サン テレホン 株式 会社。 サンテレホン株式会社 / ソリューション営業(プリセールス) / 32433374_11258:マイナビ転職エージェントサーチ

会社概要|サンテレホン株式会社

サン テレホン 株式 会社

本社所在地:東京都中央区八丁堀4丁目5番4号 FORECAST桜橋4階 会社沿革• 1948年(昭和23年)12月 大阪市において通信機材卸販売を業として株式会社山西を設立• 1961年(昭和36年)2月 広島出張所を開設。 以降名古屋、福岡、札幌、東京、高松、松山、仙台、那覇、金沢へ全国販売網を拡大• 1971年(昭和46年)5月 企業イメージアップを図る為、サンテレホン株式会社へ社名を変更• 1985年(昭和60年)9月 商品物流の全国配送拠点として、埼玉県越谷市に「商品管理センター」を開設• 1986年(昭和61年)6月 大阪証券取引所市場第一部に上場• 1987年(昭和62年)9月 東京証券取引所市場第一部に上場• 1988年(昭和63年)5月 本社機能を東京に統合移転• 1997年(平成9年)11月 海外事業をてがける目的で「サントレイディング株式会社」を子会社として設立• 2007年(平成19年)5月 中長期的かつ持続的成長を実現するため、東京証券取引所及び大阪証券取引所の上場廃止• 2010年(平成22年)12月 構造改革推進本部 事業開発部を新設し「中国」や「ASEAN地区」の海外展開を開始する• 2011年(平成23年)8月 東京都中央区人形町から現在の八丁堀に本社を移転• 2011年(平成23年)9月 「商品管理センター」を都内葛飾区へ移転し「本社物流センター」として更なる物流の充実を図る• 2011年(平成23年)10月 関西営業部を淀屋橋に移転すると同時に西日本の物流拠点である「西日本物流センター」を開設• 2013年(平成25年)1月 株主である「JBP-I」より「日東工業株式会社」が株式を100%取得し、日東工業グループとなる• 2013年(平成25年)9月 全国の発送・配達業務強化のため、東京都葛飾区の物流センターを東京都板橋区に移転• 2016年(平成28年)9月 全国の発送・配達業務強化のため、東京都板橋区の物流センターを東京都大田区に移転。 2017年(平成29年)4月 海外事業をてがける目的で「SUNTEL THAILAND CO. ,Ltd」を子会社として設立 事業内容• 情報通信機器・部品・工事材料の卸販売・輸出入• 情報通信端末装置・伝送端末機器の開発 外部リンク.

次の

サンテレホン株式の95.3%がTOBに応じる=大株主のダルトン

サン テレホン 株式 会社

日東工業(愛知県長久手市)は9日、子会社で情報通信関連の商社サンテレホン(東京都中央区)が、ベトナムの商社であるサオナムアン・トレーディングサービス(SOECO)を買収したと発表した。 SOECOの株式99. 9%を取得することとなり、日東工業にとって孫会社となる。 SOECOはプリンターなどのオフィス機器と、セキュリティーカメラなどの製品を扱う商社。 両社は「セキュリティーカメラの分野でサンテレホンと親和性がある」(サンテレホンの広報担当者)という。 取得額は非公開。 SOECOはベトナム全域に400社の販売ネットワークを持ち、1万社以上の顧客を抱える。 2018年通年の売上高は2,961億ドン(1,270万米ドル、約13億6,200万円)だった。 サンテレホンはシンガポールにグループ会社を持ち、17年4月に海外拠点としてサンテル(タイランド)を立ち上げた。 SOECOには、日本から役員クラスを派遣する予定。

次の

サンテレホン株式会社 / ソリューション営業(プリセールス) / 32433374_11258:マイナビ転職エージェントサーチ

サン テレホン 株式 会社

[東京 20日 ロイター] サンテレホン8083. Tは20日、MBO(経営陣による企業買収)によって株式を非公開化すると発表した。 先にMBOを提案し約4割の株式を保有するダルトンも応募することに同意しており、TOBの成立から上場廃止となる見込み。 サンテレホンは非公開化により、JIPとベインキャピタルのサポートを得つつ経営改革を推進し、中長期的な企業価値向上を目指す。 現在、サンテレホンの株主構成はダルトンをはじめファンドの保有株が発行株式数の50%を超えており、経営面において短期的な成果が求められる状況にある。 一方、サンテレホンは中長期的な企業価値向上を目指すスタンスで、株主のニーズに一致しない可能性があるため、非公開化を選択したという。 サンテレホンの山西社長は、今回のMBOについて「ダルトンの件がなくても踏み切った。 ダルトンは5年前にMBOを提案したが、それからは話が出てこなかった」と述べた。 その後、サンテレホン自身もMBOに対する必要性を感じ「今回のMBOについて進めている最中に、ダルトンから(あらためて)提案があった」(山西社長)としている。 ダルトンではなく、JIPとベインキャピタルの提案で行うことに関して山西社長は「ダルトンは日本においての経験がない。 経験や人脈などトータルに考えてJIPとベインキャピタルを選んだ」と語った。 買付予定株式数は2115万1000株(自己株式総数の3分の2)で、これに満たない場合は買い付けを中止するものの、買い付けを行う株数に上限を設定していない。 まずは企業価値を上げることを第一に考える」と述べた。 東京証券取引所は20日、TOBの結果、上場廃止となる可能性があるためサンテレホン株を同日から監理ポストに割り当てると発表した。

次の