川崎 市 国民 健康 保険 料。 国民健康保険料について。 3月から川崎市国民健康保険に加入、 6月から

国民健康保険料について。

川崎 市 国民 健康 保険 料

ご存知でしょうが… 日本は国民皆保険制度で、 いずれの健康保険に加入が義務です。 社会保険脱退の翌日には、 自動的に国民健康保険に加入してます。 自身で加入手続きしなくても、 手元に保険証がなくても 保険料は後に請求される制度です。 加入は世帯単位ですから、 世帯主宛に納付書が郵送されます。 世帯主は社会保険でも、 世帯の誰かが加入なら請求され 債務は世帯主と成ります。 仮に支払が遅れたら延滞税が加算されます。 裁判所許可なしに差し押さえや ガサ入れも行える権限が有ります。 国民健康保険料は昨年の年収から、 1年分を8期に分け納付します。 保険加入は月単位ですから、 例え1日でも1カ月分を請求されます。 仮に6月1日が社会保険加入で無いなら、 6月は国民健康保険と社会保険 二重払いと成ります。 加入脱退どちらも同じです。 健康保険の切り替えが月の途中だと、 加入と脱退で2カ月分は二重払いに成ります。 会社は手続きを行いません。 すべて自身で行います。 仮に過払いなら後に返還されますから、 納付書が届いているなら 期限内の納付が良いと思いますよ。 詳細は役所の窓口で尋ねるのが正確です。 まず、4月と5月の分に関しては 保険料を算定するための情報(確定申告や年末調整などで申告された税情報)が全くないことと 保険料率が決まっていないことから、保険料を算定することが出来ないのです。 それで加入者に対して保険料の請求が「4月5月だけない」ということになります。 6月になれば情報も整い保険料率も決まるので、そこからその年度分の納付開始となりますが 保険料は4月~翌年3月の12か月分を数回の分割で納付していただくこととなります。 分割回数はお住まいの都道府県市町村によって違いがありますが、10回とかはよく聞く回数です。 お調べしたところ、川崎市も納付期間が6月~来年3月までの10回分割のようですね。 今回は1期及び2期分のみの請求でよろしいですか?(脱退手続がなされており保険料の清算がされているものとして話をします) その1期分及び2期分が、あなたが4月~5月にかけて加入していた分でしょうね。 10回分割なら、1期分あたりの納付は約1.2か月分です。 1期分でその1.2か月分、2期分で0.8か月分となっているかと思われますから これで2か月分=4月5月の分という話になりますね。 4月5月に関しては国保に加入していた実績があるのですから、忘れずに納付しましょう。 なお、1期分から10期分(来年3月納期)までの請求が来ているということであれば 国保の脱退手続がなされていないのが原因ですので、即刻脱退手続を済ませて下さい。 脱退手続はご自分の手でしか出来ません。 (もし手続済ということであれば上の2行は忘れて下さい).

次の

「えっ、こんなに高いの?」定年後の支払いで慌てないために覚えておきたい国民健康保険の計算方法|@DIME アットダイム

川崎 市 国民 健康 保険 料

令和2年度の医療分の最高限度額は63万円で自治体によってはそれ以下に抑えている場合もあります。 令和2年度の支援金分の最高限度額は19万円で自治体によってはそれ以下に抑えている場合もあります。 39歳以下および65歳以上74歳以下の人には賦課(課税)されません。 令和2年度の介護分の最高限度額は17万円で自治体によってはそれ以下に抑えている場合もあります。 所得割はどの自治体も毎年見直しが行われています。 すべての自治体で賦課され、その金額は毎年見直しされています。 自治体によっては賦課(課税)しない場合もあります。 自治体が決定した割合を年間の固定資産税に乗じて算出します。 近年は資産割を廃止する自治体が増えています。 令和2年度の最高限度額はそれぞれ63万円、19万円、17万円、合計99万円となります。 ただし自治体によっては低い限度額の場合もあります。 年収100万円~1,500万円の国民健康保険料(単身者の場合) 年収 39歳以下 60歳以上74歳以下 40歳以上59歳以下 49,303/年 4,108/月 64,301/年 5,358/月 129,779/年 10,814/月 164,962/年 13,746/月 194,529/年 16,210/月 245,952/年 20,496/月 262,979/年 21,914/月 331,569/年 27,630/月 336,979/年 28,081/月 424,130/年 35,344/月 410,980/年 34,248/月 516,691/年 43,057/月 488,679/年 40,723/月 613,877/年 51,156/月 571,929/年 47,660/月 718,008/年 59,834/月 655,179/年 54,598/月 822,138/年 68,511/月 729,816/年 60,818/月 899,816/年 74,984/月 797,417/年 66,451/月 967,417/年 80,618/月 820,000/年 68,333/月 990,000/年 82,500/月 820,000/年 68,333/月 990,000/年 82,500/月 820,000/年 68,333/月 990,000/年 82,500/月 820,000/年 68,333/月 990,000/年 82,500/月 ここでは単身者の国民健康保険料を年収別に試算しましたが、同じ世帯内に2人以上の国保加入者がいる場合は、加入者全員の合計所得を所得割に乗じて計算し、均等割も人数分加算する必要があります。 なお川崎市の国民健康保険料についてより具体的に計算する場合はをご利用ください。 年齢・年収・家族(最大6名)の情報から国民健康保険料を自動計算します。

次の

国民健康保険料と任意継続保険料を計算シミュレーション!退職時の保険を比較しよう!

川崎 市 国民 健康 保険 料

川崎市では5月20日から、国民健康保険料、後期高齢者医療保険の『ペイジー口座振替受付サービス』を開始した。 これにより、区役所の窓口からでも口座振替受付が行えるようになった。 ペイジーとは、主要金融機関等が加盟する、日本マルチペイメントネットワーク推進協議会が提供する支払サービスで、公共料金などの支払いをパソコンや専用端末からできるもの。 川崎市ではこれを利用し、国民健康保険料、後期高齢者医療保険料の口座振替が区役所窓口でできるサービスを導入した。 従来の口座振替受付は、金融機関窓口が開いている平日午前9時から午後3時までの間に行わなければならなかったが、区役所窓口での受付時間は平日午前8時半から午後5時、第2・4土曜日の午前8時半から12時半までと大幅に拡大。 また、必要なものはキャッシュカードと保険者番号を提示できるもののみで、引き落とし開始も毎月5日までの手続きで当月から引き落とし可能となる。 すでにこのサービスを取り入れている横須賀市では、「始まったばかりでまだ利用者増減の統計上の数字は得られていないが、ご案内した市民の方からは、便利、その場で口座振替手続きまで完了出来て嬉しいなどという好意的なお声掛けを頂いている」と話す。 また、葉山町でも導入を検討中だという。 川崎市は「市民サービスの向上の為に導入した。 区役所に手続きに訪れた方にその場で口座振替の手続きを行ってもらうことで、市民の時間的、体力的負担を減らし、より便利に効率的になることを期待したい」としている。

次の