韓国経済 底力。 優秀な韓民族の底力を見せる!経済10位圏の韓国がいつまで日本の技術使うの?日本規制緩和にも韓国業界国産化進める 韓国の反応

【韓国の反応】日本企業はかなりの底力がある。ソニー復活で時価総額10兆円

韓国経済 底力

タイトルは意味不明だが、どうやらトルコのほうが韓国より戦車を作る技術力が上になったことで、サウジアラビアに戦車を輸出するそうだ。 韓国がトルコに技術提供したらしいが、その技術はドイツのパクリだった。 しかし、トルコはパクリ技術をちゃんと自国で昇華して輸出できるようにした。 つまり、韓国の技術研究がトルコより進まなかったということを証明した。 だめじゃん。 技術提供した相手に負けるなよ・・・。 「兄よりできた弟?」トルコがサウジアラビアにアルタイ戦車輸出、韓国に動揺-K2戦車はテスト中断 「兄よりできた弟?」 韓国の次世代戦車「黒豹」(K2)の技術提供を受けて開発されたトルコの戦車「アルタイ」が最近、サウジアラビアと輸出契約を結び、国内の軍需産業界が動揺している。 アルタイが黒豹よりも先に開発を完了できたのは、戦車に必要な技術は韓国から輸入し、核心部品であるパワーパック(エンジン+変速機)は早期にドイツMTU社の新型モデルを採用したためだ。 一方、黒豹は、「パワーパックの国産化」という名分のため、戦力化が遅れてもパワーパックの国産化に力を入れてきた。 黒豹のシステム開発はすでに2009年に完了していたが、パワーパックの開発が4年以上遅れ、戦力化が実現していない。 黒豹に対する試験評価で、冷却ファンの速度制御、冷却試験の最大出力、加速性能などで性能欠格とされたが、防衛事業庁は3度にわたって開発期間を延長し、国産化への意志を貫いた。 戦力化が遅れると、黒豹の初期生産分100台に設置するパワーパックはドイツから輸入し、残りの100台は国産のパワーパックを使用するという妥協策が講じられた。 輸入のパワーパックを装着した黒豹の戦力化は2014年3月頃可能だが、国産パワーパックの開発が成功するかどうかは依然として五里霧中だ。 韓国軍は4月初め、国産のパワーパックを装着した黒豹の耐久性走行試験を行なったが、エンジンのシリンダーの破損で止まり、国産パワーパックの試験評価が中断された状態だ。 防衛事業庁関係者は、「現在、原因を分析している」とし、 「5月中に対策会議を開き、試験評価期間の延長などを協議する予定だ」と明らかにした。 donga. php3? 目標の2000部は超えた。 次は3000部目指すので、感謝すると共に引き続き読者登録をお願いする。 また新しく「Twitter」での読者登録(フォロー) もよろしくお願いする。 最近、フォロワー数も14600超えた。 だいぶ、Twitterからも情報拡散ができるようになってきた。

次の

NoJapan運動で韓国に進出した日本企業の売上が壊滅的被害を受けていたと専門家が暴露

韓国経済 底力

さらに、日本の防衛に必要な情報も収集。 現在、正常に戻りつつある日韓関係にも注目。 韓国経済崩壊のプロセスを看取るサイトは新サイトへ移動しました。 読者様からのコメントも3万超え!コメント検索機能も追加。 2019年に韓国経済が破綻するという韓国経済危機説や韓国経済崩壊説が最近話題だが、実際はどうなのか。 膨大な記事と管理人こと、ジンボルトによる11年にわたる韓国経済の知識を総動員して分析していく。 また、最近の悪化の一途を辿る日韓関係に関わる事件にも要注目してほしい。 新着記事を一目でわかるようにした。 それと最初のリンクを新着記事一覧にしてある。 後、記事が埋まってしまったようにまとめリンクも作成した。 ただ、これが読者様にとって記事を探りやすいかどうかは未知数なので、感想や意見などがあれば教えていただきたい。 そのとき、PC,スマホ,タブレットから見てどうなのかを説明して貰えるとありがたい。 アーカイブ アーカイブ 最近の投稿• 人気記事• 128,161件のビュー• 76,200件のビュー• 64,000件のビュー• 59,900件のビュー• 57,500件のビュー• 51,400件のビュー• 51,200件のビュー• 47,600件のビュー• 47,200件のビュー• 44,800件のビュー 最近のコメント• に 迎恩門 より• に 名無し より• に rom専 より• に J I N より• に rom専 より 人気の記事〔1日〕• 1,400件のビュー• 1,400件のビュー• 1,100件のビュー• 1,000件のビュー• 700件のビュー• 400件のビュー• 300件のビュー• 200件のビュー• 100件のビュー• 100件のビュー 韓国経済のリンク(情報収集サイト).

次の

優秀な韓民族の底力を見せる!経済10位圏の韓国がいつまで日本の技術使うの?日本規制緩和にも韓国業界国産化進める 韓国の反応

韓国経済 底力

タイトルは意味不明だが、どうやらトルコのほうが韓国より戦車を作る技術力が上になったことで、サウジアラビアに戦車を輸出するそうだ。 韓国がトルコに技術提供したらしいが、その技術はドイツのパクリだった。 しかし、トルコはパクリ技術をちゃんと自国で昇華して輸出できるようにした。 つまり、韓国の技術研究がトルコより進まなかったということを証明した。 だめじゃん。 技術提供した相手に負けるなよ・・・。 「兄よりできた弟?」トルコがサウジアラビアにアルタイ戦車輸出、韓国に動揺-K2戦車はテスト中断 「兄よりできた弟?」 韓国の次世代戦車「黒豹」(K2)の技術提供を受けて開発されたトルコの戦車「アルタイ」が最近、サウジアラビアと輸出契約を結び、国内の軍需産業界が動揺している。 アルタイが黒豹よりも先に開発を完了できたのは、戦車に必要な技術は韓国から輸入し、核心部品であるパワーパック(エンジン+変速機)は早期にドイツMTU社の新型モデルを採用したためだ。 一方、黒豹は、「パワーパックの国産化」という名分のため、戦力化が遅れてもパワーパックの国産化に力を入れてきた。 黒豹のシステム開発はすでに2009年に完了していたが、パワーパックの開発が4年以上遅れ、戦力化が実現していない。 黒豹に対する試験評価で、冷却ファンの速度制御、冷却試験の最大出力、加速性能などで性能欠格とされたが、防衛事業庁は3度にわたって開発期間を延長し、国産化への意志を貫いた。 戦力化が遅れると、黒豹の初期生産分100台に設置するパワーパックはドイツから輸入し、残りの100台は国産のパワーパックを使用するという妥協策が講じられた。 輸入のパワーパックを装着した黒豹の戦力化は2014年3月頃可能だが、国産パワーパックの開発が成功するかどうかは依然として五里霧中だ。 韓国軍は4月初め、国産のパワーパックを装着した黒豹の耐久性走行試験を行なったが、エンジンのシリンダーの破損で止まり、国産パワーパックの試験評価が中断された状態だ。 防衛事業庁関係者は、「現在、原因を分析している」とし、 「5月中に対策会議を開き、試験評価期間の延長などを協議する予定だ」と明らかにした。 donga. php3? 目標の2000部は超えた。 次は3000部目指すので、感謝すると共に引き続き読者登録をお願いする。 また新しく「Twitter」での読者登録(フォロー) もよろしくお願いする。 最近、フォロワー数も14600超えた。 だいぶ、Twitterからも情報拡散ができるようになってきた。

次の