テセウス 校長。 テセウスの船|石坂秀夫校長が加藤みきおの共犯?絵と人形の秘密【笹野高史】|スマテレ

テセウスの船共犯者は原作と違う?黒幕は正志で校長はミスリード?|ビビビ情報局

テセウス 校長

Sponsored Link 【テセウスの船】校長が黒幕である可能性が高い理由 物語がクライマックスに進むにつれてどんどんあやしさが増してきた校長先生。 最終回直前でこの人物が黒幕犯人の可能性が一番高いのではないかと予想! 9話では校長があやしいとみえるいくつかの点があったので紹介していきます。 心と文吾をやたらそっくりだと言い張る 由紀のノートにはさまっていた1枚の紙。 それは 12年前に開催された音臼祭りのチラシの紙でした。 チラシを見せると懐かしがる校長。 このお祭りは村のみんなで準備し、予想通り チラシの紙を描いたのは校長本人であることが判明。 しかしとある事件が起きたため、このお祭りはこの年が最後だというのです。 事件についてさらに詳しく聞こうとすると、突然校長はメガネを外して 真剣な表情になって心に問いただします。 あなたはこの12年前の村祭が今起きている佐野さんの事件に何かしら関係があると? そして私にも何かしらの疑いがあると? 文吾を犯人だと決めつける校長に絶対に犯人でないと反論。 するとその様子を笑いながら 「佐野さんとそっくりだ」と言います。 そして改めて何者かと尋ね、面接での言動や心がこれまでに予言した事件についても不審がっていたことが明らかになります。 だからといって心が嘘つきや人を騙したり利用したりする人間には見えないといい、 そんなところも文吾にそっくりだと言うのです。 校長は文吾と心が親子だなんて知るハズがありません。 それなのになぜ2人が まるで親子のような関係であるかのような言い方をするのか気になります。 最初から文吾と心の関係を知っているかのようにも見えますよね。 これは共犯者である黒幕しか知らない事実。 文吾と心の関係を既に知っているような話し方が非常にあやしく感じました。 木村さつきとのやりとり 心が去った後、すぐに木村さつきが校長の元に訪れます。 【テセウスの船】音臼祭のチラシは罠?徳本を黒幕に思い込ませようとした? 由紀のノートには最初から音臼祭のチラシが入っていたのでしょうか? このチラシいつから挟まってたんや?ノート失くす前はずっと気づかなかったんか? — Sachi sachi19821006 これは心がノートを処分した後に犯人が回収し、おそらくその後にノートにわざと挟んだとものとみえます。 それはなぜか? それは黒幕を徳本だと思い込ませるためではないかと予想します。 最高に面白くなった!テセウスの船 第8話 やはりパラレルワールドになってきましたね。 文吾への恨みの原点がどこにあるのかですね。 第9話から県警の監察官・馬淵(小籔千豊)が登場しますが、当て馬だと思う。 第8話の口数が少ない徳本卓也のあのセリフ!一番怪しいと思います。 — 真柳 泉🍹🍰 izumimayanagi 心が12年前の食中毒事件で徳本の母親が亡くなったと知れば、真っ先に徳本を疑うと踏んだのでしょう。 これは自分を犯人候補から外すためにした犯人からの罠だったのではないかとみています。 【テセウスの船】校長の犯行動機は息子との不仲が原因? 9話の心との会話から 校長には心と同じ年の息子がいることが明らかになっています。 孤独である 罪も罰もなく ただただ わたしは孤独である このページは 泣いているウサギの絵が黒く塗りつぶされているページで、2話で小学校で飼っているウサギが亡くなる前に登場! このノートは田中の自宅に訪れた者が好きに書いており、このページの文字を書いた人物は かなり字が達筆であることからおそらく これを書いたのは校長本人。 わざわざこのページを開いていたということは、心たちに今の自分の気持ちを伝えたかったのではないでしょうか? つまりこのことから 校長は常に孤独であり、満たされていない人生を送っていることが伺えます。 校長がやたら文吾と心がそっくりだと言っていたのは、 自分と息子が上手くいっていないことに何か理由が隠されている気がします。 文吾に直接何かされたというわけでなく、もしかしたら 文吾の人柄に嫉妬していたのかもしれません。 正義感の強い人柄にだんだん嫌気がさし、次第に マイナスな感情が生まれて 自分と同じ孤独なみきおに協力しようとしたのではないかと予想しました。 ヒントはドラマの画面に隠されている つまりみきおと黒幕がつながるヒントが既に画面に登場していることになりますね。 そこでみきおと校長につながるヒントが何か調べてみたところ、2人がつながる唯一の共通点がありました。 それは 木の人形のような模型です。 校長先生の机にある人形はみきおの部屋にもあって、30年後のみきおの部屋にもある。

