超 鹿島。 鹿島が“投げ銭”配信イベント、1万円超の提供者も

超高層のあけぼの

超 鹿島

再開初戦の横浜F・マリノス戦では攻め込まれながらも無失点でドロー。 前節は、レオナルドと興梠慎三のFW陣のゴールでベガルタ仙台に勝利した。 [4-4-2]の布陣が機能し、攻守にバランスは悪くない。 再開後2試合はミスも散見され、どちらもポゼッションを与えた試合展開となったが、結果を残している。 粘り強さをここまで見せている浦和だが、不調とはいえ今節の相手である鹿島は手強い相手。 我慢のサッカーができるようになった今、今節も耐える時間を耐え、しっかりとチャンスを生かして勝ち点3をつかめるかに注目だ。 少ないチャンスを仕留めるだけの技術を前線の選手は持ち合わせており、カギとなるのは先制点と言えるだろう。 リーグ戦3連敗、AFCチャンピオンズリーグ ACL のプレーおふとYBCルヴァンカップを含めれば公式戦5連敗。 こんな鹿島を見たことはない。 シーズン初戦を見る限り、アントニオ・カルロス・ザーゴ監督が一気にスタイル変更を行ったことが結果に影響すると予想はできたが、ここまでとは予想できなかった。 しかし、それは結果だけの話。 攻撃面で形は見えてきており、あとはいかにネットを揺らすかだ。 ただし、前掛かりになればリスクも付き物。 前節の北海道コンサドーレ札幌戦はそこを突かれての失点となったが、浦和のスコアラーの精度はより高く、守備面にもw気を配って今季初白星を挙げたい。 その結果、途中出場の天野純、オナイウ阿道がゴールを奪い、今シーズンのリーグ戦初勝利を記録した。 過密日程で連戦が続く中、指揮官の手腕が問われる戦いが続くが、ポステコグルーはベンチメンバーを含めて試合をコントロールした。 今節の相手は昨シーズンの覇権争いを最後まで繰り広げたFC東京。 優勝を掴んだ最終節以来の顔合わせとなる。 昨年同様に勝利を収め、連勝でキッカケを掴みたいところだ。 しかし、川崎Fに合わせた戦いを選択した結果、よもやの4-0大敗。 チームとして機能したとは言い難かった。 再開初戦の柏レイソル戦では相手に合わせ[4-3-3]を崩して戦った結果、中盤の守備もハマり0-1で勝利。 しかし、川崎F戦は相手に上回られる結果となり、この横浜FM戦をどのように臨むかが気になる所だ。 中3日での戦いとなるが、昨シーズンは最後に目の前で優勝を許している相手。 対策は十分に練られているが、連戦で選手のパフォーマンスが落ちていないかが気になる。 中盤での主導権争いに勝てれば、勝利もつかめるだろう。 4連勝なるか 【セレッソ大阪】 C大阪はリーグ再開初戦だったJ1第2節のガンバ大阪とのダービーを制して、前節の清水エスパルス戦も2-0で勝利。 J1唯一となる7年ぶりの開幕3連勝を飾り、首位に立つ好スタートを切った。 昨季J1最少失点の堅守も健在であり、開幕3試合でPKからのわずか1失点。 前節得点の片山瑛一ら途中交代の選手もしっかりと役割を果たす好循環もあり、ほぼ隙なしのチーム状況だ。 今節に勢いを持って挑めそうだが、気になるのはそれぞれ2試合連続でほぼフル稼働の藤田直之とレアンドロ・デサバトのコンディション面。 2選手ともに攻守のバランスを司る中盤の軸として欠かせない存在だけに、連戦での出ずっぱりが気になるところだ。 しかし、今節から有観客試合となり、ホームの後押しを受けての戦いに。 ホームの声援を力にして、4連勝なるか。 序盤の失点癖を正せるか【名古屋グランパス】 名古屋は再開後初戦の清水戦を2-1の逆転勝利で飾ると、続く前節のG大阪戦を2-2のドロー。 前節のG大阪戦は早々の失点から前半のうちに逆転まで持っていき、相手の攻勢が強まった後半も凌ぎ続けたが、後半アディショナルタイムに追いつかれてしまい、引き分けた。 勝ち点2を落とした感が強く、開幕3連勝を逃した格好だが、出場停止の相馬勇紀の代わりに先発した金崎夢生が新型コロナウイルス感染による出遅れもあり、本調子とは言い難いものの、機能的なプレーを披露するなど、今後に向けた好材料もあった。 