エイペック ス シーズン 4。 Apex Legends

ブレイキング・バッド シーズン4 第13話(最終話)『フェイス・オフ』 感想 Theme color is green.

エイペック ス シーズン 4

エクスパンス シーズン4 概要 原題:THE EXPANSE 配信日:2019年12月12日(Amazonビデオ) 全10話 各話40-45分程度 もともとは2018年4月に米有料チャンネルSyfy(サイファイ)、国内ではNetflixから放送されましたが、シーズン3で打ち切りとなりました。 その後Amazonが買い取り、2019年2月にAmazonオリジナルドラマとしてシーズン1-3を配信。 2019年12月にシーズン4が配信されました。 2020年2月現在、シーズン5以降の制作も決まっています。 スポンサーリンク エクスパンス シーズン4 第1話から第5話までのあらすじ シーズン3のラストで、1300を超える新たな天体へのポータルが開かれ、国連、火星、OPAによって共同管理されることになりました。 しかしあるとき、ガニメデからの避難船が勝手にリングを通過し、新たな惑星イーロスに到達します。 イーロスには豊富な天然資源が眠っていましたが、未知の巨大な構造物も存在していました。 国連事務総長選を控えたアヴァサララは、ホールデンにイーロスの調査を依頼します。 イーロスでは、ガニメデからの避難民と、国連から依頼された資源調査会社RCE社が領有権を巡って対立していました。 そんな中やってきたホールデンは、ミラーの幻影に従って構造物を調査。 不意に回路のようなものを動作させてしまい、イーロスの惑星活動を活発化させてしまいます。 前: 次: 第1話「ニューテラ」 シーズン3ラストで、1300以上の新たな天体につながるポータルが開きました。 そして8か月後。 国連や火星、OPAの政府は、混乱と危険を回避するため共同でリングを管理していました。 しかしベルターの難民船バーバ・ピッコラが封鎖網を突破し、別天体にある惑星イーロスを発見します。 難民たちはイーロスをニューテラと呼び、豊富な資源が埋もれていることがわかりますが、未知の構造物も見つかりました。 国連事務総長アヴァサララは、イーロスの調査をホールデンに依頼します。 そして、先にイーロスに向かっていた民間の調査会社RCE社の社員がシャトルで降下すると、謎の攻撃を受けて墜落。 多数の死者が出ます。 その後ロシナンテ号がイーロスに到着すると、ホールデンたちは無機物でできた虫のようなものの群れに襲われます。 シャトルの墜落は、この虫が原因だったのかもしれません。 第2話「起動」 アヴァサララ国連事務総長は、新たな天体について話し合うために火星を訪れ、ドレーパーに再会します。 このときドレーパーはすでに軍を退役しており、甥のデヴィッドが違法ドラッグの製造に関わっていることを知ります。 リング周辺では、アシュフォードとドラマーが海賊を取り締まっています。 イーロスでは、エイモスとRCE社の保安部長マートリーがシャトル墜落の原因を調査し、虫ではなく爆弾による攻撃だったことがわかります。 ベルターによる犯行を疑うマートリーとベルターの男が言い争いになり、マートリーは男を射殺しました。 一方、イーロスで発見された未知の構造物を調査するホールデンは、構造物がイーロスに生命が誕生する以前から存在していることを知ります。 そしてミラーの幻影の指示に従って構造物の内部に侵入すると、回路のようなものを作動させてしまいます。 第3話「前兆」 地球では、国連の事務総長選が近づいていました。 新たな天体への移民を主張するナンシー・ガオは、アヴァサララに対抗して立候補します。 火星ではドレーパーの甥デヴィッドが誘拐されます。 犯行グループのイーサイ・マーティンは、ドレーパーを脅迫し、軍の備品の盗難に協力させようとします。 ドレーパーが警察に相談に行くと、イーサイ・マーティンが現れました。 彼は刑事だったのです。 イーロスでは、マートリーがベルターの男を射殺したためRCE社とベルターの関係が悪化しています。 一方、ホールデンが作動させた構造物がベルターの開拓地に向かって動きはじめましあ。 ホールデンは、ロシナンテ号に構造物を破壊させます。 第4話「堕落」 火星では、刑事が犯罪組織に荷担し、工場の人間が横領を企むなど、人々の犯罪に対するモラルが低下していました。 ドレーパーも犯罪組織に加わります。 リング付近では海賊マルコ・イナロスが難民船ソージャーナ号を襲撃し、ドラマーとアシュフォードはマルコを捕らえます。 彼はOPAの派閥ブラック・スカイのリーダーでナオミの元恋人です。 その後OPAのリーダーたちが集まってマルコの処遇を話し合いますが、投票の結果マルコは釈放されます。 イーロスでは、RCE社がベルターの開拓地を制圧。 エイモスは捕らえられ、ナオミはベルターのルシアと共に逃走します。 ホールデンはナオミとルシアを救出すると、二人をロシナンテ号で脱出させます。 第5話「迫害者」 地球では国連事務総長選の討論会が行われ、アヴァサララに対抗する立候補者ナンシー・ガオは、新たな天体への自由な移民を主張します。 そのとき、海賊に襲われて漂流していた難民船ソージャーナ号が暴走し、地球の防衛網に迫りました。 アヴァサララは討論会を中座し、ソージャーナ号を撃墜させます。 ロシナンテ号では、ルシアを含む一部のベルターがRCE社のシャトルを攻撃したことを明かします。 イーロスでは惑星の地殻変動などが観測され、ホールデンは人々に避難を呼びかけます。 エイモスは解放されますが、ベルターとRCE社は抗争を続け、話を聞きません。 そしてイーロス海上の島が突然爆発します。 Amazonのオリジナルドラマとして制作された本作。 舞台を新たな惑星イーロスに移して展開していきます。 人類が住む太陽系以外に新たな1300の天体が発見され、世界が大きく広がったわけですが、正直広大さは感じられませんでした。 イーロスが未知の惑星ということもあり、舞台は見渡す限りの荒野です。 開拓地には数台のキャンピングカーみたいな施設が置かれ、数十人の人間が現代の格好でうろついています。 未来感がないんですよね。 ドラマ「ヴァイキング」に登場する、フロキの理想郷を思い出しました。 前: 次: スポンサーリンク 登場人物 ジェームズ・ホールデン 演:スティーヴン・ストレイト 初登場:シーズン1 ケレスに物資を運ぶカンタベリー号がプロトジェン社のステルス艦アヌビス号に破壊されました。 これは、火星軍の仕業に見せかけようとするプロトジェン社の陰謀だったのですが、ホールデンをはじめとする数名が生き残ります。 その後、OPAのフレッド・ジョンソンからジュリーの救援を依頼され、エロスへ向かったことでプロト分子の存在を知ります。 