うる星やつらレイ。 うる星やつら (アニメ)

『うる星やつら』について質問します。ラムはレイと、あたるはしの...

うる星やつらレイ

キャスト• ラム:平野 文• 諸星あたる:古川登志夫• 面堂終太郎:神谷 明• 三宅しのぶ:島津冴子• テン:杉山佳寿子• 錯乱坊:永井一郎• ラン:小宮和枝• サクラ:鷲尾真知子• レイ:玄田哲章• おユキ:小原乃梨子• クラマ姫:吉田理保子• 弁天:三田ゆう子• 面堂了子:小山茉美• 藤波竜之介:田中真弓• コタツ猫:西村朋紘 スタッフ• 原作:高橋留美子「うる星やつら」• 掲載:「週刊少年サンデー」• 発行:小学館• 制作:キティフィルム C 高橋留美子/小学館 もっとみる.

次の

レイラン (れいらん)とは【ピクシブ百科事典】

うる星やつらレイ

内容紹介 小学館90周年・高橋留美子画業35周年記念企画。 高橋留美子作品TVアニメーションうる星やつら初ブルーレイ化! マスターはニューテレシネハイビジョンでのリリース!! インベーダーのラムちゃんとあたるが、友引高校そして一般市民を巻き込みスッたもんだの騒動を繰り広げる。 通常版は初回限定版の特典 オリジナル特製T-シャツは封入されない仕様となります。 内容(「キネマ旬報社」データベースより) 80年代に放映された高橋留美子原作による人気TVアニメのBOX第1弾。 類稀なる狂相の持ち主・諸星あたると、地球へやって来た鬼っ娘・ラムちゃんが、友引高校や一般市民を巻き込んだ大騒動を繰り広げる。 第1話から第69話と特別番組2編を収録。 当時、うる星やつらのファンクラブにまで入っていた私、このブルーレイも予約して購入しました。 映像もDVDよりも鮮明になっていていい感じです。 ラムちゃんはやっぱりかわいいなあ。 どうしようもない女好きで、不幸を呼び込むあたるにあんなに健気で一途で、見た目はとっても色っぽく女っぽいのに性格は活発でがちゃがちゃしてて女っぽくないのが魅力的です。 また、ラムの声もピッタリで、特に怒ったときのラムの声は私に取っては萌えです。 うる星やつらは、ラムのあたるへの壮大な救済劇です。 あたるはラムのおかげで、人(ラム)を愛することを知ったのです。 それまでは、だれも愛することが出来ず、ただ闇雲に女性に目がいくだけでした。 しのぶとの付き合いもいずれ面堂が出てくるので、すぐに振られたことでしょう。 あたるはラムに出会えたことが最大のラッキーと言えます。 現時点ではこのメニューの読み込みに問題があります。 window. when "data". html? html? html? html? html?

次の

うる星やつら (アニメ)

