ジェットン カクヨム。 インドでインド人にポケモンカレーを食べさせてみたら…

今書いたら叩かれるから書かないけど、今はこういうのが頭の中にある。|ジェットンの活動報告

ジェットン カクヨム

粗悪品も多く出回る"ジェット" ジェットは取れる原石の中でも『ジュエリークォリティの原石』はわずか数%程度と言 われています。 残りの90%以上ですが、色が悪かったり、密度が薄かったり、石など が混じりこんでいたりと様々です。 市場に流通している製品の中にはジュエリークォリティにギリギリ満たなかったもの (もしくは粗悪品)も無いとは言えません。 それらは、色が悪くこげ茶色だったり、そ れを隠す為に染色されていたり、密度などの問題で割れやすかったりなどがありま す。 不純物 小石など のある珠に糸を通してネックレスを組む際、その不純物で糸 が傷ついてしまう為に切れやすくなっている可能性もあります。 そういったものは入 念に磨けないため、触感が悪く照りも少ないモノが多いです。 お客様の声から定番商品化 個性は持っていたいけどそれが過ぎると実際に使用する時に華やか過ぎて場にそぐわないかも。 実際にそういったご相談を多く承ります。 「このネックレスの一番大きな玉を小さくしたい」「カット玉を丸玉や花彫に替えてみてはどうか」 お客様のご要望ご相談に出来るだけ応えられるよう柔軟にご対応ご提案致しております。 そんな中、とあるお客様から「こんな組み合わせで作ってほしい」とご要望を頂きました。 職人へ相談をしたところ、「実はデザイン案として以前にサンプルを作った事がある」とのこと。 そのデザインは個性もあって且つ派手過ぎないエレガントな素晴らしいデザインでしたので、 定番商品として販売しようと即断即決で販売ページ追加を決定しました。

次の

インドでインド人にポケモンカレーを食べさせてみたら…

ジェットン カクヨム

ジェットフォイルは、ガスタービンエンジンで駆動される「ウォータージェット推進機」の推力で前進し、船体の前後の水中翼に発生する揚力で海面上に飛び上がります。 すなわち、船体のバ ランス制御を行なう際には、水中翼の後緑に装備されているフラップをAUTOMATIC CONTROL SYSTEM(ACS=自動姿勢制御装置 でコントロールしてつねに水面から一定 の高さを保ち、旋回時にはヘルム操作一つで船体を内側方向に傾斜させて滑らかに 回頭させることができるからです。 水の密度は大気の約800倍のため、ジェットフォイルは、航空機に 比べて低い速度と小さい翼で飛び上がることができるわけです。 世界には、現在、35隻のジェットフォイルが就航していますが、そのうち20隻は 米国シアトルのボーイング社の航空機製造工場で製造されました。 この工場の中では、当時、ボーイング727、737、757も製造されていました。 航空機のエンジニアが設計し、航空機の製造技術者が組み立てを行なったのですから、ジェットフォイル が航空機に類似している点が随所に見られるのも、むしろ当然かも知れません。 なぜ、ジェットフォイルと呼ばれるのか? 「ジェットフォイル」とは、この超高性能船舶を開発した米国ボーイング社が選んだネーミングで、現在は川崎重工業の登録商標です。 「ジェット」は、もちろん本船がジェットエンジンとウォータージェット推進機によって駆動されることからきており、一方「フォイル」とは、「鋭く、薄い翼」を表わす英語からきています。 ボーイング社からジェットフォイルの製造・販売権を得た川崎重工業は、この名前を引き継ぎ、現在は「川崎ジェットフォイル」として、製造・販売を行なっています。 ちなみに本船は、正式には「ボーイング929」と呼ばれていました。 ボーイング社は、航空機には707、727、737、747という具合に700番台の番号をつけ、船舶には900番台を使用していたのです。 この「929」という番号も川崎重工業に引き継がれ、現在では、「川崎ジェットフォイル929-117型」として製造されています。

次の

ジェットのぼうけん

ジェットン カクヨム

結構若めの男です。 分類的には一応青年だと思います。 あと信じてもらえないかもしれませんが、実際に僕が中学の頃に通っていた小さな塾の特進クラスは女子が8人、男が僕1人でした。 当時は何も思いませんでし たし、むしろ嫌気がさしていましたが今思えばかなり贅沢な環境だったと思います。 まぁ僕の場合は当然何もなかったのですが、振り返って見ればそれなりに悪くはなかったかと。 もしあの頃の僕が弄られをご褒美だと思えていたのなら、最高の時間を味わえていたのかもしれません.......。 だからもしタイムスリップができるのであれば、当時の僕に対しては言いたいことがかなりあります.......。 あと、先生はかなり怖かったです。 本当に震えるぐらい。 …続きを読む.

次の