次の

テセウスの船考察!犯人黒幕が原作違う理由は?さつき先生最終回は?|WUG Love〜エンタメ話題のわぐらぶ〜

テセウス 校長

テセウスの船の真犯人は校長先生だと思います。 毒を入れると言う脅迫状があったと父が言っているのに、そんなものどこにある!証拠は?みたいな事を言っていたけれど、普通は子供たちの安全を第一に考えなければならない校長が警察官の言う事をきかない。 のっぺい汁を作っている時に校長がいない。 (多分、和子さん親子を拉致してた) 3. 次回の予告でチラッと出て来た1977年のお祭りに何かがあった。 多分、田中の母はこの事件が原因で亡くなった。 その時の主催者の1人が校長。 この時の事件で犯人を捕まえたのは佐野。 で、校長はここで何かあり、佐野を逆恨みしていて、復讐のつもりで佐野を音臼小の事件の犯人に仕立て上げた。 と、明智小六郎は睨んでおりますがどうでしょう? 補足いよいよ今日ですね。 皆さんの推理はいかに!? 消去法でいきます。 まず、校長の線はないと思っています。 仮に校長が犯人だとしたら、自分が責任者である 小学校であえて事件を起こすのは愚の骨頂です。 いくら文吾を犯人に仕立て上げるとしても、 【学校】を使う必要がないのと、世間や保護者から 管理責任、お楽しみ会の実行責任を問われかねませんから。 (1977年の音臼村祭の教訓があれば尚更では?) 次に木村さつきです。 一番怪しい人物といえます。 みきおとの関係性も 色々と考察できる人物ですが、みきおをスタンガンで 傷つけるとは到底思えません。 一旦さつきを消します。 残るは徳本と正志になります。 この二人は1977年の 音臼村祭との【因縁】がありそうで、文吾に対する 恨みを持っていても不自然ではありません。 特に正志は、父親(義男)をみきおに殺され、 みきおをスタンガンで傷つけることや、 自分の真の犯行の目的(文吾への復讐)のために みきおを利用することなど躊躇しないでしょう。 また、正志は音臼村で育った人間ではありません。 現在も父の介護のため音臼村の外から通っていました。 1~2話辺りで、徳本が正志の正体を知らなかったことや お楽しみ会で「色々あったけどおまえもベンチ入り」だ この発言から見ても間違いはありません。 何故、正志は村を出たのか?自ら出たのではなく、 村にいられない理由があったのではないか? その理由が【1977年の音臼村祭】で起こった事件や 事故だとしても違和感はありませんね。 現状で正志は【最有力犯人候補】だと考えます。 徳本については正志と同様1977年の因縁こそありますが、 和子たちを襲った(誘拐)際の【野菜】の表現が あまりに短絡的・直接的すぎるのと、徳本は家庭持ちです。 おそらく我が子も音臼小に通っているでしょうから、 自分の子供が通う学校を舞台に、はっと汁に毒を入れる 犯行はとても考えにくいです。 私は田中正志だと思います。 確かに校長は要所要所で怪しい素振りが見られますが、 どれも単なる偶然とか、立場上不思議じゃないとかで、 説明できるものばかりなので、 よくあるミスリードだと思います。 この手の怪しさは全員が持っています。 それよりなにより校長だと仮定して、 動機は?筋書きは?と考えても、 かなり話を捻じ曲げないと一連の事象と辻褄が合わないので、 本当に校長が犯人だったら、 「無理矢理すぎるぞ!」「タイムスリップの意味ないだろ!」と、 クレームの嵐になってしまいます。 とはいえ、だったらなぜ田中正志なのか? という理由を説明しないと納得いかないと思うので、 私の予想も以下に書きます。 これらを繋ぎ合わせると、この「音臼村祭り」で 「音臼小事件」と同じような事件が起き、多数の犠牲者が出た。 その事件を捜査したのが馬淵だったが、 馬淵では解決できなかった事件を佐野文吾が解決した。 