プーケット コロナ。 新型コロナウイルス|タイの対応や現状・感染者数!プーケットは?|好好日めも

プーケット(タイ)にはコロナの影響で入国禁止?〜最新の現状と今後の展望について|TABILOGY(旅ロジー)旅は人生を豊かにする未知の体験ブログ

プーケット コロナ

アルコール飲料販売禁止 当初は緊急事態宣言延長に伴い、5月31日までの販売禁止とされていましたが、 一転して5月3日から購入が可能となりました。 国内線の運航再開 エアアジアとライオンエアは5月1日から、バンコクエアウェイズは5月15日よりバンコク~サムイ便を、6月1日からはタイスマイルが運行を再開します。 再開後も、搭乗にはマスクの着用は必須で、座席も乗客同士が一定距離を保つソーシャルディスタンスでの利用となり、座席が限定される模様です。 しかし、国内で最も県別人口比で感染率が高いプーケットにある プーケット国際空港は5月15日まで閉鎖が延長され、現在プーケット発着便の再開の目途は立っていません。 タイ国鉄の運航再開 タイ国鉄 (SRT)は、政府の方針に従い、新型コロナウイルス感染拡大防止のために一部の路線で運行を停止していますが、4月28日より8路線の運航が順に再開されます。 商業施設の営業制限緩和 5月3日より、下記の業種の規制緩和措置が発表されました。 都市封鎖解除 プーケットでは5月1日より、県内別地区への往来の制限が解除され、併せて人数限定でプーケットのチェックポイントを通過して、県外への行き来が許可されています。 パタヤでは封鎖を5月4日で終了し、5月5日から封鎖解除する決定をしています。 あとがき タイ政府が積極的な防止策を打ったことで感染拡大は抑えられていますが、まだ100%の姿に戻るには時間がかかります。 しかし、一人ひとりが自覚を持って予防策を講じ、余計な外出をしないように意識をしていけばより早く活気が取り戻せると信じています。 観光客で溢れる活気のあるプーケットを取り戻したいと思っています。 どうか力を貸してください!.

次の

www.mytravel.co.jp : タイ・プーケット、人気のリゾート地もロックダウンに 新型コロナ

プーケット コロナ

2020. 一部のブロガー達が先走り、タイ入国に関し、誤った事をブログを書いているようです。 デマの内容については拡散防止のためここには載せません。 少なくとも日本人にあってはの発表が全てだと思います。 先ほどスワンナプーム空港の入国管理局にも聞きましたが、デマになっていることは行われていません。 現在行われていることは下記の日本大使館の発表の内容と同じです。 渡航の後、空港等の検査場での渡航者の検査と保健省の病気管理予防措置を厳格に守ることに協力を求める。 検査場での検査で症状がある場合には、治療のために所定の病院に移送されなければなりません。 空港等の検査場での検査で症状がない場合でも、14日間、自宅やホテル等で症状を観察するよう協力をお願いします。 その間、ショッピングセンター、映画館、学校、電車などの人が混み合う公共の場に行くことは避け、コップ、スプーン、タオルなどの物を他者と共有せず、手洗いを励行し、咳やくしゃみをするときは口と鼻をふさぐなど、衛生的な振る舞いを心がけてください。 感染地域から帰国後の14日以内の間、熱、咳、くしゃみ、鼻水、のどの痛みがあれば、マスクを着用し、手洗いを励行し、自宅近くの病院で医者に渡航歴を告げ、診察を受けてください。 国によっては現在日本人が入国できない国もありますが、タイにあっては特に強制力のあるものは、入国時に37. 5度以上あると病院に隔離の対象になるぐらいで、健康な方は全く問題はありません。 ただバンコクなどはマスク着用率はそれなりに多いようです。 プーケットはマスクをしている方はかなり少数です。 個人的な意見ですが、プーケットは今のところ通常と変わりない南国のリゾートです。 デマに惑わされないようにの報道を読みましょう。

次の

コロナウィルスによるタイ保健省からの発表

プーケット コロナ

Contents• タイ政府は入国・入域制限が行われている国・地域には3月18日時点では入っているない *画像は3月18日時点 画像参考: 上の画像は感染が発生した国から入国を制限している国の名前となっています。 隣国では韓国が含まれています。 この中にタイは含まれておらず通常どおり入国は可能となっています。 今後、新型コロナウィルス感染症(COVID-19)に関してタイ保健省より発表等があるとのことですので、引き続き、当館のホームページ等を参照の上、最新の情報収集に努めて下さい。 プーケットではアジア人の観光客は大きく現象 上の状況では実際にプーケットでは観光客が減少しており、その中でも特に感染が発生した国であるアジア人は大きく観光客が減っている状況が伝えられています。 バンコクは日々目まぐるしく状況が変化(=悪化)しています。 万が一にも今タイに来られる方は、在東京タイ大使館やタイ政府観光庁のウェブサイトで最新情報を常に確認するようにしてください。 18日から実施する。 地元メディアからは事実上の封鎖措置と報じられている。 4月13~15日に予定されていたタイの旧正月「ソンクラーン」の祝日を延期することも正式に閣議決定した。 代わりとなる祝日の時期は未定。 帰省によって感染が拡大するのを食い止める狙いだ。 ショッピングモールやレストラン、官公庁については通常通り営業できるとしたが、消毒や体温測定などの予防措置を徹底するよう求めた。 タイでは足元で感染者が急増しており、17日時点で177人の感染が確認されている。 タイ政府は観光業への打撃を抑えるため、新型コロナの封じ込めに力を注いでいる。 ー 特にタイの首都バンコクのコロナウイルス の影響は大きくなっている。 これは飛ばせば飛ばすだけ赤字になるな……。 — ヨッピー yoppymodel 3月17日現在でタイでは177件のコロナ感染者が記録されてます😢 41人は回復し、1人が死亡、135人はまだ病院で治療中です。 実際にツイッターなどで確認してみると通常どおりプーケットで観光している人はいるようです。

次の