大学受験 塾選び。 浪人生におすすめの予備校ランキング!塾の選び方とメリット・デメリット

大学受験のための塾選び

大学受験 塾選び

高校1年生から塾を探し始める方、受験生になって焦って予備校に入る方など様々ありますが、あなたにあった 塾・予備校・個別指導塾の選び方にはどういった基準があるのでしょうか。 もし、多額の費用がかかる塾・予備校の選び方を間違ってしまうと目もあてられません。 そこで、今回の記事では、大学受験のための塾・予備校の選び方について詳しく解説していきます。 この記事を読むと、最新の大学入試動向も分かるので是非最後までご覧ください。 大学受験のための塾・予備校・個別指導塾の選び方について 大学受験を目指す生徒にとって塾や予備校の選び方は重要です。 なぜなら、入塾や入学に多額の費用がかかりますし、『合ってなかったからすぐにやめる』ということも難しいからなんですね。 そこで、この項目では大学受験のための塾・予備校・個別指導塾の選び方の基準についてお伝えしていきます。 結論としては あなたがどういった高校生活を送っていくかによって異なってくるので、自分の生活に落とし込んで確認してみてくださいね。 あなたの確保できる勉強時間について まず塾 個別指導塾・集団指導塾 ・予備校の選び方で重要なのが、 あなたが確保できる勉強時間です。 例えば、毎日の勉強時間を1時間程度しか確保できなければ、予備校の系列に入ってしまうとかなり苦労してしまいます。 これはなぜかと言うと、講義を聞いてかなりの復習を行っていかなければいけないからですね。 個人個人によって部活を優先したいや、趣味に時間をかけたいなど様々な事情があるため、まずは確保できる時間から確認していきましょう。 定期テストの点数を確保できているか 勉強時間をたくさん取れる高校生であれば、定期テスト対策と受験対策を合わせて行なえますが、 時間を確保できない生徒は定期テストの点数が確保できているかについて確認しましょう。 定期テストの点数が取れていなければ、まずこの点数をアップさせる教育機関を頼るのが一番です。 後ほど詳しく解説しますが、現在の入試傾向上、どうしても評定平均を高めて置かなければ選択肢が狭まってしまうからです。 志望校はどこになるか また 志望大学がどこになるかによっても塾・予備校選びが異なってきます。 医学部受験をしたいのに、補習を主にするところに通ってしまうと時間がもったいなくなってしまうからですね。 大学の中でも難関大学と呼ばれるところを志望する高校生は、特に合格実績などを確認して塾・予備校選びを行った方がいいですよ。 ただし、合格実績を盛っている塾も存在するので内情は必ず内部生に聞くことを徹底してください。 あなたが学びやすい環境について 最後の基準としては、あなたが勉強に前向きになれる環境を用意できているところかを確認してください。 合格実績があったとしても、 最終的にはあなた自身が勉強に前向きになれるかどうかが志望大学合格の原動力になりますよ。 学びやすい環境の実際の例として、誰かの監視の目がないと勉強ができない生徒は個別指導などを考えるといいでしょう。 また、逆に監視されていると手が止まる生徒は集団指導などで自習室利用ができる塾や予備校を選ぶということも考えられます。 あなたのタイプに合わせた塾の形態を選ぶ 2021年度入試受験生はオンライン授業にも目を向ける ちなみに現在のコロナ対策として、集団塾や予備校は休業を行っているところも多数存在します。 こういった状況が続くと、2021年度の入試対策が全くできなくなってしまいますよね。 そこで考えたい指導方法としては、 オンライン授業に対応しているところかどうかです。 塾によっては完全ライブ配信を行っているところもありますし、IT化が進んだ今ではスタディサプリなど自ら学べるコンテンツを多数用意されています。 人から学びたいという考えも確かに大事なのですが、一度その考えから離れてみてコンテンツを利用して学ぶということも選択肢の一つとして考えておいて下さいね。 あなたの大学入試タイプは? さてあなたが望む大学入試タイプはどのようなタイプでしょうか。 大学入試には大きく分けて二つの入試形態が存在します。 