危篤の人の家族にかける言葉。 知り合いの父親が亡くなった時にかける言葉。ベストな言葉選び│トイコタエ

危篤状態の本人にかける言葉は?|例文・注意点・家族・マナー・重篤|終活ねっと

危篤の人の家族にかける言葉

危篤とは? 危篤とは 「身体の状態が悪化して、回復は極めて困難であり、死が差し迫ること」を意味します。 医学的にどのような状態を危篤とするのかは、明確に定義されているわけではありません。 血圧の低下、呼吸方法の変化、心拍数の減少、意識レベルの低下、顔や指先の色合いの変化など、医師が知識や経験則に基づき、総合的に診て危篤かどうかの判断がなされます。 病院では入院患者が危篤になると、家族に病院に来てくださいという連絡を行ないます。 危篤の連絡を受けた家族は、その他の身内など関係者に連絡し、病院に駆けつけることが一般的です。 病院から家族に対する危篤の連絡が行なわれた場合、例外的に回復する患者もいますが、多くは数時間から一両日中に最期を迎えることとなります。 危篤時のお見舞いマナー 危篤時におけるお見舞いの際は、どのようなことに気をつければいいでしょうか。 落ち着いたトーンの服装にする 派手な色合いや装飾品は、時に人の心を刺激することがあります。 大切な方が危篤の状態にあるということで、ご家族など関係者も精神的に張りつめていますので、余計な刺激は差し控えることが賢明です。 出先から病院に向かうなどやむを得ない場合を除いて、なるべく落ち着いたトーンの服装を着用していくことが望ましいでしょう。 お見舞いの品物は持参しない 危篤時にお見舞いの品物は必要はありません。 それよりも一刻も早く病院に向かうことが大切です。 仮にお見舞いの品物を持って行ったとしても、死が差し迫っている状況ではかえって家族の負担となってしまう可能性があります。 病院から面会制限を受けることもある 病院に駆け付けたからといって、全ての方が面会できるとは限りません。 家族の意向や医療機関としての都合上、病院から面会制限の案内を受けることもありえます。 また、危篤ということで集中治療室に移動している場合には、ごく近親者のみしか面会できないというケースも考えられます。 無理に面会したいといっても家族に迷惑がかかってしまうこともありますので、面会制限など病院の案内には素直に従うようにしましょう。 お見舞金は持参しない 袋に納めたお見舞金を見て、 香典、葬儀、死をイメージしてしまう方もいらっしゃることから、危篤時にはお見舞金を持参しないことがマナーとされています。 喪服を着ていくことはNG 落ち着いたトーンの服装が望ましいとはいえ 、喪服を着用するのは重大なマナー違反です。 喪服を用意していくことも良くはありませんが、遠方から病院に向かう方については念のため喪服を持参していく方はいらっしゃいます。 この場合、持参した喪服が家族や他の方の目に触れないよう細心の注意が必要です。 危篤時にかける言葉 危篤は家族の方々にとって、非常にデリケートな場面です。 患者様本人にとっても、亡くなる最後まで人の聴覚は働き続けていると言われていますので、周囲でなされる会話の言葉遣いや表現方法には注意しましょう。 状況別の声掛けの内容や事例 ここでは声を掛ける相手ごとに、声掛けの内容や事例についてお伝えいたします。 患者や家族との関係性、病状などにもよりますが、共通項として 死を迎えることを前提とした表現は避けた方が良いでしょう。 たとえば「また一緒に桜を見たかったな」というのは、もう再び一緒に桜を見ることができないことが前提となった表現ととられる可能性があります。 危篤状態の患者本人に対する言葉 病院では、危篤状態にある患者に面会できるのは通常、家族やごく近しい親戚など、限られた方のみであることが一般的です。 危篤の患者にかける言葉として、 「温かく前向きな言葉」や「感謝の気持ち」「安心感を与えるような言葉」または「懐かしい思い出話を語りかける」なども良いでしょう。 反対に、不安感を生じさせたり煽ったりするような言葉はかけるべきでありません。 色々ありがとうね。 今まで言わなかったけど、母さん俺達を生んでくれて感謝してるよ。 また行けたらいいよな。 子供達のことは私に任せておいてな!• 会社の人達が来てくださって、プロジェクトの件も上手く行ったと伝えて欲しいとおっしゃっていたよ。 患者の家族に対する言葉 患者の家族に対しては 「支援、手伝いの気持ちを表す言葉」と「家族の心身的負担に対する配慮の言葉」をかけることが一般的です。 通常のお見舞いでは患者の回復を祈る気持ちも伝えることがありますが、危篤状態のときは話題として触れない方が無難です。 何かお手伝いなど出来ることがあればいたしますので遠慮なくおっしゃってください。 大変なときだと思いますが、奥様が倒れないように気をつけてくださいね。 何かして欲しいことがあれば言ってください。 私たちのことは気にせず、ご家族の皆さんで大切な時間を過ごしてください。 忌み言葉は避ける 忌み言葉とは特定の場面、特定の状況下にある方に対して使用することを避けるべきとされる言葉です。 冠婚葬祭に関する忌み言葉はよく知られていますが、病気を治療中の方やその家族に対して使用すべきでないとされる忌み言葉もあります。 たとえば枯れる、落ちる、途切れる、止まる、果てる、散る、失敗する、朽ちるなどがお見舞いの際、注意すべき言葉であり、危篤時にも同様に注意が必要です。 最後に 今回は、危篤時の連絡やお見舞いマナーについて解説してまいりました。 危篤時は、今にも亡くなってしまいそうな非常に緊迫した状態であり、家族の方々も平静な気持ちでいることは難しく、悲しみ、焦り、不安など様々な想いが交錯する場面です。 家族にとって大切な方と過ごす残り少ない限られた時間でもあるため、通常のお見舞いのとき以上の気遣い、配慮をもった行動を心がけましょう。 いざというときのために今回の内容を参考にしていただければと存じます。

