阪神 タイガース cs。 阪神タイガースのCS進出をかけた最終戦、奇跡を演出した中日との“あうんの呼吸”試合が物議に|日刊サイゾー

阪神タイガース

阪神 タイガース cs

5番手タイとなっております。 ・・・ただこれよりは正直低いオッズでもよいのではないでしょうか!? つまり オッズの穴=稼ぐチャンスですね! 阪神タイガースは今シーズン2位の横浜DeNA相手に完全にカモにしております。 対戦成績は16勝8敗1分け。 しかも横浜スタジアムでの相性が良い! 2位と3位で阪神にとってのビジターの試合なのでオッズ評価を下げてしまっているのですが、単純に考えても横浜DeNAよりもチャンス・勝ち上がる可能性はあります。 日本シリーズでのパ・リーグとの戦いは・・・正直厳しいところもありますが・・・、 奇跡を起こす時ってこういうものなのではないでしょうか。 【ウィリアムヒルならプロ野球を100倍楽しむことができる!】 ウィリアムヒルなら プロ野球全試合に賭けることができます。 阪神タイガースCS出場から優勝の可能性、確率は!? ブックメーカーオッズで見る 阪神タイガースがCS出場し、さらには日本シリーズ制覇し優勝する可能性、確率はどの程度なものなのでしょうか。 データからオッズを導き出すブックメーカーでその可能性・確率を客観的な側面から探ってみました! 阪神タイガースの優勝オッズは9番手・126. 中日ドラゴンズと同じオッズで、2019年優勝はかなり厳しいという評価を受けている印象ですね。 単純に考えると「今の状況でシーズンを126回繰り返したら1回ぐらいは奇跡で優勝する・・・ぐらいの可能性じゃないの?」 という感じでしょうか。 残り4試合阪神タイガースが全勝することが絶対条件です。 阪神タイガースで楽しく稼ぐチャンス! さて、この阪神タイガース優勝オッズ「126. 0倍」をどのように感じたでしょうか!? ・・・まぁ確かに順当なオッズといえばそうかもしれません。 ただ、今シーズンは大型連勝・連敗が多いシーズンで、各チームの状況は目まぐるしく変わっています。 首位巨人ですら5連敗しましたし、広島・横浜DeNAに至ってはさらに大きな連敗を繰り返している状況。 阪神タイガースが3位に食い込みCS出場、そこから怒涛の連勝で優勝! 2位になれるチャンスもまだ残っています。 ・・・ということも考えられなくもない。 ここに稼ぐチャンスがあります! 仮に1,000円だけ賭けたとしても、阪神タイガースが優勝した場合126,000円になって返ってきます。 ・・・おいしくないですか? 100円だけでも26000円! しかもこれからのシーズン、さらにドキドキワクワクしながらタイガースを応援できるオマケつき!? さらに現在「ウィリアムヒル」は新規限定で超絶お得な「100ドル 1万円以上 フリーベット」がもらえるキャンペーン中! 同じく最大100ドルボーナスがあるので、両方登録するのもアリですよ! 僕は両方登録して楽しんでます。 ^^ キャンペーンはいつ終了するかわかりません。 ベイスターズとカープはジャイアンツを追って息切れ気味。 それも無理はない、二桁あったゲーム差を無理に詰めたのだから致し方ないことです。 そしてここにきてジャイアンツに再度突き放される形で、選手は疲弊しているのに加えて、集中力、気持ちが切れている状態に等しいです。 ここで俄然注目しなければならないのは、 そんな気持ちの切れたカープと我がタイガースは4ゲーム差であることでしょう。 またベイスターズとも4. 5ゲーム差にしか過ぎないことです。 ジャイアンツまでは若干試合数が足りず追い付けない可能性が大だが、そこは クライマックスシリーズで勝てばいいだけのことです。 キーマンは2年目の「髙橋 遥人」彼になるでしょう。 防御率3点丁度の彼をフル回転させれば、ジョンソン、藤川球につないでいく形で確実に勝ちを拾っていけばいいだけのことです。 まあ正直ジャイアンツに早期にマジックが発生すればするだけ、 ベイスターズとカープはメンタルで切れて失速していくだけだから、もう相手にならないでしょう。 そして9月のジャイアンツ戦は向こうは消化ゲーム、調整に入っているでしょうから、キッチリ星を溢さず勝てばいいだけです。 クライマックスシリーズさえいければ、気持ちの切れた2チームはもう相手じゃないです。 ジャイアンツは9月上旬まで好調が続くでしょうが、どんな競技でも2ヶ月も好調は続くスポーツはないので、クライマックスでは下降線に加え、間隔の開いたファイナルステージで苦戦必至。 