艦これ 阿武隈 レシピ。 阿武隈の入手法 建造とドロップ

【艦これ】阿武隈のレシピ・ドロップ・入手方法

艦これ 阿武隈 レシピ

秘書艦 秘書艦は艦種によって3種類に分類されます。 砲戦系 戦艦、重巡洋艦、工作艦 水雷系 駆逐艦、軽巡洋艦、重雷装巡洋艦、練習巡洋艦、潜水艦、補給艦、海防艦 空母系 正規空母、軽空母、水上機母艦、潜水空母、装甲空母、航空戦艦、航空巡洋艦、揚陸艦、潜水母艦 また、Ro. 右側に表示されている確率は開発成功率の推定値です。 開発成功率は のデータを元に計算しています。 誤差、集計ミス、データの不備等により実際の成功率とは異なる可能性があります。 開発レシピの順序 上から順により適切だと思われるレシピから並んでいます。 具体的には、より成功率が高そうで必要な資材の合計が少ないレシピから並んでいます。 特殊なレシピ 特定の条件を満たすと開発テーブルの内容が変化する場合があります。 秘書艦がイタリア艦で、ボーキテーブルの場合• 「Ro. 砲戦系・ボーキテーブルでは「烈風」が開発不可になります。 空母系・弾薬もしくは空母系・ボーキテーブルで、「九六式陸攻」が開発可能な投入資材量の場合• 空母系・弾薬テーブルでは「零式艦戦52型」が開発不可になります。 主な更新履歴 全ての更新履歴はを参照してください。 2018-02-11• 「投入資材不足で開発できない装備」を表示する機能を追加 2018-02-10• 「Ro. 43水偵」と「九六式陸攻」レシピの開発成功率が正確に表示されるように修正• 開発率がうまく計算できない場合は "? イタリア艦判定を修正 Zara due の追加、Aquila 及び Luigi Torelli の除外、ボーキテーブル以外で除外しないように変更 2018-02-07• 開発成功率を最新のデータで更新 概ね0. 秘書艦分類の説明文に「海防艦」を追加• 開発成功率の目安を調整 2017-09-24• 開発成功率を poi-server のデータを元に更新• 「九六式陸攻」に対応• 「九三式水中聴音機」「12. 7cm連装高角砲」の開発成功率変更に対応• 詳細な開発成功率を表示するようにした 2017-07-09• Twitterでシェアするボタンを追加 2017-04-22• 九六式陸攻に仮対応 2017-03-13• 詳細情報に装備毎の理論値を表示するようにした 2017-03-06• 開発成功率の目安に "?" を追加• ツールチップに開発成功率を表示するようにした• 詳細情報を表示するようにした 2017-02-04• 開発成功率の目安を調整 2017-01-28• 25mm連装機銃を空母系テーブルから除外• 開発成功率の目安を調整 2017-01-23• ページを更新しても状態が保存されるようにした 2017-01-17• 開発成功率の目安を調整• レシピにも装備の詳細をツールチップで表示するようにした 2016-12-06• 零式艦戦32型に対応 2016-12-04• 公開 このジェネレータを製作するにあたり、 開発全般の情報については を、 開発成功率の推定には のデータを 参考にさせていただきました。 開発者様、執筆者様、データ提供者様に深く感謝いたします。 2018年2月6日時点のデータを使用しています。 最新の開発結果とは異なる可能性があります。

次の

艦これ阿武隈強い!軽巡最強!阿武隈改二の装備おすすめは?