シーズン2では、プロト分子に汚染されたエロスの地球衝突をミラーと共に食い止めました。 その後、シーズン3ではプロトジェン社がイオで続けている人体実験について突き止め、ジュール・マウの逮捕に貢献します。 さらに、プロト分子によって生み出された巨大なリングを調査。 プロト分子と融合したミラーに指示されてリングを動作させると、1300の天体へつながるポータルを開きます。 ジョセフ・ミラー 演:トーマス・ジェーン 初登場:シーズン1 エロスと融合したジュリーとともに金星に衝突しましたが、幻影となってホールデンの前に現れ、彼を導きます。 ナオミ・ナガタ 演:ドミニク・ティッパー 初登場:シーズン1 ロシナンテ号のエンジニア。 ベルター。 地球と火星に対抗するためには小惑星帯にも武力が必要だと考えており、アヌビス号から回収したプロト分子のサンプルを密かにフレッド・ジョンソンに渡しました。 ホールデンとは恋人関係ですが、かつてマルコと結婚しており、二人の間には子どもがいるようです。 アレックス・カマル 演:キャス・アンヴァー 初登場:シーズン1 ロシナンテ号の操縦員。 元火星軍の兵士。 火星には妻タリッサと息子メラスがいますが、家族関係はうまくいっていません。 エイモス・バートン 演:ウェス・チャサム 初登場:シーズン1 ロシナンテ号のメカニック。 地球人。 脳手術を受けているため感情に乏しいところがありますが、シーズン2ではプラックスに友情を感じていました。 シーズン4ではRCE社のチャンドラ・フェイと親密になります。 クリスジェン・アヴァサララ 演:ショーレ・アグダシュルー 初登場:シーズン1 もと国連事務副次官。 シーズン3で国連事務総長に就任しました。 これまではプロト分子から人類を守るために尽力していましたが、シーズン4では選挙に勝つために必死です。 結局保身に走っているようでちょっと残念。 ロベルタ・ドレーパー 演:フランキー・アダムス 初登場:シーズン2 愛称ボビー。 シーズン2ではガニメデでの戦闘を生き残り、原因の偽証を求められたため軍に不信感を抱いて国連に亡命。 アヴァサララと行動を共にし、プロトジェン社の研究を止めさせることに貢献しました。 その後リングが発見されると調査に参加。 ホールデンに協力し、リングによる太陽系の破壊を未然に防ぎました。 シーズン4では軍を退役し、民間人になっています。 甥が犯罪組織に協力していたことを契機に、彼女自身も犯罪組織に関与していきます。 カミナ・ドラマー 演:キャラ・ジー 初登場:シーズン2 ティコ・ステーションにいるフレッド・ジョンソンの部下。 ビヒモス号の艦長としてリングの調査に派遣され、リング内では自分の身体を犠牲にしてアシュフォードを救いました。 そのときの怪我がもとで身体には補助器具が埋め込まれています。 シーズン4では、リング付近のメディナ・ステーションを拠点とし、アシュフォードと共に海賊を取り締まります。 クライス・アシュフォード 演:デヴィッド・ストラザーン 初登場:シーズン3 アンダーソン・ドーズのもとで海賊を営んでいましたが、シーズン3で副長としてビヒモス号に搭乗。 ドラマーが重傷を負ったあと艦長に就任します。 シーズン4では、ドラマーと共にリング周辺の治安を守ります。 メルバ 演:ナディーン・ニコル 初登場:シーズン3 本名クラリッサ・マウ。 シーズン3では、エンジニアとして国連軍に潜入し、父親を逮捕させたホールデンへの復讐を計画しました。 その後リングを攻撃しようとするノーブー号の阻止に貢献しましたが、シーズン4では刑務所に収監されています。 アドルファス・マートリー 演:バーン・ゴーマン 初登場:シーズン4 イーロスに派遣された民間企業RCE社の保安部長 マートリーを演じるバーン・ゴーマンさんは、ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」ではナイツウォッチを裏切る、「高い城の男」ではジュリアナを追跡するを演じています。 チャンドラ・ウェイ 演:ジェス・サルゲイロ 初登場:シーズン4 RCE社の社員。 エイモスと親密な関係になります。 エルヴィ・オコイエ 演:リンジー・グリーンウッド 初登場:シーズン4 RCE社の科学者。 ルシア・マズール 演:ローザ・ギルモア 初登場:シーズン4 イーロスに避難したガニメデ難民。 キャロル・チウェウェ 演:パティ・キム 初登場:シーズン4 イーロスへ避難したガニメデ難民のリーダー ナンシー・ガオ 演:リリー・ガオ 初登場:シーズン4 国連幹部。 新たな天体への自由な移民を主張して事務総長選に立候補し、アヴァサララに対抗します。 マルコ・イナロス 演:キーオン・アレクサンダー 初登場:シーズン4 OPAの派閥ブラック・スカイのリーダーでリング周辺で海賊行為を行っています。 ナオミの元旦那。 イーサイ・マーティン 演:ポール・シュルツ 初登場:シーズン4 火星の刑事ですが、犯罪組織のリーダーという裏の顔があります。 前: 次: スポンサーリンク ドラマ「エクスパンス」を見る ドラマ「エクスパンス」はAmazonから配信されています。 シーズン4の シーズン4の おすすめドラマ 「エクスパンス」に興味のある方はこちらのドラマもおすすめです。 ウエストワールド ゲーム・オブ・スローンズの米HBO作品。 アメリカ西部時代を模したテーマパークを舞台に、自分たちがロボットであることを知らされずに生活するアンドロイドたちと、自分たちの欲望を満たすためにやってくる人間たちを描いたSF作品です。 エレクトリック・ドリームズ 「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」や「高い城の男」などの作品が有名なSF作家フィリップ・K・ディックの短編作品をもとに脚本家によって書かれた一話完結型のアンソロジードラマです。 高い城の男 第二次世界大戦で敗北したアメリカ合衆国はナチスドイツと日本によって分割統治されています。 主人公ジュリアナが手にした映像フィルムには、自分たちの世界と異なる歴史を持つ世界が映し出されます。 パラレルワールドを描いたSFドラマ。 アンダン ロトスコープ技術を採用し、そのまま実写ドラマとして配信されてもおかしくないような、アニメキャラっぽくないキャラクターたちが登場するSFアニメ作品。 時間を自由に操る能力を得たアルマが、父親の死の真相を探ります。

次の

春名風花 公式ブログ

エイペック ス シーズン 4

