鎌倉 幕府 場所。 鎌倉幕府があった鎌倉は今の何県でしょう?

足利公方邸跡

鎌倉 幕府 場所

鎌倉幕府。 これは日本で初めて武家政権が誕生しました。 その地は鎌倉です。 源頼朝が開いた鎌倉幕府は現在のどのあたりで、今はどうなっているのでしょうか。 詳しく解説いたします。 鎌倉幕府の現在 源頼朝が開いた鎌倉幕府は、鶴岡八幡宮から東へ5分ほど進んだところにあります。 大蔵幕府跡という場所です。 付近には、源頼朝の墓を示す案内板もあり、源頼朝の墓もあります。 かつて鎌倉幕府が開かれていたところは、現在では清泉小学校という小学校の敷地になっていて、住宅街の中に校舎と運動場があります。 今から約820年ほど前に、この場所には多くの武士が集まり、日本で初めての武家政権が産声をあげました。 初めての武家政権ということもあり、緊張感があたりいったいを支配していたのではないでしょうか。 清泉小学校の敷地の東側には、「東御門」と書かれた石碑もあります。 大蔵幕府には4つの門があったと言われています。 鎌倉幕府の移動 実は鎌倉幕府は場所を二回も移動しています。 最初は、大倉御所と呼ばれ、源頼朝から3代将軍の源実朝までがここで政治を行っていました。 この大倉御所が上述でご紹介した場所です。 源頼朝が鎌倉を選んだ理由として、鎌倉の土地の特徴である三方を山に囲まれており、南には海があり、攻め込まれにくい地形をしていた点があげられます。 また、源頼朝の父である義朝の根拠地であったことも理由の一つとしてあげられます。 源頼朝は鶴岡八幡宮および宮と南側の海を結ぶ若宮大路を軸として、まちづくりを行いました。 この周辺には、有力御家人の家や役所がありました。 源氏の血筋が途絶えた跡は、北条氏が執権を握り、幕府を運営していきます。 1225年、北条泰時は大蔵にあった幕府の役所などを鶴岡八幡宮の南側に引っ越ししました。 若宮大路の東側を南北に走る宇都宮辻子という道に面するかたちで、「宇都宮辻子御所」と呼ばれる御所が造営されました。 鎌倉幕府は同じ年に、京から藤原頼経を4代将軍として迎えました。 北条政子が亡くなったため、心機一転を図って引っ越ししたと言われています。 引っ越しした地を選んだ理由は北条氏の家があったためと考えられています。 この宇都宮辻子御所の跡地には、宇都宮稲荷神社があります。 神社のあたりが御所の南門があった場所と推定されています。 この神社の前にも御所があったことを示す碑が建っています。 それから11年後の1236年には、北条泰時はまたも引っ越しをします。 宇都宮辻子御所の北側へ移したのです。 この引っ越しの理由ははっきりとしていません。 4大将軍藤原頼経が病気だったのではないかとも言われています。 鎌倉幕府が滅びるまでの1333年までの約100年間、ここに幕府がありました。 この場所が一番長いですね。 若宮大路の東側、鶴岡八幡宮のすぐ南に位置する住宅街が若宮大路御所のあった場所の跡地には、やはり石碑が建っているだけです。 鎌倉幕府のおさらい ここで、鎌倉幕府のおさらいをしておきましょう。 「いい国つくろう鎌倉幕府」の言葉でお馴染みの鎌倉幕府です。 歴史が苦手な方もこの言葉だけは覚えている方も多いのではないでしょうか。 そうです。 鎌倉幕府は1192年に誕生します。 終わりは1333年。 約140年もの間続きました。 鎌倉幕府が源頼朝が作りました。 日本で初めての武家政権です。 この武家政権は江戸時代まで続きます。 その礎を築いたのが源頼朝です。 鎌倉幕府を開いた源頼朝とは 源頼朝は源義朝の3男として生まれます。 