ゲーム向け simフリー スマホ。 SIMフリーを徹底解説!2020年7月のおすすめSIMフリースマホ

[2020年最新]Androidスマホおすすめ28選|全キャリア・格安SIMから厳選紹介

ゲーム向け simフリー スマホ

防水・防塵機能のあるおすすめ格安スマホ• 防水・防塵の保護等級と自分に合う端末の選び方• 防水スマホをセット購入できるおすすめ格安SIM キッチンなどの水回りやアウトドアなどでスマホを使う人にとって欠かせないのが「防水・防塵機能」ですよね。 防水防塵があるといざという時の安心感がまるで違います。 ひとことで防水スマホといっても、種類はたくさんあります。 高性能なスマホ、カメラを重視したモデル、お手頃価格の端末など様々です。 そのため、自分にあった防水スマホがどれなのか迷っている人もいるのではないでしょうか? この記事では、• 格安SIMで防水スマホを使いたい といった人に向け、今回は防水・防塵対応の格安スマホの中でもとくにオススメの9機種をご紹介します。 防水スマホの購入を検討している人は、ぜひ参考にしてくださいね。 AQUOS sense2はシャープ製のミドルレンジスマホです。 2017年に発売されて大ヒットした「AQUOS sense lite」の後継機に当たります。 約30,000円と 低価格ながら最高等級の防水・防塵にしっかり対応しています。 水濡れに強いIGZOディスプレイとタッチパネルを搭載しており、画面が濡れた状態でも誤動作が少ないスムーズなタッチ操作が可能です。 お風呂でも使えるが、油断は禁物 「お風呂防水」に対応しているので、お風呂でスマホをよく使う人におすすめです。 ただし 湯船や石鹸、洗剤などにはつけないようにしてください。 おサイフケータイ対応 防水だけでなく、SIMフリーでは貴重なおサイフケータイにも対応しています。 手ごろな価格で防水とおサイフケータイを使いたい人におすすめです。 スペックはライトユーザー向き スペックはあまり高くなく、3Dゲームなどをプレイしたい人は後述するの方が向いています。 ブラウジングやSNS、動画視聴など軽い用途にしか使わないならsense2でも問題ありません。 AQUOS sense plusはAQUOS senseシリーズの上位モデルです。 防水・防塵対応、IGZOディスプレイを搭載、おサイフケータイにも対応など基本的な特徴はとよく似ています。 sense plus と sense2 の比較 大きく異なるのがCPU性能です。 sense2 がエントリークラス向けの Snapdragon 450 を搭載していたのに対して、sense plus はミドルハイクラスの Snapdragon 630 を搭載しています。 sense plus は sense2 と比べて処理速度が速く、よほど動作が重くなければ 3Dゲームもプレイ可能です。 防水対応かつある程度ゲームもプレイするという人は AQUOS sense plus を選びましょう。 スペックが高い分、販売価格は sense2 より1万円ほど高い40,000円前後となっています。 ゲームをしない場合は で十分なので、用途に合わせて選びましょう。 arrows M04は耐久力の高さが売りの 「タフネススマホ」です。 5mの高さからコンクリートに落下させる「落下試験」や曲げ試験など、富士通独自の試験も実施しすべてクリアしています。 過酷な環境で使っても壊れにくいので、アウトドアや業務用途にもおすすめです。 また、単に防水なだけでなく 泡ハンドソープによる丸洗いもできます。 本体が汚れてもきれいに洗えるので、いつまでも清潔な状態を保てますね。 arrows M04の性能は低め arrows M04は最近のスマホとしては かなりスペックが低めです。 ゲームプレイには向きませんし、たくさんのアプリを同時に起動するような使い方をすると動作がモッサリします。 メールやLINEしか使わない、というライトユーザー向けのスマホですね。 CAT S41は建設機械などで知られる「キャタピラー」ブランドのスマホです。 アウトドアや工事・建設現場、農場、雪山といった過酷な環境で使われることを想定して作られており、 他のスマホを圧倒する耐久力を誇ります。 防水・防塵に加えてMIL規格に準拠した耐衝撃性能を持ち、1. 8mの高さからコンクリートへ落下させる試験をクリアしています。 ディスプレイには強度の高いGorilla Glass 5を搭載し、画面割れにも強いです。 前述のタフネススマホ より耐久力があると言えるでしょう。 大容量バッテリーで充電の心配なし CAT S41は5,000mAhという大容量バッテリーを搭載しており、外部電源がない環境でも電池切れの心配をせず使えます。 