ドラブラ 料理。 ドラブラ:初心者必見!取り返しのつかない要素まとめ

【ドラブラ】レシピ一覧をつくってみた。職業「料理人」の人は必見です。

ドラブラ 料理

イベント発生:千鶴町にて まずイベントを発生させるために 千鶴町へ向かいます。 すると上記画像のようにホームレスがいるので話しかけましょう。 ホームレスは 天候が晴れていないと出てこないので注意。 細かい位置はこちらの画像を参考にしてください。 (座標:234. 167) レシピを求めて探索 話を聞いてあげると、どうやら昔食べた料理の味が忘れられないとのこと。 会話の中で 「作ってあげるよ!」的な選択肢が出ると思うので迷わず受けてあげましょう。 会話が終われば材料集めですが、何が必要か分かりませんよね。 ホームレスのすぐ右隣にレシピが落ちているのでそれを読みましょう。 まとめると 新鮮な野菜 なんでも良い 、豆腐、はちみつ、おかしな調味料です。 おかしな調味料以外はショップで購入できるので用意しておきましょう。 おかしな調味料の場所 おかしな調味料は千鶴町でゲットできますが、 謎の商人は夕方ごろに出現するので時間調整が必要になります。 場所はこの位置ですね。 座標:108. 笑 東京に向かおう レシピがもらえたら再現してもらうために東京へ向かいます。 詳しい位置はこちら。 323. 420 話しかけると「作るのに時間がかかるからまた後で来てくれ」という風に言われ、すぐに話しかけても料理を受け取ることが出来ないので大人しく待ちましょう。 目安としては 2~3分くらいでOK。 待っている間はマップを移動しても大丈夫です。 そんなこんなで出来上がった料理がこちら。 おいしそうですよね。 笑 料理を受け取ったら 上杉さんから料理を受け取ったらまたホームレスの元に向かいます。 話しかけると会話が始まり、話が終わると異聞クリアになります。

次の

【ドラブラ】自作料理 隠しレシピ集

ドラブラ 料理

Adamsを探す前に このミッションは上記の画像にある 「東京資料集」を10個集める事でクリアなのですが、説明文を読むとAdamsは 32体いるとの記載が。 つまり、Adamsは32体いますが出現するのは10体までなので 各プレイヤーごとに出現ポイントが違ってきます。 Twitterやゲーム内で情報交換をしてもほぼ意味が無いという難しさです。 1~5体までの居場所と座標 1体目:(392.176) ゴミ置き場が目印です。 地上なので見つけやすいですね。 2体目:(278.321) バスの駐車場に居ました。 この場所は建物の角にあるので少し見つけづらいです。 他のプレイヤーが割といたので出現しやすいのかもしれません。 3体目:(222.415) バス停の上にいます。 地上なので分かりやすいですね。 食材ショップと被っているので見にくいですね。 5体目:(331.319) 地上で見つからなくなってきたので屋上を探索し始めました。 6~10体までの居場所と座標 6体目:(108.351) 神社の瓦の上ですね。 神社自体、東京の中でも目立つ方ですので最初に探してみるといいかもしれません。 7体目:(614.424) この辺りからかなり1体みつけるのに時間がかかってきましたね。 笑 屋上を探索するときはあまり高い位置から見下ろさないようにしましょう。 (Adamsがいても画面に映らない可能性があるので) 8体目:(425.222) この子を見つけるのは本当に苦労しました。 場所は高い建物ですが、頂上ではない途中のところに居るので見落としやすいです。 9体目:(438.307) 屋上が見つからなくなってきたので地上に戻って40分くらい探索していたら見つけました。 何度も通ったはずだけどな…という現象がよく起きますね。 笑 10体目:(543.480) 10体目も地上にいました。 この場所は他のプレイヤーが多く、誰かのペットだろうなと思っていたら混ざっていました。 声をよく聞いて探してみよう Adamsが周囲にいると声を発してくれます。 声と言っても 機械音ですが、この音を聞くだけでも大分見つけやすくなりましたね。 長時間探していると視界が前だけに集中していることもあるので耳を澄ましておけば見逃しにくくなるので覚えておきましょう。 ペットとしてAdamsを飼っている人は間違えることもあるので 呼び戻しておきましょう。 また出したい時は同じように捜査して「召喚」をタップすると出てきます。 他プレイヤーは上空を高く飛んでいても、名前が表示されたりするので見つけたら近寄ってみましょう。 必ず大人数が集まっている場所でなくても人がいるなら近寄ると早く見つけられるかもしれませんね。 チームを組んで探す 一緒にミッションをやってくれる人がいればかなりの時短になります。 僕は個人でやりましたが軽く 3時間はかかっていたと思います。 笑 チームなら見つけた時に集合をかけたり、追尾をしたりですぐ駆け寄れますからね。 多分 チームで組むと同じ場所にAdamsが出現するのではないかと思います。 ゲーム内のチャットでも募集している人を見かけるのでそういう利点があるのでしょう。