開幕から無敗を続けるなかで迎える今節は首位C大阪との一戦。 再開後2試合連続で序盤に先制点を許す展開は堅守を誇るC大阪相手だと致命的なものになりかねないだけに、課題として浮き彫りの入り方を中3日でどこまで修正できたか問われそうだ。 次節まで中5日空く状況を鑑みれば、同じ先発陣をチョイスしてくる可能性もあるが、前節欠場の相馬やベンチスタートだった前田直輝、山﨑凌吾といったフレッシュな面々をスタートから起用しても面白いかもしれない。 C大阪を下して、一気に上位陣に食い込んでいけるか。 前節は今シーズン無失点で連勝を記録していた広島を相手に逆転勝利。 複数得点の広島を1失点に抑えたことも素晴らしいが、終盤の2ゴールで勝ち切ったチーム力は光るものがある。 再開初戦の鳥栖戦では途中出場のMF田中達也が2ゴールを記録。 広島戦では、途中出場のFW髙澤優也、FW三平和司がゴールを記録した。 片野坂知宏監督の下、自分たちの戦い方を持つ大分だが、多くの選手が入れ替わった今シーズンもそのスタイルを継続。 5枚のカードを効果的に使える監督の手腕にも注目だ。 苦しい展開となったものの、アンドレス・イニエスタが一発で試合を決定づけるプレーを見せ、ドウグラスのゴールで0-1と勝利を収めた。 我慢強く戦い、一瞬の判断で相手の牙城を崩すだけの力を持つ神戸。 手詰まりであることに焦ることがなくなったのは不気味とも言える。 大分戦は3バックに両ウイングバックと対峙するシーンが多くなるが、互いにボールを握るスタイルだけに、どちらが主導権を握るかが勝敗を分けることになりそうだ。 神戸で気になるところは、この連戦でスターティングメンバーをあまり変えていない所。 前半から畳み掛けるのか、それとも後半に手札を残すのか。 トルステン・フィンク監督の決断にも注目だ。 マンマーク気味のFC東京の守備を華麗にいなすパスワークは今シーズンも健在。 相手にハメられることなく、一気に4ゴールを奪ってカタをつけた。 特に、昨シーズンはフィットに時間がかかったレアンドロ・ダミアンが完全にフィット。 アシスト、ゴールと結果を残し、4ゴール全てに絡む活躍を見せたことは、チームとしても大きな収穫だっただろう。 パスワーク、サイド攻撃と改めて攻撃の川崎Fを見せた試合。 今節はホームのファン・サポーターも制限がありながらスタンド観戦。 声援という最高のアシストを受け、一気に3連勝と行きたい。 しかし、ポゼッションを志向する横浜FCに対し、守備がまったくハマらず苦しい展開となった。 その結果、攻撃面も上手くいかず、カウンターから失点。 追いつくも、パフォーマンスは上がらず、1-3で敗れた。 柏は新型コロナウイルスの感染拡大を懸念し、この中断期間に対外試合を行って来なかった。 実戦形式のトレーニングは行うものの、対外試合とは別物。 そのため、インテンシティという点では厳しさが散見され、連戦で選手の試合体力も足りていない印象だ。 今節は横浜FCと同様にポゼッション志向の川崎F。 さらに強力な攻撃陣を誇る相手だけに、主導権をにぎらせないようにできるかが勝敗のカギを握る。 順調な滑り出しをしたシーズンとなった。 6得点、無失点という最高のスタートとなった広島は、神戸戦では伏兵の活躍も見せ、チーム力が上がっていることを証明。 一方で、MF柏好文が負傷し全治4〜6週間の離脱となったことは大きな痛手と言える。 しかし、ここで結果を残せないようでは上位でシーズンを終えることはできない。 チームの底力を見せるのは十分な条件が揃ったと言える。 過密日程となる中で、どの選手をピッチに送り込むのか。 城福浩監督の采配にも注目だ。 今シーズンの初白星を掴んだ。 簡単ではない試合展開だったが、途中出場のMF田中達也が2ゴールの活躍。 GKが起点となったカウンターで2度ゴールを奪う形を見せていた。 ミラーゲームとなることが予想されるが、大分も総力戦でこの試合に臨むはず。 広島以上に選手起用が読めないところはあるが、片野坂知宏監督の古巣である首位を叩き、勢いを掴んでおきたいところだろう。 08 08:50 Wed.