しかも他の端末を充電することもできるので、 モバイルバッテリー代わりとしても利用可能です。 本体サイズは大きく重い CAT S41は耐久力を重視した分、厚みが12. 95mmとかなり分厚く、重量も220gと重いです。 さらに価格も65,000円前後とスペックの割には高めに設定されています。 良くも悪くも 過酷な環境での使用や業務用途を想定しており、普通に防水スマホを使いたいという人には向きません。 ここまでの頑丈さが必要ないのなら、CAT S41の半額以下で購入できるタフネススマホ がおすすめですよ。 かしわ セット購入できる格安SIMはIIJmioのみ 現在CAT S41を取り扱っているMVNOはだけです。 メジャーな端末ではないので他社の取り扱いが増える可能性も低いです。 CAT S41は大体65,000円くらいの相場ですが、IIJmioでは49,800円 税抜 で販売しています。 これでもスペックの割には高いほうではありますが、かなり安く購入できますね。 IIJmioは昔からある通信業者が運営していることもあり信頼の厚い格安SIMです。 技術的な情報発信に積極的で、災害時の利用に関するアナウンスしたりとしっかりしています。 Mate 20 Pro はHUAWEIのフラグシップスマホ「Mate」シリーズの最新モデルです。 国内のSIMフリースマホ史上 トップクラスと言われるスペックの高さとカメラ性能が特徴です。 とくに注目すべきがカメラです。 驚異的なカメラ性能で様々なシーンに対応 アウトカメラは、• 4000万画素の広角カメラ• 2000万画素の超広角カメラ• 800万画素の望遠カメラ という構成の トリプルレンズカメラになっており、被写体や状況に合わせてレンズを切り替えられます。 超広角カメラを使えば広範囲を含めた写真の撮影が可能ですし、望遠カメラを使えば最大10倍ズームでノイズの少ないきれいな写真が撮影できます。 一般的にスマホが苦手とする夜景も高性能なイメージセンサーとAIのおかげでノイズや白飛びのないきれいな写真が撮影可能です。 防水防塵対応のSIMフリースマホでカメラを重視するなら、まずMate 20 Proを検討したいですね。 他にもディスプレイ内に指紋センサーを内蔵した「ディスプレイ内指紋認証」や他の端末をワイヤレスで充電できる「ワイヤレス給電」など最新機能が満載です。 ただし、スペックが高いため110,000円前後と 販売価格もかなり高めに設定されています。 一括で購入するのは大変なので、MVNOから分割で購入するなど工夫をしましょう。 海外メーカー製スマホでは珍しく防水に加えておサイフケータイにも対応し、なおかつ スペックが非常に高いのが特徴です。 CPU、メモリ、カメラも高性能 CPUにはQualcomm製のハイエンド向けモデル「Snapdragon 845」を搭載し、 動作の重い3Dゲームもサクサク動きます。 薄暗い場所での撮影にも強く、ノイズの少ないきれいな夜景を撮影できます。 おサイフケータイ対応の高性能防水スマホ 防水・防塵とおサイフケータイに対応しているSIMフリーのAndroidスマホとしては最もスペックが高いです。 防水とおサイフケータイを使いたいし3Dゲームもばりばりプレイする、という人におすすめです。 ただし100,000円前後と 本体価格が比較的高めな点には注意しましょう。 ここではiPhone7をセット購入できる格安SIMも紹介していますが、基本在庫限りのため売り切れる可能性も高いです。 かしわ UQモバイルかAppleストアの購入がおすすめ! iPhone7が2018年12月現在購入できる格安SIMは、、です。 UQモバイルはこの中で一番安くiPhone7を購入できます(32GB:税抜67,932円/128GB:税抜80,892円)。 ワイモバイルはUQモバイルより割高ですが選べるカラーが豊富です。 海外メーカー製のスマホながら防水とおサイフケータイに対応した珍しいモデルで、OPPOが日本市場にいかに力を入れているかが分かりますね。 高性能でカメラ性能も良し CPUにSnapdragon 660を採用し、6GBの大容量RAMを搭載するなどスペックも十分です。 3Dゲームなど 負荷の大きいアプリも快適に使えます。 カメラの性能も高いです。 防水とおサイフケータイに対応し、なおかつスペックやカメラも高性能なスマホが欲しい人におすすめです。 防水スマホもラインナップが豊富に。 自分に合った一台を選ぼう 以上、おすすめの防水スマホ9選を紹介しました。 購入先によって前後します。 コスパに優れた低価格モデルから高性能なハイスペックモデル、防水だけでなくおサイフケータイやワンセグも搭載した万能モデルなど、そのラインナップは多岐にわたります。

