新幹線 ic カード。 「スマートEX」と「エクスプレス予約」のサービス比較|JR東海

新幹線から在来線への乗り換え時の改札への切符の入れ方とSuicaの使い方

新幹線 ic カード

注意 なお、「EX-ICカード」といって東海道・山陽新幹線(東京~博多)で使えるicocaやsuicaなどとは違う新幹線用のICカードがありますが、 このページではEX-ICカードについては説明しません。 ICカードだけで新幹線に乗る方法とは? ICカードだけで新幹線に乗る方法とは、読んでその名の通りsuicaやicocaなどのICカード以外に何も使わずに新幹線に乗る方法です。 普通、新幹線に乗るときは下の画像のような紙の切符とかが必要ですよね? このような新幹線の切符などなしでICカードのみを使って新幹線に乗る方法のことです。 ICカードで新幹線に乗り継ぐ方法とは? まず、新幹線の改札には以下の2種類があります。 新幹線の2種類の改札• 駅の外から新幹線の駅構内に入れる改札• ICカードだけで新幹線に「乗る」方法 では、ICカードだけで新幹線に乗る方法をまず見ていきましょう。 新幹線」を使えばicocaやsuicaだけで切符なしに新幹線に乗ることが出来ます。 なお、これ以外の方法でsuicaやicocaなどのICカードのみで新幹線に乗る方法はありません。 東海道・山陽新幹線(東京~博多)で使えるスマートEX スマートEXはネット予約で簡単に東海道・山陽新幹線(東京~新大阪~博多)に乗れるサービスで、スマートEXを使うとICカードだけで新幹線に乗れるようになります。 スマートEXを使ってICカードで新幹線に乗る手順をわかりやすく解説していきます。 【ステップ1 スマートEXに会員登録 】 スマートEXに会員登録しましょう。 年会費は無料で、新幹線の切符が少し割安で買えるサービスなので登録しておいて損はないというか お得です! 詳しい登録方法については「」をご覧ください。 なお、ICカードのみで新幹線に乗る場合、スマートEXに会員登録するときに 同時に自分のsuicaやicocaなどのICカードの登録が必要です。 【ステップ2 新幹線をネット予約】 スマートEXのサイトから新幹線をネット予約します。 新幹線は自由席でも指定席でもグリーン席でも基本的に予約することが可能です。 ネット予約の方法は「」をご覧ください。 【ステップ3 いざ改札を通る】 予約が完了したら、後は当日にsuicaやicocaなどのICカードを新幹線の改札にタッチして通るだけです。 タッチ後は乗車票が出てくるのでそれを受け取りましょう。 なお、 新幹線代はスマートEXに登録したクレジットカードから引き落とされます。 新幹線代はICカードのチャージ残高からは引き落とされないので、新幹線代をicocaやsuicaなどにチャージしておく必要はありません。 新幹線から降りるときもICカードをかざすだけでOKです。 注意 なお、スマートEXでは、自分と一緒に乗る他の人の分も新幹線予約することができます。 しかし、複数人分新幹線を予約した場合はICカードで新幹線に乗れません。 自分の分のみ予約した場合のみしかICカードで新幹線に乗ることが出来ません。 くれぐれも気を付けてください。 【スマートEXが使える範囲】 スマートEXは東海道・山陽新幹線で利用が可能です。 利用できる範囲が広く、東京~横浜~静岡~名古屋~京都~新大阪~神戸~岡山~広島~博多の間ならどこでも使えます。 【スマートEXで使えるICカード】 スマートEXで使えるICカードは以下に示すKitaca、PASMO、Suica、manaca、toica、Pitapa、ICOCA、はやかけん、nimoca、SUGOCAの10種類です。 「」のサイトより 首都圏エリアで使えるタッチでGo! 新幹線 タッチでGo! 新幹線は東北新幹線、上越新幹線、北陸新幹線の 一部区間の自由席のみ利用できるサービスです。 タッチでGo! 新幹線を使ってICカードで新幹線に乗る手順をわかりやすく解説していきます。 【ステップ1 suicaをタッチでGo! 新幹線に登録】 まずはじめに、自分のsuicaをタッチでGo! 新幹線に登録する必要があります。 登録は自動券売機で行います。 登録するのにお金はかからず、1分もあれば完了するはずです。 登録方法については「」をご覧下さい。 【ステップ2 いざ改札を通る】 登録が完了したら、あとは改札を通るだけです。 特に新幹線の予約などをする必要はありません。 なお、タッチでGo! 新幹線では新幹線代はsuicaやicocaのチャージ残高から引き落とされます。 新幹線に乗る前に新幹線代は忘れずにチャージしておきましょう。 新幹線から降りるときもICカードをかざすだけでOKです。 「」より ICカードで新幹線に「乗り継ぐ」方法 ある駅に新幹線と在来線がどちらも通っている場合、在来線の駅構内と新幹線の駅構内をつなぐ改札口があります。 そこをICカードと新幹線の紙の切符で通り、新幹線に乗り継ぐ方法をここでは解説します。 改札の通り方は特に難しいことはなく、• 新幹線の切符を通す• suicaやicocaなどのICカードを改札にタッチする で完了です。 逆に新幹線を降り、新幹線の駅構内から在来線の駅構内へ行く場合もこれと同じで先に新幹線の紙の切符を通した後、ICカードをタッチするという感じです。 まとめ ICカードを使って新幹線に乗る方法、意外と簡単ですよね? 最後にもう一度簡単にまとめておきますね。