艦これ 阿武隈 レシピ

「やめてよ!直したばかりなのに! 」 あぶくま とは、に所属していた6番艦「」をとした、「」に登場するである。 : : 図鑑番号はNo. は00 提督! 概要よ。 成績はどう? の末の。 のにおいての「」、五航戦の「」「」と同時にされた。 開始後の追加なので音付きである。 では一のであり、初期状態ではでは一番性が高い。 が、の範囲内である上に、装後まで視野に入れると、の上の3隻には遠く及ばない。。 しかし、ひとたび装を施すと対潜値が急に上昇するがある。 さすがにのや、 僅差だが には及ばないものの、のやより数値が高い。 そのためのとして据える事も十分可である。 余談だがこのはも持っている。 装するとの中で一 いわゆる となる。 は何故か止まりである。 またの装可はと、を除く他のよりいうえ装時に電探まで持ってきてくれる。 この装のさは同様ににとって強い味方……と思いきや、と違っての入手は桁外れに高く、序盤での入手は困難だったりする。 理由は後述。 同様、域が少ないうえ大半がのみと入手には難儀する。 一3-1のみ中でするが、一箇所しかない。 艦の大と言われている5-4では全くしないので、狙うなら3-1や2-3の辺りか。 限定ではあるが、域では全ての域でする可性がある。 その一方で建造でも入手可である。 で低ながら出現する可性があり、と同じ建造時間 1時間15分 である。 しかし人によってが出るかが出るか大きく偏る場合があり、が欲しいのにしか出ない、またはが欲しいのにしか出ない現が頻出するとか。 後から追加されたなので3人を差し置いて、と放置が付いている。 前のをひたすら気にし。 ただ、でを引くのは前よりむしろ某に代わっておしおきするっぽいであろう。 ・と共に、後期共通の薄いのに身を包んでいる。 ・より心なしか幼げとはいえくらいの容姿に反して発せられる甲高いは、というよりむしろっぽい。 加えて、の中ではひである点も、やはりというよりむしろっぽい。 こうした幼さが立つのは、下記、史実にあるように他のにべ工が大幅に遅れたという経緯を反映したものと思われる。 すぐ上のにあたる「」ほどではないが両手を挙げた というか前に突き出した をとっており、よく「うろたえるな-っ!!」のに使われている だいたい吹き飛ばされているのはに「」と「」だったりする。 ただし、実際に 「ひぇっやだ、私」と滅苦うろたえているのは出撃を命じられた際の本人である。 追加されたの中でもさま関係でが立っている方である。 さまとの因縁の関係は史実参照。 また、他のとの絡みに関しては、「には負けないんだから!」という発言もある。 諸氏における的な組み合わせでは、さり気なくの一員でもある 改二になりました。 要設計装図で、装はとなっている。 のようなのにプリーツ、そしてとも一新 なんかっぽいとか言われるんですけど!。 表情も一転して自信に満のになっている。 装も足に発射管を装備、手にしているは14単装が12. 7連装高になり非常にになっているが、代わりに大発を積むための大きなレール付の後部甲が設けられている なお、史実では小発は積んだことがあるが、大発を積んだことはない。 これまでので艦種がそのままのは元ののを較的残しただったのが、に関してはこのように大幅なを行っている。 ただし、お気に入りのは変わりなし。 そしても慎ましいまま になっても一部新しくなっている。 にはまだ名前のを覚えてもらえてないようだ。 ちなみに阿武隈改二の図鑑番号は00と、すごくキリのいいところに入れてもらえた。 またもとしては初のSとなった のはいずれもである。 なお、初のSではない が既にS。 これまでが性だけなら一強であったこと、に設計装図を要する事を匂わせる「装」との発言があったこと、そしてのその多大な戦歴からどういう調整を受けるのか注が集まっていたが、 見事にを行ってくれました。 だけで見ると、56+装でと、先のたちはもとより、など一部の高性にも及んでいない。 というかは時代から下がってすらいる。 対はやや高いが飛びぬけている訳でもなく、よりは低い。 も装甲もで、一部で「のから運爆上げになるのでは?」と言われていたが運も20と。 装備も3のままで変わらず。 射程も「短」になっている。 総合すると中の上程度の性しかない・・・ように見える。 しかし当時のだけの性として &大発動艇が装備可。 まず前者。 今まで巡とという、編成条件で弾かれやすい艦種だけの特権だった先制撃をのでできるようになるということ。 装はには及んでいないものの高めではあるので、敵の小艦くらいなら後期でも十分可。 