アナデン ブリアー 星5解放 できない。 アナキン・スカイウォーカー

ブリアーのクエストどうやるんだ? セレナ海岸(通常)行ってもアイコン出ないんだけど クエストが先でその後☆5解放だよな BBAの所行ってもブリアー選択できないし

アナデン ブリアー 星5解放 できない

ジャンル 宇宙人、ヒーロー、 アニメ 原作 マン・オブ・アクション 監督 アレックス・ソト シリーズ構成 グレッグ・クライン トーマス・パグスリー キャラクターデザイン デイヴ・ジョンソン(オリジナル) トーマス・パーキンス 音楽 アニメーション制作 カートゥーン・ネットワーク・スタジオ 製作 カートゥーン・ネットワーク・スタジオ 放送局 放送期間 - リピート放送 - リピート放送 話数 全52話 その他 BSイレブンでの放送は まで アニメ:ベン10 エイリアンフォース 原作 マン・オブ・アクション 監督 グレン・ムラカミ シリーズ構成 ドウェイン・マクダフィ キャラクターデザイン グレン・ワイ・リン・ウォン 音楽 クリストファー・カーター マイケル・マッキション ロリータ・リトマニス アニメーション制作 カートゥーン・ネットワーク・スタジオ 製作 カートゥーン・ネットワーク・スタジオ 放送局 放送期間 - リピート放送 - リピート放送 話数 全46話 アニメ:ベン10 アルティメットエイリアン 原作 マン・オブ・アクション 放送局 カートゥーン・ネットワーク 放送期間 - リピート放送 - リピート放送 話数 全52話 その他 メインスタッフは「エイリアンフォース」 と同様のため省略。 日本では21話以降未放映。 アニメ:ベン10 オムニバース 原作 マン・オブ・アクション 監督 マット・ヤングバーグ シリーズ構成 マット・ウェイン シャーロット・フラートン キャラクターデザイン デリック・J・ワイアット 音楽 セバスチャン・エヴァンス二世 アニメーション制作 カートゥーン・ネットワーク・スタジオ 製作 カートゥーン・ネットワーク・スタジオ 放送局 放送期間 - リピート放送 - リピート放送 話数 全80話 その他 日本では53話以降未放映。 アニメ:ベン:10 原作 マン・オブ・アクション 監督 マン・オブ・アクション ジョン・ファング シリーズディレクター コリン・ヘック キャラクターデザイン チェイス・スタンドレイ 音楽 ケヴィン・マンセイ アニメーション制作 カートゥーン・ネットワーク・スタジオ 製作 カートゥーン・ネットワーク・スタジオ 放送局 放送期間 - リピート放送 - リピート放送 - 『 ベン10』(ベンテン、 BEN 10)は、で放映されているの。 作家出身のジョー・ケリー、ジョー・ケイシー、ダンカン・ルーロー、スティーブン・T・シーグルの4人からなるクリエイター集団「マン・オブ・アクション(Man Of Action)」 が原作を手がけた最初のアニメーション作品。 カートゥーン ネットワークのオリジナル作品として製作され、がを務めた。 シーズン5からは続編の『 エイリアンフォース(ALIEN FORCE)』、シーズン8からは『 アルティメット エイリアン(ULTIMATE ALIEN) 』が放送開始。 現在は新シリーズ(シーズン10〜)『 オムニバース(OMNIVERSE)』が52話まで放送した。 53話以降の放送は今のところ不明。 でもよりシーズン1が放送開始。 またでも2008年12月より放送が開始され、2009年6月7日にシーズン2の最終回を迎えた。 2009年6月14日からシーズン1のリピート放送が開始され、12月6日に終了。 BSイレブンでのシーズン3以降の放送は今のところ不明。 雑誌「」は、カートゥーンネットワークがリブート作品を2016年にアメリカ合衆国で放映する予定を立てたことを報じた。 2016年7月21日にYouTubeで一部公開された。 にカートゥーン ネットワークのカートゥーン エクスプレスで新しい「ベン:10」を放送した。 マックス・テニスンの声は死去したに代わってが演じる。 制作 [ ] 企画 [ ] このアニメは、, , (), の4人からなるクリエイター集団 ()が手掛け、カートゥーンネットワーク・スタジオが製作した。 番組のアイディアは番組に企画が採用される3年前から作られていた。 スティーブ・E・ゴードンは早い段階からこの番組に参加しており、当初制作陣がベン・テニスンを赤毛の少年にするつもりだったことがゴードンのコンセプトワークに記されていた。 また、ゴードンはオムニトリックスの初期デザインも手掛けており、最終版と比べるとより実際の時計に近いデザインだった。 エイリアンの名前は異なり、"StrongGuy", "Inferno", "RazorJaws", "Dragonfly", "Plantguy", and "Digger"といった感じの名前だった。 また、一部のエイリアンヒーローは DCコミックのに登場するようなスーパーヒーローのように、より人間に近い体格だった 主題歌 [ ] 主題歌は、アンディ・スターマーが手掛け、モクシーが歌った。 が手掛けたオープニングアニメーションは、Adobe Flashで構成されており、単なるアクションアニメに収まらない面白そうな作品を思わせるような展開となっている。 ゴーストフリークがオムニトリックスを抜け、エイリアンヒーローとして登場しなくなったシーズン3以降からオープニングの構成が若干変わり、空欄となった9番目のエイリアンのパートにキャノンボルトが代わりに入る形となった。 ストーリー [ ] シーズン1〜4 何処にでもいるごく普通の10歳の・ ベン。 がやってきて、いとこの グウェンや祖父の マックスとともに山奥のキャンプ場に出かけた。 夜中に散歩をしていたベンは突如落下してきたカプセルの中から発見された「 」を装着、10種類のエイリアンヒーローに変身する能力を身につける。 ベンはこの力で地球の悪人や宇宙からの侵略者に戦いを挑むことになる。 シーズン5〜7(エイリアンフォース) シーズン5・6 夏休みのエイリアンとの戦いから5年たったある日、マックスが謎の失踪を遂げてしまう。 15歳になったベンはそれを知り、再びオムニトリックスを手にし、グウェンやケビンと共に新たな戦いに挑む。 シーズン7 ハイブリードとの決戦を終え、普段の生活に戻ったベン達。 ところが、かつてベンに倒されたヴィルガクスが再び地球に現れ、ベンにリベンジを挑んできた。 今、ベンの新たな戦いが始まった。 シーズン8・9(アルティメットエイリアン) ベンは16歳になり、同時に自動車免許を取得。 オムニトリックスもアルティマトリックスに変化して新たな戦いが始まると思いきや、ベンが変身する瞬間を撮影した動画がサイトにアップされ、ベンの正体が世界中に知れ渡ってしまう。 シーズン10以降(オムニバース) グウェンは飛び級で大学進学、ケビンも引越すことに。 一人となったベンに新パートナーとして、新人配管工の ルークがマックスから紹介される。 彼はルークとともに行動しながら、時にはエイリアンコミュニティへ足を運び、新たな敵と戦うのであった。 登場人物 [ ] 主要人物 [ ] ベン(ベンジャミン・カービィ)・テニスン 本作の。 ごく普通の10歳の少年だったが、「 」を見つけたことで に変身する力を手に入れる。 普段の一人称は「僕」だが、変身するエイリアンヒーローによっては口調や一人称が変化する。 変身時に言う「ヒーロータイム! 」が口癖。 我侭でオムニトリックスを悪戯や娯楽に使うこともあるが、変身できなくとも悪に立ち向かう勇気と強い正義感の持ち主で、な一面もある。 シーズン5からは年齢が15歳になり、マックスの失踪をきっかけに、再びオムニトリックスを使うことを決断する。 また、キャッシュの悪戯に動じない、さまざまな局面で機転が効くなど、心身共に大きく成長した。 基本的に敵の命を奪うことはしないが、仲間や友人が危機にさらされると、普段のベンからは想像もできないほど容赦ない攻撃を行う。 シーズン7では、ハイブリードの侵攻から全宇宙を守ったヒーローとしてさまざまな星から勲章や賛辞の言葉をもらい増長。 戦争への介入や和平交渉など、厄介な任務を押しつけられるようになった。 シーズン8からは16歳になり、自動車の運転免許も取得、彼の正体が世界中にバレながらも戦いに身を投じている。 世間には一部を除いてヒーローとして受け入れられており、サイン会が行われたり、関連商品が売られるようになった。 学校の勉強は苦手だが、初めて見る文字を一瞬で暗記したり、パープレックスヒドロンの攻略法を思いつくなど、意外な頭の回転の速さを見せる。 凶暴化したケビンに対し、「倒すしかない」と非情ともいえる決断を下す。 ヒーローとして周囲にちやほやされながら、心中では有事の際には甘さを捨てる決意をしていた。 グウェン(グウェンドリン)・テニスン 本作の。 ベンと同じ生年月日の。 しっかり者で気が強い性格。 正反対なベンと喧嘩をすることもしばしば。 頭の回転も身体能力も高い。 美術館と高価な洋服が好き。 一人称は「あたし」。 シーズン1で、ベゼルのチャームのうち、幸運を司るチャームを手に入れ、ラッキーガールと名乗ってヒーロー活動を行った。 チャームは自ら破壊するが、シーズン2にて、ベゼルのキーストーンを手に入れ再びラッキーガールと名乗った。 また、シーズン2にて、の未来で、アイテムを駆使してを使っている。 また、オムニトリックスを使って変身した時があり、その際はグレイマター、ヒートブラスト、フォーアームズに変身していた。 シーズン3で、チャームキャスターから魔術書を奪ったことを機にアイテムなしで、魔法が使えるようになった。 シーズン5からは、ベンと同じく15歳になり、魔法の技術もさらに磨きがかかり、で男子相手に軽々と勝つ身体能力も併せ持つ。 ベンとはお互いに精神的にも成長し、子供の頃のような喧嘩をすることはなくなり、時に無鉄砲な行動を取るベンの身をまるで姉のように案じるようになった。 共に闘うケビンに好意を持ち、本人に好きだと明かしているものの、デートに誘わないことにやきもきしている様。 そのケビンから魔法は特訓の成果ではなく、自身がエイリアンだからだと指摘されるたび、反論していた。 しかし、彼女の祖母がアナダイトというエイリアンと判明し、父親にはパワーが現れなかった。 その後、修行のために祖母と共に地球を出て宇宙で暮らす話が上がったものの、ケビン達と一緒に過ごしたい一心で、祖母の誘いを断った。 シーズン7からは服装と髪型が変わり、赤のブラウスに黒ベスト、ポニーテールになった。 シーズン8でケビンが凶暴化した時は説得する道を選び、ベンと対立することになった。 シーズン10では大学に通うためにケビンと共にベルウッドを離れ 、準レギュラーとして登場する。 マックス(マクスウェル)・テニスン ベンとグウェンの祖父。 元(特殊工作員)。 優しく活動的でユーモア溢れる性格。 年不相応の身体能力を有し、オムニトリックスに関する知識、ウィルガクスとの因縁など、さまざまな謎を持つ。 エイリアン達の良き理解者。 シーズン5も引き続き登場するものの、以前のようにベン達と共に行動することはなく、単独で地球を侵略しようとするエイリアン達の行動を阻止する。 一度は自分を犠牲にして、ハイブリードをナル・ボイド手榴弾で倒すつもりだったが、なぜかナル・ボイドに飛ばされてしまう。 その後は「レンチ」の偽名を名乗り、D'ボイドの計画を阻止せんと、同じくナル・ボイドに飛ばされた良きエイリアンと共に闘う。 脱出後はベンと共に暮らす。 料理好きだが、虫などを使ったゲテモノ料理ばかり作るため、その点だけはベン達から嫌がられている。 配管工は引退しているものの、有事の際には配管工スーツを着て敵と戦うことも。 シーズン2のifの世界ではオムニトリックスを手にしてベンの助言でアップグレードに変身したこともある。 ケビン・レビン 地球人とオスモシアンの混血児で、ベン達より1歳年上。 一人称は「俺」。 当初は悪役で、機械などからエネルギーを吸収し自在に操る力を持った不良少年だった。 マックスと喧嘩し家出したベンと悪友になるが、他者の命を奪うことも辞さなかったために離別される。 オムニトリックスのエネルギーを吸収してエイリアンのような姿となって暴れ、更には降参するふりをしてオムニトリックスを奪おうとするが失敗し逃亡する。 しかし、その際に放出された多量のエネルギーを浴びたためか自在にエイリアンヒーローの姿に変身できるようになり 、その姿で悪事を働いてベンに濡れ衣を着せようと企む。 しかし企みは失敗しベンにも敗れた挙句、怒りで力が暴走し ケビン11へと変貌してしまう。 そのことでベンを逆恨みし、後にヴィルガクスと手を組んでベンに復讐を果たそうとするが、最後はヴィルガクスと共にナル・ボイドに閉じ込められてしまう。 シーズン4では未来世界における大人になったケビンと、彼の息子の デブリンが登場する。 シーズン5では触れた物質を体に同化させる力を手に入れる。 ナル・ボイドから脱出してエイリアンテクノロジーの違法取引を行っていた際にベン達と再会し初めは敵対したが、行動を共にしていく内に和解し仲間に、後にグウェンとは恋仲になる。 つまらない冗談を好み、余計なことを口走ってはベン達に呆れられている。 エイリアンやそれらのテクノロジーに詳しく、愛車にもエイリアンテクノロジーが内蔵されている。 シーズン8では飛行機も手に入れている。 シーズン7でオムニトリックスをハッキングした際、オーバーロードが起きて全身が鉱物や木などと同化したままになってしまう(そのため、私生活ではDNAリアンが使っていたIDマスクを着用するようになる)が、終盤でオムニトリックスが大破すると元の姿に戻った。 シーズン10からはグウェン同様、準レギュラーとして登場。 後にカイバーに捨てられたエイリアン犬の飼い主となる。 ケビン11(ケビンイレブン) シーズン2から登場。 力を制御できずに暴走した姿で、ケビン自身と10体のエイリアンヒーローの姿と能力を併せ持っている。 能力は本物に劣るが(ベン曰く「10の力のそれぞれが10分の1」)、能力を組み合わせた攻撃と残虐性によって驚異的な強さを見せる。 ケビン11,000(ケビンイレブン・サウザンド) シーズン4に登場。 未来世界のケビンが、ナル・ボイドにいたエイリアンやナルガーディアンなど様々な種族の力を吸収して変身した姿。 一度はベンを倒し、その息子のケンや自身と離別したデブリンすら容赦なく返り討ちにするが、それに激怒したベンが変身したウェイビッグの猛攻に敗れ、最後はデブリンの手で再びナル・ボイドに送られた。 アルティメット・ケビン11 シーズン8に登場。 アグレゴーを倒すため、アルティマトリックスのエネルギーを吸収して変身した姿。 『エイリアンフォース』に登場したほぼ全てのエイリアンヒーローの能力を併せ持ち、アグレゴーを圧倒して見せるが、アルティマトリックスの強大な力を制御できずに暴走し再びベン達と対決してしまう。 ルーク・ブロンコ シーズン10から登場。 マックスがベンに相棒として紹介した配管工の新人隊員。 出身惑星はラバンナ。 プロトツールという様々な機能を備えた可変万能ツールを使いこなし、身体能力も高い。 生真面目で隊員としても優秀だが、経験の少なさ故の失態を犯したり 、ベンに呼び方を「じゃなくてベン。 いいな」と言われて「ベン・イイナ」と勘違いする など抜けた一面もある。 主要人物の友人・協力者 [ ] テトラックス の傭兵兼賞金稼ぎ。 かつて自分の星を破壊してしまった過去を持つ。 ヴィルガクスの依頼を受けてオムニトリックスを狙っていたが、持ち主が子供と分かり、最終的にオムニトリックスから手を引き、ベンにを授けた。 戦闘の際に、ただパワーが強いだけのエイリアンヒーローを選ぶベンを叱責し、彼に戦いで工夫することを教えた。 ギャラクティック・パトロール シーズン2から登場する、銀河を守る3人のエイリアンによるヒーローチーム。 アルティモス ギャラクティック・パトロールのリーダー。 飛行能力も持ち、眼から放つレーザーや超低温の吐息が武器。 シーズン7ではヴィルガクスに敗れ、そのパワーを奪われてしまう。 タイニー テトラマッドの女戦士。 当初はベンに惚れ込んでいたが、に惚れたという理由からシナップタックをパートナーに選んだ。 シナップタック 透明な頭を持つタコ型宇宙人。 優れた知力となどの超能力を有する。 アズマス オムニトリックスの開発をしたガルヴァンの博士。 宇宙の全種族の繁栄を願っており、オムニトリックス以外にも様々な装置を開発している。 ガルヴァンは歳の取り方が特殊で『消えたアズマス』では、年寄りのアズマスよりも若い父親が登場した。 マヤックス ヴィルガクスと同族の女性。 アズマスの助手。 ザイリーン マックスのかつての仲間の女性エイリアン。 オムニトリックスを送った人物(本来はマックスに渡るはずだった)でもあり、彼女の巡洋艦がヴィルガクスの艦の攻撃で危機に陥った際に地球へオムニトリックスの入ったカプセルを射出させた。 ベンは最初は彼女のことを毛嫌いしていたが、後に和解する。 ジュリー・ヤマモト シーズン5より登場。 ベンが想いを寄せるクラスメイト。 成績優秀でテニスが得意。 永遠の騎士団にさらわれたペットのシップを助けに行ったり、ハイブリードの最終決戦に参加したりとかなり気が強い。 シップ ジュリーのペット。 アップグレードに似た姿をしている。 名前の通り「シップ」と鳴く。 機械と合体するだけではなく、取り込んだ機械(潜水艦やスペースシップなど)に自在に変身できる。 第7シーズンではジュリーと合体し、パワードスーツのような姿になった。 パラドックス シーズン5から登場。 タイムスリップの実験による事故に巻き込まれたことで、不老の体と時間を操る能力を得た地球人の科学者。 未来では、ベンとともに地球を守ったこともあるらしい。 ラインラシル3世 ハイブリード族のディアナ家の7番目の息子で、ラセット家の直系の子孫。 シーズン6の『ふたりきり』で、ベンと砂漠の惑星Turrawasteではち合わせたのがきっかけで、ベンからライニーと呼ばれるようになった。 ベンを庇って切断された右腕をスワンプファイアーの蔓で繋げたため、右腕が緑色に変色している。 ベンと共に行動する内に、彼に友情に似た感情を抱くようになるが、それを下等生物に毒されたとし、自らを罰するためTurrawasteに残る。 シーズン6の最後で再登場し、ハイブリードの長老たちを説得。 最高司令官に任命された。 シーズン7にも登場した。 ベンのことを「ベンベン・テニスン」と呼んでいる(自己紹介の時にベンが「僕はベン。 ベン・テニスン。 」と言ったことから)。 スジライト シーズン7で登場。 テトラックスの手により、ベンと分離したクロマストーン。 マゼンタの部分が赤くなっている。 テトラックスの手によってオムニトリックスから分離させられ、ベンと協力して破壊されたペトロピアを蘇らせた。 ジミー・ジョーンズ シーズン8より登場。 ベンとベンが変身するエイリアンヒーローの大ファンの10歳の少年。 ベンのジャケットに似たデザインのパーカーを愛用し、ベンが少年時代に履いていたのと同じタイプのカーゴパンツを履いている。 インターネットでエイリアンの情報を集めてる内にベンの関与に気付き、ジミーの流した情報によりベンの存在が世間に明るみに出てしまう。 エイリアンに関する情報収集に長けており、ベン達の良き頼れる情報提供者となる。 配管工関係者 [ ] クーパー・ダニエルズ マックスの仲間の配管工の孫息子。 『ネガティブ10 パート1』にて初登場を果たした。 念じるだけで機械を操る能力をもっている。 シーズン6にて再び登場した際は、自分のラボにこもっている時間が長かったためか、初登場時よりも太っていた。 彼の特殊能力をハイブリードに狙われ、強制労働をさせられていたところをベン達に助けられた。 グウェンに好意を持っている。 ギルヒル 配管工の部隊長。 アラン シーズン5から登場。 の血を引く少年。 飛ぶのが苦手だったが、ベンから足元の地面をホバーボードのようにして飛ぶ術を教わる。 農場を荒らし回った犯人として保安官達に追われていたが和解する。 マニー の血を引く少年。 持ち前のパワーと、二丁の銃を駆使して戦う。 ヘレン 配管工を親に持つ女性。 XLR8に近い姿をしている。 亡き兄の遺志をついでマニーとともにエイリアン退治をしている。 ピアスが生きているとわかってからも、活動を続けている。 ピアス ヘレンの兄。 故人かと思われていたが、ナルボイドの中に囚われていたことが判明した。 脱出後は仲間たちとともにベンの手助けをするようになった。 全身に生えた棘を伸縮させて戦う。 デヴィン・レビン シーズン7で登場。 ケビンの父親。 配管工部隊のメンバーで、マックスとコンビを組んでいた。 配管工の任務中に、ラグナロク 前述 に殺されてしまう。 オスモシアンというエイリアンで、エネルギーを吸収、放出する能力を持っている。 しかしこれは体に負担があるらしく、普段はブラスターを使って戦う。 パトリデイ(Magister Patelliday) シーズン8にて初登場。 リップジョーズの同族である配管工で、マックスの古い知り合い。 敵 [ ] ヴィルガクスとその軍団 [ ] ヴィルガクス 宇宙一の悪と称される、緑色のタコのような顔をしたエイリアン。 マックスとは因縁があり、ベンにとっても最大の宿敵の1人となる。 冷酷で残虐だが、唯一同族に関しては心優しい一面を見せる。 フォーアームズを上回る圧倒的なパワーとダイヤモンドヘッドの攻撃が通じない防御力を持ち、杭のような物体を両腕に打ち込むことでよりパワーアップする。 シーズン2でケビンとともにナル・ボイドに閉じ込められるが、第4シーズンでナル・ボイドから脱出し、ベンの町に復讐をしに来た。 シーズン7では、10の惑星のエイリアンヒーローの力を吸収し再登場。 若干姿が変わり、口も露出するようになった。 剣や光線、シールドなどの武器も増えた。 肉体一つで宇宙空間を移動する飛行能力を手に入れ、戦艦に乗っているシーンはあまり見られなくなる。 また、シーズン7のラストでは海底で巨大なタコに変身した。 ロボティック・ルーテナント ヴィルガクスに仕えるロボット。 サイフォン シーズン7から登場した、ヴィルガクスの側近。 頭から巨大な角が一本生えている。 出身惑星は Planet Yrtus IV。 シーズン8の『偽りのヒーロー』でヴィルガクスの仇を討つべくベンを連れ出した。 この際、空を飛んだり、アルティメット・スパイダーモンキーと互角にやりあったりしたが、その場にいたキャッシュとJTがエネルギー分断装置を用いたため弱体化し、アルティメット・スパイダーモンキーに倒された。 サーカス団 [ ] ゾンボーゾ 不気味な団のリーダーである、白塗りで青い団子鼻をしている。 一人称は「おいら」。 にたけており、サーカスで人の幸せを盗んでいる間、他の部下は金品などの窃盗をしている。 第1シーズンで仲間とともに初登場した際、観客の幸せを吸い取ったが、ゴーストフリークに変身したベンによって倒される。 第8シーズンで再登場。 ウルカヌスとチャームキャスターを率いてベンの母親を誘拐したが、アナダイトに変身したグウェンに脅され退散する。 オムニバースの第1話にも登場。 アシッドブレス サーカス団のメンバーその1。 酸の息を吐く。 本人によるとこの技は母親からの直伝。 アップグレードに変身してピッチングマシンに取り付いたベンにより、口にボールをつめられて息を吐けなくなって倒された。 第2シーズンにて仲間たちとともに私立学校を襲ったが、最終的には拘束された状態で逮捕された。 フライトウィッグ サーカス団のメンバーその2。 長い髪を自在に操るが、アップグレードに変身してピッチングマシンに取り付いたベンにより、自分の髪に躓いてそのまま絡まって倒される。 第2シーズンにて仲間たちとともに私立学校を襲ったが、最終的には拘束された状態で逮捕された。 サムスカル Thumbskull サーカス団のメンバーその3。 怪力が自慢。 アップグレードに変身してピッチングマシンに取り付いたベンにより、多数のボールをぶつけられて倒された。 第2シーズンにて仲間たちとともに私立学校を襲ったが、最終的には拘束された状態で逮捕された。 永遠の騎士団 [ ] 世界征服のために宇宙のハイテクメカを集めていた地球人による悪の。 構成員を含む関係者は全員中世風の身なりをしており、仮面をつけている。 シーズン5からはハイブリードと同盟を組むようになった。 フォーエバー・キング 永遠の騎士団の最高幹部。 本名はドリスコル。 元配管工部隊であったが、押収したエイリアンの技術を横領したため、組織を追われた。 今までベン達に敗れた敵がチームを組んだ「ネガティブ10」を率いてベンに挑むが、アップチャックに倒され、その後は消息不明。 パトリック フォーエバー・キングの後継者となった男。 イノック Enoch 永遠の騎士団のリーダー格。 彼の持っている盾は飛ばすこともできる。 シーズン1で科学者ハウエルを利用していたが、ハウエルが捕まえたエイリアン(実はグレイマターに変身していたベン)によって、基地を壊滅させられてしまう。 シーズン2では、の究極の兵器である剣をかけてテニスン一行と対決したが、剣があまりにも古いため粉々になってしまったうえ、崩れだした遺跡に取り残された。 シーズン4で再登場。 オムニトリックスを奪うためにベンを夢の中へ閉じ込めたが、失敗し、自分が夢の中へ閉じ込められた。 モンスター集団(仮名) [ ] ジィスケアー(Zs'Skayr) シーズン2から登場。 ベンと分離したゴーストフリークで、上下逆さまの髑髏顔をしたのような姿をしている。 憑依能力を持ち、憑依された者には目元にひび状のラインが入り、虹彩がピンク色に、白目が黒くなる。 ベンを乗っ取ろうと画策し、生き物に憑依して混乱を招いた。 しかし、エイリアンヒーローに憑依することはできず、太陽の光を浴びさせられ、倒された。 シーズン3でビクター博士らの手により復活。 再びベンを乗っ取ろうとするも、宇宙空間で直に太陽の光を浴び消滅した。 シーズン7にて投獄されているところをヴィルガクスの手によって惑星ブライマスの情報と引き換えに脱獄。 その後、ヴィルガクスの惑星を支配するも援軍に来たベン達の手によって、再びオムニトリックスの中に封じ込められた。 その後もオムニバースで登場し、デザインも変更された。 ビクター で働いていた科学者。 というのは仮の姿で、正体はのような姿のエイリアン。 ゴーストフリーク(Zs'Skayr)をマスターと崇める。 アルティメットエイリアン、オムニバースにも登場。 イェナルドゥーシ ジィスケアーの手下。 十文字に開く口を持つ、のような姿をしたエイリアン。 鋭い爪や牙、口から放つ怪音波が武器。 ミイラ男のエイリアン(名称不明) ジィスケアーの手下。 のような姿をしたエイリアン。 自らの発明品「トランスモジュレーター」によって突然変異させた動物を操る。 シーズン2ではオムニトリックスの部品を利用してエイリアンヒーローと合成させた動物を作るが、止められる。 シーズン4ではから脱走し、ベンに復讐をするが失敗。 シーズン6ではナル・ボイドに閉じ込められており、「D'ボイド」と名を改め、ナル・ボイドのエネルギーを利用してパワーアップして地球に戻ろうしたが、ベンによって阻止される。 シックスシックス ヴィルガクスの依頼を受けてオムニトリックスを取りに来た賞金稼ぎ。 