国公立大学や難関私大が主に行う一般受験や二次試験を目指すタイプ、もしくは中3生の9月頃に大学への入学が確定するAO入試や推薦入試を目指すタイプなのかによっても塾や予備校は変わってきます。 そこで、この項目では、各試験種がどのようなものなかを解説しながら、あなたにあった教育機関を提案していきます。 一般受験・二次試験 一般受験や二次試験は、 主に試験当日にテストを受けて合否が決定する試験種です。 国公立や難関私大がこの形態を取ることが多く、入学は困難を極めます。 二次試験や一般試験はそれまでの定期テストの問題とは異なり、どのような大学でもかなり難しいテストが出される傾向にあります。 こういった試験種に対応するためには、集団指導塾や予備校、通信教育でも難関レベルに絞った対応が必須です。 AO入試・推薦入試 AO入試や推薦入試は、 その個別の大学で異なる試験を受け合否が決定する試験種です。 多くの大学で小論文や面接などが課されています。 また、大学によっては独特な試験を課すところも多く、プレゼンテーションや英語論文の翻訳などが課される場合もあります。 こういった特殊な試験に対応するためには、その大学専門の個別指導塾などを選択するといいですよ。 タイプ別!大学受験におすすめ塾 集団指導塾・個別指導塾 ・予備校について ここからはタイプ別におすすめの塾や予備校について解説していきます。 塾や予備校の種類はたくさんあり、予備校系や、個別指導塾系、通信教育系などがあります。 ここでは、その一つ一つを分解しながらおすすめの塾や予備校を解説していきます。 大学受験におすすめ集団指導塾・予備校3選 繰り返しになりますが、 集団指導や予備校は国公立から難関私大を目指す高校生におすすめです。 これらの教育機関は基本的に講義でテクニックや解放を学び、自習室や自宅でしっかりと復習できる生徒が使用するべきです。 勉強時間を確保しつつ、きちんと自己管理ができる自信がある方が使用した方がいいですよ。 河合塾 河合塾の特徴• 老舗の受験予備校である• 河合全統模試によるデータが豊富• 現在では幅広い学力層を受け入れている こんな人におすすめ• きちんとした受験勉強を行いたい人• 自習室などを使って一人で勉強できる人 授業料の費用 34万円から 学習方法 集団授業 コースについて グリーンコースなど受験目的にそったコースがある サポート体制 チューター制度あり 授業の質 大手予備校のため講師によってばらつきあり 河合全統模試は多くの高校生が受けていますが、その試験を作っているのは河合塾です。 塾という単語がありますが、れっきとした予備校系列に入ります。 この全統模試は全国規模のもので、毎年多数の高校生が受けることから膨大なデータが河合塾に蓄積されています。 そのデータを使って大学の教授などがテキストを作るので、やり込めば必ず底力が付きますよ。 レベルに関しても予備校系列にしては珍しく、 幅広い学力層を受け入れておりあなたのレベルに応じたカリキュラムが用意されているので、今は学力が低いけど頑張って黙々と勉強したい高校生におすすめです。 駿台予備校 駿台予備校の特徴• 老舗の受験予備校である• 駿台模試が行われている• 学力層は高め こんな人におすすめ• 理系進学を目指す人• ハイレベルな環境に身を置きたい人 授業料の費用 93万円程度 学習方法 集団指導形式 コースについて 私立医学科コースなど サポート体制 クラス担任制 授業の質 大手予備校のため質にバラツキがあるが総じて高い 駿台予備校も河合塾と同じく全国規模の模試を開催しているところです。 模試レベルでは河合塾より難しい問題が多く、解答を行うためには相当な実力が必要になってきます。 河合塾よりも学力的には上位層が固まっている印象が強く、中堅国公立以上で東大・京大を目指す高校生も多いです。 あなたの志望校が偏差値的に上位校であれば上位校であるほど駿台を視野に入れて資料請求を行いましょう。 