膀胱 炎 市販 薬 口コミ。 【薬剤師が教える】意外?膀胱炎には市販薬が効かない!?|薬剤師ママ すなめりブログ

【薬剤師監修】膀胱炎におすすめの薬人気ランキング7選【残尿感に悩まされる方に】

膀胱 炎 市販 薬 口コミ

膀胱炎で血尿が出るのはなぜ? 血尿の原因 膀胱は血流が多い臓器で、膀胱壁にたくさんの細い血管が巡っています。 その 細い血管が、感染や薬剤、放射線等の影響によりもろくなり出血しやすくなると考えられています。 また、尿を生成している腎臓や、尿が通過する尿管、膀胱、尿道で炎症や傷が生じた場合も血尿が起こる可能性があります。 血尿が伴う膀胱炎• 急性膀胱炎 大腸菌等の細菌が膀胱内に入り込み炎症が生じる疾患です。 膀胱の内側表面は、柔らかい粘膜でできており、その 粘膜が膀胱炎の発症によって炎症を起こし、症状が悪化すると出血して血尿が起こる可能性があります。 出血性膀胱炎 出血が起こる膀胱炎で、尿の中に血が少し混ざっているというよりは、 尿全体が均等に赤く見える状態の血尿が見られます。 血尿にくわえて、 排尿痛、頻尿、残尿感を伴うケースが多いです。 症状が軽い場合は、肉眼では確認できないほどの出血ですが、中等度になると肉眼で確認できる出血になり、重症化すると血の塊が生じる場合もあります。 血尿が悪化すると、膀胱タンポナーデ(膀胱内に血液の塊が生じて排尿が困難になる)に陥る恐れがあります。 この場合には、一刻も早い処置が必要になります。 出血性膀胱炎は、 医薬品により発症するケースもあります。 原因として考えられる医薬品• 抗がん薬(シクロホスファミド、イホスファミド)• 抗アレルギー薬• 免疫抑制剤• 抗生物質等 その他、出血性膀胱炎の原因となること• 放射線治療を受けた経験がある場合• 高齢の方• 神経因性膀胱の場合• 糖尿病の場合• 尿路結石の場合• 肝機能障害の場合 等 特に女性が多く発症するって本当? 女性は男性より 尿道が短いため、尿道へ細菌が入りやすく、発症しやすい傾向にあります。 そのため、血尿を伴う急性膀胱炎は、比較的女性に多くみられると考えられています。 自然治癒は?市販薬の使用はOK? 自然治癒する? 膀胱炎の症状が出現した直後で、血尿などがない場合は、さほど細菌数が増加していないケースもあると言われています。 このため 免疫力が低下していない人ならば、水分をしっかり摂取する、トイレにこまめに行く等正しい対処法を行うことができれば、薬を服用しなくても自然治癒が見込める場合があります。 しかし、下記の場合には早急に医療機関を受診してください。 膀胱炎が治るまでの過ごし方 膀胱炎を発症した場合は、下記の行動を心がけましょう。 5リットルになるように しっかり水分を補給して、膀胱内の 細菌を尿とともに体外へ排泄する。 排尿を我慢しない。 冷えないように注意して(特に下半身) お腹を温めるようにする。 風邪や疲労等により免疫力が低下すると膀胱炎を悪化させる場合があるので 体調管理をしっかりする。 体の抵抗力や免疫力を維持できるように、 栄養と睡眠を十分にとる。 毎日入浴するようにして、下着やナプキン、おりものシート等もこまめに交換して 清潔な状態をキープする。 膀胱炎が改善されるまでは 性行為は控える。 症状が改善していても、 自分の判断で治療をやめずに医療機関を受診する。 <参考> 血尿 - 一般社団法人広島県医師会 女性に多い膀胱炎(ぼうこうえん) : 高知医療センター 排尿痛がある、排尿時に痛い 日本泌尿器科学会 沖縄県医師会-日本医師会 一般社団法人 日本泌尿器科学会.