うる星やつらレイ

帯・応募券・応募ハガキ等、開封する事により消滅するものや、前保有者が使用する事によりダウンロードコード・プロダクトコード等、消滅するものは、保証の対象外となりますのでご容赦ください。 また、電子説明書が内蔵されているソフトにつきましては解説書・操作説明シートが付属されていない商品がございます。 万が一、動作不備・再生不備がございましたら全額返金させて頂きます。 また土日祝日はお休みを頂いております。 休日中のお問い合わせへのご返信は休日明けに順次行わせていただきます。 内容紹介 小学館90周年・高橋留美子画業35周年記念企画。 高橋留美子作品TVアニメーションうる星やつら初ブルーレイ化! マスターはニューテレシネハイビジョンでのリリース!! インベーダーのラムちゃんとあたるが、友引高校そして一般市民を巻き込みスッたもんだの騒動を繰り広げる。 類稀なる狂相の持ち主・諸星あたると、父親の婿探し作戦に引っ掛かり地球へやって来た鬼っ娘・ラムちゃんが、一般市民を巻き込んだ大騒動を繰り広げる。 第118話から第165話を収録。 学生時代という多感な時期に「うる星やつら」を見て、当時とてつもない衝撃を受けました。 あれから約30年が経ちましたが、その衝撃は刷り込み状態で、私の中でいまだに消えずに残っています。 いい年した中年オヤジになった今でも、うる星マニアです。 この「うる星やつら」は、今で言うところの「萌えアニメ」の走りだったのかもしれません。 某アニメ雑誌の人気ランキングで、ラムちゃんは常連でしたし、他の美少女キャラにもファンが多くいました。 しかし、今どきの「萌えアニメ」と一線を画すのは、演出や脚本の素晴らしさ、豪華な声優陣です。 他の方が書かれているので言うまでもないことなのでしょうが、前半のチーフディレクター押井守氏の 個性やパワーが爆発して、数多くの名作が生まれました。 当時、「押井さんのもとでなら、好きなことが できる。 」といった風潮があって、若いアニメーターが力を発揮したと聞いております。 また、芸達者な声優陣がキャラクターに命を吹き込み、脇役までも個性的で魅力がありました。 (特に千葉繁氏のメガネ) 話を盛り上げるBGMも、テレビ版や劇場版を通して曲数が多く、作曲者も何人もいたためバリエーション が豊富で、良い曲ばかりなのもうる星の特徴だと思います。 うる星ファンにとって思い入れのある回はそれぞれあると思います。 ですがこのBOX3の見どころは、 なんと言っても128話「スクランブル!ラムを奪回せよ!!」と129話「死闘!あたるVS面堂軍団!!」でしょう。 今で言うところの「神回」です。 押井守氏演出の最後の話なので、特に力を入れたのだと思います。 他の話と演出も脚本も作画もレベルが違います。 今見ても、メガネが遺書を読み上げるシーンや ラストにあたるが面堂軍団に走って突っ込んでいくシーンは感涙ものです! そして、それに続く130話「異次元空間ダーリンはどこだっちゃ」もクオリティーがかなり高い話です。 やまざきかずお氏演出の初めての回ですが、作画も演出も丁寧で力が入っています。 当時、この3話が続けて見られたというのは、今にして思えば奇跡に近いことだと思います。 話は変わりますが、画質の方は残念ながらザラザラしております。 解像度を上げるとどうしてもこのようになってしまうのでしょうか。 放送当時にはあまり気づかなかったチリやホコリも目につきます。 放送当時を知る人間としては、逆にこの方が味があって、落ち着いて見られます。 でも、コンピュータで彩色しているアニメを見ている今の若い人は、汚いと思うかもしれませんね。 発色や音質は、間違いなく向上しております。 値段は安くなりましたね。 初めてLDBOXが発売されたときは33万円でした…。 とても一般人が買える値段ではありません。 でも、初期ロットの3000セットが、予約分だけで完売になったことは大きな話題なりました。 後に、このLDBOXの成功で、LDBOXやDVDBOXの商品形態が生まれたとのことです。 後にバラで発売されるようになったので、名作の回があるLDだけ買いました。 DVDBOXは若干安くなりましたが、BOX1とBOX2を合わせて25万円…。 でも、かなり無理 して大人買いしましたよ…。 某家電量販店で買いましたが、このBOX専用の大きなトラ縞模様の紙袋 に入れて持って帰りましたよ。 でも、電車でこの紙袋を持って運ぶのはのはちょっと恥ずかしかった。 (しかも2回ですよ) 今、AmazonでブルーレイのBOX1からBOX4まで買っても12万円ちょっと。 しかも配達してくれる。 良い時代になったものです。 BOXの挿絵が高橋留美子先生の絵で、アニメ絵が全然ないとお嘆きの方もいるとのこと。 LDBOXやDVDBOXの挿絵は、50巻分あって(確か中島敦子氏の絵だったかな)、眺めている だけでも楽しく、豪華なものでした。 ただ、このブルーレイBOXは、小学館90周年、高橋留美子先生画業35周年の記念商品なので、 仕方のないことかもしれません。 DVDBOXを持っている方は、気に入っている挿絵のケースに入れて みてはいかがでしょうか。 もうここまできたら、劇場版のブルーレイBOX化も希望しますよ。 ビューティフルドリーマーはブルーレイ化が何故か中止しちゃいましたが、昔のLDBOXのように6作品 全て入れて欲しいですね。 豪華な化粧箱に入れろとは言いませんから、何とかしてくれ!!! 思いの丈を綴ったら長くなってしまいました。 駄文、長文失礼しました。 