御仏前 御佛前。 【知らなきゃ恥をかく!】御佛前(御仏前)、御霊前の違いやマナーのまとめ

御佛前の書き方・のしはつけるべきか・お金の入れ方|新札

御仏前 御佛前

1.御霊前と御仏前(御佛前)について 仏教の葬儀や法事において香典とは、線香・抹香や花の代わりに死者の霊前に供えるものです。 中でも御霊前や御仏前という表書きを良く目にしますが、この2つの表書きの使い方には違いがあります。 「御仏前」という表書きは仏教でのみ用います。 葬儀、告別式を終えると、遺族は一定の期間ごとに法事・法要を行います。 法事・法要とは、故人の冥福を祈り、供養をするための仏教行事です。 御霊前は、通夜、葬儀、告別式、初七日に使用され、四十九日以降の法事では、御仏前という表書きが使用されます。 このページでは御仏前の書き方やマナーについてご紹介します。 法事の招待状を受け取ったら、やむを得ない事情がある場合を除き、なるべく出席するようにします。 仏教の場合、葬儀のあと初七日以降は忌日ごとに、あるいは命日ごとに法事・法要があります。 四十九日の法要は、忌明けまたは満中陰とも呼ばれ、この日をもって忌中最後の日となります。 追悼法要 /忌日法要 日数の数え方 初七日は葬儀当日に行なわれることが多い儀式です。 法要の名称 時期 初七日 (しょなぬか) 7日目 年忌法要 今回の命日が何周忌にあたるの? というとき、三周忌からは数え方が異なり、なくなってからの年数マイナス一年となります。 以下の一覧表で「年数の数え方」をご覧ください。 法要の名称 時期 年数の数え方 (いっしゅうき) 満1年目 一周忌は、亡くなってから満1年めの祥月命日(しょうつきめいにち)に行ないます。 三回忌 (さんかいき) 満2年目 三回忌以降は、 亡くなってからの 年数マイナス1年で 行ないます。 例)三回忌は満二年目。 七回忌 (ななかいき) 満6年目 十三回忌 (じゅうさんかいき) 満12年目 十七回忌 (じゅうななかいき) 満16年目 二十三回忌 (にじゅうさんかいき) 満22年目 二十七回忌 (にじゅうななかいき) 満26年目 三十三回忌 (さんじゅうさんかいき) 満32年目 3.「御仏前」を持参する時のマナー (香典のポイント) 不祝儀の表書きの書き方は宗教によって変わるので最も難しいといえます。 どうしても法要に出席できずに郵送で御供物料を贈る場合は、現金書留で送ります。 必ずおわびの言葉を書いた手紙を添えましょう(郵送のしかたは、上の項でご説明しています)。 のし袋の下段には会葬者のフルネームを書きます。 会葬者名簿にも同じように書きます。 縦書気の場合には「内」を書く位置は夫の氏名の左下です。 会葬者名簿にも同じように書きます。 もし上司の名刺を預かっていれば、その名刺の右上に「弔」と記し、左端か下隅に「上司の代わりにご会葬をさせて頂きます。 鈴木花子」と小さく書き添えて受付に渡しましょう。 仏教の場合、四十九日後の法事法要では、 御仏前、御供物料などと書いた不祝儀袋を持参します。 通夜葬儀の際に宗教を確認します。 御仏前は仏教の場合に限り49日を過ぎてから用います。 おつき合い上、今後また使うこともあるかと思いますし、薄墨専用の筆ペンも市販されていますので一本常備しておくと良いでしょう。 四十九日以降は濃い墨を使うとされます。 一般的に金額が少ない時(目安として5,000円くらいまで)の水引の色は白黒、それよりも金額が増えると水引の色は双銀となります。 関西地区には白黄の水引を用いる地域もあるようです。 一般的に金額が少ない時(目安として5,000円くらいまで)の水引の色は白黒、それよりも金額が増えると水引の色は双銀となります。 関西地区には白黄の水引を用いる地域もあるようです。 現代ではこだわらないという考え方もありますが、ご遺族の中には年輩の方もいらっしゃいますので旧習に従ったほうが無難でしょう。 新札しか持ち合わせがないときには軽く折り目をつけてから香典袋にいれます。 なお、あまりにもクシャクシャのシワシワのお札を用いるのはむしろ失礼にあたります。 関西地域では黄白を用いる地域もあるようです(また関西では三回忌以降に黄白の水引を用いるという地方もありますが、あまり堅苦しく考えなくてもよいでしょう)。 金額が少ない場合には黒白の水引き(目安は5,000円くらいまで)、金額が多い場合には水引の色は双銀となります。 また、水引きも印刷されたタイプの香典袋は金額が少ない場合にのみ用います。 御仏前は濃い墨でも良いでしょう。 市販の香典袋の中には表書きが印刷されたものもあります。 表書きが袋に印刷された香典袋を使う場合には、 上段と下段を同じ墨色になるようにしましょう。 受付がない法要の場合には、ふくさから出し遺族に直接手渡します。 香典の渡し方のマナーを下記にご紹介します。 2)受付係が「お忙しいところご参列頂き恐れ入ります。 