杉良太郎 伍代夏子。 杉良太郎

伍代夏子はC型肝炎だった!旦那・杉良太郎との結婚馴れ初めが美しすぎる!

杉良太郎 伍代夏子

杉良太郎さんと言えば、ボランティア精神の塊のような方で熊本の震災時もすぐに駆けつけて支援したり、 プライベートでは伍代夏子さんと結婚されるなど公私ともに羨ましい方ですね。 今回はそんな杉良太郎さんが前妻と離婚してしまった理由や俳優だという子供さんの詳細、 嫁の伍代夏子さんに関する噂などについて調べていきたいと思います。 それではまずは杉良太郎さんのプロフィールから。 プロフィール スポンサードリンク 杉良太郎(すぎりょうたろう)さんは 生年月日が1944年8月14日で現在の年齢は71歳です。 1965年「野郎笠」で歌手デビュー。 身長178㎝、体重77キロ、血液型O型。 学歴は神戸市長田小学校、西代中学校、高浜海員学校中退。 1972年結婚するも1998年離婚。 1999年に演歌歌手の伍代夏子さんと再婚されています。 杉良太郎が前妻と離婚した理由は? 杉良太郎さんの嫁と言えば 伍代夏子さんと言うイメージですが、 実は伍代さんとは 再婚であり、 離婚経験があります。 伍代夏子(妻) 今回は杉良太郎さんの元嫁さんの詳細や離婚理由、子供について調べていきたいと思います。 杉良太郎さんの前妻のお名前は 山田信子さん。 元芸能人という噂もありますが、昔のことなので、詳細がわかりませんが 離婚後も写真や画像など何も報道がありませんので、 一般女性だと思います。 杉良太郎さんと前妻との 離婚理由について考えてみようと思います。 考えられる 理由は2つあります。 まず一つ目は杉良太郎さんの 浮気。 1999年に伍代夏子さんと結婚されている杉良太郎さんですが、その 前年に離婚されています。 離婚した翌年に再婚するなんて、浮気の時期があったんじゃないかと疑いたくなりますが、 詳細はわかりません。 伍代夏子さんとの馴れ初めについては、以前の記事で詳しく調べてありますので よろしかったらどうぞ。 前妻と結婚している間も二股の時期があって、 やっぱり美しくて若い伍代夏子さんを選んだんじゃないかと思うのは疑い過ぎでしょうか。 二つ目の考えられる離婚理由は 結婚26年の 倦怠期。 結婚生活26年で子 供も3人成人してしまったのを機に、よくある 熟年離婚というやつですね。 日頃から女性ファンにはキャーキャー言われている杉様ですので、 離婚した方が人気が出ると思ったのかもしれません。 また息子さんが中学校から高校までの間、家族は ハワイで過ごしたそうですので、 家族がいなくても一人で生活できると感じたのもあるかもしれません。 正式に離婚理由は発表されていないので、あくまで推測ですが、 この2つのどちらかだと思います。 でも、伍代夏子さんと二股のような関係であったのなら不倫ということで一大スキャンダルですが、 報道されないところを考えると後者のほうでしょうか。 杉良太郎の子供は?俳優?結婚は? 杉良太郎さんに俳優の 息子さんがいるという噂ですので調べていきたいと思います。 スポンサードリンク 杉良太郎さんの俳優の子供のお名前は 山田純大(やまだすみひろ)さん。 山田純大 本名も 山田純大さんですが本名の読み方は やまだじゅんだいさんです。 日本の小学校に通っていましたが、小学5年生の時にハワイ旅行に行ったことがきっかけで、 中学~大学までをハワイで過ごしました。 その為当然、 英語もペラペラです。 お母さんは伍代夏子さんではなく、前妻の山田信子さん。 1歳年下と3歳年下に 妹さんがおり 3人兄弟です。 1997年にNHK連続テレビ小説「あぐり」で俳優デビューされています。 一時期、あぐりで共演された田中美里さんとの仲が噂になったこともあります。 山田純大 田中美里 その後、水戸黄門や映画「ムルデカ17805」に主演し、ルーズヴェルトゲームや信長燃ゆ、 半沢直樹など 人気ドラマに度々出演し注目されている俳優です。 また「命のビザを繋いだ男」という 本を出版するなど マルチな才能を発揮しています。 最近2世タレントが多いですが、着々と俳優としての力をつけられている印象ですね。 2016年春に水戸黄門で共演した女優の 田京 恵さんと結婚されています。 田京 恵(妻) 共演と言えば、杉良太郎さんとの 親子共演はされているのでしょうか。 調べてみると2009年の大阪新歌舞伎さよなら公演で息子さんが主演を務め、 元座長であった杉良太郎さんと 親子初共演を果たしました。 これからのお二人の共演やご活躍が楽しみですよね。 嫁は伍代夏子! 杉良太郎さんのお嫁さん、伍代夏子さんについて調べてみましょう。 現在もおしどり夫婦として知られるお二人ですが、結婚当時は伍代夏子さんが C型肝炎を患っていました。 C型肝炎という病気の為子供が産めるか心配で結婚に躊躇していましたが、 杉良太郎さんの 「二人でがんばっていこう」との励ましに 結婚を決意されたそうです。 現在はC型肝炎に効果的な薬が開発され、 無事完治しており、 肝炎対策特別大使として、広報活動されています。 C型肝炎は完治しましたが、お二人に 子供はおりません。 しかし杉良太郎さんの前妻との間に 3人の子供はいます。 そして2007年には娘さんが男の子を出産しているので、孫がいるようです。 お爺ちゃん・おばあちゃんなっているということですよね! また杉良太郎さんには ベトナムに81人の子供がおりますので、 子供のことについてはそんなに心配いらないかもしれませんね。 今回は歌手で俳優の杉良太郎さんについて調べてみました。 前妻と離婚した理由ですが、杉さんの浮気か倦怠期による熟年離婚のどちらかで間違いないと思います。 81人も養子を抱えるなど常人から外れた行動もされる方ですので、 付いていけなくなったというのもあるかもしれませんね。 子供は人気急上昇中の俳優、山田純大さんで、嫁は人気歌手の伍代夏子さんでした。 心不全の病気をされたという杉良太郎さんですが、 今後は体に気を付けて頑張って頂きたいと思います。 杉良太郎さんと伍代夏子さんの馴れ初めや手術の事については こちらで詳しく調べていますので、こちらをどうぞ。 関連記事.