次の

【お見舞いの言葉】病気や入院した方へかける一言!文例もあり

危篤の人の家族にかける言葉

葬儀の準備 作成日:2019年12月11日 更新日:2020年01月24日 危篤状態の本人にかける言葉とは?家族にかける言葉も紹介• 「危篤状態」とは、 予断を許さない、病状が非常に重くなった状態です。 いざ、このような状態の友人や仕事関連の方に会う状況になったとき、どのような言葉をかければよいか分からなくなるケースがあります。 また、「メールで連絡がきたときにどのような返信をすればいいのか分からない」と悩んでいる方もいるのではないでしょうか。 そこでこの記事では、危篤状態の本人にかける言葉やメールでの返信方法などを紹介していきます。 もしものときに対応がわからず焦らないように、かけるべき言葉やマナーを確認しておきましょう。 【もくじ】 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 危篤状態にある本人にかける言葉とは? 危篤状態とは、 いつ亡くなってもおかしくないほど症状が重い状態のことです。 実際に知人がそのよう状況になったときに混乱してしまわないように、危険な状態にある本人にかける言葉を紹介します。 友人や仕事関係の方など相手や状況によって変わることもあるので、あくまで参考として確認してみてください。 別れを惜しむ言葉 人は亡くなる直前まで聴覚が残っているといわれています。 そのため、本人からの反応がなくても、別れを惜しむ言葉をかけてあげましょう。 例えば友人の場合では「まだ死んでほしくないよ。 また遊びにいこうよ」といった言葉をかけてあげるといいかもしれません。 これはあくまで一例ですので、 あなたが感じたままに別れを惜しむ言葉をかけてあげるのが一番です。 仕事関係の方でも、同じような言葉をかけてあげるとよいでしょう。 お世話になった年上の方であれば、普段通り敬語をつかいながら丁寧に語りかけます。 辛い感情になるかもしれませんが、思いやりのある言葉は悲しみに沈む自分の心も落ち着けてくれるでしょう。 今までの感謝を伝える言葉 今までの感謝を伝える言葉は、いざ本人を目の前にすると、頭が混乱してなかなか出てこないことがあります。 危篤の報せを受け、実際に本人に会いに行く前に、 一旦落ち着いてこれまでの思い出を振り返ってみるといいでしょう。 仕事関係の方であれば、最初に自分の名前を伝え「仕事では大変お世話になりました。 ありがとうございます。 」といったように言葉をかけます。 また、プライベートでも繋がりがあった場合は、「ビジネスの場だけではなく、プライベートでも仲良くしていただきありがとうございます」と、伝えるのもよいかもしれません。 これは会社だけではなく、友達でも同じです。 「いつも一緒に遊んでくれてありがとう」、「辛いときや悲しいときも相談にのってくれてありがとう」といった 感謝の言葉をかけると本人も嬉しいのではないでしょうか。 今までの思い出を伝える言葉 とくに親しい仲で交流が深い相手であれば、 「今までの思い出を伝える言葉」もよいかもしれません。 仕事関連の方であれば「仕事が終わったあと、よくいった居酒屋の料理はおいしかったですね。 また行きたいですね」といった言葉をかけてみるとよいでしょう。 友達であれば「去年の冬にいったスキーは楽しかったね。 また行こうよ」といった思い出を語る言葉も出るかもしれません。 共に過ごした日々を思い出して本人に伝えましょう。 辛い現実ではありますが、ここで発する言葉が、その人への最後の言葉になる可能性もあります。 本人のためにも、 これまでの感謝の言葉や思い出を伝える言葉をかけてみましょう。 危篤状態にある方の家族や彼氏彼女にかける言葉とは? 本人ではなく、その家族や彼氏彼女に言葉をかける状況もあります。 危篤状態のときは、家族の心中は穏やかではないことが察せられるため、「どんな言葉をかければいいのか分からない」と不安になってしまうのではないでしょうか。 