そして佐野文吾はその功績で表彰された。 というような想像ができます。 事件の詳細は分かりませんが、 例えば馬淵が誤認逮捕をしてしまい、 あわや冤罪になるところを佐野文吾が真犯人を捕まえたとか、 馬淵が捜査を打ちきろうとしたところを、 正義感の強い佐野文吾が独断で動き解決したとか、 まぁそんなことがあったのでしょう。 そしてさらに想像を働かせると、 この事件の犯人は後に死刑になったと思われます。 加藤みきおの共犯者 仮にXとします が、 佐野文吾を恨むようになった発端がこの事件だとすれば、 Xの正体はこの事件の「犯人の家族」ではないかと思います。 だからこそ佐野文吾を冤罪で死刑にして、 佐野文吾の家族を「犯罪者の家族」にして、 自分たちの人生をめちゃくちゃにした佐野文吾に 恨みを晴らしたいのでしょう。 詳細はともかく、この予想が大筋で合っているとすれば、 佐野文吾が単なる音臼村の「駐在」にもかかわらず、 県警の金丸刑事とお互いフランクに接していたり、 部下の刑事が敬語を使っている理由も納得できます。 きっと警察内部では過去の功績から、 一目置かれていたのでしょう。 ところでこの事件では佐野文吾の他に、 共犯者Xから強烈に恨まれた人物がいます。 それは田中義男です。 田中義男は政治家なので、 実はこの事件の首謀者だったのではないかと思います。 きっと政治的な利権が絡み事件を起こしたのでしょう。 音臼村を廃村にしたかったとか? つまり佐野文吾が逮捕したのは実行犯で、 首謀者の田中義男にトカゲの尻尾切りで、 全ての罪を着せられたのでしょう。 田中義男は最初の時間軸Aでは、 平成元年に起きた音臼小事件の2か月前に、 家が火事になって死亡しています。 しかし田村心がタイムスリップしてきた時間軸Bでは、 田村心と佐野文吾が警戒していたため火事は起きず、 2か月後の音臼小事件で死んでいます。 ここまでなら「不運な事故」だったり、 「無差別殺人の犠牲者の一人」だったりと、 偶然死んでしまったという見方もできますが、 最後の時間軸Cでは加藤みきおに直接毒を盛られて死んでいます。 ここまでくると田中義男の死亡は偶然ではなく、 意図的に殺されていたことが分かります。 火事ではなく放火、無差別ではなく差別 だったわけです。 時間軸Bの音臼小事件で、 毒物の混入媒体がジュースからはっと汁に変わったのは、 犯人 加藤みきお or X が、田村心の捨てた未来ノートを見つけ、 ・田村心がこれから起きることを知っている ・だったら佐野文吾にも多分バレている ・よくみると金丸刑事も勘づいていそう ということに気づいたからでしょうが、 なぜはっと汁なのか?というと、 おそらく老人・田中義男の好物だったからでしょう。 時間軸Cでは既に加藤みきおが、 音臼小事件の犯人だとバレているため、 計画を変更せざるを得なくなりましたが、 そのため田中義男だけ個別に殺すことになったと思われます。 問題はそこまでして田中義男を狙う必要性が、 加藤みきおにあるのか?ということです。 加藤みきおの動機は既にハッキリしています。 佐野鈴のことが好きだった、 だからヒーローは僕一人でいい、 父親までも嫉妬の対象だ、 といういかにもサイコパスな考えですが、 裏を返せば田中義男などどうでもいい存在です。 時間軸A,Bまでは分かりますが、 Cでは田村心・佐野文吾に追いかけられている状況です。 この状況で毒を盛るのはリスクでしかなく、 普通はほうっておくでしょう。 となるとXの方に動機があったと考えるのが自然で、 1977年の首謀者が田中義男だと思う理由がこれです。 ではなぜ「共犯者X=田中正志」なのかというと、 ・田中義男の近くにいる ・2020年で木村みきおに殺されている ・時間軸Cの1989年に加藤みきおを殺そうとしている という状況を繋ぎ合わせた結果です。 