プレデター プランツ アナコンダ。 遊戯王 捕食植物改2デッキレシピ捕食植物(プレデタープランツ)【ファン・テーマ】

捕食植物ヴェルテ・アナコンダ(プレデタープランツヴェルテアナコンダ)カード情報・考察

プレデター プランツ アナコンダ

召喚条件は効果モンスター 2体と汎用素材になっており、トークンは使用できないものの汎用素材の中では比較的出しやすい部類です。 1の効果はフィールドのモンスター 1体を対象に取ってターン終了時まで闇属性にするという物で、素材として闇属性モンスターが必要な 「捕食植物」融合モンスターや 「スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン」を融合召喚しやすくなります。 自分・相手のどちらのフィールドのモンスターでも良いので、このカードが汎用素材で出せることもあって 融合素材だけでなく素材に属性を指定する各種召喚方法に使えたりと用途は様々です。 2の効果は 2000のライフコストを払ってデッキから 「融合」通常・速攻魔法または 「フュージョン」通常・速攻魔法カード 1枚を墓地へ送り、墓地に送ったカードの発動時の効果をコピーするというものになっています。 幅広い種類のカード効果をコピーすることが可能であり、状況やコピー先次第では 2000という大きなライフコストも見合う使い方が出来ます。 コピーしているのはあくまで発動時の効果だけですので、 発動条件やコストなどは無視できます。 この効果の発動後自分はモンスターを特殊召喚できないよう制約もあるので、コピーした効果で融合召喚をした場合にはその融合召喚がこのターンの最後の特殊召喚となります。 「融合回収」等の融合召喚を行わないカードの効果もコピーできますが、制約によってその後の特殊召喚が封じられてしまうため攻撃力 500のこのカードを棒立ちさせるという危険を冒すことになります。 基本的にはコピーした効果で融合素材にこのカードを含みながら融合召喚を行うのがベターだと思われます。 「融合」・「フュージョン」カードにはサーチ・サルベージ手段が存在しますが、効果モンスター 2体から出せるリンクモンスターということも考えると ライフコストはあるものの速効性が高いため有用な効果です。 1の効果で相手モンスターを闇属性にし、 2の効果で 「超融合」もしくは 「プレデター・プライム・フュージョン」の効果をコピーしてこのカードと相手モンスターを融合素材にするといった動きを想定した性能になっているかと思われます。 このカード自体が汎用素材で出せるため、融合召喚を行うデッキであれば無理なく採用することが出来ます。 メインデッキに 「超融合」を入れ、エクストラデッキにはこのカードと 「捕食植物キメラフレシア」や 「スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン」等を出張採用するというのも手です。 スポンサーリンク 「捕食植物ヴェルテ・アナコンダ」と相性の良いデッキとカードを紹介!! 「 E・ HERO」デッキ あくまで「 E・ HERO」モンスターを主軸としたデッキであり、「 E・ HERO」+各属性モンスターで出せる 「 E・ HERO」融合モンスターを採用しているタイプであればなお良いです。 属性 「 E・ HERO」融合モンスターは召喚条件が緩く、 「超融合」を使うことで相手モンスターを用意に融合素材にしてしまえる点も優秀です。 「超融合」の採用が無理なく行えるため、 「捕食植物ヴェルテ・アナコンダ」を 「捕食植物キメラフレシア」等と一緒に採用することで 「 E・ HERO」モンスターだけでは対処しにくい状況にも対応することができるようになります。 「ネオス・フュージョン」+「レインボー・ネオス」 「捕食植物ヴェルテ・アナコンダ」の 2の効果で 「ネオス・フュージョン」の効果をコピーし、手札・デッキ・フィールドから融合素材を墓地に送って 「捕食植物ヴェルテ・アナコンダ」のリンク先に 「レインボー・ネオス」を融合召喚します。 「レインボー・ネオス」の効果を使うことで 「捕食植物ヴェルテ・アナコンダ」を墓地へ送ることで相手フィールドのモンスター全てをデッキに戻せるため 「捕食植物ヴェルテ・アナコンダ」の処理をしつつ直接攻撃による大ダメージを期待できます。 攻撃力 4500の 「レインボー・ネオス」で直接攻撃が狙えることを考えると、 「捕食植物ヴェルテ・アナコンダ」の 2000ライフコストも十分割に合うと言えます。 「トーチ・ゴーレム」 相手フィールドに自身を特殊召喚して自分フィールドにはトークン 2体を生成する最上級モンスターです。 トークン 2体をリンク 1モンスター 2体にし、その 2体を素材に 「捕食植物ヴェルテ・アナコンダ」をリンク召喚。 その後 「捕食植物ヴェルテ・アナコンダ」の 2の効果で 「超融合」をコピーすることで自身と相手フィールドに出した 「トーチ・ゴーレム」を融合素材に融合召喚出来ます。 融合召喚先の候補としては 「捕食植物キメラフレシア」「スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン」「グリーディー・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン」があるため状況に応じて使い分けると良いでしょう。 「トーチ・ゴーレム」 1枚で出来るコンボであり、自分のカードだけで完結しているので相手フィールドに依存もほとんどしていません。 「捕食植物ヴェルテ・アナコンダ」と 「超融合」を合わせて使う場合では相手モンスターを融合素材に出来るのは大きな強みではありますが、相手のモンスターが対象に取られない闇属性以外のモンスターであった場合 「捕食植物ヴェルテ・アナコンダ」の 1の効果が通用しないため計画は頓挫してしまいます。 昨今では対象耐性を持ったモンスターもしくは対象耐性を付与できるカードも増えてきたので、 そういった場合の運用例の一つとして相手フィールドに素材を用意する運用法もあることは覚えておくと良いでしょう。 「捕食植物ヴェルテ・アナコンダ」についてのまとめ! 軽くはないライフコストがあるとはいえ、 「捕食植物」デッキでは積極的に使いたい 「超融合」が使いやすくなる点は間違いなく強化と言えます。 「捕食植物ヴェルテ・アナコンダ」は汎用素材で出せることもあり、今後素材指定が緩い融合モンスターや新しい 「融合」もしくは 「フュージョン」通常・速攻魔法が登場する度には併せて使えるか検討できることもあり将来性もあるカードだと思います。 またこちらでは当サイトで組んだ「捕食植物」デッキの紹介をしております! こちらに「捕食植物ヴェルテ・アナコンダ」を入れることで、より強力なデッキになるかと思います! 登録していただけると最新情報がいち早く手に入ったり、LINEでしか聞けない情報が手にはいつかも!! そしてLINEアット登録者様限定で「こんな記事があったら嬉しい」という声や「こんな記事を書いてくれ!」と言う声を送って頂ければ、内容次第では記事になるかも知れません!! 例「現在の「シーラカンス」を使ったデッキを紹介して!」 「昔のカードの考察をして欲しい!」 「遊戯王のこのネタについて記事にして!」 と言う声を気軽に送ってください!! こちらの企画はLINEアット登録者様限定で行なっていくつもりなので、その様な要望がある方は是非是非登録よろしくお願いします! 最近の投稿• 今週の人気記事一覧!!•

