沢尻エリカ 合成麻薬mdma。 沢尻エリカ合成麻薬!勾留期間、保釈日は?入手は男か?裸チェックがやばい! | 今!読みましょう

沢尻エリカの“彼氏”を逮捕 MDMAを共同所持 警察が関心を寄せる「パートナーとのプライベート」

沢尻エリカ 合成麻薬mdma

お昼に緊急速報で流れてきましたね。 沢尻エリカさんが、MDMAを所持していた容疑で逮捕されるという事件です。 MDMAは、アメリカをはじめとした欧米諸国で大流行している合成麻薬です。 今回は、MDMAがナゼ危ないのか、医療用の薬物とは何が違うのか?といった点にフォーカスして、MDMAの正しい認識を深めてもらえるような記事を書いていきますので、どうぞご覧ください。 MDMAと覚せい剤はマジでそっくり。 ちょっと化学的な話になりますが、難しい話は一切ないので、ちょっと見ていってください。 覚せい剤とMDMAはとても似たカタチをしています。 MDMAが脳や神経に作用するのは、そもそもカタチがとても似ているからです。 だから、覚せい剤ととても似たような効果を持っています。 MDMAは覚せい剤とは違うから大丈夫。 とかそういう話が的外れなのは、カタチを見てみればすぐわかることです。 依存性をはじめとする副作用はこのカタチから来ています。 なぜ、この話をしたかというと、 MDMAのそもそもの生まれに関係しています。 覚せい剤は古くからある薬です。 実は日本では1941年に大日本製薬によってヒロポン(疲労がポンと飛ぶ)という名前で販売されたのが最初で、それ以降大量に使用されました。 第2次世界大戦など夜の戦いにおいて、 強制的に起きるために使われたというのは薬学的には常識です。 覚せい剤は、古くから使われている薬だったために規制されるのも非常に早かったのです。 欧米諸国はもちろん、アジアでも所持が規制され 、最高刑を死刑とする法律すらあります。 MDMAは、覚せい剤とは形が似ているため、とても製造しやすい薬物であったことに加えて、微妙に形が違うため、法律から逃れるための逃げ道として、粗製乱造されることで、急激な広がりを見せていったのです。 現在では当然MDMAの所持は麻薬取締法違反になりますから当然違法です。 しかし、いったん出回ったドラッグはいつまでたっても流通し続け、庶民を傷つけます。 MDMAはそもそも薬効とか以前にヤバいという話。 そんな歴史をもつMDMAの何がヤバいかというと、そもそも 品質が全く保証されていないことにあります。 有機化学の基礎的知識があれば、MDMAは誰でも製造できていまいます。 そのほとんどは、 医薬品のように安全基準を満たした工場で生産されることはありません。 街角、キッチン、路地裏、廃工場。 そんな場所で適当に、マスクもつけない、教育も受けていないような人が作るMDMAが流通するのです。 色がカラフルなたくさんの種類の錠剤、カプセル、座薬など、さまざまな形が作られるのには、ここに原因があります。 つまり、そもそも医薬品として流通していないので、 適当に作った結果でしかないということです。 したがって、これはMDMAだ!と販売されているMDMAのほとんどに、 何かわからないような不純物が含まれていることが判明しています。 さらに、 そもそもMDMAが入っておらず、糖尿病の薬が入っていたりということも報告されています。 ですから、適当にながれてくるMDMAを買うことや、ましてや使用することは危険以外のなんでもないことを知っておきましょう。 やめられない。 これが私のライフスタイル MDMAの作用は3Eと言われています。 MDMAのもつ副作用について まぁ書き始めるとキリがないのですが、一応書いておきますね。 先ほど書いたように、 何が入ってるかわからない、どのくらい入っているかわからないのが、MDMAというドラッグです。 これ以外の副作用が出てくる可能性も十分あります。 治療に使われるMDMA MDMAには、トランスする以外のメリットは何もない。 覚せい剤は利用価値があるが、MDMAは有害でしかない。 という考え方が長く続いていたのですが、最近はMDMAの治療効果も注目され始めています。 近年、アメリカの心理学領域においてMDMAがPTSDの治療に使えるのではないか?という仮説が発表され、現在臨床試験が行われているのです。 PTSDとは、Post Traumatic Stress Disoder=心的外傷後ストレス障害のことです。 戦争やDV、性的暴行などの強いストレスを受けた後に、それがフラッシュバックしたり、強い不安や緊張のせいで生活に支障がでる病気のことです。 という点です。 患者に毎日MDMAを飲んでくださいねー。 というのとは明らかに異なります。 したがって、MDMAは確かにPTSDの治療に注目されている薬剤ではあるものの、患者が自由に使うことが認められているわけではありません。 実際に、 試験中でも副作用による脱落も多く見られ、MDMAではない代替薬剤の開発が急速に求められている。 というのが正しい見解です。 まとめ どう考えても、適当に作られている裏ルートのMDMAを使うのはアホのやることです。 MDMAがきれいなまま入っているならともかく、そもそも正規ルートでの流通がありえないMDMAを使うのは全くの無知としか言いようがありません。 私、個人的には少なくとも科学的な根拠があって治療的に使うなら、それは麻薬であれ何であれ合法にすべきと思うのですが、趣向用に使ったり、体を壊すような使い方をするのは本気で反対なんです。 だって、本人も家族も周りの人もすべて傷つけますから。 MDMAを使える心理カウンセラーが日本には存在しえないので、PTSDのヒトだったとしても推奨できるものではありません。 ですから、本当に手を出さないようにしてほしい。 そう思います。 依存症の本当の怖さについては、以下の本を読むのがオススメです。 お願いですから、対策はしっかりしてください。 人生が無駄になります。 アナタが感じる悩みを、はがくんに相談してみよう! あなたの日常の疑問や不安、悩みを調べまくって解決するプランをご用意しております。 🔥はがくんは、アナタの為に本気で調べます🔥 引用 Davies, N. , English, W. 2018. MDMA toxicity: management of acute and life-threatening presentations. British Journal of Nursing, 27 11 , 616—622. doi:10. 2018. 616 Schenk, Susan, and David Newcombe. "Methylenedioxymethamphetamine MDMA in psychiatry: pros, cons, and suggestions. " Journal of clinical psychopharmacology 38. 6 2018 : 632-638.