概要 [ ] 1960年、がリード・ヴォーカル、元 ()のがキーボード奏者およびテナー・ヴォーカル、がリード・ギターおよびバリトン・ヴォーカル、がベース・ギターおよびバス・ヴォーカルを担当していたがフォー・シーズンズと名を変えた。 1960年より「 フランキー・ヴァリ・アンド・フォー・シーズンズ」としても知られている。 1960年、オーディションに落ちたゴーディオとヴァリにより結成された法的な名称は フォー・シーズンズ・パートナーシップである。 ゴーディオはライヴ活動から引退したため、現在ツアー公演を行なっているオリジナル・メンバーはヴァリのみである。 1960年から1966年までのメンバーのフォー・シーズンズは1990年に 、1999年にヴォーカル・グループの殿堂に殿堂入りした。 世界中で1億枚以上の売り上げを誇り、現在でも最も売り上げの高い音楽グループの1つとされている。 フランキー・ヴァリが「」において第80位にランクインしている。 来歴 [ ] フォー・シーズンズ以前 [ ] 1953年、フランキー・ヴァリの商業的初リリースは『 My Mother's Eyes 』であった。 翌1954年から1956年、ヴァリはトミー・デヴィート およびリズム・ギターにハンク・メジャースキ、アコーディオンにフランク・カトゥーン、ドラムにビリー・トンプソン と共にヴァリエーションズを結成し、何度かの改名を経て フォー・ラヴァーズとなった。 1956年、初めてのレコード『 』を発表し、『』誌のシングル・チャートで最高第62位となった。 翌年までにからさらに5枚のシングルを発表したが、売り上げも伸びず、ラジオでもジュークボックスでも流れなかった。 1957年、から7枚目のレコードを発表したが状況は変わらなかった。 1956年から1960年、フォー・ラヴァーズとしてクラブやラウンジで演奏を続け、フランキー・タイラー、フランキー・ヴァレイ、フランキー・ヴァレイ・アンド・ザ・トラベラーズ、フランキー・ヴェイル・アンド・ザ・ロマンズ、ザ・ヴィレッジ・ヴォイスィーズなど様々に名を変え、様々なレコード会社からレコードを発表した。 そのステージ・ネームは18にも及んだ。 1958年、プロデューサーののもとでとして活動を始めた クリューはヴァリのソロ・シングル『 I Go Ape 』を書いた。 同年終盤、フォー・ラヴァーズがで演奏した際、同じステージに ()も出演していた。 ロイヤル・ティーンズは『 () Short Shorts 』の全米ヒットを持っており、これを他者と共同で作曲したのがロイヤル・ティーンズのギタリストで当時15歳だったであった。 翌年、フォー・ラヴァーズのニック・デヴィートの代わりにゴーディオが加入してキーボードとギターを兼ね、メジャースキの代わりにがベース奏者として加入した。 1960年、カレロが脱退してニック・マッシが加入した カレロはその後アレンジャーとして戻ってきた。 メンバー・チェンジにより強化をはかったが、の場のラウンジ演奏のオーディションに落ちた。 ゴーディオによると、「この状況を脱する方法を考え、ボウリング場の名前から『フォー・シーズンズ』と名付けることにした」。 フォー・ラヴァーズとして数年苦境に立たされていたが、これをターニング・ポイントとしてキーボード奏者で作曲家のボブ・ゴーディオとリード・ヴォーカルのフランキー・ヴァリはフォー・シーズンズ・パートナーシップを結成した。 プロデューサーのボブ・クリューの所有するレーベルであるトピックスでバックグラウンド・ヴォーカルとして様々なグループと共に活動するようになった。 クリューとゴーディオは話し合いを重ね、最終的にゴーディオは自分達のために『シェリー 』という名の曲を書いた。 レコーディングをし、フォー・シーズンズとクリューはレコード会社に売り込んだ。 フランキー・ヴァリはの西海岸セールス・マネージャーのランディ・ウッドと会い、ウッドは責任者に『シェリー』のリリースを提案した。 これによりクリューは自身のプロダクション会社とヴィージェイは『シェリー』をリリースする契約を結ぶことができた。 当時フォー・シーズンズはアーティストとしてクリューのプロダクションと契約していたのである。 フォー・シーズンズはヴィージェイ初の白人アーティストとなった。 1962年、『シェリー』を収録したアルバム『 』を発表した。 『シェリー』はフォー・シーズンズにとって初めてチャート入りしただけでなく、第1位を獲得した曲となった。 の音楽性を大胆に取り込んだ曲は、ポップチャートばかりでなくチャートでも大きな成功を収め、とともに、の草分けともいえる存在でもあった。 1962年12月、ユニークな演奏でチャート入りした『』を収録したクリスマス・アルバム『 』を発表した。 1962年から1964年初頭、レコード売り上げにおいてアメリカではだけがライバルであった。 ヴィージェイではホリデイ・シングルを除き、『』誌のシングル・チャートで3曲連続第1位となった初めてのロック・バンドとなった。 ヴィージェイからフィリップスへ移籍 [ ] フォー・シーズンズの成功にも拘わらず、ヴィージェイ・レコードは経済危機に陥っていた。 ヴィージェイはアメリカ国内でビートルズの初期のシングルをリリースしていた。 ビートルズの人気が拡大すると1ヶ月に200万枚以上を出荷しなくてはならず手に負えなくなっていた。 ヴィージェイは権利を失ったにもかかわらず、ビートルズのあるアルバムを形態を変えて製造し続けた。 1年以上にわたる法的交渉の結果、1964年10月15日、キャピトル・レコードはヴィージェイに製造をやめさせることができた。 ビートルズとキャピトル・レコードを巻き込んだ、ヴィージェイ・レコード内での騒動の最中、ヴィージェイとフォー・シーズンズの間でも印税未払いの問題が裁判に発展した。 1964年1月、何枚かのアルバムで成功をおさめた後、ヴィージェイからの未払いにより当時の一部であったに移籍した。 1965年の調停で、ヴィージェイは在籍中にレコーディングしたものの出版権は保持することとなった。 ヴィージェイはこの権利を翌年も行使した。 フォー・シーズンズはこのレーベル最後のアルバムとして、ライヴ収録であると偽造したLPを発表する義務を負った。 1966年、ヴィージェイは破産を宣言し、ヴィージェイにあったフォー・シーズンズの楽曲の権利はフォー・シーズンズに帰属し、楽曲はフィリップスより再発売することとなった。 1964年、レコード会社移籍、およびやはフォー・シーズンズの人気に影響を与えなかった。 ドゥーワップ・スタイルから脱却し、スケールの大きな曲調と複雑なコーラスが絡み合う、いわゆる日本で言う的なアプローチを始め、この路線でも、「悲しき朝やけ Dawn Go Away 」、「悲しきラグ・ドール Rag Doll 」(全米No. 1)、「 Bye, Bye, Baby Baby, Goodbye 」などをヒットさせる。 