櫻井 翔 リアルタイム。 嵐 櫻井翔、『家族ゲーム』吉本荒野役でも見せるアイドルならではの対応力 再放送を機に“言葉”を操る演技を考察(リアルサウンド)

櫻井翔のダサい私服画像まとめw文春の帽子やシャツのブランドも!

櫻井 翔 リアルタイム

画/彩賀ゆう 『週刊文春』で報じられた『嵐』の行動が、ファンに動揺をもたらしている。 【関連】ほか 1月16日、『文春』はこの日発売された誌上で、櫻井が新春に恋人と海外旅行へ行っていたことを報道。 お相手は慶應大学時代の同級生で、記事には2人が旅行を楽しむ様子が、遠目に撮影された多数の画像とともに掲載されている。 ファンに動揺をもたらしたのは、スマートフォンを掲げた恋人が櫻井を撮影する様子を捉えた1枚。 同写真の櫻井はTシャツの裾を広げたポーズを決めているのだが、これは櫻井が『嵐』公式インスタグラムのストーリーズに投稿している、ファンの間で『「よ!」シリーズ』と呼ばれる〝おなじみのポーズ〟なのだ。 ネット上には、 《ファンに見せるインスタ写真女に撮らせてるの? 最悪》 《彼女にあの「よ!」シリーズの写真撮ってもらってたの…? ってことはそれインスタのストーリーに載せようとしてたかもしれないってこと…?》 《翔くんこれはダメだよ。 さすがにバカにし過ぎ インスタ上げるつもりだったの?》 《この、写真は、ホンマに凹む。 インスタに載せようとか思ってたんかな?? 》 など、悲痛な声が続出している。 また、櫻井といえば、公私を混同することなくしっかりと使い分け、ファンに対しては〝プロのアイドル〟を貫く優等生キャラとして知られていた人物。 それだけに、ファンのショックはより大きかったようで、 《櫻井翔のストーリー楽しみにしてただけにムカつく》 《彼女が撮った写真を本当にインスタに載せようとしてたのならそれはアウトだよ? 翔さん大丈夫?? 》 《プラベと仕事は切り離してほしかったYO》 《2人でラブラブなのは全然良いと思う。 ただ、嵐インスタ用の写真を彼女に撮らせている…はやっぱりマズイよNE》 《どんどん私の中の嵐櫻井翔が崩れていく…》 などといった声も見られている。 せっかくファンの間でおなじみとなっていたポーズだが、今後このシリーズが更新されることはないだろう。

次の

櫻井翔の実弟が名家の令嬢と結婚していた! “華麗なる一族”化が進行中(週刊女性PRIME)

櫻井 翔 リアルタイム

「嵐の櫻井翔さんは3人きょうだいなのですが、13歳下の大手広告代理店勤務の弟さんが、先日、職場結婚したそうです。 4歳下の妹さんも'16年に結婚していますので、独身は長男の翔さんだけになりましたね」(芸能プロ関係者) 櫻井自身も慶應大学卒の高学歴だが、櫻井家はエリートの名家でもある。 「櫻井さんのお父さんは東大法学部卒で、総務省の事務次官を務めました。 結婚した弟さんも慶應卒で、大学在学中はラグビーに打ち込んでいたスポーツマンです」(スポーツ紙記者) 弟の結婚相手であるAさんも華々しい経歴の持ち主だ。 「彼女は、創業150年を超える大手百貨店社長のひとり娘。 カナダのブリティッシュコロンビア大学を卒業した聡明な女性だそうですよ」(広告代理店関係者) 気になるふたりのなれそめはというと、 「彼らは同期入社で、昨年の春ごろから交際していたといいます。 「はい。 「それは、私が決められることではないので……」 苦笑しつつも、まんざらでもない表情で答えてくれた。 すっかり乗り遅れてしまった櫻井だが、最近は弟同様に恋愛に積極的のようだ。 「今年1月に大学の同級生の女性と新年をベトナムで過ごしたことが『週刊文春』の取材で発覚。 その1か月後には、別のモデル風美女を別宅マンションに呼び寄せて密会したと報じられました。 「彼はアイドルとして自由に恋愛ができなかったという後悔があります。 昨年11月に二宮和也さんが元フリーアナウンサーの女性と結婚し、触発されるところもあるのでしょう」(前出・スポーツ紙記者) デビュー1年後の'00年に行われた雑誌のインタビューでは、櫻井は結婚についてこう話していた。 《希望としては、30歳くらいまでに結婚したいんだけど。 現実は難しいかなぁ。 いや、結婚したいっていうより。 家庭がほしいの(笑)》 もうすぐ40歳になる。 長男として、そろそろ身を固める時期が来ているのかも……。