やで必ず1必要とされるで手数を増やし中の安全性を上げる役割が持てる。 こちらの場合はがとなり、未修の運が20とな阿武隈改二ではの発揮が不安定となってしまうため、それを補うための運修は必須。 阿武隈改二が 運修の最優先補に挙げられるのはこれが理由である。 今まで大発動艇を積んで資材獲得増しを計るには、燃費が良いとは言えない方のかを遠征に入れざるを得ず、そしてそれらはどの場合を使うので、上護衛任務では最少編成ができず、そしてそもそもがい 1 には入れる事ができなかった。 しかしは先にもある通りのなので、どの遠征で必須にあるで大発動艇を持ち込める。 ちなみに大発動艇は初期装備としても持参。 限定の以外で大発動艇を手に入れる事ができるようになった。 かくして、阿武隈改二は一度に2つも「にしかできない役割」を作り出し、当時の業界に新たなを吹き込んでくれたのだった。 後にの・にもがされ大発動艇を装備できると先制撃が出来るが増えたがそれでも希少価値は高い。 なお阿武隈改二のに合わせ、の最大のである撤退をにしていた域3-2「」の分岐条件が変更され、今まで6隻でないといけなかったのが、を1隻までなら連れて行けるようになった。 また、任務にも旗艦での撤退部隊の編成任務と出撃が追加された。 これまでの最深部では、ズが大暴れするというのが恒例だったのだが、今回は最深部のE-6とE-7では巡を編成に組み込むとに到達できないというが仕込まれていた。 しかも、敵はこれまでなら置物だったですら、だけならに匹敵する新の後期に置き換えられている。 つまり、 「巡ではなく」「先制撃で敵の数を減らし」「であわよくばをスナイプすることも出来る」艦が一躍スポッを浴びることになった。 「わかった のが必要なのね!」 実際、の第二艦隊の旗艦は不動の阿武隈改二だった、というも少なくなかった 第二艦隊旗艦は大破しても沈しないと言われており、さらにの編成にはが一人必須という理由から そして闘を制した阿武隈改二が、の余韻に浸る間もなく、減った資の回復のために大発を積んで遠征に駆り出されるのも、よく見られるであった。 なお、後にされたも大発が装備可である上に、こちらは何も装備していなくても遠征の獲得資が5増加するという大発の効果をで持っているため、遠征に駆り出されるは以前よりは減少している。 はに続いて2人の「で搭載可」という性を引っさげており、の固有状態だった装備可はようやく崩れた。 そしては大発系とに加えと熟練整備員まで使えるというな。 しかしの出番がなくなってしまうのかというとそんなことはなく、で3、装で14もの方がそれぞれ上回っている。 熟練整備員や補助増設設備をもってしても覆らない差があるので、純な用としてはにの方が強いのだ。 まだまだ第二艦隊旗艦では引っりだこになりそうである…… 最近だと域は中が長丁場になる事が多く、かつ巡が編成に組み込めない もしくは遠回りを強いられる も発生しており、第二艦隊旗艦に艦を置いて先制撃出来る阿武隈改二の運を引き上げたうえで第二艦隊の後備 具体的には5番または6番艦 に置く巡の代替とえるフィニッシャー的運用も増えつつある。 また、同じく域の戦において敵に標と地上標が混在する事が多くなったのでで先制撃を行いつつ、大発動艇系統を載せて対地攻撃を行う運用も見られる。 6番艦「」は、年、で二等として工した。 ちなみに24年中にはしていたのだが、工が遅れたのは装中にに遭って造船所の設備がを受け、装作業が大幅にしたため。 結局、の起工はすぐ上のであるの1ヶ後であったのだが、就役はなんと2年半後となってしまったのである。 近所の軍工における に較べれば、事工できたはまだましだったが・・・。 それでもした「」は、第1艦隊第3に編入され、てとなる。 0年の大中には、僚艦だった「」と衝突してしまう。 ただ、さまが 余裕で何も言わないのにがぶつぶつ言っているので、さまが悪いように思われがの一件だが、史実は以下の通りである。 近で行われた大中、ので艦列を組んで航行していた中に、「」と「」の姿もあった。 航行する順番は「」「」だったのだが、先行する「」を見失った「」が、「」の左後方から追突し、結果「」のが大破した、というのが史実であり、全なさまのもらいであった。 ちなみに「」は、その6日後で行われたに参加しているところをみると、大した損はなかったらしい。 ともあれ、このによってが大破した「」は、でしたのだが、このときを新しくドに取り替えている 元は他のと同じ。 から復旧した後は事変やで走り回り、までには第二艦隊第二潜に所属を移る。 の頃にはさらに旗艦となり、第六・第十七・などを従えを率いる事になる。 