実際、数年間でビートルズが首位を独占していた頃、他に第1位となれたのはフォー・シーズンズだけであった。 1964年3月21日、『悲しき朝やけ 』 レコーディングのみのスタジオを使用 は第1位をキープし続けた ただし2週間後にはビートルズが第1位から第5位までを独占した。 ヴィージェイは片方はビートルズ、もう片方はフォー・シーズンズの『ビートルズvsフォー・シーズンズ: インターナショナル・バトル・オブ・ザ・センチュリー! 』という2枚組アルバムを発表した。 その後これらを分け、それぞれのレーベルから『』、『 』として再発売された。 現在この2枚組アルバムはコレクターズ・アイテムとなっている。 変名での活動 [ ] 1965年9月、ニック・マッシがフォー・シーズンズを脱退した。 フォー・シーズンズのアレンジャーの(ファー・ラヴァーズ元メンバー)が一時的に代役として入った。 数ヵ月後、がマッシの後継として正式に参加した。 1975年までジョーはベースおよびバッキング・ヴォーカルとして主力となった。 その頃フォー・シーズンズはヴァリ・ボーイズ、など様々な変名で活動し、フランキー・ヴァリはソロとしても活動し始めた。 1965年から、1975年の『瞳の面影 』までのヴァリのソロ・レコードはフォー・シーズンズと同じ製作チームであった。 1950年代以降、フォー・シーズンズとの関連無しでのソロ・シングルは1975年の『 』であった。 1965年から1967年、他に第20位以内に入った曲は『 』、『 Don't Think Twice, It's All Right 』 ワンダー・フー名義 、『君のもとへ帰りたい 』、『 』、『 』、『 Can't Take My Eyes Off You 』 ヴァリのソロ 、『 』、『 』、『 』、『 I Make a Fool of Myself 』 ヴァリのソロ である。 ヴァリにとって1960年代最後のソロ『 To Give The Reason I Live 』が第29位となった直後、『 』は最高第24位となり、7年間で最後のトップ40となった。 1960年代後期およびモータウンへの移籍 [ ] 1969年までに人々の興味はハード・エッジ、ソウル・ミュージック、世相に合った歌詞のロックに移行し、フォー・シーズンズの人気は下降していった。 これを承知でボブ・ゴーディオはアルバム『 The Genuine Imitation Life Gazette 』のためにフォーク・ロック・ソングライターのとパートナーを組み、30代となったメンバーの見地からその年代に起こりうる出来事を課題にしたアルバムの製作を計画した。 このアルバムのジャケットはの『 』より何年も前に新聞の1面を模したものであった。 このアルバムは商業的に失敗となった。 フィリップスを離れ、ので1回限りシングルをレコーディングした。 リード・トランペッターのジョン・ステファンはこの時のホーン・セクションの編曲をした。 この曲は彼らがすでに確立していた新しいの分派を含め、フォー・シーズンズがいかに多才であったかを表現していた。 このシングルはアメリカで発売されることはなかった。 このシングルのA面は『 Sleeping Man 』、B面は『 Whatever You Say 』であった。 このシングルの後、と契約したが悲惨な結果となった。 1971年、モータウンの子会社モウエスト・レコードから1枚目のアルバム『 Chameleon 』を発表したが失敗。 1971年、モータウンからヴァリのソロ・シングル『 Love Isn't Here 』、フォー・シーズンズの3枚のシングル『 Walk On, Don't Look Back 』 1972年、モウエスト 、『 How Come 』および『 Hickory 』 1973年、モータウン は全く売れなかった。 で上位となった『 The Night 』はアメリカでは1971年、ヴァリの曲としてプロモーションが行なわれただけでシングルとして発表されることはなかった。 1973年後期から1974年初頭、モータウンでの2枚目のアルバムに向けて8曲レコーディングを行なっていたが、レコード会社は発表を中止した。 1974年後期、フォー・シーズンズとレコード会社は離別。 フォー・シーズンズ・パートナーシップの取り分として当初ヴァリはフォー・シーズンズがモータウンでレコーディングした全曲の原版の購入を検討したが折り合いがつかず、『瞳の面影 My Eyes Adored You 』を4,000ドル US で購入できるよう試みた。 ヴァリはの創設者でありオーナーのラリー・ユタにこの曲のテープを送るとユタはフォー・シーズンズの曲を繰り返し聴き、『瞳の面影 My Eyes Adored You 』をヴァリのソロ・シングルとして発表させることにした。 1974年後期、フォー・シーズンズとしては未契約のままであったが、ヴァリは新たなレコード会社からソロとしてのキャリアを開始した。 復活 [ ] 1970年代前半、フォー・シーズンズとしてのヒット曲はなかったが、演奏者としての人気は衰えていなかった。 1975年、長年在籍したジョー・ロングが脱退した。 ドン・チコーネ 元ザ・クリッターズ 、ゲリー・ポルチの2人のリード・シンガーが耳硬化症により徐々に聞こえづらくなっていた 後に手術によりほぼ回復 ヴァリの穴を埋めることとなった。 1975年初頭、『瞳の面影 My Eyes Adored You 』はHot 100のシングル・チャートで上昇していき、ディスコ時代の幕開けにヴァリとゴーディオはフォー・シーズンズとの契約にこぎつけた。 この頃、ユタは1962年から1970年のヒット曲を集約した2枚組みの『 The Four Seasons Story 』のリリースに尽力していた。 このアルバムはすぐに100万枚以上を売り上げ、50万枚以上の売り上げに認定されるに認定された。 当時は100万枚以上の売り上げに認定されるプラチナ・レコードをまだ設定していなかったのである。 1975年3月、ヴァリのソロの『瞳の面影 My Eyes Adored You 』は第1位、11月、フォー・シーズンズの『愛はまぼろし 』が第3位となり、ヴァリのソロとしての活動も、フォー・シーズンズのグループとしての活動もアメリカでミリオン・セールスを記録していた。 ではタムラ・モータウンから発表された『 The Night 』は全英シングルチャートで第7位となった。 同年2月、イギリスで『瞳の面影 My Eyes Adored You 』は第10位以内に入った。 続いて1975年夏、ボブ・クリューのプロデュースでヴァリの初の全くのソロ『 』が第6位となり、ディスコ・ブームの波に乗った。 この曲は8分のアルバム版、10分の12インチ・シングル版、3分のシングル版の3通りある。 