けい しぶく りょう が ん。 パニック障害に苓桂甘棗湯(りょうけいかんそうとう)

計量学(けいりょうがく)とは

けい しぶく りょう が ん

相談すること 1. 次の人は服用前に医師、薬剤師または登録販売者に相談してください (1)医師の治療を受けている人。 (2)妊婦または妊娠していると思われる人。 (3)高齢者。 (4)今までに薬などにより発疹・発赤、かゆみ等を起こしたことがある人。 (5)次の症状のある人。 むくみ (6)次の診断を受けた人。 高血圧、心臓病、腎臓病 2. 服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師または登録販売者に相談してください 関係部位 症状 皮 膚 発疹・発赤、かゆみ まれに下記の重篤な症状が起こることがあります。 その場合は直ちに医師の診療を受けてください。 症状の名称 症状 偽アルドステロン症、 ミオパチー 手足のだるさ、しびれ、つっぱり感やこわばりに加えて、脱力感、筋肉痛があらわれ、徐々に強くなる。 1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師または登録販売者に相談してください 4. 長期連用する場合には、医師、薬剤師または登録販売者に相談してください.

次の

病名・症状から調べる漢方の処方辞典

けい しぶく りょう が ん

測定の科学。 測定を計画・実践し、その結果を評価して活用するまでの幅広い内容を含む。 「ヒト」が生活を開始した時点での必須 ひっす 要件は多々あったと思われるが、その一つに「モノ」を「はかる」という要素があった。 とくに、人間生活に集団としての社会的位置づけが求められるようになると、「はかる」ことの意義がいっそう明確化されて、生活の目安となる公共財としての「はかる」ことの科学的客観性あるいは法的な基準とルール、さらにはそのための道具(計量器、計器、測定器、試験機、測定装置、分析機器など)が必要となってきた。 はかること、すなわち、計量計測に関連する分野は、日常生活から産業・経済・通商と幅広く、政治にも深く関与してきた。 洋の東西を問わず、国の統治に関しては、土地の面積や穀物などを「はかる」技術や取決めが構築されてきたことにもその重要性が示されている。 「計量」という学問体系も、以前の度量衡(度:長さ、量:かさ・体積、衡:秤 はかり ・質量)の時代から進化し、近年の「メートル条約」や「国際法定計量機関(OIML:International Organization of Legal Metrology)を設立する条約」の二つの国際条約、さらには安全・安心の目安となる基準認証の視点を基盤に置く国際連携がきめ細かく結ばれている。 そして現在は、「はかる」世界の国際的統一がいっそう注目を集めるようになってきたが、その背景に、学問的位置づけ、産業的位置づけ、そして社会生活的位置づけがあるといえる。 メートル条約が締結された1875年当時は、計量の標準を必要とする分野が物理学と電磁気学に集約されていたが、近年ではその領域が化学、生物学、臨床科学、食品科学、環境科学、さらには気象学へと急速に広がってきている。 計量の対象も「モノ」のみならず、「事象」をも含むようになってきた。 そして、学問的には、1960年に承認された国際単位系(SI)が新たな国際統一の起点となり、現在では「はかる」計量単位の国際標準をSIに置くことが国際的にも学術的な面からも広く認められている。 日本においては小学校から高等学校までの教科書にもSIが採用されている。 計量の流れは、 1 測定計画の策定(目的の確認)、 2 測定の実施(原理・原則と道具)、 3 測定結果のまとめと活用、に大別することができる。 1 は、何の目的で何を測定の対象とするかを明確化することであり、 2 では、そのための原理や原則を利用してどのような装置や道具を使うかを確定する。 3 では、 1 および 2 の準備のもとに実際に測定を実施して結果をまとめ、その結果を有効に活用することで所期の目標が達成される。 最近の最先端の計量、とくに国際比較などの客観性が求められる分野では、どのような計量標準を基盤としているかという計量計測トレーサビリティ(metrological traceability)を示すことと、測定された結果の信頼性を付与する測定不確かさ(measurement uncertainty)の表記が必須の要件とされている。 このために、国際比較の結果を用いて国際的な相互承認を実践するために、メートル条約のもとで実施された、長さ、時間、質量、温度、電圧、力、圧力、などの主要な量についての国際的な基幹比較の結果が、データベース(KCDB:Key Comparison Database)として国際度量衡局(BIPM:Bureau International des Poids et Mesures)のホームページ上に確保されて、利用できるようになっている。 [今井秀孝].

