ライオン キング 映画。 ライオン・キング

ライオンキングはジャングル大帝のパクリ!?類似点や海外の反応を細かくまとめました

ライオン キング 映画

C 2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved. これぞ映像技術の勝利! ジョン・ファブローといえば、「アイアンマン」の運転手兼ボディガード役・ハッピーを演じて厚かましい存在感を放っているが、監督として映画撮影の革新に寄与したゲームチェンジャーだ。 ことに前作「ジャングル・ブック」(16)は、スタジオにオンタイムでグラフィックを提供してVR(仮想現実)空間を構築し、役者の演技やカメラモーションを得る「ヴァーチャル・プロダクション」を用い、フォトリアルな密林世界を創り出した。 そんなヴァーチャル・プロダクションをさらに発展させた彼の新作「ライオン・キング」は、3Dでモデリングした自然環境に、キーフレームアニメの動物だけを配したフルCG作品となり、そこにはもはやナマの人物や風景を直に捉えた撮像はない(なので「実写版」という呼び方は不正確)。 にもかかわらず、動物たちが人語を発し、いい歌声を聴かせる状況を除けば、まるで「アース」(07)のようなネイチャー・ドキュメンタリーを見るかのごとき現実の野生そのものである。 そうした成果によって、本作は1994年版以上の何を得ることができたのか? ひとつは「ハムレット」にも似た王位継承と内部闘争のドラマに写実性が与えられることで、セルルックな前回をしのぐ威厳と説得力がもたらされている。 そしてもうひとつは、94年版がこうした映像表現へと変質・進化しても、テーマが普遍性をもって現在の観客に訴えかけてくることの実証がなされているのだ。 また本作は、ナラやシンバの母親サラビなど雌ライオンたちの描写が増しているところに、94年版との違いが見られる。 これは実写版の「アラジン」(19)が王女ジャスミンの自立心を追補して賞賛を得たように、女性の権利に目配りする現代ハリウッドの流動に沿ったものだろう。 そんな彼女たちが劇中で一石を投じることによって、シンバが王たる存在としての自覚をうながされていく。 94年版の彼はどこか歌って踊って悩みなく成長してきた印象があり、こうしたアレンジはオリジナルが抱えていた弱点の補強ともいえる。 なにより幼少期のシンバの可愛らしさは、誰彼かまわず観る者のハートを射抜く。 特にネコ動画を眺めてニヤニヤが止まらなくなる人は、劇場で萌え死ぬかもしれないのでご注意を。 実際のライオン以上に感情表現を演出した、まさにデジタルのなせるワザ。 今年だけで「ダンボ」(19)「アラジン」ときて本作と、ディズニークラシックのリメイクが供給過多だと敬遠してはいけない。 ここ数年の商業映画において「ライオン・キング」は、技術的な成果があまりにも飛び抜けている。 (尾崎一男) (外部リンク) 2019年8月8日 更新.