このようなときは 「労いの言葉」をかけてあげるとよいでしょう。 相手に寄り添って、つらい気持ちを受け止める・共有するという気持ちで伝えます。 友達であれば、「なにか手伝えることがあったら相談してね」といった言葉を伝えてみてはいかがでしょうか。 大切なことは、相手を労うことです。 ただし、 必要以上に心配するような言葉はかけないようにしましょう。 相手が仕事関係の方の場合は、「仕事は気にせず早く病院にいってあげてください」といった言葉をかけてもいいかもしれません。 メールで危篤だと伝えられた場合にはどう返信すべき? 状況によっては、メールで本人が危険な状態であることを伝えられることもあるかもしれません。 その状況になったときに混乱してしまうと、うまくメールが返せないこともあるでしょう。 ここでは、メールで報せを受けた場合の返信方法を紹介していきます。 友人からメールが来た場合や、仕事関係の方からメールが来た場合など、状況別に返信内容を確認しておきましょう。 友人からメールが来た場合 友人からメールが来た場合の注意点は、 仲が良くてもあまり馴れ馴れしい返信をしないことです。 危篤の方との距離感は、友人ほど近くはないことが多いでしょう。 失礼にあたる可能性もあるので、友人であってもメールの内容は慎重に考えます。 例えば「気持ちをしっかりもってね。 なにか手伝えることがあればいってね」といったメールを送ると友達も安心するかもしれません。 また、「あなたにしてあげられることを精一杯してあげて」といった内容でもよいでしょう。 このようなシチュエーションでは、 あまり長く文章を書かずに、シンプルに労いの気持ちを伝えることが大切です。 仕事関係の方からメールが来た場合 親しい友達からのメールとは違い、仕事関連の方であれば、人間関係も少し距離があるはずです。 メールの内容も、 ある程度かしこまった文面にするのが適切といえるでしょう。 たとえば、「仕事のことはお気になさらず、お父さまとの時間を大切になさってください」といったメールを送ってみてはいかがでしょうか。 また、しばらく経って「そのあと、お父さまのご容態はいかがでしょうか。 快方に向かわれることを信じております。 」といった、容態を伺いながら快方を祈るようなメールを送るのもよいかもしれません。 仕事関連の方からのメールも長すぎる文章は避けて、 相手のことを労ったメールを送るのが適切といえます。 危篤の連絡がメールで来た場合の注意点とは? 危篤の連絡がメールで来たときに覚えておきたいことは、 「適切に」かつ 「手短に」まとめることです。 危篤の連絡がきたときは、つい気持ちや感情があふれてしまい、文章を長くかいてしまうことがあります。 しかし、連絡をくれた相手も心中は穏やかではありません。 長いメールを送ってしまうと、先方を疲れさせてしまう恐れがあるので、 長文のメールは控えたほうがよいでしょう。 内容も大事ですが、相手の心の状態も考慮して、文面は必要最低限にとどめるよう心がけることが大切です。 危篤時にかけてはいけない言葉とは? 悪い報せを受けたときには、自分自身も混乱して、あふれた感情をそのまま言葉にしてしまうことがあります。 しかし、 状況によっては、その言葉が適切でないこともあるので注意が必要です。 ここでは、危篤時にかけてはいけない言葉を紹介します。 基本的に先方にマイナスの感情を抱かせるような表現は避けるようにしましょう。 否定的な言葉 否定的な言葉は出さないようにしましょう。 「もうダメかもしれない」、「あんなに元気だったのに」といった言葉は、混乱して感情が溢れてしまうと、ついつい出てしまう恐れもあります。 いざというときには、どのような言葉をかけていいか分からなくなるかもしれません。 あらかじめ 「否定的な言葉は避ける」ということを頭に入れておき、慎重に言葉を選ぶように心がけましょう。 