アルコール 77 使い方。 アルコール除菌スプレーの効果とは?使い方と注意点、作り方まで解説

口コミでも人気。パストリーゼ77の使い方や掃除方法をブログでレポート!

アルコール 77 使い方

菊水酒造株式会社 〒784-0004 高知県安芸市本町4丁目6番25号 同じ名前の酒造メーカーは別の地域にもありますが、今回「アルコール77」を発売されたのは高知県安芸市にある菊水酒造さんです。 日本酒や焼酎、リキュール、ラム酒などを製造しています。 アルコール77の菊水酒造は高知の株式会社で、よく見かけるふなぐち菊水一番しぼりの菊水とは別会社。 — ボリ bollymaymay 菊水の清酒づくり、酒づくりを支えているのは地元安芸(市)の名水です。 優れた水質は、酒づくりに欠かすことのできないもの。 また、昭和元年に日本で最初となる冷蔵貯蔵設備を酒蔵へと導入し、温暖な土佐の気候の中で良質な清酒づくりを実現するなど、名水と、名酒づくりに挑む杜氏たちの情熱が私たち菊水酒造の誇りなのです。 伝統を重んじるあまり、閉鎖的、封建的なのではと思われることもある酒蔵ですが、私たちは違います。 商品開発は若いスタッフが携わり、営業担当者はそのほとんどが若い女性たちです。 先人たちの築いた良き伝統と先駆の気風。 それが私たちの原動力といえるでしょう。 高知県の菊水酒造HPより引用 経営理念にあるように、若いスタッフと共に柔軟な商品開発に取り組んでいる菊水酒造さんだからこそ、今回このような商品を出すことになったのでしょうね。 他の酒造メーカーさんも応援されています。 おはようございます。 菊水酒造さんからアルコール77というスピリッツが発売されるようですね。 今井酒造店で売っているお酒では、消毒液のような使い方は出来ません。 ですが楽しく飲んでもらい、ココロの消毒には効果があると思いますよ。 エビデンスは皆さんの心の中にあるはずです。 — 今井酒造店 長野市の地酒 若緑 sakewakamidori 菊水酒造さんは今回の「アルコール77」の発売についてこのようにコメントしています。 2018年7月の豪雨で甚大な被害を受けましたが、各方面から多大なご支援をいただきました。 当社の有する製造設備を活用して、皆様のお役に立てる製品を提供することで、恩返しにつながればと考えたものです プレスリリースより引用 手指消毒剤として発売するには工業用アルコールに分類され、アルコール事業法の適用になるため、経済産業省への許可申請が必要になります。 厚生労働省の感染対策の一つとして、手指など皮膚の消毒には消毒用アルコール(70%)が有効としています。 ということなので高知の菊水酒造が販売するアルコール77はちょうどいい感じなんですねー。 なるほどなるほど — とかげ ソルト tokage3104 4月10日releaseの 菊水酒造のアルコール77が 話題ですが。 アルコール77って ウィルス対策に対して かなり出来るこなので。 パストリーゼ77の使用例も 参考にしてみてください😊 — marico marimarigohan 4月9日に通販サイトで以下のように告知されました。 ただいま、多数のお客様からお問い合わせを頂いております。 アクセス集中の為、サイトの更新ができない状態になっております。 (本来であれば、ホームページでも情報更新をすべきなのですが、ホームページ、特設サイト共に情報更新ができません) 明日、10日出荷開始予定ですが、新たなご注文につきましては受付を停止しております。 宜しければ、【77 tosa-kikusui. jp】宛にメールを送付頂けないでしょうか? ネット上でご注文頂けるようになり次第、ご案内させて頂きます。 本当に申し訳ございません。 何卒よろしくお願い申し上げます。 より引用 HP掲載のメールに問い合わせをすると、こちらの内容の返信が届きました。 」発泡酒などだと「酒税を減らす」ためにあれこれやりくりしている酒造業者が、今回は逆に酒税を払ってでも高濃度のアルコールを出す — rhythmsift rhythmsift 菊水酒造のアルコール77なんかはまさにこれですね。

次の

ドーバーパストリーゼ77使い方!安全安心な消毒液です!