背中にジェットパックを付けている。 シーズン2でギャラクティック・パトロールに追われる形で再登場。 この際、テクノーグと同種族のエイリアンであるウルカヌスを相棒として連れている。 同族に、より凶悪と言われる賞金稼ぎのセブンセブンがいる。 クラーブ テトラックスとシックスシックスと共に雇われたアンドロイドの賞金稼ぎ。 グレイマターに変身したベンにより倒される。 ヘックス 強大な魔力を自在に操る。 シーズン1で・・・・をつかさどり魔力を増幅させることのできるベゼルのチャームを狙うが、グウェンに倒される。 シーズン2では、ベゼルのキーストーンを用いてチャームキャスターと共に自分を強くしようとするが裏切られ失敗。 シーズン4では自分を若返らせようと若さの泉に行くがベン達に止められた上、最終的には若くなりすぎて5歳児ほどになってしまった。 シーズン7で再登場。 グウェンが変えてしまった未来の世界で支配者となる。 フィル 配管工の元メンバーで、マックスの相棒だった。 配管工の仕事を干された後、自分でナル・ボイドの中のエイリアンを連れ出し騒ぎを起こさせてはそれを捕まえ、市長やホテルの支配人から謝礼を受けていたが、最後はナル・ボイドの中に閉じ込められた。 シーズン10ではネメトリックスのテストの実験台にされた。 クランシー チャイナタウンの近くの下町にある、ボロボロの屋敷に住んでおり、街の再開発に断固として反対していた。 を操ることができ、再開発を進めていたチャイナタウンの市長であるイアン議員を捕えたが、たまたま居合わせたベンたちに妨害される。 市長解放後にを襲撃したが、最終的にはベンの投げた花の蜜入り風邪薬によって虫が使えなくなり、降参した。 チャームキャスター シーズン2から登場。 ヘックスの姪の。 この際何でも取り出せる魔法のバッグを持っていた。 途中でヘックスを裏切ったが、ベンたちに倒される。 シーズン3ではベンと体を取り換えようとするが結局失敗する。 その後、魔法使いヘックスが幼児化した際、彼を引き取った。 自分の魔法の本を奪い、さらに豊かな才能を持つグウェンを憎んでいる。 ヘックスがベン達を倒し世界を征服したパラレルワールドでは、グウェンを殺害している。 シーズン7で再登場。 ケビンを利用してグウェンのパワーを奪おうと企むが、グウェンの作りだしたマジックボルテクスに飲み込まれる。 実はレジャードメインで生まれ、支配者であるアドウェイジャに歯向かった父や家族を殺され、復讐を誓ってヘックスと共に地球へ逃れてきた。 シーズン8ではアグレゴーを追うグウェンに協力を求められ、一時休戦。 ともに苦難を乗り越えていく内に、グウェンへの憎しみは萎んでいった。 ベン達をレジャードメインから脱出させると、家族の仇を討つため、一人扉の向こうへと消えていった。 スリックス レスリングシップの代表者にして操縦装置そのもの。 さまざまな地域から異星人を拉致して戦わせていた。 ベンが変身したアップグレードに憑依された揚句、ケビンによって破壊された。 サブリミノ 催眠術師。 時計型の機械を使ってベンに催眠術をかけ、ダイヤモンドヘッド、ヒートブラスト、アップグレードなどのエイリアンヒーローに強盗を働かせた。 ヴァルカヌス テクノーグと同じ種族のエイリアン。 シーズン2でシックスシックスとともに地球に来た。 シーズン7で再登場を果たした。 大柄の体はパワードスーツのようなもので、実際の肉体は赤ん坊のように小さく、ラスに変身したベンに赤ちゃんマンと馬鹿にされた。 ハイブリード シーズン5から登場。 自らを全宇宙で最も高等な種族と嘯き、数々の星を侵略している異星人。 ヒューモンガソーと並ぶ怪力を誇り、爪をダーツのように発射して戦う。 植物起源の種族らしく、根に似た触手を地面に刺して水分を補給する。 弱点は高熱。 近親交配による遺伝子劣化で絶滅の危機にあり、他の種族を道連れにするために侵略を行っていたが、オムニトリックスの力でDNAを変化させることで絶滅の危機を逃れ、侵略を停止した。 DNAリアン ハイブリードの部下。 地球人に ゼノサイトという物体を寄生させることで生み出される他、で増えることもできる。 オムニトリックスの力でゼノサイトを除去すれば元の地球人に戻せる。 主な武器は口から吐く粘液。 個々の戦闘力は低いが、数が多い上に元が地球人のため、ベン達を大いに苦しませた。 フルネームは「マイケル・マーフィ・モーニングスター」。 この時は金色に輝く少年だった。 配管工部隊のバッジを持っているが力を人のために役立てようとせず、自らの楽しみのためだけに使っていた。 左腕に宿した蚯蚓のような生物を使い、相手の身体からエナジーを吸い取る。 強大な力を得るためにグウェンから力を吸い取るが返り討ちに遭い、逆に自分の力を吸われてゾンビのような姿になってしまう(配管工バッジはこの時、『お前が持つ資格はない』としてケビンに破壊された)。 シーズン6「よみがえったスター」 では、醜い姿を黒いスーツと鉄仮面で隠し、自らをダークスターと名乗り再び現れる。 以前よりもパワーが増した分、よりパワーを求めるようになっており、以前は女性からしか力を吸い取らなかったものの、ダークスターとなってからはエイリアンであろうが構わず力を吸い取ろうとする。 黒い光線を放ち、光線を浴びた者には、その体に触れることなく力を吸収することができるようになった。 ベン達のエネルギーを吸収するも最後は加勢に来たグウェンとDNAエイリアンの集団に阻まれ、ヒューモンガソーによって倒される。 最後はナル・ボイドへと送られた。 ハイブリードとの最終決戦では、ケビン達によって助力と引き換えにナル・ボイドから出される。 イオン• 地球侵略を企むコロニアンのリーダー。 空間や時間を操ることができる。 シーズン11では、16歳のベンと11歳のベンの精神を入れ替えた。 アルビード 優秀だが尊大なガルヴァン。 もともとはアズマスの助手だったが、その目的はオムニトリックスを手に入れるためだった。 手に入らなかった際、自分で偽物のオムニトリックスを作り、装着したところ、偽オムニトリックスにベンの遺伝子が組み込まれていたせいか、ベンとそっくりの姿になったまま、元に戻れなくなってしまった(通常時・エイリアンヒーロー変身時の声優がベンに準じているのはそのため)。 髪は銀髪で、パーカーも赤色になっている。 ベンに変身した影響でチリフライが好物になってしまい、嫌悪しながらも食べずにはいられなくなった。 シーズン6でベンの前に現れて騒ぎを起こすが、ベンとの戦いでオムニトリックス同士がハウリングして正体を見破られた。 その後、アズマスに見つかり、牢獄(ナル・ボイドとは別)に閉じ込められた。 第7シーズンの終盤で脱獄を図り試作段階のアルティマトリックスを強奪、その場に居合わせたヴィルガクスとベンを倒すために手を組むも、軍事目的でオムニトリックスを奪うことを知らされ絶望してしまう。 オムニバースではベンになる前のガルヴァンの姿で登場している。 アルジ かつてケビンとともに悪事を働いた、ハリネズミに似たエイリアン。 体から発射する針には、相手を眠らせる効果がある。 インカージョン 皇帝ミレオスが率いる宇宙人種族。 構成員はカエルのような姿をしたエイリアン。 宇宙の野蛮人で、他の星を攻撃している。 ブリードル兄弟 シーズン7にて登場した取り立て屋の兄弟。 細い方がオクタゴンで、巨漢がロンボイド。 依頼されたもの、金になりそうなものを問答無用で奪う。 一度は宇宙船の爆発に巻き込まれて死んだかと思われていたが、クローン技術を用いて生きていた。 シーズン8では父親によって配管工スクールに入学させられたが成績は悪く、自分の名前さえ間違えるという有様だった。 その後、配管工スクールでトラブルを起こして退学になり、逆に配管工に追われる結果となった。 ラグナロク ケビンの父であるデヴィン・レビンを殺したエイリアン。 ナル・ボイドにある刑務所に収監されていたが脱獄した。 額のマークに鍵を挿し込むと、普段はハイパースペースに隠してある宇宙船が現実世界に出現する。 太陽のエネルギーを奪い地球を滅ぼそうとしたが、復讐に燃えるケビンに宇宙空間に放り出された。 武器は手の平から発射する光線。 テレポートも使える。 アグレゴー シーズン8より登場。 生粋のオスモシアンでケビンと同様に物質やエネルギーを吸収する能力を持ち、他のエイリアンから吸収した力を一時的に自分のものとして扱うことができる。 アンドロメダ星雲の異なるパワーを持つ5人のエイリアンを吸収し、全ての能力を兼ね揃えたアルティメット・アグレゴーとなる。 無限の地図を全て揃えて「万物の源」にたどり着くが、アルティメットケビン11に瞬殺され、パワーを吸い取られてしまう。 さまざまな能力を持ったパワードスーツを装備した、ベンが憧れるベテランのヒーロー。 コンピュトロンという戦闘ロボット達と戦っていた。 実業家でもあり、本も多く出している。 当初は純粋な正義感でヒーロー活動をしていたが、それに伴う名声に目が眩み、自分の会社が作った武器を強盗に渡し、自作自演を行うようになった。 人気を奪われたこと、また勝負で負けたことをきっかけにベンを憎み、ジュリーを誘拐。 リミッターを解除し、暴走寸前のパワードスーツでベンに戦いを挑んだが、ウォーターハザードにパワードスーツの水分を吸い取られ敗れる。 アドウェイジャ 圧倒的な魔力を持った、レジャードメインの支配者。 頭からマナを絶え間なく放出する、2足歩行の亀の姿をしている。 自分に逆らう者を決して許さず、チャームキャスターの家族を殺害した。 アルティメットヒューモンガソーとの戦闘中、アグレゴーに首から下げていたアルファルーンを奪われ、魔力を大きく削がれる。 サンダー 何でも切ることができるエナジー・アックスを武器とする、エイリアンの賞金稼ぎ。 ヴィルガクスに雇われており、ベンのオムニとリックスを狙っていた。 斧で空間を裂き、その裂け目からベンをナルボイドへ突き落したが、ベンの左手だけが地球に残ってしまった。 ジュリーはその左手を見つけ、グウェンとケビンのところへ持ち込み、ケビンがベンを元の世界へ帰すための装置を作るのに役立てた。 その後ベンの左手だけがナルボイドに転送されてしまい、業を煮やしたサンダーはベンたちを襲うが、最終的にナルボイドに閉じ込められてしまった。 アルティメットエイリアンの "The Transmogrification of Eunice"では、アズマスによってナルボイドから救出された。 ウィル・ハレーン(Will Harangue) ケーブルテレビ局・"The Harangue Nation" のニュースキャスター。 隙あらばベンを非難し、自分を正当化する。 オムニバースシーズン6ではビリーにインタビューした。 シーズン5では、ベンに「君のエイリアンをモチーフにゲームを作りたい」と偽り、彼の一部のエイリアンの戦闘スタイルとデータを同僚に監視させ、そのデータが入力されているロボットを作りベンを倒そうとするが、ナノ・マンに電路内部の電線を破壊され敗れた。 モルグ社長 宇宙刑務所の看守をしていたが、刑務所を乗っ取り社長となって囚人に危険な毒物の原料を掘らせていた。 サイコボス シーズン10より登場。 セレブロックル・ステシアンのマッドサイエンティストで 、カイバーを雇い、マルウェアに協力した。 同族のブレインストームとは異なり、青みがかったボディとピンク色の目が特徴。 最終的な目的はアズマスを倒し、ベンから盗んだオムニトリックスのコアでネメトリックスを完全なものにし、オムニトリックスの使い道をなくすこと。 カイバー シーズン10より登場。 サイコボスに雇われ、ネメトリックスに必要なDNAサンプルを収集した凄腕のエイリアンハンター。 エイリアンに変身できる犬を飼っており、頬に空いた穴から音波を出すことで犬に命令を与える。 冷静沈着な性格だが、自分の話に割り込まれたり、茶化されるとすぐに激昂する。 マルウェア シーズン10より登場。 ガルヴァニク・メカモルフの誕生の際に生まれた副産物である人工生命体。 生まれつきライフコードに欠陥があり、凶暴な姿と性格をしている。 機械を模倣する他の仲間とは違い、テクノロジーを吸収して自身をアップグレードする能力を持っている。 自分の体を完全なものとするため、アズマスからセカンダリ・ヘリックスを奪おうとした。 ダイヤモンドヘッドとの闘いの末、全身をテトナイトで覆われて封印される。 その後復活し、ベンを襲撃してオムニトリックスの不完全な設計図を入手。 ネメトリックス誕生に協力した。 ビリー Billy Billions シーズン10より登場。 ベンが小学生のころの同級生だったが、ディメンション・トゥエルブに吸い込まれたのちこちらの世界に帰還したため、子どものままである。 甘やかされて育ったため、わがままな性格であり、ベンに対して嫉妬心を抱いている。 子供化光線でベンとルークを子供に戻した。 その他 [ ] この節のが望まれています。 キャッシュ ベンの学校にいるいじめっ子で、ベンとは浅からぬ因縁を持つ小悪党。 のイラストが描かれたTシャツを着ていることが多い。 シーズン5では、エイリアンテクノロジーの鎧 正確には残骸と化した篭手 を着たところ、精神を乗っ取られてしまうが、ベンに救われた。 JT キャッシュの腰巾着。 小太りで眼鏡をかけている。 昔は一緒に糊を舐めたりとベンと仲良かったらしい。 カール・テニスン、サンドラ・テニスン ベンの両親。 メガウォット 乾電池に手足が生えたような姿をした、悪戯と電気が好きなエイリアン。 真っ二つに裂かれると2体に分裂する。 スパークビルという町でIT(イット)というボール状のゴム紐に束ねられ封印されていたが、ベンが中にメガウォットがいるとは知らず遊んでしまったことで封印が解け、悪戯の限りを尽くす。 最後は巨大なの中に追い込まれて封印された。 シーズン10で再登場。 窮地に陥っており、今度はベンに助けを求めた。 ジョーイ 女強盗団の一員。 ヴィルガクスの小型UFOによって偶然にアンドロイド・ロジョと化してしまい、ヴィルガクスからマインドコントロールを施されて街を荒らしたが、アップグレードに変身したベンにより、元の姿へと戻った。 シーズン8で再登場し、新しい仲間とともに列車強盗を働こうとしてベンたちに止められた。 ハウエル 宇宙人を研究している男。 音声認識で作動する調理器や、自動で動く掃除機などを所持している。 グレイマターに変身したベンを、自分が捜し求めていた宇宙人と間違えて捕まえてイノックの組織に献上した。 その後永遠の騎士団に見限られ、最終的にベンを救助し、永遠の騎士団から手を引いた。 テクノーグ シーズン2にて登場したエイリアン。 レスリングシップに捕らえられていたところをベンとケビンに敗れ、彼らに忠誠を誓った。 イシヤマ ゲーム作品「スモウ・スラマー」の登場人物。 シーズン3では、アップグレードの力でゲームの世界に入り込んでしまったベンやグウェンと共に戦った。 グウェンを勇敢な戦士と認める半面、魔物(エイリアンヒーロー)に変身したり足を引っ張ったりするベンをあまり快く思っていない。 ケン(ケニー)・テニスン シーズン4に登場。 未来世界におけるベンの息子で、若干色黒である以外は性格・外見共に幼い頃のベンと瓜二つ。 誕生日にオムニトリックスをもらうが、なかなか仕事を任せてくれないベンに不満を覚える。 デブリン 未来世界におけるケビンの息子で、父と同じくケビン11の姿に変身できる。 ケンに近づいてケビンをナル・ボイドから解放するが、凶悪な犯罪者である父に失望し、ケンと共に闘う。 パクマー オムニバースより登場したエイリアンの商店主。 ホクスター教授 Blarney T. Hokestar オムニバースより登場したエイリアンで、初登場時は詐欺師としてベンに接触した。 その後、「23番目のミスター・スムージー店」という次元移動するスムージー店の経営者として登場した。 プリンセス・ルーマ フォーアームズの母星・惑星コーロズの姫で、ケビンの婚約者。 エイリアンヒーロー [ ] オムニトリックスを装着した者が変身する、さまざまな種族のエイリアンの姿をしたヒーロー。 エイリアンヒーローの身体のあらゆる部分にはオムニトリックスのマークが付いており、それが赤く点灯かつ警告音が鳴るとエネルギーが切れ変身が解除される。 その直後のオムニトリックスのカラーはマゼンタに近い赤色になっており、黄緑に色が戻る(エネルギーチャージが完了する)まで変身ができない。 シーズン5ではマークを押すと変身が解除され、エネルギーが切れる際にマークは赤くならなくなり、また変身時にそのエイリアンヒーローの名前を叫ぶようになる。 また、エイリアンヒーローの姿も本来のエイリアン達の姿に近くなっている。 変身前の服装によって若干デザインが変わる他に、変身する元の人物がなどの体調異常になっているとエイリアンにも影響が現れる。 事実、シーズン2でグウェンが変身した際は、服装や髪形がベンが変身した場合とは大きく異なっている。 詳細は「」を参照 シーズン1〜4 [ ] 『ベン10』から登場。 ワイルドマット• 出身:ゴミだらけの惑星「valpin(ヴァルピン)」 種族:ヴァルピマンサー 眼のない四足獣型のエイリアンヒーロー。 変身中は唸り声を上げるだけで、言葉を話すことができない。 マークの位置は左肩。 野生本能による優れた身体能力を発揮する。 や鋭い嗅覚と聴覚によって周囲を探知するため、超音波攻撃が弱点。 また、風邪を引いた時には反響定位や鼻が利かなくなり、方向感覚が狂ってしまった。 アルティメット・ワイルドマット シーズン9に登場。 体毛が赤くなり、モヒカン状の白い鬣が生える。 身体能力が上がり、言葉を話せるようになっている。 フォーアームズ• 出身:惑星コーロズ 種族:テトラマッド 3. 7メートルの巨体と四本の腕を持つ、人型エイリアンヒーロー。 マークの位置は左肩。 オムニバースは腰。 怪力で弾丸をも跳ね返す。 腕を擦り合わせて衝撃波を起こすこともできる。 筋力があるので高く跳ぶことはできるが、巨体が災いして俊敏性は弱く不器用。 ベンが風邪をひいた時には、脇の下にイボが生えて臭くなり、くしゃみをして緑色の唾を吐いた。 エイリアンフォースでは登場しないが、アルティメットエイリアンで再登場。 デザインが大きく変更され、黒のブリーフパンツに、腰、手首、足首に金色のバンドをつけたレスラーのような格好。 体格はややスリムになり、襟首のところで後ろ髪をポニーテールにしている。 顔中央の黒線は眉間から唇部分までがなくなり、目は黄緑色になった。 マークの位置は胸部中央に変わり、それを中心にX字の金色のバンドが胴体を包んでいる。 シーズン2にてある事情からグウェンも変身したことがあり、その際はフォーアームズがグウェンのコスプレをしたような姿になっていた。 最初のエイリアンヒーローの変身シーンのテストアニメーションはフォーアームズのもので、マン・オブ・アクションのメンバー達からも、フォーアームズの変身シーンへの人気は高かった。 グレイマター• 出身:ガルヴァンプライム 種族:ガルヴァン ゴムのような体をした型のエイリアンヒーロー。 マークの位置は背中。 戦闘には向かないが12センチの小さく柔らかい身体を活かしてどんな所にでも侵入し脱出する。 複雑な宇宙科学をも瞬時に理解できるほど知能も向上するが、頭が追い付かず、時々自分で言っていてもワケが分からなくなってしまう。 シーズン2にて、グウェンも変身したことがあり、その際はグウェンのコスプレをしたグレイマターとなっていた。 XLR8(エクセラレート)• 出身:惑星ケネット 種族:keneceleran(ケネセレラン) 手に鋭利な指を持つ、型のエイリアンヒーロー。 マークの位置は腹部。 足がローラー状になっているため、時速約800キロメートルものスピードで走ることができ、その際に発生した摩擦を操ることもできる。 走行時には顔をバイザー状のパーツが覆い、このバイザーで敵の体内を透視することもできる。 磁気に弱く、泥や氷上など安定しない地面は苦手。 エイリアンフォースおよびアルティメットエイリアンでは登場しなかったが、オムニバースにて再登場する。 アップグレード• 出身:惑星ガルヴァンの衛星「ガルヴァンB」 種族:ガルヴァニク・メカモルフ 液体金属の皮膚に特殊な回路システムのボディを合わせ持つ、型のエイリアンヒーロー。 マークの位置は腹部。 同化した機械のハイテク化、への侵入が可能。 薄い膜のようになって滑空したり、体内のプラズマエネルギーを顔から光線にして放つこともできる。 酸や電磁波が弱点。 本来はガルヴァンの作業用スーツだったらしい。 水色のガルヴァニク・メカモルフも確認されている。 一度だけマックスが変身したことがある。 シーズン7の32話において、同じ種族であるガルヴァニクス・メカモルフが登場している。 シーズン10で、ガルヴァンBのテラフォーミング実験で偶然に誕生した人工生命体であることが判明した。 ダイヤモンドヘッド• 出身:惑星ペトロピア 種族:ペトロサピエン 頑丈なの体をしたエイリアンヒーロー。 マークの位置は左胸。 ほぼ完全な防御力を誇り、光線を反射させることもできる。 腕を剣や盾のように変形させたり、破片をダガーのように飛ばして戦う他、地面から結晶体を隆起させての攻撃や防御も可能。 音の攻撃に弱く、受けると全身にヒビが入り弱ってしまう。 エイリアンフォースで再登場。 体色が変化してパワーアップしており、ヴィルガクスを圧倒する戦闘能力を見せた。 シーズン2にてグウェンが変身したことがあり、その際は女性型のスリムな姿となっていた。 リップジョーズ• 出身:惑星ピスキス 種族:ピスキスヴォーラン 型のエイリアンヒーロー。 マークの位置は左胸。 水中でも呼吸ができ、鋭い牙と爪、強力な顎が武器。 肉体は深海の水圧にも耐えられるので力もある。 水の中ではほぼ無敵だが、体が濡れていないと呼吸ができず陸に上がると長くはもたない。 泳ぐときは下半身が尾びれになる。 シーズン8にて、リップジョーズと同種族の配管工が登場したほか、リップジョーズ自身も一瞬で名乗りもないが再登場している。 アルティメット・エイリアンでのデザイン変更により鯰のような姿になったが、オムニバースで無印に近いデザインに再変更された。 スティンクフライ• 出身:惑星レピドプテラ 種族:レピドプテラン 型のエイリアンヒーロー。 マークの位置は顔面。 変身してから元に戻るまでに地球を何周もできるほど空を高速で飛ぶことができ、顔の側面から管状に伸びた四つの目や口から、嫌な臭いがする粘液を発射して敵の身動きを封じる。 外骨格が非常に硬く、尾の先端は刃物状になっている。 泳ぐことはできず、羽が濡れると飛びにくくなり、毒やガスが苦手。 長編アニメ『オムニトリックスの秘密』に登場する監獄惑星『リンアーシコン』にて、スティンクフライと同種族のエイリアンが登場している。 シーズン10にて再登場した。 ゴーストフリーク• 出身:ANUR PHAETOS(エーノ フェイトス) 種族:エクトヌライト 体のひび割れを不気味に動き回る単眼を持つ、型のエイリアンヒーロー。 マークは胸のひび割れの中にある。 透明化や物体のすり抜け、念力やテレパシーが使え、体内にも様々な仕掛けがある。 体が汚れると能力は無効になりやすく、強い光が苦手。 完全な闇である宇宙空間では力が増幅する。 エクトヌライトはDNAレベルになっても自我が残る種族で、ベンのオムニトリックスに入っていたDNAはのもので、シーズン2でベンと離反して以来しばらくはエイリアンヒーローとして登場しなかった。 シーズン7からのエイリアンフォースより、ベンのエイリアンヒーローとして再登場する。 シーズン9(未放送)では、暴走したアルティメットエイリアン達に捕まった時にゴーストフリークに変身した。 オムニバースにも登場した際、デザインが変更された。 企画当初の頃からオムニトリックスの中に悪役が潜むというアイデアは決まっていた。 ゴーストフリークが生み出された後、制作陣はシーズン1に向け、視聴者がゴーストフリークに疑いを持たせるような会話を作り上げた。 ヒートブラスト• 出身:惑星パイロス 種族:パイロナイト の体を持つエイリアンヒーロー。 マークの位置は胸部。 ベンが作中で最初に変身したエイリアンヒーローでもある。 腕や口から火炎や熱線を放ち、また吸収することもできる。 炎を集めて雲を作り、のように飛行することも可能。 大量でなければ水にも多少は耐えられる。 ベンが風邪をひいた時には、炎が青白くなり冷却光線が出てしまった。 一度だけグウェンが変身したこともある。 キャノンボルト• 出身:惑星アルブリア 種族:アルブリアン・ペラローパ(ネビュリアン・ペナロータ) シーズン2から登場。 大きくずんぐりした体型のエイリアンヒーロー。 XLR8に変身しようとオムニトリックスを弄っていた時に偶然誕生した。 マークの位置は額。 首にあたる部分がなく、胴体がそのまま顔になっている。 バランスが悪く鈍重で、初めてこれに変身した時のベンはよく転んでいた。 のように手足を身体に丸め込んでボール状になると非常に素早く動くことができ、またその強度はかなりのもので宇宙空間からに突入しても燃え尽きない。 当初はシーズン1から登場する予定だったが、ゴーストフリークが代わりに入ってシーズン2からの登場となった。 アルティメット・キャノンボルト 形状は然程変わらないが、金属質な姿となったアルティメットフォーム。 背中の甲殻は分厚い鋼鉄プレートのように変化して更に頑丈となった。 各部甲殻からは円錐台の突起が生え、ボール状になると突起をスパイクのように尖らせて棘付き鉄球のようになる。 ワイルドバイン• 出身:フローズヴェルダンス 種族:フロラナ シーズン2から登場する、型エイリアンヒーロー。 マークの位置は胸部。 全身の部位は伸縮自在のうえ硬化でき、爆弾になるを生み出す。 植物と同化することもできる。 太陽光を浴びると最大の力を発揮する。 毒に弱い。 シーズン10で登場したエイリアン人権活動家パックスもこの種族である。 出身:惑星ルナロボ 種族:ロボアン シーズン3で登場する、口が十文字に開く、型エイリアンヒーロー。 マークの位置は腰。 口から怪音波を放つ。 オムニバースでは名前がブリッツウルファーに変更された。 出身:惑星エーノキーフォス 種族:ザップエイクファン シーズン3から登場する、型エイリアンヒーロー。 マークの位置は右手の甲。 全身が包帯のような物体で構成されていて、どんな隙間にも入り込める。 包帯による攻撃が多彩で念動力も使える。 オムニバースでは名前がスネアー・オー(Snare-oh)に変更され、それに伴いデザインも変更された。 出身:惑星エーノトランジル 種族:トランジリアン シーズン3で登場する、型エイリアンヒーロー。 マークの位置は腹部。 体からは電磁力が流れ、背中から突き出た特殊なを使って電気や磁力を操る。 オムニバースでは名前がフランケンストライクに変更され、それに伴いデザインも変更された。 アップチャック• 出身:惑星ペプトスXI 種族:ゴルマノ シーズン3から登場する、型エイリアンヒーロー。 マークの位置は左手の甲。 食べた物質をエネルギー弾に変換して口から発射できる。 伸縮自在の舌が四本あり、胃も四つある。 食べたものが高エネルギー物質であればあるほどエネルギー弾の破壊力も上がる。 なお、普通の食物は摂取できない。 シーズン6で再登場した。 没デザインの多くは、スピッターやアークティグワナ、悪役のスプロートへのデザインに流用された。 