代々木ゼミナール 代々木ゼミナールの特徴• 代々木ゼミナールの雰囲気が合う人• スモールステップ式の方が合う人• 難関大学を目指したい人 こんな人におすすめ• 近くに校舎がある人• ライブ授業でなくても大丈夫な人 授業料の費用 62万円程度 学習方法 自社回線による映像配信もしくはライブ授業 コースについて 国立医学科など様々なコースあり サポート体制 HRで受験情報を手に入れることができる 授業の質 サテライト予備校であれば一定の水準が保たれる 自社回線で映像授業を放映できる予備校が代々木ゼミナールです。 かつては講師の代ゼミと呼ばれ、超巨大な予備校でしたが年々規模が縮小しています。 かつては予備校として敷居が高いところでしたが、現在ではスモールステップ式を採用し、最初の学力が低い高校生も受け入れていますよ。 有名予備校ということもあり、 教育体制はその他の予備校と変わりません。 もしあなたが難関大学に進学したいという気持ちがあれば、有力候補の一角となります。 衛星予備校 衛星予備校は主に映像授業を使って、進学相談などはチューターや教室長が担当します。 有名予備校講師の授業を聞きながら、進路相談もその道のプロに担当してもらえるので一挙両得の予備校と言えるでしょう。 ただし、映像授業という受け身の体制になってしまいがち授業のため、前述した予備校のように自主学習は必須です。 自ら黙々と勉強に向かえる高校生が対象となる教育機関となります。 東進ハイスクール 東進ハイスクールの特徴• 有名講師陣が揃っている• 様々なレベルに応じて授業が受けられる• 教室によって特徴が異なる こんな人におすすめ• 映像授業が苦手でない人• HRなどが充実している方が良い人 授業料の費用 60万円程度 学習方法 映像授業による高速学習 コースについて 様々なコースが用意されている サポート体制 教務指導ができる先生がついている場合が多い 授業の質 映像授業のため質は一定している 東進ハイスクルールはナガセが運営する巨大な衛星予備校です。 有名予備校講師陣によるハイレベルな授業から、苦手を抱える生徒が実力をあげるための授業まで全てが揃っています。 また、その他の特徴としては教室があることから、学生間での交流も活発です。 一人で黙々と行うことも重要ですが、ときにはこういった生徒間での交流があることがモチベーションアップにつながりますよ。 担任となるチューターも歳が近いことも多く、プライベートな悩みを簡単に相談できるところもいいですね。 授業は映像ながらもこういった細やかな学習環境が整っているところが特徴です。 ベリタスアカデミー ベリタスアカデミーの特徴• 難関私立専門• オンラインとリアルどちらでも選べる• 月に1度のカウンセリングあり こんな人におすすめ• 志望校が私立難関大学である場合• 自学自習ができる人 授業料の費用 約10万円程度から 学習方法 映像授業の視聴 コースについて 使用する科目によってコースが準備されている サポート体制 コンサルティングあり 授業の質 映像授業のため一定 難関私大を志望する高校生はマナビズムもおすすめです。 在宅コースと通塾コースを選ぶことができ、 どのようなところに居てもトップレベルの講師陣による映像授業を見ることができます。 通塾コースでは塾内で反転学習が行われ、演習や暗記といった本来自主学習で行うものを行っていきます。 また、在宅コースであれば週1回ビデオ通話によるコンサルティングも行われます。 個別指導 個別指導型の塾は、 定期テストの点数が芳しくなかったり、監視の目がないとあまり勉強に身が入らない高校生におすすめしています。 1対1もしくは1対3程度でつきっきりで指導を行ってくれるため、非常に心強い存在です。 武田塾 武田塾の特徴• 参考書を使った勉強• 授業を行わない• 個人に合わせたカリキュラム こんな人におすすめ• 参考書を使った勉強で自学自習の習慣をつけたい人• 一人では中々勉強できない人 授業料の費用 50万円程度から 学習方法 マンツーマンの個別指導 コースについて 個人によって様々なコースが用意されている サポート体制 担当の先生がなんでも聞いてくれる 授業の質 個人での学習になる 武田塾は参考書を使って自主学習を行うことで成績アップを目指していきます。 キャッチコピーは『 日本初!授業をしない』となっており、生徒の自主学習に重きを置いています。 武田塾のHPを見れば勉強法が随時更新されており、生徒が通塾しなくても成績が上がる仕組みを敷いていることが特徴です。 