死後の手続き等に関連する言葉 危篤状態は、予断を許さない危険な状態ではありますが、 死後の手続きに関連する言葉は極力避けましょう。 葬式や相続などの話は、本人や家族にとって気持ちのいい言葉ではありません。 また、「死」そのものを連想させる言葉はかけないようにします。 特に「ご愁傷様です」という言葉は使わないようにしましょう。 これは人が亡くなったときにかけるものです。 混乱してうっかり口から出てしまわないように、事前に頭に入れておきましょう。 よくある質問 Q:そもそも危篤とはどのような状態? A:「危篤」とは、 病状が悪化して意識がなくなった状態のことをいいます。 いつ心臓が止まるかも分からないほど危険な状態であり、一般的には状況が良くなる見込みがないといえるでしょう。 この状況が続く期間は人によって変わりますが、場合によっては数時間で亡くなることもあります。 そのため、連絡を受けた場合は、できるだけ早くその人のもとへ行ってあげるとよいでしょう。 Q:危篤状態から回復する場合はある? A:危篤に陥ったとしても必ずしも亡くなるわけではありません。 人によっては、 危険な状態が数日続いたあとに、回復していくケースもあります。 ただし、状況が良くなる可能性は誰にも分かりません。 その人の病状や生命力次第といえるでしょう。 Q:お見舞いに行っても問題ない? A:「危篤のときにお見舞いに行ってはいけない」と考える人がいますが、これは状況によって変わります。 基本的に、危篤と判断された場合のお見舞いは、親族や親しい友人以外は控えたほうがよいでしょう。 最後のお別れができない可能性もありますが、家族の負担も考えて、お見舞いは避けるのが一般的です。 それほど距離が近しい相手でなくても、家族からお見舞いを頼まれた場合は行ってもよいでしょう。 Q:お見舞いの品を持参するべき? A: 危篤状態でのお見舞いでは、手土産は持たないほうが賢明です。 危篤状態のときは、手土産よりも 「早く駆けつけること」が何より大切だからです。 持ち物は、お財布や携帯電話など必要最低限だけにとどめておき、できるだけ早く本人に会いに行くようにしましょう。 Q:お見舞いにはどのような服装で行けばよい? A: お見舞いに行く服装にはとくに決まりなどはありませんが、過度に派手な服装は避けたほうがよいでしょう。 スーツなどある程度フォーマルな服装で駆けつけるのが無難ではありますが、危篤状態のときは一刻も早く本人に会いに行くのが大切ですので、私服でも問題ありません。 その際は、地味で落ち着いたデザインを選ぶと安心です。 Q:お見舞金を渡すべき? A: お見舞いでは無理に手土産を持っていく必要はありません。 どうしてもなにか用意したい場合は「お見舞金」を渡すのもよいでしょう。 ただし、 お見舞金は「目上の人には渡さないほうがいい」という意見もあります。 一般的に必須とされているわけではないので、悩んだ場合は渡さないほうが無難かもしれません。 まとめ 危篤状態のときにかける言葉やマナーは難しいものがあります。 しかし、なによりも大切なことは 先方に対する思いやりです。 相手を想う気持ちがあれば、適切な言葉をかけることができるのではないでしょうか。 危篤は、いつ亡くなってもおかしくない状態です。 回復してほしいと思っても、残念ながら願いが届かないケースもあるでしょう。 もしも相手が亡くなったときに混乱しないように、頭の中では葬式や死後の手続きについて考えておく必要があります。 では、お葬式や死後の手続きに関する相談を24時間365日いつでも承っています。 なにかご質問があれば、お気軽にご連絡ください。 葬儀に関するお問い合わせは「小さなお葬式」へ 葬儀に関するご準備は事前に行うことが大切です。 いざという時困らないように、葬儀全般に関する疑問は、「小さなお葬式」へお問い合わせください。 24時間365日専門スタッフがお客様のサポートをさせていただきます。

