サムシング 星野 源。 星野源 Same Thing (feat. Superorganism) 歌詞&動画視聴

[B! 星野源] 星野源

サムシング 星野 源

一層の外出自粛を呼びかける安倍晋三首相。 写真は4月7日に緊急事態宣言が出された後の東京都内(写真:ロイター/アフロ) 安倍晋三首相が4月12日にツイッターに投稿した動画が、ネット上で大炎上した。 自宅とみられる私室で犬とくつろぐ姿などを、シンガーソングライターの星野源氏が演奏する楽曲「うちで踊ろう」とともに公開した動画に対し、「なんだこれ?」「まるでKY(空気が読めない)だ」などの批判が殺到している。 その一方で、「ゆっくり休んでください」「安心しました」など評価する声もあり、動画への賛否は交錯している。 外出自粛による国民の不安と苛立ちが今回のネット騒動の背景にあるとみられるが、欧米各国で拡大しているコロナショックによる国民の分断と対立が、日本でも加速しつつあることを際立たせる結果となった。 動画で外出自粛を呼びかけたが… 安倍首相の公式ツイッターへの投稿は12日午前9時過ぎ。 ソファに座って愛犬を膝に抱いたり、コーヒーカップを片手に持って飲んだり、椅子に座ってテレビのリモコンを操作したりする、くつろいだ様子の動画が流された。 動画は、星野氏の流す音楽と約1分間、コラボレーションしたものになっている。 この動画は「友達と会えない。 飲み会もできない。 ただ、皆さんのこうした行動によって、多くの命が確実に救われています。 そして、今この瞬間も、過酷を極める現場で奮闘して下さっている、医療従事者の皆さんの負担の軽減につながります」という安倍首相のメッセージ付きだ。 併せて、次の投稿で「私たちは、SNSや電話を通じて、人と人とのつながりを感じることができます。 いつかまた、きっと、みんなが集まって笑顔で語り合える時がやってくる。 その明日を生み出すために、今日はうちで……。 どうか皆様のご協力をお願いします」と、国民に向けて改めて外出自粛を訴えている。 「うちで踊ろう」は、星野氏が4月3日に公式インスタグラムで公開したギターによる楽曲。 「生きて踊ろう 僕らそれぞれの場所で」などの歌詞が反響を呼び、星野氏と親しい芸能人など、多くの有名人がそれぞれ伴奏やコーラス、ダンスなどでコラボし、アクセス数も激増して大きな話題となっていた。

次の

うちで踊ろう / 星野源 × LOOP H☆R

サムシング 星野 源

『Same Thing』 EP• Produced by Gen Hoshino 01. Same Thing feat. さらしもの feat. PUNPEE 生まれて独りステージに立って フィナーレまでは残り何公演 人差し指の隣の指はまだ仕舞っておいて また後世 この輝きは僕のじゃなくて 世の光映してるだけで 身の丈じゃないプライドは君にあげる受け取って 捨てといて 滑稽なさらしものの歌 あたりみりゃ 一面のエキストラ だけど君のその世界じゃ 僕も雇われたエキストラだっけ イヤモニで閉じこもって また自分のせいって気づいてる でもそこにすら君はいた もしかすると孤独は一人ではないって... いえる! Starting off with you and I さらしものだけの 愛があるだろう まだ変わらない 怠けた朝が 歩みを照らしだすまま さらしものだよばかのうた 語りき埼玉のツァラトゥストラ ぼっちの足元の先は ほぼほぼ 道すらなかった ふと振り返ると ぞろぞろと 後ろつけ楽そう有象無象 はてな別の方 道のない進む小僧 凡人の黒ぶち 偉大な暇人 あらお悩みですか 君だってそうじゃん 同じムジナ 交わりだした 「なんてことない」なんてことない!... けど 形のない何かで交われる 君の体をWi-Fiが通り抜け 道草で腹を満たす またその場所に君はいた もしかすると孤独は一人ではないって... みえる! Starting off with you and I さらしものだけの 夢があるだろう まだ変わらない 怠けた朝が 歩みを照らしだす Starting off with you and I さらしものだけの 愛があるだろう まだ変わらない 怠けた朝が 歩みを照らしだすまま 03. 私 あの人を殺すより 面白いことをしよう 悲しみと棒アイスを食う あの人を殴るより イチャついて側にいよう 唇が離れぬように抱く 彼の町見や 美し火や 下等どもが涙の川 この鼓動は何のためか 虫は消えた 私を見や ここに居ては 希望どもが飽きれたまま 死ぬのだけじゃ あんまりじゃないか 喉は枯れた この人を抱き寄せて 面白いことをしよう 手のひらが剥がれぬように振る 01. Same Thing feat. さらしもの feat.