ただ、どうしても人の目がないと勉強できない人は通塾するというスタンスです。 東京個別指導学院 東京個別指導学院の特徴• 個別指導塾の中で安定した実績を誇る• 塾業界の中でも非常に注目されているところ• 幅広い学力層を受け入れることができる こんな人におすすめ• 難関大学への入学を目指す人• 集団指導ではモチベーションが続かない人 授業料の費用 年間45万円から 学習方法 マンツーマンもしくは1対2まで コースについて オーダーメイドのカリキュラムを用意してくれる サポート体制 気に入った講師を担当につけることができる 授業の質 講師によって質が分かれるが総じて高い 東京個別指導学院は1対2までの個別指導を売りにしており、 専用カリキュラムを用いた指導に定評があります。 進研ゼミを運営するベネッセグループが運営しているため、教材やカリキュラムには安心感がありますね。 オーダーメイド製を売りにしており、あなた自身の苦手を克服しながら実力アップを測る塾として活用できますよ。 TOMAS TOMASの特徴• 有名家庭教師派遣会社が前身である• 業界での授業力の高さは有名• 1対1で授業を受けられる こんな人におすすめ• 授業の質に徹底的にこだわりたい人• きちんとした個別指導塾を選びたい人 授業料の費用 週1回の授業で年間50万円から 学習方法 完全個別指導 コースについて オーダーメイドカリキュラム サポート体制 先生による充実したサポート体制 授業の質 個別指導業界でも折り紙つき 母体が進学実績のあるプロ家庭教師を派遣する名門会のため、進学実績とそれを下支えする講師陣が特徴的です。 小学生から高校生まで、また医学部受験を目指す生徒まで完全1対1の個別指導を売りにしています。 講師とは別に担任制もあり、学習に関しては講師が担当し、成績管理やカリキュラム作成は担任が担当します。 完全マンツーマンのため家庭教師のような塾・予備校を探している高校生にピッタリです。 オンライン通信教育 最後の項目は通信教育です。 現在では教育のIT化の普及により 自宅でもきちんとした教育コンテンツを視聴できるようになりました。 多数のコンテンツがある中で、実績のある3つの通信教育コンテンツを紹介していきます。 Z会 Z会の特徴• 通信教育の中で最古参の一角• 様々な出版も手掛けている• 自学自習ができるのであれば最高の教材 こんな人におすすめ• 自宅でもしっかりと勉強を行いたい人• 練り上げられた良問を解きたい人 授業料の費用 1講座あたり1ヶ月で4,444円から 学習方法 テキストもしくはアイパッドでの学習 コースについて 東大・京大にも対応している サポート体制 通信教育のため塾よりは劣る 授業の質 教材の質が非常に高い 有名大学に進学したい通信制を希望する高校生の第一候補としてあげられるのがZ会です。 その他にも速読英単語などの教材も出版しており、非常に良質な教育コンテンツを多方面から配信しています。 自宅で学習するならここを使っておけば間違いない通信教育で、監視の目がなくともしっかりと学べる高校生には特におすすめです。 スタディサプリ スタディサプリの特徴• 映像授業を自宅で視聴できる• 通塾型ではないため格安の料金設定となっている• 映像授業の質が高い こんな人におすすめ• テキストベースでは勉強がはかどらない人• 授業を何度も視聴したい人 授業料の費用 月額1,980円から 学習方法 自宅での映像視聴を行う コースについて ベーシックコースと合格特訓コースに分かれる サポート体制 合格特訓専用コースであればコーチがついて声掛けを行って貰える 授業の質 一流講師陣による映像授業のため高い リクルートが運営する一流講師陣の映像授業を自宅で視聴できる通信教育です。 中高生だけでなく大人も使える教育コンテンツを配信しているのが特徴です。 通信教育のため他の塾・予備校よりも圧倒的に低額で毎月利用できる点もいいですね。 進研ゼミ高校講座 進研ゼミ高校講座の特徴• ベネッセが誇る通信講座• Z会と同様に教材にはかなりの実力がある• 充実した映像教材 こんな人におすすめ• 中学生からベネッセを使用していた人• 中学生講座の場合は楽しむことを前提として作られていますが、高校生の場合には学びにフォーカスした作りとなっています。 