国税庁。 飲食店の酒類テイクアウトに期限付き販売免許。国税庁

「確定申告」4月17日以降も可能に、国税庁が新型コロナ感染拡大を考慮

国税庁

「令和元年分 確定申告特集」のウェブサイト。 本来は申告・納付期限(所得税が3月16日、個人事業者の消費税が3月31日)が表示されていたページ上部には、「新型コロナウイルス感染症の影響により、納付が困難な方には、猶予制度があります。 お近くの税務署へ、お気軽にご相談ください。 」との説明が記載されている 国税庁はすでに2月末時点で、令和元年分(2019年分)の申告所得税、贈与税および個人事業者の消費税の申告・納付期限を4月16日まで延長することを発表していた。 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大防止の観点からの、確定申告会場の混雑緩和のための措置だ。 国税庁によると、この期限延長の結果、申告会場の混雑は例年に比べかなり緩和されており、また、申告会場での感染はこれまで確認されていないとしている。 さらに今回、各地でのCOVID-19の感染拡大状況を受け、申告会場の混雑緩和を徹底する観点から確定申告期限の柔軟な取り扱いを決めた。 なお、4月17日以降の「申告相談」については、申告会場のような先着順ではなく、原則として「事前予約制」にするなど、感染リスク防止により一層配意したかたちで行うとしている。 国税庁によれば、今年の申告実績を見ると、申告会場に出向くことなくスマートフォンやパソコンからインターネット経由で申告できる「e-Tax」の利用増加などもあって、すでに昨年の約9割の申告がなされているという。 国税庁では引き続き、e-Taxの利用も勧めている。 また、「還付申告」については5年間申告できることもあらためて案内している。 令和元年分の還付申告ならば、令和6年(2024年)12月31日まで申告可能だ。 還付申告の例としては、給与所得者や公的年金受給者で、医療費控除・寄附金控除(ふるさと納税等)・住宅借入金等特別控除(住宅ローン控除)により還付を受ける人を挙げている。