こちらに記帳をお願いします」などと言いますので、まずは記帳をします。 3)記帳を済ませたらふくさから香典を取り出し、先方から見て名前が読めるように袋の向きを改めて「どうぞ御仏前にお供え下さい」と一言添えて香典を渡します。 香典は必ず両手で差し出します。 一礼して受付の前を去ります。 1)受付でふくさから香典袋を取り出し「このたびはご丁寧なご案内を頂きありがとうございます」と挨拶を述べます。 香典は必ず両手で差し出します。 2)受付係から「御丁寧に恐れ入ります。 こちらに記帳をお願いします」と指示されますので、記帳をします。 3)記帳を済ませたら一礼して受付を去ります。 必ずお詫びの言葉を書いた手紙を添えましょう(郵送の仕方は、このページの上の方の項でご説明しています)。 「肉」「魚」などの生ものはNGです。 「食べ物」は全般的にOKですが、線香やろうそくはNGです。 表書きは「御供物」「御供」。 表書きに「供花料」とは書きません。 表書きは「御玉串料」となります。 自分で持参しても、葬儀社や花屋などに頼んで手配をしても良いでしょう。 白黒や黒のリボンをかけたり、水引きをかけたりします。 原色の生花は避けるのが普通です。 【はみだし知識】 ・キリスト教式では、葬儀、法要のときの不祝儀袋の表書きを「お花料」「御花料」と書きます ・現金を用意 して熨斗袋の表書きを「 御花料」とし、遺族に「故人がお好きだったお花を供えてください」などと渡しても良いでしょう。 表書きに「供花料」とは書きません。 6.法事とお香典マナー 仏教では、参列者がお供えするのし袋の表書きに「御霊前」という表書きが使えるのは、四十九日の法要までです。 それ以降の50日めからは、「霊」ではなく「仏様」になります。 例えば一周忌、三回忌、七回忌…といった法事では、「御仏前」または「御佛前」という表書きを使います。 その他に法事の熨斗袋の表書きに使えるのは「御香料」「御供物料」などです。 一方、遺族が、初七日〜四十九日の法要にお寺にお包みするお礼の場合の表書きは「御布施」「御経料」「御法禮」「御回向料」「お布施」などですが、これは忌明け後も用いられます。 例えば浄土真宗に関しては、四十九日前でも「御霊前」の表記は使えません。 通夜、葬儀とも「御仏前」となります。 なお、事務局では全ての宗教宗派を網羅しているのではなく、一般的な知識を紹介させて頂いております。 厳密には、各種の儀式やしきたりは宗教宗派あるいは地方によっても異なります。 誠に恐れ入りますが、ご心配な場合にはお寺や周りの年配の方に確認して頂きますようお願い申し上げます。 当サイトの掲載内容は一般的な知識の紹介であることを御了解頂いた上でご利用頂きますようお願い申し上げます。 上記の他にこのサイトで紹介している「香典」に関連する内容の例 1. 法事・法要のときの不祝儀袋のマナー 法事のときにも「御霊前」という表書きでいいの? …四十九日からの法事の時には、「御霊前」という表書きは用いません。 仏式の場合は「御仏前」「御香料」「御供物料」、神式の場合は「御玉串料」、キリスト教式の場合は「御花料」など。 忌明けの挨拶状とは? …49日の忌明けの頃に、会葬のお礼状とは別に、香典返しと一緒にお礼状を贈ります。 お礼状の文面をご紹介していますのでご参照ください。 通夜と葬儀のマナーについて 通夜や葬儀のときの服装は? …服装は葬儀マナーの基本です。 親族以外の場合、通夜に参列する際には喪服でなくてもかまわないとされています。 しかし、葬儀に出席せず通夜のみにご焼香に伺い香典を持参するという場合には、喪服を着用する場合が多いようです。 葬儀には男性は白いワイシャツに黒ネクタイ、ブラックスーツ、靴下、靴は黒です。 女性は黒いワンピースかスーツに黒靴黒ストッキングです。 通夜、葬式でのおくやみの言葉は? ……通夜や葬儀では忌み言葉に気をつけて、遺族に対してお悔やみの言葉を述べます。 もし遺族から弔辞を依頼されたら、よほどの事情がない限り、断るのはマナー違反です。 別ページで葬儀やお通やの挨拶文例を紹介していますのでご参照ください。 通夜、葬式での遺族の言葉は? ……遺族が述べる通夜や葬儀お礼の挨拶の文例を紹介しています。 お悔やみのお礼あいさつ文、スピーチ例のページへ 葬儀の手伝いを依頼されたら? ……葬儀には受付係、会計係など、さまざまな係のお手伝いが必要です。 各係りの主な役割は、受付係のページで説明をしています。 なお、遺族は、お世話役代表にはお礼の言葉を述べるとともに「志」「お車代」などを白封筒に包んでお渡しすると良いでしょう。 香典のお返しと香典の礼状は? ……会葬者にはお礼状(会葬礼状はがき)はすぐに渡しますが、それとは別に御香典や御供物を頂いた方には四十九日の頃に香典お礼のお返し(香典返し)をします。 供花のお返しも香典返しと同様にいたします。 会葬のお礼状とお香典のお礼状は別モノと理解して下さい。