次の

【《捕食植物ヴェルテ・アナコンダ》相場・裁定まとめ】初動価格や高騰不可避な今後を紹介&考察!|真紅眼融合の裁定が遂に判明!?

プレデター プランツ アナコンダ

召喚条件は効果モンスター 2体と汎用素材になっており、トークンは使用できないものの汎用素材の中では比較的出しやすい部類です。 1の効果はフィールドのモンスター 1体を対象に取ってターン終了時まで闇属性にするという物で、素材として闇属性モンスターが必要な 「捕食植物」融合モンスターや 「スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン」を融合召喚しやすくなります。 自分・相手のどちらのフィールドのモンスターでも良いので、このカードが汎用素材で出せることもあって 融合素材だけでなく素材に属性を指定する各種召喚方法に使えたりと用途は様々です。 2の効果は 2000のライフコストを払ってデッキから 「融合」通常・速攻魔法または 「フュージョン」通常・速攻魔法カード 1枚を墓地へ送り、墓地に送ったカードの発動時の効果をコピーするというものになっています。 幅広い種類のカード効果をコピーすることが可能であり、状況やコピー先次第では 2000という大きなライフコストも見合う使い方が出来ます。 コピーしているのはあくまで発動時の効果だけですので、 発動条件やコストなどは無視できます。 この効果の発動後自分はモンスターを特殊召喚できないよう制約もあるので、コピーした効果で融合召喚をした場合にはその融合召喚がこのターンの最後の特殊召喚となります。 「融合回収」等の融合召喚を行わないカードの効果もコピーできますが、制約によってその後の特殊召喚が封じられてしまうため攻撃力 500のこのカードを棒立ちさせるという危険を冒すことになります。 基本的にはコピーした効果で融合素材にこのカードを含みながら融合召喚を行うのがベターだと思われます。 「融合」・「フュージョン」カードにはサーチ・サルベージ手段が存在しますが、効果モンスター 2体から出せるリンクモンスターということも考えると ライフコストはあるものの速効性が高いため有用な効果です。 1の効果で相手モンスターを闇属性にし、 2の効果で 「超融合」もしくは 「プレデター・プライム・フュージョン」の効果をコピーしてこのカードと相手モンスターを融合素材にするといった動きを想定した性能になっているかと思われます。 このカード自体が汎用素材で出せるため、融合召喚を行うデッキであれば無理なく採用することが出来ます。 メインデッキに 「超融合」を入れ、エクストラデッキにはこのカードと 「捕食植物キメラフレシア」や 「スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン」等を出張採用するというのも手です。 スポンサーリンク 「捕食植物ヴェルテ・アナコンダ」と相性の良いデッキとカードを紹介!! 「 E・ HERO」デッキ あくまで「 E・ HERO」モンスターを主軸としたデッキであり、「 E・ HERO」+各属性モンスターで出せる 「 E・ HERO」融合モンスターを採用しているタイプであればなお良いです。 属性 「 E・ HERO」融合モンスターは召喚条件が緩く、 「超融合」を使うことで相手モンスターを用意に融合素材にしてしまえる点も優秀です。 「超融合」の採用が無理なく行えるため、 「捕食植物ヴェルテ・アナコンダ」を 「捕食植物キメラフレシア」等と一緒に採用することで 「 E・ HERO」モンスターだけでは対処しにくい状況にも対応することができるようになります。 「ネオス・フュージョン」+「レインボー・ネオス」 「捕食植物ヴェルテ・アナコンダ」の 2の効果で 「ネオス・フュージョン」の効果をコピーし、手札・デッキ・フィールドから融合素材を墓地に送って 「捕食植物ヴェルテ・アナコンダ」のリンク先に 「レインボー・ネオス」を融合召喚します。 