アルコール 77 使い方

Contents• 消毒用や除菌用として使われている製品は、アルコール濃度が70%~80%に調整されて販売されています。 アルコール度数が高すぎても低すぎても消毒・除菌の効果が落ちてしまうんですね。 そして『アルコール77』と言えば、同じアルコール度数のアルコール製剤である『パストリーゼ』を思い出します。 『パストリーゼ』も酒造メーカーが作ったアルコール製剤ですので、お酒である『アルコール77』も同じような使い方ができると考えられます。 【使用用途の例】• 手指の消毒• キッチン周りや調理器具の除菌• トイレ掃除 『アルコール77』はレモンの香りがしますが、身の回りのものの掃除や除菌をするという使い方ができそうですね。 『アルコール77』を使う時の注意点 『アルコール77』は飲料用ということで安全性は高いですが、使う時には気を付けたいことが何点かあります。 火気厳禁 アルコールは燃えやすい成分で、飲料用でもアルコール濃度が高いと危険物としての取り扱いが必要となります。 火気に近づけると引火する恐れがあるので、特にコンロ周りで使う時は必ずガスの元栓を閉めて、アルコールが完全に蒸発したことを確認してから使うようにしましょう。 アルコール対応容器に詰め替え 『アルコール77』の内容量は500mlで、瓶容器に入っているので使い勝手を良くするために詰め替えて使いたいと思っている方もいるかもしれませんが、移し替えて使う場合はアルコールに対応しているボトルに詰め替えて使う必要があります。 アルコールに弱い材質のボトルは、容器がひび割れや変色し破損などのトラブルが起こる可能性がありますので注意が必要です。 使用できない材質 アルコールを使用することで、 変色、溶解、亀裂などの変化が起きる場合があるので吹き付ける材質にも気を付けましょう。 丁寧なお手紙とともに丁寧な包装でさすが日本企業。 お酒なのでもちろん飲めるし,間違って手にかかってもウィルス消毒可能!最強! 本当にありがとうございます。 — Kenji T richmond1108 プレスリリースの製品概要には 「消毒用アルコールと同等のアルコール分を含んでおりますが、消毒や除菌を目的に製造されたものではありません」と注意書きがあります。 しかし、『アルコール77』のボトルには 「It is a sake that can remove bacteria from cooking utensils. 」( 調理器具に付着 した バクテリアを除去できる酒です。 )と書かれているんですよね。 消毒や除菌を目的に製造されたものではないけれど、 調理器具に付着 した バクテリアを除去できるってどういう事?と思いますよね。 医薬品は許可が必要だし、販路も違うから消毒用アルコールを作れないが、たまたま消毒に適した濃度で余計な成分の入っていないスピリッツを作って酒として売っちゃうけど、絶対に消毒用に使うなよ!絶対に使うなよ!豪雨被害の恩返しで開発したけど、消毒用じゃないからな!! — あれっくす NStyles アルコール消毒液が品薄になっている現在、 医薬品 や医薬部外品を製造・販売するためには許可が必要です。 今から企業が消毒用アルコールを造ろうすれば取得するのに時間がかかってしまいますが、酒造メーカーがお酒として作って販売すれば問題ないと考えたんですね! しかも、この方法ならスーパーやコンビニでも販売できるし、これは目の付けどころが素晴らしいです! 高知県は「酒としての販売と聞いています」。 医療関係者は「コロナウイルス対策には70~80度ぐらいのエタノールが有効。 しかしこの酒に効果があるかは不明。 消毒に使うのは推奨できない」とくぎを刺す。 引用: 『アルコール77』は関係省庁の指導のもとに製造販売されていますが、 あくまで飲料用なので自己責任で使ってくださいということになりますね。 菊水酒造『アルコール77』の発売にネットの反応 菊水酒造が凄い、消毒アルコールとほぼ同成分の酒を販売する!観賞用にしたり、うっかり手に溢しちゃったても殺菌作用があるから安心。 お値段もリーズナブル、関係省庁の指導も受けてて安心。 社会貢献のついでに企業価値まで上がるので余裕のある所はいろいろ隙間を狙ってほしい — 木村吉邦 kimurayoshikuni 素晴らしい! 医療機関は今まで通り消毒用エタノールを使い、ご家庭はこちらを買えば良い。 もし、使い残したら果実酒でも漬けたらいい。 消毒用でなくスピリッツとしての販売なので酒税はかかるが…といってたけど、何よりいち早く届けたいという思いがいいね。 発想がすごい。 引火しないよう電気を使わない施設で作っているとか。 『アルコール77』は関係省庁の指導のもとに製造販売されている商品で、手指の消毒や身の回りの除菌にも使えると考えられますが、あくまで飲料用です。 こまめに手洗いとうがいをして感染拡大予防をしていきましょう。 それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