次の

デレステも快適!ゲーム専用おすすめ格安SIMフリースマホ|CPU Snapdragon 630以上/Android端末【2019年最新】

ゲーム向け simフリー スマホ

By: CPUとは、人間で例えると頭脳にあたるパーツです。 スマートフォンの性能を大きく左右する重要なパーツなので、選ぶ際にはCPUの性能をしっかりとチェックする必要があります。 選び方の目安として、アプリやゲームをサクサク快適に楽しみたいなら「ヘキサコア 6コア 」または「オクタコア 8コア 」のCPUを搭載しているモノがおすすめです。 また、CPUの性能をチェックする際には「クロック周波数」と呼ばれる数値も確認しましょう。 クロック周波数は「GHz(ギガヘルツ)」という単位で表記されており、基本的には数値が大きいほど処理能力が高くなります。 ストレスなく快適にスマホを楽しみたいなら、クロック周波数は最低でも2. 0GHz以上は必要になるため、選ぶ際には参考にしてみてください。 メモリ RAM をチェック メモリとは、分かりやすく例えると机の広さのようなモノ。 机のサイズが広ければ作業効率が上がるのと同じで、メモリも容量が大きければ一度にたくさんの作業が可能です。 CPUと同じくスマートフォンの性能を大きく左右する重要なパーツなので、ハイスペックなSIMフリースマホを選ぶ際にはメモリの性能もしっかりとチェックする必要があります。 選び方の目安として、一度にたくさんのアプリやゲームを楽しみたいなら最低でも4GB、予算に余裕があるなら8GBを基準にするのがおすすめです。 ストレージ ROM をチェック ストレージとは、写真や音楽などのプライベートデータから、OSやシステムデータまで、いろいろなデータを保管しておく場所です。 メモリと同じくサイズが大きくなるほどたくさんのデータを保存できるため、いろいろなコンテンツを楽しみたい方は、ストレージも忘れずにチェックしてみてください。 選び方の目安として、アプリやゲームをたくさん楽しみたいなら、ストレージ容量は最低でも64GB以上、アプリやゲームだけでなく、写真・動画・音楽などいろいろなコンテンツを楽しみたいなら128GB以上を基準にしましょう。 ちなみに、ストレージ容量を気にせずスマホを楽しみたい方は、外部ストレージの有無もあわせてチェックしてみてください。 その他機能もチェック カメラ性能 By: スマホで頻繁に写真を撮影する場合や写真の画質にこだわる場合は、カメラ性能がハイスペックな機種を選ぶのがおすすめ。 カメラで重要なのはレンズの性能で、レンズ内にある絞りの大きさを示す数値である「F値」が小さいものほど、暗い室内や夜でもきれいに撮影できるという性質があります。 最近の高性能SIMフリースマホには、デュアルレンズやトリプルレンズなど複数のレンズを搭載した機種も登場。 これらの機種では1台で複数の画角を使い分けられるので、通常のデジタルズームとは違って画質を劣化させずに被写体を大きく引き寄せたり、逆に風景をダイナミックに写したりする撮影が楽しめます。 カメラ性能にこだわった機種では撮影時にAI技術を活用しているのも特徴。 学習によってユーザーが好む色合いや明るさに編集した写真を自動で提案してくれたり、高度な演算技術で画質を向上させてくれたり、撮影した被写体を分析して関連情報を表示してくれたりする機能などがあります。 防水・防塵性能 By: 水回りでもスマホを使いたい場合は高い防水・防塵性能を持つ機種を選ぶのがおすすめ。 各種ボタンやSIMスロットなどが防水パッキンで密閉加工されているので、スポーツで汗をよくかく場合やアウトドアなど過酷な環境で使用する場合でも、浸水・異物混入による故障のリスクを軽減してスマホを使い続けられます。 