements and allometric analyses of actual specimens. These may be used to express the variability of whorl shape among and within species. A number of projections from various angles have been obtained by means of a micro-computer e. Fig. They are successfully similar to the actual specimens of Nipponites mirabilis, N. mirabilis "var. sachalinensis", and photographs of specimens of N. occidentalis. It is important to note that the calculated values of six of the nine coefficients that determine the basic pattern of coiling are very stable for all of the specimens. On the other hand coefficients for 1 whorl expansion rate, 2 strength of whorl meandering, and 3 position of critical point between the early and middle-late stages which strongly affects the "space occupying ratio" are greatly variable among these species and varieties of Nipponites.

次の

アンモナイトとは (アンモナイトとは) [単語記事]

アンモナイト 異常 巻き

古代シルル紀後期から白亜紀末期の約3億5千万年前後に生息していたとされています。 シルル紀は生き物が地上に進出しはじめた時代とされています。 また白亜紀の最後は今から約6600万年前……ものすご~くはるか昔ですね。 オウムガイとの見分け方は? オウムガイとは、生きた化石といわれている生き物のひとつです。 なんと、今から4億5000万年前から5億年前に誕生し、あまり進化もしないまま今も生き続けているのです。 生息地は南太平洋からオーストラリア近海の水深100メートルから600メートルにいますので、なかなか直接見ることは叶いませんが、ダイビングなどのご経験があれば直接見ることも叶うかもしれませんね。 そんなオウムガイと今は絶滅してしまったアンモナイト、どう見分けることができるのでしょうか。 ひとつは、今も生きているかどうかで見分けることができます。 アンモナイトに似ているっぽいのを見たと思った時、それが生きていればオウムガイと思って間違いないでしょう。 では、化石となった状態でこれらを見分けるにはどうしたらよいのでしょうか。 まず、存在する大きさが違います。 アンモナイトは小さいものは数センチから、大きいものは2メートルくらいのものも存在していたようです。 オウムガイは大きくても30センチ前後、現在生きている種類に至ってはだいたい15センチ前後が平均とされています。 オウムガイの大きさを基準にして、とても小さい、もしくは大きいものはアンモナイトと思って大丈夫でしょう。 しかし、オウムガイと同じ大きさだと困りますよね。 そんな時は半分にカットして中の構造で確認しましょう。 アンモナイトの中身で記述したように、小部屋のような空洞が存在しています。 それはオウムガイも同じなのですが、出口に向かってどのような形をしているかで見分けることができます。 オウムガイは、出口に向かって空洞の凹凸が凹んでいます。 アンモナイトは逆で、出口に向かって空洞の凹凸の膨らみがあります。 生きているオウムガイ!! 巻き方に「異常巻き」というのがある?.

次の