次の

「新幹線eチケット」ICカードの事後登録・領収書・紙券発行方法

新幹線 ic カード

Point 2 交通系ICカードでチケットレス乗車!• ・「えきねっと」であらかじめ登録したSuica等のICカードを新幹線自動改札機にタッチすることで、新幹線にチケットレス乗車することができます。 ・お持ちの全国相互利用対象の10種類の交通系ICカードがご利用いただけます。 ・こども用のICカードをご登録いただければ、小児のお客さまもチケットレス乗車していただくことができます。 ・モバイルSuicaもご登録いただけます。 Suica• Kitaca• ICOCA• PASMO• TOICA• manaca• PiTaPa• nimoca• SUGOCA• はやかけん• ・指定席:所定の運賃+料金から 200円引き• ・自由席:所定運賃+料金と同額 ・新幹線eチケット(基本)の 発売額(通常期)から割引 ・新幹線eチケット(基本)の 発売額(通常期)から割引 あり あり あり あり なし なし 6名 6名 6名 1ヶ月前10時から 出発時刻4分前かつ22時54分まで 1ヶ月前10時から 乗車日当日の1時40分まで 1ヶ月前10時から 乗車日13日前の1時40分まで 1ヶ月と7日前の5時30分 から1ヶ月前の9時54分まで 1ヶ月と7日前の5時30分 から1ヶ月前の9時54分まで 1ヶ月と7日前の5時30分 から1ヶ月前の9時54分まで ご予約成立時 ご予約成立時 ご予約成立時 クレジットカード決済 クレジットカード決済 クレジットカード決済• ・えきねっと特典適用の場合: 3ヶ月以内で何度でも変更可• ・えきねっと特典対象外の場合: 1回限り• ・えきねっと特典適用の場合: 3ヶ月以内で何度でも変更可• ・えきねっと特典対象外の場合: 1回限り• ・えきねっと特典適用の場合: 3ヶ月以内で何度でも変更可• ・えきねっと特典対象外の場合: 1回限り• ・えきねっと特典適用の場合: 1名様につき手数料320円• ・えきねっと特典適用の場合: 1名あたり手数料320円• ・えきねっと特典なし: 割引率に応じた手数料 (最低560円)• ・えきねっと特典適用の場合: 1名あたり手数料320円• ・えきねっと特典なし: 割引率に応じた手数料 (最低560円) スワイプすると内容の詳細がご覧いただけます。 はやて・やまびこ・なすの• <ご利用上の注意> ・チケットレス乗車には、人数分のICカードが必要です。 ・新幹線eチケットでは「東京都区内」などの特定都区市内制度は適用になりませんので、新幹線eチケットと在来線を乗り継いで利用される場合、全区間を無割引のきっぷで利用された場合の総額を上回る場合があります。 ・新幹線eチケットのご利用代金は、サイト内にて購入が完了した際に、「えきねっと」にご登録されているクレジットカードにて決済されます。

次の

「スマートEX」とは|JR東海

新幹線 ic カード

一部の駅では対象外となります。 注意事項• ・在来線乗車分の運賃は、交通系ICカードの入金 チャージ 残額から引き去ります。 ・在来線区間は、交通系ICカードの残額から、ご乗車になった区間の運賃(交通系ICカードに定期券が付加されている場合は乗り越し額)を改札機で自動的に精算します。 ・東京駅の東北・上越・長野・山形・秋田の各新幹線との乗継改札口はご利用になれません。 お乗り継ぎの際は、いったん、東海道(東北・上越など)新幹線の改札口を出場してください。 新幹線と在来線を乗り継ぐ場合 在来線に紙のきっぷで乗車• 在来線の乗車用としてFREX定期券をご利用の場合は、連絡口などであらかじめEXご利用票をお受け取りのうえご利用ください。 在来線区間の乗車券を新幹線乗換改札機に先に投入し、次にEX-ICカードをタッチして、出場します。 その他の駅では、いったん新幹線改札口から出て、改めて在来線の乗車券を別途駅の券売機などでお買い求めのうえ、在来線にご乗車ください。 注意事項.

次の