なごり 雪 意味。 なごり雪の歌詞の解釈

「なごり雪」の歌詞の解釈

なごり 雪 意味

1 汽車を待つ君の横で ぼくは時計を気にしてる 季節外れの雪が降ってる 「東京で見る雪はこれが最後ね」と さみしそうに君がつぶやく なごり雪も降る時を知り ふざけ過ぎた季節のあとで 今 春が来て君はきれいになった 去年よりずっときれいになった 2 動き始めた汽車の窓に 顔をつけて 君は何か言おうとしている 君のくちびるが「さようなら」と動くことが こわくて下を向いてた 時が行けば 幼い君も 大人になると 気付かないまま 今 春が来て君はきれいになった 去年よりずっときれいになった 3 君が去ったホームに残り 落ちてはとける 雪を見ていた 今 春が来て君はきれいになった 去年よりずっときれいになった 去年よりずっときれいになった 去年よりずっときれいになった ・・・・・ 2題目の「時が行けば 幼い君も 大人になると 気付かないまま 今 春が来て君はきれいになった 去年よりずっときれいになった」 を考えれば,若い2人は東京での付き合いが長かったが,男性の 方は彼女に対して,いつまでも子どものように接していて,大人の 女性として付き合うこと,つまり男性として経済力を確立することが なかったと思われます。 女性は男性に対して好意を抱いてはいたが,男性からは「幸せにするよ」 とか「結婚しよう」とかの言葉もないので,恐らく4年間の大学生活が 終わって郷里に帰る(あるいは他の男性と結婚する)ため,この春に 東京を去ることになった。 男性は彼女が東京を去るということを聞いても, 経済力や将来性など自分自身の不甲斐なさから,彼女を引き止めることが 出来ない。 それで,これまでと同じ素振りをし,東京を去る前の冬には, 今まで以上に子どものようにふざけっこをして,2人で戯れていた。 そのような「ふざけ過ぎた」冬も去り,とうとう春の別れがやってきた。 東京駅?のホームには,別れを惜しむかのようになごり雪が降っている。 改めて彼女を見ると,そこには大人の女性の顔がある。 彼女はすでに, 「東京で見る雪はこれが最後ね」と言い,彼との別れの決心もついている。 それは彼女にとって心身ともに成長であり,客観的に見ても大人の女性 として,去年よりずっと綺麗に見える。 しかし,男性の方は相変わらずで不甲斐ない限り…。 そんな気持ちを,歌ったのではないでしょうか。 たとえば、「五月雨」は陰暦五月頃に降りつづく長雨のことを指す天気に関する言葉ですが、 「なごり雪」というのは、ただ単に春先(季節外れ)に降る雪のことを指しているのではなく、 彼女とそれぞれ別の人生を歩むことになるこの門出、いろんな楽しい思い出もあったけれど彼女に告白できなかったことが唯一の心残りである、そんな深い心象風景を描写した言葉が「なごり雪」です。 何が名残なのかというと、彼女に告白できなかったことなのです。 いざ惜別の段になって、(今風の表現でいば)急にマジになってヤベエ後悔したということです。 というのは、彼女と過ごした日々はふざけていたからです。 その素振りも見せなかった。 だんだんキレイになっていく彼女をみて、他の男からモーションをかけられることを思うと耐え難い嫉妬心が湧いてきて、 でもいまさら告白する勇気もなく、告白してフラれることはもっと怖くそんな小心な男の傷心の物語なのである。 したがって 「ふざけ過ぎた季節のあとで」 とは、彼女と過ごした日々のことです。 歌詞から勝手に推測してストーリーを考えてみました。 二人は東京の大学に通っていて、友達以上恋人未満くらいの間柄。 お互い将来を約束するわけでもなく、日々を楽しく暮らせたらよかった気楽な 学生時代を送っていました。 これが『ふざけ過ぎた季節』。 そして『春がきて』、『君』は就職のために東京を離れるのでしょう。 離れてしまうことを目の前にして『ぼく』はやっとこさ自分が『君』に惚れてたことに 気がつくのですが、今『君』は隣で 東京を離れるための汽車を待っている。 社会人として旅立つ『君』は、気楽な学生だった頃より大人びて見えるので 『去年よりずっと きれいになった』と感じたんでしょうね。 『君』もきっと『ぼく』を好きだったんだと思います。 『ぼく』が一言 そばを離れずにいてくれ、と言いさえすれば 離れずに済んだだろうに、『ぼく』が鈍くてそれを言わなかったから 彼女は東京を離れる決心をしてしまった。 そのことに窓越しに唇が動くのを見て気がついて大いに反省したけど 時すでに遅しだったんですよ。 なにしろ 遠距離恋愛なんて言葉のない時代のことですから。 …な~んて思いましたが。