競馬の春の天皇賞に例えればわかりやすいでしょう。 長丁場のシーズンをジャイアンツがハイペースで逃げて独走、それを我慢できなくなってベイスターズとカープが無理をしてつつきにいったけれど、ジャイアンツに二の脚を使われ、心が折れました。 ホッとしたジャイアンツにたいして、そこから大外強襲するのが我がタイガース、ジャイアンツは道中脚を使わされ、最後の直線 クライマックスシリーズ 余力がないのは一目瞭然。 勝つための前提条件はクリアされているので普通に選手がやればいいだけ。 ドリスが戻ってくればその可能性はより高くなるということです。 キープレイヤーは髙橋遥人選手です。 近年阪神は優勝圏内から外れており、今か今かと待ち望んでおります。 ですが今年こそは優勝出来るのではないでしょうか。 私が注目するキープレイヤーは、木浪聖也選手です。 ドラフト3位のルーキー木浪聖也選手は、まだまだ発展途上です。 ですが、これからは阪神の台風の目となってくれるのではないでしょうか。 彼に注目した一番の理由としては、先日行われた中日戦での打撃です。 一挙五得点を勝ち取った彼なら、その度胸とパワーで優勝に導いてくれるのではないでしょうか。 今年は矢野阪神として、新たなチームがスタートしたばかりです。 ベテラン勢の安定した守備と攻撃の中へと、こうした新しい風が必要なのではないでしょうか。 また、優勝にはやはり打倒巨人ではないかと思います。 あちらは今首位独走状態で、ノリに乗っています。 悔しいですが、やはり原監督の巨人は負ける事をしりません。 勝ちに行くためにはまずは打線が大事だと思うのです。 ここからガンガン打って行って、チームの士気を上げて行く事で、CS出場、そして阪神の優勝が見えてくるのではないでしょうか。 待ちに待った優勝までこれからも応援して行きたいと思います。 キープレイヤーは木浪聖也選手。 これからの成長に期待です。 今年の阪神は4月に巨人に2カード連続で3タテを食らったり、大きな連敗をするなど「あーあ!結局今年もダメだな!」と諦めそうになった事が何度もありました。 しかし今年の阪神はそこでズルズルと落ち切らず、まるで不死鳥のように何度も何度も盛り返して来ました。 そんな阪神を一番支えてきたのは紛れもなくルーキーの近本光司です。 最初は「足が速くて内野安打で稼ぐタイプの選手」と思っていましたが、蓋を開けみると長打も期待できるパワーの持ち主。 もう今日は負けだなと言った場面をひっくり返す事力を持っており、 近本がいなかったら今年はどうなっていたんだろふうとゾッとするほどです。 シーズン中盤で少し疲れが出てきたのか、調子を落とした時期がありましたが、オールスターのサイクル安打をキッカケに再び輝きを取り戻して来ました。 また近本に引っ張られるように糸原や北条、梅野なども元々持っている力を引き出されているような活躍で今年はチーム全体に勢いを感じます。 若手の力で今年は優勝、そして日本一間違いなし! 矢野監督の胴上げを信じて残りのシーズンの戦いから目が離せません。 キープレイヤーはチームの核弾頭・近本光司選手です。 阪神の長所と言えば、投手陣の層の厚さです。 特に中盤以降の投手リレーはセリーグの中でも一番良いといえます。 連投で疲れが見えるとしても、2軍にも生きのいい若手が控えているので安心です。 そうした若手の中でも、島本や守屋という今年大きく飛躍した若手が最後まで頑張り切れれば、かなり優勝のチャンスの芽が広がります。 リーグ終盤戦となって、 各チームに疲れが出てくる中で、この層の厚さは大きなプラス要素です。 課題は攻撃陣、特にホームランが少ないことです。 でも近本が好調で出塁率が高いですし、福留も帰ってきて調子が上がってくればクリーンナップで点を取れるはずです。 マルテの調子も上がってきたので、やはりカギを握るのは福留がどれだけ打てるかだと感じます。 ここ一番で打てる福留の調子が良ければ得点のチャンスは大きく広がりますし、少ない点数を投手陣が守るという、勝利のパターンができてくると思います。 現実的にみれば、一位でシーズンを終えるのは難しいかもしれませんが、3位か2位でクライマックスシリーズを勝ち上がるパターンを期待できます。 短期決戦こそ投手力や勢いがモノを言うので、若手が増えてきた阪神も勢いをもてば、一気に優勝を勝ち取れるはずです。 キープレイヤーは福留孝介選手です。