次の

鹿島が“投げ銭”配信イベント、1万円超の提供者も

超 鹿島

再開初戦の横浜F・マリノス戦では攻め込まれながらも無失点でドロー。 前節は、レオナルドと興梠慎三のFW陣のゴールでベガルタ仙台に勝利した。 [4-4-2]の布陣が機能し、攻守にバランスは悪くない。 再開後2試合はミスも散見され、どちらもポゼッションを与えた試合展開となったが、結果を残している。 粘り強さをここまで見せている浦和だが、不調とはいえ今節の相手である鹿島は手強い相手。 我慢のサッカーができるようになった今、今節も耐える時間を耐え、しっかりとチャンスを生かして勝ち点3をつかめるかに注目だ。 少ないチャンスを仕留めるだけの技術を前線の選手は持ち合わせており、カギとなるのは先制点と言えるだろう。 リーグ戦3連敗、AFCチャンピオンズリーグ ACL のプレーおふとYBCルヴァンカップを含めれば公式戦5連敗。 こんな鹿島を見たことはない。 シーズン初戦を見る限り、アントニオ・カルロス・ザーゴ監督が一気にスタイル変更を行ったことが結果に影響すると予想はできたが、ここまでとは予想できなかった。 しかし、それは結果だけの話。 攻撃面で形は見えてきており、あとはいかにネットを揺らすかだ。 ただし、前掛かりになればリスクも付き物。 前節の北海道コンサドーレ札幌戦はそこを突かれての失点となったが、浦和のスコアラーの精度はより高く、守備面にもw気を配って今季初白星を挙げたい。 その結果、途中出場の天野純、オナイウ阿道がゴールを奪い、今シーズンのリーグ戦初勝利を記録した。 過密日程で連戦が続く中、指揮官の手腕が問われる戦いが続くが、ポステコグルーはベンチメンバーを含めて試合をコントロールした。 今節の相手は昨シーズンの覇権争いを最後まで繰り広げたFC東京。 優勝を掴んだ最終節以来の顔合わせとなる。 昨年同様に勝利を収め、連勝でキッカケを掴みたいところだ。 しかし、川崎Fに合わせた戦いを選択した結果、よもやの4-0大敗。 チームとして機能したとは言い難かった。 再開初戦の柏レイソル戦では相手に合わせ[4-3-3]を崩して戦った結果、中盤の守備もハマり0-1で勝利。 しかし、川崎F戦は相手に上回られる結果となり、この横浜FM戦をどのように臨むかが気になる所だ。 中3日での戦いとなるが、昨シーズンは最後に目の前で優勝を許している相手。 対策は十分に練られているが、連戦で選手のパフォーマンスが落ちていないかが気になる。 中盤での主導権争いに勝てれば、勝利もつかめるだろう。 4連勝なるか 【セレッソ大阪】 C大阪はリーグ再開初戦だったJ1第2節のガンバ大阪とのダービーを制して、前節の清水エスパルス戦も2-0で勝利。 J1唯一となる7年ぶりの開幕3連勝を飾り、首位に立つ好スタートを切った。 昨季J1最少失点の堅守も健在であり、開幕3試合でPKからのわずか1失点。 前節得点の片山瑛一ら途中交代の選手もしっかりと役割を果たす好循環もあり、ほぼ隙なしのチーム状況だ。 今節に勢いを持って挑めそうだが、気になるのはそれぞれ2試合連続でほぼフル稼働の藤田直之とレアンドロ・デサバトのコンディション面。 2選手ともに攻守のバランスを司る中盤の軸として欠かせない存在だけに、連戦での出ずっぱりが気になるところだ。 しかし、今節から有観客試合となり、ホームの後押しを受けての戦いに。 ホームの声援を力にして、4連勝なるか。 序盤の失点癖を正せるか【名古屋グランパス】 名古屋は再開後初戦の清水戦を2-1の逆転勝利で飾ると、続く前節のG大阪戦を2-2のドロー。 前節のG大阪戦は早々の失点から前半のうちに逆転まで持っていき、相手の攻勢が強まった後半も凌ぎ続けたが、後半アディショナルタイムに追いつかれてしまい、引き分けた。 勝ち点2を落とした感が強く、開幕3連勝を逃した格好だが、出場停止の相馬勇紀の代わりに先発した金崎夢生が新型コロナウイルス感染による出遅れもあり、本調子とは言い難いものの、機能的なプレーを披露するなど、今後に向けた好材料もあった。 