次の

もしかして膀胱炎かも?膀胱炎の治療薬、予防方法を解説

膀胱 炎 市販 薬 口コミ

まず、薬の話をする前に、膀胱炎についてチラッとお話をしましょう。 膀胱炎とは、大腸菌などの細菌が膀胱内に入り込み、それが原因となって排尿痛や頻尿、尿混濁、残尿感などの症状が現れる病気のことを指します。 また、免疫力の低下やストレスも引き金となっていることが考えられています。 膀胱炎を放置していると、腎盂腎炎まで発展してしまうことがあり、早めに治療を行うことが必要と言えます。 治療方針としては、基本的には抗生物質の服用となります。 病院で処方される抗生物質には、主にクラビット、オゼックス、フロモックスなどがあり、飲みだしてから数日ほど経つと症状が緩和されることがほとんどだと言われています。 ただ、症状が落ち着いたからと言って服用をやめてしまうと完治には至りませんので、抗生物質は最後の最後まで服用してしまうようにしましょう。 では、軽い症状のときやなかなか病院へ行くことができないときは、どうすればいいのでしょうか。 実は、膀胱炎の薬には市販薬も販売されているため、薬局で購入することができるんです! 市販薬や漢方薬について数点ご紹介しましょう。 まず一つ目、小林製薬から出されているボーコレン。 「五淋散」という漢方から生まれた薬で、排尿痛、残尿感、頻尿に対して効果的であると言われています。 次に二つ目、摩耶堂製薬から出されている腎仙散(ジンセンサン)。 利尿作用を促し、腎臓に残った老廃物を外に出そうと働きかけてくれる効果が期待されています。 また、抗炎症作用も含まれているため、排泄障害、排尿痛にも有効であると言われています。 三つ目に、ツムラから出されている猪苓湯エキス顆粒A。 排尿痛、残尿感、頻尿など一般的な症状から、排尿困難からくるむくみなどにも効果があると言われています。 最後、四つ目に、小太郎漢方製薬から出されている五淋散エキス錠N。 こちらも排尿痛や頻尿、残尿感、そして尿混濁にも効果的であると言われています。 膀胱炎になってしまったと気付いたとき、病院を受診することが第一ですが、それもなかなか難しいという方もいるのが現実です。 そういったときは、市販薬に一時的に助けてもらうことも一つの治療法として取り入れてみてはいかがでしょうか。 市販薬を服用しても効果が現れないことがあります。 市販薬とは、そもそも頓服として扱われているものであり、長期的に使うものではないとされています。 したがって、症状が緩和されなかったり逆に症状が悪化してしまったりすることはあるようです。 こういった場合は、市販薬の服用をやめ、すぐに病院へ行くようにしましょう。 市販薬や漢方薬は個人の体質によって副作用が出たり向き不向きがあったりします。 薬局で薬剤師さんに相談していたとしても、用法・用量を守っていたとしても、合うか合わないかは実際飲んでみないとわかりません。 自己判断で色々と決定してしまうと、さらに症状の悪化を招くことになりかねませんので、きちんと医師の診断を受けるようにしてくださいね。 そして、市販薬を選択するときは、ご自身の症状に合ったものを選び、市販薬の服用に頼り切らず、水分をたくさん摂って排尿を促進したり疲れを溜めずに発散したりして、生活の見直しも図りながら治療にあたっていくことが大切です。 最後に、膀胱炎の薬で副作用がないかということを説明しますね。 やはり心配になるのは、症状が緩和されるかということと、薬を飲むことで他の症状、いわゆる副作用が出ないかどうかということだと思います。 膀胱炎になったとき、病院で処方される薬として、 クラビット、オゼックス、フロモックスなどが挙げられます。 クラビットは、さまざまな感染症に対して処方されている薬で、膀胱炎の他には、皮膚感染症、呼吸器感染症、婦人科感染症、眼科感染症と、幅広く活用されています。 副作用としては、頭痛や腹痛、めまい、不眠、下痢や吐き気などがあると言われています。 オゼックスは、作用が強く、膀胱炎に対する効果も大きいとされています。 しかしその分副作用もあり、頭痛や吐き気、下痢、めまいや不眠、かゆみや発疹を訴える方も多くいるようです。 フロモックスは、他の2つの薬に比べ、副作用が少ないと言われています。 何故かというと、体内の細胞には作用しないからだと言われています。 ただ、少なからず不調を訴える患者さんもいたようですので、副作用がまったくないとは言い切れませんし、膀胱炎の再発が多いことも懸念されています。 これらの抗生物質を選ぶときは、ご自身の体質や持病があるかどうか、またアレルギーの有無も医師に報告しておく必要があります。 そして、副作用が出たらすぐに病院へ行き適切な指導を受けること、加えて、例え症状が軽くなったからと言って内服を中止せず最後まで飲み切ることが大切です。 合わせて、規則正しい生活も送れるよう心がけましょう。