「レインボー・ネオス」の効果を使うことで 「捕食植物ヴェルテ・アナコンダ」を墓地へ送ることで相手フィールドのモンスター全てをデッキに戻せるため 「捕食植物ヴェルテ・アナコンダ」の処理をしつつ直接攻撃による大ダメージを期待できます。 攻撃力 4500の 「レインボー・ネオス」で直接攻撃が狙えることを考えると、 「捕食植物ヴェルテ・アナコンダ」の 2000ライフコストも十分割に合うと言えます。 「トーチ・ゴーレム」 相手フィールドに自身を特殊召喚して自分フィールドにはトークン 2体を生成する最上級モンスターです。 トークン 2体をリンク 1モンスター 2体にし、その 2体を素材に 「捕食植物ヴェルテ・アナコンダ」をリンク召喚。 その後 「捕食植物ヴェルテ・アナコンダ」の 2の効果で 「超融合」をコピーすることで自身と相手フィールドに出した 「トーチ・ゴーレム」を融合素材に融合召喚出来ます。 融合召喚先の候補としては 「捕食植物キメラフレシア」「スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン」「グリーディー・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン」があるため状況に応じて使い分けると良いでしょう。 「トーチ・ゴーレム」 1枚で出来るコンボであり、自分のカードだけで完結しているので相手フィールドに依存もほとんどしていません。 「捕食植物ヴェルテ・アナコンダ」と 「超融合」を合わせて使う場合では相手モンスターを融合素材に出来るのは大きな強みではありますが、相手のモンスターが対象に取られない闇属性以外のモンスターであった場合 「捕食植物ヴェルテ・アナコンダ」の 1の効果が通用しないため計画は頓挫してしまいます。 昨今では対象耐性を持ったモンスターもしくは対象耐性を付与できるカードも増えてきたので、 そういった場合の運用例の一つとして相手フィールドに素材を用意する運用法もあることは覚えておくと良いでしょう。 「捕食植物ヴェルテ・アナコンダ」についてのまとめ! 軽くはないライフコストがあるとはいえ、 「捕食植物」デッキでは積極的に使いたい 「超融合」が使いやすくなる点は間違いなく強化と言えます。 「捕食植物ヴェルテ・アナコンダ」は汎用素材で出せることもあり、今後素材指定が緩い融合モンスターや新しい 「融合」もしくは 「フュージョン」通常・速攻魔法が登場する度には併せて使えるか検討できることもあり将来性もあるカードだと思います。 またこちらでは当サイトで組んだ「捕食植物」デッキの紹介をしております! こちらに「捕食植物ヴェルテ・アナコンダ」を入れることで、より強力なデッキになるかと思います!.

次の

遊戯王カードWiki

プレデター プランツ アナコンダ

六花が出たので微調整しました。 スノードロップでレベルを弄れるようになったので、タクシー竜も採用しました。 使った後のタクシーはリンク素材にでもしてしまいましょう。 追記:制限改訂来たので微調整、ドラグーン生き残りました。 やったぜ! 強み・コンボ 白薔薇の回廊でアナコンダが安定して使えます。 ドラグーンが禁止になったらアナコンダの代わりにジャスミン2枚目入れましょう。 ハリファでも可。 白薔薇の回廊から植物をSS出来るのでチューナー噛ませれば即タクシー出来ます。 弱点・課題点 仮にドラグーンが消えたら先攻不利になるので代わりの札が必要になります。 ドラグーンが生き残れば先攻でも後攻でもそれなりに戦えます。 六花に良いエクシーズが来ればそちらへの乗り換えも有りかも。 何にせよドラグーンが逝ったら大幅に弱体化します。 捕食専用のデッキ融合でも来ないと先攻を任せられる札が現状ドラグーン以外存在しないのが一番の弱点です。 カスタマイズポイント ハリファやら他の六花でしょうか。 六花は今後の通常パックで強化入るでしょうし、それ次第では先攻安定する可能性が十分あります。 六花の効果後植物縛りを無視できる制圧札が切望されるところです。 追記 捕食活動は融合縛りが付くため差し替え枠 デッキ自己評価.

次の