開幕から無敗を続けるなかで迎える今節は首位C大阪との一戦。 再開後2試合連続で序盤に先制点を許す展開は堅守を誇るC大阪相手だと致命的なものになりかねないだけに、課題として浮き彫りの入り方を中3日でどこまで修正できたか問われそうだ。 次節まで中5日空く状況を鑑みれば、同じ先発陣をチョイスしてくる可能性もあるが、前節欠場の相馬やベンチスタートだった前田直輝、山﨑凌吾といったフレッシュな面々をスタートから起用しても面白いかもしれない。 C大阪を下して、一気に上位陣に食い込んでいけるか。 前節は今シーズン無失点で連勝を記録していた広島を相手に逆転勝利。 複数得点の広島を1失点に抑えたことも素晴らしいが、終盤の2ゴールで勝ち切ったチーム力は光るものがある。 再開初戦の鳥栖戦では途中出場のMF田中達也が2ゴールを記録。 広島戦では、途中出場のFW髙澤優也、FW三平和司がゴールを記録した。 片野坂知宏監督の下、自分たちの戦い方を持つ大分だが、多くの選手が入れ替わった今シーズンもそのスタイルを継続。 5枚のカードを効果的に使える監督の手腕にも注目だ。 苦しい展開となったものの、アンドレス・イニエスタが一発で試合を決定づけるプレーを見せ、ドウグラスのゴールで0-1と勝利を収めた。 我慢強く戦い、一瞬の判断で相手の牙城を崩すだけの力を持つ神戸。 手詰まりであることに焦ることがなくなったのは不気味とも言える。 大分戦は3バックに両ウイングバックと対峙するシーンが多くなるが、互いにボールを握るスタイルだけに、どちらが主導権を握るかが勝敗を分けることになりそうだ。 神戸で気になるところは、この連戦でスターティングメンバーをあまり変えていない所。 前半から畳み掛けるのか、それとも後半に手札を残すのか。 トルステン・フィンク監督の決断にも注目だ。 マンマーク気味のFC東京の守備を華麗にいなすパスワークは今シーズンも健在。 相手にハメられることなく、一気に4ゴールを奪ってカタをつけた。 特に、昨シーズンはフィットに時間がかかったレアンドロ・ダミアンが完全にフィット。 アシスト、ゴールと結果を残し、4ゴール全てに絡む活躍を見せたことは、チームとしても大きな収穫だっただろう。 パスワーク、サイド攻撃と改めて攻撃の川崎Fを見せた試合。 今節はホームのファン・サポーターも制限がありながらスタンド観戦。 声援という最高のアシストを受け、一気に3連勝と行きたい。 しかし、ポゼッションを志向する横浜FCに対し、守備がまったくハマらず苦しい展開となった。 その結果、攻撃面も上手くいかず、カウンターから失点。 追いつくも、パフォーマンスは上がらず、1-3で敗れた。 柏は新型コロナウイルスの感染拡大を懸念し、この中断期間に対外試合を行って来なかった。 実戦形式のトレーニングは行うものの、対外試合とは別物。 そのため、インテンシティという点では厳しさが散見され、連戦で選手の試合体力も足りていない印象だ。 今節は横浜FCと同様にポゼッション志向の川崎F。 さらに強力な攻撃陣を誇る相手だけに、主導権をにぎらせないようにできるかが勝敗のカギを握る。 順調な滑り出しをしたシーズンとなった。 6得点、無失点という最高のスタートとなった広島は、神戸戦では伏兵の活躍も見せ、チーム力が上がっていることを証明。 一方で、MF柏好文が負傷し全治4〜6週間の離脱となったことは大きな痛手と言える。 しかし、ここで結果を残せないようでは上位でシーズンを終えることはできない。 チームの底力を見せるのは十分な条件が揃ったと言える。 過密日程となる中で、どの選手をピッチに送り込むのか。 城福浩監督の采配にも注目だ。 今シーズンの初白星を掴んだ。 簡単ではない試合展開だったが、途中出場のMF田中達也が2ゴールの活躍。 GKが起点となったカウンターで2度ゴールを奪う形を見せていた。 ミラーゲームとなることが予想されるが、大分も総力戦でこの試合に臨むはず。 広島以上に選手起用が読めないところはあるが、片野坂知宏監督の古巣である首位を叩き、勢いを掴んでおきたいところだろう。 08 08:50 Wed.