ご冥福をお祈りするとともに、これまでの素晴らしい演技に感謝をするべく、ブルーレイを見直そうと思います。 原作は最終回まで面白かったですが、アニメは少し面白さのパワーが落ちてくる時期となります。 パワーが落ちてきたのは、原作ではとても面白いお話でも、アニメの放送時間に合わせるために、原作だけでは足りない部分を追加したオリジナルの部分がつまらなさすぎた回が増えた、もしくは原作の概念からあまりにもかけ離れた話に変えられた回が増えたからではないかと自分では分析しています。 中途半端にオリジナルの部分を継ぎ足すぐらいなら、完全オリジナルストーリーのほうが出来が良かったりします。 残念な回もありますが、面白い回もまだまだ多いBox3。 アニメオリジナルストーリーである129話「死闘、あたる対面堂軍団」と130話「異次元空間ダーリンはどこだっちゃ」は、最高にいい仕上がりになっていると思います。 「死闘、あたる対面堂軍団」では、ラムのUFOが面堂邸へ墜落して記憶喪失になったラムを、あたるは命がけで奪回しにいきますが、最後のシーンであたるが面堂軍団による攻撃で橋ごと落ちていきそうなところを、あたるのことを思い出せないまま、夢中でラムは助けにいきます。 ここでも、ラムはあたるを救いました。 あたるはラムに何回助けてもらっているのだろう、うる星やつらはラムのあたるへの救済劇だとあらためて思います。 あたるはラムがいなければ、最悪の人生だったからです。 「異次元空間ダーリンはどこだっちゃ」では、ラムがパラレルワールドに迷ってしまいますが、今の世界に戻る前の1個前の世界はあたるがとてもラムにやさしい世界。 この世界ならラムはきっと浮気で悩む事もなく、ラムをストレートに愛してくれて毎日を安心して暮らせたであろう、それなのに、その世界のあたるを振って、今の世界のあたるを選びます。 また、戻ってきた今の世界で、ラムが「うちのこと、好き?」と聞くシーンがありますが、これは、自分の知っている今までのあたるなら、絶対この質問をしたら、こう答えるだろうと見越しての質問だったと思います。 ラムの聡明さを感じます。 また、あたるの回答も、暗に好きだといっているようにも解釈できます。 ラムが今の世界のあたるを選んだのは、時たま見せるラムへの愛情、思いやり、やさしさがたまらなく好きだからでしょうね。 心の底では自分の事を愛してくれているという事がわかっているからでしょう。 この回は、原作のイメージを崩さず、うる星やつらの世界観をよく表していると思っています。 BOX3、ビューティフルドリーマーに主要スタッフを 取られた為に総集編が多くなり盛り上がりに欠けますが 第122話「立ち食いウォーず」・押井編ラストを飾る 第128話「スクランブル! ラムを奪回せよ} 第129話「死闘、あたるvs面堂軍団」は押さえておきたい。 さて130話「異次元空間、ダーリンはどこだっちゃ?」から チーフディレクターが押井さんから山崎さんへ 制作がぴえろからディーンへと替わります。 押井版が余りにも異色でパワー有りすぎだったせいか 見劣りはしますが作画のレベルアップや丁寧な話作りは 感じられます。 今のアニメより全然面白いです。 新OP、パジャマじゃまだ。 の貼り絵調の出来は 今観ても秀作、センスがいいです。 130話からの半年間、ヨロイ娘まで、。 山崎さんらディーンの方々のご苦労が感じられます。 土器手司さん、音無竜之介、森山ゆうじ各氏の 可愛らしいキャラも良かったですね。 個人的には「カラーンコローン女子寮」がいいですね。 , このあたりになると演出も作画も安定して、原作通りの面白さを狙った作品が多くなってきています。 チーフディレクターが、ここで押井氏からやまざき氏へ変わりますが、裏を返せば、押井氏のような力のある(原作を壊してしまうほど無茶苦茶な)演出ができていなかったのかもしれません。 押井氏は、劇場版の名作・ビューティフル・ドリーマーで原作者を怒らせ降板となったと記憶しています。 見所としては、166話のTVオリジナルストーリー「春遠からじ! さびしがり屋の妖精物語!! 」(確か一般からストーリーを募った作品)や、167話「夢の中へ! ダーリン争奪 バトルロイヤル」、157話「ダーリンのやさしさが好きだっちゃ…」等々でしょうか。 特に167話は、原作通りなのに演出とCVの熱演で原作を超えて面白い作品になっていて必見です。 128話「スクランブル! ラムを奪回せよ!! 」と129話「死闘! あたるVS面堂軍団!! bia-item. Microsoft. amazon. fr font family was overriden causing button overflow on that particular page. amazon. Star ratings are currently not configurable. This will work as an immediate solution. bia-item. Microsoft. 6 inset; -moz-box-shadow: 0 1px 3px rgba 255, 255, 255, 0. 6 inset; box-shadow: 0 1px 3px rgba 255, 255, 255, 0. bia-item. 2 inset; -moz-box-shadow: 0 1px 3px rgba 0, 0, 0, 0. 2 inset; box-shadow: 0 1px 3px rgba 0, 0, 0, 0. bia-item. bia-item.

次の