次の

国税庁「マルサ」が摘発脱税手口を公開

国税庁

概要 [ ] 第3条第2項及び第18条第1項の規定に基づき、財務省の外局として設置されている。 任務は、財務省設置法により「内国税の適正かつ公平な賦課及び徴収の実現、業の健全な発達及び業務の適正な運営の確保を図ること」と規定されている(第19条)。 の賦課・徴収をつかさどるとともに、・などを通じて酒類業界を管轄する。 の企画・法制化はの所掌であり、国税庁は租税制度を執行する機関(実施庁)としての位置付けになる。 国税庁を長とし、として、課税部、徴収部及び調査査察部を置くほか、として国税審議会を、として税務大学校を、として国税不服審判所を、として全国を分轄する形で11の国税局及び沖縄国税事務所を設置する。 国税局及び沖縄国税事務所の下には、それらの一部事務を分掌する下部組織として計524の税務署が置かれている。 本庁舎は、三丁目1番1号に所在する財務省本庁舎の5階である。 近年は1年またはそれ未満での長官交代が慣例化し、2001~2019年(4月現在)で18人の長官が就いている。 所掌事務 [ ] 上記財務省設置法第19条に規定された任務を達成するため、財務省設置法第4条に列記された事務のうち下記の計7号の事務を分掌するとともに、第20条に別に規定された事務をつかさどる(第20条)。 具体的には以下のことに関する事務がある。 内国税の賦課及び徴収に関すること(第4条第17号)• の保全並びに酒類業の発達、改善及び調整(第4条第19号)• 技術の研究及び開発並びに酒類の品質及び安全性の確保(第4条第20号)• 法令の定めるところに従い、第27条第1項各号に掲げる犯罪に関する捜査を行い、必要な措置を採ること(第4条第21号)• の形式に関する企画及び立案に関すること並びにその模造の取締り(第4条第22号)• 税理士制度の運営(第20条第1号)• 酒類に係る資源の有効な利用の確保(第20条第2号)• 政令で定める文教研修施設において、国税庁の所掌事務に関する研修を行うこと(第20条第3号) 第4条第21号にある「第27条第1項各号に掲げる犯罪」とは国税庁の所属職員がしたその職務に関する(第1号)やその職務を行う際にした犯罪(第2号)、国税庁職員への贈賄(第4号)などであり、国税庁長官が任用した国税庁監察官がその及びを捜査するものとされる(第27条第1項)。 ここでいう「」とはの行う捜査(第189条)ではなく、それに準ずるに位置づけられている。 したがって国税庁監察官はに、およびなどを請求することはできない(第27条第2項)。 徴税の手続きの一つとして、では、個人の場合は毎年2月中旬から3月中旬にかけてを受け付ける。 法人の場合は決算期の終了から2カ月以内に行う。 国税庁長官表彰 [ ] 国税庁長官は、納税功労に対しする最高の納税表彰として納税意識の高揚等、税務行政の円滑な運営に尽力した者に国税庁長官表彰を授与する。 これに準ずる表彰として、国税局長表彰、税務署長表彰がある。 また、税に関する作文コンクールなどでも国税庁長官賞を授与することがある。 また、法人会等の運営に対する発展に寄与した功労者などには国税庁長官感謝状を贈られる。 沿革 [ ]• (昭和24年) - 旧の外局として国税庁が設置される。 大蔵省の徴税担当部門(主税局の一部など)を母体とした。 大蔵省設置法が内閣から国会に提出された時点では、国税庁の設置は規定されていなかったが、「連合國軍最高司令官からの覚書に接し、國税行政に関する機構の改組を行うこととせられた・・現在の徴税機構を他の財務行政機関と分離、独立のものとするように指令」 として法案修正の形で設置法に規定することになった。 内部部局として総務部、直税部、間税部、調査査察部の4部を置いた。 庁舎は千代田区の東拓ビル。 東拓ビルは、の国策会社だった旧のであり、旧の本店ビルに隣接していた。 国税庁移転後にはの本店ビル使用地として同銀行に払い下げられた。 (昭和25年)• - 全財と日財労が統合して日本財務職員労働組合連合会(日財労連)を結成。 1958年には全国税労働組合(全国税)に改称。 - 国税庁協議団及び国税局協議団(後の)設置。 (昭和26年) - 国税庁次長を新設。 本庁の総務部を分割して、長官官房と徴収部を設置。 (昭和31年) - 旧大蔵省庁舎の接収解除により千代田区内幸町から移転。 (昭和34年) - 間税部酒税課所属のを国税庁直属の附属機関とする。 (昭和37年)10月29日 - 全国税から分裂した第2組合が国税会議を結成。 (昭和39年) - 税務講習所を税務大学校に拡充。 (昭和45年) - 協議団を廃止し国税不服審判所を設置。 (昭和61年) - 長官官房国税審議官(国際業務を担当)1名を新設。 (平成元年)10月15日 - 国税会議が国税労働組合総連合(国税労組)に改称。 11月、(連合)の結成に参加。 (平成3年) - 税目別の徴税体制から納税者別の徴税体制に移行。 これに伴い、本庁の直税部と間税部を課税部に統合。 また、酒類行政及び酒税徴収事務の担当の長官官房国税審議官を1名増員した• (平成7年) - 醸造試験所をからの広島中央サイエンスパークに移転し、醸造研究所に改組。 (平成10年) - 税務大学校の本校校舎をとからに移転統合。 (平成13年)• - により、国税庁はの外局となる。 長官官房国税審議官は長官官房審議官に改称。 - 醸造研究所は国税庁から分離し、独立行政法人に改組。 組織 [ ] 国税庁の組織は基本的に、法律の財務省設置法、政令の財務省組織令および省令の財務省組織規則が階層的に規定している。 