ディトー• 出身:惑星ハートア 種族:スプリクソン シーズン4で登場する、子供程度の人型エイリアンヒーロー。 マークの位置は額。 パワーやスピードはこれといって特筆することはないが、際限なく分身してそれぞれが別の行動をすることができる。 ただし、一人がダメージを負うと全てに伝わってしまう。 ウェイビッグ• 種族:トクスター シーズン4で未来世界のパラレルワールドで登場した、巨人型エイリアンヒーロー。 マークの位置は胸部。 銀河で最も希少種らしい。 頭から爪先まで30メートルの超巨体で、ベンが変身できるエイリアンヒーローの中で最も大きい。 全軍隊を破壊するほどのパワーを持つ。 アイガイ• 出身:惑星サイトゥラ 種族:オプティコイド シーズン4から登場する、型エイリアンヒーロー。 マークの位置は腰。 体中に大小さまざまな眼球が付いていて、顔には眼がない。 胸の大きな眼球からビームを発射することができる。 スピッター• 出身:惑星スカルパスク 種族:スピロイド 口からヘドロのようなものを吐くエイリアンヒーロー。 ベンが大人になってから使えるようになるエイリアン。 バズショック• 出身:ノーズディーンクエイザー 種族:メガウォット 緑色のメガウォット(後述)のような外見のエイリアンヒーロー。 電気を操る。 ベンが大人になってから使えるようになるエイリアン。 アークティグワナ• 出身:惑星エクスネリィ 種族:ポーラ・マンザーディル 型エイリアンヒーロー。 口から冷気を出し相手を凍らせる。 ベンが大人になってから使えるようになるエイリアン。 シーズン10にて再登場した。 シーズン5〜7 [ ] 『エイリアンフォース』及び『』から登場。 グープ• 出身:惑星ヴィスコシア 種族:ポリモルフ スライム型エイリアンヒーロー。 頭の上に浮いている小さなのような物体でスライムを操り、声もそこから発せられる。 体型を自在に変えられ、どんな攻撃にも耐えられる。 また、酸性の物質を吐くことができる。 なお、体重は90kg。 マークの位置はスライムの中央部分。 弱点は円盤部分にある反重力プロジェクターのスイッチで、それを切るとスライム体が動けなくなる。 スワンプファイアー• 出身:惑星メタノス 種族:メタノシアン 腐葉土に覆われた型エイリアンヒーロー。 マークの位置は胸部。 体内で生成されるで手から炎を噴射し、その勢いで飛ぶこともできる。 植物の成長を操り、体から飛ばした種子から蔓を伸ばして相手を拘束することも可能。 再生能力が非常に高く、腕を切断されてもすぐに接合できる。 アルティメット・スワンプファイアー 巨大な青い水晶玉を持ち上げた樹木のような姿になり、水晶の中に顔が浮かんで見える。 火力が格段に上がり、手から青い超高温のエネルギーを噴射する他、腕の水晶玉を焼夷弾「ファイアボム」として攻撃できる。 クロマストーン• 出身:Morotesi(モロテシ) 種族:クリスタルサピエン 結晶の体をしたエイリアンヒーロー。 マークの位置は胸部。 超硬度なの体組織を持ち、レーザーなどの光線を吸収・発射することができる。 シーズン7で、ヴィルガクスの攻撃によって砕かれてしまうが、後にオムニトリックスへの遺伝子提供者であるスジライト(後述)が出現し、まだ変身できることを告げ、シーズン8にて再登場する。 ビッグチル• 出身:惑星カリマイース 種族:ネクロフリージァン 青いのような姿をした幽霊型エイリアンヒーロー。 マークの位置は胸部。 触角と翅を折り畳むとを纏ったような姿になる。 武器は口から吐く冷気や、手から放つ冷凍光線。 また、幽体化することで物質をすり抜けることができ、すり抜けた際に物質を凍結させることもできる。 ネクロフリージァンは80年周期で無性生殖の産卵をする種族で、産卵期に入ると金属を大量に食べるようになる。 変身するベンにも影響が現れ、女心が分かるようになったり、酸っぱい物(作中ではピクルス)を大量に食べていた。 アルティメット・ビッグチル 全身が赤くなり、目の周りや翅と触覚が炎のような形状に変化。 冷気の他に、アイスフレイムという燃え広がった後に一瞬で凍りつく超低温の炎を操れるようになる。 ヒューモンガソー• 出身:惑星テラディノ 種族:ヴァクサソリアン ディノサウロイド型エイリアンヒーロー。 マークの位置は胸部。 力が強く、最大18メートル近くまで巨大化できる。 巨大化に伴って皮膚が甲殻化し、尻尾の先にのような四本のスパイクが生える。 アルティメット・ヒューモンガソー 肌が緑色になり、棘の生えた兜や甲羅を纏ったのような姿になる。 パワーが更に増大し、36メートルまでに巨大化できるようになる。 尻尾の先には棘付き鉄球を備え、両手を四門のミサイル砲に変化させることも可能となった。 ブレインストーム• 出身:惑星エンセファローネス 種族:セレブロックル・ステシアン 型のエイリアンヒーロー。 マークの位置は腹部。 非常に大きな脳と高い知能を持つ。 脳から稲妻を放つこともでき、その際には頭の甲殻を開いて脳がむき出しになる。 ジェットレイ• 出身:惑星エアロペラ 種族:エアロフィビアン のような姿のエイリアンヒーロー。 マークの位置は胸部。 音速以上の速さで空を飛んだり泳ぐことができる。 眼や爪先からビームを放つ。 スパイダーモンキー• 出身:惑星アランハスチミア 種族:アラクナチップス 六本の手足が生えた青い型のエイリアンヒーロー。 マークの位置は胸部。 手足の数を活かした素早い動きと、尻尾の先から放つ粘糸を駆使したトリッキーな戦法が得意。 アルティメット・スパイダーモンキー クモとゴリラを合成したような姿になり、二つに割れる顎と六つの眼を持つ。 背中に生えた四本のクモの肢を使って歩き、巨体ながら動きも素早い。 腕は二本に減っているがパワーは格段に上昇し、粘糸は口から吐くようになる。 エコーエコー• 出身:惑星ソノロシア 種族:ソノロシアン の体を持つ小柄なエイリアンヒーロー。 マークの位置は胸部。 口から放つ超音波が武器。 自分の分身を作り出すことでき、団体攻撃が可能。 シーズン8では3人に分身した状態からベンの姿に戻り、それぞれが別のエイリアンヒーローに変身するという荒業を披露したが、コンビネーションが上手くいかずに結局一人のベンに戻った。 アルティメット・エコーエコー 青いロボットのような姿になり、身長も2倍ほど(ベンと同じ位)に伸びている。 肩と腕に装備されたディスクから超音波を放ち、ディスクは自在に飛ばして操ることもできる。 超音波を利用して空を飛ぶことも可能。 以前と同じく口から超音波を発することもできる。 エイリアンX• 出身: 種族:セレスティアルサピエン 体が真っ黒で角がある人型エイリアンヒーロー。 マークの位置は胸部。 想像した事を実現させる全能のパワーを有する。 セレスティアルサピエンは二つの自我を有する種族であり、エイリアンXは ベリカスと セレナのどちらかと意見を合わせなければ活動することができず、初変身時には果てしない議論を終わらせるためにベンを封じ込めようとした。 ナノメック• 出身:惑星ハイヴ 種族:ナノメシオン 『謎のチップを追え! 』から登場する、極小サイズのエイリアンヒーロー。 マークの位置は胸部。 機械的な体に単眼を持ち、背中に生えた二枚の羽で虫のように羽音を立てて飛行する。 体が小さいので声も小さく、赤ん坊のような可愛らしい声をしている。 アルティメットエイリアンからは羽が四枚になり、鎧を纏ったような姿になっている。 稲妻を操ることもできる。 目に当たる部位から黄緑色の光弾を放つことが出来る。 ロードスター• 出身:不明 種族:バイオサバティアン 第7シーズンから登場するエイリアンヒーロー。 マークの位置は胸部。 黄色と黒の縞模様の体を持ち、盛り上がった両肩の間に金属的な頭部が浮いている。 磁力を操って金属を動かしたり、バリアーを張ることができる。 また、体を粉々にされても再生することが可能。 出身:惑星アポプレキシア 種族:アポプレキシアン( Appoplexian) 第7シーズンから登場する、のような姿をした型エイリアンヒーロー。 マークの位置は胸部。 拳に生えた伸縮する鉤爪や鋭い牙、野生本能による優れたパワーとスピードが武器。 非常に喧嘩っ早く、些細なことで怒るが、曲がったことは許せない性格。 口癖は「良いことを教えてやろう、(相手のフルネーム)」。 水が苦手で、しぶきがかかるだけでもパニックを起こす。 シーズン8・9 [ ] 『アルティメットエイリアン』及び『』から登場。 ウォーターハザード• 出身: 種族:オーシャン アンドロイドのような姿をした型のエイリアンヒーロー。 取り込んだ水分を手の平から高圧水流として噴射する他、一定時間なら水中でも呼吸が可能。 アルティメットマトリクスでスキャンしたことにより、ベンが新たに変身可能になったアンドロメダ星雲出身のエイリアンヒーローの一体で、遺伝子提供者はバイバルヴァン。 アンプフィビアン• 出身:アンドロメダ星雲 種族:アンペリ 触手状の四本腕と二本脚を持つのような姿のエイリアンヒーロー。 マークの位置は胸部。 電気の放射、吸収、体を電気に変えて電線を伝って移動、脳内の電気信号から相手の思考を読み取ることができる。 電磁力を使った空中浮揚も可能。 水中を息継ぎなしで泳ぐこともできる。 遺伝子提供者はラァード。 アルマディロ• 出身:アンドロメダ星雲 種族:タルフィデン 黄色いロボットチックな姿をしたエイリアンヒーロー。 マークの位置は胸部。 知能は低いが、剛力と装甲車並みの頑丈なボディを持ち、地面を強打して地震を起こし、前腕を削岩機のように振動させて対象物を破壊することができる。 遺伝子提供者はアンドレアス。 テラスピン• 出身:惑星アルダブラ 種族:ジオチロンアエリオ 二足歩行するのような姿をしたエイリアンヒーロー。 マークの位置は胸部。 風車のように回転することで強風を起こし、飛行したり、風圧で相手の能力を無効化することができる。 遺伝子提供者はガラパゴス。 NRG• 出身:アンドロメダ星雲 種族:Prypiatosian-B(プリピャチに由来) 原子炉容器のようなスーツを纏ったエイリアンヒーロー。 マークの位置はスーツの胸部。 その本体は人型の核融合生物(生きた)であり、体から発生する高熱や地中のマグマを噴射させて戦う。 スーツの重量のため動きは鈍重だが、本体は身軽で飛行能力も有する。 遺伝子提供者はパンドル。 クロックワーク 時間を操る重金属のロボット型エイリアンヒーロー。 マークの位置は胸部。 ショックスクワッチ 『Heroes United』から登場。 型のエイリアンヒーロー。 野生本能による身体能力の高さに加え、全身から高圧の電撃を発生させることができる。 ジュリーリッグ シーズン9から登場。 に似たエイリアンヒーロー。 悪戯や悪ふざけが大好きで、機械を壊したり改造したりすることに強烈な快楽を見出しており、ベン自身でもその欲求を抑えることは困難である。 彼の作り替えた機械は応急装備同然のものであり、一部を除いてすぐに壊れやすい。 硬い金属を素手で引き裂けるほどの力を持つが、自分よりも大きな生物相手には弱い。 オムニバース登場時にデザインが変更され、パイロットのような服装をするようになった。 ファストトラック• 出身:惑星チャリビス 種族:チートラカヤー 両腕スパイクを持つ、二足歩行するのような姿エイリアンヒーロー。 マークの位置は胸部。 XLR8より走るのはちょっと遅いが、力が強い。 運動神経が強いが、走りすぎると疲れやすい。 シーズン10以降 [ ] 『オムニバース』から登場。 フィードバック• 出身:Teslavorr 種族:コンダクトイド シーズン10より登場する、単眼の黒い悪魔のような姿をしたエイリアンヒーロー。 マークの位置は胸部。 手の指や頭の触角、尻尾の先についた突起物から敵のエネルギーを吸収し、破壊光線にして放射できる。 夏休みが終わった後、ベンが愛用していたが、マルウェアとの戦いで使えなくなり、ベンが成長した後に再び使えるようになったことが、第10シーズンで明かされた。 ブロックス 玩具ので作られたような体をしているエイリアンヒーロー。 マークの位置は胸部。 体は自在に変形させることができ、破壊されても再生できる。 グレイバタック 岩石のような風体をしたエイリアンヒーロー。 マークの位置は額。 重力を操って物体を浮かせたり、運動方向を操作することができる。 クラッシュホッパー 二足歩行ののようなエイリアンヒーロー。 マークの位置は腹部。 強靭な脚力を誇り、40メートル以上を一跳びにできる。 ボールウィーブル フンコロガシ型エイリアンヒーロー。 爆発する粘液を口から出し、こねて爆弾を作る。 キッキンホーク シーズン11から登場。 型のエイリアンヒーロー。 腕に生えた刃と脚力を活かした接近戦を得意とする。 用語 [ ] オムニトリックス 10種類のエイリアンヒーローに変身できる能力を持った特殊な腕時計型デバイス。 開発者はガルヴァン星人のアズマス博士。 無印(シーズン1〜シーズン4) 一度腕に張り付くと、装着者のDNAと融合して離れなくなる。 ただし、シーズン2第26話において、ヴィルガクスは強制的にこのウォッチを外させた。 本体のスイッチを押すとパネルのエンブレムが菱形に変わって飛び出し、エイリアンヒーローの選択画面がシルエットで現れる。 ダイヤル操作で変身したいものを選択、決まったらその場でパネルを押し込み変身する。 選んだのと違うエイリアンヒーローに変身してしまうこともあり、変身している間はエネルギー切れが起きない限り別のエイリアンヒーローに変身することはできない。 エイリアンヒーローのDNAサンプルは惑星プライマスに保存されており、オムニトリックス自体は小型端末のような物。 シーズン2第25話でパネルが外れた際、2種類のエイリアンの遺伝子がベンに組み込まれてしまう。 また、第26話では、ベンがオムニトリックスをいじったことによりリミッターが解除され、ベンが念じるだけでエイリアンヒーローに変身できたが、ヴィルガクスによって強制的に外される寸前、ベンがリセットしてしまった。 元々オムニトリックスはザイリーンの巡洋艦の貯蔵庫でカプセルに密閉されたまま保管されていたが、オムニトリックスを狙うヴィルガクスの戦艦の攻撃でその巡洋艦が大破した際にそのカプセルが地球に向けて射出され、ベンの元に渡ったのである。 エイリアンがこのデバイスに(爪で引っ掻く、強く握るなどで)接触し、DNAが入り込むと、そのエイリアンと同様の能力と姿を持つエイリアンヒーローに変身できるようになる。 ベンウルフ、ベンマミー、ベンビクターはこの方法で変身可能となった。 「オムニトリックスの秘密」では、自動誘導装置が付いていることが判明し、パネルのエンブレムが傾いた方向にかわして隕石などの衝突を回避する場面がある。 エイリアンフォース(シーズン5〜シーズン7) シーズン5第1話では旧型のオムニトリックスが登場したが、しばらく起動していなかったせいか再起動状態となってしまう。 しかし、ベンがオムニトリックスをいじったことでオムニトリックスが進化し、ベルトの色やボディーカラーは黄緑に変化、エイリアンヒーローの選択画面は立体映像で表示されるようになった。 それにより、ダイヤモンドヘッド、ゴーストフリーク、キャノンボルト、アップチャック、ウェイビックを除くエイリアンヒーローは全く新しいものとなった。 また、変身した後にマークを押せば自由に変身解除できるようになり、エネルギーが残っている限り続けて変身も可能で変身している状態で瞬時に別のエイリアンヒーローに変わることも可能になった。 エネルギーが切れれば強制的に変身が解除される点は変わらないものの、その際にオムニトリックスは赤くならない。 さらに、探知機能やゼノサイトを除去させる際に音声を発し、音声入力などの機能も持っている。 音声が発せられることを知った際、ベンはかなり驚いていた。 シーズン6にて、オムニトリックス(実際はブライマス)の中には約100万種類ものエイリアンDNAが入っており、普段は使いやすさ優先のため、リミッターがかけられ、10種類がランダムに設定されていることが判明する。 シーズン6第77話にて、アズマスの手によってマスターコントロールが解除されたため、一時的に登録されているすべてのエイリアンに変身できるようになった。 また、オムニトリックス内のDNAの情報を他の生物に転写することもできる。 エイリアンフォース最終話で、自爆装置が作動して大破した。 アルティマトリックス シーズン8(アルティメットエイリアン)から登場する、オムニトリックスに代わる変身アイテム。 第7シーズン(エイリアンフォース最終シーズン)終盤でパネル部分のみが完成していた(試作段階だった)が、アルビードがそれを強奪してコピーオムニトリックスに挿入した。 最終話で通常のオムニトリックスからガントレットのような形となり、その後オムニトリックスを失ったベンに譲った(その際、カラーリングがアルビードをイメージした赤色からベンをイメージした黄緑に変化した)。 アルティマトリックスで変身したヒーローには、2段変身能力「 アルティメットフォーム」が搭載されている。 キャンピングカー マックスが運転している。 見た目は普通のキャンピングカーだが、配管工との通信機やレーザー砲やミサイルなどといった武器など、多彩な機能を搭載している。 配管工部隊 マックスがかつて所属していた部隊。 エイリアンなどの人知を超えた脅威に対応するための。 配管工バッジ 配管工部隊の身分を証明するバッジ。 バッジのマークはオムニトリックスのエンブレムに似ている。 レーダーを搭載しており、他のバッジの居場所も特定できる。 ナル・ボイド に存在する流刑地。 ここへの入り口を出現させる機械をナル・ボイドプロジェクターと呼び、配管工部隊の主要武器の一つとなっている。 照射すると、異次元への入り口が開かれ、人や物に向けると、その光を浴びた者が異次元に送り込まれ封印される。 当初プロジェクターはにあった配管工部隊の秘密基地に保管されていた。 しかし、ヴィルガクスが再び現れることを危惧したマックスがプロジェクターを持ち出した。 その予感が的中し、第26話で再びプロジェクターを使用することになるが、その際にプロジェクターが故障し使えなくなってしまう。 シーズン5では、照射部分と照射スイッチ部分が分離でき、スイッチ部分を手榴弾として使える小型のプロジェクターや、投光機の形をした大型のプロジェクター(ケビン曰く「旧型」)も登場した。 ナルガーディアンやさまざまな怪物の他、ナル・ボイドに送られたエイリアンの子孫などが住んでいる。 エイリアンテクノロジー エイリアンの生態データなどを元に発展した科学技術。 スモウスラマー ベンたちの好きなゲーム。 特にベンはスモウスラマーのシリアルのおまけとして付いているトレーディングカードを集めたりするほどのマニアである。 その名のとおりが元になっているが、ゲーム内には刀や手裏剣、弓などの武器が存在する。 フォトニックディスプレイスメント DNAリアンが変装時に使う特殊マスク。 通称「IDマスク」。 ベンはハイブリードの基地に潜入した際にそれを使用した。 シーズン7ではケビンが私生活時に着用していた。 悪用を恐れたパラドックス博士によって四つのパーツに分けられ、惑星や異次元などに封印されている。 無限の地図が隠されている場所• 灼熱と極寒の惑星。 ビックチルの種族「ネクロフリージァン」達が守る遺跡の奥に安置されていた。 惑星ピシス。 ほとんどが水で構成されており、核に存在する重力制御装置(無限の地図が変化した物)によって形が保たれている。 レジャードメイン。 全ての魔力の源たる異世界。 この世界の支配者であるアドウェイジャが所有するアルファルーンというアイテムが、実は無限の地図のパーツだった。 パープレックスヒドロン。 宇宙に浮かぶ巨大な立方体の塊。 内部には無数の部屋があり、移動する度に部屋自体が移動する。 罠のある部屋だけを選んで進むことで、無限の地図の守護者センチネルの部屋にたどり着く。 万物の源 宇宙の外に存在する空間。 セレスティアルサピエンス(エイリアンX)が誕生する場所で、そこでは無数のセレスティアルサピエンス達が永遠の議論を続けている。 ヘリックス アズマスが開発した、ピラミッド型の機械。 元々は荒れ果てた衛星だったガルヴァン・Bをテラフォーミングするために作られ、ガルヴァニク・メカモルフ誕生のきっかけとなった。 ネメトリックス Dr. サイコボスとマルウェアによって製造されたオムニトリックスの模造品。 使用者は、Dr. サイコボスの部下である、カイバーの飼い犬。 飼い主の犬笛の音色で変身することが可能だったが、ベンから盗んだオムニトリックスの安定器を搭載したことにより、飼い主がいなくても変身できるようになった。 変身できるエイリアンはオムニトリックスのエイリアンヒーローの天敵で、非情な性格のものが多い。 これは、オムニトリックスが知覚を持つエイリアンのDNAしか受け取らない事を利用したためである。 知的生命体ではネメトリックスの凶暴なエイリアンをコントロールできないため、ネメトリックスは知覚に頼らない生命体しか使用することができない。 変身できるエイリアンは以下の通り。 クラブドーザー 蟹のような身体とサイのような顔をした、岩でできたエイリアン。 頑丈で燃えにくいこともあり、パイロナイト(ヒートブラスト)にとって天敵である。 バクリザード トカゲのような姿をしたエイリアン。 レピドプテラン(スティンクフライ)の天敵であり、霧を吐いて視界や粘液攻撃を無効化できる。 スラムワーム 巨大なイモムシのような姿をしたエイリアンで、タルフィデン(アルマディロ)の天敵。 酸を団子状にして吐くほかに、穴を掘って地中に潜り、高速で飛び出す戦法が得意。 Mulcilator 太った体格のエイリアンで、クラッシュホッパーの天敵。 べたべたするような嚢胞が体中についており攻撃してきたクラッシュホッパーを捕えるのに役立っている。 テラーランチュラ クモ型エイリアンで、ボールウィーブルの天敵。 蜘蛛の巣のようなを張り、ボールウィーブルがつくりだす、爆発性の粘着ボールを無効化する。 ティラノピード ムカデと恐竜を掛け合わせたようなエイリアン。 ヴァクサソリアン(ヒューモンガソー)の天敵で、彼らよりも強く相手を捕える網を放つ。 ヒプノティック 蜂と蛾を合わせたような姿をした幽霊のエイリアン(サイコオプティラン)。 エクトナライト(ゴーストフリーク)やネクロフリジァン(ビッグチル)の天敵で、翅を動かして鱗粉をふりかけ、赤い渦を相手に見せ、催眠状態に陥らせることが可能である。 その模様を見た者は欲しいものがなんでも見える状態に陥る。 その結果、サイコオプティランは快楽主義的になり、銀河中を密航するようになった。 オムニボラシャス 恐鳥類のような姿をしたエイリアンで、ガルヴァンの天敵である。 かつて隕石と気候の変動によって絶滅したが、Dr. サイコボスがガルヴァンの博物館にある骨格標本からDNAをとり出しネメトリックスに組み込んだ。 ヴィーチェトパス タコ型エイリアンで、セレブロックル・ステシアン(ブレインストーム)の天敵。 見た目に違わず触手攻撃を得意とする。 ベルウッド ベンたちの故郷である町。 配管工の本部がある。 アンダータウン 地球外から集まった移民たちが形成した地下街で、独自の交通網が存在する。 アナイアラーグ 三次元宇宙の外にかつて存在した悪魔の文明・コンツメリアが生み出した最終兵器で、全宇宙を消滅させられる威力を持つ。 スタッフ [ ] ベン10 [ ]• 原作 - マン・オブ・アクション• 監督 - アレックス・ソト• シリーズ構成 - グレッグ・クライン、トーマス・パグスリー• オリジナルキャラクターデザイン、アートディレクター - デイヴ・ジョンソン• キャラクターデザイン・スーパーバイザー - トーマス・パーキンス• 音楽 -• 音声監督 - クリス・ジマーマン• プロデューサー - ケリー・クルーズ、ダナ・スミス• エグゼクティブ・プロデューサー - サム・レジスター• アニメーション制作 - カートゥーン・ネットワーク・スタジオ• 製作 - エイリアンフォース、アルティメットエイリアン [ ] エイリアンフォース、アルティメットエイリアンのスタッフはほぼ同一のため、まとめて記す。 原作 - マン・オブ・アクション• 監督 - グレン・ムラカミ• シリーズ構成 - ドウェイン・マクダフィ• リード・キャラクターデザイナー - グレン・ワイ・リン・ウォン• 音楽- クリストファー・カーター、マイケル・マッキション、ロリータ・リトマニス• 音声監督 -• プロデューサー - ダナ・スミス• エグゼクティブ・プロデューサー - サム・レジスター(エイリアン・フォース)、トラム・ウィグゼル、ロブ・スワーツ、ロブ・ソーチャー(以上、アルティメットエイリアン)• アニメーション制作 - カートゥーン・ネットワーク・スタジオ• 製作 - カートゥーン・ネットワーク オムニバース [ ]• 原作 - マン・オブ・アクション• 監督 - マット・ヤングバーグ• シリーズ構成 - マット・ウェイン、シャーロット・フラートン• キャラクターデザイン・アートディレクター - デリック・J・ワイアット• 音楽- セバスチャン・エヴァンス二世• 音声監督 -• 主題歌 -• プロデューサー - ダナ・スミス、ヴィンセント・アニセト• エグゼクティブ・プロデューサー - ブライアン・A・ミラー、ジェニファー・ペルフリー、トラム・ウィグゼル、ロブ・ソーチャー• アニメーション制作 - カートゥーン・ネットワーク・スタジオ• 製作 - カートゥーン・ネットワーク ベン:10 [ ]• 原作 - マン・オブ・アクション• 監督 - マン・オブ・アクション、ジョン・ファング• スーパーバイジングディレクター - コリン・ヘック• アートディレクター - ノーラン・オベナ• リードキャラクターデザイン - チェイス・スタンドリー• 音楽 - ケヴィン・マンセイ• 音声監督 - コレット・サンダーマン• プロデューサー - シャリーナ・カールソン• エグゼクティブ・プロデューサー - ブライアン・A・ミラー、ジェニファー・ペルフリー、トラム・ウィグゼル、ロブ・ソーチャー• アニメーション制作 - カートゥーン・ネットワーク・スタジオ• 製作 - カートゥーン・ネットワーク 日本語版制作スタッフ [ ]• プロデューサー - 末次信二(カートゥーン ネットワーク)• 演出 - 高田浩光• 翻訳 - 中村久世/おぐちゆり/鈴木紫穂(シーズン1〜4)大川直美/横井和子(シーズン5・6)大川直美/石渡恵里子(シーズン7〜)• 調整 - 中西一仁(シーズン5・6) 高見元太(シーズン7〜)• 制作 - 尾澤美牧• 日本語版製作 - 、• 日本語版エンディングテーマ(シーズン1初回放送より):『Ladybird girl』(2007年8月15日発売) なお、日本語版エンディングテーマはスタッフクレジットが終わった時に流れていたが、エピソードの時間の都合によっては流れないこともあった。 また、BS11放送時はこのエンディングテーマが用いられなかった。 声の出演 [ ] ベン10• - ベン、アップグレード、ディトー、ケン• - グウェン• - マックス• - 未来のベン• - ケビン、デブリン• - フォーアームズ、グレイマター、キャノンボルト• - ダイヤモンドヘッド、リップジョーズ、ヒートブラスト、アップチャック、ウェイビッグ• - ヴィルガクス• - ゾンボーゾ• - フライトウィッグ• - ビクター• - イノック• - アニモ博士• - ヘックス• - チャームキャスター• - クランシー• - イアン議員• - サブリミノ• - ベラ• - テトラックス• - エドウィン• - アズマス• - フィル• - クーパー• - アルティモス• - ハウエル• - ミスター・ジングルス• - イシヤマ• - ベン、アップグレード、ベンウルフ、バズショック、サンドラ、未来のグウェン、ケン• ミーガン・スミス - グウェン• - マックス• - キャッシュ、シックスシックス、アシッドブレス、ワイルドマット、スティンクフライ、アイガイ、スピッター、カール• リチャード・マッゴーネイグル - フォーアームズ• - グレイマター、サブリミノ• ジム・ワード - XLR8、ダイヤモンドヘッド、ワイルドバイン• - リップジョーズ、キャノンボルト、ウェイビッグ、未来のベン• - ケビン(7話のみ)• - ケビン、デブリン• リチャード・グリーン - ベンマミー• - ベンビクター• - アップチャック• - ディトー• - ドノヴァン、アークティグワナ• - アニモ博士• - クラーブ• ジョン・カッサー - ゾンボーゾ• - フライトウィッグ• ジェフ・ドーセット - サムスカル• マイケル・ドーン - ビクター• - ヘックス• カリ・ウォールグレン - チャームキャスター• - スリックス• ニコラス・ゲスト - クランシー• - イアン議員• - ヴァルカヌス• アダム・ワイリー - JT• ミリアム・フリン - ベラ• デイヴ・フェノーイ - テトラックス• - エドウィン• - アズマス• ヴァネッサ・マーシャル - タイニー、マヤックス• - ザイリーン• - フィル• キャシー・カヴァディーニ - クーパー•