次の

【ドラブラ】CDkeyコード(シリアルコード)の入力と入手方法【コードドラゴンブラッド】

ドラブラ 料理

うんうん。 だよねー。 Cちゃんはもっと詳しく知ってるよ~。 CBT期間中。 このような会話が様々なところでやり取りされていました。 Youtubeで攻略情報を配信しているような方も、ワールドチャットで質問しているのを見かけました。 黙々と1人でプレイするより、このような会話が行き交うゲームの方が楽しいと思いませんか? これぞMMO RPGなんです。 ドラブラはチュートリアルをはじめとして、あえて不親切にしたり、隠し要素を加えることで コミュニケーションを促す仕掛けが随所に見られます。 時間がなくてチュートリアルを作る時間がありませんでした。 なんてクオリティではないです。 コンテンツの完成度は高いし、ヘルプ(システム解説)の内容も充実しています。 システム仕様は、クイズのお題にもなっていて、理解を促す工夫も! なので、 チュートリアルがないのは『あえて』なんだと思います。 ソロプレイが好きな方も、ドラブラをきっかけに、一歩踏み出してみてはいかがでしょうか。 ドラブラはコミュニケーションが取りやすいですよ! 1番大きな特徴はサーバーレベルシステム MMO RPGから 『人』を取ったら…。 それってMMOである必要がないですよね? 私が 最近のMMO RPGに感じるのは、新規プレイヤーを蔑ろにしているということ。 ほとんどのMMO RPGがリリース時に最大プレイヤー数を獲得し、あとは次第に減っていきます。 なぜ新規プレイヤーが増えないのか? 「今さらやってもみんなに追いつけないしなぁ…。 」 こう感じさせるものが今のゲームには多いんですよね。 そこでドラブラです。 ドラブラには サーバーレベルシステムというものがあります。 同じコンテンツをやったとしても、サーバーレベルより自身のレベルが高いと獲得経験値が少なくなり、自身のレベルが低いと獲得経験値が多くなります。 サーバーレベルは緩やかに上がっていき、サーバー内のプレイヤー全員がサーバーレベル近辺のレベルで成長していきます。 いつはじめたプレイヤーであっても、サーバーレベルから極端に自身のレベルが離れることはありません。 みんなから遅れてプレイし始めても、十分追いつくことが可能です。 もちろん 積み重ねが大切な要素もあります。 既存のMMO RPGと比べると、はるかに『新規プレイヤー』に優しいゲームというわけです。 プレイヤーが減り、サーバー統合されるゲームが多い中で、 中国や台湾版ではサーバーが増えているようですよ! ゲームシステム解説 それでは、ゲームシステムを詳しく解説していきます。 MMO RPG好きな人なら、こんなところが気になるんじゃないかなーという点をピックアップしてみました。 このID(6775)を使用していただいても構わないです~ 黒い砂漠MOBILEのように、自分が作ったキャラメイクを披露する機能もあります。 キャラメイクのし直しは、 1回目はゲーム内通貨で可能ですが、 2回目以降は課金通貨が必要になるので、無課金プレイを予定されている方は慎重に! アバターも豊富です。 衣装、髪型、首飾り、髪飾り、顔飾り、タトゥー、顔、服飾、武器、雨具があります。 ゲームコンテンツのクリアで解放できるものが多く、解放条件はあらかじめ公開されています。 頭飾りとか…。 傘まであるんですよ~。 自分のキャラに愛着が持てること間違いナシ! ジョブについて 最初に選べるジョブは4つ。 村雨、鷹狩、執行者、共生です。 外見はこんな感じ。 男性キャラは公式ページ で確認してね。 各職の特徴をまとめてみました。 村雨… 刀と大太刀のスタイルを切り替えて戦う 近接職 で、敵のヘイト集めたり、攻撃を犠牲にして防御を上げるスキルがある 盾役。 鷹狩… ハンドガンとガトリング砲を切り替えて戦う 遠距離職で、近づかれた場合にはトラップで距離を取ることが可能。 執行者… 魔法と短剣を切り替えて戦う 遠距離&近接のテクニカル職で、火力を出すにはプレイヤースキルが必要。 