次の

御佛前の書き方・のしはつけるべきか・お金の入れ方|新札

御仏前 御佛前

御仏前と御佛前の違い どちらも「ごぶつぜん」と読みますが、地域によっては「おぶつぜん」と読むところもあります。 市販されている不祝儀袋には、「仏」「佛」、どちらの字も使われています。 どちらが正解なのかと疑問を持つ人もいるかもしれませんが、「佛」は「仏」の旧字体ですので、どちらも正解です。 つまり、意味あいは同じで、使い方も基本的には同じということになりますが、中には「御佛前」のほうがより丁寧な書き方という人もいるようです。 しかし、佛=仏ですので、同じように使っても構いません。 御香典と御仏前(御佛前)、御霊前の違い では、御香典や御霊前とはどう違うのでしょうか。 仏教の世界では死んでからあの世で成仏するまでに、49日かかると言われています。 死後49日まではあの世とこの世の中間にいて、この期間を経て極楽浄土に行くという考え方です。 つまり、49日の法要が終わるまでは、仏ではなく霊であると考え、「御霊前」という表書きが広く使用されます。 ただし、浄土真宗の場合は注意が必要です。 浄土真宗はそもそも霊という概念を持たないため、「御霊前」ではなく、「御香典」という表書きのみ使用します。 「御香典」も「御霊前」同様の使い方をしますので、お寺の宗派が浄土真宗だとわかっている場合は、49日の法要までは「御香典」と書くようにしましょう。 49日を過ぎた翌日からは、表書きは「御仏前(御佛前)」となります。 以下に「御香典」「御霊前」「御仏前(御佛前)」の3つの言葉をまとめます。 ・御香典:お通夜や葬儀、初七日、49日法要の際に使用する。 ・御霊前:お通夜や葬儀、初七日、49日法要の際に使用するが浄土真宗では使用しない。 ・御仏前(御佛前):49日の法要が過ぎて以降の、一周忌、三回忌などに使用する。 突然の不幸に慌てないために 「御仏前」と「御佛前」だけでなく、弔辞のマナーには意外と知らない事がたくさんあります。 いざという時に慌てなくて済むように、不祝儀袋の種類や水引、表書きや一般的な金額を知っておく事は決して無駄にはなりません。 また、数珠や袱紗(ふくさ)、礼服なども、大人のたしなみのひとつと考え用意しておきましょう。