次の

<佐賀大雨>鹿島・太良で浸水150棟超 豪雨被害2市町まとめ(佐賀新聞)

超 鹿島

スポンサードリンク 開幕戦の直後から新型コロナウイルスによる中断が始まり、実に3ヶ月ぶりの再開となったJリーグ。 川崎は4-3-3、鹿島はいつもの4-4-2のフォーメーション。 川崎はいきなりバルサのような素早いタッチのパス回しで鹿島を翻弄、いきなり前半2分にクロスから谷口が決めるが明らかにオフサイド。 過密日程をこなすためにVARは実施されていないが、初っ端から悪影響が出てしまった。 その後は鹿島が盛り返す。 FWがサイドに流れて基点を作り、SBの攻撃参加でサイドを突く形が機能するが、いまいちコンビネーションが合わずギクシャクした攻撃に終始。 逆に川崎は、飲水タイムが明けた直後、右サイドの家長からピンポイントのクロス、内田がかぶったところを長谷川がワントラップから見事に決めて2点目。 チャンピオンズリーグで活躍していたシャルケ時代を知る者にとっては、内田のおぼつかない足取り、全速で走れない衰えた姿は悲しいものがあるよなあ・・・ しかし鹿島にラッキーな追撃点。 31分にCKからニアに入ったレアンドロ・ダミアンが頭で触ってゴールが決まる。 その直後もニアゾーンから飛び出した土居が惜しい場面を作る。 後半も川崎がまず試合のペースを握るが、攻撃時にインサイドハーフやSBが上がりまくるし、両ウイングはさほど守備意識が高いわけじゃないので、鹿島がカウンターを仕掛ける場面も少なくない。 内田はエヴェラウドに良いクロスを出した後で交代。 川崎も前線の選手を入れ替えてプレスの維持を図る。 後半40分、ダミアンが倒れている間に鹿島が攻め込み、クロスに染野がダイレクトで合わせたがクロスバーの下に当たって数cmの差でノーゴール。 その後は鹿島がパワープレイでクロスを放り込むが、最後まで川崎の守備は崩せず試合終了。 川崎は、アンカーが田中碧、インサイドハーフが大島と脇坂、両ウイングはボールサイドだけ守備に戻るという超攻撃的サッカーで楽しいんだけど、後半のようにメンバーが落ちると機能せず、守りも組織的ではないのでバタバタになってしまう。 そこを今後どう修正するかが鍵かな。 鹿島は負けたとはいえ1点目は誤審だし、前半にやってたサッカーは決して悪くなかった。 現状は2試合で最下位だけど、選手のコンディションが揃って来たら順位も浮上して来るのではないだろうか。

次の