ヴァリ以外が多くの曲のリード・ヴォーカルを務めた初のアルバム『 』がミリオン・セールスを記録した。 アルバム収録曲で『 Slip Away 』のみチコーネが務め、他の曲はゲリー・ポルチとヴァリが半々であった。 タイトル曲『愛はまぼろし Who Loves You 』はヴァリがリード・ヴォーカルを務めたが、彼の特長であるファルセットでは歌われなかった。 1975年10月、イギリスで第10位以内となり、復活を遂げた。 『 December, 1963 Oh, What a Night 』はポルチが大部分のリード・ヴォーカルを務め、チコーネがその一部を歌い、ヴァリはコーラスと間奏のリードのみを務めた。 『 』はポルチが全てのリード・ヴォーカルを務め、ヴァリはレコーディングに参加しなかった。 1976年3月、ボブ・ゴーディオと後に妻となるジュディ・パーカーが共同で作曲した『1963年12月 あのすばらしき夜 』がフォー・シーズンズ5枚目の第1位となり、イギリスでも第1位となった。 この頃ポルチが歌った『 Silver Star 』が第38位、『 Down the Hall 』 1977年 が第65位、ポルチがリードでヴァリがコーラスの『 Spend the Night in Love 』 1980年 が第91位と微妙ではありながらもランクインし続けたが、『1963年12月 あのすばらしき夜 』が最後のヒット曲となった。 約20年後、『1963年12月 あのすばらしき夜 December, 1963 Oh, What a Night 』のダンス・リミックス・バージョンが発表され『』誌のシングル・チャートで上位に入る ディスコ・ブーム後 [ ] 『愛はまぼろし Who Loves You 』のヒットでフォー・シーズンズの人気も再燃したが、1977年にワーナー・ブラザースからリリースされたアルバム『 Helicon 』でフォー・シーズンズにとってもヴァリにとってもまた風向きが変わった。 このアルバムからは『 Down the Hall 』しかシングル・カットされず、なんとかHot 100に入るのみであった。 イギリスでは『 Down The Hall 』、『 Rhapsody 』 ドン・チコーネが大部分を歌い、ヴァリがコーラスのハーモニーをリードするのみであった の双方でヒットした。 ヴァリはプライベート・ストック・レコードと離別し、ソロとしての活動が終わった。 アルバム『 Helicon 』でのリード・ヴォーカルはポルチとチコーネがほとんどを務め、ヴァリはリード・コーラスなどバッキング・ヴォーカルや間奏部分のリード・ヴォーカルを務めたが、2つのアカペラ部でのグループ・ハーモニーではひときわ目立っていた。 このアルバムの収録曲ではゴーディオとパーカーの共作『 I Believe in You 』の一部で唯一ヴァリがソロでヴォーカルを務めた。 1978年の映画史上最大のヒット・ミュージカルの1つである『』の主題歌でヴァリのシングル『 』が第1位となった一方、フォー・シーズンズのシングルは第40位にも入らなくなっていた。 ヴァリもフォー・シーズンズも時々シングルやアルバムを発表していたが、『 Grease 』以外は1994年に『1963年12月 あのすばらしき夜 December, 1963 Oh, What a Night 』のダンス・リミックス・バージョンが上位に入ったのみであった。 ボブ・ゴーディオのプロデュースでヴァリの歌う『 Spend The Night in Love 』および『 Heaven Must Have Sent You Here in The Night 』のスタジオ収録を含む、コンサートのライヴ収録2枚組のアルバムであった。 『 Heaven Must Have Sent You Here in The Night 』はイギリスでシングル・カットされたがチャート入りせず、『 Spend The Night in Love 』はアメリカでシングル・カットされHot 100に徐々に入っていったのみであった。 1984年、フォー・シーズンズ・パートナーシップ所有のレーベルであるFBIレコードから、長年待ち望まれていたフォー・シーズンズとザ・ビーチ・ボーイズのコラボレーション『 East Meets West 』が発表された。 しかしこのレコードの売り上げはそれほど伸びなかった。 ディスコ時代のフォー・シーズンズの売り上げは上昇および下降していたが、元シュガーローフのジェリー・コーベッタが参加し6人組となったフォー・シーズンズは出入りの激しいメンバーの中でヴァリだけは常に在籍し続けコンサート・ツアーを行なうバンドとして人気があり続けた。 ゴーディオは正式にメンバーではあるが、現在作曲、プロデュース、スタジオでの業務に限定している。 1985年8月、MCAレコードはアルバム『 Streetfighter 』を発表し、このアルバムから『 Streetfighter 』、1957年のの『 Book Of Love 』の・バージョン・カヴァーでをシングル・カットした。 2007年後半、ヴァリを含むフォー・シーズンズは北米ツアーを行なった。 ツアーに付随し、2007年半ば、これまでのフォー・シーズンズの楽曲を網羅したCD3枚およびDVDがセットになった『... Jersey Beat... このアルバムのタイトルともなった『 Jersey Beat 』はフォー・シーズンズを題材にし世界的に成功したブロードウェイ・ミュージカル『』でも使用されている。 2008年、フォー・シーズンズの『 Beggin' 』が1組だけでなく2組のミュージシャンにカヴァーされることとなった。 ピロスキーはエレクトロ・リミックスを、マドコンはこの曲をベースにラップを発表した。 マドコン版はイギリスのチャートで第5位となり、ヨーロッパ中でヒットした。 この曲はの靴のテレビ・コマーシャル『 Celebrate Originality 』で使用された。 、ラッセル・サイモンズ、、、、マーク・ゴンザレスが出演したこのコマーシャルはでヒットした。 2008年からフランキー・ヴァリはトッド・フォーニア、ブライアン・ブリガム、ブランドン・ブリガム、ランドン・ベアードの新生フォー・シーズンズと共に世界的なコンサート・ツアーを続けている。 2014年にフランキー・ヴァリ&フォー・シーズンズとして初めての日本公演が実現した。 ディスコグラフィ [ ] アルバム [ ]• 1962 - The 4 Seasons Greetings• 1963 - Big Girls Don't Cry and Twelve Others... 