次の

御佛前(御仏前)の意味とは?御霊前との違いや香典袋の書き方も

御仏前 御佛前

その際、お香典を入れる熨斗袋の表書きの一つとして使われるのが「御霊前」「ご霊前」です。 こうした場合に役立つのが「御霊前」という表書きです。 もし先方の宗教がわからない場合には「御霊前」と書いたものであれば、たいていの宗教に用いることができます。 香典(現金)だけでなく、御供物にも使うことができます。 「御佛前」「御仏前」「ご仏前」という香典表書きは、一般的には四十九日の法要以後に使います。 親しい友人や近い親戚の場合はできるだけ早くかけつけます。 一般的な友人、知人、会社間系の場合は、通夜以降に弔問する方が良いでしょう。 連絡を受けたら、お悔やみを述べるとともに、通夜、告別式の日時、場所、宗教を確認することを忘れないで下さい。 香典は通夜または葬儀のどちらかに持参します。 もし通夜のときに香典を持参した場合には、葬儀では記帳のみを行います。 葬儀またはお通夜のいずれにも参列できない場合や、勤務先など仕事関係者は弔電を打ちます。 ・会社関係者 ・一般的な知人や友人 の場合には、むしろ準備が整った後、通夜の席に弔問する方がよいでしょう。 基本的には断らないのがマナーです。 顔にかけた白布は遺族がはずすので、勝手にとらないようにしましょう。 遺族が白布をはずしたら故人に向かって手を合わせ冥福を祈ります。 通夜または葬式の香典は別途現金書留などで送るようにします。 宛先の名前はフルネームにします。 NTTの電報は115。 【香典を送る・郵送時のお香典の入れ方】 現金を香典袋に入れ、表書きを通常の不祝儀袋と同様に書きます(例えば上段を御霊前、下段を佐藤一男)。 そのまま現金書留の専用封筒に入れます。 便箋にお悔やみの手紙を書き、これも現金書留の封筒に入れ、郵便局の窓口などから送ります。 【遺族への手紙の書き方文例(お悔やみの文面)】 「突然の訃報に驚いております。 遠方のためご葬儀に参列できず申し訳ございません。 ご遺族の皆様に心よりお悔やみを申し上げますと共に、私も遥かな地より故人の御冥福をお祈りしたいと存じます。 なお、弔電は友引でも送ってかまいません。 どうしても葬儀や通夜に出席できずに郵送で贈る場合は、弔電を打ち、現金書留で香典を送ります。 必ずお悔やみの言葉を書いた手紙を添えましょう(香典郵送のしかたは、上の項でご説明しています)。 会葬者名簿にも同じように書きます。 会葬者名簿にも同じように書きます。 もし上司の名刺を預かっていれば、その名刺の右上に「弔」と記し、左端か下隅に「上司の代わりにご会葬をさせて頂きます。 鈴木花子」と小さく書き添えて受付に渡しましょう。 先方の宗教がわからないときに、どんな宗教でも使え、通夜でも葬儀でも使える表書きは「御霊前」です。 おつき合い上、今後また使うこともあるかと思いますし、薄墨専用の筆ペンも市販されていますので一本常備しておくと良いでしょう。 水引きは白黒、双銀などの結び切りのものを用います。 現代ではこだわらないという考え方もありますが、ご遺族の中には年輩の方もいらっしゃいますので旧習に従ったほうが無難でしょう。 新札しか持ち合わせがないときには軽く折り目をつけてから香典袋にいれます。 なお、あまりにもくしゃくしゃのしわしわのお札を用いるのはむしろ失礼にあたります。 その場合には「御花料」を。 香典の渡し方のマナーを下記にご紹介します。 2)受付係が「お忙しいところご会葬頂き恐れ入ります。 こちらに記帳をお願いします」などと言いますので、まずは記帳をします。 3)記帳を済ませたらふくさから香典を取り出し、先方から見て名前が読めるように袋の向きを改めて「どうぞ御霊前にお供え下さい」と一言添えて香典を渡します。 香典は必ず両手で差し出します。 一礼して受付の前を去ります。 1)受付でふくさから香典袋を取り出し「このたびは御愁傷様です」といって受付係に手渡します。 香典は必ず両手で差し出します。 2)受付係から「御丁寧に恐れ入ります。 こちらに記帳をお願いします」と指示されますので、記帳をします。 3)記帳を済ませたら一礼して受付を去ります。

次の