次の

超実写『ライオン・キング』吹き替え声優キャストまとめ

ライオン キング 映画

ライオンキングのネタバレあらすじ:王子の誕生日 サバンナにある、動物達の王国プライド・ランドを治める、ライオンの王ムファサに息子が誕生しました。 シンバと名付けられた王子の誕生は、全ての動物達に喜ばれるものでした。 時が経ち、やんちゃに成長したシンバは、父ムファサから命のバランスや王のあるべき姿などを教えられますが、幼なじみのナラと遊んでばかりいました。 ある日、シンバは叔父のスカーの寝床に遊びに行きます。 スカーは、ムファサの弟であるため、王位に就くことができず、シンバを疎ましく思っていました。 そこで、ムファサが行くことを禁止している「象の墓場」に行くことをそそのかし、自分の部下であるハイエナ3匹にシンバを襲わせます。 しかし、間一髪のところにムファサが現れ、シンバは助かりました。 ライオンキングのネタバレあらすじ:スカーの罠 シンバを殺すことに失敗したスカーは激怒します。 ムファサとシンバ共々亡き者にし、自分が王位に就きたいスカーは、ハイエナたちを使い罠を仕掛けます。 翌日、スカーは面白いものが見られると言い、シンバを連れ出します。 退屈しだしたシンバをなだめ、その場にいると、突然暴走したヌーの大群が現れ、シンバはヌーに追いかけられてしまいます。 ヌーの暴走は、ハイエナたちが襲ったことによる故意の暴走でした。 スカーは、ムファサにシンバの危険を告げます。 大人のライオンでも、ヌーの大群での暴走はひとたまりもありません。 シンバを高い場所に避難させることに成功したムファサですが、自分が暴走に飲まれてしまいます。 なんとか崖を登り、落ちそうになりながらスカーに助けを求めます。 しかし、スカーに突き落とされ、ムファサはヌーの大群の中に落ちてしまいました。 ヌーがいなくなり、シンバが駆けつけると、ムファサは死んでいました。 そこへスカーが現れ「ムファサを殺したのはお前だ」とののしり、王国から追放します。 スカー指示されたハイエナたちがシンバを殺そうと追いかけますが、なんとか逃げることができました。 一方スカーは、王国に戻り、ムファサの死とシンバの行方不明を告げ、自分が王になり、ハイエナ達を国に招き入れました。 ライオンキングのネタバレあらすじ:自由な暮らしと再会 逃げ出したシンバを、ミーアキャットのティモンとイボイノシシのブンバが拾いました。 シンバは、2人と一緒に自由気ままな生活を送り、大人のライオンへと成長しました。 ある日、ブンバがメスライオンに襲われ、シンバが助けに入ります。 シンバが倒されかけたその時、メスライオンが幼なじみのナラであることに気がつきます。 2人は再会を喜びますが、ナラから国の現状が伝えられます。 スカーとハイエナたちのせいで、国中の動物達が逃げ、餌がなくなり、大地は荒廃し、飢えに苦しんでいると聞かされます。 戻ってきてほしいと頼まれるシンバですが、ムファサを殺したことへの罪悪感から戻ることができません。 その晩、ヒヒのラフィキがシンバの前に現れます。 シンバをおちょくりながら、湖へと導いた先で、シンバはムファサの幻影を見ます。 シンバはようやく過去と向き合うことを決め、ナラとティモン、ブンバを連れ、王国へと戻ります。 ライオンキングの結末:決戦 王国に戻ると、スカーが餌がない怒りをシンバの母に当てているところでした。 そこへ、シンバが割り込みます。 戻ってきたシンバを見たスカーは、ライオン達にムファサを殺したのはシンバであると嘘を告げます。 それを認めるシンバですが、国を守るために戻ってきた彼を、皆が受け入れます。 ハイエナたちは、メスライオンやティモン達と戦い、スカーとシンバは一騎打ちとなりました。 嵐が起こり、落雷から火事が起こる中、二人は対決します。 互角の戦いでしたが、スカーがムファサを突き落として殺したことを告白したことで、シンバは怒り、スカーを追いつめます。 追いつめられたスカーは、真の敵はハイエナだから助けてくれ、と懇願しますが、シンバによって、崖から落とされ、追放を命じられます。 落とされたスカーが周りをみると、裏切られたハイエナたちが集まっており、スカーは殺されてしまいました。 戦いを終えたシンバが、動物達の王国「プライド・ランド」の王位に就きました。 月日が流れ、大地がもとに戻り、動物達も国に戻ってきて、そしてシンバとナラの間には子供が誕生しました。 以上が「ライオン・キング」のあらすじと結末になります。 2019年公開、はこちら。