次の

杉良太郎のベトナムの養子の数が多すぎてヤバイ!?嫁の伍代夏子との驚きの馴れ初めとは!?

杉良太郎 伍代夏子

1987年のデビュー曲「戻り川」の大ヒット以来、女性演歌歌手として不動の地位を築き、NHK紅白歌合戦に通算22回の出場を果たしている、伍代夏子。 99年に結婚し、仲の良いおしどり夫婦で有名な二人が、それぞれの歌手人生を振り返りつつ、トークと歌で、夫婦(みょうと)ならではの心温まるステージを描き出します。 67年、NHK「文五捕物絵図」で一躍脚光を浴び、その後「右門捕物帖」や「遠山の金さん」をはじめ、1400本以上に主演。 時代劇俳優としての活躍はもちろん、歌手としても、76年のテレビ時代劇「遠山の金さん」のエンディングに使われた「すきま風」が、100枚を超える大ヒット。 一方で、日本とベトナムの親善に20年以上携わっており、学校の建設などに積極的に取り組んでいることでも知られています。 96年には、長年の舞台活動と文化交流が高く評価され文化庁長官表彰を、98年、2009年に文部科学大臣表彰を、2009年には紫綬褒章を受章。 芸能界デビュー前から、刑務所慰問などの献身的な福祉活動を続けてきた貢献により、2008年に芸能人初の緑綬褒章を受章しました。 2013年11月、外務省の日・ASEAN特別大使として、日本とASEAN友好協力40周年を記念する音楽祭を開催。 草の根レベルの慈善活動に始まり、長年にわたって海外との文化交流や日本の文化振興への多大な貢献により、内閣総理大臣から感謝状が贈呈されています。 現在は、法務省・特別矯正監、厚生労働省・肝炎総合対策推進国民運動特別参与、日本とベトナム両国の外務省より委託を受け、特別大使を務めています。 近年では、池井戸潤原作のTBS人気ドラマ「下町ロケット」で、大企業の社長役を熱演。 2016年、平成28年度文化功労者を受章するなど、歌手・俳優・国際交流に、精力的な活動が続いています。 両賞の同時受賞は演歌の分野では初の快挙と、大きな話題を呼びました。 90年には「忍ぶ雨」のヒットでNHK紅白歌合戦初出場を果たし、以来、通算22回(2016年現在)の出場を数えます。 99年、俳優・歌手の杉良太郎と結婚。 そのおしどりぶりはつとに有名で、夫のライフワークでもある福祉活動にも、夫婦で献身的に取り組んでいます。 2012年、厚生労働省・肝炎総合対策推進国民運動の肝炎対策特別大使を拝命。 C型肝炎を克服した自身の経験をもとに、肝炎の正しい知識と検査を受けるよう広く呼びかけてきました。 また、諸外国との文化交流にも熱を注ぎ、数々の国際交流貢献の功績が認められ、2015年に外務大臣表彰を受章しています。 2015年、歌手活動30周年を迎え、記念企画に初の自叙伝『人生めぐり愛~いまがいちばん幸せ~』を出版。 記念コンサートの開催はもちろんのこと、きもの展示会『芸能活動30周年記念特別企画「伍代夏子の世界」展 ~花つむぎ~』を開催。 同時に、趣味のネイチャークラフトや写真を展示するなど、幅広い芸域を披露しました。 今回、民音として6年ぶりとなる、杉良太郎&伍代夏子の夫婦共演が実現。 タイトルは、86年に杉良太郎が発売したシングル「夫婦詩(みょうとうた)」にちなんでつけられています。 数々のヒット曲とともに、愛情あふれるトークを交えながら、おしどり夫婦の心温まるコンサートを、たっぷり味わっていただきましょう。 大切な方と共有する、楽しいひとときをどうぞ。 発売日、Pコード、Lコードは同じです。 発売日、Pコード、Lコードは同じです。