出身は現在の名古屋であったと言われています。 頼朝は父と一緒に平清盛と戦いました。 有名な源氏と平氏の戦いです。 しかし、敗北してしまいます。 義朝は殺され、頼朝は静岡県の伊豆に追放されてしまいました。 頼朝はずっと平氏に見張られて過ごしていたのです。 それから20年後、後白河法皇の子どもである以仁王から平氏を倒せという命令が届きました。 願ってもないチャンスです。 頼朝が、妻である北条政子の父、北条時政と一緒に平氏に戦いを仕掛けます。 すると、もともと平氏が嫌いであった武士が続々と集まってきました。 その数はなんとなんと数万にも膨れ上がりました。 かの有名な源義経もかけつけました。 源頼朝は平氏との戦いを義経に託しました。 頼朝自身は何を行ったかというと、鎌倉で武士が中心となって政治を行う仕組みを作り始めたのです。 これが鎌倉幕府の始まりです。 義経はとうとう1185年に壇ノ浦の戦いで平氏を滅ぼしました。 ですが、朝廷から褒美をもらったり勝手な行動をとったため、頼朝が怒ってしまいます。 なんと頼朝と義経が対立してしまったのです。 義経は鎌倉から追放されてしまいました。 そして、頼朝は鎌倉に幕府を開き、鎌倉幕府が誕生したのです。 そんな頼朝ですが、小さい頃は苦労したと言われています。 頼朝には腹違いの兄弟がたくさんいました。 頼朝は3男ですが、兄2人は討ち死にし、父は味方の裏切りで死んでしまいます。 実は頼朝も平清盛に殺されそうになったのです。 しかし、平清盛の母の懇願から命だけは助かったのです。 頼朝はとても優しい武将で、敵である武将を捕らえたりしても乱暴をしたりしません。 過去に敵であった人物でも気に入って側近にしたりしていました。 女性にも優しく、命も助けています。 ものすごく男らしい一面があるのが頼朝です。 鎌倉幕府の特徴をあげるとしたら 鎌倉幕府の特徴としては以下の役職があったことがあげられます。 ・将軍:鎌倉幕府のトップ、実際はお飾りだった ・執権:将軍の補佐を行う、鎌倉幕府の事実上のトップ ・連署:執権の補佐を行う ・評定衆:政策の決める役職、後に寄合衆に取って代わられた ・寄合衆:北条氏の家臣の集まりだが、後に評定衆の役割を行うように ・引付衆:裁判を行う ・政所:政治を行う ・侍所:軍事・警察を管理する ・問注所:御家人の訴訟を取り扱う ・六波羅探題:京都で、貴族と西国の武士を監視する ・守護:任命された国の御家人のチェックや、その土地の軍事を管理する ・地頭:任命された国の管理や税金の取り立て、犯罪の取り締まりを行う ・鎮西奉行:九州地方の御家人のトップ ・奥州総奉行:東北地方の御家人のトップ ・蝦夷代官:北海道(蝦夷地方)の管理を行う この基礎を作ったのが源頼朝です。 頼朝はとても頭がよい人物だったのでしょう。 また、鎌倉幕府で重要なのがご恩と奉公です。 幕府は御家人や武士に土地を与えるのがご恩で、その代わりに御家人が恩返しに幕府のために精一杯精力を尽くすことが奉公です。 中には、土地を失った貧しい武士が奉公のために鎌倉へ駆けつけ、恩賞として3つの土地をもらったと言う作り話があるほどです。 まとめ ・鎌倉幕府の跡地は清泉小学校になっている ・現在は石碑しかない ・鎌倉は地形的に有利だった 清泉小学校は私立の小学校で昭和22年に建てられています。 鎌倉幕府の跡地をなぜ買うことができたのかなどは不明です。 いずれにしても何かしらの権利関係があるのかもしれません。 みなさんも一度は鎌倉幕府の跡地を訪れてみてはいかがでしょうか。 武士社会の先駆けとなった頼朝の知識や知恵を盗めるかもしれません。