特別な職 [ ]• (法律第18条第2項)• 国税庁(政令第87条) 内部部局 [ ]• (政令第88条)• (規則第381条第1項)(2人)• (規則第382条第1項)• 総務課(規則第384条• 調整室(規則第405条)• 監督評価官室(規則第405条)• 人事課(規則第385条)• 会計課(規則第386条)• 企画課(規則第387条)• 国際業務課(規則第388条)• 相互協議室(規則第406条)• 厚生管理官(規則第389条)• 首席国税庁監察官(規則第391条)• 税務相談官(規則第404条)• 課税部• 課税総括課(規則第393条)• 消費税室(規則第408条)• 審理室(規則第408条)• 個人課税課(規則第394条)• 資産課税課(規則第395条)• 資産評価企画官(規則第407条)• 法人課税課(規則第396条)• 酒税課(規則第397条)• 鑑定企画官(規則第407条)• 徴収部• 管理運営課(規則第399条)• 徴収課(規則第400条)• 調査査察部• (規則第402条)• (規則第403条) 審議会等 [ ]• 国税審議会(法律第21条第1項)• 国税審査分科会(国税審議会令第6条)• 税理士分科会• 酒類分科会 施設等機関 [ ]• (政令第95条第1項)• 地方研修所(政令第95条第3項)(12) 特別の機関 [ ]• (法律第22条第1項)• 支部(国税通則法第78条第3項) 12 地方支分部局 [ ] 地方支分部局の区分は国税局と沖縄国税事務所である。 (法律第23条第1項)(11)• 税務署(法律第24条第1項)(518)• (法律第23条2項)• 税務署(法律第24条第1項)(6) 国税局の名称および管轄区域は以下の通りである。 東京、大阪、名古屋の国税局には映画「」で有名になったがある。 その他の国税局は本庁と同様に調査査察部でを行う。 33署 10署 10署 8署 9署 8署 7署 8署 (8署) (15署) (9署) (10署) (12署) (48署) (18署) (14署) (4署) (20署) (8署) (7署) (13署) (31署) (13署) (21署) (4署) (7署) (7署) (6署) (5署) (4署) (6署) (6署) (6署) (8署) (16署) (11署) (13署) (3署) (7署) (18署) (5署) (8署) (10署) (9署) (11署) (6署) (6署) 財政 [ ] 2020年度(平成31年度)予算におけるにおける国税庁所管の歳出予算は7,059億1,523万7千円。 財務省が所管する一般会計予算25兆1,579億2,608万6千円に占める割合は約2. ただし、財務省予算から国債費23兆3,515億2,063万6千円を除くと39. 科目別の内訳は、国税庁共通費が5,716億992万5千円、国税庁施設費が25億7,440万6千円、税務業務費が1,394億169万6千円、国税不服審判所が48億2,806万9千円、運営費が9億6,499万6千円となっている。 職員 [ ] 一般職の在職者数は2019年7月1日現在、5万4,606人(うち、女性1万2,225人)である。 財務省の全在職者数6万9,628人(うち、女性1万5,048人)の77. 定員は省令の財務省定員規則に5万5,953人(令和2年9月30日までは、5万5,989人) と定められている。 職員のによる採用は主に国家公務員採用総合職試験(院卒者試験)、同(大卒程度試験)、採用試験及び税務職員採用試験の合格者の中から行われる。 いずれの試験もが実施機関である。 2018年度(平成30年度)の採用実績(2019年(平成31年)4月1日付採用) によると、総合職試験合格者からの採用者数は12人で、区分別内訳は院卒 行政 2人、院卒 工学 1人、院卒 農業科学・水産 2人、院卒 森林・自然環境 1人、大卒 法律 3人、大卒 経済 1人、大卒 工学 1人、大卒 農業科学・水産 1人となっている。 平成20年以降、平成31年まで24大学(院)から97名を採用している。 なおこの数値は事務系のみのものである。 技術系については同様のデータは公表されていない。 国公立大学 、、、、、、、、、、、、、、、 私立大学 、、、、、、、 国税専門官試験からは1,158人、税務職員採用試験からは765人を採用した。 また、国税庁経験者採用試験(国税調査官級) で209人を採用した。 国税庁職員はのなので、は(一般職給与法)によって規律される。 俸給表は他省庁の一般職職員と異なり税務職俸給表が適用される。 ただし、内部部局に勤務しとくに指定を受けていない者(同規則第3条第1号)や幹部職員(第2・3号)および行政職俸給表(二)の適用を受けるもの(第4号)などには適用されない。 金額は業務に従事した日一日につき550円である(同条第2項第1号)。 職員労働組合の概要 [ ] 国税庁及びその地方支分部局の職員には、のうち争議権と団体協約締結権が国家公務員法により認められていない。 は保障されており、職員はとして国公法の規定する「」を結成し、若しくは結成せず、又はこれに加入し、若しくは加入しないことができる(国公法第108条の2第3項)。 現在、職員団体としては(略称:国税労組)、(全国税)および沖縄国家公務員労働組合(沖縄国公労)全税支部が活動している。 国税労組は国税局ごとに組織された単一労働組合の連合体で、道国税、東北国税、関信国税、国税東京、北陸国税、名古屋国税、大阪国税、四国国税、福岡国税、熊本国税および沖縄国税の12単組で構成されている。 全国税は国税局ごとに、複数の支部によって対応する「地方連合会」を作る形式をとっている。 沖縄国公労全税支部は沖縄国税事務所のみに組織をおく。 加盟単産は国税労組および沖縄国公労(全税支部)は、全国税はとなっている。 組織人員は2011年度(平成23年度)の労働組合基礎調査によると国税労組が3万1795人、全国税は379人となっており、前者が絶対的多数派の地位にある。 