おそらく田中正志の偽物なのでしょう。 ・1年前に戻ってきて父の世話をしている ・田中義男は耄碌していてロクに目が見えない ・戻ってきたとき村人に警戒されている 初めの頃に上のようなことがありましたが、 これらは伏線だったわけです。 まず時間軸Bにおいて、田村心は加藤みきおに、 そして金丸刑事は共犯者Xに襲われています。 逆パターンはありえません。 金丸刑事は三島明音ちゃんを襲った犯人が子供だと推理していたので、 加藤みきおが金丸刑事を呼び出せばもっと警戒するはず、 殺されるような隙は見せないでしょう。 ここで金丸刑事は死んでしまいますが、 田村心は生き延びます。 子供の力では突き落とす力が弱かった? そのまま戻った時間軸Bの2020年で、 田村心がいろいろと動き回った結果、 松尾紀子という証言者が現れます。 このままではバレるかもしれないと危惧した木村みきおは、 先手を打って共犯者を殺すことにします。 共犯者の口から自分に到達する可能性を消すためです。 まず事件の後に真実を知り、 親子の愛情ゆえに共犯者になった木村さつきを殺します。 この場合、殺す必然性はなかったかもしれないので、 村田藍を危険な目に合わせたからかもしれません。 つまり村田藍=佐野鈴だと知っていたことになります。 その次に音臼小事件の共犯者である田中正志を殺します。 当初はなぜこの人を殺す必要があったのか、 さっぱり意味が分かりませんでしたが、 やはりこの時点で伏線が張られていたわけです。 後に木村みきおは田村心に、 「死ななくてもいい人間が死んだ」と言いましたが、 「無関係な人間」とは言っていません。 「死ななくてもいい人間」という言葉は、 共犯者であってもなくても使える言葉です。 私は当初、木村さつきが含まれていたので、 このような表現になったのかと思っていましたが、 実は田中正志のことも暗に意味していたわけです。 そのまま再びタイムスリップした田村心は、 木村みきおに受けた傷が元で気絶してしまいます。 この時、木村みきおも一緒に タイムスリップしてきたという説もありますが、 だとすれば田村心をその場で殺せばいいだけなので、 タイムスリップしてきていないと思います。 ここで番組のご都合主義なのですが、 田村心を見つけたのは田中正志なのではないかと思います。 少なくともICレコーダを最初に手にしたのは、 田中正志です。 気絶している田村心を見つけた田中正志は、 「なぜここに?未来に戻ったんじゃなかったのか?」 と思ったはずです。 持ち物を調べたらICレコーダを発見します。 そこで未来で起きる出来事を知り、 このまま加藤みきおを生かしておいたら、 何十年後かに自分が殺される恐れがある、 全てが片付いたら少年のうちに殺しておくべきだ、 という考えに至ります。 加藤みきおと田中正志の利害は、 この時を持って破綻しました。 ・音臼小事件は中止 ・田中義男は個別に殺す ・お楽しみ会では加藤みきおが田村心と佐野文吾を引き付ける ・田中正志が佐野家の家族を誘拐する ・加藤みきおが発見して助ける ・佐野文吾を一人で呼び出してケリをつける これが二人の間で共有された内容だと思われますが、 最後のケリのつけ方だけは隠されていたことが、 加藤みきおの「この後どうするの?」というセリフから分かります。 こうするんだよ!という答えが、 加藤みきおに対するスタンガンで、 加藤みきおを殺して佐野文吾に容疑が向くように仕向けたわけです。 この仮説が正しい前提で様々なシーンを見ていると、 村人どうしのやり取りが違った意味で聞こえてきます。 音臼村祭りでは、田中義男の妻、徳本の母だけではなく、 実行犯の妻も犠牲になった。 つまり田中義男は自分や実行犯の妻まで犠牲にした。 その方が自分たちに容疑がかかりにくいから? ということになります。