次の

源頼朝が開いた鎌倉幕府跡地は今?大蔵幕府跡と源頼朝の墓を巡る歴史旅

鎌倉 幕府 場所

室町東国の中心。 足利義兼以来、足利氏の邸となった場所 と近い血統を持ち、北条政子の妹を妻とし頼朝とともに鎌倉幕府創成に活躍した源氏の名門、が屋敷を構え、200年以上に渡り子孫が屋敷とした場所です。 室町時代には足利公方(鎌倉公方)の御所となり、この場所から関東以東を治めました。 室町鎌倉の中心はここでした。 現在は特に施設はなく、金沢街道沿いに石碑のみが建っています。 近くの浄明寺バス停近くには足利氏の菩提寺であるもあり浄明寺地域は足利氏ゆかりの地といえます。 小高い山に挟まれたとても静かなこの地域はゆっくり歩いていると心が静かになってきます。 室町幕府をつくった足利尊氏もまたこの邸に住みました。 足利尊氏が室町幕府を開き京都に移った後、京都の幕府は子の義詮(よしあきら)が第2代将軍となり、義詮の弟の基氏が関東管領(後の公方/鎌倉・古河公方)となりこの地において政務を行いました。 以後、鎌倉公方は基氏の家系が世襲し、氏満、満兼、持氏、成氏と続きこの邸に住みました。 当初は関東管領(基氏)と執事(上杉)でしたが、鎌倉公方と管領(上杉家)となり関東十か国を治め、後には陸奥国、出羽国も加わり関東から東をすべて管轄することとなります。 関東管領の反乱ー上杉禅秀(氏憲)の乱 広大な地域を支配する鎌倉公方は徐々に幕府と対立するようになり、室町幕府、鎌倉公方、関東管領という三つ巴はその後幾度も争いを起こします。 京都の幕府が任命する関東管領(上杉家)は幕府方に近い存在でした。 1416年(応永23年)、前関東管領であった上杉氏憲が鎌倉公方(足利持氏)に対して反乱を起こしました。 上杉禅秀(氏憲)の乱です。 山内上杉家と犬懸上杉家の確執も内包していました。 足利持氏が鎌倉公方となり山内上杉家の上杉憲定が関東管領になりますが、1411年(応永18年)に失脚し、犬懸上杉家の上杉氏憲が関東管領に就任します。 しかし今度、氏憲は鎌倉公方足利持氏と対立し更迭され、山内上杉家の上杉憲基が関東管領となります。 氏憲は足利持氏の叔父、満隆を持ち上げて挙兵しますが、幕府の命を受けた今川範政、上杉房方、小笠原政康、佐竹、宇都宮などの満隆・氏憲討伐軍に敗れ、鎌倉の雪ノ下で自害。 犬懸上杉家は滅びます。 ちなみに犬懸上杉家の邸は現在もの近くに残るの奥にあったといわれています。 鎌倉公方が幕府と対立ー永享の乱 1438年(永享10年)、鎌倉公方の足利持氏(1398-1439)と関東管領の上杉憲実(1410? -1466? )の対立に端を発した永享の乱が起こり、室町幕府第6代将軍足利義教は持氏討伐を命じます。 上杉禅秀(氏憲)の乱の後、厳しい粛正、幕府に近い佐竹氏討伐など鎌倉公方足利持氏の幕府に反する行動が目立つようになります。 第6代将軍の義教が就任し元号が正長から永享に変わっても正長の元号を使い続けるなど、完全に幕府に従わないことを態度で示します。 その上、幕府に近い関東管領上杉憲実と対立します。 結局幕府軍に敗れた足利持氏は称名寺にて出家するものの永安寺において自害。 持氏の嫡子義久は鎌倉のにおいて自害します。 戦国時代の遠因となった関東の大乱ー享徳の乱 自害した第4代鎌倉公方、持氏の後を継いだ足利成氏が関東管領上杉憲忠を暗殺したことに始まり、幕府・関東管領(山内・扇谷上杉)と鎌倉公方が争いました。 1455年(享徳3年)から1483年(文明14年)まで足掛け28年に及んだこの乱は関東一円に波及し、鎌倉公方、古河公方、堀越公方など関東を治める公方がいくつも誕生しました。 足利成氏は1455年(享徳3年)、父の持氏が自害する原因であった上杉憲実の子、上杉憲忠を殺害します。 殺害された憲忠の子である房顕が関東管領に就き、従弟であった越後守護の上杉房定と合流して上野平井城に入り対立勢力として屹立します。 鎌倉公方足利成氏と関東管領上杉房顕・幕府勢力の戦いが始まりました。 この乱の結果、利根川の東側を古河公方、西側を関東管領(上杉)が支配し、さらに幕府から鎌倉公方として派遣されたものの関東に入れなかった足利政知による堀越公方が伊豆を治めるという状態になりました。 足利成氏は北関東を転戦している間に幕府の命を受けた今川範忠に鎌倉を奪われたため、下総の古河城に入り御所とします。 これ以後、成氏の系譜は古河公方と呼ばれ以後130年に渡り古河において続いていきます。 結局、幕府は古河公方となった足利成氏を滅ぼすことはできず、以後はこの古河公方が関東の権威を持つこととなりました。 関東の勢力を2分して争った享徳の乱は戦国時代の前章ともいえます。 後に北条氏康、上杉謙信などもその覇権に加わり、時代は戦国へと入っていきます。 後北条氏の時代に自然消滅した古河公方は、豊臣秀吉が喜連川家として復興。 その後江戸時代に入っても大名格として残り、明治を生き抜き家名を足利家に戻して現在まで続いています。 フォトギャラリー.