の幕開けとなったにおけるの護衛として参加した事を始めとし、その後の各地の戦線にも多数参加。 12年末ごろにはそれまで域がだったのをへと移り、やへの物資補給などにも参加している。 ちなみに開に修を受けてを発射可となっているが、これはでは一である。 また余談だがでもの高いはお守りとしてがついている事が多いが、史実のは率いるの揮下に入った事はく、実際は上記の通りの揮下で活動している。 奇跡の作戦 の戦歴の中で最もかしいのは、のと言われた「撤退」に旗艦として参加した事だろう。 12年、ミッドウェーの一環ではュー方面に位置するとを占領する。 両は人ではあったが、れっきとしたの領土であり一の領土がの手に落ちた例となった 今までにがをして占領してきた地域・々は全てであった。 もちろんこのままが黙っているはずがく、反攻開始とともに・の奪還を試みるのだが、の大本営はュー方面を重要視しておらず、こちらには大した戦が割かれていなかった。 が「まずはに来るだろう」と違えていたのもあり、が速奪還されてしまった上に、に集中されていた残存戦は全に包囲されてしまう形となった。 この局面に際し、陸軍と軍は協議。 の将兵を見捨てる代わりにの守備隊は必ず救出すると軍がし、ここに陸軍共同の撤退が立案された。 まずはによる撤退が行われたのだがの厚いに対しては成果の割に損が大きすぎ、2回の実施をもって打ち切られ、による救出に移ることとなる。 そのとは、この地域特有のに紛れてコッソリ救出するというもの。 そしてその救出艦隊の旗艦を任されたのが、である。 の将兵の命運はたちの双肩にかけられた。 年、撤退こと「ケ号」発動。 たちは何度もに乗じた接近を試みるも直前でがてしまいせざるを得ない日が続き、やがて燃料が乏しくなってくる。 燃料の不足を見た座乗の官であるは筵への撤退を決める。 「」の言葉はこの時に発したという。 の将兵を救出せずに帰ってきたへの非難は凄まじかった。 何故ならに入ってしまうと最の発生は望めず、の救出がほぼになってしまうからである。 加えて度重なる出撃で筵の重油備蓄量も減少しており、あと1回しか艦隊行動は出来るは残されていなかった。 そして運命の、最後の発生のが訪れる。 出撃したたちはのせいで味方艦と衝突するなどのを起こしつつもへと到着したが、またもやがる兆が見え始める。 一時はの意見も出たが気班やの将兵、からの報告により確実と判断されは続行された。 日付が変わった29日、カ湾に突入した艦隊は同日1に錨を投じ将兵の収容を始めた。 初めから将兵たちが撤退準備をしていたために収容が進み、約00人の守備隊員の収容を僅か分で終了。 そして全速でから離れ、事に襲圏内からの脱出に成功した。 日からにかけて全艦帰投。 たった一人の戦死者も出す事く撤退は終了し、ここにのと呼ばれる撤退が誕生したのだった。 だってやれば出来る! ちなみにとが「にを命中させた」と言う逸話はこの時のものである。 ちなみにはに対しを敷いていたが、兵員の交代のため1日だけ包囲を解いていた。 その1日が、まさにたちが突入した日であった。 まさにである。 その後の、既にからの撤退が了していると知らなかったは上陸を開始。 この日もが発生しており、前が見えづらかったため、上陸した兵の部隊同士が互いを敵と誤認し、同士討ちが始まる事態が発生。 死者が約人出たという。 側は傷であったが、側は戦死者が出てしまった。 その後の阿武隈 のを遂させたは、域での行動を終えて下旬にへ帰還。 内地のや各拠点を転々とし、を撤去したり対兵装を強化したりしている。 には号電探を装備している。 そんな「」が最期に参加したのが、に行われたスリガオ峡戦。 艦隊の一員として、あのに続いてにスリガオ峡に突入した。 しかしの左後ろより跡が伸びてきて、避ける間もなく左舷前部に被。 被およびそれに伴うで乗員に死者を出した事により速が大幅に落ちてしまったは、応急処置を施すも艦隊に置いていかれてしまう。 のの追撃を免れながらしオ峡の先で追いつくも、既にが壮絶な最後を迎えつつある状況だった。 オ峡から撤退したはミンオダピタンへに寄航し応急を行い、「潮」と共にへと向かうが、その中で「4」機の襲撃を受ける。 直撃3発、至近弾4発を受け、上甲の乗員は、艦の人員も大部分が負傷もしくは戦死して揮系統が壊滅、にも停止して火災が発生する大損を受けても浮いていた「」だが、最終的に火災がにし、艦体に裂が走り重油が流れ出すに至る。 ここに至ってはどうしようもなく、総員退艦が発され、「潮」に者が退艦してから間後、を立てた状態ではネに沈んだ。 潮に救助された者はマへ送られた。 では自分に自信がいであるが、その戦歴は決してな物ではなかった。 