次の

【ソロ専用】アナザーエデン 時空を超える猫 73匹目【アナデン】

アナデン ブリアー 星5解放 できない

堀井On-Line 3687, 節目どきに ー11 2011年04月30日 土 * 今年の桜 今年の桜も、悠久山もほぼ散ってしまった。 私の主観でいうと、「福島江の桜は例年並み、悠久山は、数年に一度の咲き具合。 」 だったが、丁度みた時間帯などにもよる。 しかし去年の写真を見ると同じようなものだから、主観的な要素が強いということか。 大震災で花見という雰囲気ではない。 ボンボリも殆どなく、人影も普段の散歩程度しか見かけられなかった。 やはり、何かが変ってしまったようだ。 * 居間を追われ 数日前、家内に「居間を昼間、占拠されていると自分のいる場所がないので、仏間の一角の書斎コーナーに行くように」と 強く言われ憮然とした。 が、考えてみれば、その通り。 そこで事務所から引き上げてきたパソコンの荷をほどき、机に移動、 ネットに結んだ。 パソコンの設定が違っているため、SEをしている知人にお願いをして苦労惨澹の末、結ぶことができた。 そうなってしまうと、そこが最適の居場所になり、家内からのシェルター?にもなっている。 中古でも良いから以前より、 ここにパソコンを、もう一台置いておけばという、欲目が出てきている。 それにしてもパソコンの存在は大きい。 「酒に、タバコに、そしてiphne」と言われる位に、スマートフォンの影響は大きいというが、納得できる。 * 生活保護者受給者数が200万 生活保護受給者が200万人となり、10年前に比べ8割も多くなっているという。 さらに、この震災で大幅に増えるのは明らか。 震災・原発事故の問題で景気は一段と悪化、生活保護受給者が数十万は増加するのは必至。 現在の生活保護費は3兆円を超えており、 今後4兆円になっていくのだろうが、予算の一割が生活保護費とは! この大震災の経済における影響は底しれぬ影響を今後、 もたらすことになる。 それにしても、現在おかれている状況からみる日本は、あまりに楽観的である。 ・・・・・・・ 2010年04月30日 金 3322、iPadについて iPadについて、「ウェブ進化論」著者の梅田望夫が、どのように見ているのか知りたかったが、 4月26日(月曜の産経新聞・一面)のコラムで以下のような感想を述べていた。 雑誌や、週刊誌の記者が実際に使ってみた感想と同じだが、同じことをいっても専門家の言うことは重みが違ってくる。 私も使ってはいないが、ネットでデモの画面の内容をみて、「これは現在ある紙を媒体とした情報手段を叩き壊すだけでなく、 携帯電話や、iPodや、パソコンが生活様式を変えたより、大きなインパクトを与える革命的な存在になる」予感がした。 iPodやiPoneのソフトの下地にあるから相乗効果を出すはず。 書籍だけでなく新聞を、これを媒体として、 見るようになる。 5年から7年で、本や雑誌の出版が1〜2割まで落ち込む可能性があるという。 事前にネット注文していた私は 3日は外出の予定を入れず、自宅でiPadの配達を待った。 そして、アップルストア開店から4時間遅れて中国から フェデックスでiPadが届いた。 iPadは電子書籍端末としての期待も大きい商品だが、使ってみて私が直感したのは、 これは創業者ジョブズが昔から作りたかった「理想のマルチメディア・コンピューター」の姿そのものだ、ということだった。 アップルの社名はもともとアップルコンピューターだった。 しかし90年代に経営危機に陥り、携帯音楽プレーヤー 「iPod」の大ヒットなどで復活したあと、業態と合わせるために社名からコンピューターがはずれた。 しかしジョブズは執拗にコンピューターを構想し続けていて、いまiPadという製品に結実させたのである。 使い始めてしばらくして私は、ぜんぜん想像していなかった不思議な感覚を味わうことになった。 「あれっ、本と雑誌と新聞とウェブサイトの区別がつかなくなってきたぞ」と。 昨年アマゾンが電子書籍端末「Kindle」を世に出したとき、人々は「本がまるで本であるかのように読める」ことに驚いた。 しかしiPadは、本や雑誌といった出版商品だけでなく、ウェブコンテンツであれ書類であれ、何でも読めるコンピューター。 しかも形状は電子書籍端末に近く、カラー画面上に指を滑らせるだけで、ウェブコンテンツにつきものの夾雑物をも取り除ける。 その結果、利用者に「本以外のすべてのコンテンツを、あたかも本を読んでいるかのように錯覚させてしまう」効果をもたらす。 「本がまるで本であるかのように読める」というのとは全く違うのである。 本も雑誌も新聞も、紙と印刷技術を前提にした パッケージ商品である。 電子書籍とはこれまで、その「本という概念」を変えることなく電子化することを意味していた。 雑誌や新聞の電子化も右に同じ。 Kindleはその方向性に忠実な端末だ。 しかしiPadの登場は、逆に「本と本以外のあらゆるコンテンツの境界が揺らぐ感覚」を私たちに味わわせる。 そしてその揺らいだところに新しい技術が注入されれば、越境により新しいジャンルが創出できそうな予感に満ちている。 いまiPadにいちばん興奮しているのは、初期の利用者以上に、世界中の開発者やクリエーターたちだと言っていいだろう。 iPadとは、ジョブズが仕掛けた「メディア産業全体に創造的破壊をもたらす時限爆弾」なのだ。 iPadの米国での販売台数は発売から1週間で50万台以上と、事前予測を超える大ヒットとなった。 供給がまったく追い付かず、米国でもなかなか手に入らない。 日本を含む米国以外での発売時期は1カ月延期されて5月末。 〜〜 【ツイッター、3D/TV、そして、これ。 よくぞ次から次へと21世紀的なソフト、マシーンが出てくる!】 ・・・・・・・ 2009年04月30日 木 2947,全日本柔道選手権 ー2009年 毎年、全日本柔道選手権は(壮絶の試合になるので)必ず見ている。 そして毎年4月30日は(一昨年を除いて) 前日の試合の感想を書いてきた。 それを読むと、それぞれの時代の有力選手の姿などが見えてくる。 今年は24歳の若手の穴井が優勝をしたが、決勝戦の棟田との試合は極限の中での勝負であった。 最後の最後に若さの力を振り絞った穴井が逆転勝ちをしたが、見ていて感動的だった。 去年までの数年間は、井上、鈴木、棟田、石井が準々決勝の常連だったが、今年は井上と、石井が引退、 鈴木も準々決勝で敗退してしまった。 時代の変化が、そのまま現れていた。 この試合は体重別でないのが良いし、日本人柔道家にとって思い入れの深い選手権。 次の主役が穴井と準決勝まで勝ち進んだ高井が浮き上がった。 毎年のことだが死力を尽くしきった試合は心を打つ。 また、今年勝った、穴井が優勝をして男泣きしていた姿が何ともいえない純粋さが現われていた。 石井が去年のオリンピックの金メダルを取った後の引退騒動。 彼によって柔道そのものが汚されてしまった。 それが柔道界全体に後をひいたように感じたが。 石井の醜態は、柔道そのものを汚した反面、 世界は柔道から「ジュウドウ」への流れを、石井は適応してオリンピックで優勝をした実績は実績である。 ところで毎年書き続けてきた文章を一切に目にしないで見たままを書いているが、 自分自身を試合を通して合せ鏡をみているようで面白い。 大相撲もそうだが、一つのことを 書き続けることも、何か自分の心を見つめる良い機会になる。 ー この文章を書いた後で、これまでのものを読み返すと、「毎年書き続けた文章を目にしないで書いている」 など、同じ文言が書いてあったが、決まった言葉を疑問を持たずに繰り返す自分の枠を見せつけらる。 ・・・・・・・・ 2008年04月30日 水 2583, 全日本柔道選手権 毎年、この大会を楽しみにしている。 特に、オリンピックの年のこの大会は、異常な熱気に包まれる。 日本の柔道家は、オリンピックより、この選手権に勝つことを重要視している。 今年も、準々決勝から放送されたが、どの試合も熱気に満ちた劇的な試合が続いた。 特に、準々決勝の棟田・生田戦と、井上康生と高井戦が劇的な戦いであった。 それまでの全てをかけた男同士の極限の戦いということ。 結果として石井と鈴木の三年連続決勝戦になった。 普通の人なら、この試合は凡試合で、後味の悪い幕切れと見るだろうが、私は違う。 今度は『団塊格差』という本が書店に並んでいた。 丁度、団塊の世代が今年から定年を向かえるのでタイミングがよい。 これもまた買うほどでないので、ネットで概要を調べてみた。 時代背景が良かったので、格差がついたとしても、 それぞれの立場で納得しているところが、見かけられる。 総中流時代の中で、結果として格差がついても、 時代の恩恵は受けていた年代である。 歴史的にみても、団塊の世代は日本の黄金時代の背景があった。 格差がついたとしても、それが如何した!でしかない。 格差は、その子供たちに直接影響を受けるから、問題は子供である。 それが大きい!が、 しかし、どれが如何した! と言えば、それまでのこと。 ーまずは、ネットで調べた内容からー 月刊誌『文藝春秋』との共同調査で、2000人の男女から得られた様々な数字を基に、 「団塊たち」の人生60年とこれからを考える *貯蓄: 300万円未満ー29%、 2000万円以上ー19% *退職金: なしー35% 2000万円以上ー28% 人生60年の棚卸しをしてみたら、実は団塊の世代にも大きな階層間格差が! 月刊『文藝春秋』との共同調査をもとに、所得、資産、仕事、結婚、定年、子育ての視点から現状を分析。 ・女性にはもてたい43%、 ・不倫したことがある28%なども含まれている。 『下流社会』の著者が、団塊世代の格差をとらえている。 ー団塊格差ー 1.リッチ・シニア層 退職金は2000万円以上、充分な年金、ある程度の資産を保有。 職業を持つ場合、実業家であれ、再雇用で会社従業員になるにしろ、 収入のためというより、社会貢献の一環として、好きで働く層。 職業を卒業した場合は、ボランティア活動をしたり、趣味に生きたり、学問や研究をしたり、 自分の好きなように、自由に、有意義にセカンド・ライフを送ることができる階層。 2.アクティブ・シニア層 金銭的に不安があるため働かざるを得ないが、法制度の改正にうまく乗って、 シニアになっても職業を得ている階層。 例えば、労働基準法の改正による、 会社の雇用延長制度や再雇用制度を上手に利用して就職できている人々。 健康で元気なうちは良いが、病気やケガで働けなくなると心配。 3.ワーキングプア・シニア層 金銭的に不安があるのに、アクティブ・シニア層のように収入を得る職業に就くことも難しい層。 ーー 調査が浮き彫りになった団塊世代こととは何か。 著者があとがきに記している次の一文が、それを端的に表している。 *「団塊世代はマスメディアによってつくられた大きな虚像である、という側面があるのではないか」。 *「男性の個人所得」には大きなバラツキがあり、「高所得1割、中所得7割、低所得2割」になっている。 定年を前にして「所得150万円未満」の人たちが1割いることを見ても、団塊世代の殆どはリッチ」でない。 「貯蓄500万円未満」が4割、「退職金なし」が35%。 その一方、貯金も退職金も多額の額という人たちもおり、 社会問題になっている「格差」「二極化」が進行している。 *「夫婦関係」というと。 「世間のイメージはまあまあ正しい」と言えない。 「女性のほうがより離婚願望が強めであることはたしか」「定年と共に捨てられる団塊男性が増える」と分析を行う。 この数年来、このテーマで書いているが、 前年度を全く読み返さないで書く。 その後以前の内容を読むと面白い。 同じ日に同じテーマで書いていると、 その時々の選手の力関係だけでなく、それを見て書いている自分が見えてくる。 別に柔道が格別好きということではない。 一年に一度の大勝負の真剣試合だから面白いだけだ。 年末の全日本相撲選手権も同じである。 この大会は、階級別でないのが面白い! 今年の大会は、前評判の選手が順当に勝ちあがってきたが、19歳の最年少、初出場の石井選手が初優勝をした。 決勝戦は優勝最有力の鈴木桂治選手が勝ちあがり、有力選手の中では伏兵の石井選手と対戦をした。 最終まぎわまで 鈴木選手が一方的に攻めていたが最後の4秒前に、石井の捨て身の技で敗れてしまった。 勝負とは面白いものである。 聞きようによっては日本の全柔道人を馬鹿にした答えである。 何を自分が成し遂げたのか解っていなかったのだろう。 大相撲の朝翔龍が、日本的儀礼を小馬鹿にして根こそぎ権威とやらを 叩き壊したのに類似している。 それと、苗字に「井」という字がついている選手が多い。 井上、高井、穴井、石井と。 昔、プロ野球で国鉄に「田」がついている選手が多かった。 金田投手がいた頃だ。 何か?あるというが。 あるセミナーで、講師が「参加者の誕生日を、これから聞きます。 必ず同じ月生まれの人に偏っているいるはずです」 と言って、それぞれの月ごとに挙手をしたところ、極端な偏りがあった。 鈴木に、棟田に、高井に、穴井とベスト8に出ていた。 井上と、棟田の力が落ちてきたのが、流れから見えてくる。 高井が次の有力選手と思われていたが、石井が割って入ってきた結果になった。 ・・・・・・・ 2005年04月30日 土 1488, 全日本柔道選手権ー4 この数年間、4月30日には全日本柔道選手権について書いてある。 今年も書かなくては気持ちが悪い。 毎年、同じ日に同じ対象を書き続けるのも面白いものである。 昨日は、去年に続いて鈴木桂治選手が優勝をした。 ライバルの井上康生選手が休場した為に、今ひとつ盛り上がらない大会になった。 棟田選手も早々と負けてしまったし、 若手の高井選手も元気がなかった。 そして予想通り鈴木選手が村元選手を破って優勝をしたが、僅差であった。 気になるのが、若手で生きのよい選手がいないことである。 いつの時代にも必ず若手でいるものだが現在は見当たらない。 高井、穴井というのがいるが、井上、鈴木の若い時の輝きはない。 仕方がないのだろ。 今年の総評も、書くほどの内容はなかった。 相撲も、柔道も、どうしても時代の勢いによって選手のレベルが決まってくる。 そして、優秀な選手には必ずライバルによい選手がいるものだ。 この4年間の文章を読んでいても年々、柔道のレベルが 落ちていくのが解る。 桜も充分見たし、連休で英気を養って夏を向かえる何時ものパターンである。 そういえば鯉幟の姿を殆ど見かけないが、地震のためだろうか。 この三年間の文章を読んでいて、同じような文章を書いている 自分が其処にいる。 それと、殆どの記憶は忘却の彼方になっていることに気づく。 読み返してつくづく思う事は、とにかく書き残すべきことは書き残したほうが良いということだ。 TPOSの時の具体的な事と、その時の正直な気持ちを言葉に書き残す事は自分の気持ちの刻印になる。 ・・・・・・・・ 2004年04月30日 金 1123, 全日本柔道選手権ー3 今年で3年連続で「全日本柔道選手権」について書く。 日記を読み返してみても、この選手権はドラマがある。 なんといっても準決勝で鈴木と棟田のオリンピックをかけた勝負が伯仲をした面白い内容であった。 二人の実力は五分であったが、消極的ととられた棟田が注意・指導ー有効の差で負けた。 これで鈴木が100キロ超級でオリンピック出場が決定をしたが、終わってしまえばやはり順当というところであった。 負けた後に涙をこらえていた棟田の姿もよい。 最後は最優勝候補の井上康生を鈴木が勢いで破って優勝をした。 鈴木も前回、負けた井上に勝ったのだから、自信を持ってオリンピックに出場できるから、このオリンピックも 期待できるようになった。 当分この三人が100キロ級と100キロ超級の二つの枠をかけて争いながら 日本の重量級を引っ張るだろう。 これと、天皇賞と、連休が終わるとで春は終わり、初夏に入ることになる。 ・・・・・・ 2003年04月30日 水 756, 全日本柔道選手権? 2 去年も書いたが4月29日は講道館ルールでおこなわれる「全日本柔道選手権」がある。 勝てば天皇杯をもらえる。 毎年必ず楽しみにしてみている。 無差別でおこなわれるのが面白いし、毎年何らかの因縁の試合がある。 今年は、・篠原選手が引退をかけて出場してきた事と ・鈴木と井上選手の勝敗がどうなるかである。 数ヶ月前の世界選手権をかけて争った体重別選手権で鈴木が勝った。 しかし過去の実績で代表は井上が選ばれた。 もし今度も鈴木が勝てば、井上の代表はどういうことか疑問を持たれる。 結果は井上が一本勝ちで面目を保った。 優勝インタビューで井上は男泣きしていたが、鈴木も表彰式で泣いていた。 篠原は僅差で負け引退をした。 去年準優勝の棟田は怪我をおして出たが早々に負けてしまった。 感動的な緊迫した一瞬も見逃せない真剣勝負が多かった。 ・・・・・・・・・ 2002年04月30日 火 392, 「全日本柔道選手権」ー1 4月29日といえばこれである。 この面白さは体重別でない事だ。 軽い体重の選手が結構勝ち抜く。 それと真剣さを感じる、永年の歴史の重みであろう。 柔道の面白みはもともと「小さいな男が大男を投げ飛ばす」 ところにあった。 それが世界的に広まっていく過程で、階級別になっていった。 それぞれの体重別のトップが次々に出てくるところが面白い。 その人が2? 4ランク上の準実力者と闘うからだ。 100キロの井上が150キロの選手を投げ飛ばしたていた。 最後は井上が一ランク上の棟田を破り優勝した。 この試合が近年まれなるよい試合であった。 両者とも絶対に勝つというぶつかり合いで、会場も異様な熱気に包まれた。 二階級の違いなら、トップクラスの方が勝つ事が多い。 勝ち方を知っている為だ。 四月最終日曜日の天皇賞と、これを見て初めて連休を実感する。 ああそれと鯉のぼりだ。 そうした人は、端から見れば,反応の遅い、退屈な人と見えるのだが、 そうした人こそは、外からの刺激を深く受け止めて、よく考える人なのである。 そうした人は、孤独のなかで熟慮する。 西田幾多郎は、かつて、こう歌った。 ー わが心 深き底あり 喜も憂の波も とどかじと思ふ ー と。 心の深い奥底は、そこに、すべての知情意の作用も、憂き世のあらゆる出来事も、みんな呑み込まれて、沈殿してゆき、 いわば底知れぬ深淵のまま、自己を支える存在の根底としてどよめいている生命の大海、ないしはその尽きることのない 源泉なのである。 その心の奥底を孤独のなかで見つめつつ、自己を照らす根源的なものと面座する自己意識の極限こそは、 自己の知を越えて、自己の存在そのものと融け合うであろう。 】 【 ひたすら、いのちを慈しみ、優しく幼子をかき抱き、愛情の限りを尽くして、子らのために献身する母性というものの記憶が、 人間における愛の心の象徴的原点を形成することは否定できないように思われる。 なぜなら、そうしたものがあったからこそ、 人類はこれまで、そのいのちの営為を継続して、存続することができたからである。 おそらく、愛の根源は、象徴的には、 そうした母性を介して人間に植えつけられるところの、無償の贈与、そのひたすらな献身のうちにあるであろう。 いのちあるものに恵みを与え、それを慈しみ、見守り、育て、その無垢の胎動を大切にし、その侵すことのできない 尊厳を守護しようとする、いのちへの優しい気遣い、その存在の絶対的肯定、それが愛であると言ってよい。 そうしたいのちの見守りの働きが、さらに拡大されて生きとし生けるすべてのものに及ぼされて、あらゆるものを その存在意義において許し、承認し、助け、生かし、守護し、見守り、育て、養い、その存在の至福を祈念する働きのすべてが、 愛という語によって含意されることになろう。 そこに、万物を生かすところの神の愛といった観念も成り立つ。 もちろん、そうした愛に、さらに厳しさも加えられてこそ、万物の生成が初めて可能になるという観念も、やがて成立する。 シェリングの世界観などはその典型である。 】 ーー 孤独と、そこに潜む愛の問題は人間の本質に根ざしている。 「母の愛を介して人間に植えつけられる無償の贈与は、 その献身の中にあり、それが心底で象徴的原点を形成する」ことは、誰もが体験的に知っている。 その量と質が、人間性を 決めてしまう。 特に幼児期の両親の絶対愛が、人生の原点になる。 絶対量の少ない人は多い人の温みの起因を知ることがない。 ・・・・・・・ 3321, 「知の衰退」からいかに脱出するか? 」 ー大前研一 著 大前研一は、図書館や書店で手に何度か手に取るが、何か読む気がしなかった。 しかし現在の日本の行き詰まりなどをみるにつけ、 「日本が変、それも異常なほど変である!」と思っていた矢先に、グローバルの世界の中で「茹で蛙の日本」を徹底的に非難している 内容をみて、読んでみることにした。 保守的な人からみたら、眼を剥いて怒るような内容が次から次へと出てくるが、 現実に中国や韓国の若者たちは、眼を輝かせて必死に勉強している割合が日本の若者に比べて圧倒的に多い現実がある。 高度成長期の時代なら、解るが、低成長の時代に生まれ育ちデジタルの時代の中で、情報だけは豊富にあり、 偏差値でランク付けを子どもの頃からされた若者の立場もわからないでもない。 しかし、だからダメと諦めてかかっては、 どうもこうもならない。 これからのビジネスマンに必要な三種の神器は、「IT」「英語」「ファイナンス」というのも、 初めは??と思ったが、21世紀には、当たり前といえば当たり前のこと。 特に、ファイナンスを挙げているのは良い。 最後は、この辺である。 日本の若者の相手はネットの先の、世界の高IQ化した若者である。 だから、日本の低IQ化した相手を無視して、自分の得意とする分野でユニークなスキルを磨くことを勧めることこそ、 若者の道筋である。 「現在の日本の低IQ社会の一員になってはならない」ということ。 だから、私の知人の子弟が 数人、高校から外国に留学をさせているのをみかける。 「寂しくないか?」と聞くと、毎日ネット電話で顔を見て話しているので、 全く感じないという返事。 それと、外国に行っていると金銭感覚が、鋭くなるという。 そうこう考えると、著者のいう三種の神器を身に付けさせるために行かせているようだ。 ・・・・・・・・ 2946,タレント知事をどうみるか? ー2 2009年04月29日 水 佐高信は、タレント知事を完全に否定している。 ー反対する理由はー 「タレント、つまり人気商売は常に多数に寄っていく宿命だ。 だから知事に一番向かないのではないか。 多数の人気に自分を預けていて、自分の意見がありそうで、ない。 例えば、東国原知事の国政への転出騒ぎがその象徴だ。 『みなさんが許すなら』という言い方だった。 自分に信念があって不人気でもやるということではなく、 人気に寄りかかっている。 橋下知事も反発を受けることを断行しているように見えるが、常に多数に乗っかっている。 政治家や行政マンに必要な信念があるようで、実はない」 ー知事に必要な条件とは何かー 「弱者の痛みが分かること。 過疎を切り捨てない人。 この逆をやった政治家が小泉純一郎氏だ。 全体的に政治家の『小泉純一郎化』が進んでいる。 タレント知事も同じ人気者路線に乗っかっている。 喝采(かっさい)を浴びた小泉氏のまねをして県民に受けている。 タレントそのものが浮草の人気商売だから、それが染みつき人気を利用して国と 渡り合おうとする。 だが、青写真がない。 選ぶ方も人気だけでそれを要求していない。 地に足を着けて選んでほしい」 ー有権者側にも責任がある 「タレント知事はその存在がすべてで、何を公約したかというのは問題にされていない。 それはまずい状況だ。 格好が良くて無内容の人と、格好悪くて内容がある人とを比較した場合、後者を選ばないと。 政治がワイドショー化しているのだ。 タレントの生きている世界と全く対照的なのが政治の世界。 行政や政治が堕落していくあしき兆候だと思う。 隣人が選挙に行くから自分も行くような人には選挙権を与えなくてもいい」 ー政党側も人気を利用していないか 「人気ほど不確かなものはない。 風によって登場した人は風によって消えていく。 (1期4年と短命だった)青島幸男元都知事も人気がないことはやる気がなかった。 (平成18年に初当選した)滋賀県の嘉田(かだ)由紀子知事は、自公民推薦の現職と共産推薦の新人を相手に勝った。 (以下、字数の関係でカット2,010年4月29日) ・・・・・・・・・ 2582, 柳田邦夫の2. 5人称の視点 2008年04月29日 火 ー「人生の答え」の出し方ー柳田邦夫著 ー1 柳田邦夫著ー「人生の答え」の出し方ーに「2・5人称の視点」という言葉があった。 その意味を噛締めてみると、 成程と合点がゆく良い言葉である。 学生時代のゼミで、色いろな人間関係の実例を取り上げ、それぞれ原因を探り、 解決策を討論する事例研究を一年にわたり徹底的に鍛えられたことがあった。 この本を読みながら気がついたことがある。 それは事例研究から学んだことは、一人称、二人称、三人称、そして一・五人称、二・五人称の視点の訓練をさせられたこと。 ーその二・五人称とは何か?を大筋書いてみる 一人称は、自分、 二人称は、あなた、家族など身近な人、 三人称は、専門家、役人、ジャーナリスト等、客観的に見る人。 他人事とみる視点。 三人称は「事態を客観的に見る良さがあるが、悩んでいる、落ち込んでいる一人称、二人称からは冷たく見えてしまう」 そこで、三人称の人も二人称に歩み寄り、同時に二人称に埋没しない「2. 