次の

菊水酒造からアルコール77が発売!消毒にも使える?

アルコール 77 使い方

「SPIRITS75」の準備を進めていた笹の川酒造(安積蒸溜所Twitterアカウントより) 福島県郡山市の笹の川酒造は4月7日、同社の安積蒸溜所が運用するTwitterアカウントを使い、75度のアルコール製品「SPIRITS75」を出荷すると発表した。 地元福島県から始め、順次全国へ出荷するという。 しかし、4月10日になって「消防法等の観点から仕様変更する」と明らかに。 飲料用のお酒でも高濃度アルコールの場合は危険物(第四類アルコール類)に該当する場合がある。 そこでアルコール度数を75度から66度へと下げ、容器も変え(容量は480mlから500mlへ変更)、商品名も「SPIRITS66」に変更する。 「より安全な製造、貯蔵、保管、輸送などの安全強化を重要視し、やむを得ず仕様変更することになった」としている。 「砺波野スピリット77%」 砺波野スピリット77%の原材料は、サトウキビ原料の醸造アルコールと水、グリセリンなど。 グリセリンは油脂を加水分解して作られる無色透明の液体で、甘味料や保存料に使われる食品添加物。 手指消毒用のアルコールでも保湿剤として使われることがある。 当初は毎週約1000本を製造する計画で、北陸の医療機関へ優先的に供給する他、若鶴酒造の直営店(とやま地酒本舗蔵の香、若鶴 令和蔵)、ドラッグストアなどでの販売を予定している。 売り上げの一部は新型コロナウイルスの感染拡大防止に向けた取り組みに寄付する。 また、同社が所有するウイスキー蒸留器「ZEMON」(ゼモン)を用いて高濃度アルコールを製造することも検討しており、実現すれば供給量のアップが期待できる。 あくまでもお酒、でも「差し支えなし」 これらの製品はお酒に分類され、「消毒や除菌を目的に製造されたものではありません」という注意書きが必ずある。 しかし同時に、消毒に使う高濃度エタノール製品(65〜80%)としての条件も満たしている。 消毒用アルコールが不足する中、厚生労働省医政局は3月23日、日本医師会に対して「手指消毒用エタノールの供給が不足していることから、医療機関等において、やむを得ない場合に限り、高濃度エタノール製品を手指消毒用エタノールの代替として用いることは差し支えない」と案内している。 関連記事• 日本酒や焼酎などを製造する菊水酒造(高知県安芸市)は、アルコール度数77度の高濃度スピリッツ「アルコール77」の出荷を4月10日に始める。 価格は1本1200円(税別)。 政府は4月1日、国内の全世帯(約5000万世帯)に布マスク2枚を配布する方針を示した。 なぜ布マスクなのか。 台湾のデジタル担当政務委員であるオードリー・タン氏が、使い捨ての医療用サージカルマスクを家庭で消毒する方法を紹介した動画を公開し、日本のネットユーザーの間で話題に。 新型コロナウイルスの感染予防対策として、手洗いやうがいの有効性が広く知られるようになりました。 ただ、スマートフォンを持つとき、「もし、このスマートフォンにウイルスが付着していたら」と思った人も多いのではないでしょうか。 関連リンク•

次の