スマホの防水・防塵性能を確認する際に重要となるのが、「IP」という国際規格で表示される保護等級。 具体的には、水回りでもスマホを使用したい場合は、最低でも完全防水を意味する「IP65」以上の表示がある機種を選ぶのがおすすめです。 また、より上位となる「IP67」以上の機種であれば、水没にも耐えられるほどの防水性能を持っています。 ただし、スマホの防水・防塵性能は常温の真水での使用を想定しており、風呂・サウナ・海などでの使用には対応していない場合が多いので注意しましょう。 ハイレゾ音源対応 By: スマホで高音質な音楽鑑賞を楽しみたい場合は、ハイレゾ音源の再生に対応した機種がおすすめです。 ハイレゾとは「High-Resolution(高解像)」の略で、ハイレゾ音源はCD音源の約3〜6. 5倍ものデータ量を持っているのが特徴。 CD音源では難しい高音域や繊細な音が再現できるので、より臨場感のある音質で音楽が楽しめます。 また、ハイレゾ音源のファイル形式にはさまざまなものがありますが、FLAC形式の再生に対応した機種が扱いやすくおすすめです。 通常のmp3やWMAと同じように曲名やアーティスト名などの情報を追加できるので、楽曲の管理が簡単にできます。 なお、ハイレゾ音源は「4分間の楽曲で130MB」など保存時のデータ量が大きいのが難点。 そのため、ストレージ容量に余裕のある機種やmicroSDカードによるストレージ増設に対応した機種を選びましょう。 ハイスペックなSIMフリースマホのおすすめモデル シャープ SHARP AQUOS zero2 SH-M13-B シャープの人気シリーズ「AQUOS zero」の2020年モデル。 ハイエンドSoC「Snapdragon 855」や、大容量の8GB RAM、UFS typeの256GB ROMを搭載しており、処理の重いアプリやゲームがサクサク快適に楽しめます。 ハイスペックなSIMフリースマホながら、軽量かつ丈夫なマグネシウム合金フレームを採用。 重量わずか141gの軽量ボディを実現しているのも特徴です。 10億色の表現力を持つ有機ELディスプレイを採用することで、お気に入りのゲームや動画がきれいな映像で楽しめます。 エイスースの最新技術が詰まったハイスペックなSIMフリースマホです。 最高2. 96GHzで動作する世界最高峰の「Sanpdragon 855 Plus」をはじめ、大容量の12GB LPDDR4X、UFS 3. 0対応の512GB ROMなど、高性能なパーツを多数搭載。 処理の重い高解像度のゲームもノンストレスで快適に楽しめます。 各パーツの性能を最大限に引き出す「GameCool II」や、最大120Hzのリフレッシュレートに対応した「AMOLEDディスプレイ」により、FPSのような機敏なプレイが要求されるゲームも快適にプレイが可能。 1回の充電で長時間使える、6000mAhの超大容量バッテリーを採用しているのも大きなポイントです。 シチュエーションに合わせてカメラの角度を調節すれば、いつもとは違ったアングルで写真・動画撮影が楽しめます。 ハイエンドSoC「Snapdragon 855」や、大容量の6GB LPDDR4X、UFS 2. 1対応の128GB ROMなど、全体的にスペックが高いのも魅力です。 バッテリーには、最大約23時間のWebブラウジングが可能な5000mAhの大容量バッテリーを採用。 外出先でもバッテリー残量を気にせず長時間使えます。 迫力ある映像が楽しめる「6. 4インチのナノエッジディスプレイ」と、パワフルなサウンドを再現するデュアルスピーカーを組み合わせることで、動画やゲームが快適に楽しめるのもポイントです。