次の

膀胱炎持ちが市販薬の腎仙散を飲んだ口コミと医者に効果を聞いてみた

膀胱 炎 市販 薬 口コミ

膀胱炎の種類、あなたはどれ? 膀胱炎とは、 膀胱に細菌が入ることにより炎症を起こす病気です。 膀胱炎にもいくつか種類があります。 それぞれ順番に見ていきましょう。 急性膀胱炎初期の場合は、早く菌を外に排出することにより、 自然治癒することもあります。 症状が治まっても、なおるまできちんと薬を飲み切ることが大切です。 繰り返してしまう原因を探り、きちんと対処しましょうね。 血液が尿に混じりますので、赤い尿が出たら注意です。 主に、ウイルスや細菌が原因です。 アデノウイルスによる出血が一番多く見られ、子供がかかりやすい病気でもあります。 早めに、治療をすることをお勧めします。 膀胱炎の中でも 一番症状が重いです。 膀胱の筋肉が萎縮する膀胱炎で、痛みも強いのが特徴です。 ひとくちに膀胱炎と言っても、色々な種類があることが分かりましたね。 あなたはどのタイプでしょうか?では次に、膀胱炎の症状について見ていきます。 頻尿…トイレに行ったものの、すぐに行きたくなります。 トイレの回数が多いです。 排尿痛…痛みがあります。 ジンジンしたり、ひりひりした感じがあります。 尿のにごり…残尿感があることもあります。 白っぽく濁っていることが多いです。 尿の色が濃い場合もあります。 膀胱炎は、 女性が特にかかりやすいです。 膀胱と膣や肛門が近いため、拭き方が悪いと大腸菌が付き、炎症を起こしやすいのです。 尿道が短いのも女性ならではの理由で、細菌が逆流しやすいこともあります。 それ以外には、トイレを我慢することが多かったり、ストレスや睡眠不足、体力低下の場合もかかりやすいとされています。 女性ホルモンの減少も膀胱炎になりやすい原因とされています。 市販薬の効果を得るために、水分を良くとり、アルコールなどを取り過ぎないように、注意をしましょう。 睡眠と、休息をしっかりとることにより、かかりにくくなります。 生活習慣を見直し、水分補給やトイレを我慢しないようにするなど、少し心掛けてみてくださいね。 膀胱炎を悪化させないためには、早めに泌尿器科を受診するのをお勧めします。 膀胱炎には市販薬もありますが、炎症を抑えるための抗生剤は、個人輸入でしか手に入りません。 次に、漢方をベースにした市販薬で、人気が高いものをご紹介します。 膀胱炎の市販薬 おすすめランキング 人気No. 1 ボーコレン(小林製薬) 抗炎症作用のある漢方で、残尿感や炎症を抑える働きがあります。 薬剤師さんのいる薬局で、症状を相談しながら薬を選んでもらうのも、病院にいく時間がない方にはおすすめです。 大きなドラッグストアのほか、昔からある 町の薬局で、漢方を取り扱っているところで、信頼できる販売員さんに相談できると良いですね。 知恵ばあも、近所で漢方にとても詳しい方がいる薬局があるので、よくお世話になっています。 症状が緩和されて、少しでも楽になると良いですね。 膀胱炎の方におすすめのお茶も 繰り返す膀胱炎にお悩みなら、飲み物を変えてみるのはいかがでしょうか? そんな方にお勧めなのが、ケブラペドラ茶です。 聞きなれない名前ですが、天然成分で無添加、味も良いので気に入っています! 身体に違和感を覚えたら、普段飲んでいるお茶をこちらに変更して飲んでいくと、体が楽になるのを感じます。 ただ、飲み続けるよりは、症状が治まったら2~3日は間を空けたほうが良いそうです。

次の