国税労組は他財務省関係機関の連合系労組のとともに協議会の全大蔵労働組合連絡協議会(全大蔵労連)を構成している。 全国税はこれに相当する組織として全税関と大蔵国公を構成する。 職員労働組合の沿革 [ ] の終結から間もない1946年(昭和21年)、日本のの全般的な高揚を背景に、2月の東京財務局における東京財務職員組合を発端として、国税部門における労働組合の結成が相次いだ。 5月16日には国税職員の最初の全国的労組である全国財務職員組合連合会(全財)が結成された。 全財は1947年(昭和22年)1月に単一組合に改組し、略称は引き継ぎつつ正式名称も全国財務労働組合に改めた。 全財は(全官労)の中核労組として、1947年(昭和22年)のや1948年(昭和23年)の3月闘争および7月闘争など急進的な官公庁労働運動に参加し、1947年(昭和22年)2月には大蔵当局と労働協約を調印した。 7月闘争を契機として国公労働者からスト権が剥奪されるのに前後して、全財では執行部の方針を左翼的としてこれに批判的な勢力が強まった。 全財再建同盟が1948年(昭和23年)7月に結成されたほか、関東、東北、山陰等の諸支部の脱退が相次ぎ、1949年(昭和24年)2月8日、脱退支部は新たな全国組織である日本財務職員労働組合協議会(日財労)を結成するに至った。 分裂後の組合員数は全財が3万8000人、日財労が1万6000人であった。 しかし、1949年(昭和24年)夏の総定員法による大量馘首を経て、税務職員労組の分裂状態を克服する機運が高まり、1950年(昭和25年)1月25日、全財と日財労は再統一して日本財務職員労働組合連合会(日財労連)を結成した。 また1949年(昭和24年)12月に全官公から分裂して結成された日本官公庁労働組合協議会(官公労)に加盟した。 1953年(昭和28年)4月26日、日財労連は全国税職員労働組合連合会(全国税)に改称し、1958年(昭和33年)12月24日には組織を単一化、現在の名称である 全国税労働組合に改称した。 1962年(昭和37年)から1963年(昭和38年)にかけて、1962年(昭和37年)5月の関東信越国税局を皮切りに、全国各地の国税局で全国税から脱退し、を結成する動きが急速に進んだ。 発生した第2組合群は1962年(昭和37年)10月29日に全国組織として国税労働組合全国会議を結成した。 全国税から国税会議系へ移行する動きは進行し、全国税は少数派組合へ凋落していった。 全国税は総評に加盟していたが、国税会議は系列の全官公へ加盟して同盟に接近し、1977年(昭和52年)には同盟に正式加盟した。 このとき、国税会議の組合員数は2万7000人に達していた。 1960年代から1970年代の組合勢力の激変の背後には、大蔵省・国税庁当局による全国税組合員を対象とした切り崩し工作と第二組合の育成があったことが指摘されている。 全国税はそのような認識から、「」(国公法第86条)の制度を利用して、に対し当局に脱退工作を止めさせるよう「団結阻害行為 の排除」を要求したものの、人事院の調査ではそれを裏付ける証拠は見つからず、棄却判定が下された。 当時大蔵官僚だったは1962年(昭和37年)から1963年(昭和38年)にかけて、「遠山修審議官を指揮官とする庁をあげての切り崩し工作が成功して壊滅状態になった」「説得工作にあたっては……不当労働行為の口実を与えないよう細心のルールでのぞんだという」と著書で記している。 労戦再編の最終局面にあった1989年(平成元年)10月15日、国税会議は協議会に改組して名称を現在の 国税労働組合総連合に改め、(連合)の結成に参加した。 一方、全国税は上部組織の国公労連とともに(全労連)に参加した。 歴代の国税庁長官 [ ]• 前職は、特記なければの役職。 品川芳宣:元高松国税局長、元、大学院教授• 岡田至康:初代国税庁長官官房国際業務課長、元国税庁長官官房審議官、の専門家、税理士法人顧問、中央青山租税戦略研究所長• :元仙台国税局長、、教授• :元金沢国税局長、教授、会計大学院教授• :元国税庁調査査察部長、長• :元国税庁課税部法人税課長 、元()、元、山口県連合顧問• :副会長、元東京国税局• :女優、元大阪国税局• :お笑い芸人、元東京国税局• : 元長 関連書籍 [ ]• 落合博実『徴税権力~国税庁の研究』 、2006年、 脚注 [ ]• [ 第5国会衆議院内閣委員会会議録20号p12昭和24年05月13日 池田国務大臣(大蔵大臣)の修正案の趣旨説明• 「(令和元年7月1日現在)• 86-88。 大学等を卒業した日又は大学院の課程等を修了した日のうち最も古い日から起算して8年を経過した者が対象• 国公労連 「」 京都国公• 「」『日本労働年鑑 : 第23集 - 1951年版』 時事通信社、1951年1月• 法政大学大原社会問題研究所 「」 2012年9月6日閲覧。 「同盟……77年には、それまでも事実上その傘下にあった全日本紙パルプ・紙加工産業労働組合総連合(紙パ総連合)約2万9000人、国税労働組合全国会議(国税会議)約2万7000人等を正式加盟させることで、形のうえでは傘下組合員数を約1000人増加させた」(大原社会問題研究所編著 「第2部I 労働組合の組織現状と組織運動」『日本労働年鑑 : 第50集 - 1980年版』 労働旬報社、1979年11月)• 民間労働法制におけるに相当• 秦郁彦『官僚の研究』(講談社、1983年)p. 239。 川村裕三『ものがたり公務員法』(日本評論社、1997年)がp. 177で引用。 内閣官房内閣人事局• 株式会社シグマクシス• 当時は法人課税課ではなく法人税課。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 (調査官、徴収官、査察官)• 構想 外部リンク [ ]• - チャンネル•