共生… 味方への バフと回復が強力なサポート職で、生存能力が高い。 攻撃は 遠距離。 どのジョブが強い? CBT2の私のクラブ(ギルド)では、 共生のプレイヤーが最も多く、続いて 村雨、そして 鷹狩、執行者の順でした。 私見では、 共生が強く、村雨がややつらいという印象。 共生が強いというとちょっと誤解を生みそうですが、火力は低いものの、生存能力が高いので、 やられにくいです。 そういった意味で強い。 遠距離攻撃職なので、お手軽でもあります。 共生を語る上で欠かせないのが回復能力。 ドラブラでは共生以外は、戦闘中に自身のHPを回復することができません。 HP回復ポーションはありますが、効果の発動が特殊です。 HP回復ポーションは戦闘前に使用しておき、HPの回復権を獲得しておくイメージです。 そして、非戦闘時にHP回復効果が発動するんです。 村雨は、他職が遠距離攻撃手段を持っているのに対し、 唯一の近接オンリー職なのでやや厳しめ。 集団戦で遠距離職複数に囲まれるといい的になっちゃいます(それが盾職の役割ではありますが…)。 でも 1番格好いいと思います。 鷹狩は 遠距離攻撃職でらくちん。 近づかれた場合には、敵を吹っ飛ばすパワーゲイザーみたいなスキルや、設置スキル(地雷)もあります。 ただ、パワーゲイザーと設置スキルは、敵と距離を取って戦っていると出番がなく、死にスキルになるケースが多いです。 あと、1番の火力スキルはレーザーぶっぱなんだけど、隙がでかいので1対1だと当てにくいです。 執行者は1番の火力職なんだけど、遠距離スキルと近距離スキルを切り替えて、うまく回さないと最大火力を出せません。 間合いのコントロールが難しく、使いこなすのが難しいです。 でも、やりがいは1番あると思います。 ジョブの切り替えが可能 ドラブラでは 他のジョブに変更することが可能です。 いわゆる 転職です。 やり方は、 ゲーム内通貨で転職権利を購入します。 1職目は30万コイン(ゲーム内通貨)、2職目は90万コイン、3職目は120万コインです。 転職先のジョブは好きなものを選べます。 1度解放すれば、そのジョブへの転職は、以後費用がかからなくなります。 1職目の解放費用は安価ですが、2職目、3職目となるとそこそこ費用がきついので、 サブとして1職選択肢を持っておく、ってくらいがいいのかなーと思います。 なお、転職時には、レベル、スキル、装備は自動で変換されるので 育成しなおしといった手間は発生しません。 気軽に行える転職ですが、 転職後 24時間は再転職ができないので、その点だけは注意です。 ちょっと触ってみて自分のプレイングスタイルにあわないなーと思ったら転職ができるので、 そこまで最初のジョブにこだわらなくても大丈夫です。 ちなみに、中国、台湾版では 格闘家と 鎌使いが追加されています。 どちらも強職のようですよ~。 ストーリーについて ドラブラは、原作があるゲームということもあり、 ストーリーがかなりおもしろいです。 そのストーリーなんですが、 特徴的なシステムが 2つあります。 1つは 人格。 ストーリーの選択次第で自分の人格が変化していきます。 自分の人格はSNSで公開することができ、話のネタにしやすいです。 さらに 人格は、 サブクエストの発生条件になることがあるので、重要だったりします。 もう1つは メモリーPtの獲得。 ストーリーをスキップしないで、最後まで見るとメモリーPtというポイントを獲得できます。 このポイントを使用すると、クレーンゲームをプレイできたり、アバターの染色材料を入手できたりします。 スキップしたくなるようなつまらないストーリーではないので、初見でスキップするようなことはないと思いますが、CBTを経験している方は注意が必要です。 装備品について教えて! まず、装備の入手方法は主に3つ。 コンテンツ報酬から入手• コンテンツ報酬などで得られる ポイントと交換して入手• 取引所で 購入 既存のMMO RPGのように ガチャで入手するようなことはありません。 (私が気付いてないだけかもしれないけど…) 装備品はオプションを付け替える(転移する)ことで強くしていきます。 装備品にはランダムでオプションが付いています。 不要な装備に付与されているオプションを、強くしたい装備に付け替えることで、ステータスを強化していくんです。 オプションは、ランクがあったり、ジョブによって有効なステータスが異なっているので、自分のジョブにあったよりよいオプションを探してアイテム掘りを楽しみます。 概念としては ハクスラと似ていると言ってよいでしょう。 強化だとか、レベル上げだとか、成功確率とか、限界突破とか…。 既存MMO RPGのシステムはきれいさっぱり忘れちゃってOKです。 対人コンテンツは? ごめんなさい。 PvPコンテンツはいっぱいあって、把握しきれていません。 肉なし(相手はNPCが操作する)1vs1もあるし、5vs5のチーム戦もあるし、ワチャワチャした集団戦もあるし、2チームにわかれて陣取り合戦するのもあるし…。 ギルド対抗戦もあるみたいだし…。 とにかくいっぱい! 注意すべきなのは PKです。 ドラブラも既存のMMO RPGと同様にPKができます。 できますが…。 PKをしたときのペナルティが重いです。 ペナルティは、与ダメ減、被ダメ増のデバフ。 そして赤ネームキャラとなり、他プレイヤーから攻撃を受けることになります。 PK可能エリアで待機していればPK値が減り、通常キャラに戻りますが、PKした人数によって、デバフが強化され回復までに時間がかかるようになります。 参考 PKすると初犯の場合、PK値が10Ptつく。 1Ptの回復にはPK可能エリアで5分の待機が必要。 PKすればするほど、1人を倒したときのデバフ、PK値が重くなる。 私はPKは滅多にしないので真偽はわかりませんが、赤ネームになると、 ひどい場合はゲームプレイ継続に支障が出るレベルと聞いていますので、注意した方がよいでしょう。 ちなみに、 やられた側はストレスがたまりますが、ゲーム内のデメリットはありません。 オート戦闘ってある? あります。 ブレレボと同様に、 オート戦闘時のスキル使用優先順位を決める機能もあります。 プリセットは複数もつことが可能です。 ギルド活動はどうなっている? ドラブラは学園ものの世界観なので、ギルドはクラブと呼びます。 クラブの定員数 既存MMO RPGと異なる点としては、 クラブメンバーの上限数がいきなり 160人からはじまるということ。 なので、ゲーム開始時によくある 「ごめーん、今定員オーバーだから、ギルドレベルが上がるまでちょっと待っててー。 」 ということが起こりません。 クラブイベント クラブイベントが豊富! 細かくは説明しませんが、イベントを挙げると…• クラブコンテスト… GvGイベント(木曜20:50~21:40)• 全サーバークラブコンテスト…上位クラブによる GvGイベント(木曜20:50~21:40)• 征服の地… GvGイベント(火曜)• 緊急!会長を守れ… GvEイベント(土曜20:55~21:30)• 知識の声…クイズイベント(日曜13:00~13:15)• カッセルのスター…クラブ員の人気投票イベント(火・木・土20:00~22:00)• しりとり…しりとりイベント(毎日12:15と21:45)• 氷と炎… GvEイベント(日曜12:30~13:00)• クラブ崩壊… GvEイベント(月・水・金12:30~12:50)• パレードハンター… GvEイベント(火・木12:30~12:50)• ハッカーブラザーズ…小クエスト(毎週50回まで)• 幸せな時間…クラブ員とSS撮影(毎日)• クラブ晩餐会…大食いコンテスト(火・木21:20~22:00)• 刀剣のなく頃に…ギルド対抗戦(火曜~金曜) とにかく 種類が豊富であきないです。 開催時間が限定されているため、参加するのが難しいものもありますが、 報酬がスコア(戦闘力)に影響するものばかり…というわけでもないので、気楽にやるのがいいかなーと思います。 基本的には クラブ内の交流を深めるためのものです。 