次の

櫻井翔は仲の良い“一卵性兄弟”と…来年にも「合同披露宴」開催の可能性(日刊ゲンダイDIGITAL)

櫻井 翔 リアルタイム

7月14日発売の『週刊女性』が嵐・櫻井翔 38 の弟で大手広告代理店勤務の男性 25 が今年6月に入籍していたことを報じた。 弟の結婚相手は創業150年を超える大手百貨店社長のひとり娘。 大手広告代理店の同僚だという。 筆者が初めて翔の弟を取材したのは2015年4月26日、東京・秩父宮ラグビー場で行われた関東大学ラグビーの「オール早慶明」というチャリティーイベント。 このイベントの「オール慶応vsオール明治」の試合に、慶応のスクラムハーフとして先発出場したのが翔の弟だった。 5年前の弟の姿は身長170センチ、体重65キログラムで、目元は翔と瓜二つ。 弟がラグビーを始めたのは12歳からで、大学時代はレギュラー選手のひとつ下のグループ・Bチームで活躍していた。 翔は「努力をすれば必ず夢は実現する」と弟を励まし続け、忙しいスケジュールの合間を見つけては、出場する練習試合会場や、クラブがある神奈川県日吉のグランドにこまめに足を運んでいた。 普通だったら会話そのものが噛み合わなかったりするものですが、この二人は全く別で、弟クンは心から翔クンのことを信頼していました。 翔クンは時間があれば専門書等でラグビーのことを勉強していて、試合中の弟クンの動きについて『あの時はこういうパスの方が良かったんじゃないの?』とアドバイスしてあげていました。 この広告代理店は慶大出身者が多く、櫻井は同窓生を食事に誘っては「弟のことを頼む」と頭を下げていたという。 ちなみに弟が大手広告代理店に入社した年の秋には、実父の俊氏が総務省事務次官から同代理店執行役員に就任。 現在は副社長に昇格している。 筆者がこの兄弟の仲の良さを実感したのは、翔の合コン現場や、当時交際が話題になっていた女性キャスターとのデート時に必ずこの弟の姿があったためだ。 翔のプライベートに常にこの弟の影がチラついた。 さらに二人の交際の報告を受けた父・俊氏が密かに社内調査を進めた上で、先方の百貨店社長と直接会食していたことも判明した。 年次こそ違うが、同じ東大の法学部と経済学部出身ということで、関係者によれば父親二人はすぐに意気投合したとも伝えられる。 前出のラグビー関係者によれば、弟は同僚女性と交際をスタートさせた昨年春頃、東京・港区の翔の行きつけのイタリアンレストランで彼女を兄に紹介。 翔は「俺より先に結婚するなョ!」と冗談交じりの言葉で祝福したという。 この弟の結婚によって、嵐が活動休止する来年春以降、櫻井兄弟の「合同披露宴」開催の可能性が高まっている。 翔の大学同窓生や、弟のラグビー部メンバーを中心とした、気心が知れた友人たちだけを集めたパーティーが開かれるのではないかと見られている。 翔のパートナーは昨年秋に『朝日放送』宣伝部を退社し、『週刊文春』にベトナム・ダナンへの婚前旅行をスクープされた元ミス慶応のA子さん。 「ベトナム旅行の直後に、櫻井は別の女性の存在がやはり週刊文春に報じられ、二人の関係は一時ギクシャクしているとも噂されました。 現在はそれも収まり結婚に向けてカウントダウンが始まったと言われています。 既にお互いの家族に挨拶を済ませていますし、今は静かに入籍のタイミングを見計らっています」(芸能関係者) 櫻井が溺愛する実弟の結婚で、いよいよ本人の結婚も現実味を帯びてきた。 嵐の活動休止後には、実父の社長就任を控えているとされる。 華麗なる一族の物語はいよいよ最終章に入ったと言える。 (芸能ジャーナリスト・芋澤貞雄).

次の