、二代「」として、の小あぶくまの、DD29「あぶくま」がから活躍している。 史実をまとめると…… このように、には強なや個性が数多くある。 箇条書きにまとめてみると• 間中にと衝突、を破損する とが二人描かれたが多いのはこの事に由来• 軍のにを出品するも反則負けとなり、参加艦艇の中で一寸評を付けて貰えなかった• に同行した一の• あのの上 中では全く触れられていないため、知っている人はあまりいない。 他にも有名どころのを多数率いている。 下のも参照。 撤退時、でを敵艦と誤認しを撃ち込む 自慢の五連装の相手もこれである• のの役 と事欠かない。 武勲艦である事に変わりはいので、もし手に入れたのなら育ててみるのも良いかもしれない・・・というか域での編成にはが一人必須な上に、追加されたのでの優先順位がの以上に全でも に有用 先制撃・大発装備可・持参装備ete なので是非とも育てておきたい を二桁所持しているには出撃札対策として複数の阿武隈改二を育成するがある 関連動画、待ってました!…ってそんなに心待ちにしてたわけじゃないんだから! 関連静画に期待してるの?そうなのね!• - 時第一艦隊第七僚艦• - 時第一艦隊第七僚艦• 阿武隈 艦これ• - の敵 史実にあるように逆恨みに近いが。 な艦長経験者• 15-S11. S14. 15-S19. …・ 二戦出 ・• 撤退 では• 第二一…• 二戦… 附属• … 附属 ・• …第五艦隊旗艦(43年編入)• …沈時に船員を救助、内で言及あり• 他のは、、、。 6隻艦隊を組むには一隻足りないので、等では字面が「」に誤認できなくもないを突っ込んで理矢理数を合わせているもおられるそうな。 ただし、第二駆がの沈没後の43年に解隊された後、は5ヶほどに所属せず"付"となっていたので、実は間違いではない。 カ撤退もこの期間に行われている。 代わりに「」がにされることになる。 ちなみにあぶくまは「じんつう」「おおよど」「せんだい」「」「とね」と、ではお染みの艦名を持つ艦ばかり。 が出品したのはいわゆる巻き。 のならも、艦内で出すとしては、重品のをふんだんに使い、何層にもて焼くという手間がかかる一品は「趣旨を勘違いしてるだろ」ということでになった、と言われる。 第出撃時第五艦隊旗艦。 「督」としての出撃。

次の

阿武隈の入手法 建造とドロップ

艦これ 阿武隈 レシピ

「やめてよ!直したばかりなのに! 」 あぶくま とは、に所属していた6番艦「」をとした、「」に登場するである。 : : 図鑑番号はNo. は00 提督! 概要よ。 成績はどう? の末の。 のにおいての「」、五航戦の「」「」と同時にされた。 開始後の追加なので音付きである。 では一のであり、初期状態ではでは一番性が高い。 が、の範囲内である上に、装後まで視野に入れると、の上の3隻には遠く及ばない。。 しかし、ひとたび装を施すと対潜値が急に上昇するがある。 さすがにのや、 僅差だが には及ばないものの、のやより数値が高い。 そのためのとして据える事も十分可である。 余談だがこのはも持っている。 装するとの中で一 いわゆる となる。 は何故か止まりである。 またの装可はと、を除く他のよりいうえ装時に電探まで持ってきてくれる。 この装のさは同様ににとって強い味方……と思いきや、と違っての入手は桁外れに高く、序盤での入手は困難だったりする。 理由は後述。 同様、域が少ないうえ大半がのみと入手には難儀する。 一3-1のみ中でするが、一箇所しかない。 艦の大と言われている5-4では全くしないので、狙うなら3-1や2-3の辺りか。 限定ではあるが、域では全ての域でする可性がある。 その一方で建造でも入手可である。 で低ながら出現する可性があり、と同じ建造時間 1時間15分 である。 しかし人によってが出るかが出るか大きく偏る場合があり、が欲しいのにしか出ない、またはが欲しいのにしか出ない現が頻出するとか。 後から追加されたなので3人を差し置いて、と放置が付いている。 前のをひたすら気にし。 ただ、でを引くのは前よりむしろ某に代わっておしおきするっぽいであろう。 ・と共に、後期共通の薄いのに身を包んでいる。 ・より心なしか幼げとはいえくらいの容姿に反して発せられる甲高いは、というよりむしろっぽい。 加えて、の中ではひである点も、やはりというよりむしろっぽい。 こうした幼さが立つのは、下記、史実にあるように他のにべ工が大幅に遅れたという経緯を反映したものと思われる。 すぐ上のにあたる「」ほどではないが両手を挙げた というか前に突き出した をとっており、よく「うろたえるな-っ!!」