昔とは異なり、現在では映像配信も行っています。 ベネッセグループが母体となっているため、英語の4技能の能力向上コンテンツや最新の入試情報なども合わせて配信されることからも違った方面で役に立ちます。 大学受験の傾向変化に注意!一般受験や二次試験は減っている現状について さて、最後の項目では大学受験の傾向変化についての注意点を解説していきます。 結論から言うと、 現在の大学受験の動向は推薦やAO入試が増えています。 ここでは、この背景を解説しながら、どういった対策を取っていくかについてお伝えします。 大学受験でAO入試や推薦入試の比率が増えている背景について 大学入試でAO入試や推薦入試比率が高まっている原因は、 私大が合格者定員を絞り込んでいるからです。 これには国の政策が絡んでおり、定員を超えた私大には補助金を配らないようにしているからです。 この締付けは年々拡大しており、私大はあらかじめ入学が決定しているAOや推薦合格者を増やしたいわけです。 こういった背景から徐々にAO合格者や推薦合格者の比率が高まっているんですね。 評定平均を高めていくためには さて、前述したAO入試や推薦入試で合格を勝ち取って行くためにはどういった方向性で毎日の学びを行っていけばいいのでしょうか。 その一つは、評定平均を高めていくことです。 評定平均とは、調査書に記載される各教科の得点平均であり、5段階評価で3. 5以上が一つの基準となっています。 この基準をクリアするためには、 定期テストで少なくとも平均点以上を常にマークしておかないといけないということですね。 こういった背景から、高校生はより定期テスト対策が入試に直結するようになってきています。 学校の定期テスト対策を自分でできるかどうかが予備校選びの鍵となる 繰り返しになりますが、 現在の大学入試情勢は評定平均ありきで考えた方がいいです。 もし、あなたが定期テスト対策をあなた自身で行えるのであれば、予備校や集団塾にはいるのもいいでしょう。 ただ、もし定期テスト対策もおぼつかないようであれば、まずは個別指導などで苦手克服クラスなどを受講してみるといいかもしれませんね。 【まとめ】大学受験の塾・予備校選びはあなたのライフスタイルから 今回の記事では大学受験の塾・予備校選びについて解説してきました。 たくさんの基準をあなた自身で分析し、塾・予備校の形態から絞り込みを行うと良い塾にめぐりあえますよ。 ただ、一点注意が必要なことは、現在の大学入試では評定平均に重きを置かれているということです。 まずは定期テスト対策があなた自身で行えるかどうかを考えながら、できないようであれば個別指導塾などを検討していきましょう。

次の

大学受験を突破できる学力がつく!評判の良いおすすめ塾特集

大学受験 塾選び

大学受験で塾なしはNG!400人の大学生が通塾のメリットとリスクを語る 大学受験を控える高校生、そしてその保護者のみなさん、そもそも塾に通う必要はあるのでしょうか?たしかに独学で難関大学に合格している人たちを見ると、「別に塾に行かなくても合格できるのでは?」と思うのも仕方がないことです。 しかし、スタスタが独自に400人ほどの現役大学生に話を伺ってみたところ、以下のような結果が発覚しました。 首都圏の難関大学に通っている現役大学生の大学受験当時の通塾率 大学別の通塾率 これらの数値から 「志望大学の偏差値に関わらず塾に行って受験対策をするのが王道」であると言えます。 もちろん塾に通わずに合格した方もいらっしゃいますが、大学受験対策において通塾することは、志望校合格へと近づく良い手段なのではないでしょうか? 通塾のメリットとリスク 通塾のメリットとリスクとしては以下のようなことが挙げられます。 大学受験にオススメの塾・予備校ランキング|大学生500人の口コミ・評価 「塾に通う必要性はわかったが、一体どのような塾に通えばいいのかわからない」という方も多数いらっしゃることでしょう。 そんな方に、スタスタ独自のランキング調査結果をご紹介したいと思います。 一般的な塾紹介サイトでは「どういう基準でランキング付けされているか」がそもそも不明確だったり、あったとしても「合格実績」といった自分で調べればわかる情報がほとんどです。 