とろろ 卵焼き。 卵焼きが劇的にふわふわになるレシピ! 「こす・強火・3回で焼く」が鉄則

とろろ昆布でふわふわだし巻き玉子

とろろ 卵焼き

メニューや食材名から検索できます。 昆布製品• 豆製品• お惣菜• カスピ海ヨーグルト• デザート• スープ・料理の素• 主食・主菜系• 副菜系• 汁物、ソース・ドレッシング• その他• 魚介類• 野菜・果物• 乳・乳製品• その他•

次の

心がホッとする素朴な味、映画「深夜食堂」の料理を再現できるレシピ5選

とろろ 卵焼き

お弁当のおかずには欠かせない卵焼きですが、毎朝作るのは結構面倒だし時間もかかりますね。 でも卵焼きを美味しいままで冷凍保存できるとしたらとても助かりませんか?今回は冷凍しても美味しい卵焼きの作り方のコツと冷凍方法をご紹介します。 参考にしてみてくださいね。 冷凍したらどうして美味しくなくなるの? 普通に卵焼きを焼いて冷凍保存すると、解凍したときにどうしても食感が悪くなってしまいます。 これは 解凍したときに卵焼きの中の水分が抜けてしまい、せっかく柔らかく巻いた卵焼きの生地にスポンジ状の穴ができて、 ボソボソとした食感になってしまうからなのです。 ですから、冷凍しても美味しい卵焼きを作るには、 水分が少なめの卵焼きにすればいいですね。 冷凍しても美味しい卵焼きレシピをピックアップ! by futsuben 冷凍しても美味しい卵焼きを作るポイント では、冷凍しても美味しい卵焼きを作るポイントをご紹介します。 砂糖と類粒タイプのだしを使う 残念ながら水分が多めのだし巻き卵は最も冷凍に向きません。 出汁を使わないかわりに類粒のだしや砂糖を少し多めに入れて味つけをします。 片栗粉を入れる 片栗粉を入れるとしっかりとした卵焼きになります。 冷凍しても食感が損なわれません。 マヨネーズを使う マヨネーズを入れると卵焼きがふんわり柔らかく仕上がりますね。 解凍しても比較的柔らかい状態を保つことができます。 半熟ではなくしっかり火を通す 冷凍保存することを前提とするときには、半熟ではなくしっかりと火を通して卵焼きを仕上げましょう。 半熟の状態で冷凍すると、解凍したときに水分が抜けてしまいます。 卵焼きを冷凍するときのコツ 冷凍しても美味しい卵焼きができたら、次は冷凍方法です。 焼き上げた後はしっかり冷ます 卵焼きを焼いたら、しっかり冷ましましょう。 まだ余熱がとれない状態で冷凍すると余計な水分が含まれてしまいます。 卵焼きをカットしてラップにくるむ 卵焼きを食べやすい大きさにカットします。 そして 1回分ずつラップに包み小分けにします。 お弁当に入れるのが2切れなら2切れずつラップで包みましょう。 さらに冷凍用保存袋に入れる ラップで包んで小分けにした卵焼きは、さらにジップロックなどの冷凍用の袋に入れて保存します。 美味しく解凍するには? お弁当に入れるのなら、前日の夜に冷蔵庫に移して解凍するといいでしょう。 またお昼に食べる時間を考えてそのままお弁当に入れて自然解凍でも大丈夫です。 いかがでしたか? 卵焼きを美味しく冷凍保存して、毎朝のお弁当作りの時短に役立ててみてください。 またご紹介したレシピにアレンジを加えておうちのオリジナルの卵焼きレシピを作ってみるのもいいですね。 執筆者 ママdeko 食べ盛りの男の子2人の母。 毎月増え続けるお米の消費量にビビリ中.

次の

【冷凍できる卵焼きのコツとは】冷凍方法と保存期間、レシピを紹介!

とろろ 卵焼き

冷凍する卵焼きは半熟NG。 中までしっかり火を通しましょう。 【卵焼きの作り方】冷凍後もふわふわ&しっとり 材料(作りやすい分量)• 卵…3個 A• 砂糖…大さじ1• 調味料Aを加え、さっくりと混ぜ合わせる。 空気穴ができたら菜箸でつぶしながら焼き、固まってきたら卵焼き器の奥から手前に向かって巻く。 火が通ったら、2と同じように巻いていく。 この工程をもう一度行う。 4 アルミホイルで包み、粗熱を取る 卵焼きをアルミホイルで包み、粗熱が取れるまで置く。 (以下、6等分想定)。 1食分ずつ(2〜3切れずつ)ラップで包んで冷凍用保存袋に入れ、金属製バットにのせて冷凍する。 冷凍庫で2週間程度保存可能。 解凍方法 2切れあたり、電子レンジ(600W)で1分20秒加熱する。 温めが足りない場合は10秒ずつ追加して加熱する。 加熱しすぎるとパサパサになるので注意。 【食べ比べて検証】冷凍後どうなる!? 「冷凍テクニック」を使って焼いた卵焼きと、そうではない卵焼きを冷凍・解凍して検証。 その差は歴然で、今回のレシピの卵焼きの方がふんわりとしたボリューム感が保たれています。 パサつきが心配でしたが、しっとりした食感もちゃんとキープできていました。 ちょっとしたひと手間で、冷凍しても美味しい卵焼きができるのはうれしいですよね。 毎日のお弁当やごはんのおかずにぜひ試してみてください。

次の