のに使われている だいたい吹き飛ばされているのはに「」と「」だったりする。 ただし、実際に 「ひぇっやだ、私」と滅苦うろたえているのは出撃を命じられた際の本人である。 追加されたの中でもさま関係でが立っている方である。 さまとの因縁の関係は史実参照。 また、他のとの絡みに関しては、「には負けないんだから!」という発言もある。 諸氏における的な組み合わせでは、さり気なくの一員でもある 改二になりました。 要設計装図で、装はとなっている。 のようなのにプリーツ、そしてとも一新 なんかっぽいとか言われるんですけど!。 表情も一転して自信に満のになっている。 装も足に発射管を装備、手にしているは14単装が12. 7連装高になり非常にになっているが、代わりに大発を積むための大きなレール付の後部甲が設けられている なお、史実では小発は積んだことがあるが、大発を積んだことはない。 これまでので艦種がそのままのは元ののを較的残しただったのが、に関してはこのように大幅なを行っている。 ただし、お気に入りのは変わりなし。 そしても慎ましいまま になっても一部新しくなっている。 にはまだ名前のを覚えてもらえてないようだ。 ちなみに阿武隈改二の図鑑番号は00と、すごくキリのいいところに入れてもらえた。 またもとしては初のSとなった のはいずれもである。 なお、初のSではない が既にS。 これまでが性だけなら一強であったこと、に設計装図を要する事を匂わせる「装」との発言があったこと、そしてのその多大な戦歴からどういう調整を受けるのか注が集まっていたが、 見事にを行ってくれました。 だけで見ると、56+装でと、先のたちはもとより、など一部の高性にも及んでいない。 というかは時代から下がってすらいる。 対はやや高いが飛びぬけている訳でもなく、よりは低い。 も装甲もで、一部で「のから運爆上げになるのでは?」と言われていたが運も20と。 装備も3のままで変わらず。 射程も「短」になっている。 総合すると中の上程度の性しかない・・・ように見える。 しかし当時のだけの性として &大発動艇が装備可。 まず前者。 今まで巡とという、編成条件で弾かれやすい艦種だけの特権だった先制撃をのでできるようになるということ。 装はには及んでいないものの高めではあるので、敵の小艦くらいなら後期でも十分可。 やで必ず1必要とされるで手数を増やし中の安全性を上げる役割が持てる。 こちらの場合はがとなり、未修の運が20とな阿武隈改二ではの発揮が不安定となってしまうため、それを補うための運修は必須。 阿武隈改二が 運修の最優先補に挙げられるのはこれが理由である。 今まで大発動艇を積んで資材獲得増しを計るには、燃費が良いとは言えない方のかを遠征に入れざるを得ず、そしてそれらはどの場合を使うので、上護衛任務では最少編成ができず、そしてそもそもがい 1 には入れる事ができなかった。 しかしは先にもある通りのなので、どの遠征で必須にあるで大発動艇を持ち込める。 ちなみに大発動艇は初期装備としても持参。 限定の以外で大発動艇を手に入れる事ができるようになった。 かくして、阿武隈改二は一度に2つも「にしかできない役割」を作り出し、当時の業界に新たなを吹き込んでくれたのだった。 後にの・にもがされ大発動艇を装備できると先制撃が出来るが増えたがそれでも希少価値は高い。 なお阿武隈改二のに合わせ、の最大のである撤退をにしていた域3-2「」の分岐条件が変更され、今まで6隻でないといけなかったのが、を1隻までなら連れて行けるようになった。 また、任務にも旗艦での撤退部隊の編成任務と出撃が追加された。 これまでの最深部では、ズが大暴れするというのが恒例だったのだが、今回は最深部のE-6とE-7では巡を編成に組み込むとに到達できないというが仕込まれていた。 しかも、敵はこれまでなら置物だったですら、だけならに匹敵する新の後期に置き換えられている。 つまり、 「巡ではなく」「先制撃で敵の数を減らし」「であわよくばをスナイプすることも出来る」艦が一躍スポッを浴びることになった。 「わかった のが必要なのね!」 実際、の第二艦隊の旗艦は不動の阿武隈改二だった、というも少なくなかった 第二艦隊旗艦は大破しても沈しないと言われており、さらにの編成にはが一人必須という理由から そして闘を制した阿武隈改二が、の余韻に浸る間もなく、減った資の回復のために大発を積んで遠征に駆り出されるのも、よく見られるであった。 なお、後にされたも大発が装備可である上に、こちらは何も装備していなくても遠征の獲得資が5増加するという大発の効果をで持っているため、遠征に駆り出されるは以前よりは減少している。 