しかし、スタスタでは「アンケートに協力してくれたトップ大学の学生たちがどこに通っていたか」を基準にランキングを作成しています。 つまり、「一人の生徒が2つの大学に受かっているのを2人とカウントする」といった問題を排除し、各塾・予備校の指導力を客観的に評価しています。 ランキング 塾名 通塾者数 第1位 河合塾 104名 第2位 東進ハイスクール 100名 第3位 駿台予備校 64名 第4位 Z会 15名 第5位 大学受験ナビオ 13名 第5位 代々木ゼミナール 13名 第7位 四谷学院 12名 第8位 臨海セミナー 10名 第8位 早稲田アカデミー 10名 第10位 鉄緑会 8名 実際に通った人たちの口コミも掲載していますので、詳しくは下記の関連記事をご参照ください。 また、いくつかの塾を比較してほしいといった要望がございましたら、ぜひスタスタ塾コンシェルジュまでご相談ください。 【大学受験】いつから塾に通えばいいの?志望校別の対策期間を解説|スタスタ 通塾の必要性と大まかな塾の指導力や生徒目線での評価がわかったところで、一体いつから通い始めればよろしいのでしょうか? これには多少の個人差はありますが、スタスタが首都圏の大学に通っている学生にアンケート調査を行ったところ、平均で 「高校1年生の中頃」から通塾するようになるという結果が出ました。 (N=184) アンケートに答えてくれた方の中には、「中高一貫校に通っていて、中学生の頃から大学受験を目指す塾に通っていた」という学生や、「高校3年生から本格的に通塾するようになった」という学生もいました。 ここからは難関国立大学を目指す高校生と難関私立大学を目指す高校生の2つに分類して、志望校別に対策期間を解説していきます。 難関国立大学を目指す高校生向け 今回は難関国公立大学の中から 「東京大学」にフォーカスしてまとめていきます。 現在東京大学に通っている学生の多くは、 「高校1年生」の頃から塾に通い始めていることが分かりました。 以下の表で出身高校別に通塾し始めた時期をまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。 難関私立大学を目指す高校生向け 難関私立大学に通っている学生の通塾時期について分析してみると、およそ 「高校1年生の後半」ごろから塾に通っていたことが分かりました。 ここから、各大学に合格した現役の学生たちが、いつ頃から通塾していたか確認していきましょう。 春期講習• 夏期講習• 冬期講習 の3つがあります。 それぞれ通塾回数や授業のコマ数によって決まるのが一般的で、その点料金もまばらになります。 傾向としては、授業料が比較的高い塾ほど季節講習費も高く、授業料が安価な塾は季節講習費も安価であるように見られます。 以下はスタスタ編集部独自に集計した、個別指導塾と集団指導塾の季節講習費の相場になります。 そして次に懸念すべきなのが「入塾金」です。 いわゆる塾に入るためにかかるお金で、スタスタ編集部の独自調査によると、 平均20,000円~25,000円程かかる場合が多いようです。 その一方で、• 入塾金を一切取っていない塾• 期間限定で入塾金がかからないキャンペーンをやっている塾 も多数あるため、確認してみる価値はあるでしょう。 その他にも、教材費や模試代、諸経費などが発生しますが、これらについても詳しい解説が聞きたい方は下記の関連記事もしくはスタスタ塾コンシェルジュまでご相談ください。

次の

大学受験塾の選び方|知っておきたい3つの比較ポイント

大学受験 塾選び