次の

北海道沼田町の地酒雪中蔵出し純米酒「雪なごり」は美味い酒でした。

なごり 雪 意味

概要 [ ] 、かぐや姫のアルバム『』の収録曲として発表された。 1位、年間5位。 歌詞には「東京」の文言が出てくるが、伊勢本人は出身地であるのをモチーフにしたと語っている。 翌8月のでも歌唱され、同DVDにて視聴することができる。 同年11月にシングル発売されたによるカバーバージョンがヒットを収め、以降、日本の早春を代表する歌の一つとして歌い継がれ、さまざまなアーティストによってカバーされている。 にが、『』の第16回決戦大会で「なごり雪」を歌って合格、翌に清水はとしてを果たした。 にはこの歌の世界観に対する独自の解釈に基づき、監督が大分県でロケを行い『』として映画化した。 、の「」アンケートで白組18位にランクインされた。 10月24日よりので特急発着時に「なごり雪」のメロディが流されることになった(放送機器の更新に伴い現在は流されない)。 3月、同駅に歌詞の一部が刻まれた記念碑が設置されている。 にが選定した「季節のことば36選」で、3月のことばの一つに「なごり雪」が選ばれた。 これを知った伊勢は「ものすごくうれしかった。 実はこの曲を発表した当時、なごり雪という言葉は存在しなかった。 勝手にこんな言葉を作られては日本語の乱れを助長する。 「名残の雪」に変えたらどうだとまで言われた。 作り手としては<の>はどうしても入れたくなかった。 曲はヒットしたがモヤモヤは残った。 あれから40年近くたって気象協会の<季節のことば>に選ばれたと聞き、胸のつかえが下りた気分」と語っている。 カバー [ ] イルカのカバー [ ] 「 なごり雪」 の 初出アルバム『夢の人』 ラバーボール リリース 時間 3分37秒 () チャート最高順位• 週間4位()• 1976年度年間11位(オリコン) シングル 年表 1975年 なごり雪 1975年 11月、の歌によるカバーバージョンがとして発売。 翌に掛けて、の集計で55万枚近いセールスを記録した。 累計売上は80万枚。 自身のシングルとしては最大の売上を記録した。 このシングル盤は編曲が、アコースティックギターは、エレキギターは、ベースは、ドラムはの演奏によってレコーディングされた。 オリジナルとは一部のメロディが異なる。 収録曲 [ ]• なごり雪 作詞・作曲:伊勢正三/編曲:松任谷正隆• ラバーボール 作詞・作曲:イルカ/編曲: 伊勢正三のセルフカバー [ ] 「 なごり雪」 の なごり雪 -ending version- リリース 伊勢正三 シングル 年表 なごり雪 - 、上述の映画「なごり雪」ののためにが再録音、として発売された。 また(伊勢・・(元・)によるユニット) では、コンサートで度々伊勢のギター伴奏で太田が歌っている。 収録曲 [ ]• 両曲とも、作詞・作曲:伊勢正三• なごり雪 -opening version-• なごり雪 -ending version- メディアでの使用 [ ]• (「ムービーごっこ」ビデオカメラCM曲、)• (アルバム『私は天地真理』に収録)• (アルバム『〈スター・マイ・セレクション・シリーズ〉ビューティ・ペア』に収録)• (にてカバー)• (アルバム『忘れじのフォーク・白い2白いサンゴ礁』に収録)• (シングル『なごり雪』に収録)• (アルバム『ever green 〜Best〜』に収録)• (アルバム『全曲集'95~応援歌でヨイショ』に収録)• (アルバム『いちご白書をもう一度』に収録)• (アルバム『時の断層』に収録)• (シングル「真夜中のサイクリング」に収録)• (アルバム『』に収録)• 