米寿祝いの言葉。 感謝の気持ちを伝える「感謝状」の例文集

米寿のお祝いのメッセージ例文。言葉が出てこないときはこう書く

米寿祝いの言葉

遠くに住んでいる両親や祖父母の米寿のお祝いには、メッセージを贈りましょう。 本当は顔を見て直接お祝いするのが一番ですが、離れて暮らしていると簡単に会いに行けないこともありますからね。 そういう時は、お祝いメッセージを贈ると喜ばれます。 ではどんな言葉を贈ればいいのでしょう? 88年も生きてこられた長寿の方ですから、あまり失礼な文は書けません。 親族であればそこまで気を遣わなくてもいいですが、それでも文面には悩みます。 例えばお孫さんや子供さんですと、「おめでとう」の言葉と「また会いに行くよ」といった言葉や、「感謝しています」という気持ちを伝えましょう。 知り合いなどであれば、同じく「おめでとう」の言葉と共に、体「に気をつけて、これからも元気で長生きして下さい」とシンプルにまとめるのもいいでしょう。 あまり長い文章よりも、短くシンプルに書いたほうが高齢の方には読みやすいです。 具体的に役に立ちそうな米寿のお祝いのメッセージ例文を紹介します。 例文 お祝いメッセージの内容は、あまり長くせずシンプルにまとめましょう。 おじいちゃんやおばあちゃん、いつも可愛がってくれてありがとう。 これからも元気で長生きして、たくさん遊んでください。 なども喜ばれます。 米寿のイメージカラーは金茶色・黄色です。 金茶色・黄色系の色がワンポイントでも入ったメッセージカードを添えれば、米寿らしくなりますよ。 声のメッセージ メッセージというと、カードにメッセージを書いて贈るイメージですが、他にもメッセージを伝える方法はありますよ。 例えば、会いに行けない場合は、CDにお祝いメッセージを吹き込んだり、言葉を録音できる機能があるぬいぐるみにメッセージを入れたり。 こういうお祝いの伝え方もありますので、検討してみてください。 ボイスメッセージカード 録音・再生機能の付いたメッセージカードでおじいちゃん、おばあちゃんへの感謝の言葉とお祝いの言葉を録音し、それを届けることで気持ちのこもったメッセージを届けることができます。 電話だと1回きりです。 でもボイスメッセージカードなら、聞きたいときに何度でもあなたのメッセージを聞いてもらうことができます。 なかなか会う機会がないからこそ、「いつでもそばにいるように感じられる」「何度でも聞きたくなる」そんなプレゼントが喜ばれると思いませんか? ただし、ボイスメッセージカードだけだと少し寂しいので、おじいちゃん、おばあちゃんの似顔絵といった定番のプレゼントとセットで送ることをオススメします。 カードのメッセージももちろん嬉しいことですが、直接声を聞けた方が嬉しさも倍増すると思いませんか? 米寿のお祝いで喜ばれる孫のメッセージの送り方 米寿では、お孫さんからメッセージを送ることも多いはず。 ではどんなメッセージにすれば喜んでもらえるのか?具体的な内容について考えます。 お孫さんが小さい場合 しっかりとしたメッセージを考えて送るのは難しいので、基本的には自由に書いてもらっていいでしょう。 米寿を迎えるもらう側も、お孫さんが心を込めて書いてくれたメッセージです。 内容がどんなものでも嬉しいのは間違いありません。 特に喜ばれるメッセージ 似顔絵が書いてあるメッセージは、やはり思い出に残り嬉しいプレゼントになるようです。 おじいちゃんおばあちゃん揃って米寿を迎えるなら、2人の似顔絵を描いてもらい、そこにメッセージを添えれば素晴らしい贈り物になります。 絵が上手、下手は関係ありません。 お孫さんのご両親も一言メッセージを書いておくとさらに良いでしょう。 感謝の気持ち 感謝の気持ちが伝わるメッセージになることも大切です。 お孫さんが自分でメッセージを考えるのが難しい場合は、一緒に考えてあげます。 この贈り物のポイントは「お孫さんから」という点です。 変にかしこまった文章になるよりも、お子さんらしい文章の方が喜ばれます。 ある程度の内容を一緒に考えて、後はお孫さんに自由に書かせるようにします。 色鉛筆なんかを使って、カラフルにするのもおすすめ。 これらのポイントを抑えておけば、理想的なメッセージが完成します。 世界に1つしかないオリジナルの贈り物ですよ。 遠方に住んでいる祖父母への88歳米寿のお祝い電報の例文 おばあちゃん、米寿という人生の節目を迎えおめでとう。 いつまでも元気でいてね。 こうした内容の電報が多いです。 やはり短いながらも、「米寿を迎えられたことを祝う気持ち」、「これからも長生きしてほしいという思い」が込められています。 メッセージとして何か難しい言葉を使っているわけではありません。 あなたが電報を送る場合も、それほど難しく考える必要はないです。 大切なのは気持ちを伝えること。 祖父母に送るなら、かしこまった言葉遣いでなくてもいいので、正直な気持ちをメッセージにするのがいいでしょう。 直接言えればそれが1番です。 でも、どうしても難しい場合もあります。 そんな場合は、電報を上手に活用しましょう。 電報は形として残るので、記念品としての役割もあります。 今でも贈り物としてよく利用されています。 電報で贈る88歳米寿のお祝い・主な手順と注意点 米寿を祝う1つの方法として電報があります。 普段あまり利用する機会のない電報です。 その手順や注意点について把握しておきましょう。 お仕事の都合などでお祝いの場に参加できない場合、電報でメッセージを伝えると喜ばれます。 ネットの普及により、メールを送ることが普通になり、メッセージもメールという方は多いです。 それでも電報は、思い出に残るメッセージの送り方として人気を集めています。 それに、相手が88歳の高齢ということもあって、電子機器を上手に扱えませんから。 では、電報を送るための手順や注意点を見ていきましょう。 手順 電報は電話やインターネットから申込可能です。 電報の内容については、文例集から選ぶこともできます。 もちろん自分で考えたメッセージを使ってもOK。 自分でメッセージを考える場合は、あらかじめその内容をメモしておくとスムーズです。 お祝いに送るメッセージですから、縁起の悪い言葉などは使わないように注意しましょう。 電報を送る際には、メッセージが書かれた紙だけでなく台紙を送ることが可能です。 最近ではデザインがオシャレな台紙が増えています。 押し花を使った台紙など、相手が喜ぶようなデザインを選べばさらに喜んでもらえるでしょう。 電報を送るには、相手の住所や氏名なども必要です。 事前に調べておきます。 もし送り先が自宅ではなく、レストランなど店舗で祝う場合はお店に連絡して、電報を受け取ってもらえるかどうかを確認しておきましょう。 電報は感謝の気持ちを伝える方法としても最適です。 もらった側も思い出として残しておけます。 言葉で直接伝えるのとは、また少し違った味がある電報。 デジタル時代の今だからこそ、米寿のお祝いとしておすすめです。