次の

鎌倉幕府の問注所が有った場所へ。歴史をわかりやすく解説します。

鎌倉 幕府 場所

足利尊氏 出典:Wikipedia 一体どこに幕府があったのか。 それさえもはっきり私たちに刷り込まれていない室町幕府。 この際、しっかり知っておいて損はありません。 室町幕府という呼称の理由 室町幕府と呼ばれるようになったのは、第三代将軍・足利義満の時代に、花の御所が建てられた場所が室町だったからです。 室町通りに面するように正門が設けられたことから室町殿、 室町第 むろまちだいとも呼ばれました。 では、尊氏はどこに幕府を作ったか? えっ、尊氏の時から室町に幕府はなかったの? と思う方もいらっしゃるかも知れません。 そう、尊氏は武家政権を開いたときには、室町に住んでいません。 南朝の後醍醐天皇と対立して北朝を後見するために、京の中でも御所に近い二条高倉に住んだのです。 だから、もちろん尊氏も自分が樹立した幕府を「室町幕府」とは呼んでいません。 その時代に生きた人々は「今は室町時代よね」などと思ってはいなかったわけです。 これらの呼称は全て後世の人々によるものです。 室町幕府はどうして京都に置いたのか 室町幕府ができるまで鎌倉に幕府があったんだから、鎌倉じゃダメなの? という疑問がありますが、それなりの理由があったのです。 室町幕府が京都に置かれた理由 1. 南朝として吉野(奈良県)に君臨する後醍醐天皇の活動の監視と牽制のため 尊氏が幕府を創設したころは、後醍醐天皇もまだアクティブ。 吉野を発信地にして何をするかわからなかった天皇の動きを常に把握している必要がありました。 室町幕府の正当化のために、奉じた天皇の側にいる方が都合がよかったから 南朝に後醍醐天皇があったように、足利尊氏側の北朝には光明天皇があり、その奉じた天皇の側にいたほうが後見しやすかったのです。 幕府の設置場所としてまずは京都に設置したのがそのままになったから 確かに、室町幕府成立の際には京都か鎌倉か、の二つの意見があったとされています。 もともと源頼朝の時代から源氏の勢力が強く、新生幕府として東国政治に深くはいりこむことは難しかったようです。 室町幕府の落ち着きが悪いのはなぜ 室町幕府が始まったとされるのは、足利尊氏が征夷大将軍に任命された時だとされています。 しかしその時、将軍家そのものが不安定でした。 幕府が出来上がるとすぐに尊氏と直義の兄弟による争い「観応の 擾乱 じょうらん」が起きています。 しかも後醍醐天皇の南朝もまだ勢いがありました。 3代将軍足利義満の時代になるまでは足利家自体がどうなるか先行きが見えていなかったのです。 しかし、その3代将軍義満以降も幕府には以下のような苦しい事情がありました。 幕府の苦しい事情 1. 守護大名の力が強かった 鎌倉時代の守護は、鎌倉幕府にコントロールされた地方を司る軍事的な役割でした。 しかし、南北朝の混乱時期には、幕府の目は地方の隅々までは行き渡らず、そこにいる守護を通して支配する形になっていました。 地方に行けば、幕府よりも守護にその領地の政治的な力もあったわけです。 直轄地が少なく、財源が乏しかった 室町幕府の収入は足利家の所領からの収入に頼っていたのですが、御料所と呼ばれる直轄地が少ないために財源は豊富ではありませんでした。 将軍家直轄の軍事力が大きくなかった 室町幕府に整備された幕府官職の一つに 奉公衆 ほうこうしゅうがあります。 これは将軍直属の軍事力。 しかし、平均して5千から1万人前後だったと言われ、圧倒的な軍事力とは言えない状況だったのです。 おわりに 室町幕府は内部にいろんな悩みを抱えた幕府でもありました。 しかし、これは尊氏や足利家が能力不足であったというよりは、 彼らを取り巻く状況や環境、 特に南朝との攻防と同時進行で作られた幕府であるという事情が大いにあったと思われます。 関連記事 >>>> その他の人物はこちら 室町時代に活躍した歴史上の人物 関連記事 >>>> 時代別 歴史上の人物 関連記事 >>>>.

次の