次の

阪神タイガース

阪神 タイガース cs

10 22:13• 10 22:05• 10 21:42• 10 21:27• 10 20:39• 10 20:38• 10 19:16• 10 18:29• 10 18:27• 10 18:27• 10 14:03• 10 08:00• 10 05:03• 10 05:02• 10 05:02• 10 05:01• 10 05:01• 10 05:00• 09 17:43• 09 16:59• 09 16:33• 09 16:25• 09 14:30• 09 12:30• 09 05:03• 09 05:02• 09 05:02• 09 05:00• 08 14:38• 08 12:58• 08 12:48• 08 08:00• 08 05:02• 08 05:02• 08 05:01• 08 05:01• 08 05:00• 07 20:12• 07 18:00• 07 15:33.

次の

【セCS】ミラクルタイガース!阪神が6点差をひっくり返し、大逆転勝利でファイナル王手

阪神 タイガース cs

一方、ファイナルステージは主に日本テレビ系列で放送される。 放送が予定されているチャンネルを以下にまとめた。 2019シーズンの最初は、阪神は目立って不調というわけではなかった。 6月あたりは勝ち越すことも多く、リーグ内でも2位、3位を維持していた。 しかし、7月下旬からやや低迷し、最後まで4位が定位置になっていた。 最後の最後で3位になったのは、もはや奇跡としか言いようがない。 横浜DeNAとの今季対戦成績 ぎりぎり滑り込む形で3位になった阪神タイガースだが、実はファーストステージ突破への道は明るいのだ。 今期の横浜DeNAとの対戦成績は16勝1分8敗。 667の高勝率。 阪神がもっとも多く勝利をもぎとったのが横浜DeNAなのだ。 防御率も2. 64と、投手陣がしっかりと抑えていることがよく分かる。 巨人との今季対戦成績 一方、巨人との対戦成績は10勝15敗で勝率は. 400。 横浜DeNAとは真逆で、阪神がもっとも多く負けを喫したのが巨人なのだ。 防御率は4. 05と高得点を許しているのも気にかかる。 しかし、ファーストステージを圧倒的な力で潜り抜けて調子の波に乗れば、ファイナルステージも同じ勢いで進める可能性は充分にある。 阪神タイガースのCS注目選手 チーム全体で勝利をつかむことは野球の大原則だが、個人の力で勝敗が左右されるのもまた事実だ。 横浜DeNAと巨人に相性のいい選手を紹介するので、ぜひ注目してみよう。 横浜DeNAに相性のいい選手 横浜DeNAに対しては、投手陣も野手陣も総じてよい結果を出している今季の阪神タイガース。 そのなかでもとりわけ抑え投手のドリスに注目したい。 ただし、リーグ戦では5勝19セーブをあげているドリスだが、そのうちDeNAからは1勝4セーブと、とくに横浜DeNAに強いというわけではない。 しかし、この1勝4セーブがすべて7月3日までに偏っているのだ。 つまり、DeNAにとっては、ここ3カ月ほどはあまり対戦時間が長くはない投手ともいえる。 反対にいえば、DeNAの誰もがドリスを研究し尽くすほどには対戦していないのだ。 また、ドリスは今季4敗を喫しているが、DeNAには1回も負けていない点も強みだ。 ファーストステージの2戦、あるいは3戦でドリスを抑えに持ってくれば、勝利の方程式が完成するかもしれない。 巨人に相性のいい選手 5月、上原浩治が引退し、セ・リーグ最年長となった42歳の福留孝介。 2019シーズンは打率こそ. 256であったが、出塁率は. 347、10本の本塁打(阪神タイガース内では大山の14本、マルテの12本に続く)を放っている。 注目したいのは、この10本のうち4本は対巨人戦で打っているということだ。 チーム自体の巨人戦の勝率は4割と振るわないが、福留と巨人の相性がよいのは間違いない。 ところで、2019年5月5日、甲子園で福留孝介が放ったサヨナラホームランを覚えているだろうか。 このサヨナラホームランは、セ・リーグ通算5万本となる記念すべき1発でもあった。 さすが福留としか言い様のない劇的な幕切れに、敗者であったDeNAは福留に対する苦手意識を強くしたのではないだろうか。 ファーストステージ、ファイナルステージともに、福留の活躍が期待されるだろう。 まとめ.

次の