5人称の視点」を持つべきだと。 1人称、2人称の視点だけでは感情に走って冷静な判断が下せなくなる。 といって他人事としての3人称の視点であれば、 冷たく突き放す見方が優先する。 求められるのは、1人称と2人称を考慮に入れつつ3人称的な冷静な判断を下せる、 2.5人称の視点が、柳田邦男さんの「2.5人の視点」である。 冷静・客観的な、それでいて人間性豊かな かかわり合いを持てる人間こそ2・5人称の視点を持った人、ということだ。 二人称に限りなく近づくが、 どっぷりと二人称になると、冷静な判断かつ正しい処置ができなくなる。 そうすると「1. 5人称の視点」「0・5人称の視点」 「4人称、5人・・・称の視点」と考えてみた。 1・5人称の視点は、夫婦、親子、兄弟間のこととか・・0・5人称の視点は、 自分の中の神の目の視点とか、良心の視点とかである。 ーそれにしても、0. 5、1・5、2・5とは面白い切口である。 思いやる心、温かい心、慈悲、感謝、感激、愛する心などなどということか。 駅前で宿泊業をしているので、 こういう現象に敏感になる。 当ホテルにもビジネスホテル難民? が数年前までぺアで1〜2組、入れ替わり立ち代り 宿泊をしていた。 の部屋に3? 10年の長期滞在になるが、身なりはシンプルで、キチットしている。 水商売で色いろの事情があるようだ。 もちろん警察にはマークされるが、犯罪にはつながってない。 今年になってから、急にネットカフェ難民という言葉が目立ってきた。 家内の話によると「最近は24時間営業の ファースト・フード店やファミレスに若者難民が屯して、ドリンク一杯で一晩うつ伏せで寝る現象が出てきた」とTVの番組で 扱っていたという。 新潟駅前のビルの1Fにあるロイヤルホストに夜明かしをする若者がいる! と聞いたことがあったが・・。 *「ネットカフェ」をインターネット辞書のウキィペディアで検索したら・・ ー概説ー ナイトパックが利用可能なインターネットカフェ。 コインロッカーの一例これまで過ごしていた自宅(実家やアパート)や 寮を諸般の事情(家賃の滞納や家庭の事情など)で退去して、24時間営業のインターネットカフェや漫画喫茶で夜を明かし、 日雇い派遣労働などで生活を維持している若年者を指す。 ホームレスに代わる用語として2007年頃より用いられている。 (以下、字数の関係でカット2,008年4月29日) ーー 以上であるが、これは大手企業グループの資本金の比率などの構成に酷似している。 学者などはローマ連合を類推して、 その合理性を導き出しているのだろう。 現在の政治経済に、そのまま当てはまることが多くある。 しかし、反対派との猿芝居で殆ど骨抜きになったが、国鉄の民営化より 先にしなければならないことであった。 この旧守派の連中のトップで反対しているのが、トナミ運輸のオーナーで、 前の橋本派(恥元派)の現在の実質トップの綿貫という男。 自社の利益を守るための反対であるのは自明である。 郵政が民営化されると、一番困るのが運輸会社である。 もう政治とか何とかいっている以前の話である。 (以下、字数の関係でカット2011年4月29日) ・・・・・・・・ 2004年04月29日 木 1122, 「ライフ・レッスン」ー8 ー怒りのレッスン ・怒りは文字通り腹部でつきあわなくてはならない。 そのこつを身につけるには、眼をとじて、片手を胃のあたりに当てるとよい。 脳でなくからだを使うというかんたんな動作が、そのとき感じていることを知るのに役立つ。 自分の感情とつきあう習慣は、 現代社会ではほとんど知られていない。 現代人はからだで感じるということを忘れている。 わたしたちは理性と感情を分けようとする。 理性に支配させることに慣れすぎているで、感情やからだのことは忘れてしまう。 ・怒りは、うけた傷に自分がなんの対処もしていないことを知らせるシグナルである。 その傷は現在進行形の苦痛だが、 怒りはだらだらと長びく苦痛になる。 傷をためこみ、それに注意を向けないでおくと、怒りは成長をする。 わたしたちは怒りを多くためこみ、やがて傷の分類ができなくなって、最後には自分に怒りがあることに さえ気づつかなくなってしまう。 怒りの感情とともに生きる事になれてしまい、それが自己の一部と思いはじめる。 その怒りがアイデンティテーの一部になる。 だから、わたしたちは、自己のアイデンティテーと古い感情とを分ける作業を分けなくてはならない。 ー感想ー 怒りっぽい性格のためか、このレッスンを過去の人生で多くしてきた。 怒るには怒るだけの理由がある。 また、その怒りによって適切な判断ができたことが多かった。 怒りは、その感情の高まりによって自分の世界を他者との間に 一瞬ラインとして見ることができる。 怒りの感情を抑圧することで対処しようとする人が多い。 その必要はないのだ、 といって怒ってばかりいるのは問題だが。 はなしは変わるが、去年の同日の随想日記の内容が偶然の一致で「怒る技術」であった。 面白いものである。 怒るということからのレッスンが全く足りないのか? 方向違いを知らしめようとしているのか? じっくり考えてみる必要がある、特に私の場合は。 怒りの背後にあるものの一つに「恐れがある」という。 なるほどそうかも知れない。 怒ってみて初めて、その正体がわかることもある。 怒りを溜め込むと憎しみになる。 憎しみのヘドロを溜め込むなら怒って、そのつど 吐き出すことも必要なこともある。 憎しみのヘドロでドロドロの人が、あまりに多い。 そのヘドロを他人に投げつけるから始末が悪い。 -------- 《--怒りについて--》 以下、字数の関係でカット2,009年4月29日) ・・・・・・ 2003年04月29日 火 755, 「怒る技術」ー読書日記 タイトルが面白そうなので買ったが期待したほどの内容ではなかった。 私が怒りっぽい人間でこの技術を 経験上身につけてきた事もある。 著者と同じ年齢で闘争的であることもあってか合点することが多かった。 私の場合は子供の頃から兄姉やクラス内の喧嘩で怒りの山であった。 また学生時代の寮生活で、怒りのテクニックを 身につけざるを得なかった。 創業でも色いろな場面に遭遇したことが多かったこともある。 怒りの山を一づつ乗り越えてきた というのが実感だ。 その意味では、この本は哲学者の言葉の遊び的な甘さもあった。 しかし彼がウイーンで、怒らなくては 生きていけなかったというのはよく理解できる。 ヨーロッパ人は実によく怒るそうだ。 喜怒哀楽を冷静に使い分けないと、 事業など出来ない。 著者も彼らの「怒る力」には及ばないと書いてあった。 彼らはわれわれ大和民族と怒りの表出の仕方が違うという。 彼らの特徴は ・すぐにその場で怒りを表出する ・以前の怒りを根に持つことが少ないこと ・怒りは激しく、しかしただちに収まること ・怒りの表出が言葉中心であること ・個人的に怒ること ・演技的怒りであること 以上であるが、全く私が身につけた怒りかたと同じである。 寮生活をしていて、大学を卒業しながら、社会に溶け込めず 寮に入り浸っている先輩の群れがいた。 大人しくしていたら部屋のものを持ち去ってしまうこともあった。 直接攻撃もできないし、ただ見ているしかないこともあった。 彼らの姿から、脱皮していくには過去の場所には二度と 行ってはならない、ことを学んだ。 怒りは貯めておくと、膿になり化膿してくる。 自分でコントロールしなくてはならない。 この本の中に「怒れない人達」というのが書いてあった。 何か気の毒のような気がする。 最近こんなものかと怒りが少なくなってきたが、それでも山のようにある。 この著者は怒りの代用として対象への軽蔑がある。 そのことに気がついてない。 自分が生きているだけで精一杯でしかないのか、それとも哲学者のゆえんか。 「怒りの代用としての軽蔑と、生きていくだけで精一杯」は自分のことだからよく解る。 私の場合と違うのは、この人の人生は 全く楽しくないということだ。 本人もそう書いている。 「笑いの技術」でも書けばよいのに!要らぬお世話と怒られるか! 昨夜この下書きを書いて寝た為か今朝面白い夢をみた。 ペガサスクラブというチェーン店理論のコンサルタントの一種気違いに 近い怒り方をする渥美俊一先生が、セミナーで招いていた先生ー経済評論家のリチャード・クーを、私語をしていたといって 殴りつけたのだ。 なんでリチャー・クーなのだろか解らないが?そして二人は喧嘩をしながら、 会場外に出て行った。 恐らく警察をクーが呼んだのではと思いながら・・で夢が覚めた。 こんなものだが、それにしても脳は面白い! 話は変わってしまったが! ・・・・・ 「怒る技術」 PHP研究所 中島 義道【著】 ー内容ー たとえ間違っていようと、あなたは怒るべきである。 20年にわたる壮絶な対人闘争から掴んだ「怒りの哲学」。 ・・・・・・・・・ 2002年04月29日 月 391, 休日の風景 休日の一日の典型の日が昨日であった。 時系列に書くと ・5時に目が覚める、30分位 うとうと ・5時半、 起床ーすぐ仏壇の前でおまいり 「お父さん、お母さん、運一さん、進さん、正子さん(兄・姉)、ご先祖様、 そしてあの世のすべての人が安らかに過ごされますように!そしてこの世のすべての人が良くありますように。 特に大変な人がよくありますように。 仏様ご苦労様です。 今日一日最大限いきます。 そして明るく・・」 ・5時35分ー6時15分 パソコン・・・・ ・6時15分ー8時15分 散歩 ・8時15ー11時 食事・新聞TV・読書 ・11時 風呂 ・12時 食事 パソコン ・13時 愛の貧乏大作戦ーTV ・14時 図書館・選挙 ・15時 競馬・天皇賞ーTV ・16時? 17時45分 WOWWOW ー映画ーリプレイスメント これが大当たりー面白い! ・17時45分? 笑点 ・18時 近くのー100m先のサイゼリヤで食事(500mlの赤ワイン、牛肉の角煮、ムール貝、 アンチョビのピサ、ドリア) 以上で2人で税込みで2100円。 スーパーより安い! ウオーキング ・19時 サンマのからくりTV ・20時 巨人戦 ・21時 居眠りーTVの前で ビデオ少し ・10時半 就眠 大体これで休みが過ぎる。 80パーセントがこんなもの。 あとはSC と映画 とあたりが加わる。 結局、人間は独りでは生きられないのである。 しかし孤独は、世間とかいうのがある限り必要である。 私の出身校の「長岡高校」の校是が「和同」の精神である。 和して同ぜず。 和せ、同じになるな!である。 これは、それぞれが孤独を守る中から生じてくる。 ここで孤独について、ニーチェの体験を指摘している。 孤独の素晴らしさを「私の故郷」の良さに譬えているのは言いえて妙。 ーまずは、その部分をー 【 ー孤独の大切さー ニーチェはかつて、孤独を「私の故郷」と呼んで、その至福にみちた優しさを讃えた。 孤独が終わるところ、そこに「市場」が始まり、世間の大人物や大俳優たちの騒々しさが耳を圧し、毒をもった蝿たちの うなりが聞こえ、小人物たちの刺が私たちを突き刺す。 そうした騒がしい市場を離れ、海辺に出て、高い品位をもって沈黙し、 岩陰にそびえ立つ大きな樹木を見よう、とニーチェは誘う。 その樹木のように、静かに耳を澄ましながら、存在の声を聞こう、 とニーチェは促す。 そのとき、ニーチェは、「孤独」の素晴らしさを、「私の故郷」と呼んで、その声が、なんと優しく、 また至福にみちて、自分に語りかけてくるか、ということを打ち明ける。 ニーチェは、そのとき、あらゆる「存在」が、 「言葉」となって自分に開かれてくると言い、存在の内奥の秘密を宿した言葉の小箱が、一気に開かれ、ありとあらゆる生々流転が、 その秘儀を語り始めようととするかのようだ。 このニーチェの体験は、すべての人間の体験だと言ってよい。 言い換えれば、孤独とは、そこで私たちが本当の自分を取り戻し、改めて純粋に、自分自身と世界の人間のすべてを見直し、 存在の真相に触れ直す瞬間なのである。 実際、私たちは、物事のほんとうの姿が何であるのかをよく熟慮しようとするときには、 世間や俗事の雑音を一旦は遮断しなければならないことをよく心得ている。 たとえば、他の人々と大勢で、がやがやわいわい騒いで いるときには、私たちは、ほんとうに自分らしく純粋に物事を見直し、考え直し、正しく事態を把握する余裕や冷静さを 持つことができない。 人間は、それほどまでに非力なのである。 それか、一度自分の住んでいるところから外に出て、純粋に物事を考え直し、冷静さを保つことが必要である。 宇宙の塵でしかない己を自覚すること、しかし、その塵の素晴らしい存在である一度だけの人生を自覚するためにも。 何か微妙な感覚である。 理念が理性の「何故?何故?」を徹底した問いの極限というから、眼から鱗である。 それも、どこまでも道筋をつける能力である。 というのは、「何故?ーなぜならば」の関係は原則的に一組でほ終わらないからである。 一つの「なぜ?. 」にいったん「なぜならば」 と答えても、その答えに対して再び「なぜ? 」と問いうるし、そのまた「なぜ? 」へとさかのぼりうる。 理由のそのまた理由……、 原因のそのまた原因……、という具合にである。 そのようにして、「どこまでも」ということは、「徹底的に」という意味になる。 そして「徹底的に」ということは、究極に迫るということ、すなわち、最後には「極限」にいたるということである。 それは、理性が推理の能力であるということと表裏一体である。 ある物事 結果 の理由や原因には、そのまた理由や原因がある。 すなわち、いったん「なぜ? なぜならば」の推理が開始されるや、その鎖は原理的にどこまでもさかのぼる。 ということは、 理性は原因のそのまた原因、そのまた原因のさらにそのまた原因、等々の果てに、必然的に究極原因を求めざるをえなくなる。 要するに、理性は極限に迫らざるをえないのである。 いわゆる「理を通す」とは、そういうことである。 ・・・・ ・・(中略) 冷めた言い方をすれば、理念は理性固有の本性や関心から理性自身によって生みだされ、現実社会に合理的な脈絡を つけるために、現実社会のかなたに「投影」された像に他ならない。 それは現実社会を合理的に読みとくためには、 はなはだ有効であり、それどころか不可欠でさえある。 ところが、ひとたび投影され現実世界と融合した像は、いつしか 現実世界の一部はおろか、その全体として実在するかのように、うっかりと思われてしまう。 ちょうど、熱心な観客が映画の スクリーンの中に、あたかも実在の世界があるように思い込んで、感動したり憤慨したりするように。 このように、 理念は「功」と「罪」の両面性を持っている。 この両刀論法、すなわちパラドックスの原因とオーバーラップする。 この理性の両面性事態がまさしくパラドックスである。 このパラドックスこそ、アンチノミー(二律背反)に他ならない。 その理性が意志をコントロールし、決定をする。 そうすると、やはり何故、自分は目指すのか、そして、何を目指すのか、その根拠(理性=理由)を明確にし、 それを突き詰めたのが会社理念となっていく。 それが個人としての私の行動指標なら、その根拠の明示が必要になる。 ・・・・・・・・・ 2945,タレント知事をどうみるか? ー1 2009年04月28日 火 最近、一時なりを潜めていたタレント知事がマスコミで注目を浴びている。 青島幸男、横山ノックなどで選挙民は、 その正体を見てあきれ果てたはずだったが、再び田中康夫、東国原、大阪の橋元知事、直近では森田健作が千葉県知事になった。 田中にしろ、橋元、東国原知事も、現在見るところ、最大限にタレントの経験を生かしているようだ。 産経新聞のオピニオンというコーナーで、その功罪を浅野志郎と佐高信が論じていた。 浅野は、タレント議員を肯定する立場で、 佐高は否定する立場である。 まず浅野は「知名度で圧倒的有利なのは言うまでもない。 外に対する発言力に長けている。 マスコミに面白がられて目立つことも悪くない。 また政治的未経験について、「ほとんどの知事は政治未経験者だ。 これは決してマイナスでなく、むしろメリット。 僕は国家公務員を23年7カ月間務めたので、知事になったとき行政については お手のものだったが、大きな改革や新しい発想をするときにはマイナスになる。 『センス・オブ・ワンダー』、 つまり驚きを感じる心が必要だ。 東国原知事や橋下知事は県(府)庁に入って驚きの連続だったと思う。 驚きによって新しい発想や改革案が出てくるのだ。 センス・オブ・ワンダーの反対を『もんだの人々』と私は呼んでいる。 『役所とはそういうもんだ』『政治とはこういうもんだ』という訳知りで来た人は危機意識やワンダー(驚き)がないため、 いつまでも悪習が残ったままになる。 タレント知事というのは驚きを感じる立場にある。 あとはその驚きをどう使うかだ」 有権者の心理をどう見るかについて、 有権者のタレントを選ぶ心理として「政党や組織という既存の権威に対する アレルギーの反映ではないか。 ただ、だれが知事になっても同じなら面白い方がいいという考えは非常に危険だ。 ・・・少しだけアメリカから離れましょう。 自分の財産を守りたかったら、ここで『損切り』を敢行すべきである。 男には、こういう文章はかけない?ものである。 アル中の、買い物依存症の、バカ女が、それを売りに捨身で文章にして、生計をたてているだけの本でしかない。 それもブランド買いの世にも哀れな気の毒な底の浅さを売りに!その哀れな女のサガが共感を得るのだろうが・・。 一番嫌いの、そのバカさの露悪が、逆に面白いから取り上げている。 しかし、考えてみれば現象を変えてみれば 自分の姿でもある。 お水の世界には、こういう人は意外と少ない。 虚飾を見抜いているからだろう? それとも、実は虚飾人間の吹き溜まりで、高い店に行かないだけか!? ーとっておきの場面を抜粋してみるー P-177 その夜、私は、何人かの友人と、一気飲みのゲームをしていた。 何回か負けた後、「これはヤバイ」と気がついた。 これ以上飲むと、私ははいてしまう。 これ以上飲めないと宣告すると、友人たちは、苛酷な罰を私に課したのである。 「飲めないのなら、代わりに、ケツの穴を見せてもらおう」吐くより、ケツの穴を見せるのは、 ただ一瞬の恥で済むのではないか。 痛くもなければ、体調をくづすわけもない。 そうせ、こいつら酔っ払いだ。 私がケツの穴を見せた事など、一晩たてば、すっかり忘れるにちがいない。 でも、これほど酷くないとしても、バカ騒ぎをしているのだろう、酔っ払いは。 そこは突き詰めた組織の経験則の宝庫のはず。 その秘密が、『組織のローマ』の中で解明されている。 時間をかけて写すだけの価値は充分にあった。 過去より現在の方が果たして進歩しているのだろうか? 宗教は人間にとってプラスだったのだろうか? それは神のみぞ知る?である。 著者はローマ帝国史を読んでいる時には、自分が皇帝になったつもりで 読むと良いといっているが・・・ しばし、皇帝になるのも良いものだ! ーーー 第4章 『組織のローマ』、ここにあり 前章で述べた「リキニウス法」で、100年にわたる貴族と平民の対立は解消へと向かう。 この決断が、驚くべき決断であり、どの社会でも起こりえる階級対立は『取りこみ方式』で解消しようと したのはローマのみであった。 その選択が結果として正しかったのは、その後のローマ史が明らかにしています。 僅か100年前にケルト人によって、あわや滅ぼされそうになった民族がイタリアの覇者になれたのは、 貴族と平民の融和政策であった。 平民の中から優れた人材を集めて、その人材を元老院を中心とした 統治体制の中で活用していくやり方を、今日の表現に変えると、「組織力」という一語に集約される。 ー二つのネットワークー 歴史家リヴィウスをして『アレクサンダーをも退けたに違いない』といわせたローマの組織力は何も、共和制度だけに 負っていたわけではない。 リキニウス法以後のローマには、同時代の他の国の持ってない二つの大きな武器がありました。 ・一つは、モノや人を動かす上でのネットワークとしての道路網。 ・もう一つは、ローマを中心とする、国家間のネットワークとしての「ローマ連合」。 この二つのネットワークの力で、ローマはイタリア半島の覇者になり、その後には地中海の覇者になるのです。 実はこの二つが同じコインの裏と表になるのです。 別の言い方をするならば、 ・道路網がハードウェアなら、 ・「ローマ連合」がソフトウェアであった。 歴史家プルタルコスは、ローマが他を圧して大きくなった理由として次の一言に要約しました。 「敗者さえも自分達に同化させる彼らのやり方ぐらい、ローマを強大化に寄与したことはない」 この美徳はロムルスの時代にすでにサビーニ族との同化において現われていたが、それが王政から共和制に 移行した後も変わることがなかった。 ー次回は、その「ローマ連合」の内容である」? その話が面白くて一時オカマバーにかよったもの。 あからさまな女の本音を聞かせてもらえたり、突如、男に変身?する身の変わり方が絶妙である。 最近になって書店で、特に目につのが美輪明宏である。 なるほど読んでいて鋭いが、あくまでも男女間の機微だけで、 人間の本質に関しては深くはない。 これもオカマの宿命で仕方がないのだろうが。 近くの図書館から借りてきた本で、 現在売れっ子の美輪明宏と斉藤隆の対談集の「人生賛歌」ー大和書房ーがよい。 特に「第四章のセクシュアルに生きる」 ー弱い女と強い男は見たことがないー美輪明宏の言葉がなかなか男女の本質の差を言い当てている。 ーその一部を抜粋してみるー 長い間、男女を見てきて思うのは、女はものの考え方がとても大人なんですよ、老獪なんです。 ところが視点が「浅いところ」をみている。 男の考え方はとても幼稚で子供っぽい、稚拙なんです。 ところが実は「深いところ」を見ている場合があるんです。 そこが女と男の本質的な違いがあります。 女は生まれながらにして、大年増、「オバタリアン」なんです。 小学校の6年生の男女を比べると、 一年と六年生位の差があります。 はるか年上の先生を好きになったり、性的に迫ったり、悪知恵を働かせます。 最近私がよく言うのは「弱い女と強い男は見たことがない」ということです。 中小企業の社長で死ぬのは男だけ、女は絶対に死にません。 社会通念では「女がロマンチスト」で「男は現実的」 と考えられているが、これはあべこべなんです。 ちょっとした叙情的な要素はあるが、女は現実そのもの。 私は男性がロマンチストで女が現実的というのは、それが必要だから、神様がそのようにつくったのだと思います。 男が雄雄しく、女は繊細でつつましく、やさしくあれというのは、実はそうでなかったからそう言われていたわけなんです。 女が現実的で、男はロマンチストだから、女に天才が少なくて男に天才が多いんです。 男は仕事のほうでは驚くくらい老獪でしたたか、 抜け目がなくて油断ならないところをもっている。 しかし、私生活になったら、迷子になるぐらい方向音痴だったり、 世の中の常識を知らなかったり、ストンと大きなところが抜けています。 そのギャップが天才の資質なんです。 ・・子供っぽさと深いところを見ている大人のところの落差が、天才の条件なんです。 ーーー 姉が上に4人もいたことと、女性の職場にいたため、この程度の男女の違いの内容は常識で初歩的でしかないのは解るが、 しかしオカマが言うから面白い。 何で時間をかけて書き写したかといえば、ズバリ解りやすく表現しているからだ。 女は男よりシビアで現実的なのは生理があり、一つ間違えば妊娠してしまう立場にあるからだ。 雄犬と雌犬の差である。 雄犬は本能に任せておけばよいが・・女性も見ているので、この辺で止めておいたほうがよい。 ・・・・・・・・・・ 2004年04月28日 水 1121, 平均寿命100歳! 新聞を読んでいたら、「今世紀後半に平均寿命が100歳になるとなるかもしれない」とあった。 ーその概要を書いてみるとー 線虫をモデルに、老化にかかわっている遺伝子「クロック1」を傷をつけると1・5倍に延びるという。 同じような遺伝子は人間にも見つかっており、「人も遺伝子の操作で最大1・5倍の延ばすことも 不可能でないはず」という。 人間の寿命が120歳が定説になっているので、単純に当てはめれば180歳まで延ばすことが 可能でないかということになる。 「老化は体内の神経系、免疫系のバランスが崩れ、体全体の機能が低下すること」である。 この研究を進めることによって、老化そのものを遅らせることも可能になる。 脳が重いほど最大寿命量が長いともいう。 その意味からみても人間はより長生きができる可能性を持っているといえる。 ー以上であるが、 新聞の死亡欄を毎日見ているが、90歳を越えた人が多いのに驚かされる。 100歳の平均寿命の可能性は、 一昔前までは考えられなかったことだ。 長生きは、元気であるかぎりしたいものだが、100歳まで生きたいとは思わない。 (字数制限のためカット2010年4月28日) ・・・・・・・ 2003年04月28日 月 754, サエゼリアで思うこと サエゼリアのことは、よく事例として書くが更に書く。 先日の新聞でスパゲッテーを何割か値下げを発表した。 290円ラインのスパゲッテの新商品も新たに加えていた。 少し工夫すれば夕食を二人で千円で済むことになる。 ドリアにスパゲッテーにミニサラダにグラスワインで千円である。 さすがである。 前菜を入れて三品を食べたことになる。 ー以下の文章は数ヶ月前に書いてそのままペンデングしておいた内容である。 (字数制限のためカット2010年4月28日) ・・・・・・・ 2002年04月28日 日 390, 因縁と果報 因は直接原因、縁は間接原因。 果は直接結果、報は間接結果。 嫁を求めている男が、ある知人の家に遊びにいて、 妹を見初め結婚をした。 因が嫁を求めていたである。 縁がタマタマ遊びに行ったーこれが間接原因である。 果は妹と結婚したである。 報は知人と嫁本人が納得して応じたである。 よい果報を得る為には、よい因と縁をなくてはならない。 特に因が大事だ。 その因に縁がついてくるからだ。 その中に感謝する気持ちがある。 感謝をすれば、感謝をするような事が どんどん集まってくる。 これは意外と難しい事だ。 感謝は言葉を変えれば、ありがたいことに気づく事だ。 特に商売をしていると、客様のありがたさを見落とす事が多い。 顧客第一主義といいながら、そのことを忘れてしまう。 準備は「因」づくりそのものである。 準備は誰でもやれる魔法である。 解っていながら?それをおろそかにする。 そして「果」のみを追う。 事業でも、旅でも、人生でも全てそうだ。 教養とは生きていくための基礎知識だ。 永年かけて積み重ねていくものだ。 ところで基礎教養が自分にはあるのだろうか? 過去にその準備をしてきたのだろうか?ただその問いかけは常にしてきたつもりだが。 今月から仕事・事業人生から無職のリタイアの人生に入った。 人生の大部分を仕事を通して幸福・不幸の波の中で泳いできた。 仕事は人生の核であることは間違いない。 社会の中の存在意義が仕事を通して証明される。 そこで表現した中に自分が見えてくる。 仕事、趣味、そして学びは人生の三本柱である。 人生のプロセスで、その重心が変わってくるが、男は家族を作り、 養っていかなければならない。 だから、仕事の比重はのしかかってくる。 