ご連絡いただければと存じます。 「存じます」の意味とは?正しい敬語の使い方や類語を例文で紹介

「ご連絡いただけますでしょうか?」意味と使い方・メール例文

ご連絡いただければと存じます

「お手すきの際に」とは、手が空いたとき・時間があるときで構いませんので、という意味があります。 主に仕事で使う言葉ですが、何か相手にお願いをするときに、自分のお願いの重要度・緊急度が高くないということを表すのに使います。 従って重要・緊急な依頼の場合には使用しません。 同じ意味として「お手隙の時に」や「お手隙の折に」という表現もあります。 相手に「お暇なときに」は仕事上相応しくない 「お手すきの際に」と似た意味をもつ言葉として「お暇なときに」というものがありますが、仕事上の付き合いでの連絡の場合はNGな表現です。 相手も仕事のタスクに追われているでしょうし、仕事上で「暇」と表現できる時間は基本的にありません。 そのため、ちょっとした手の空いた時間を「お手すき」と表現している訳です。 「暇なときにでも」というのは、仕事以外の親しい関係でのみ使えるフランクな表現と心得ましょう。 「お手すきの際に」はクッション言葉で使う 「お手すきの際に」の例文としては「お手すきの際にでも、ご確認頂ければと存じます。 」「お手すきの際で結構ですので、ご連絡をお願い致します。 」などの表現で問題ないです。 メールなどの文語表現に限らず、電話応対などの口語表現でも使えます。 もっと丁寧にするのであれば、「恐れ入りますが」などのクッション言葉を後ろにつけても良いでしょう。 「お手すきの際に」は自分には使わない 「お手すきの際に」は相手に対して使う言葉ですので、自分に対して使うことはNGです。 「お手すきの際に確認します。 」「お手すきの際に連絡します。 」などの誤用は、相手を軽視した不遜な態度となり、大変失礼にあたります。 」などの表現が適切です。 「お手すきの際に」でもなるべく早く連絡するのが仕事でのマナー 「お手すきの際に」という表現は重要度・緊急度が低いため期限を定めない表現ですが、もし自分が「お手すきの際に」と言われた場合でも、できるだけ早く相手に連絡をするのがマナーです。 緊急の対応中であれば後回しになるのも仕方ありませんが、後回しにしすぎて忘れたり、貴重な仕事チャンスを逃さないように、対応が終わった際にはすぐに連絡するのが最善です。 「お手すきの際に」は乱用せず期限を決めて使う 「お手すきの際に」は仕事でよく使われる表現ですが、乱用するのは禁物です。 お手すきというのは、相手の状況によってはかなり遅くなることもありますし、最悪の場合は返信が来ないこともあります。 あまりへりくだり過ぎても相手に迷惑が掛かる場合もあります。 次の対応が控えているような内容であれば、いつまでにという期限を定めることも社会人としてのマナーです。 仕事で使う「お手すきの際に」は「お暇なときに」にという相手の忙しさを思いやる言葉のマナー 「お手すきの際に」という仕事用語は、相手の多忙を思いやることで角を立てない言い回しです。 しかし、仕事は相互に確認・連絡を取り合って進むものです。 相手に「お手すきの際に」と言う場合には、ただ待ちの姿勢でいるのではなく、何時までに連絡がこなければ自分から連絡する、など次のアクションを用意することが必須です。 また、「お手すきの際に」と言われた側は、相手は急いではいなくとも必要があって連絡したことですので、出来るだけ早く対応をするのが相手を思いやる仕事でのマナーです。

次の

「ご連絡いただきたく存じます」意味と使い方・ビジネスメール例文

ご連絡いただければと存じます

「お」と「ご」に関する記事はこちら 「ご連絡ください」は強引 相手への連絡を求める際に「ご連絡ください」と表現する事もできます。 この表現も間違ってはいませんが、「ください」と断定しているため、 相手に少々強引な要求をしている印象を与えてしまいます。 そのため、ビジネスシーンでは、こちらがあくまで連絡を待つ立場である事を強調する、「ご連絡お待ちしております」などの表現にすると、相手への連絡を強制せず、やわらかい印象を与えられます。 また、連絡が欲しい事項に対して表現を変えるのも有効です。 逆に、期限があり、かつ何度も連絡を求めているのに 相手から全然連絡がない緊急性が高い場合には「ご連絡ください」を使用してもいいでしょう。 「ご連絡してください」は正しい表現なのか 「ご連絡ください」は強引な印象のため、「ご連絡してください」を使用する場合があります。 しかし、目上の方に使用するという点では好ましくないものです。 その理由は、 「ください」が命令形という点にあります。 命令形で言葉が終わると相手が不快に感じてしまう恐れがあり、正しい敬語表現と言っても、相手との関係をこじらせてしまう可能性をひめています。 そのため、連絡がほしい際には、前述したこちらが待つ表現や、「ご連絡お願いいたします。 」と、こちらがお願いする形にするとよいでしょう。 自分が相手へ連絡する際の正しい敬語表現とは 「ご連絡」を使おう 自分が相手へ連絡を求める時には「ご連絡」と表現するのが正しい事は分かりました。 同じように、自分が相手へ連絡する時も「ご連絡」を使用しましょう。 つまり「ご連絡します」が正しい表現になります。 「ご連絡いたします」は正しい?間違い? 自分が相手へ連絡する時に「ご連絡いたします」の表現もよく目にします。 ここで「ご連絡いたします」の表現は二重敬語に当たるので、間違った表現ではないかと気にされる方もいるかもしれません。 「ご連絡いたします」は、連絡する、の謙譲語「ご連絡する」+謙譲語である「いたす」と、敬語が重なっている二重敬語と取れます。 その為、「いたします」ではなく、「ご連絡します」もしくは「ご」を抜いた、「連絡いたします」が正しい表現となります。 しかし、現在では「ご連絡いたします」の様な「お(ご)~いたす」の表現は、慣習的に正しいと認められるようになりました。 そのため、使っても問題ありません。 厳密にいえば、「を」をいれた「ご連絡をいたします」が一番正しい表現です。 連絡に「ご」を付けた「ご連絡」+するの謙譲語の「いたす」となっている為、二重敬語にはなりません。 「ご連絡」を用いたビジネスメールの例文集 相手からの連絡に感謝する時.

次の

「存じます」の意味とは?いただければと存じますのメールの使い方も

ご連絡いただければと存じます

「 go renraku kudasai 」 = renraku si te kudasai 联系 waga kai te ha i mase n ga , kanarazu renraku si te hosii toiu imi ni nari masu. 「 go renraku itadakere ba to omoi masu 」 = dekire ba renraku si te kudasai sai kou 联系 waga renraku si te moraere ba uresii na , toiu kanji desu. bijinesu de tsukau baai ha , dochira de ih! kakeru kakeru go renraku kudasai. mata , kakeru kakeru mo go renraku itadakere ba to omoi masu. 」 nado , iikata wo kae tai toki ni tsukau no ga ii ka to omoi masu. 「 ご れんらく ください 」 = れんらく し て ください 閨皮うさ わが かい て は い ませ ん が 、 かならず れんらく し て ほしい という いみ に なり ます。 「 ご れんらく いただけれ ば と おもい ます 」 = できれ ば れんらく し て ください ( さい こう 閨皮うさ わが ) れんらく し て もらえれ ば うれしい な 、 という かんじ です。 かける かける ご れんらく ください。 また 、 かける かける も ご れんらく いただけれ ば と おもい ます。 」 など 、 いいかた を かえ たい とき に つかう の が いい か と おもい ます。

次の