2001年 (アルバム『』に収録)• (「nagoriyuki」としてシングルに収録)• 2003年 (シングル「なごり雪」に収録)• (アルバム『』に収録)• 2004年 (アルバム『GAL盤』『THE BEST OF ketchup mania』に収録)• 2004年 0108()(コンピレーション・アルバム『想い出がいっぱい 〜旅立ちの日に3〜』(キング KICS-1063)に収録)• (アルバム『scene〜残したい風景〜』に収録)• 2005年 (アルバム『From To』に収録)• 2005年 (アルバム『With みんなの一五一会〜フォークソング編』に収録)• (アルバム『』に収録)• 2006年 (限定配布アルバム『COVER PARADE』に収録)• 2006年 (アルバム『二十歳の原点』に収録)• 2006年 (「なごり寿司」としてアルバム『笑撃王』に収録)• (「ナゴリユキ」としてミニアルバム『kat』等に収録)• 2007年 (シングル「」に収録)• 2007年 (配信限定アルバム『』に収録)• (シングル「」に収録)• 2008年 (ライブDVD『NINE DIRTS AND SNOW WHITE FLICKERS』に収録)• (アルバム『Love Songs 〜また君に恋してる〜』に収録)• 2009年 (アルバム『GUILTY PLEASURES LOVE』に収録)• 2009年 (アルバム『Up And At 'Em』に収録)• 2009年 (アルバム『メロディーズ』に収録)• 2009年 (アルバム『』に収録)• 2009年 (アルバム『I LOVE GM』に収録)• 2010年 (アルバム『旅立つ季節に』に収録)• 2011年 (養命酒製造「ハーブの恵み」CMソングとして歌われる。 アルバム『白熱』にボーナス・トラックとして収録)• (アルバム『昭和を詠う〜大切なものへ〜』収録。 BELLWOOD RECORDS BZCS-1083。 編曲:綾部健三郎)• 2012年 (カヴァーアルバム『The Voice 2』に収録)• 2013年 ()with (アルバム『』初回限定盤Aに収録)• 2013年 (カバーアルバム『RE:MAKE1』に収録)• 2013年 (アルバム『』に収録)• (ライブ・ビデオ『』に収録)• 2014年 (カバー・アルバム『』初回生産限定盤AのDVDに収録)• 2015年 (カバー・アルバム『Memoriese~Japanese Masterpieces~』に収録)• 2017年 (カバーアルバム『ユキマチヅキ』に収録)• 2017年 (カバー アルバム『あなた 〜よみがえる青春のメロディー』に収録)• 2018年 (「なごり寿司」の歌詞でカバー )• 2018年 (カバーアルバム『AT living』に収録 ) 脚注 [ ]• 2010年3月23日時点のよりアーカイブ。 2016年4月9日閲覧。 大分合同新聞、2010年3月13日• web. archive. org 2014年10月18日. 2020年3月15日閲覧。 web. archive. org 2013年11月7日. 2020年3月15日閲覧。 『』1996年5月13日付東京夕刊• BS12 Twellv『GUITAR STORIES』 17吉川忠英編 2011年11月13日放送• 、リアルサウンド、2018年2月3日。 2018年9月19日. 2018年10月11日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• アーカイブ•