次の

病名・症状から調べる漢方の処方辞典

けい しぶく りょう が ん

測定の科学。 測定を計画・実践し、その結果を評価して活用するまでの幅広い内容を含む。 「ヒト」が生活を開始した時点での必須 ひっす 要件は多々あったと思われるが、その一つに「モノ」を「はかる」という要素があった。 とくに、人間生活に集団としての社会的位置づけが求められるようになると、「はかる」ことの意義がいっそう明確化されて、生活の目安となる公共財としての「はかる」ことの科学的客観性あるいは法的な基準とルール、さらにはそのための道具(計量器、計器、測定器、試験機、測定装置、分析機器など)が必要となってきた。 はかること、すなわち、計量計測に関連する分野は、日常生活から産業・経済・通商と幅広く、政治にも深く関与してきた。 洋の東西を問わず、国の統治に関しては、土地の面積や穀物などを「はかる」技術や取決めが構築されてきたことにもその重要性が示されている。 「計量」という学問体系も、以前の度量衡(度:長さ、量:かさ・体積、衡:秤 はかり ・質量)の時代から進化し、近年の「メートル条約」や「国際法定計量機関(OIML:International Organization of Legal Metrology)を設立する条約」の二つの国際条約、さらには安全・安心の目安となる基準認証の視点を基盤に置く国際連携がきめ細かく結ばれている。 そして現在は、「はかる」世界の国際的統一がいっそう注目を集めるようになってきたが、その背景に、学問的位置づけ、産業的位置づけ、そして社会生活的位置づけがあるといえる。 メートル条約が締結された1875年当時は、計量の標準を必要とする分野が物理学と電磁気学に集約されていたが、近年ではその領域が化学、生物学、臨床科学、食品科学、環境科学、さらには気象学へと急速に広がってきている。 計量の対象も「モノ」のみならず、「事象」をも含むようになってきた。 そして、学問的には、1960年に承認された国際単位系(SI)が新たな国際統一の起点となり、現在では「はかる」計量単位の国際標準をSIに置くことが国際的にも学術的な面からも広く認められている。 日本においては小学校から高等学校までの教科書にもSIが採用されている。 計量の流れは、 1 測定計画の策定(目的の確認)、 2 測定の実施(原理・原則と道具)、 3 測定結果のまとめと活用、に大別することができる。 1 は、何の目的で何を測定の対象とするかを明確化することであり、 2 では、そのための原理や原則を利用してどのような装置や道具を使うかを確定する。 3 では、 1 および 2 の準備のもとに実際に測定を実施して結果をまとめ、その結果を有効に活用することで所期の目標が達成される。 最近の最先端の計量、とくに国際比較などの客観性が求められる分野では、どのような計量標準を基盤としているかという計量計測トレーサビリティ(metrological traceability)を示すことと、測定された結果の信頼性を付与する測定不確かさ(measurement uncertainty)の表記が必須の要件とされている。 このために、国際比較の結果を用いて国際的な相互承認を実践するために、メートル条約のもとで実施された、長さ、時間、質量、温度、電圧、力、圧力、などの主要な量についての国際的な基幹比較の結果が、データベース(KCDB:Key Comparison Database)として国際度量衡局(BIPM:Bureau International des Poids et Mesures)のホームページ上に確保されて、利用できるようになっている。 [今井秀孝].

次の