次の

それぞれ何歳? 長寿祝いの基礎知識(古希/喜寿/傘寿/米寿/卒寿/白寿)

米寿祝いの言葉

長寿祝いの名称と由来 数え年齢 名称 よみかた 由来 61歳 還暦 かんれき 生まれた年の干支にもどることから。 (満60歳で祝う) 70歳 古稀(古希) こき 唐の詩人・杜甫の「人生七十古来稀なり」に由来。 77歳 喜寿 きじゅ 「喜」のくずし字の、七を3つ重ねた形から。 80歳 傘寿 さんじゅ 「傘」のくずし字の、八と十を重ねた形から。 88歳 米寿 べいじゅ 「米」の字をくずすと、八、十、八に分かれるので。 90歳 卒寿 そつじゅ 「卒」のくずし字「卆」が九十と読めることから。 99歳 白寿 はくじゅ 「百」から横線の「一」を取ると「白」になるので。 100歳 紀寿 きじゅ 100年=一世紀を表わす「紀」から。 108歳 茶寿 ちゃじゅ 「茶」の字をくずすと、八、十、八に分かれるので。 111歳 皇寿 こうじゅ 「皇」は「白」と「王」にわかれる。 「白」は、「百」から横線の「一」を取ると「白」になるので99歳を表わし、「王」は「十」と「二」に分けることができる。 ゆえに「白」(99歳)+ 「十」「二」で111歳。

