清水 かほ。 『エール』ヒロイン清水香帆、涙の歌声に「感動」と反響 「子役たちともお別れ」惜しむ声も /2020年4月10日 1ページ目

「エール」子役【音】は【清水香帆】!役柄や経歴、演技を紹介!

清水 かほ

清水香帆c公式サイトオープンキター!!! — 城丸香織 tokyostory 清水香帆(しみず かほ)ちゃんは、 神奈川県出身です。 生年月日は2008年10月12日で年齢は11歳 2020年3月時点 です。 まだ小学生ですよ〜若いですよね! 清水香帆ちゃんの好きなアイドルは 「マジカル・パンチライン」で以前新曲リリースイベントとミニライブに出かけたことをブログで報告していました。 まばたきするのも忘れてライブに熱中したそうですよ! 他にはDA PUMPも好きみたいです! 習い事はピアノとダンスをしているようで、学校と習い事とモデルや女優のお仕事と充実した日々を過ごしているようですね。 清水香帆ちゃんの通う小学校ですが、公表していないためわかりませんでした。 神奈川県出身なので、 神奈川県内の小学校なのだと思います。 小学校はわかりませんでしたが、ちなみに清水香帆ちゃんの 得意な教科は国語で、 苦手な教科は算数と明かしていました。 私も算数苦手でした〜中学高校の数学はもっと難しくなるけど、香帆ちゃんにはぜひ克服して頑張ってもらいたいですね! 兄弟構成ですが、香帆ちゃんには現在中学生のお兄ちゃんがいるみたいです。 可愛い妹さんがいて、お兄ちゃんもイケメンに成長しそうだからいつか見てみたいです。 事務所の大先輩には坂下千里子さんや相武紗季さんなどがいますね! 香帆ちゃんは第5回キラモオーディション 2008年 で グランプリを獲得し、 キラピチの専属モデルとして芸能界デビューしています。 キラピチは女子小学生向けのファッション雑誌で、過去には浜辺美波さんや福原遥さんも出ていた雑誌なんですよ。 なので厳密に言うと女優デビューではないのですが、朝ドラにこうやってヒロインの子供時代役で出演というのはやはりすごいですよね! スポンサーリンク まとめ 今回は清水香帆ちゃんの経歴や出身地、小学校などのプロフィールをまとめてみました。 清水香帆ちゃんは現在11歳の小学生で、キラピチのオーディションでグランプリを獲得し芸能界入りしました。 朝ドラエールのヒロイン二階堂ふみさんの子供時代役に抜擢されて注目度が高まっています。 最後までお読みいただきありがとうございました。

次の

「エール」関内音役の子役・清水香帆のプロフィールや経歴!性格も調べてみた | monjiroBLOG

清水 かほ

リンク 「清水香帆(しみず かほ)」プロフィール ヒロイン「関内音」の少女時代を演じる、「清水香帆(しみず かほ)」さん。 事務所は「ボックスコーポレーション」に所属するモデル・子役です。 プロフィールは以下の通りです。 生年月日 2008年10月12日 星座 てんびん座 出身地 神奈川県 2018年に学研「キラピチ」専属モデルに起用。 第五回キラモオーディションでグランプリ獲得。 趣味はダンス、読書。 特技はダンス、ピアノなど。 出典: 第五回キラモオーディションでグランプリ獲得するなど、小学生モデルとしての実績があります。 NHK朝ドラでは「エール」では、ヒロイン・関内音の幼少期をどんな風に演じてくれるでしょうか。 「エール」には他にもたくさんの子役が出演しています。 「エール」出演の子役【まとめ】は以下の記事をご覧ください。 清水香帆さん登場時の反応は?二階堂ふみさんソックリ! NHKの朝ドラ第102作「エール」は2020年3月30日スタートです。 清水香帆さん演じる、少女時代の関内音は【第4話】2020年4月2日の放送から登場しました。 教会で運命の出会いを果たしていた裕一と音。 清水香帆さん初登場時の、視聴者の反応は以下のとおりです。 清水香帆さんというのか、覚えておこう! — こてち nanbuu ヒロイン登場! 清水香帆さん遠目で見ると完全にミニ二階堂ふみさんでびっくり笑 あさイチで大吉さんも言うてたけど似てるなぁ。 可愛い。 父が学校帰りの裕一を待ち構えレコードを渡す、息子の喜ぶ顔を見て息子以上に嬉しそうな父がめちゃいい。 — みり Miri67eey 私も思いましたが、成長したヒロインを演じる「二階堂ふみ」さんにソックリでした!オーディションで似ている子役を選んだのでしょうか? 「清水香帆」さんが、「エール」でどんな演技を見せてくれるか、楽しみです!.

次の

清原果耶

清水 かほ

NHK連続テレビ小説『エール』(NHK総合/月曜~土曜8時ほか)の第2週「運命のかぐや姫」(第10回)が10日に放送され、学芸会の舞台に立った音(清水香帆)が涙ながらに歌を披露するシーンに、ネット上には「号泣」「ヒロインの子の涙につられてしまった」「演技力すごい」といった声が相次いだ。 安隆(光石研)を亡くした関内家は馬具店の事業継続のピンチを迎える。 一方、学校では音の学芸会が近づいていた。 明るく練習する音とは対照的に、学芸会で披露する「竹取物語」でかぐや姫を演じる良子(田中里念)はうかない表情。 音は良子の願いを聞き入れると、舞台上で見事に役を演じてみせる。 そして「竹取物語」のラストシーン。 良子演じる帝から「せめてもう一度、もう一度歌声を聞かせてはもらえませんか?」と言われたかぐや姫役の音は、舞台上で童謡「朧月夜」を歌う。 亡くなった父・安隆を思い出し、歌いながらも涙がこみ上げてくる音。 声を詰まらせ、涙を流しながらも音は最後まで歌い切ると客席からは万雷の拍手が鳴り響く。 音が安隆との日々を振り返る感動的なシーンに、ネット上には「号泣」「朝からガチ泣きした」「ヒロインの子の涙につられてしまった」などのコメントが集まった。 さらに子ども時代の音を演じる清水香帆が、涙を流しながら歌う姿について「いい声…」「子役ちゃんの演技力すげえ…」「泣きながら歌う演技上手いなこの子。 こっちまで泣けてきた」といった称賛が多数寄せられていた。 それから3年の月日が流れ、ナレーションで「音楽に夢中で商業学校4年生を留年してしまいました」との紹介で、主人公の裕一を演じる窪田正孝がついに登場。 以降は、子役たちから窪田、二階堂ふみら大人のキャストにそれぞれバトンタッチすることになる。 これについては「子役達、もう終わり残念!」「もう子役の子終わっちゃうのね…」「もう出なくなっちゃうのが本当に寂しい」「可愛かった子役たちともお別れ」「子役さよならなのか、、さみしい」「子役終わっちゃったね…」など、惜しむ声も聞かれた。 この記事の写真を見る•

次の