次の

杉良太郎の歌詞一覧リスト

杉良太郎 伍代夏子

伍代夏子 プロフィール 名前 伍代夏子 本名 山田輝美(旧姓 中川輝美 ) 生年月日 1961年12月18日(55歳) 出身 東京都渋谷区 レーベル ソニー・ミュージックダイレクト 伍代夏子さんの生まれた家は代々木の魚屋だったそう。 現在は道路拡張のためやめてしまったそうです。 子供の頃から歌が上手かったと言うことも無く、中学生までは歌手になるなど考えもしなかったそうです。 元々は15歳の頃モデルとしてスカウトされたようです。 伍代夏子さんは何度か名前を変えています。 最初のデビューは1982年、星ひろみの名前で「恋の家なき子」でデビュー。 伍代夏子さんはこの時21歳 この時は、演歌ではなくアイドルだったようです。 1985年、加川有希の名前で「夜明けまでヨコハマ」を発売 1986年、本名の中川輝美に改名、「夢きずな」発売 1987年、伍代夏子として「戻り川」で再デビュー。 1990年、「忍ぶ雨」が大ヒット。 この年、「NHK紅白歌合戦」に初出場します。 伍代夏子さん、29歳の時。 1999年、杉良太郎と結婚 伍代夏子の旦那は杉良太郎で子供は? 1999年、37歳の時、現在の旦那の杉良太郎と結婚。 この時の杉良太郎さんの年齢は55歳。 年の差は17歳。 出会って数ヶ月で手も握ったこともない状態で結婚したそうです。 伍代夏子さんと杉良太郎さんの間に子供はいないそうです。 伍代夏子と旦那の杉良太郎の出会いは? 出会いは伍代夏子さんが習っていた踊りの先生に勧められて、杉良太郎さんの舞台を見に行ったことがきっかけだそうです。 伍代夏子さんの杉良太郎さんのイメージは「怖い人」だったそう。 緊張しながら、杉良太郎さんの楽屋に差し入れを持って挨拶に行ったところ、次の舞台の場所を教えられ、次の舞台も見に行き、その次の舞台も見に行ったそう。 三回目の舞台を見に行った時に、電話番号を交換。 それから、1ヶ月間毎日電話で話したそうです。 その1ヶ月の電話の中で結婚することが決まったとのこと。 ただ、どっちもプロポーズはしていないそうで、どっちが結婚を言い出したかで、今でも言い合いになるそうです。 デートすらしていなかったそうですよ。 電話だけで盛り上がり、すぐ結婚を前提に同棲生活になったとのことです。 そして、すぐ結婚。 電話だけで結婚を決めるなんて、余程2人はきが合ったんでしょうね。 杉良太郎さんは、食器洗い率先してやるそうです。 洗い物は手が荒れる心配があるので、自分がやっていると杉良太郎さんは話しいます。 ただ、せっかちなようで食べ終わるとすぐ洗い始めてしまうそう。 伍代夏子さんは旦那の杉良太郎さんのことを 邪な考えがない、だから、そのままでいさせてあげたい人 と話しています。 伍代夏子に離婚歴があるって本当? 伍代夏子さ離婚歴はないようです。 離婚歴があるのは、旦那の杉良太郎さんでした。 杉良太郎は1972年結婚。 1998年に離婚しています。 結婚生活は26年で、子供は3人いるようです。 その1人は俳優の山田純大さんです。 伍代夏子さんと結婚したのが1999年ですから、離婚して1年程での再婚ですね。 息子の山田純大は、1973年2月14日(44歳)で1997年には俳優として活動しています。 伍代夏子さんとの年の差は11歳で、義理の母にはなりますが、親子という感じではないでしょうね。 山田純大はさんは2016年に結婚していて、その際に伍代夏子さんは、 「よかった、うれしいです」 とコメントしています。 伍代夏子 まとめ 伍代夏子さんは最初はモデルやアイドルだったなんて以外でした。 有名な演歌歌手なので演歌一筋だろうと勝手に思ってました。 最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

次の