1963 - The 4 Seasons Sing Ain't That a Shame and 11 Others• 1964 - Born to Wander — Tender and Soulful Ballads• 1964 - Dawn Go Away and 11 Other Great Songs• 1964 - Rag Doll• 1965 - The 4 Seasons Entertain You• 1965 - The 4 Seasons Sing Big Hits by Burt Bacharach... Hal David... Bob Dylan... 1965 - All New Recorded Live• On Stage with The 4 Seasons• 1966 - Working My Way Back to You and More Great New Hits• 1967 - New Gold Hits• 1967 - The 4 Seasons Present Frankie Valli Solo• 1968 - Timeless• 1969 - The Genuine Imitation Life Gazette• 1972 - Chameleon• 1975 - Who Loves You• 1977 - Helicon• 1985 - Streetfighter• フランキー・ヴァリのソロ・シングルは含めない。 1962年: シェリー 、第1位 5週連続• 1962年: 恋はヤセがまん 、第1位 5週連続• 1963年: 恋のハリキリ・ボーイ 、第1位 3週連続• 1963年: 、第22位• 1964年: 悲しき朝やけ 、第3位• 1964年: 、第16位• 1964年: ロニー 、第6位• 1964年: 、第28位• 1964年: 悲しきラグ・ドール 、第1位 2週連続• 1964年: 、第10位• 1964年: 、第20位• 1965年: 、第12位 バイ・バイ・ベイビーはこの時初めて発表された。 1965年: ガール・カム・ランニング 、第30位• 1965年: 、第3位• 1965年: 、第12位• 1966年: 君のもとへ帰りたい 、第9位• 1966年: 、第13位• 1966年: 、第9位• 1966年: 、第10位• 1967年: 、第16位• 1967年: 、第9位• 1967年: 、第30位• 1968年: 、第24位• 1975年: 愛はまぼろし 、第3位• 1975年: December, 1963 Oh, What a Night 、第1位 3週連続• 1994年: 1963年12月 あのすばらしき夜 December, 1963 Oh, What a Night 、第14位 ダンス・リミックス 『ジャージー・ボーイズ』 [ ] 「」も参照 『ジャージー・ボーイズ』は2005年11月、ラホヤ・プレイハウスで初演された 『』、『 』 演出による、フォー・シーズンズの経歴を基にした。 好評を受けに進出後、各部門を受賞した。 オリジナル・キャストはフランキー・ヴァリ役に、ボブ・ゴーディオ役にダニエル・リチャード、トミー・デヴィート役にクリスチャン・ホフ、ニック・マッシ役にJ・ロバート・スペンサーが配役された。 フォー・シーズンズの経歴が2幕4場で描かれ、各場違うメンバーがナレーションを担当し、それぞれの視点から語る。 脚本家のリック・エリスは脚本を製作する上でヴァリ、ゴーディオ、デヴィートにインタビューしてそれらを総合し、それ以前に亡くなったマッシの視点からも描いた。 2006年、トニー賞においてミュージカル作品賞、主演男優賞 フランキー・ヴァリ役のジョン・ロイド・ヤング 、助演男優賞 トミー・デヴィート役のクリスチャン・ホフ 、照明デザイン賞の4部門を受賞した。 現在『ジャージー・ボーイズ』はアメリカ国内の他、、、、、でも上演されている。 2014年、監督、フランキー・ヴァリ役にジョン・ロイド・ヤングで映画版が公開された。 脚注 [ ] []• Bloomsbury USA. 2007年10月24日, at the.. By Richie Unterberger. Accessed June 9, 2009. Bronson, Fred. The Billboard Book of Number One Hits, 3rd edition Billboard Books, 1992• Sasfy, Joe. Accessed April 19, 2013• Accessed June 9, 2009. (洋楽情報サイト Music Box)• Fred Bronson. The Billboard Book of Number One Hits, 3rd edition Billboard Books, 1992• Whitburn, Joel. Joel Whitburn's Top Pop Singles 1955-1993, Billboard Publications 1994• Umphred, Neil. Goldmine's Rock'n'Roll 45RPM Record Price Guide 3rd edition , Krause Publications 1994• 日本では、『』のオープニングテーマソングとして有名。 Goldmine, Issue 60, May 1981• Books. google. com. 2012年8月14日閲覧。 Books. google. com. 1964-01-18. 2011年7月16日閲覧。 Books. google. com. 1966-08-13. 2011年7月16日閲覧。 2013年12月28日, at the. www. cleveland. com December 09,2011. 2012年6月29日閲覧。 Cote, David 2007. Broadway Books. ワーナー・ブラザース・オンライン・インク. 2014年10月2日閲覧。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 この項目は、に関連した です。

次の

ニュー・トリックス~退職デカの事件簿~

エイペック ス シーズン 4