とはいえ、三本柱の一つだが・・・ ーこの本の中の仕事に関する部分を抜粋して考えてみるー 【 したがって、社会に応えてなんらかの役割を果たし、世間に寄与することができるということは、人間の自己意識にとっては、 自己の存在の意味を確認することのできる最も直接的な答えであり、また喜びであることは、疑いようのないことだからである。 もちろん、そうした仕事における労苦のうちには、失敗や挫折、困難や事故、予期せぬ妨害や災害、さらには競争や不運など、 実にさまざまな心労の種が含まれていて、人生の現実が容易ならぬものであることが、誰にでも、ひしひしと実感されてくる。 人生における懐疑や煩悶、疑心暗鬼や気欝は、多くの場合、仕事をめぐるトラブルや、そこに絡んでくる陰湿な人間関係に起因する ものであることは、否定することができない。 けれども、そうした暗欝な影にもめげずに、自分の関与する仕事の有意義性を確信して、 少しでも前進し、実りある人生行路を切り開こうとする人にとっては、やはり、仕事を措いて、人生の実質上の道程は考えられない ことになるであろう。 そして、もしもその人が、強い信念の持ち主として、どんな障害にも屈服せずに、この世界では善が勝ち、 道徳的な世界秩序が実現してゆくはずだと確信することができるならば、たしかにヒルティも述べたように、その人にとっては、 仕事を通じた人生の意味と幸福が、力強く確認され、労働の喜びが増すであろう。 】 〜 「人生における懐疑や煩悶、疑心暗鬼は、仕事をめぐるトラブルや、それに絡んでくる陰湿な人間関係に起因する。 」 しかし、それを乗り越えて仕事を成し遂げることこそ、その醍醐味がある。 とはいえ、経済震災や、自然震災は、その全てを 飲み込んでしまう。 これほど大激震だと諦めがつくが。 これも人生。 人生の多くを事業を通して多く学び、楽しんだことも確か。 まあ、面白かった! ・・・・・・・・ 3319, 理性の「理」は、理由の「理」 2010年04月27日 火 『カントはこう考えた ー人はなぜ「なぜ」と問うのか』 石川文康著 学生時代に理念、理性の「理」の意味は何だろうと疑問に思い、ゼミの人たちに聞いてみたが、納得する答えがなかった。 そこで字づらから、王の里で、真理の大元と一人合点をした。 ところが、先日図書館で借りてきた 『カントはこう考えた ー人はなぜ「なぜ」と問うのか』 石川文康著に、カントの「純粋理性批判」中の「理」が解りやすい。 《 理性の「理」は、実は理由の「理」にほかならない、と述べている。 欧州の古典語であるラテン語で「理性」を意味する 「ラテオ」は、同時に「理由」を意味する。 理由とは、「なぜならば〜」と表現されるもので、物事の「根拠」、 物事を「根拠付ける」働きを意味する。 さしずめ「なぜならば」と答える能力が理性であると言ってよい。 20世紀のハイデッガーは、理性と理由、理性と根拠が同一であることを際だたせて、次のように述べている。 「理性とはラチオのことであり、すなわち根拠の能力である。 理性は物事を基礎づける根拠である。 根拠は、純粋理性の理性的根拠以外にはない」 ところで、この「なぜならば」といきなり、切り出すものはいない。 それを誘導するものがある。 それは「なぜ?」という問いである。 「なぜ?」と問われて、はじめて「なぜならば」が発せらるのである。 と同時に「なぜ?」と、問う能力である。 分かっているようで、分かってなかったようだ。 そうすると、常に「なぜならば」と「なぜ?」を、考えている人が 理性的ということになる。 人は「なぜ『なぜ』と問うのか?の答えは、「人は根拠となる物事の基礎を把握したいため」である。 「なぜ?」「なぜならば」と、言っている限りは、理性を使っていることになる。 ということは、根拠=原因を知りたくなる 根本的な探究心のため何か驚いたり、知らない現象に出会うと、その背後にある原因を探したくなり、「なぜ」と問うのである。 認識に経験論と合理論があるが、合理の理性から物ごとを認識をするという場合、経験が直接的に認識するのに対して、 合理の理性で把握するのは間接的に認識する、ということになる。 例えば、飲んでタクシーで帰ったが、友人に乗せられたまでは覚えているが、その後はまったく記憶がないなどである。 社交飲酒家でも認められるが、アルコール依存症者ではしばしば認められる。 ブラックアウトの出現はアルコール依存症の入門切符。 ーー 「元スマップの草薙剛が、ブラックアウト?で逮捕された」と報道された。 深夜三時ごろに全裸で騒いでいるところを 逮捕されたもので、何と猥褻罪という。 深夜に素っ裸で公園にいたところで誰に見られた訳でなし、やりすぎではないかと 思うのは私だけではないはず。 有名人でなければ、これだけ騒ぎになるわけでなし、酔っ払い保護センターもあるし、 騒ぐほうも騒ぐほう。 これが情報化の恐ろしいところである。 私など20数年間で新潟で酒を飲んで6回も新幹線を 乗り越した経験者。 以前から「酒を飲んだ後の記憶がなくなったら、要注意」と酒の先輩格の人から聞いていた。 思い返すに一番酒を飲みまわっていた時に、何度かブラックアウトの経験がある。 それにしても、これだけ酒の失敗を重ねても警察の世話になったことがないのは、不幸中?の幸い。 草薙の場合、8合というからやはり飲みすぎ。 しかし酒癖の悪い私としても、どうしても甘くみてしまう。 二軒目からは焼酎のお湯割りだけにして、楽しい酒にすること。 そして、馴染みの店以外は行かないこと。 酒で人生を多くの失敗したが、その数倍は楽しく面白い思いもしてきた。 昨日のマスコミは全体的に、「警察のやりすぎ」というのが論調で、警察そのものを批判するもの当然。 結果的に警察のレベルの低さを露呈したということになった。 鳩山とかの何が、偉そうな批判をしていたが、 「御前さん、そんなことを言える柄かよ」の一言で失言の取り消しで、逆に嘲笑をかってしまった。 ブラックアウトといえば、精神的に追い詰められて蒸発をした人が、その間何をしていたかまったく記憶がないケースがある。 これもブラック・アウトという。 「男はつらいよ」の中で、寅が知り合った男を捜すストーリーがあったが。 「酒、特に日本酒は口から脳に入れる魔物である!」 魔物に支配されて破滅は、長い歴史上、数知れずである。 ! ー哲学と思想の違いー 池田晶子著の「暮らしの哲学」で 「哲学」と「思想」の違いについて次のように書いている。 『「哲学」と「思想」の違いは「哲学」とは考えることであり「行為」である。 それによって導き出された言葉なり文章なりの結果が「思想」である。 だから「哲学する」とは言うけれど「思想する」とは 言わない』と。 解りやすい説明である。 「哲学は考えること。 思想は思いこむこと」 というと、何か違うような気がする。 人の考え、思い込んだことを言語化したもので、貼り付けることが出来るのが思想で、考える行為が哲学ということ。 一般的には、哲学も思想も同じように論じられているから、話がややこしくなる。 ここの差異をハッキリさせおくと、哲学・思想書関連の本を読んでも整理がつく。 ある年代になれば誰もが何らかの問題は抱えている・・ 特に刺激を求めてアフリカ、中近東、シルクロード、南米などに行く人は人生の究極を求めている人が多い。 その中で、「買い物依存症」の人が何人もいた。 明らかに病的の、「やり手?ブランド嗜好の金ぴか中年女」である。 店側の尤もらしい口上、お世辞に金をばら撒いている姿が悲しく映る。 買物で心の空虚を埋めようとするとするのは究極の癒し。 亡くなったが、何度かガンの手術の死線から生還してきた人と、その直後、酒を飲んだことがあったが、その時の言葉が印象である。 (以下、字数の関係で中略2009年4月27日) ・・・・・・・・ 2006年04月27日 木 1850, 2008年、日本は大きなクラッシュに? ー1 おはよ? そして「その対策を、具体的手順にふむべき時期がきている」という。 二年半前に同じ講師で同じテーマのセミナーに参加したが、 再び参加してみた。 5回も参加している人もいるという。 その衝撃的な内容は絶望度をましていた。 景気回復など論外。 現在の日本の事態は生やさしいものではないという。 本屋で、数年前まで悲観的な表題の本が平台に積まれていたが、 最近は見かけなくなってきた。 少し温かい微風がふいているからだ。 この講師の話を聞いていると、 その絶望的な話は不変であった。 を覚悟をしておいたほうがよい ・日本はアメリカの植民地国家 ・三井住友銀行の貸し手に対しての、脅しもどきの取立て現場の生々しい話 これからの日本の混乱の生々しい予測と現状の内容である。 現在は明治維新時、第二次大戦の敗戦時、と同じ有事の時。 それを明確に意識をして、ことに当たるべきだという。 思い切った決断しか、これからの時代は生き残れない!ということか。 私が感じているより、遥かに事態は深刻のようだ。 日本は、これから何処に漂っていくのだろうか? 「日本という国は、潰れない。 ただ、国民の財産を根こそぎアメリカ資本に持っていかれるだけだ! その防衛は、それぞれの自己責任で防衛するしかない!」が印象的であった。 恐らく三年後あたりが目途であろう。 それまでに、自分の力をつけなくてはならないのだ。 もう許されないのだ、いい加減な姿勢は。 息苦しい感じがしたが、それでもハッキリとしたものが見えてきた。 これからは、衣料店だけでなく他の事業も 考えなくてはなるまい。 もう、サイは投げられたのだ。 これから大事なことは、「自分を自分の相談相手にすることだ」 この時期は二度とない大事な時期である。 足元を見つめなおして一つずつこなしていかなくてはなるまい。 ー私の現在思っている言葉の定義を、そのまま書いてみようー ・「贅沢」とは、他人の目を意識をして、そのために意識や金や物を使うことなのか。 ・「生きがい」とは、自分の価値を明確にして、その追求をするプロセスの一瞬に感じる満足感 ・「言葉」は大事な要素である。 しかし、それは行為にあとに出てくるもの。 その行為は、生きた言葉、生きた人間そのものである。 ・「神」とは、真善美の理想形として人間が創りあげたXである。 ・「真」とは、ものごとの本筋・本質をいう。 ・「決断」とは何だろうか?その裏づけになる理論と、その後の行為が肉付けされて達成に至るものだ。 ・「善」とは、道徳のいや、価値の側面である。 道徳は社会の中の規範であるが、その社会の規範は過去のものでしかない。 ・「誠」とは、裏切りを知りながらそれを乗りこえて生きることである。 ・「美」とは、美を感じる心が無くては。 美を感じる心とは、対象のバランスを 自分の中のバランスとして受け入れる感受性である。 それは、真善においても同じだろう。 ・「克己」とは、自分の壁を乗り越えること。 人に勝つ前に、自分に勝たなくては! ・「価値」について、それぞれの社会の固定化された欲求? それとも目標? 外部に価値を見出すべきではない。 そうなった時は自分に迷いのあるときである。 ・「力」とは何か、人間がただ頼れる一つのエネルギー? 今の自分は自分自身を信じて自分の足で立つことだ! 見えない未来に向かって。 おやすみ! ー2005年4月27日5時半ー 記 よくぞまあ、35年前にこんな難しい?ことを書いたものだ。 難しいことというより自分の頭の中の言葉を引っ張り出して 曝しているのが有効である。 深くは考えないで、その時に気ままに日記に書いたものだが言葉の重要性に気づいたのだろう。 この一年で情報と言葉の「切断」の重要性にも気づいた。 カレーライスをつくるのにそれぞれ素材を目的に合わせて切断する。 情報や言葉も同じであることに。 この一年ほど、自分の一生にとって有意義な年はなかった。 一見、無駄に見えたが基礎の再構築だったようだ。 常に社会と一線を引くスタンスが、この一年で身に付いた。 姉夫婦が、小さな城下町の価値観の世界を全世界と信じて疑ってない姿を身近で観察できたこともある。 内海にいる魚は海そのものがどういうものか知ることがない。 陸に上がって海そのものを見ることができない。 まして、自分が内海にいることも知らない。 人間全てにいえることだが。 ・・・・・・・・ 2004年04月27日 火 1120, 「ライフ・レッスン」ー7 ー時間のレッスンー ・時間のなかで、すべてのものは変化する。 内面も変わり、外面も変わる。 外観も、内的自己も変化している。 人生はたえず変化をつづけているが、ふつう、変化を好まない。 それに抵抗しようとする。 そうこうしているうちに、 周囲の世界のほうが変わってしまう。 変化の速度は、かならずしもわたしたちの内的速度と一致しているわけではない。 たいがいは早すぎるか遅すぎるか、である。 変化とは慣れ親しんだ状況に別れをつげて、不慣れな状況に直面すること。 あたらしい状況そのものでなく、そこにいたる間の時間に不安を感じることもある。 「一つのドアが閉まっても、別のドアが必ず開いている。 ・・でも、それぞれドアにつうじる廊下にいるときが、いちばんつらい」 変化はたいがい、ドアがバタンと閉まってしまった場合始まる。 先が見えなくなり、人は不安な時間を過ごす。 (字数の関係で中略2009年4月27日) ー感想ー 「時間がすべてを解決をする」ということを長く生きてきた人は誰でも実感することである。 だいたい深い傷でも3年が目安。 ただし、深いところで自分で手当てをしておかなくては後々まで引きずるが。 振り返ってみる時、時間と供に自分も 変わっていくので、客観的にその変化をみることができる。 時間が経つと同時に、何が大事で何が大事でないかもみえてくる。 冷静に屋上の上から見ている自分が「魂」である。 その時々に思い悩み、笑い楽しんでいる感情が「心」といってよい。 時間と供に魂の目を、その時間に伴って上方に上げてくれる。 ただ今日、今という時間に意識を集中しなくては 魂は上方には上れない。 一期一会とは、すべてにいえることである。 ・・・・・・・ 2003年04月27日 日 753, 孤独について考えてみた 自分の強みは何だろうと考えてみた。 「孤独に強い事」である。 あまり人といなくとも平気である。 若い時の都会の生活や勤めの時代に鍛えられたことと、8人兄姉の末っ子だったこともある。 一人でいつも遊んでいたという。 創業を独りで何回か経験をしてきたのが、さらに孤独の訓練になった。 孤独をポジティヴに前向きにしなくては、無から有は創れない。 青年期はそれほど強くはなかった。 実際は空元気であった。 「孤独を恐れるのは、ひとりそのものではなくて、孤独であることを責める自分の中の内在化された他者の声である。 それが多くの人の心を責めさいなまし、安らかな心を破壊してしまう・・・」とある本に書いてあったが、 私の場合そのような内在化された他者の声は全くない。 独り事業を何回か立ち上げてきた為に内在化する余地が なかったのだろう。 それと行蔵が整理?されていたこともある。 幼児期に両親や姉兄に愛情をそそがれた事が大きい。 日本というのは孤独を白眼視する、同調的で画一的、群れや集団に属さないことを忌避する、個人が自立できない 幼稚な社会である。 これは仏教と島国が長年の間に影響してきたのだろう。 現代のように人から嫌われることを極度に恐れ、 他人に従順になりすぎる大多数の人には、逆に「人から嫌われる強さ」が必要である。 群れていれば安心している輩があまりにも多い、 まあ如何でもよいことだが! 孤独をきっちり確立した上で、寂しさを紛らわしたくなったら、そういう場に行けばよい。 独身時期はきっちりとその組み立てをしていた。 居酒屋に行けばいくらでも、癒してくれる店主やママや飲み仲間がいた。 本当に孤独に対して訓練されてない人が多い。 そういう人が仲間になって群れてしまうから更に悪い。 今回の青年会議所仲間同士の殺人事件など、そこがバカや低脳児の集まりの場でしかないことの証明でもある。 本人たちは全く気がついてないのが哀れである。 仕事の手段として群れているつもりだろうが、手段が目的にすりかわってしまうのだ。 手段の遊びが、目的になってしまうのだ。 過去を考えると他人事ではないが!?? ー孤独を失った時の損失を考えてみると ・独創性や創造性であり ・夢や目標や目的の喪失であり ・自我の確立であり、また自己の心の成長であり ・自分らしさや個性、独自性、心の自由、行動の自由、趣味の自由などである 群れや際限なき仲良しゴッコはそれを補ってあまりあるものなのか疑問である。 たえず友達や仲間といっしょにいる人は、 群れの奴隷となり、自分を失っている。 私の嫌う子狐があちこちで群れているが、「和して同ぜず」ではなく、「同じて和す」 ということ。 その「同じる」が恐ろしいのだ。 「個性個性、孤独孤独といって石のカタチの違いこそ大事だといっても、 所詮は砂利は砂利でしかないのに、解ったことをぬかすな!」という心の奥の声がする。 ・・・・・・ 2002年04月27日 土 389, どういう時代に? 今年来年はどういう年になるだろうか? ・今年はブロードバンド時代の新しい形が、製品や社会現象で新しい形で出てくる年である。 ー孫正義 携帯TV電話、液晶TV、BSハイビジョンTVなどの普及 ・何を発信できるか、するかの時代になってきている。 生き甲斐は、それなりの覚悟と追求のエネルギーを要するが、「好きなことはを楽しむ」には、それほどの重さはない。 生き甲斐について、著者は以下のように納得できる説明をしている。 * 生き甲斐の探究 【 私たちは、この世の中を生きるとき、なんらかの形で、生き甲斐を求めている。 生き甲斐のない人生を好んで求める人は、 考えることができない。 生きるということは、みずからが、そこに意味を見出し、なんらかの有意義性の成り立つことを 信じることのできる道程を発見して、そこに自分の人生の基盤を据えて、自己の時間的な生成過程と、振幅を含んだ多様な遍歴の道を、 辛苦や労苦を越えて、歩み進もうとする覚悟にもとづいて初めて成立する。 それを可能ならしめるものが、生き甲斐にほかならない。 むろん、その生き甲斐という問題は、さまざまな局面を含んでいて、けっして単純ではない。 けれども、生きる意味を信じ、 自分の人生を肯定できる道程を発見し、そこで自分の人生の充実を図って生きる、という構造を含まないような人生設計や 人間活動というものほ、人間の生き方として、考えることができない。 意味や有意義性は、ディルタイがすでに指摘したように、 私たちの生を構成する最も基本的なカテゴリーなのである。 そうした生き甲斐とは、それを最も強い形で言い表せば、 自分の死に場所を発見することと同じだと言えるであろう。 その道を突き進んで、その果てに自分はもう死んでもよいと 言えるような生き方とその内実を発見したときに、その人は自分で自分の人生の充実を図って生きる、こういう構造を 含まないような人生設計や的活動というものは、泰然自若、自己であることに安らうはずである。 たしかに、 「人生、いたるところに青山あり」、である。 しかし、ほんとうに死んでもよいと思える場所と生き方を、最終的に見出すことは、 けっして容易ではない。 何人も、迷いを免れがたいからである。 けれども、人間は、最後には、自分を捨て、 そこに自分を埋めてもよいと覚悟できる人生の住処を求めている。 】 〜〜 「生き甲斐とは、自分の死に場所を発見することと同じ。 その道を突き進んで、自分はもう死んでもよいといえる生き方と、 その内実を発見したときに、泰然自若、自己であることに安らう」は、納得する。 本当に自分の好きなことを見つけ、 全霊を傾けて自分のエネルギーを叩きつける時に、生甲斐が生じる。 それがない人生は、空虚な喪失感が付きまとう。 しかし生甲斐は、そう簡単に得ることはできない。 極限の中にこそ、生じてくる。 生甲斐を感じているときが、自分の心の芯に いる時であり、自分である時である。 家族の為に我を忘れて必死に働いている時にこそ、振り返ってみた時に、生き甲斐を 見出すのである。 そこには、意味も意義も充分にある。 全身全霊をかけて対象に取り組んでいる中に生き甲斐が生まれてくる。 ・・・・・・・・ 3318, 悲しみ、苦しみは人生の花 2010年04月26日 月 「悲しみ、苦しみは人生の花だ。 悲しみ苦しみを逆に花咲かせ、楽しむことの発見、 これはあるいは近代の発見と称してもよろしいかも知れぬ。 」これ坂口安吾の言葉である。 それなら喜び、楽しみは果実というところか? 60数年の人生を振り返り肯定的に眺めれば、そうかもしれない。 私の実感は、悲しみ、苦しみ人生のレッスン=学びである。 近代の発見とは、目標の発見と解釈できる。 また花咲かせるとは、目的、目標の達成である。 目的達成のプロセスこそ人生の花というのも肯ける。 「花も嵐も踏み越えて」 という歌の文句があるが、人生とは挫折を乗り越えてこそ、その先の喜びも大きくなるもの。 「悲しみ、苦しみは人生の花!」は、 なかなかいえない言葉だからこそ、心に響くのである。 自分の子供に先だたれた親に、この言葉が当てはまるのだろうか。 それも運命と割り切って受けとめることも人生なのだろうか。 「災い転じて福と成す」これが人生の真髄というが。 大きな時代のウネリの中でこそ、味わいたい言葉である。 過去を振り返ると、一番のどん底の時ほど、周囲の人の苦しみや 悲しみに対して鋭敏になり、優しい言葉をかけていた。 その時ほど多くの人と心が通いあっていた。 言い換えると 「どん底の時期は人生の花の時期」。 「一番苦しかったけれど、一番楽しい時だった」と、気づくかどうかである。 私の場合は「人生、面白かった〜! 」が実感だが。 「喉ぼと過ぎれば熱さを忘れる」で、それなりに人生、色いろある。 「人生、当たり!」と自己暗示するしかないか〜 「悲しみ、苦しみは人生の花」と、心の底から思えたら、それは一種の悟りだろう。 あれが花? ・・・・・・・・ 2943電動式ステッパー 2009年04月26日 日 スーパーやホームセンターで、「自力式のステッパー」を見ていたが、知人が毎日使っているが、非常に良いとは聞いていた。 ところが電動式ステッパーを家電店でみつけたので売り場で使ってみたが、なかなか良い。 足の部分が勝手に動くものだが、 しかし13万円もする。 数ヶ月前に電気ウエーブ・マッサージを見つけたが、12万円もする。 そこでネットで廉く小さいのを探したら 1万4千円のものがあった。 さっそく買って使っているが、これが大当たり。 朝晩使っているが腰と胃腸と血流に非常に良い。 それなら電動ステッパーも廉い簡易式のがあるはずと「電動ステッパー」と検索を入れたら、アマゾンやビックカメラのネットで、 29800円のものがあった。 さらに価格ドット・コムで調べたら最低価格が7665円 送料別)があったので、さっそく注文した。 だから、逆張りも出来たはずだが、それも振り返ってみればの話。 オバマが大統領になると断じているところが面白い。 民主党は(クリントンは新鮮味がないので)オバマとしても、 共和党のマケインとは互角だろう。 しかし民主、共和党が10年ごとに交代することに話がついている、というのも肯けること。 この本の通り、日本がアメリカの属国と割り切ってみると、日米関係が改めてシビアに見えてくる。 世界中の物資を、ドル、アメリカ国債などの紙切れの偽札モドキで交換しているに過ぎない。 特に日本などは、それで高い兵器を言値ねで買わされているのだから哀れなもの。 この本を読むと、ドルが60円台、 株が3000ドルも、なんら不思議ではない。 ー前著同様に、この目次だけでも内容が充分に要約されている。 [目次] 第1章 私の予言はなぜピタリと的中したか ・サブプライムローンの破綻はすでに2007年の5月にははっきりしていた ・アラン・グリーンスパンFRB議長は2005年に警告を発していた ・ニューヨークもこれから三ヶ月ごとに大暴落していく ・返せそうもない人々に無理矢理お金を貸し付けたのがサブプライム 第2章 大暴落がこれから3カ月ごとに襲い来る ・専門家と称する詐欺師たちが金融の八百長をやってきた (字数制限のためカット 2011年4月26日) ・・・・・・・・・・・ 2007年04月26日 木 2214, 中国人移民の話 オハヨウゴザイマス 去年、新宿周辺を知人の車で案内してもらった時、青梅街道などに韓国人商店街や、中国人商店街が出来ていたのには驚いた。 アメリカをはじめ、何処の国の首都には中国人街がある。 朝鮮人街も時には見かけるが、日本人街は殆ど見かけない。 中国人街を見るたびに、中国人の海外居住者は何人いるのだろうか?という、素朴な疑問を感じていた。 ー先日の毎日新聞に中国人の移民の記事があった。 それによると、海外在住移民の数が3500万人! こんなもの?と思ってしまった。 シンガポールや、インドネシアが果して入っているかどうかは、この記事には無かったが。 総国民の3%が多いか、少ないかだが。 「イタリアのミラノ市で、移民と警官隊が衝突」という見出しであった。 これによると、ミラノでは1平方? の地区に500軒以上の店がひしめき、20年前の500人のミラノ在住中国人が13000人と、 26倍も膨れ上がったという。 イタリア人は欧州でも働かない国民性で、中国人の「勤勉・活気」に妬みと軽蔑の気持ちが強く、 互いの軋轢が出てきている、という。 その横の関連記事として、中国人の移民の実態のレポートがあった。 その内容を要約すると、 ・大陸出身中国人は、151ヶ国に3500万人 ・2000年から2005年間だけで、アメリカへの移住者が35万人。 ・カナダ在住中国人は1988年の3万人から、2002年に30万人に激増。 ・日本では、韓国、フィリッピンについで28000人 ・観光などの旅行により中国本土からの出国者は昨年で3450万人で、2001年の3倍近く拡大したという。 旅行先では、「世界中には、何処にいってもネズミと中国人はいる」と言われていて、飲食街では殆んどの都市で 中華料理店を見かける。 それが、また美味しい店が多いの。 (日本料理は外れが多いが、中華料理店は外れは少ない) いずれにしても、世界の人口の2割を占めていて、バラバラの国民性が携帯などでネット化すれば、侮れない存在に なっていくだろう。 人口が多いほど、個人の存在が小さく思われがちだが、逆に個性的でなければ、生きていけない。 没個性的な日本人とは、相性が悪いのは致しかたがないことである。 これより460年後にカエサルを暗殺したマルクス・ブルータスとは血縁は全く無い。 王を追放したブルータスは、ローマ市民を集めて 「今後一切、ローマ人はいかなる人物であろうとも王に就くことを許さず、いかなる人物もローマ市民の自由を侵させない」 と誓わせた。 ーここからが面白い!ブルータスが考えたのが、「執行官」という最高指導者である。 王と同じく、市民集会で選ばれて、ローマ内政の最高権力を握ると同時に、有事では指導者として軍隊を率いる。 とはいえ、アメリカの大統領とは違い、当時は実際に最前線で指揮をとるのが常であった。 このような大きな権力を与える一方、 執行官が将来の王にならないように歯止めをかけた。 その制度とは「執行官はかならず市民集会によって二人選ばれ、 その任期を一年とする」ということであった。 これでは王のように振舞えないと考えた。 しかも、執行官を二人にすることで、 更に保険をかけた。 二人の執行官には上下がなく、それぞれに拒否権が与えられていた。 しかし、これには弱点もある。 任期が一年なので、長期の政策ができなくなる。 そこでブルータスが考えたのが、元老院の機能の強化であった。 100人の元老院を三百人に増やした。 