はに続いて2人の「で搭載可」という性を引っさげており、の固有状態だった装備可はようやく崩れた。 そしては大発系とに加えと熟練整備員まで使えるというな。 しかしの出番がなくなってしまうのかというとそんなことはなく、で3、装で14もの方がそれぞれ上回っている。 熟練整備員や補助増設設備をもってしても覆らない差があるので、純な用としてはにの方が強いのだ。 まだまだ第二艦隊旗艦では引っりだこになりそうである…… 最近だと域は中が長丁場になる事が多く、かつ巡が編成に組み込めない もしくは遠回りを強いられる も発生しており、第二艦隊旗艦に艦を置いて先制撃出来る阿武隈改二の運を引き上げたうえで第二艦隊の後備 具体的には5番または6番艦 に置く巡の代替とえるフィニッシャー的運用も増えつつある。 また、同じく域の戦において敵に標と地上標が混在する事が多くなったのでで先制撃を行いつつ、大発動艇系統を載せて対地攻撃を行う運用も見られる。 6番艦「」は、年、で二等として工した。 ちなみに24年中にはしていたのだが、工が遅れたのは装中にに遭って造船所の設備がを受け、装作業が大幅にしたため。 結局、の起工はすぐ上のであるの1ヶ後であったのだが、就役はなんと2年半後となってしまったのである。 近所の軍工における に較べれば、事工できたはまだましだったが・・・。 それでもした「」は、第1艦隊第3に編入され、てとなる。 0年の大中には、僚艦だった「」と衝突してしまう。 ただ、さまが 余裕で何も言わないのにがぶつぶつ言っているので、さまが悪いように思われがの一件だが、史実は以下の通りである。 近で行われた大中、ので艦列を組んで航行していた中に、「」と「」の姿もあった。 航行する順番は「」「」だったのだが、先行する「」を見失った「」が、「」の左後方から追突し、結果「」のが大破した、というのが史実であり、全なさまのもらいであった。 ちなみに「」は、その6日後で行われたに参加しているところをみると、大した損はなかったらしい。 ともあれ、このによってが大破した「」は、でしたのだが、このときを新しくドに取り替えている 元は他のと同じ。 から復旧した後は事変やで走り回り、までには第二艦隊第二潜に所属を移る。 の頃にはさらに旗艦となり、第六・第十七・などを従えを率いる事になる。 の幕開けとなったにおけるの護衛として参加した事を始めとし、その後の各地の戦線にも多数参加。 12年末ごろにはそれまで域がだったのをへと移り、やへの物資補給などにも参加している。 ちなみに開に修を受けてを発射可となっているが、これはでは一である。 また余談だがでもの高いはお守りとしてがついている事が多いが、史実のは率いるの揮下に入った事はく、実際は上記の通りの揮下で活動している。 奇跡の作戦 の戦歴の中で最もかしいのは、のと言われた「撤退」に旗艦として参加した事だろう。 12年、ミッドウェーの一環ではュー方面に位置するとを占領する。 両は人ではあったが、れっきとしたの領土であり一の領土がの手に落ちた例となった 今までにがをして占領してきた地域・々は全てであった。 もちろんこのままが黙っているはずがく、反攻開始とともに・の奪還を試みるのだが、の大本営はュー方面を重要視しておらず、こちらには大した戦が割かれていなかった。 が「まずはに来るだろう」と違えていたのもあり、が速奪還されてしまった上に、に集中されていた残存戦は全に包囲されてしまう形となった。 この局面に際し、陸軍と軍は協議。 の将兵を見捨てる代わりにの守備隊は必ず救出すると軍がし、ここに陸軍共同の撤退が立案された。 まずはによる撤退が行われたのだがの厚いに対しては成果の割に損が大きすぎ、2回の実施をもって打ち切られ、による救出に移ることとなる。 そのとは、この地域特有のに紛れてコッソリ救出するというもの。 そしてその救出艦隊の旗艦を任されたのが、である。 の将兵の命運はたちの双肩にかけられた。 年、撤退こと「ケ号」発動。 たちは何度もに乗じた接近を試みるも直前でがてしまいせざるを得ない日が続き、やがて燃料が乏しくなってくる。 燃料の不足を見た座乗の官であるは筵への撤退を決める。 「」の言葉はこの時に発したという。 の将兵を救出せずに帰ってきたへの非難は凄まじかった。 何故ならに入ってしまうと最の発生は望めず、の救出がほぼになってしまうからである。 加えて度重なる出撃で筵の重油備蓄量も減少しており、あと1回しか艦隊行動は出来るは残されていなかった。 そして運命の、最後の発生のが訪れる。 出撃したたちはのせいで味方艦と衝突するなどのを起こしつつもへと到着したが、またもやがる兆が見え始める。 