次の

名残(なごり)の意味

なごり 雪 意味

概要 [ ] 、かぐや姫のアルバム『』の収録曲として発表された。 1位、年間5位。 歌詞には「東京」の文言が出てくるが、伊勢本人は出身地であるのをモチーフにしたと語っている。 翌8月のでも歌唱され、同DVDにて視聴することができる。 同年11月にシングル発売されたによるカバーバージョンがヒットを収め、以降、日本の早春を代表する歌の一つとして歌い継がれ、さまざまなアーティストによってカバーされている。 にが、『』の第16回決戦大会で「なごり雪」を歌って合格、翌に清水はとしてを果たした。 にはこの歌の世界観に対する独自の解釈に基づき、監督が大分県でロケを行い『』として映画化した。 、の「」アンケートで白組18位にランクインされた。 10月24日よりので特急発着時に「なごり雪」のメロディが流されることになった(放送機器の更新に伴い現在は流されない)。 3月、同駅に歌詞の一部が刻まれた記念碑が設置されている。 にが選定した「季節のことば36選」で、3月のことばの一つに「なごり雪」が選ばれた。 これを知った伊勢は「ものすごくうれしかった。 実はこの曲を発表した当時、なごり雪という言葉は存在しなかった。 勝手にこんな言葉を作られては日本語の乱れを助長する。 「名残の雪」に変えたらどうだとまで言われた。 作り手としては<の>はどうしても入れたくなかった。 曲はヒットしたがモヤモヤは残った。 あれから40年近くたって気象協会の<季節のことば>に選ばれたと聞き、胸のつかえが下りた気分」と語っている。 カバー [ ] イルカのカバー [ ] 「 なごり雪」 の 初出アルバム『夢の人』 ラバーボール リリース 時間 3分37秒 () チャート最高順位• 週間4位()• 1976年度年間11位(オリコン) シングル 年表 1975年 なごり雪 1975年 11月、の歌によるカバーバージョンがとして発売。 翌に掛けて、の集計で55万枚近いセールスを記録した。 累計売上は80万枚。 自身のシングルとしては最大の売上を記録した。 このシングル盤は編曲が、アコースティックギターは、エレキギターは、ベースは、ドラムはの演奏によってレコーディングされた。 オリジナルとは一部のメロディが異なる。 収録曲 [ ]• なごり雪 作詞・作曲:伊勢正三/編曲:松任谷正隆• ラバーボール 作詞・作曲:イルカ/編曲: 伊勢正三のセルフカバー [ ] 「 なごり雪」 の なごり雪 -ending version- リリース 伊勢正三 シングル 年表 なごり雪 - 、上述の映画「なごり雪」ののためにが再録音、として発売された。 また(伊勢・・(元・)によるユニット) では、コンサートで度々伊勢のギター伴奏で太田が歌っている。 収録曲 [ ]• 両曲とも、作詞・作曲:伊勢正三• なごり雪 -opening version-• なごり雪 -ending version- メディアでの使用 [ ]• (「ムービーごっこ」ビデオカメラCM曲、)• (アルバム『私は天地真理』に収録)• (アルバム『〈スター・マイ・セレクション・シリーズ〉ビューティ・ペア』に収録)• (にてカバー)• (アルバム『忘れじのフォーク・白い2白いサンゴ礁』に収録)• (シングル『なごり雪』に収録)• (アルバム『ever green 〜Best〜』に収録)• (アルバム『全曲集'95~応援歌でヨイショ』に収録)• (アルバム『いちご白書をもう一度』に収録)• (アルバム『時の断層』に収録)• (シングル「真夜中のサイクリング」に収録)• (アルバム『』に収録)• 2001年 (アルバム『』に収録)• (「nagoriyuki」としてシングルに収録)• 2003年 (シングル「なごり雪」に収録)• (アルバム『』に収録)• 2004年 (アルバム『GAL盤』『THE BEST OF ketchup mania』に収録)• 2004年 0108()(コンピレーション・アルバム『想い出がいっぱい 〜旅立ちの日に3〜』(キング KICS-1063)に収録)• (アルバム『scene〜残したい風景〜』に収録)• 2005年 (アルバム『From To』に収録)• 2005年 (アルバム『With みんなの一五一会〜フォークソング編』に収録)• (アルバム『』に収録)• 2006年 (限定配布アルバム『COVER PARADE』に収録)• 2006年 (アルバム『二十歳の原点』に収録)• 2006年 (「なごり寿司」としてアルバム『笑撃王』に収録)• (「ナゴリユキ」としてミニアルバム『kat』等に収録)• 2007年 (シングル「」に収録)• 2007年 (配信限定アルバム『』に収録)• (シングル「」に収録)• 2008年 (ライブDVD『NINE DIRTS AND SNOW WHITE FLICKERS』に収録)• (アルバム『Love Songs 〜また君に恋してる〜』に収録)• 2009年 (アルバム『GUILTY PLEASURES LOVE』に収録)• 2009年 (アルバム『Up And At 'Em』に収録)• 2009年 (アルバム『メロディーズ』に収録)• 2009年 (アルバム『』に収録)• 2009年 (アルバム『I LOVE GM』に収録)• 2010年 (アルバム『旅立つ季節に』に収録)• 2011年 (養命酒製造「ハーブの恵み」CMソングとして歌われる。 アルバム『白熱』にボーナス・トラックとして収録)• (アルバム『昭和を詠う〜大切なものへ〜』収録。 BELLWOOD RECORDS BZCS-1083。 編曲:綾部健三郎)• 2012年 (カヴァーアルバム『The Voice 2』に収録)• 2013年 ()with (アルバム『』初回限定盤Aに収録)• 2013年 (カバーアルバム『RE:MAKE1』に収録)• 2013年 (アルバム『』に収録)• (ライブ・ビデオ『』に収録)• 2014年 (カバー・アルバム『』初回生産限定盤AのDVDに収録)• 2015年 (カバー・アルバム『Memoriese~Japanese Masterpieces~』に収録)• 2017年 (カバーアルバム『ユキマチヅキ』に収録)• 2017年 (カバー アルバム『あなた 〜よみがえる青春のメロディー』に収録)• 2018年 (「なごり寿司」の歌詞でカバー )• 2018年 (カバーアルバム『AT living』に収録 ) 脚注 [ ]• 2010年3月23日時点のよりアーカイブ。 2016年4月9日閲覧。 大分合同新聞、2010年3月13日• web. archive. org 2014年10月18日. 2020年3月15日閲覧。 web. archive. org 2013年11月7日. 2020年3月15日閲覧。 『』1996年5月13日付東京夕刊• BS12 Twellv『GUITAR STORIES』 17吉川忠英編 2011年11月13日放送• 、リアルサウンド、2018年2月3日。 2018年9月19日. 2018年10月11日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• アーカイブ•

次の