次の

恋 (星野源の曲)

サムシング 星野 源

国内のみで50万ユニット以上を売り上げた大ヒット・アルバム『POP VIRUS』に続く星野源の新作リリースが発表された。 10月14日にダウンロード/ストリーミングでリリースされる新作は4曲入りのEP。 国内外の豪華アーティストを迎え、これまで一切やってこなかった星野源初となる濃密なコラボレーション楽曲を多数収録している。 EPのタイトル曲「Same Thing feat. Superorganism 」は、ロンドンを拠点に活躍する8人組多国籍バンド SUPERORGANISMと共に制作した楽曲。 星野のライヴを観に訪れたことをきっかけに友人関係を深め、実際にメンバーたちとスタジオに入り制作がスタートした。 同楽曲は星野源が作詞作曲をし、SUPERORGANISMが編曲を担当。 全編英語詞、双方の魅力が十二分に詰まった衝撃の楽曲となっている。 また「さらしもの feat. PUNPEE 」には、ラッパーとしてPUNPEEが参加。 共にスタジオで長い時間をかけてリリック制作、楽曲アレンジメントを突き詰めた。 さらに星野自身初のラップが収録されている。 本楽曲も必聴のものになりそうだ。 国や言葉の壁を越え、より自由なスタイルで星野源の音楽を届けていく。 本EPについて星野源よりコメントも到着している。 『Same Thing』というEPは僕にとって、遊びであり、挑戦であり、音楽家としての叫びです。 恐ろしいほどのワクワク感と共に「音楽人生、まだこんなに面白いことがあるのか」と楽しい刺激を常に感じながら制作した最高の4曲です。 お楽しみに。 Superorganism 」は、Beats 1のアンカーDJ、Zane Loweの番組で、世界で最も早くプレミア・オンエアされることが決定。 日本時間の10月4日深夜1時スタートの番組内で、全世界に向けて初めてオンエアされる。 そして、本日10月4日からApple MusicにてEPのプレアド(先行追加)開始と共に、リード・トラックの先行ストリーミングが開始している。 さらに、「Same Thing feat. Superorganism 」が来週10月8日25時からオンエアのニッポン放送"星野源のオールナイトニッポン"で国内ラジオ初オンエアが決定。 ぜひ当日の生放送をチェックしてほしい。 Same Thing feat. Superorganism 02. さらしもの feat. PUNPEE 03. Ain't Nobody Know 04. 28) 1. 歌を歌うときは 2. Pop Virus 3. 地獄でなぜ悪い 4. Get a Feel 5. 桜の森 6. 肌 7. Pair Dancer 8. Present 9. サピエンス 10. ドラえもん 11. 「一流ミュージシャンからのお祝いコメント1」 12. ばらばら 13. STUTS SHOW 14. KIDS 15. プリン 16. くせのうた 17. 「一流ミュージシャンからのお祝いコメント2」 18. 化物 19. 恋 20. SUN 21. アイデア 22. Week End 23. Family Song -ENCORE- 24. 君は薔薇より美しい 25. 時よ 26. Hello Song 27. Superorganism 」オンエア ・ ・ "星野源のオールナイトニッポン" 10月8日(火)25:00~ 新曲「Same Thing feat. 時を得た作品ならではの醍醐味! そもそも星野源の作品は"わかるわかる! 共感する!""感動した!"みたいなことから遠い。 あるとしたら"この名状しがたい感情をよくぞ曲にしてくれた"ということだ。 さて、4枚目のアルバムである今作。 真似しようにもできないブラック・ミュージック。 フェイクしようとしてもできないソウルの歌唱。 しかし確実に自分の音楽体験として存在し、体内に取り込まれた"クロいグルーヴ"をこれまでのアシッド・フォークやエキゾ同様に、"星野源味"の出汁で仕込みそれが全体の基調に。 同時にTrack. 1「時よ」や弾き語りのTrack. 6「口づけ」、細野晴臣とのインストTrack. 8「Nerd Strut」といった"異彩"が一筋縄ではいかないツボを形成している。 (石角 友香) 跳ねたジャズ・ピアノではじまり軽快なビートで踊り続ける「Crazy Crazy」、70年代のダンサブルで煌びやかなソウル・ミュージックを下地に詩的な歌心をのせた「桜の森」、そしてブルースやジャズを都会的に、かつリラックスしたナイト・ソングへと仕立てた「Night Troop」。 今回のシングルは、いずれの曲もタイプは異なれど心地好いグルーヴや、軽やかな空気感が流れていて、自然と手拍子が出たり、体を揺らしたり、リズムを刻んだりしてしまうようなサウンドが肝であり現在のモード。 一方、スムーズに流れるメロディとスモーキーな歌声にのせて、想像を掻き立てるような言葉や意味深な言葉がフッと刺さる。 アッパーなリズムやサウンドでも突飛でなく、どこかに憂いや湿度を含んでいて、すんなりと肌になじむ音楽が優しい。 (吉羽 さおり) シングル「フィルム」「夢の外へ」「知らない」も含む、約2年ぶり、3枚目のアルバム。 生き急ぐような膨大な言葉数とテンポ感に圧倒される「化物」で鮮やかに幕を開け、立て続けにアッパー・ナンバーが3曲続く驚き。 そして彼流のソウル・ミュージックをシンプルな3人編成で構成した「季節」、誰かに伝えるでもない独白とサウンドでなんともいえないサイケデリアが立ち上る「レコードノイズ」など多彩な全12曲。 だが、単にバラエティ豊かというよりは、星野の生きるスピード感や欲望が、ポップ・ミュージックとしてはカオティックなバランスで、ギリギリの切っ先に立っているような曲が目立つのが新しい。 「知らない」の歌詞じゃないが、知らないことがあるからこそ生きるのは楽しいし、楽しいことを見つけたくなる。 (石角 友香).

次の