役職 クラブメンバーに役職を割り振ることができます。 会長…いわゆるギルマスでなんでもできる• 副会長…サブマスター ギルマスがログインしなくなっちゃったときなんかの継承順位1位• 人事部長…クラブの宣伝ポスターを作成可能• 戦闘指揮…クラブコンテスト(GvGイベント)で作戦指示を出すことが可能• 編集委員…クラブの日記を作成することが可能• 風紀委員…特定のクラブ員の発言をコントロールすることが可能(クラブチャットで発言禁止にできる)• 花職人…クラブの花壇に花を植えられる それぞれに役割・責任があってたーのしー! クラブ その他 寄付をするとクラブ予算が増えたり、クラブ活動に貢献すると給料がもらえたり…。 クラブショップではキャラクター強化に重要なアイテムが購入できたり。 ドラブラを楽しむ上で、クラブ加入は必須と言えます。 私は 「ひよこくらぶ」というクラブで活動していますので、 私のネタの餌食になっても良いという方、一緒に遊んでみませんか? ひよこくらぶTwitter あ、間違えた…。 ひよこじゃあない。 飛夜虎。 間違わぬよう。 — 反王ケンラウヘル kenrauheru 日課って多いの? 日課というと語弊があるんですが、毎日できることという言い方をすれば多いです。 開催時間が決まっているイベントだけでもこれだけあります。 で、既存MMO RPGをプレイされている方は 「やらなくてはいけないもの」「やらないと差がつくもの」ととらえてしまいがちですが、 そこまで気を張ることもないです。 全てがスコア(戦闘力)に影響するわけでもないですし、 経験値なんてサーバーレベル補正のおかげですぐ稼げます。 翌日に、前日できなかったコンテンツの報酬を、ゲーム内通貨で回収することもできますしね。 (その場合は100%の報酬ではなく、いくらか削減はされます) 活躍すると、特にご褒美はないものの ランキングとして名前が載るのが嬉しい! とか、報酬ポイントを集めると キャラクターアイコンが増えたり…など、 ゲームを楽しむためのコンテンツが多いので、既存MMO RPGの概念にとらわれることはないです。 ポイントをためてキャラクターアイコンを装飾できるようになったり… サブクエストの攻略が楽しい! 既存のMMO RPGだと、画面端に出てきたサブクエストのボタンをタップして、オートで進行させるなんてパターンが多いですよね。 ドラブラの場合はそうではありません。 この サブクエスト攻略がドラブラの肝といってもいいくらいに楽しいものとなっています。 サブクエスト攻略が楽しいワケ ドラブラではサブクエストのことを 『異聞クエスト』と呼びます。 なぜ楽しいのか? 発生条件、攻略方法が隠されているから どうすれば発生するのか? どうすれば進められるのか? これが謎なんです。 人格だったり、時間だったり、天気だったり、ランダム発生だったり…。 これを攻略するのが楽しい! 情報交換も盛んに行われます。 ただ、別に早解きしたからって、すごい報酬がもらえるわけではないです。 そうじゃないと、中国、台湾版をプレイしている人の方が圧倒的に有利で、これからはじめる人が萎えちゃいますもんね。 ただ、クリア報酬はあるので、やるに越したことはないです。 ドラブラでは、この 異聞クエストの攻略情報の交換が流行るのは間違いないです。 生産コンテンツってある? 生産職というと、ちょっとイメージが違うんですが、 アイドル活動と 料理人というものがあります。 アイドルはアイドルグッズの作成ができます。 料理人は料理を作成することができます。 レベル40でアイドルか料理人のどちらか片方を解放でき、レベル60でもう1つを解放できるようになります。 アイドルグッズも料理もステータスアップのバフアイテムになります。 さらに、キャラクターのステータスには、 満足度と 満腹度というものがあります。 満足度が減ると、 埃だらけの顔というデバフがかかり、チャットで表情豊かなスタンプが使えなくなります。 満腹度が減ると、 極度の空腹というデバフがかかり、疾走(ダッシュ)が使えなくなります。 