次の

解説・あらすじ

ライオン キング 映画

ライオンキングのネタバレあらすじ:王子の誕生日 サバンナにある、動物達の王国プライド・ランドを治める、ライオンの王ムファサに息子が誕生しました。 シンバと名付けられた王子の誕生は、全ての動物達に喜ばれるものでした。 時が経ち、やんちゃに成長したシンバは、父ムファサから命のバランスや王のあるべき姿などを教えられますが、幼なじみのナラと遊んでばかりいました。 ある日、シンバは叔父のスカーの寝床に遊びに行きます。 スカーは、ムファサの弟であるため、王位に就くことができず、シンバを疎ましく思っていました。 そこで、ムファサが行くことを禁止している「象の墓場」に行くことをそそのかし、自分の部下であるハイエナ3匹にシンバを襲わせます。 しかし、間一髪のところにムファサが現れ、シンバは助かりました。 ライオンキングのネタバレあらすじ:スカーの罠 シンバを殺すことに失敗したスカーは激怒します。 ムファサとシンバ共々亡き者にし、自分が王位に就きたいスカーは、ハイエナたちを使い罠を仕掛けます。 翌日、スカーは面白いものが見られると言い、シンバを連れ出します。 退屈しだしたシンバをなだめ、その場にいると、突然暴走したヌーの大群が現れ、シンバはヌーに追いかけられてしまいます。 ヌーの暴走は、ハイエナたちが襲ったことによる故意の暴走でした。 スカーは、ムファサにシンバの危険を告げます。 大人のライオンでも、ヌーの大群での暴走はひとたまりもありません。 シンバを高い場所に避難させることに成功したムファサですが、自分が暴走に飲まれてしまいます。 なんとか崖を登り、落ちそうになりながらスカーに助けを求めます。 しかし、スカーに突き落とされ、ムファサはヌーの大群の中に落ちてしまいました。 ヌーがいなくなり、シンバが駆けつけると、ムファサは死んでいました。 そこへスカーが現れ「ムファサを殺したのはお前だ」とののしり、王国から追放します。 スカー指示されたハイエナたちがシンバを殺そうと追いかけますが、なんとか逃げることができました。 一方スカーは、王国に戻り、ムファサの死とシンバの行方不明を告げ、自分が王になり、ハイエナ達を国に招き入れました。 ライオンキングのネタバレあらすじ:自由な暮らしと再会 逃げ出したシンバを、ミーアキャットのティモンとイボイノシシのブンバが拾いました。 シンバは、2人と一緒に自由気ままな生活を送り、大人のライオンへと成長しました。 ある日、ブンバがメスライオンに襲われ、シンバが助けに入ります。 シンバが倒されかけたその時、メスライオンが幼なじみのナラであることに気がつきます。 2人は再会を喜びますが、ナラから国の現状が伝えられます。 スカーとハイエナたちのせいで、国中の動物達が逃げ、餌がなくなり、大地は荒廃し、飢えに苦しんでいると聞かされます。 戻ってきてほしいと頼まれるシンバですが、ムファサを殺したことへの罪悪感から戻ることができません。 その晩、ヒヒのラフィキがシンバの前に現れます。 シンバをおちょくりながら、湖へと導いた先で、シンバはムファサの幻影を見ます。 シンバはようやく過去と向き合うことを決め、ナラとティモン、ブンバを連れ、王国へと戻ります。 ライオンキングの結末:決戦 王国に戻ると、スカーが餌がない怒りをシンバの母に当てているところでした。 そこへ、シンバが割り込みます。 戻ってきたシンバを見たスカーは、ライオン達にムファサを殺したのはシンバであると嘘を告げます。 それを認めるシンバですが、国を守るために戻ってきた彼を、皆が受け入れます。 ハイエナたちは、メスライオンやティモン達と戦い、スカーとシンバは一騎打ちとなりました。 嵐が起こり、落雷から火事が起こる中、二人は対決します。 互角の戦いでしたが、スカーがムファサを突き落として殺したことを告白したことで、シンバは怒り、スカーを追いつめます。 追いつめられたスカーは、真の敵はハイエナだから助けてくれ、と懇願しますが、シンバによって、崖から落とされ、追放を命じられます。 落とされたスカーが周りをみると、裏切られたハイエナたちが集まっており、スカーは殺されてしまいました。 戦いを終えたシンバが、動物達の王国「プライド・ランド」の王位に就きました。 月日が流れ、大地がもとに戻り、動物達も国に戻ってきて、そしてシンバとナラの間には子供が誕生しました。 以上が「ライオン・キング」のあらすじと結末になります。 2019年公開、はこちら。

次の