次の

SIMフリーを徹底解説!2020年7月のおすすめSIMフリースマホ

ゲーム向け simフリー スマホ

荒野行動やPUBGモバイルの人気もあって、どんどんスマホゲームをプレイする方が増えていますね! そんな中、ゲームが重くて動かないだとか、充電がすぐに切れてしまうだとか、 スマホのスペックのせいでゲームをしっかり楽しめていない方は多いのではないでしょうか? そこで、2018年頃から登場し始めたのが ゲーミングスマホ(ゲーム用スマホ)です! 以前本ブログでは、ゲーミングスマホの特徴やおすすめ商品をご紹介しました。 それではぜひ最後までご覧ください。 スポンサーリンク 目次• スマホのキャリアモデル・SIMフリーの違いとは キャリアモデルのスマホとは、日本でいうau・ドコモ・ソフトバンクの大手キャリアで契約できるスマホのことを言います。 一方、 SIMフリーのスマホとは、どの通信業者と契約するかを自分で自由に決めることができるスマホのことを言います。 これらの違いは主に以下の4つですので、順番に説明していきます。 まずSIMロックのスマホとは何かというと、特定の通信業者のSIMカード以外は使えないようになっているスマホのことです。 例えば、「ドコモで契約したスマホがドコモのSIMカードしか使えない」という話です。 これに対して、SIMロックがない(SIMフリーの)スマホとは何かというと、先ほども書いた通り、どの通信業社のSIMカードも自由に使えるスマホのことを言います。 ただ、 購入した際にはSIMロックがかかっていたスマホでも、SIMロック解除をするという選択肢があります。 その際、SIMロック解除済みのスマホも「SIMフリースマホ」と呼んでいるようです。 ちなみに、スマホ超初心者の方に向けて一応説明すると、SIMカードとは、スマホで電話やインターネットを使用するのに必要な小さなICカードの事です。 SIMフリーは携帯ショップや家電量販店などで買うこともできますが、Amazonや楽天などのネット通販で買うこともできます! 家を出る手間もなく、パソコンでポチッとするだけでスマホが買えるなんてすっごくいい時代ですね笑。 その点、SIMフリーの方が気楽に簡単に買えるスマホと言えそうです。 com 基本的に、大手キャリアで契約するよりもSIMフリーで買う方が機種の選択肢は広いです。 大手キャリアでは、需要が多くて人気の機種をメインに取り扱っていますが、SIMフリーで購入する際はあまりメジャーではない機種も選び放題です。 もちろん格安スマホもありますが、最近では超ハイスペックのゲーミングスマホなどでもたくさん種類があります。 ゲーム用スマホにこだわりがある方などはSIMフリーでの購入がいいかもしれませんね。 現在はゲーミングスマホが日本であまり普及していないので、大手キャリアでの取り扱いが少ないですが、スマホでゲームをするのが当たり前な時代に合わせてどんどん取り扱いが増えていくのではないでしょうか! 個人的にはとても楽しみです笑。 しかし、SIMフリーのスマホならスマートフォン単体を購入することができます。 よく、キャリアモデルスマホを契約したらそのキャリア独自のアプリがたくさん入っているなんてことがありますよね。 頼んでもいないのに勝手にセットで付いてきて、契約から数ヶ月経つと有料のサービスに切り替わったりするので、とても厄介です笑。 ただ一方で、支払い方法に関してはキャリアモデルの方が優秀です。 大手キャリアは年単位の分割払いが可能なのに対して、SIMフリーでは基本的に一括払いになります。 そういった、細かいサービスの必要性によってどちらでスマホを買うべきかが変わってくると思います。 分割払いがしたいならキャリアスマホだし、機種によってはSIMフリーでしか買えなかったり、条件によって変わってきます。 ただ1つ言えるのは、ゲーミングスマホにしたいからSIMフリーにする!という考えは間違っているということです。 確かに機種は少なめですが、キャリアモデルでもゲームに適したスマホは販売されています。 