次の

長寿祝いメッセージカード》長寿お祝い・長寿祝いの言葉・由来・文例・例文

米寿祝いの言葉

長寿祝いの種類 長寿を祝う節目の年齢には、還暦や古希、喜寿などの名称があります。 本来は数え年で祝いますが、現在では満年齢で祝うことが多くなってきています。 ただし、還暦だけは数え年で61歳、満年齢60歳でお祝いします。 以下、主な長寿のお祝いをご紹介します。 還暦(かんれき)…61歳(満60歳) 生まれた年の干支に還ることから、「還暦」と呼ばれるようになりました。 赤いちゃんちゃんこの風習があり、赤が長寿祝いの色とされています。 古希【古稀】(こき)…70歳 中国の唐時代の詩人、杜甫の詩の一節である「人生七十古来稀なり」に由来しています。 現代では還暦よりも本格的な長寿の祝いと考えられているようです。 紫が長寿祝いの色とされています。 喜寿(きじゅ)…77歳 「喜」という字の草書体が七を3つ重ねた形になり、七十七と読めることに由来しています。 紫が長寿祝いの色とされています。 傘寿(さんじゅ)…80歳 「傘」の略字が八と十を重ねた形になり、八十と読めることに由来しています。 黄(金茶)が長寿祝いの色とされています。 米寿(べいじゅ)…88歳 「米」の字をくずすと八十八と読めることに由来しています。 黄(金茶)が長寿祝いの色とされています。 卒寿(そつじゅ)…90歳 「卒」の略字である「卆」が九十と読めることに由来しています。 白が長寿祝いの色とされています。 白寿(はくじゅ)…99歳 百から一を引くと「白」となることに由来しています。 白が長寿祝いの色とされています。 紀寿(きじゅ)または百寿(ひゃくじゅ)…100歳 100年が一世紀ということから紀寿、また100歳であることから百寿と呼ばれています。 白が長寿祝いの色とされています。 100歳を超えた長寿祝いには、108歳の茶寿や111歳の皇寿、120歳の大還暦があります。 また、250歳で天寿というものもあります。 長寿祝いの祝い方 お祝いをされる方が主催となりお祝いの会を開いていましたが、現代では家族や身近な人がお祝いの会を開くことが一般的なようです。 特に決まった祝い方はありませんので、お祝いされる方の意向に沿った形がよいでしょう。 健康状態によっては長時間の祝宴や旅行の招待などは負担になる場合もありますので、祝い方に配慮する必要があります。 長寿祝いのお祝い品&金額の相場は? 人生の区切りとなるお祝いなので、消耗品以外がおすすめ! 還暦では赤い頭巾やちゃんちゃんこを贈る風習がありますが、その他の長寿祝いでは特に決まったものはありません。 人生の区切りとなるお祝いなので、消耗品ではなく記念になるプレゼントや思い出に残る旅行や食事会などを贈るのがおすすめです。 もし迷ったときは、傘寿で傘を贈るなど、長寿祝いの名称にちなんだものや長寿祝いの色の品を選ぶとよいでしょう。 プレゼントの金額の相場は、贈る相手が両親の場合は2~3万円、祖父母の場合は1~2万円、親戚などの場合は1万円前後、それ以外の場合は数千円程度とされています。 少し高価なプレゼントを贈りたい場合は、家族や兄弟などと共同購入するのがよいでしょう。 おすすめのギフト「を贈る体験型ギフト」 ギフトを贈るときに特別な気持ちをしっかり伝えたいなら、リンベルのスペシャルラッピングサービスを利用することもできます。 このサービスで使用される和紙や紐は、ラッピング技能士の資格を持ったプロの講師やデザイナーにより共同で開発されたものです。 デザインは3種類あり、贈る相手の好みや届けたい気持ちに合わせて選ぶことができます。 包装は、ラッピング職人がひとつひとつ手作業で丁寧に担当しています。 「おめでとう」の気持ちを届けるにはぴったりの美しい仕上がりに、受け取った相手もきっと喜んでくれるはず。 メッセージカードもついているので、気持ちをしっかり伝えることができます。 大切な人へギフトを贈る際には、ギフトを紐解くときの感動まで届けられるスペシャルラッピングサービスをぜひ利用してみましょう。 長寿祝いで喜ばれるギフトを贈ろう 人生の区切りとなる長寿祝いでは、後からでも思い出せる記念に残るものを選びながら、「おめでとう」の気持ちをしっかりと伝えることが大切です。 後で「あのときやっておけばよかった」と後悔することのないように、長生きをお祝いする心のこもったギフトを選びましょう。 ギフトを選ぶときのポイントは、相手の好みや状況に合わせたものを贈ることです。 両親や祖父母など身近な人に贈るときは、相手の嗜好やライフスタイルをよく知っているので、それほど迷わずに選べるかもしれません。 しかし、相手のことをそれほどよく知らない場合はどうでしょうか。 贈り先が何を必要としているのか、普段どのような消耗品を使っているのかなどがよくわからない場合は、ギフト選びがなかなか決まらず困ってしまうこともあります。 そんなときは、カタログギフトを贈るとよいでしょう。 カタログギフトには、グルメやグッズ、体験型チケットなどさまざまなアイテムが掲載されており、好きなものを自由に選ぶことができます。 受け取った人が一番欲しいものを選べるので、贈るものに迷ったらぜひカタログギフトを利用してみましょう。

次の