あらすじ Netflix(ネットフリックス)オリジナルドラマ 『ラスト・キングダム』シーズン4 スコットラン人の猛攻を受け、弱体化するベバンバーグ。 それを知ったウトレッドはチャンスとばかりに故郷奪還に動き、エドワード王に兵士の援助を依頼するが断られてしまう。 十分な兵力がないままウトレッドは、仲間とともにベバンバーグへ向かう。 一方、兵の半分を失い途方にくれていたベバンバーグの領主エルフリックだったが、息子ウィットガーが多数の兵を率いて、ベバンバーグに戻ってきた。 兵力が回復した宿敵エルフリックに対し、ウトレッドは状況を知らないまま乗り込むことになる。 波乱必死の『ラスト・キングダム』シーズン4! — ネタバレ・見どころ Netflix(ネットフリックス)オリジナルドラマ 『ラスト・キングダム』シーズン4 ネタバレ・見どころについて、わかりやすく解説します。 まずは登場人物をご紹介 イングランドのサクソン人。 キリスト教。 ヴァイキングのデーン人。 異教徒。 ノーサンブリア王国 ・ シグトリグル。 クヌートのいとこ。 デーン人。 — ベバンバーグの奪還 ベバンバーグがスコットランド人の攻撃を受け、兵を半分失ったとの情報が入る。 もともとはベバンバーグはウトレッドの領土。 ベバンバーグの奪還のチャンスと見たウトレッドは、エドワード王に兵の援助を求めに行く。 しかし、エセルヘルム卿の反対もあり、エドワード王からも断れてしまう。 ウトレッドは先代アルフレッド王の頃から、長い間ウェセックス王国に貢献してきた人物であるが、エセルヘルム卿は、過去の功績を認めようとしない。 エセルヘルム卿は、エドワード王の妻エセルフレドの父親でもあり、かなりの野心家でもある。 — ウィットガーの帰還 エルフリックの息子ウィットガーがベバンバーグに戻ってきた。 海で遭難し死亡したと思われていたウィットガーは生きながらえていた。 さらに、航海の道中で数多くの戦士も仲間につけていた。 兵力が乏しかったエルフリック軍だが、一変して豊富な戦力を持つことになる。 一方、ウトレッドは何も知らずに、ベバンバーグに向かっていた。 — 聖オズワルドの遺物 聖オズワルドの遺物は、マーシャ人の宝。 エセルレッド王は、聖オズワルドの遺物を集めている。 — クヌートの奇襲 デーン人のクヌートがマーシャ王国・イーグリスバーグに奇襲をかけてきた。 だがちょうど同時期に、エセルレッド王率いる軍は、デーン人の討伐のためにイーストアングリア王国へ遠征中。 そのため、エセルレッド王の首をとることはできなかったが、イーグリスバーグの軍は全滅した。 クヌートの目的は、マーシャ王国だけではない。 マーシャ王国が攻撃されれば、同盟国であるウェセックス王国も黙っていない。 ウェセックス王国はまだ若いエドワード王が率いている。 クヌートは、ウェセックス王国も攻略しようと考えていた。 — エルフリックの死とベオッカ神父の死 ベバンバーグの砦に潜入し、エルフリックの首に刀をかけ、追い詰めたウトレッド。 その場にいた戦士や民に、自分が真のべバンバーグの太守であると宣言する。 しかし、それを見ていたウィットガーが弓で父親のエルフリックを射抜く。 ウィットガーは、自分こそがべバンバーグの太守であると宣言する。 ウトレッド軍とウィットガー軍が交戦しかけるが、ベオッカ神父が仲裁に入る。 しかし、ベオッカ神父の呼びかけは聞き入れられず、ベオッカ神父も弓矢で殺されてしまう。 怒りに震えるウトレッドが戦闘を開始したのを合図に、全軍での交戦が始まる。 しかし、数で劣るウトレッドたちは、ベオッカ神父の遺体を残し、その場を退却することになる。 — ラグナルの敵(かたき) ウトレッドの義理の兄ラグナルを殺害したエゼルウォルド(シーズン3)。 ウトレッドは道中で遭遇したデーン人のヘステンから、黒幕の存在を聞かされる。 首謀者はクヌート。 クヌートはデーン人のリーダーになるため、当時のリーダーだったラグナルをよく思っていなかった。 そのことを知ったウトレッドは、ヘステンが子守をしていたクヌートの子ども二人を捕虜として連れて行くことにする。 — ハウエル王 マーシャ王国が陥落した連絡を受けるが、ウェセックス王国のエドワード王は動こうとしない。 エドワード王の母親エルスウィスは、マーシャ王国の王妃エセルフレドの母親でもある。 マーシャ王国を救うために、ウェールズにあるデハイバース王国のハウエル王に援軍を求めるため、エドワード王に内緒で、ピヤリグ神父を使いに出す。 ハウエル王は、援軍の条件として、勝利した場合、デーン人が持っている銀をすべて自分のものにするという要求をする。 ピヤリグ神父に条件を実行する権限はないが、ハウエル王と約束させられてしまう。 — テテンホールでの決戦 ウトレッド軍・エセルフレド軍・ハウエル軍の合同軍と、デーン人のクヌート軍との決戦が始まる。 数では劣るウトレッドたちだったが、エセルレッド王率いる軍が加勢にくる。 さらにエドワード王率いる軍も加勢する。 クヌートとウトレッドはサシでの勝負となるが、クヌートはラグナルを殺したことを口走ったため、それを聞かれたブリダに殺されてしまう。 ブリダはクヌートの妻となる前は、ラグナルの妻だったからです。 ウトレッドたちは勝利をおさめる。 そして幼なじみのブリダは、デハイバース王国の奴隷となる。 エセルレッド王は大怪我を負い、意識を失う。 先代アルフレッド王から使えてきたウェセックス王国の戦士ステーパは戦士する。 ピヤリグ神父とハウエル王が戦利品の銀の約束をしてしまったため、エドワード王はそれを認めるしかなかった。 これを機会に、デハイバース王国と同盟を結ぼうとするが、サクソン人と組む気がないウェール人は同盟を拒否する。 戦には勝利したが、エドワード王は面目が立たなくなってしまった。 — 後継者争い マーシャ王国のエセルレッド王が怪我のため死亡した。 エセルレッド王とエセルフレドの間に息子はいない。 マーシャ王国がデーン人に攻撃された際に、ほかの後継者候補の太守の息子たちは全員殺されていた。 マーシャ王国内で後継者争いが勃発する。 エドワード王の介入で、司令官のエルドウルフが指名される。 妻になる許婚は、まだ幼いエセルフレドの娘エルフウィンです。 エドワード王は、ウェセックス王国とマーシャ王国の同盟を維持したいのです。 しかし、エルドウルフは野心家でミスもしたため、エセルレッド王からの信頼を得ていなかった。 エルドウルフの結婚を妨げるため、ウトレッドはエルフウィンを連れて逃げます。 マーシャの人々は、デーン人に攻められた際に助けてくれなかったエドワード王を嫌っています。 今回の一件で、エドワード王はますます反感を買います。 — 疫病 マーシャ王国内で疫病が蔓延する。 疫病にかかると3日間血を吐きながら死ぬ場合もあると言われている。 砦内に民が逃げ込んでくるが、エセルフレド王の葬儀で訪問していたエドワード王は、門を閉じて民を締め出す。 疫病はウトレッドとエルフウィンらの道中でも蔓延している。 エルフウィンが疫病に感染してしまう。 — ウトレッドがマーシャ王国の王になる!? エドワード王が指名した司令官のエルドウルフの悪巧みが、妹イーディスに暴露される。 