もし、大手キャリアのサービスに満足しているのに、ゲーム用スマホのためだけにSIMフリーに乗り換えようとしているのなら、いったん落ち着いてキャリアモデルの商品スペックを見直してみる方がいいと思います! 具体的な商品は以下にまとめています。 amazon. jp こちらは、HUAWEI(ファーウェイ)という中国のメーカーで製造され、auから販売されているゲーミングスマホです。 HUAWEIのゲーム用スマホは、元々はSIMフリーでの購入がメインでしたが、2018年になってからauでも取り扱われるようになりました。 SoCはKirin659のクアッドコアで、RAMは4GB、画面は5. 8インチなのでスペックは問題ないレベルです。 しかしこのスマホの一番の魅力は何と言ってもその安さです!! 4万円を切っています!! 大手キャリアのサービスの元、お手軽にゲーム用スマホが欲しいならこの商品が間違いないでしょう。 この機種は残念ながらドコモ・ソフトバンクでは販売されていないのですが、ドコモではHUAWEI P20 Proというシリーズ商品が販売されています。 レビューや評判はliteの方がいいですが、ドコモユーザーの方々にはそちらもおすすめです!• engadget. com こちらは、大手キャリアの販売するAndroid端末の中でもとっても有名な機種ですね! サムスンのギャラクシーシリーズと言えば、誰もが聞き覚えがあるのではないでしょうか? そのギャラクシーシリーズの中でもかなりスペックが高くてゲームに最適なのがこのGalaxy Note9です。 CPUはSnapdragon845(SDM845)というハイエンドスペック、バッテリー容量4000mAh、6. 4インチの大画面、6GBのRAMといった感じで、最高級スペックです! さらに、何と言っても魅力的なのはSペンというアイテム。 この専用のタッチペンを使って、とっても自由に操作することができます! こちらはauとドコモで取り扱われていますが、ソフトバンクにはありません。 ちょっとした小話ですが、実はソフトバンクはシャープにとっても恩があるため、シャープのライバルであるサムスンの製品はあまり使わないようにしているんです…。 そのためGalaxyシリーズも取り扱われていません。 ソフトバンクユーザーの方はどうか理解してあげてください…。 amazon. jp またファーウェイの製品か!と思われたかもしれませんね笑。 しかし、こちらは先ほどのP20 liteよりもずっと最新のハイエンドスペックです! 発売はなんと2019年1月です。 キャリアモデルとしてはソフトバンクだけが販売しているので、Galaxyを諦めたソフトバンクユーザーの方は必見ですね笑。 ちなみに、このスマートフォンはトリプルレンズカメラという特殊な技術を使っているため、カメラ性能が最高級です! ゲームとはあまり関係ないですが、ゲーム以外にも写真に興味がある方などは一度調べてみてはいかがでしょうか。 スペックに関して具体的には、CPUはKirin980のオクタコア、バッテリー容量4200mAh、6GBのRAM、6. 4インチの画面。 これぞまさにハイエンドスマートフォンといった感じです! 最新機種なので値段はそこそこ張りますが、このスペックにしては安い方だと思います!• itmedia. html こちらは、LGエレクトロニクスという韓国の大企業が製造したスマートフォンです。 こちらもハイエンドスペックなため、値段が少し張ってしまっています…。 具体的なスペックは、CPUはSnapdragon 835、RAMは4GB、6. 0インチ画面です。 apple. アップルの他の製品との互換性も抜群で、合わせて持つと最高に使い勝手が良いです。 問題点は2点。 バッテリーの消耗が激しい点と値段が高い点です。 しかし、その分サービスも充実していますので、これらの問題点を踏まえた上でも買う価値のある製品だと思います。 以上がキャリアモデルのゲーム用スマホ解説でした! 確かにSIMフリーでマニアックな製品を安く買うのもいい手ですが、大手キャリアの安心のサービスの元、ゲーミングスマホの購入を考えるのも悪くないと思います。 それでは最後までご覧いただきありがとうございました! よいゲームライフを。

次の