アイドルグッズで満足度を、料理で満腹度を回復させることができます。 また、料理は 材料集めが採集コンテンツになっていたり、 隠し料理レシピがあったりしてそれを見つけるのが楽しかったり…。 (アイドルも楽しいですよ!)奥が深いです。 暗黒料理:ダークマターの完成 放置は必要? ドラブラは 専用エリアで放置することにより、経験値やアイテムを稼ぐことができます。 黒い砂漠MOBILEのようにゲームを落として放置する、 オフライン放置機能はありません。 放置は、 最初の1時間はボーナスが付きますが、それ以降は付きません。 経験値はサーバーレベルでどうにでもなるので、 主な目的としてはドロップですかね。 ドロップアイテムの集計をしてみないと、有効性はまだわかんないです。 ペットや乗り物はある? ありまーす。 育成要素ももりだくさん。 乗り物はカラーリング変更もできて、いろいろ遊べます。 その他のコミュニケーション要素 師弟関係を組んだり、結婚に似た キズナを結んだり、フレンドの上位で 親友があったり…。 また、低レベルプレイヤーを助けたり、ダンジョンの攻略ノルマが終わって報酬受け取り権がない状態で他人のダンジョン攻略を手伝うと、 支援Ptというポイントがもらえます。 その他、 異性や 自分以外のジョブとアイテムを交換するイベントがあるので、 フレンドを作っていく際には意識するといいかもしれません。 かなり奥が深いです。 ガチャはある? やっぱり課金ゲー? 課金の威力はCBTをやった限りではわかりませんでした。 私は中国版も台湾版もやっていないので、ごめんなさい、どんなパックが販売されているかもわかんないです。 ガチャの有無ですが、 仲間を集める際にガチャがあります。 仲間と言うのは、 戦闘中にたまに援護をしてくれるNPCになります。 ストーリーに出てきた自分の好きなキャラが一緒に戦ってくれると嬉しいものです。 プレゼントをあげて仲良くなると、援護頻度が増えたり…。 ガチャ権利はコンテンツの攻略で入手できるんですが、これが課金になるのかがよくわからず…。 こんな楽しみもあるよってことで。 Twitter連携がおススメ スマホゲームによくあるアカウント連携ですが、Twitterとの連携をおススメします。 ドラブラには ツイートすると ちょっとしたアイテムをもらえるミニクエストがあります。 スポンサーリンク まとめ いかがでしたでしょうか。 ドラブラの魅力、システムがおわかりいただけましたでしょうか。 1番の魅力はサーバーレベルシステムにより、プレイヤー間にレベル差が生まれないこと。 これにより、継続的に新規プレイヤーが入ってくる可能性があります。 そして、 コミュニケーションが非常に楽しいこと。 情報交換する機会や、みんなでワチャワチャ楽しむコンテンツが多いです。 ただ、ゲームをはじめて、フレンドを作っていくにあたり、できれば 自分と同じくらいの情報をもつ人とやった方がいいかなと感じました。 このゲームは先にも書いた通り、 ややシステム説明が不親切なところがあります。 そこを 情報交換によって補っていくのが楽しいんですが、中国、台湾版をがっつりプレイしている人といきなり一緒にやると、知識レベルがあまりにも違いすぎて、話している内容がさっぱりわからないという状況に陥ります。 世話好きな方がいろいろ教えてくれればいいんですが、 教える側もネタバレしちゃうとそれはそれでつまらないよなーって気持ちを持っていて、どの程度教えるかを悩んじゃうんです。 あとは、時間指定のイベントをはじめとして、とにかくコンテンツ量が多いので、 日課だと思ってやらないこと。 このゲームは、いわば テーマパークなんです。 自分が体験したいアトラクションに参加すればいいんです。 全てのアトラクションに参加しなければ、元を取れないと考えてしまうとかなり疲れます。 この気持ちの切り替えが、これまでのソシャゲに洗脳されてしまっているときついかも…。 というわけで、 ドラブラの魅力をお伝えしましたっ。 ドラブラ関連の記事はこちらを参照してねっ!.

次の