次の

国税庁

国税庁

国税庁・国税局・税務署は、国の税金にまつわる仕事をしているということでひとくくりにされがちですが、それぞれ違う仕事内容を行っています。 そして違いについてよくわからないという方も結構いらっしゃいます。 起業・開業したら必ず関係性が出てくる国税庁・国税局・税務署について、その違いを解説していきます。 国税庁で行う仕事について 国税庁は、財務局の外局であり、国税の賦課徴収を担当する行政機関です。 簡潔に言うと国税庁は税務行政の執行に必要なものを企画・立案・解釈し、それを国税局・税務署に実行させる機関になります。 近年ですと、確定申告における e-tax や、税金納付手段をキャッシュレス化、マイナンバー制度への取り組みや、新しい税制の制度対応の仕組みづくりを行うなど、納税者サービスの充実と行政効率化のための取り組みなども行っています。 また、国税局と税務署を指導監督する業務も担っており、税務行政の代表者として、他の省庁との折衝も行っているのです。 国税局で行う仕事について 国税局は国税庁の地方組織であり、管轄内の税務署の事務を指導監督するほか、大規模納税者等について賦課徴収を行なう執行機関です。 例えば、マルサという隠語で呼ばれた査察部は国税局の部署になります。 マルサが行う強制調査とは、税務調査の1つにあたり、大口で悪質な脱税を疑われる納税義務者に対して行われます。 通常の税務調査は事前通達がありますが、強制調査の場合は、証拠隠滅を防ぐため裁判所の令状を得て事前連絡なしにいきなり調査を行います。 その他、国税局には、外国企業の法人税消費税の調査を行う「調査部」や日々の情報収集活動を行い、また、税務署では扱えない規模の会社を調査をする「資料調査課」や有名人著名人を専門に調査する部署もあります。 国税局の職員は専門的かつ高度な知識が要求されるため、税務署で経験を積んだ職員の中から選抜された職員が集められています。 税務署で行う仕事について 税務署は国税庁の地方組織であり、国税の賦課徴収を行う第一線の執行機関です。 全国に524の税務署があり、国税局と同様、税別にそれぞれの部門を設けており、それぞれの部門では相談や調査も受け付けています。 一般納税者や起業・開業者にとって一番身近であり、税務相談・各種届出書や申告書の受理を行う内部の部署と、税務調査を行う部署とがあります。 国税局で担当する大企業・著名人・大口滞納者以外の企業や個人がその対象です。

次の