次の

沢尻エリカ容疑者が逮捕された合成麻薬「MDMA」とは

沢尻エリカ 合成麻薬mdma

沢尻エリカさんが2019年11月16日に 合成麻薬MDMAを所持していたことで麻薬取締法違反の疑いで 逮捕され世間に衝撃が走りました。 2020年の大河ドラマに出演が決まっていたり、 つい先日からCMが放送開始となったんばかりなど。。 今後の活動・違約金がどうなるのか注目を集める 沢尻エリカさんです。 報道によると逮捕前夜の15日になんと渋谷のクラブへいっていたそうです。 逮捕されるまで、警察からのコンタクトなど一切ないのか・・ などびっくりですね。 そしてきになるのが沢尻エリカさんが逮捕前夜に訪れていたクラブはどこなのか? 調べていきたいと思います。 今回の事件と似てる!?と言われている沢尻エリカさんの 主演映画「ヘルタースケルター」はこちらから! 沢尻エリカのクラブでの目撃情報!? 沢尻エリカさんはよくクラブへ通っていたようですね。 クラブへいくかたは多いだろうし、楽しい場所! ですので、全てクラブが危ないわけではないはず! 自分の身は自分で守りましょう! たとえお酒が入っても!気をつけましょう! エリカ様.. と感じます。 薬に手を出すのがとても残念ですね。 ネット上ではクラブを好きな方、純粋に楽しんでいる方から 苦情・悲鳴が上がっていますね。 沢尻エリカが使用した薬・MDMAとは? 沢尻エリカさんが逮捕されることになった原因は 合成麻薬MDMAです。 MDMAで芸能人というと2009年に逮捕された押尾まなぶさんです。 当時矢田亜希子さんと結婚しお子さんもいましたよね。 かなり衝撃事件でした・・ MDMAとはどのような見た目なのかネット上で確認できました。 エリカ様が捕まったやつ、クラブとかいくと、可愛くてうっかり受け取っちゃいそうなやつ。 薬といった類には決して手を出さないという認識が必要です。 薬を使用した時は楽しいでしょうが、 その後、普通の生活には戻れないということを肝に命じて起きたしですね。 ここまでお読みいただきありがとうございました。

次の

【逮捕】沢尻エリカが所持していた合成麻薬麻薬『MDMA』(エクスタシー)とはどんな麻薬なのか?