コンテンツ• はじめに 大学受験を考えている子どもを持つ保護者にとって、塾選びは重要です。 入った塾が子どもに合わない場合、お金を無駄にするだけではなく、子どもの時間をも無駄にしてしまうためです。 しかし、一口に塾と言ってもさまざまな形態の塾があります。 また、いつから通えば良いのか、費用はどのくらいかかるのかなど、頭を悩ませる方は多いでしょう。 そこで今回は、 大学受験のための塾の選び方についてご紹介します。 塾はいつから? 進学校や中高一貫校に通う生徒の多くは、 高校1年生の時点で受験を意識した勉強を始めています。 高校2年生では、夏以降から多くの生徒が受験勉強を開始します。 したがって、大学受験のために塾へ通う時期も 早ければ早い方が良いでしょう。 もし苦手科目がある場合は、1年生のうちからその教科のコースを受けることをおすすめします。 2年生は受験の準備期間に当たります。 苦手科目は克服し、得意科目はさらにレベルを上げるために塾に通うと良いでしょう。 難関校を目指している場合は、2年生の時点で英語と数学を仕上げておくことが理想的です。 3年生では遅くとも夏までには志望校を固め、その大学の入試の対策を行っている塾、またはコースを選択しましょう。 塾の費用は? 塾選びの際、気になるのはその費用です。 多くの塾では授業料に加えて入塾金やテキスト代などがかかります。 また、模擬試験や季節講習を受ける際は別途費用がかかります。 授業料に関しては、受講する科目数やコース、プランによって異なります。 しかし、どの塾も 年間の相場は約40万~100万円と言われています。 必要な科目数やプラン、テキストや試験などを選択し、年間と月間で掛かる費用を調べ、無理のない計画を立てましょう。 タイプに合わせて塾を選ぼう ここでは大手の塾と小規模(地域密着型)の塾、そして集団指導の塾と個別指導の塾に分けて、特徴をご紹介します。 それぞれの 塾のメリットとデメリット、目的やその塾に向いている子どものタイプを確認し、塾を選ぶ際の材料にしてください。 大手の塾 【メリット】 ・難関校、有名校への合格のノウハウがある ・志望校別にコースが設けられており、対策が十分に行われている ・学力別にクラス編制が行われているため、自分に合ったレベルで授業が受けられる ・生徒数が多いため、刺激を得られる 【デメリット】 ・レベルの高いクラスに指導力の優れた講師が集まる傾向にある ・生徒数が多いため、一人一人の対応が手薄になりやすい ・校舎や教室によって指導力にばらつきがある 【目的・向いている子どものタイプ】 ・難関校、有名校を志望している ・競争相手がいる方がやる気が出る 小規模(地域密着型)の塾 【メリット】 ・地元大学の対策が充実しており、情報も豊富 ・一人一人に丁寧なサポートをしてくれる ・大手に比べ、アットホームで穏やかな雰囲気 【デメリット】 ・大手に比べ、進路指導の経験や情報量、実績が少ない場合がある ・生徒同士の競争心が生まれにくい ・過去の試験を分析して作成された模擬試験を受けられない 【目的・向いている子どものタイプ】 ・地元の大学を志望している ・周囲に影響されることなく、モチベーションを維持できる 集団指導の塾 【メリット】 ・同じクラスの友人から刺激を受け、切磋琢磨し合うことができる ・受験までのカリキュラムがしっかりと作られている ・個別指導に比べ、費用が安い 【デメリット】 ・大勢の前で質問できない生徒は、分からないままになってしまう可能性がある ・授業についていけなくなると、挽回が困難 ・過度な競争意識が生まれることがある ・カリキュラムによっては部活や習い事との両立が難しい 【目的・向いている子どものタイプ】 ・授業内容に遅れずについていける ・切瑳琢磨し合える友人を得たい ・大勢の前でも発言できる 個別指導の塾 【メリット】 ・分からないことはすぐ質問できる ・それぞれの生徒の学力や部活、習い事などを考慮したカリキュラムが組める ・講師との距離が近い 【デメリット】 ・切磋琢磨し合える友人を作りにくい ・講師となれ合いになってしまう可能性がある ・集団指導に比べ、費用が高い 【目的・向いている子どもタイプ】 ・自分のペースで勉強したい ・遅れている教科を取り戻したい ・大勢の前で発言することが苦手 おわりに 大学受験のための塾の選び方についてご紹介しました。 塾はタイプによって特徴が異なるため、「誰にとっても良い塾」というものは存在しません。 我が子に一番適した塾を選ぶことが重要です。 選んだ塾が本当に子どもに合っているかどうか不安な場合は、塾での学習と合わせて自宅でいつでも利用できるのようなネット講座(Eラーニングシステム)を活用すると良いでしょう。 今回ご紹介した記事を参考に、後悔しない塾選びを行ってください。

次の