当時、三百人まで増やすということは、殆どの有力者を網羅することになった。 ローマの貴族は社会的責任を負わなければならないという考えが強かった。 戦争が起これば貴族は率先垂範して 最前方に出て戦い、公共の利益をためには貴重な財産を社会に快く提供したという。 ローマの元老院は真の意味で 「貴族精神」の持ち主であった。 「知性ではギリシャ人より劣り、体力ではケルト人やゲルマン人より劣り、経済力では カルタゴ人より劣っていたローマ人が、永らく巨大帝国を維持できた原動力は社会指導層の役割だった」と主張した。 辞書にはノブレス・オブリージュの意味を ・身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。 ・高い地位や身分に伴う義務。 ヨーロッパ社会で、貴族など高い身分の者には それに相応した重い責任・義務があるとする考え方。 ・もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞いをしなければならぬ」の意とある。 日本は歴史以前、中国では戦国時代に入ったばかりの時期に、 ローマ人が成立させた法律「リキニウス法」。 この法律でローマは国政の中枢に貴族の賛成の上に平民を受け入れを決定。 (流血もなく平民の受け入れを決めたのは驚くべきことである。 )この目的は貴族と平民の対立の解消にあったにせよ、 この改革は英断であった。 その賛成をした大部分が元老院の大多数を占めていた貴族であったから、尚のことである。 それも彼らが選んでのは「全面的な開放」という道であった。 つまり、共和国政府のすべての官職について、 貴族であろうが、平民であろうが、ローマ市民なら誰でもなれるようにした。 「機会の平等」という他にない。 平民と貴族の結婚さえ合法化されたのである。 ローマ人は、30年前の紀元前404年にアテネがスパルタに 敗れさった事実を見ていたからだろう。 この事実が、[[近現代史の教訓」として強く刻まれていたからである。 当時のトップランナーであったアテネが民主主義の暴挙を許したがゆえに凋落してしまった姿を見たためだろう。 ーーーー 果てしない戦いの中で『共和制』の体制の基盤を作っていったローマは、『機会の平等』という民主主義と自由主義に 似た考えに辿りついたのだろう。 指導者に「ノブレス・オブリージュ」を失えば、その国は滅び去るしかない。 どこかの国にもいえることだ。 いや組織にも! ーつづく ・・・・・・ 2005年04月26日 火 1484, 24歳の日記ー2 ー1970年3月22日 朝11時に、実家の店に手伝いに行き、17時まで手伝う。 よく売れるのに驚かされる。 今日、大鵬を見ていておどろいてしまった。 再起不能といわれながら、努力で再起をして優勝をしたのだ。 ただ驚きである。 人間の一番美しい姿を見せてもらった。 今日、一年の設計図の大枠を考えるつもりが何も考えられない。 どうしたことか、例の手紙のせいか気持ちが揺らいでいる。 明日は病院に行って、精密検査をしなくては。 ー3月23日 午前中は、病院で検査である。 午後は設計図を書いたが、いい加減である。 早々簡単に書けるわけがないが。 焦りだけあって、何もできないのだ。 こういう時間をもらっていながら、 何もできないのが情けないが。 といって時間だけは過ぎていく。 一日一日、一歩一歩、歩むしかない。 走ろうとしても無理、歩くしかないのだ。 自分と直面して解るのは自分の甘さと、いい加減さである。 ー 3月30日 今朝、急に父が8時半に居間に集まるように言われた。 両親に、家の裏に住んでいる姉夫婦、兄の三郎、そして私である。 遺言の内容の言い渡しという。 急なことで全員が、吃驚する。 ー内容の概略は以下の通りであるー (字数制限のためカット 2010年4月26日) ・・・・・・・・ 2004年04月26日 月 1119, 北朝鮮の怪? 今回の北朝鮮の大爆発の事件,何か不可解な事件である。 数百メートルが瞬時吹っ飛んでいたのに、 どうして電線から引火をしたのが解るのだろうか?組織的な大掛かりのテロ?TVで「近くの中国側の街での噂で、 今回の事件は暗殺未遂といわれている」とか、「金総書記が通過する近くに、危険物を乗せた貨車があること自体不自然だ」とか、 報じていたが、異常な事件であることは間違いはない。 北朝鮮は単純なミスと報じていたが、そんなわけがない事件である。 NHKでも、阪大の爆発物の専門の教授が出てきて「電線から引火は考えられない、爆発物によるものと考えられる」 と言っていた。 中国から近い駅というと、アメリカのCIA?がとも想像してしまう。 北朝鮮そのものが、援助目的の窮余の一策 ともいう仮説は少し無理がある。 状況からみたら、軍部のからんだ大掛かりな暗殺未遂のテロとみるのが自然だろう。 これから、いろいろな情報が出てくるだろうが。 スターリン型の国家が隣国に存在していること自体信じられないことだが。 現在の北朝鮮にピッタリの事件に思えるが、いつも犠牲になるのは一般大衆である。 ・・・・・・・・ 2003年04月26日 土 752, SARSの不安 もしアルカイダーか北朝鮮のテロなら!と考えると、背筋がゾッとする。 発生源が特定しているからまだよいが、そうでなかったらテロと疑われパニックになるところであった。 単純な自爆テロなら、その範囲で済むが、火薬を細菌に置き換えたテロを彼らが始めたら大変なことだ。 中国の香港や広東州からばら撒くのが、世界恐慌を狙う彼らからみた時に、一番効果的である。 あまりにも TPOSがよすぎる疑問が残る。 もしアルカイダーの立場なら、自分を感染させてアメリカとか日本に行くのが効果的である。 当然のことながら急遽中止なった。 急なことで時間もとっていたし、飛行機の切符も送られてきたし,他の人との予定も 入れていたので、そのまま行ってきたという。 それと札幌の雰囲気がどうなっているかみたかったという。 飛行場からのタクシーの運転手に話を聞いて思わぬ内容に耳を疑った。 北海道中、特に札幌の道民は内心皆、喜んでいるとか。 彼らは北海道では超エリートで、威張り尽くしていた。 永年のその鬱憤が一般の中に蓄積されていた。 確かに北海道経済にとってマイナスで、喜んでいられないが、道民感情は拍手喝采だという。 そして数日札幌滞在中、会う人全員がそういっていたという。 これは実際現地に来てみなくては解らない情報である。 彼が言いたかったことは、実際マスコミに流れる情報と、そこの情報の差である。 「何事も現場の声を実際聞いてみなくてはわからない」ものだという事だ。 反面ITの時代は、 こういう情報が瞬間流れてしまう。 「それにしても、あれは何だったんだ?」ということだった。 そこまで嫌われる理由は?マスコミはこういう情報は間違っても流すことは出来ない。 こういう情報は現地で直接しか聞けない。 どこかの県市でも、同じことが生じている。 気がつかないのは当事者だけ、破綻したときそれが表面化する。 何処かの城下街のそれは時間の問題という。 リストラにあった元管理職や街の中から?? という話が生々しく聞こえてくる。 3682, 節目どきに ー10 2011年04月25日 月 * スポーツジムなど行ってみるまでは別世界だったが! スポーツジムに通いだして三週間になる。 行くまでは別世界と思っていたが、今では生活に組まれた日常になってしまった。 ジムのシステムで、色々なプログラムがあって自分にあったものに参加出来る。 その一つに「イージーライン」がある。 6つの機器を円座になって12人のメンバーが参加、輪の真ん中にインストラクターが音楽に合わせて全員を誘導していく。 一つ置きにステップ台があって、大手を振って上がったり降りたりして息抜きをする。 25分間が一コースだが、 これをベースにして、ランニングマシーンや、他の機器を使う。 最後は小さな暗い部屋に6台ある電動マッサージの一つで 30分ぐらい疲れをとる。 他にもプールや風呂もある。 私の場合は滞在時間は90分である。 そこに行ってきただけで、 気晴らしになる。 私が選択したのは「金曜日が休日、日祭日は参加できないコースで、時間帯は10〜17時。 その時間帯なら、 何時間もいてもよい。 30坪位のサロンもある。 金曜と日祭日は、車で5分ほどの近くの市営スポーツ施設に行っている。 ここは三ヶ月で1800円。 昼時には数人しかいないのがよい。 とにかく、健全な日常を維持しないと! * ウォーカーの数が激減 晴れている日には早朝、毎日、信濃川の土手にサイクリングに行っているが、ウォーカーの数が激減している。 初めは気のせいかと思っていたが、そうでもない。 原発事故による放射能に対する警戒のためだろうか。 ウォーキングでこれだから、行楽が大打撃になるのは仕方がない。 ホテルは、どの業態も惨憺たるで、私も早々見切って倒産した。 特に温泉街が酷いとTVで騒いでいる。 あの草津温泉では95パーセントがキャンセルで、死活問題になっているとか・・ 「新潟の月岡温泉の一番大きいホテルは二棟のうち一棟が休館。 オープンしている棟も、一番上の階しか電気がついてない」とか、 「長岡の奥座敷の蓬平温泉街は、客がほぼゼロ」、という噂が漏れ聞こえてくる。 日本国家始って以来の危機の一現象である。 まだピンときてないのが日本の平和ボケした大部分の人だけ。 まだ、他人事としてしか受け取ってない? ・・・・・・・ 3317, つれづれに ー閑話小題 2010年04月25日 日 * 無理をするな、素直であれ! か〜 「無理をするな、素直であれ。 すべてがこの語句に尽きる。 この心がまへさえ失わなければ、人は人として十分に生きていける」 は、種田山頭火の言葉である。 この年になってこそ、その意味の深さが理解できること。 それが許されない事態が 次から次へと起こるのが人生である。 で、最後に落ちついた時に、この言葉が出てきて、そして一人納得する。 これを真正直にして生きればホームレスか、引きこもりになる可能性が高い。 現に山頭火は放浪の乞食。 私なら「自然体で、力まず、目を逸らさず、真正面に向き合うこと、それも正直に」と言うところか。 * 人生は放浪 山下洋輔がいみじくも言った「旅とは帰ってくるものだ。 だから、人生は旅だ、などという言葉がぼくには分からない。 どこに帰っていくというのだろう。 むしろ、人生は放浪だ、といってくれたほうがよい。 帰るあてがなく、行きっぱなしだ。 」 還暦を過ぎると、この言葉が身に沁みる。 自分に植え付けられている死のイメージが虚空に帰すからだ。 死んでしまえば、それまでよ」と口癖だった父の言葉を思い出す。 引越し先では、全てを忘れる当てのない引越し * 人間原理とは ーウィキペディアによると 《 人間原理とは、物理学、特に宇宙論において、宇宙の構造の理由を人間の存在に求める考え方。 "宇宙が人間に適しているのは、そうでなければ人間は宇宙を観測し得ないから"という論理を用いる。 これをどの範囲まで適用するかによって、幾つかの種類を見つけることができる。 人間原理を用いると、宇宙の構造が現在のようである理由の一部を解釈できるが、 これを自然科学的な説明に用いることについては混乱と論争があり、未だ多数には認められていない。 》 何か無理があるように思える考えである。 人間原理の人間を自分に置き換えてみると分かりやすい。 もっとも、優秀な奴は、これに近い自分原理を持っている。 それが自分のステートメントだが、 人類が、自分に当てはめると一神教みたいになってしまう。 ・・・・・・・・ 2942,閑話小題 2009年04月25日 土 * 県内景気 最悪の雨 財務省の新潟財務事務所が今年の1〜3月期の県内経済情勢について「一段と悪化しており、厳しい状況」と 総括判断した、報じていた。 7段階で景況感を示す天気マークも2003年来マーク導入後に初めて最悪の雨に引き下げた。 全国的にも「悪化し、厳しさを増している」と判断し、去年の10〜12月の「全国的に悪化している」より、一段引き下げた。 全国を11地区に分けた10地区までが前の四半期より一段引き下げ、景気の悪化を示している。 ここで何度も何度も書いていることだが、飲食、宿泊、タクシーは、一番敏感に反映する商売である。 日ごとジワジワと真綿で首を締め付けられるような感がしている。 数日前に、ダイエー跡の大型専門店「ラブラ」の 地下にあるジャスコのスーパーに行ってみた。 火曜日が特売の日で、主婦で賑わっていたが、何処を見ても100円前後の 特売ばかりが目立っていた。 それも小手先でなく、本気で価格を引き下げているのが肌で感じ取ることが出来た。 デフレとは、こういうものかと、ただ驚いたが、 そういう駅前近辺のホテルも、ネットを通して乱売が始っている。 2千円代半ばまで値段が下がっている。 そのネットからの顧客が25パーセントにまでなってきているのだから、堪ったものではない。 恐らく、この二冊で著者の論が 見直されるだろう。 ジュンク堂に行ったら彼の本が十数冊あった。 どれも悲観・際物的な内容だが、「ドル覇権の崩壊」が 具体的になった現在になれば、どれも納得するしかない。 欧州はイギリスのロスチャイルドが19世紀を支配し、 20世紀になってアメリカのロックフェラーが石油を背景に世界を支配。 字数の関係でカット09年4月25日) つづく ・・・・・・・・・・ 2007年04月25日 水 2213, 白い雲に乗って ー3 (・_・) ノ オハヨウ! お風呂に入った直後の22時過ぎにクラッシック音楽を聴きながら就寝する。

次の

【ソロ専用】アナザーエデン 時空を超える猫 133匹目【アナデン】

アナデン ブリアー 星5解放 できない

に転向した後、 ダース・ヴェイダー(Darth Vader)としてに仕えた。 アナキンはのに住む、の子として生まれ、父親はおらず、先天的に高い(との接触能力を左右する共生微生物)数値に恵まれていた。 アナキンはのジャンク商人の奴隷として幼少期を過ごし、当時から類まれな技術や機械いじりの才能を垣間見せていた。 のさなか、スカイウォーカー少年はのやのちの妻となると出会い、彼らのの修理費用を捻出するため・に出場した。 レースに優勝したスカイウォーカーは、クワイ=ガン・ジンの計らいで奴隷生活から解放された。 スカイウォーカーは母親との別れを惜しみながらを離れ、のを訪れた後、に巻きこまれた。 アミダラの故郷である惑星はスカイウォーカーの活躍での封鎖部隊から解放された。 ジンはこの戦いで命を落としたが、彼の弟子だったが師匠の遺志を引き継ぎ、スカイウォーカーをとしてすることになった。 の最盛期、パダワン・スカイウォーカーはアミダラと再会し、彼女を暗殺者から守るよう言い渡された。 共和国との対立が深まる中、スカイウォーカーとアミダラの関係は恋愛に発展する。 の初戦となったでに敗れ右腕を失ったスカイウォーカーは、の義手を使うことになった。 この戦いの直後、彼はに逆らって密かにアミダラと結婚した。 クローン戦争中、スカイウォーカーはジェダイ・ナイトに昇格した。 彼はのをパダワンにとり、ケノービやの・らと共に数多の戦場で活躍した。 スカイウォーカーはと個人的な親交を深めたが、ジェダイ評議会は戦争を利用して権力を拡大する議長に疑惑の目を向けていた。 戦争の終盤、アソーカは反逆罪の濡れ衣を着せられてから追放され、最終的にはスカイウォーカーのおかげで疑惑を晴らしたものの、結局ジェダイに戻ることはなかった。 戦争の終結が迫っていた頃、スカイウォーカーは妻が出産時に命を落とすに悩まされた。 シディアスは共和国を解体して銀河帝国をし、ジェダイ・オーダーは事実上した。 戦争が終結した直後、ヴェイダーは惑星でアミダラと再会したが、彼女はダークサイドに転向した夫に恐怖を覚えた。 ヴェイダーは妻が自分を裏切ったと思い込み、フォースで首を絞めて殺そうとしたが、ケノービに制止された。 かつての師匠とのに敗北して瀕死の重傷を負ったヴェイダーは、生命維持用のに身を包んだとしてその後の人生を送ることになった。 ヴェイダーはアミダラが死ぬ直前にを出産したことを知らないまま約20年にわたってパルパティーンの右腕を務めた。 この間、彼はたちを率いてジェダイの生存者を狩り出し、帝国に反旗を翻した初期反乱軍や、かつての弟子アソーカ・タノと対立した。 クローン戦争終結から19年後、銀河帝国はでを失った。 ヴェイダーはデス・スターを破壊したのが強いフォースを備えていることに気づき、を雇って正体を突き止めた。 このパイロットはアミダラが死ぬ直前に産んだヴェイダーの息子、だった。 の直後、ヴェイダーはのでルークとする。 ヴェイダーはルークに親子の関係を明かしたが、彼を味方につけることは出来なかった。 一方、ヴェイダーに代わる新しいを求めていたシディアスも、ルーク・スカイウォーカーをダークサイドに転向させようと目論んでいた。 しかしルークは父親をに引き戻したいと願い、で自ら帝国軍に投降した。 帝国軍とがをめぐって争う中、ヴェイダーとルークは皇帝の前で最後の対決を繰り広げ、その対決の中で彼はルークにという名の双子の妹がいることを知った。 ルークは父親を破ったが、とどめを刺すことを拒否したため皇帝の容赦ない攻撃にさらされた。 ヴェイダーは息子の愛情に突き動かされてダークサイドを放棄し、自らの命を犠牲にして皇帝を葬った。 「父親はいないんです。 妊娠して、出産し、育てました。 彼はのの息子で、父親はおらず、によって生み出された。 スカイウォーカーの血液中のミディ=クロリアン値は、のそれを遥かに凌ぐほどだった。 スカイウォーカーとその母はもともと・ザ・の奴隷だったが 、スカイウォーカーが3歳の時 、の賭けの対象となって所有権が移りの商人の奴隷となった。 ワトーが営むのジャンク屋の手伝いをさせられていたスカイウォーカーは、幼い頃から優れた操縦と機械いじりの才能を垣間見せていた。 彼はモス・エスパのたちからタトゥイーン外部の情報を聞き、いつか自由の身になってから旅立つことを夢見ていた。 彼は自分でのを組み立て、完成したあかつきには母親の手伝いをさせようと考えていた。 スカイウォーカーは幼い頃から危険なポッドレースに参加しており、人間では唯一のだった。 ワトーもその腕前を評価していたが、スカイウォーカーはのに勝つことが出来ず、レースの完走もままならないでいた。 ワトーのでレースに参加した際、スカイウォーカーはセブルバの悪質な妨害に遭い、ポッドを壊してしまったことがあった。 また、スカイウォーカーはワトーには秘密で自分自身のを何年もかけて組み立てていた。 幼い頃、スカイウォーカーにはや、、、といった友人がいた。 しかし、彼らの多くはスカイウォーカーが数年かけて造ったポッドレーサーが動くはずがないと信じていた。 ナブー危機 運命の出会い 「あの子は欲というものを知りません。 彼女たちは銀河共和国の首都であるコルサントを目指していたが、のが破損したため、フェデレーションの力が及ばない惑星で修理部品を調達しようと考えたのである。 の、の、のらとともに、アミダラ(このとき彼女は女王であることを隠し、のふりをしていた)はワトーのジャンク屋を訪れた。 ワトーとジンが部品の購入について話し合っていたとき、スカイウォーカーはアミダラに話しかけ、彼女はのからやってきたなのかと尋ねた。 また、彼はいつかパイロットとしてこの星を出ていくのが夢だと語り、自分の生い立ちを説明した。 間もなくジンはアミダラのもとに戻り、手ぶらでジャンク屋から去っていった。 トイダリアンの商人は彼らが必要とするを所有していたが、ジンは共和国のしか持ち合わせておらず、取り引きがまとまらなかったのである。 その後、店での仕事を終えて家に戻る途中、スカイウォーカーはモス・エスパのの近くで先ほどの一行と再会した。 彼はセブルバに絡まれていたジャー・ジャーを救い、友人のジラの屋台で買ったをジンにプレゼントした。 その際、スカイウォーカーはジンがにを下げていることに気づき、彼がなのではと推測した。 街にが近づいていることをジラから知らされたスカイウォーカーは、ジンとその仲間たちを奴隷区画の家に案内することに決めた。 家に到着すると、スカイウォーカーはジンがシミに自己紹介を終えるのも待たず、製作中のC-3POをアミダラとR2-D2にお披露目した。 C-3POはまだ機械がむき出しの状態だったが申し分なく機能し、アミダラは奴隷の少年が持つ高い技術力に驚いた。 ジンの反射能力に気づくスカイウォーカー その夜、スカイウォーカー母子はゲストと一緒にし、辺境領域における奴隷制について話し合った。 アミダラはの奴隷禁止法が無視されていることに憤慨したが、シミはこの星に法律などないのだと答えた。 スカイウォーカーはポッドレースの話題を持ち出し、自分は人間で唯一のポッドレーサー・パイロットだと自慢する。 ジンがジャー・ジャーの無作法をたしなめるため彼の舌を素早く掴んだとき、スカイウォーカーはの件を切り出し、ジンの正体を尋ねた。 ジンは少年の予想通り自分がジェダイであることを認め、はるばるタトゥイーンにやってきた目的を明かす。 ジェダイによる奴隷の解放を期待していたスカイウォーカーは肩を落としたが、明後日に開催される・ポッドレースに出場して修理部品を買うための賞金を手に入れると申し出た。 シミは息子が危険なレースに参加するのを見たくないと反対し、ジンやアミダラも他のアイデアを考え出そうとした。 しかし最終的にシミはこの出会いが運命だと考え、息子の情熱に負けて出場を許した。 交渉の結果、ワトーは出場料とスカイウォーカーを提供し、もし彼が優勝すれば賞金は総取り、敗退すれば出場料の補償としてを受け取ることになった。 その後、スカイウォーカーは数年がかりで作り上げたポッドの・テストを成功させる。 その日の夜、ジンはばい菌の検査と嘘をついてスカイウォーカーのを採取し、ロイヤル・スターシップで待機している弟子のにデータを送信した。 調査の結果、彼らはスカイウォーカーにジェダイの標準を遥かに超えるミディ=クロリアンが備わっていることを知った。 ブーンタ・イヴ 「アナキン、これはあなたの前に敷かれた道よ。 ワトーがセブルバを推していることを知ったジンは、レースの勝者予想のに乗り、スカイウォーカーが優勝した場合は彼とその母親を自由にするよう要求した。 ジンは賭け金の代わりとなる物を何も持っていなかったが、自分が負けたら新品のポッドを引き渡すと嘘をつく。 ワトーはポッド1機に奴隷2人は見合わないと主張し、を使って母子のどちらを賭けるか決めることにした。 ジンはを使ってキューブの結果を操作し、望み通りの条件で取り引きを成立させた。 レースの参加者たちがスターティング・グリッドで最終整備を行っていたとき、セブルバはスカイウォーカーのポッドの一部をばれないように壊した後、今日こそ彼との決着をつけると告げた。 主催者の・ザ・がレースの開幕を宣言すると、レーサーたちは一斉にグランド・アリーナから走り出したが、スカイウォーカーとのポッドはエンジンの不調で動かず取り残された。 しかしスカイウォーカーはすぐにトラブルを解決して走り出し、最後尾の集団に追いついた。 彼はでのレーサーの爆発を回避し、ではの銃撃をしのいだ。 2周目でを抜いたスカイウォーカーは、最終ラップでセブルバとの一騎打ちになる。 彼はでコース外に押し出されるも、巧みな操縦でレースに戻り、セブルバの前につけた。 彼はセブルバがレース前に施した細工のせいで再びエンジン・トラブルに陥ったが、エネルギー供給のバランスを調整して速度を復活させ、ゴール目前に広がるで体当たりに競り勝った。 は砂丘に墜落し、スカイウォーカーは1着でアリーナに帰還した。 母親との別れ グランド・アリーナの観客は総立ちでスカイウォーカーの優勝を祝い、ポッドから降りた地元の少年の周りに集まった。 ウォルドやキットスターも奴隷仲間の勝利を喜んだ。 その後、ジンはワトーから受け取ったハイパードライブ発生装置をロイヤル・スターシップへ運び、スカイウォーカーを引き取るため再びモス・エスパに戻った。 また、彼はポッドレーサーを売却して作った金を少年に渡した。 ジンはスカイウォーカーがもはや奴隷ではないことを本人とその母親に明かし、彼はこれからを受けることになると告げた。 スカイウォーカーは母親と別れなければならないことを悲しんだが、シミは運命を変えることは出来ないと教え諭した。 荷物をまとめ、C-3POにもさよならを言った後、スカイウォーカーは母親との別れを惜しみながら家を後にした。 女王の船に向かっていたとき、ジンとスカイウォーカーはでのを受けた。 スカイウォーカーはモールの<>に轢かれそうになったが間一髪でかわし、ジンの指示通り船に緊急発進を告げに行った。 ロイヤル・スターシップはの操縦ですぐさま飛翔し、とライトセーバーで戦うジンを拾い上げる。 慌ただしい出発を遂げた船内で、ジンはスカイウォーカーに自分のであるオビ=ワン・ケノービを紹介した。 コルサントへ向かう途中、アミダラは船内で震えていたスカイウォーカーに声をかけた。 スカイウォーカーはを彫って作った幸運のお守りをアミダラに贈り、コルサントについた後も自分のことを忘れないでほしいと告げた。 その後、スカイウォーカーはジンやケノービと別れ、ナブーの一行に同伴してにあるパルパティーン議員のへ向かう。 女王とパルパティーンが元老院の議会に向けて話し合いをしているあいだ、スカイウォーカーはジャー・ジャーとともに部屋の外で待機した。 その頃では、ジンがスカイウォーカーとの出会いをに報告していた。 スカイウォーカーにジェダイの訓練のテストを受けさせたいというジンの要求を受け、は本人をテンプルに連れてくるよう指示した。 しかしパドメは元老院の会議のためアミダラ女王として衣装の準備を済ませており、侍女のが彼女は今ここにいないとスカイウォーカーに告げた。 その後、スカイウォーカーはテンプルのにあるにて、12人のジェダイ・マスターに囲まれながらテストを受けた。 彼はマスター・のに映し出されているイメージを画面を見ずに言い当て、評議員たちの質問に答えた。 マスター・はスカイウォーカーの頭が母親のことでいっぱいだと指摘し、のは彼の心に潜む恐怖心がを招く不安材料になるだろうと語った。 評議会はスカイウォーカーはジェダイになるには歳を取りすぎていると判断し、ジンの提案を却下した。 しかしジンは現在のパダワンであるケノービをナイトに昇格させ、スカイウォーカーを新しい弟子にすると言って譲らなかった。 結局評議会はナブー危機の解決を優先させ、スカイウォーカーに関しては判断を保留することにした。 元老院では、アミダラの動議によってヴァローラムが議長職を解かれ、新指導者の選挙が始まっていた。 女王が選挙の結果を待たずにナブーへ戻ろうとしていることを知った評議会は、ジンとケノービにナブー行きを命じ、スカイウォーカーも彼らについていくことになった。 出発を控えていた船の前で、スカイウォーカーはジンが自分のせいで評議会と揉めていることを謝った。 しかしジンは気にすることはないと答え、訓練の許可は下りなかったが、自分の行動を集中して見ることで学べることもあるだろうと語った。 グンガンの・はと手を結ぶことに乗り気ではなかったが、侍女に扮していたアミダラが正体を明かし、自ら種族間の同盟の必要性を訴えると心を変えた。 スカイウォーカーやジェダイはこのとき初めて、侍女のパドメがアミダラ女王本人だったことを知った。 その後、アミダラ、ジェダイ、ナスはフェデレーションから惑星を取り戻すための作戦を立てた。 