次の

テセウスの船の真犯人は校長先生?6話のオレンジジュースを持っているのは誰?|トレンド

テセウス 校長

・校長は音臼小事件で亡くなっていない。 ・長谷川翼は誰かに言われて青酸カリであかねちゃんの命を奪うよう指示されていた。 ・校長は鉛筆を鋭く削っていた。 ・校長室にあった人形と未来の みきおの机にあった人形は同じものだった。 ・木村さつきは誰かを庇って音臼小の真相を隠そうとしている。 現在私が気付いた点はこんな感じです。 その内の一つがみきおの部屋にもあったデッサンなどで使われる木の人形ですね。 木村さつきと校長が男女の仲という可能性も考えられいます。 みきおの居場所についても言葉を濁しながら隣町の施設と言っていたのも気になりました。 気になる怪しい校長の動きをもう一度見たい方。 今までの怪しい人物の行動を見返したい方。 uruさんの「あなたがいることで」 「テセウスの船」主題歌 も配信されました。 漫画連載中も怖いと話題となったイラストにも ぜひご注目ください! 原作1&2巻もコチラで限定公開中です! — モーニング公式 morningmanga 今までの気になる校長の様子や皆さんに考察を元にここからは私なりに校長犯人説についてまとめて行きたいと思います。 校長は木村さつきと出来ていた説。 校長が犯人の場合考えられるのはこれしかないですよね? 二人がそういう関係で今もなんらかの関係があるとしたらさつきが庇う理由もわかります。 もしかすると、みきおに校長が絵を教えた事で今デザインの仕事に就いて恩を感じているのかもしれません。 公式でのコメントを確認するとみきおは兄ではなく藍と言っていたみたいですが、さつき妊娠説は他にも理由があって話題になってますよ! 追記 7話で木村さつきが心達にみきおの居場所を聞かれた時の様子が気になりました! 「 施設を見に行ったけど。。。 (と言った後、校長と意味ありげに目を合わせてから) 知り合いに家に行くと一人で出て行った。 」と話していた。 みきおは音臼村で心達の様子を伺っている様に見えたので、校長の家にいたのではないか?と思われます。 金丸刑事の事件も実際に手を下したのは校長ではないと思います。 というのも、金丸刑事の口調が目上の人への話し方ではなかったからです^^; そう考えると、金丸刑事の電話を取り次いだ校長が心を突き落とし、金丸刑事を突き落としたのはさつきと言う可能性が高いです。 おそらく木村さつきは校長に洗脳されていたと考えるのが妥当と思われます。 でもなんで校長がこんな事件を起こさないとだめだったんだろう? 校長の目的とは? 校長は実は猟奇的な部分を持っていたが、教師という職業がらなかなかそれを表に出す事ができなかったのではないでしょうか? そこで、校長になってから、 うさぎをまず手にかけて興奮を覚えた。 もしくは、教師という職業がら自分の指導で人を変えたいと言う野望があり、みきおや木村さつきを使って、事件を起こした黒幕の可能性もあります。 その根本には、教師として今まで多くの生徒達を見てきたが あまり慕われる事はなかったのではないでしょうか? そんな中、村の中で慕われる佐野文吾を憎んで罪を着せたくなった。 この人の人生を自ら変えてやりたいと思ったのではないでしょうか?.

次の