沢尻エリカ 合成麻薬mdma

警視庁 によると16日、俳優の沢尻エリカ容疑者が麻薬取締法違反の容疑で逮捕された。 (AbemaTV/『AbemaNews』より) これほど、 大物となると警察の本庁が動いたのかもしれませんね。 詳しいことが分かり次第追記したいと思います。 やはり警視庁本部が動いていたようです。 ネットの掲示板で鋭い指摘があったので、載せておきます。 honmotakeshi. html たしかに、筆者も麻薬取締部が事件を受け持っているのかと思っていたのですが、逮捕したのは 組織犯罪対策課なんですね。 ただ事件の管轄が違えど、 他の部が全く関係無いというわけではないので、麻薬取締部も介入はしているとは思われます。 この人が語っているように、購入者リストなどを警察が入手して、 さらに逮捕される芸能人や著名人などがでてくるかもしれませんね。 沢尻エリカに使用疑惑のかかっている麻薬は何? 各種メディアによると、 沢尻エリカに所持疑惑がかかっている麻薬は、合成麻薬だと思われます。 合成麻薬とは、俗に言うMDMAのことで、 3,4-メチレンジオキシメタンフェタミン 3,4-MethyleneDioxyMethamphetAmineの 略です。 他にエクスタシーともいいます。 低ナトリウム血症、 、横紋筋融解症などで死亡することがあります。 chiebukuro. yahoo. その他にも、近年取り沙汰されている合法麻薬には、MDAなどものものあり、種類としては色々あることが分かります。 そうした中、昨今、MDMAやMDA等の錠剤型の合成麻薬事犯が、主として20歳代を中心とした若年層で急激に増加しており、下表の通り、平成16年からMDMAやMDA等錠剤型麻薬事犯の検挙人員、押収量がともに高水準で推移しているなど、乱用の拡大が顕著となっていますが、中でもその主な乱用薬物がMDMAやMDAとなっています。 web-sanin. htm この MDMAやMDAというは、よく覚醒剤と間違われていますが、厳密には覚醒剤では有りません。 科学構造が似ているという点からも、覚醒剤と認知されがちな薬物ですが、 決して合法というわけでは有りません。 保健体育の授業で習いましたよね。 笑 けしやコカ等の植物からではなく、化学薬品から合成された麻薬の一種で「麻薬及び向精神薬取締法」の規則の対象となっています。 web-sanin. htm 最近では、投資家のKAZMAX氏が逮捕され、大きな話題を呼びましたよね、この事件でも コカインや合成麻薬のMDMAでの逮捕だったようです。 【続報】 少しほっとしましたが、 沢尻エリカさんの尿検査では「陰性」だったようで逮捕時には使用をしていなかったことが分かりますね。 警視庁 が尿検査による簡易鑑定は「陰性」であったことを明らかにした。 今後、本鑑定を進め、使用の有無について調べていく方針だ。 yahoo. 逮捕時には、 自宅にあるアクセサリーケースから合成麻薬のMDMAが見つかったとのこと。 それも蓋が開いていて、玄関先?のような 大っぴらなところに置いてあったとのことなので、 日常的に使用していたと疑われても仕方ないかもしれません… ちなみに見つかった2錠の内、 1錠を所持していた容疑とのこと。 これは、、、 量刑についてはで詳しく解説しています。 筆者もやったことも見たことも無いので詳しくは分かりませんが、前述したように 何かしらの合成麻薬ということがわかります。 そもそも、大麻所持疑惑で逮捕されたら「合成麻薬所持」とは報道されないと思います。 日本の法律も定められている通り、 大麻を使用するのは違法ではないですが、 大麻を所持するのは違法となっています。 大麻取締法によると、大麻取扱者(栽培者や研究者を指します)でなければ大麻の所持、譲り受け、譲り渡しについては罰則があり、5年以下の懲役(営利目的の場合は7年以下)や罰金が定められており、未遂でも罰則があるですが、なんと大麻の「使用」については罰則規定がありません。 ですので、大麻を使用するだけであれば無罪なのですが、ただ、譲り受けず、かつ所持をしないで使用だけするなどということは物理的に不可能でしょうから、「私は大麻を使用しただけなので無罪です」という主張は残念ながら通らないでしょう。 誤解しないようにしてください。 自宅で合成麻薬MDMAを所持していたとして、警視庁組織犯罪対策5課は16日、女優の沢尻エリカ容疑者(33)=東京都目黒区碑文谷=を麻薬取締法違反容疑で緊急逮捕した。 沢尻容疑者は「私のものに間違いありません」と容疑を認めている。 ただ、ほとんどの人が 「残念」という印象を抱いているようです。 一時はエリカ様と称され、最近はすごく落ち着いて芸能活動をされていたので、なんでこの人が、、、 筆者も何やってんだよ…という感情でいっぱいです。 まとめ 大麻は違法です。 色々な意見があることもわかりますが、 芸能人でそれもかなりの大物ということで影響力も大きいですし、 沢尻エリカさん、、、筆者もかなり好きな女優さんだったので、衝撃すぎて。。。 今後の動向が分かり次第追記していきたいと思います。

次の