西島 秀俊 二宮 和 也。 西島秀俊、ロシア語の先生は「『MOZU』で殴り合った人」二宮和也も驚き!

嵐 二宮和也、西島秀俊の意外な一面を暴露「付き合ってみると分かるんですけど、すげぇポンコツ」

西島 秀俊 二宮 和 也

嵐の二宮和也(左)と松本潤(右) 16日発売の「女性セブン」(小学館)は、 嵐の 二宮和也と俳優の西島秀俊が家族ぐるみの付き合いをしていると報じている。 記事によれば、昨年3月に二宮が都内某所の高級マンションを約3億円で購入し、交流のある西島が妻と子供を連れ頻繁に二宮の家へ遊びに行っているという。 「週刊誌が二宮の追っかけに必死なこともあり、近所に西島の自宅があることがバレてしまったという事情です。 どうやら、西島のご近所に、あとから二宮が引っ越してきたという経緯のようです。 双方の夫人はもともと芸能界にいたこともあり波長が合うようで、今では家族ぐるみで付き合っているというのは事実のようです」(週刊誌記者) 「セブン」の報道は一見、なんともない内容だが、西島サイドは少々困っているようだ。 「西島は結婚後、スーパーで買い物をする姿などが撮られることもあり、『プライベートがまったくない』と不満をこぼしているといいます。 最近は家族に関する報道も多いですが、もともとプライベートで報じられることをとても嫌う人なので、過度な報道には疲れているみたいです。 「元アナウンサーの妻・Aさんが二宮ファンから誹謗中傷を受けているため、身の危険を感じているのかもしれません。 嵐ファンはいまだに結婚について認めていません。 今年いっぱいでの活動休止を待たずの強行結婚ということもあり、許せないのでしょう。 「嵐は今年いっぱいでの活動休止が決まっており、加えて、今やジャニーズ事務所内に櫻井にモノを申せる人もいないということで、事務所としては静観の姿勢です。 活動休止を待って結婚というのは既定路線だとみられています。 (文=編集部).

次の

二宮和也の妻と西島秀俊の妻、唯一無二の親友になるまで|NEWSポストセブン

西島 秀俊 二宮 和 也

cinemacafe. 演技力もあり、映画やドラマで大人気ですね。 西島秀俊さんと似てると言われているのは嵐の 二宮和也さん。 二宮さんも同じく演技派で、アイドルだけでなく俳優としても活躍されています。 2人の年齢差は13歳です。 現在西島秀俊さんは48歳。 西島さんもイケメンで人気が高いですが、二宮和也さんはかなり童顔です。 年齢差が13歳、というのも少し意外です。 年齢差はありますが、2人は目元の雰囲気がよく似ていますね。 つぶらな瞳が共通していると思います。 また、鼻の小鼻のふくらみ方も似ていますね。 鼻筋や鼻全体が似ているわけではありませんが、 目元と小鼻の印象がよく似ています。 体格や身長差はあるのですが、お2人は顔立ちだけでなく、雰囲気も似ているように感じます。 西島秀俊さんと二宮和也さんは共に演技派で、映画やドラマでの活躍も多いです。 今後も共演する機会がありそうですね。 イケメン芸人として人気ですね。 トークも面白く、バラエティ番組で大活躍しています。 西島秀俊さんと徳井義実さんが似ている、という声もあるようです。 徳井さんもイケメンですが、顔立ちを見ると、西島さんとの共通点は少ないように感じてしまいます。 徳井さんは目がぱっちりしていて、西島さんと比較すると、鼻もやや大きいような印象を受けます。 cinemacafe. ネット上で似ている、と言われている二宮和也さん、沢村一樹さん、徳井義実さん、と比較すると、やはり 1番似ているのは二宮和也さんではないでしょうか。 大きすぎず、 黒目がちでつぶらな瞳、で目元がよく似ており、小鼻の形も似ています。 西島秀俊さんと二宮和也さんは、 雰囲気も似ているような印象が強いです。 演技力だけでなく、イケメン俳優としても人気です。 西島秀俊さんに似ている、と言われているのが嵐の二宮和也さん。 二宮さんは俳優としても人気が高いですね。 演技派の2人は、 目元や小鼻がとてもよく似ています。 トーク番組での自然体の姿など、雰囲気も似ていると思います。 沢村一樹さん、徳井義実さんも似ている、という声があるようですが、パーツを見るとあまり似ていないような印象を受けます。 沢村一樹さんと西島秀俊さんは 高身長でスタイルも良く、精悍な顔立ちですが、沢村さんの方が目鼻立ちがくっきりしている印象が強いです。 やはり、西島秀俊さんと二宮和也さんが似ている!と思います。 cinemacafe.

次の

二宮和也と西島秀俊は似てるから仲良し?出会いのきっかけは映画での共演?

西島 秀俊 二宮 和 也

西島秀俊の告白に会場もびっくり! 二宮和也が主演を務めた映画『ラストレシピ〜麒麟の舌の記憶〜』 公開中 の公開記念トークショーが11月13日にTOHOシネマズ日劇で開催され、二宮和也、西島秀俊、宮崎あおい、滝田洋二郎監督が出席。 劇中でロシア語を披露した西島が「『MOZU』で殴り合った人が先生」と意外な人が語学の先生だったことを明かした。 本作は、伝説のTV番組「料理の鉄人」を手がけた作家・田中経一の原作を映画化したミステリー。 どんな味でも再現できる絶対味覚 =麒麟の舌 を持った男が、料理によって過去を辿っていく姿を描く。 1930年代の料理人・山形直太朗役を演じた西島が、劇中で流暢なロシア語を披露しており、映画鑑賞後の観客からも「どうやって勉強したんですか?」との質問が上がった。 西島は「調理場に調理人でいてくださった方が先生」と映画にも登場している人物がロシア語の指導もしてくれたと解説。 「もともとは『MOZU』というドラマのシーズン2の頭の方で、思い切り殴っているロシア人の人がいて。 その人が先生として現れた」と明かし、会場を驚かせた。 さらに「『殴り合ったよね』というところからなので、すごくやりやすかった。 あの人とは一度殴り合っている」と楽しそうに続けると、会場も登壇者陣も爆笑。 二宮は「絆があるんですね」と大きくうなずき、宮崎も「知らなかった」とびっくり。 西島は「『このスープはなんだ』っていう、あの大きい人です」と本作での登場シーンを教えていた。 またこの日の会場には、第68回NHK紅白歌合戦の白組司会に二宮が決定したとのニュースが届き、二宮が会場から祝福を受ける場面も。 大きな拍手を浴びると二宮は「ありがとうございます!」とお礼を述べ、「12月31日のキワキワまで働くことが決定しました。 引き締めて、体調管理に気をつけて頑張っていきます!」と熱く宣言していた。

次の