一時はの意見も出たが気班やの将兵、からの報告により確実と判断されは続行された。 日付が変わった29日、カ湾に突入した艦隊は同日1に錨を投じ将兵の収容を始めた。 初めから将兵たちが撤退準備をしていたために収容が進み、約00人の守備隊員の収容を僅か分で終了。 そして全速でから離れ、事に襲圏内からの脱出に成功した。 日からにかけて全艦帰投。 たった一人の戦死者も出す事く撤退は終了し、ここにのと呼ばれる撤退が誕生したのだった。 だってやれば出来る! ちなみにとが「にを命中させた」と言う逸話はこの時のものである。 ちなみにはに対しを敷いていたが、兵員の交代のため1日だけ包囲を解いていた。 その1日が、まさにたちが突入した日であった。 まさにである。 その後の、既にからの撤退が了していると知らなかったは上陸を開始。 この日もが発生しており、前が見えづらかったため、上陸した兵の部隊同士が互いを敵と誤認し、同士討ちが始まる事態が発生。 死者が約人出たという。 側は傷であったが、側は戦死者が出てしまった。 その後の阿武隈 のを遂させたは、域での行動を終えて下旬にへ帰還。 内地のや各拠点を転々とし、を撤去したり対兵装を強化したりしている。 には号電探を装備している。 そんな「」が最期に参加したのが、に行われたスリガオ峡戦。 艦隊の一員として、あのに続いてにスリガオ峡に突入した。 しかしの左後ろより跡が伸びてきて、避ける間もなく左舷前部に被。 被およびそれに伴うで乗員に死者を出した事により速が大幅に落ちてしまったは、応急処置を施すも艦隊に置いていかれてしまう。 のの追撃を免れながらしオ峡の先で追いつくも、既にが壮絶な最後を迎えつつある状況だった。 オ峡から撤退したはミンオダピタンへに寄航し応急を行い、「潮」と共にへと向かうが、その中で「4」機の襲撃を受ける。 直撃3発、至近弾4発を受け、上甲の乗員は、艦の人員も大部分が負傷もしくは戦死して揮系統が壊滅、にも停止して火災が発生する大損を受けても浮いていた「」だが、最終的に火災がにし、艦体に裂が走り重油が流れ出すに至る。 ここに至ってはどうしようもなく、総員退艦が発され、「潮」に者が退艦してから間後、を立てた状態ではネに沈んだ。 潮に救助された者はマへ送られた。 では自分に自信がいであるが、その戦歴は決してな物ではなかった。 、二代「」として、の小あぶくまの、DD29「あぶくま」がから活躍している。 史実をまとめると…… このように、には強なや個性が数多くある。 箇条書きにまとめてみると• 間中にと衝突、を破損する とが二人描かれたが多いのはこの事に由来• 軍のにを出品するも反則負けとなり、参加艦艇の中で一寸評を付けて貰えなかった• に同行した一の• あのの上 中では全く触れられていないため、知っている人はあまりいない。 他にも有名どころのを多数率いている。 下のも参照。 撤退時、でを敵艦と誤認しを撃ち込む 自慢の五連装の相手もこれである• のの役 と事欠かない。 武勲艦である事に変わりはいので、もし手に入れたのなら育ててみるのも良いかもしれない・・・というか域での編成にはが一人必須な上に、追加されたのでの優先順位がの以上に全でも に有用 先制撃・大発装備可・持参装備ete なので是非とも育てておきたい を二桁所持しているには出撃札対策として複数の阿武隈改二を育成するがある 関連動画、待ってました!…ってそんなに心待ちにしてたわけじゃないんだから! 関連静画に期待してるの?そうなのね!• - 時第一艦隊第七僚艦• - 時第一艦隊第七僚艦• 阿武隈 艦これ• - の敵 史実にあるように逆恨みに近いが。 な艦長経験者• 15-S11. S14. 15-S19. …・ 二戦出 ・• 撤退 では• 第二一…• 二戦… 附属• … 附属 ・• …第五艦隊旗艦(43年編入)• …沈時に船員を救助、内で言及あり• 他のは、、、。 6隻艦隊を組むには一隻足りないので、等では字面が「」に誤認できなくもないを突っ込んで理矢理数を合わせているもおられるそうな。 ただし、第二駆がの沈没後の43年に解隊された後、は5ヶほどに所属せず"付"となっていたので、実は間違いではない。 カ撤退もこの期間に行われている。 代わりに「」がにされることになる。 ちなみにあぶくまは「じんつう」「おおよど」「せんだい」「」「とね」と、ではお染みの艦名を持つ艦ばかり。 が出品したのはいわゆる巻き。 のならも、艦内で出すとしては、重品のをふんだんに使い、何層にもて焼くという手間がかかる一品は「趣旨を勘違いしてるだろ」ということでになった、と言われる。 第出撃時第五艦隊旗艦。 「督」としての出撃。

次の