グンガンがで陽動攻撃を展開するあいだ、スカイウォーカーはジンやケノービ、・率いるとともに秘密の抜け道を通ってに侵入する。 惑星軌道に浮かぶのを破壊するため、彼らはを奪回してを確保した。 戦闘中にの内に避難したスカイウォーカーは、ジンからその場で隠れ続けているよう命じられた。 他のN-1スターファイターは、のパイロットの操縦のもと次々とから飛び立った。 N-1スターファイターを操縦するスカイウォーカー コックピットの中から戦いの成り行きを見守っていたスカイウォーカーは、アミダラのチームが3体のに苦しめられていることに気づいた。 そこで彼はスターファイターを動かし、でドロイドを吹っ飛ばした。 ところが戦闘機は・モードで軌道に向かうよう設定されており、手動制御が効かないまま、にR2-D2を乗せて宇宙戦の真っただ中へと飛び込んでいった。 ドロイド司令船の周りでは、ナブーのとフェデレーションのが熾烈な争いを繰り広げていた。 激しいレーザー砲火をかわすため、スカイウォーカーはR2-D2に頼んでオートパイロットを解除する。 戦闘中、彼の戦闘機はに被弾して制御を失い、コントロールを取り戻そうとするうちに偶然にも司令船のハンガー・ベイの中へと飛び込んだ。 スターファイターはベイに駐機されている船との衝突をかろうじて回避したが、スリップしながら床に着地し、オーバーヒートして動かなくなってしまった。 ハンガーのが迫り来る中、スカイウォーカーはなんとか戦闘機の機能を復旧させ、ドロイドを倒すためレーザー砲や魚雷を続けざまに発射した。 しかし魚雷はドロイドをはずれ、その向こうの主要に命中する。 反応炉で発生した爆発は連鎖反応で司令船全体に広がっていき、スカイウォーカーは間一髪で船外へと脱出した。 司令船の破壊によって船長を始めとするニモーディアンのクルーが命を落とし、地上では全てのバトル・ドロイドが機能を停止した。 大草原で苦境に立たされていたグンガンは突然の勝利を喜び、アミダラの部隊はヌート・ガンレイを取り囲んで降伏に追い込んだ。 しかし、クワイ=ガン・ジンは・モールとの対決に敗れて致命傷を負った。 ケノービがモールを破った後、ジンはスカイウォーカーを弟子として訓練するようケノービに言い遺し、息を引き取った。 ジェダイの訓練 ケノービの弟子に 「そして君もだ、若きスカイウォーカー。 彼らはシードに降下した共和国のを出迎え、新元老院議長に選出されたばかりのパルパティーンと顔を合わせる。 パルパティーンはスカイウォーカー少年の活躍を賞賛し、今後も彼の将来を興味深く見守っていくと告げた。 その後、評議会からジェダイ・ナイトの称号を与えられたケノービはマスター・ヨーダと2人で話し合い、評議会の承認がなくともスカイウォーカーを自分の弟子として訓練するつもりだと語った。 ヨーダはケノービの言葉に折れ、評議会は既にスカイウォーカーの訓練を承認したと伝えた。 その夜、スカイウォーカーたちはシードにあるでに参加する。 葬儀のさなか、ケノービは亡きジンの代わりに自分が師匠になるとスカイウォーカーに告げ、彼を必ずジェダイに育て上げると約束した。 また別の日、スカイウォーカーはシードので開かれた式典に参加し、盛大なパレードを観覧した。 10歳でジェダイ・オーダーに迎え入れられたスカイウォーカーは 、ケノービのもとで優れた能力に磨きをかけたが、そのせいで傲慢な性格になった。 しかしスカイウォーカーはケノービへの尊敬心を忘れず、彼に勝る師匠はいないと考えていた。 スカイウォーカーは(12歳)以前に 惑星でを作成した。 そのとき、ケノービは弟子に「この武器はお前の命だ」と言い聞かせた。 パダワン時代、スカイウォーカーはとある任務での巣窟に落ちたケノービの命を救った。 このセクションは不完全です。 が求められます。 分離主義危機 アミダラとの再会 「信じて欲しい、出来ることなら感情なんてどこかへ捨て去ってしまいたいんだ。 分離主義者の脅威に立ち向かうため、元老院ではの必要性が話し合われた。 この年、軍隊創設法案に反対票を投じるためコルサントにやってきたパドメ・アミダラ元老院議員(元女王)が何者かに命を狙われた。 議員の暗殺がに終わった後、パルパティーンは法案の投票を延期し、アミダラの安全を守る方法をジェダイ・マスターたちと話し合った。 議論の結果、の国境紛争の任務から戻ったばかりのケノービとスカイウォーカー師弟に護衛任務が割り当てられることになった。 少年時代に初めて出会って以来アミダラに恋焦がれていたスカイウォーカーは、10年ぶりとなる再会を喜んだ。 スカイウォーカーとケノービはでアミダラやジャー・ジャー・ビンクスと再会し、今回の任務について話し合った。 スカイウォーカーは必ず犯人を見つけ出してみせると意気込むも、与えられた命令はあくまで護衛だとケノービからたしなめられた。 ミーティングを終えた後、スカイウォーカーはアミダラが自分のことを今まで完全に忘れていたのではないかと思い悩み、ジャー・ジャーやケノービに励まされた。 その夜、のが再びアミダラの命を狙った。 ウェセルに指示を出していたのは同業者ので、彼らの黒幕はトレード・フェデレーションのヌート・ガンレイとドゥークー伯爵だった。 ウェセルはを使って毒虫をアミダラのに放ったが、フォースで異変に気付いたスカイウォーカーが室内に踏み込み、ライトセーバーでコウハンを殺した。 一方ケノービは窓を割って屋外に飛び出し、毒虫を運んできたドロイドに掴みかかった。 スカイウォーカーはを調達して後を追い、ウェセルの狙撃で落下したケノービを回収する。 コルサントのを舞台にした追跡劇のさなか、ウェセルのに飛び乗ったスカイウォーカーは、暗殺者がであることを窓越しに確認した。 その後、ウェセルの機体はに墜落し、ジェダイの師弟は彼女を追ってに足を踏み入れる(その際、ケノービは弟子が追跡中にライトセーバーを落としたことを注意した)。 2人はウェセルを捕まえたが、ジャンゴ・フェットはを使って遠距離から彼女の口を封じた。 湖水地方の別荘にて、スカイウォーカーとアミダラ 事件の報告を受けた評議会は、ケノービに賞金稼ぎのを任せ、スカイウォーカーにはアミダラを故郷のナブーへ送り届ける役目を与えた。 アミダラの反対が予想されたため、スカイウォーカーはパルパティーン議長に彼女の説得を依頼する。 その際、議長はスカイウォーカーの資質を賞賛し、彼にはマスターの指導など不必要だと褒め立てた。 アミダラは仕方なく議長の指示に従い、スカイウォーカーとともに難民に扮してコルサントを離れた。 ナブーのシード宮殿にて、女王やと共和国の現状について話し合った後、スカイウォーカーはでアミダラの身辺を警護することになった。 別荘でしばらく過ごすうちに、スカイウォーカーはアミダラへの愛を募らせ、アミダラもまたこのジェダイ・パダワンに惹かれていった。 湖を見渡すバルコニーで最初のキスをかわした後、スカイウォーカーとアミダラは湖水地方の草原へハイキングに出かけ、彼女の初恋や政治の話に花を咲かせた。 その夜、スカイウォーカーはアミダラへの感情を告白したが、彼女は修行中のジェダイ・パダワンと議員が一緒になることはできないと告げた。 アミダラは感情に流されればその先にあるのは破滅だけだと諭し、周囲に関係を偽りながら生きていくことなど不可能だと語った。 その後、ヴァリキーノの寝室で眠りについたスカイウォーカーは、母親のシミが拷問に苦しむ悪夢を見た。 翌朝、スカイウォーカーはジェダイの任務を放棄してでも母親を救いに戻ることを決意する。 するとアミダラは自分もタトゥイーンへ同伴すると言い、2人で一緒にいる限り護衛任務を放棄することにはならないと語った。 帰郷と母の死 「いつか史上最強のジェダイ・ナイトになる。 約束するよ。 何年も前、のがシミを気に入ってワトーから買い取り、奴隷ではなく妻としてに迎え入れたのである。 スカイウォーカーとアミダラはワトーからクリーグの家の場所を教わり、にあるを訪ねた。 2人はそこでC-3POと再会し、クリーグやその息子の、オーウェンのガールフレンドのと知り合う。 しかしにシミの姿はなかった。 シミは1か月ほど前にタスケン・レイダーに誘拐され、救出計画が実行されたものの失敗に終わり、クリーグはその際に足を失っていた。 シミはもう生きていないだろうという義父の言葉を無視し 、スカイウォーカーはオーウェンから借りたに乗って単身母親の捜索に向かった。 スカイウォーカーはを見つけ出し、小さなテントの中で母親と再会する。 しかし、タスケンのを受けたシミは既に虫の息だった。 彼女は死ぬ直前に息子と会えたことを喜び、スカイウォーカーの腕の中で息を引き取った。 その後、怒りに突き動かされたスカイウォーカーは、キャンプにいたタスケンを女子供も含めてにする。 このとき、ジェダイ・テンプルでをしていたマスター・ヨーダは死んだはずのクワイ=ガン・ジンの声を聞き、フォースの乱れを感じ取った。 タスケンを虐殺した後、スカイウォーカーはシミの亡骸をラーズ農場に持ち帰った。 その後、アミダラは作業室で機械をいじって気分を紛らわせていたスカイウォーカーに慰めの言葉をかけた。 すると彼は愛する人を救うことができなかった自らの非力さを嘆き、ジェダイの道に背いてタスケンを殺してしまったことを告白した。 アミダラは全能の人間などいないと告げたが、スカイウォーカーはいつか史上最強のジェダイ・ナイトになり、人を死から救う方法も学ぶと誓った。 (タスケンのキャンプにおける事件はケノービすら知らない秘密となった。 しかし、彼は後にパルパティーン最高議長にはこの事を教えている)。 母親の墓の前で、スカイウォーカー その後、ラーズ家の住居の近くにシミの墓がつくられ、スカイウォーカー、アミダラ、クリーグ、オーウェン、ベルー、C-3POらによって葬儀が行われた。 クリーグが妻に別れの言葉を告げた後、スカイウォーカーは小さな墓標の前に跪き、二度と愛する人を失う過ちは冒さないと誓った。 そのとき、R2-D2が惑星にいるケノービからメッセージが届いたことを彼に知らせた。 スカイウォーカーとアミダラはラーズ家の人々と別れ、C-3POを連れてナブー・ヨットに戻る。 ケノービの指示に従い、スカイウォーカーはホログラムのメッセージをコルサントに中継した。 ケノービはジャンゴ・フェットとのでにダメージを負い、長距離通信装置が使えなくなっていたのである。 ケノービはスカイウォーカーとアミダラ、そしてコルサントのマスターたちに、調査任務によって得られた情報を報告した。 フェットを追ってジオノーシスにたどり着いたケノービは、ドゥークー伯爵と分離主義者のたちがこの惑星に集まり、共和国との戦争に備えて大規模なを準備していることを突き止めていた。 分離主義者の中にはトレード・フェデレーションのヌート・ガンレイの姿もあり、ケノービは彼がアミダラ暗殺計画の黒幕だったことを知った。 しかし、ケノービはホログラム通信中にのに取り囲まれ、メッセージが途絶えた。 ウィンドゥは師匠の身を案じるスカイウォーカーに、伯爵のことは評議会に任せ、今はアミダラの警護を優先するよう命じる。 しかしアミダラはジオノーシスとタトゥイーンの距離がわずか1であることを指摘し、スカイウォーカーの背中を押した。 しかし2人はのジオノージアン戦士に見つかり、施設の中で離れ離れになってしまう。 スカイウォーカーはバトル・ドロイドの製造ラインでの戦士たちを撃退したが、金属のカバーに右腕をはさまれ、ベルトコンベアに釘付けにされてしまった。 彼はコンベアに並ぶ巨大カッターを紙一重でかわし、カバーから腕を引き抜いて脱出するも、ライトセーバーが切断されて機能しなくなる。 スカイウォーカーはジャンゴ・フェットとドロイデカに包囲され、アミダラともども分離主義者の捕虜となった。 スタルガシン・ハイヴの長であるから死刑を宣告されたスカイウォーカーとアミダラは 、のカートに乗せられ、処刑場のへ運ばれた。 アリーナに入る直前、死を覚悟したアミダラはスカイウォーカーへの愛を告白してキスをした。 ケノービは既に処刑場の中央にある柱に鎖で繋がれていた。 スカイウォーカーとアミダラがそこへ加わると、ドゥークーとともにアリーナのバルコニーに立つポグル大公が処刑の開始を宣言した。 ジオノージアンは猛獣の、、をアリーナに放ち、囚人を残忍な方法で殺そうとした。 リークに狙われたスカイウォーカーは、大きくジャンプして猛獣の突進をかわし、背中に飛び乗った。 彼はフォースを使ってリークを、アミダラやケノービを救う。 獣を使った処刑が失敗に終わったため、ドゥークーはアリーナにドロイデカの部隊を送り込んだが、メイス・ウィンドゥ率いるジェダイのチームが突如として姿を現し、処刑場を混乱に陥れた。 しかし、伯爵は工場で製造された大量のバトル・ドロイドを投入してジェダイを迎え撃ち、敵味方が入り乱れる熾烈な戦いが始まる。 スカイウォーカーはジェダイのから受け取ったライトセーバーで手枷を外し、戦いに加わった。 伯爵との対決 戦いが始まったとき約200人いたジェダイは、圧倒的な数のドロイドの銃撃で次々と倒れていき、ドゥークー伯爵が攻撃の中止を命じたときには数十人になっていた。 ドゥークーはアリーナの中央で包囲されたジェダイたちに降伏を求めたが、ウィンドゥは捕虜になり交渉の道具として利用されるつもりはないと断言した。 伯爵が生存者の抹殺を指示しようとしたとき、アリーナの上空にヨーダ率いるの大軍が出現した。 ヨーダは元老院で正式に設立されたばかりのを指揮してドロイド軍を蹴散らし、生存者たちをアリーナから救い出した。 戦況は覆り、ジェダイはで処刑場の外の砂漠へ運ばれ、分離主義者の逃亡を阻止すべくを率いて戦った。 スカイウォーカー、ケノービ、アミダラの乗るガンシップは、で格納庫へ向かっていたドゥークー伯爵を追跡する。 の攻撃で機体が揺れ、アミダラが砂漠に落ちたとき、スカイウォーカーは追跡を中止して彼女を救いに戻ろうとしたが、ケノービに諭されて任務を優先させた。 が駐機してある格納庫にて、スカイウォーカーは師匠の言うことを聞かず1人で伯爵に挑みかかり、で返り討ちにされた。 ケノービも負傷して倒れた後、スカイウォーカーは立ち上がって再びシス卿に挑戦したが、で右腕を切断されて敗北する。 その後ヨーダも格納庫に駆けつけたが、ドゥークーは身動きの取れないスカイウォーカーたちに向かって柱を倒し、ヨーダがそちらに気を取られているすきにで逃げ出した。 パドメ・アミダラとの結婚式 ジオノーシスの戦いが共和国の勝利に終わった後、スカイウォーカーは右腕にの義手を移植した。 この義手は共和国製の特注で、人工皮膚は使われていないが、静電式で触覚が保たれていた。 その後、スカイウォーカーとアミダラは極秘でナブーに戻り、湖水地方の別荘ヴァリキーノで秘密のを挙げる。 式は2人がファーストキスを交わしたのと同じバルコニーで開かれ、立会人は聖職者のを除けば、R2-D2、C-3POの2人だけだった。 に反した2人の結婚は、スカイウォーカーの師匠であるケノービはもちろん、アミダラの家族や友人にも秘密にされていた。 ジオノーシスの戦いがきっかけとなり、銀河共和国と独立星系連合のあいだにと呼ばれる銀河規模の紛争が始まった。 スカイウォーカーはジェダイ・ナイトに昇格し、他のジェダイと同じく共和国グランド・アーミーのとして軍事活動の指揮をとることになる。 また、スカイウォーカーはジオノーシスで失った物に代わるを制作し、クローン戦争で使用した。 クローン戦争 「スカイウォーカー将軍に仕えたらすぐわかる。 クリストフシスの地上では、を代表する元老院議員の補給グループが逃げ道を失って孤立無援の持久戦を続けていた。 に到着したスカイウォーカーの艦隊はさっそく攻撃を開始したが、悪名高い提督率いる分離主義勢力は共和国の攻撃を軽々とはねのけた。 スカイウォーカーは地上で苦境に立たされているオーガナのために全面攻撃で無理やり封鎖を破ろうかと考えたが、ケノービの指示でいったん退却し、の裏側で彼の艦隊と合流した。 ケノービは自身の旗艦<>にスカイウォーカーを呼び、この任務のために運んできた秘密兵器を披露した。 このはまだ試作段階だったが、敵をすり抜けることができるを搭載していた。 ケノービはステルス・シップを使って地上のチームに補給物資を届けようと考え、スカイウォーカーをパイロットに任命する。 スカイウォーカーが出撃に備えて準備していたとき、ウルフ・ユラーレン提督が船のクルーに名乗りを上げた。 ユラーレンはでトレンチを相手にした経験があり、このの名将との決着をつけたいと考えていたのである。 ステルス・シップを操縦するスカイウォーカー スカイウォーカー、ユラーレン、・率いるが乗り込んだステルス・シップは、ケノービのから出撃し、敵に気づかれること無く封鎖ラインをすり抜けた。 しかし、敵のが地上への爆撃を開始すると、スカイウォーカーは救援物資を届けるよりもトレンチを叩くことが先決だと考え、敵船に向かって引き返した。 ステルス・シップは攻撃のためにクローキング装置を解除し、トレンチの<>に魚雷を放つ。 トレンチはで魚雷を防ぎ、再び姿を消した敵船を破壊するためランダムな銃撃を行った。 その後、トレンチはスカイウォーカーの船にメッセージを送り、過去にステルス搭載船を倒したことのある自分にとって彼の存在など脅威ではないと言い放った。 スカイウォーカーとユラーレンは、トレンチが磁気に反応するでステルス・シップを狙うはずだと推測し、それを逆手に取ることに決めた。 スカイウォーカーは分離主義勢力の魚雷を引きつけながら<インヴィンシブル>へと直進し、と衝突する直前でコースを変えた。 魚雷はトレンチのいるブリッジに直撃し、<インヴィンシブル>全体を巻き込む連鎖爆発を起こした。 その後、ケノービは総崩れになったを攻撃し、スカイウォーカーはオーガナのチームに救援物資を届けに行った。 無事に地上に降りた後、ユラーレンはスカイウォーカーの戦術は無謀すぎたが、結果には文句を言うつもりは無いと語った。 クローンの裏切り者 「お前には失望したぞ。 なんで兄弟にこんなことをしたんだ?」 「お前たちジェダイにだけは言われたくないね。 彼らはここで共和国のを指揮し、戦いの流れを変えるため大胆な奇襲作戦を計画する。 2人はチャレイドニアにそびえるにクローン・トルーパーを配備し、に率いられたバトル・ドロイド軍を待ち伏せしようとした。 しかし共和国軍の居場所は敵側に知られており、ケノービの隊がのドロイド部隊による先制攻撃を受ける。 スカイウォーカーと・レックスはを使って隣のタワーに移動し、ケノービ隊の危機を救った。 彼らはタワーの屋上に退避し、・の操縦するガンシップでに戻った。 スカイウォーカーとケノービは、味方の中に潜むが分離主義勢力に作戦情報を漏らしていると結論づけた。 彼らは裏切り者の正体を突き止めるため2人だけで敵陣に侵入することに決め、キャプテン・レックスと(コーディ)に留守を任せた。 スカイウォーカーたちがで基地を去った後、コーディとレックスは司令室での会話が裏切り者に聞かれていたことに気づき、ジェダイに連絡を試みたが敵の通信妨害によってが通じなかった。 ジェダイ不在のあいだ、レックスとコーディは独自に裏切り者の調査を進めた。 一方、スカイウォーカーとケノービも街中に隠れているバトル・ドロイドが一切手を出してこないことを不審に思い、敵が自分たちを罠に誘い込もうとしていることに気づいた。 との対決 でジェダイを待ち受けていたのは、ドゥークー伯爵に使えるの、だった。 彼女はでスカイウォーカーとケノービの攻撃をしのぎ、共和国軍に紛れ込んでいるスパイの存在を明かした。 ヴェントレスが建物の外にいるに飛び移ったとき、スカイウォーカーとケノービはクリストフシスに降下中の敵の大部隊を目にする。 多勢に無勢を悟った2人のジェダイはヴェントレスとの対決を切り上げ、バトル・ドロイドのを奪って基地に逃げ帰った。 その頃共和国軍基地では、裏切り者の・がレックスとコーディによって取り押さえられていた。 営倉に連行される途中、スカイウォーカーから裏切りの理由を尋ねられたスリックは、クローンがジェダイの奴隷として酷使されている現状を訴え、今回の行動はすべての兄弟たちのためにしたことだと語った。 スパイは捕まったものの、共和国軍の兵器はほとんどスリックによって破壊されてしまい、スカイウォーカーとケノービは数少ない戦力で大規模な侵略軍と立ち向かうことになった。 アソーカ・タノ 「お前は無鉄砲すぎる。 とてもオビ=ワンのパダワンは務まらない。 でも僕のなら別だ。 しかし、勝利を確信して宇宙船を補給任務に送り出してしまったことが仇となり、敵の第二波の出現によって再び厳しい戦いが始まった。 一方、ジェダイ最高評議会はクリストフシスの現状を知らないままスカイウォーカーとケノービの次の任務を決定した。 惑星の地上と連絡がつかなかったため、彼らはの、を伝令役として現地へ派遣する。 増援と補給物資が届くことを期待していたスカイウォーカーとケノービは、に乗ってきたのがジェダイの少女1人であることに驚いた。 それだけでなく、タノはマスター・ヨーダからスカイウォーカーのパダワンとしてジェダイの訓練を受けるよう命じられていた。 評議会は楽観的な性格のタノが神経質なスカイウォーカーに良い影響をもたらし、才能のある弟子を育てることでスカイウォーカーが執着を手放す助けになることを期待していたのである。 しかし、もともと弟子をとることに否定的だったスカイウォーカーは、評議会から押し付けられたパダワンを歓迎しなかった。 スカイウォーカーとケノービはパダワンの問題を後に回し、ドロイド軍との次の衝突に備えた。 ゆっくりと共和国の陣地まで迫ってくるドーム型シールドを解除するため、スカイウォーカーはタノと一緒に敵の前線の裏側に潜り込み、シールド発生装置を探した。 2人は言い争いながらもシールド発生装置を見つけ出したが、タノの不用意な行動が原因で大量のがスタンバイ状態から目をさましてしまう。 スカイウォーカーは巨大な壁を倒してドロイドを一斉に破壊するというタノの無茶なアイデアで命を落としかけ、彼女を叱りつけた。 2人がシールド発生装置を破壊すると戦いの流れは一転し、ケノービはロースサム将軍を降伏に追い込んだ。 軌道ではユラーレン提督の艦隊が敵を破り、クリストフシスの戦いが終わった。 その後、スカイウォーカーは一連の失敗で落ち込んでいるタノを励まし、この無鉄砲なトグルータをパダワンとして受け入れることに決めた。 ロッタの救出 「マスター・ヨーダが言ってた。 これ、どういう意味かな?」 「過去に縛られれば未来を失うということだ。 マスター・スカイウォーカーの言葉も覚えておけ。 ジェダイと共和国はクローン戦争で優位に立つための助力を必要としており、何者かに誘拐されたロッタを救うことで、ジャバと友好な関係を築こうとしていた。 の偵察チームの報告に基づき、スカイウォーカーとタノ、キャプテン・レックス率いるトレント中隊は惑星のをする。 彼らはドロイドと戦いながら切り立った崖を登り、修道院を制圧した。 スカイウォーカーとタノは管理人ドロイドのからロッタの居場所を聞き出し、ハットの赤ん坊を連れ出したが、4A-7とアサージ・ヴェントレスが密かにその様子を録画していた。 ロッタの誘拐は、ドゥークー伯爵がハットに取り入るため仕組んだ罠だったのである。 ドゥークーはヴェントレスからを受け取り、ジェダイがロッタを誘拐した証拠映像としてジャバ本人に見せた。 ドゥークーはジェダイから赤ん坊を取り戻すと約束し、成功のあかつきには戦争で分離主義者の側についてほしいと要求した。 間もなく、テスの修道院はヴェントレス率いるバトル・ドロイドの大軍によって襲撃された。 スカイウォーカーはケノービが駆けつけるまで修道院に立てこもろうとしたが、ロッタが病気にかかっていることが判明し、出来る限り早く惑星を離れる方法を模索した。 スカイウォーカーとタノはヴェントレスから逃げるための背中に飛び乗って修道院から脱出し、別の崖の離着陸プラットフォームで<>を手に入れる。 スカイウォーカーはタノの説得でレックスの救援を諦め、ロッタを治療するためジェダイ・クルーザーとの合流を試みた。 しかし激しい航空戦で着艦が困難だったため、スカイウォーカーは古いで直接タトゥイーンに向かうことに決めた。 ハイパースペース・ジャンプの途中、タノは船内の医療キットでロッタを治療した。 タトゥイーンにおける対決 に到着した<トワイライト>は、が操縦するにされ、タトゥイーンのに不時着した。 彼らはそこから徒歩でを目指し、広大な砂漠を横断することになった。 道中、タノは故郷タトゥイーンにおけるマスターの昔話をそれとなく聞き出そうとしたが、スカイウォーカーは多くを語らなかった。 砂漠を歩いていたとき、スカイウォーカーはフォースを通じてドゥークー伯爵の存在を感知する。 分離主義勢力を出し抜くため、スカイウォーカーはロッタをタノに託して宮殿に向かわせ、1人で伯爵を迎え撃つことにした。 スカイウォーカーとドゥークーはライトセーバーやフォースを駆使して戦ったが、ジオノーシス以来となる対決に決着はつかなかった。 ドゥークーはジェダイが背負っているが空であることを知っても驚かず、配下のマグナガードがタノを待ち伏せしていることを明かした。 スカイウォーカーは戦いを中断してドゥークーのスピーダーを奪い、ジャバの宮殿へと急ぐ。 結果的に彼は弟子よりも先にジャバのもとにたどり着き、ジェダイが息子を誘拐したと思いこんでいる犯罪王とトラブルになってしまう。 間もなくタノがロッタを無事に宮殿まで連れ帰ったが、それでもジャバの怒りは収まらなかった。 しかしその時、コルサントにいるアミダラ議員からジャバに連絡が入った。 アミダラは今回の事件にジャバのおじ・ザ・ハットが関与していたことを明かし、ホログラムの前で本人に事の顛末を説明させた。 陰謀が全て暴かれると、ジャバはスカイウォーカーたちの活躍に感謝し、共和国との間にを結ぶことを約束した。 ジェダイ評議会は補給線防衛を優先するよう指示したが、スカイウォーカーとタノは命令を無視して<トワイライト>に乗り込み、戦闘の残骸が漂うのでクーンの救出を試みた。 捜索は不調に終わったかに見えたが、タノがフォースでクーンの生存を確認し、クーンとコマンダー(ウォルフ)らが乗るを発見した。 <トワイライト>に回収されたクーンは、分離主義者の秘密兵器の正体は、非常に強力なを積んだであることを報告した。 <トワイライト>は船内のシステムをオフにして<マレヴォランス>による生存者捜索をやり過ごそうとしたが、のスイッチを切り忘れていたためすぐに発見されてしまう。 <マレヴォランス>を指揮するの将軍はすぐさまの発射を命じたが、スカイウォーカーが舵を握る<トワイライト>は間一髪でイオン・ブラストから逃げ切り、ハイパースペースへ飛び込んだ。 <レゾリュート>に帰艦したスカイウォーカーは、・からなるを率いて<マレヴォランス>を破壊するを立てた。 で共和国の医療船団がを受けたことを知らされたスカイウォーカーは、敵が次に狙うのはに違いないと推測する。 彼は自らに乗り込み、シャドウ中隊の隊員や、任務に志願したプロ・クーンのを引き連れ、<マレヴォランス>より先ににたどり着くためを横断してを通り抜ける。 彼らはに住むとの遭遇でを失ったが、計画通り<マレヴォランス>の迎撃に成功した。 スカイウォーカーはグリーヴァスを倒すため敵艦ブリッジへの攻撃を強行し、さらに多くのパイロットが戦死した。 最終的にスカイウォーカーはクーンやタノの助言を受け入れ、充填中の巨大イオン砲を攻撃目標に定めた。 この判断は正しく、<マレヴォランス>はエネルギーの暴走で深刻な損傷を負った。

次の