危篤だったエセルレッド王にとどめを刺した現場を、妹イーディスは目撃していたのだ。 エルドウルフは国を追放される。 混乱を極めるマーシャ王国をおさめるには、民から慕われているウドレットが適任であると、エドワード王はウトレッドに打診をする。 新たな王が誕生するまでの間、代理での国王です。 エドワード王の言うことを聞けば、ウトレッドとその家臣には、領地と富を与えると約束する。 ウトレッドは考える時間を与えられます。 — 奴隷のブリダ ブリダはデハイバース王国の奴隷となり、毎日酷い仕打ちを受けていた。 ハウエル王が不在中に、デーン人の軍が攻めてきて、ブリダを救出する。 デーン人を率いているのは、クヌートのいとこシグトリグル。 アイルランドに住んでいると言う。 デーン人とウェールズ人と戦が勃発します。 — エセルフレド女王の誕生 ウトレッドは王になることを承諾します。 そして王になって初めての仕事をします。 それは、エセルフレドに王の座を譲るというものです。 女性であるエセルフレドが王になることには、エドワード王をはじめ反対する者もいます。 エセルフレドが誰かと結婚をすれば、自動的にその者が王になるので、それを危惧する者もいます。 エセルフレドは、女王でいる間は「貞節を守る」と言って周りを納得させます。 (領地と富をもらえると思っていたウトレッドの家臣は、めちゃくちゃヘコみます(笑)) — デーン人の反撃 シグトリグルとブリダらデーン人がウィンタンセスターを襲う。 エドワード王の軍は遠征中のため、砦に不在だった。 マーシャ王国を追放されたエルドウルフがブリダと出会い、ウィンタンセスターの情報を漏らしていた。 一方、デーン人のヘステンは偶然ウトレッドたちに遭遇し、エルスウィス、スティオラ、アゼルスタンの3人を人質として奪っていく。 エルスウィスは、エドワード王の母親。 スティオラは、ウトレッドの娘。 アゼルスタンは、エドワード王の落とし子。 ウィンタンセスターにいたエドワード王の妻エセルフレドと息子エルフウレド、エセルヘルム卿らも、人質として捕らえられている。 エドワード王が軍を引き連れ、ウィンタンセスターの砦を包囲するが、砦は強固で攻略できない。 シグトリグルは、エルフウレド、アゼルスタンのどちらか一人を返す代わりに、撤退しろと要求してくる。 どちらかを選べないエドワード王。 ウトレッドはデーン人殺しの異名を持つ自分には、デーン人にとって価値があると言って、エドワードの息子二人との交換を持ちかける。 そして、ウトレッドはシグトリグルの人質となる。 — 交渉 ウトレッドが仲介し、エドワード王・エセルフレド女王とシグトリグルの間で、和解の交渉をする。 シグトリグルは、エセルフレド女王が奪い返したばかりのエフォウィックを渡せと言う。 エフォウィックはサクソン人にとっては、デーン人との壁となっていた重要な場所。 そして、もう一つの条件としてスティオラをもらうと言う。 シグトリグルは、人質となったスティオラと会話をしているうちに、デーン人の血が流れるスティオラを気に入っていた。 エドワード王は、マーシャ王国、イーストアングリア王国、ウェセックス王国には、デーン人を立ち寄らせないことを誓わせた。 エドワード王は、ウトレッドにアゼルスタンを育ててほしいとお願いをする。 そして、戦士として育て、デーン人、ノーサンブリア王国(エフォウィックがある)について、教育してほしいと言う。 イングランド統一は、先代アルフレッド王からの夢。 ノーサンブリア王国は、最後の一国。 エドワード王は、戦をして、ノーサンブリア王国を手に入れるわけではないとウトレッドに誓う。 しかし、問題の火種はまだ残っている。 エルフウレドとアゼルスタンの兄弟が大きくなれば、いずれ王をめぐる争いが起こる。 宮殿の中には、エセルヘルム卿をはじめとした野心家もいる。 ウトレッドに敗れたブリダは、子どもを身篭りながら、どこかへ消えた。 ウトレッドはいずれまた、争いの渦中に戻ることになる。 すべては運命のままに。 『ラスト・キングダム』シーズン4のエンディングをむかえる。 — スポンサードサーチ 評価・感想 Netflix(ネットフリックス)オリジナルドラマ 『ラスト・キングダム』シーズン4 全10話。 シーズン4はまさかの展開からスタートする。 ウトレッドの因縁の敵・叔父エルフリックがまさかのあっさり死亡。 しかもエルフリックを殺したのは、息子のウィットガー。 『ゲーム・オブ・スローンズ』並の裏切りに、興奮が隠せません! ほかにも魅力的でドラマティックな展開のオンパレード。 ・因縁の宿敵エルフリックの死 ・エルフリックの息子ウィットガーの登場 ・ウェールズ人の登場 ・ウトレッドの息子と娘のたくましい成長 ・親友のベオッカ神父の死 ・エセルレッド王の死と後継者争い ・疫病の流行 ・デーン人のシグトリグルの登場 ・エセルフレド女王の誕生 シーズン4も、新キャラクターの登場や予想外の展開の連続で、飽きさせません。 魔法は出てきませんが(魔術はシーズン3で少し出ましたが)、Netflixオリジナルドラマの傑作『ウィッチャー』に負けない壮大な歴史ドラマ『ラスト・キングダム』。 ますます魅力が増していきます。 『ラスト・キングダム』は、Netflixに加入したら、ぜひ見ていただきたいおすすめの海外ドラマです。 — 補足 Netflix(ネットフリックス)オリジナルドラマ 『ラスト・キングダム』シーズン4 シーズンや字幕によって名称(セリフ・字幕)が異なっていることがあるので、気づいた点を記載しておきます。 キャスト・登場人物 Netflix(ネットフリックス)オリジナルドラマ 『ラスト・キングダム』シーズン4 キャスト・登場人物をご紹介します。 ウトレッド・・・アレクサンダー・ドレイマン ベオッカ神父・・・イアン・ハート ピヤリグ神父・・・キャバン・クラーキン ヒルド・・・エヴァ・バーシッスル シトリック・・・アーナス・フェダラビキアス ステーパ・・・エイドリアン・ブーシェ フィナン・・・マーク・ロウリー オスフェルス・・・ユアン・ミッチェル ウトレッドJr・・・フィン・エリオット エドワード・・・ティモシー・インズ エルスウィス・・・エリザ・バターワース エセルフレド・・・ミリー・ブレイディ エセルレッド・・・トビー・レグボ アルドヘレム・・・ジェームズ・ノースコート エルドウルフ・・・ジェイミー・ブラックリー エセルヘルム・・・エイドリアン・シラー エセルフレド・・・アメリア・クラークソン ヘステン・・・ジャップ・ベック・ラウルセン ブリダ・・・エミリー・コックス エルフリック・・・ジョセフ・ミルソン — シリーズをご紹介 『ラスト・キングダム』シリーズについては、別記事で詳しく書いているので、よろしければ、こちらもご覧ください。 — スポンサードサーチ.

次の