次の

家族に危篤状態の方がいる友人にかける言葉

危篤の人の家族にかける言葉

Q 友達以上恋人未満と言う関係の彼女がいます。 その娘の母親が倒れられ 彼女の生活状況が変わり自分のことのように思え彼女同様気持ちが落ち込んでます。 落ち込んでる時、倒れられる前までのようにたわいもない内容のメールだしたら余計に彼女の気持ちを落ち込ませてしまいそうに思ってしまいます。 と言って 例えばですよ どうです、お母様の様子はとか、心配してます、 な~んてメールするのは入院患者にがんばってねまたは元気だしてねと言っても白々しく聞こえるのと一緒のような気がします。 要は 彼女をつなぎとめたいだけだと思ってますが、あんたなら どんなメール送られます。 いろんな意見聞きたいので、回答期間少々相手も見てますのでよろしくお願いします。 Q 先月友人の母親が倒れました。 その友人とは長い付き合いですが、その母親とはお会いしたことはありません。 友人の母親はおそらく脳出血だと思われます。 友人が電話で報告してくれたのですが、泣いていてうまく聞き取れませんでした。 現在も入院しており危ない状況らしいです。 先日も「お母さんの容態が急変して今から手術」というメールがきたので、危ないことは確かです。 私は両親が倒れたことはなく、二人とも元気です。 なので友人にどう声をかけたらいいかわからず悩んでいます。 友人のことは大切だと思います。 早くいつもの彼女に戻ってもらいたいです。 しかし、最近友人の連絡が億劫です。 必ず「どうしたらいいかな?」と聞いてきます。 そのたびに私はなんと返事をすればいいか悩みます。 下手なことは言えないし、「絶対良くなるよ」と言ったものの もし友人の母親が亡くなったら…と考えると辛いです。 友人は私を信頼して相談にきているのがわかるので、それは嬉しいことなのですが、 正直なところ私にはちょっと身が重く感じます。 この友人に対して、私はどのように接するべきですか? また、友人は私になにを求めているのですか? 皆様、ご回答よろしくお願いします。 先月友人の母親が倒れました。 その友人とは長い付き合いですが、その母親とはお会いしたことはありません。 友人の母親はおそらく脳出血だと思われます。 友人が電話で報告してくれたのですが、泣いていてうまく聞き取れませんでした。 現在も入院しており危ない状況らしいです。 先日も「お母さんの容態が急変して今から手術」というメールがきたので、危ないことは確かです。 私は両親が倒れたことはなく、二人とも元気です。 なので友人にどう声をかけたらいいかわからず悩んでいます。 A ベストアンサー こんにちは。 30代オンナです。 私は5年前に実母を癌で亡くしました。 そのときに会社の皆さん、友人たちにいろいろな言葉をかけてもらいました。 「大変だったね」「何かできることあったら言ってね」等々なぐさめやねぎらい(お通夜・お葬式は大変だった!)の言葉はどれもありがたいものでした。 ただ、うちの母親の場合56歳という若さで亡くなったのでそれは私自身とても残念で悲しいことでした。 唯一「まだ、若かったのに残念ね・・」という言葉には正直辛く感じました。 わたくしごとをゴタゴタ並べてしまいましたが、やはり何か言葉をかけてあげたほうが良いと思います。 腫れ物を触るように気をつかっていただいたことがあり逆にこっちが気をつかっちゃったりしたことがありました。 ただ、なくなった直後は葬式やら事務手続き等でとても忙しくて亡くなったんだ実感というものが感じられません。 できたら、落ち着いた頃に 49日が終わり、2か月くらいたったころ)食事にでも誘ってお話を聞いてあげてみてください。 A ベストアンサー 死を待つばかりの状態では相手も動揺しているでしょうし、何を言ってもそれが状態を改善する訳でもないので、手短にご自分の気持ちを伝えるだけで大丈夫です。 英国圏では通常、I'm so sorry to hear that. というのが普通最初に口に出る言葉です。 その後は相手の方とどのくらい親しいかにもよりますが、下記の様な事も言えると思います。 It breaks my heart to imagine what you and your family are going through. I know words are inadequate to express how sorry I am. Please let me know if there's something I can do for you. I'm a good listener, so if you'd like to talk about it, I'm always here for you. この他にもご自分で相手に心の底から伝えたい事があれば、紋切りの表現より相手に感銘を与えると思います。 お義理で言うだけでなく、相手からその後の連絡がなくても「どうしていますか?」というフォローアップをしてあげると良いと思います。 死を待つばかりの状態では相手も動揺しているでしょうし、何を言ってもそれが状態を改善する訳でもないので、手短にご自分の気持ちを伝えるだけで大丈夫です。 英国圏では通常、I'm so sorry to hear that. というのが普通最初に口に出る言葉です。 その後は相手の方とどのくらい親しいかにもよりますが、下記の様な事も言えると思います。 It breaks my heart to imagine what you and your family are going through. I know words are inadequate to express how sorry I am. Please let me know if there's some... Q 6日前からアルバイトスタッフが休んでいます。 理由は、お祖母様が危篤状態で危ない、との事でした。 事態が事態なので悔いのない様に過ごしてもらいたいと思い、落ち着くまで休める様に調整するから遠慮なく言う様にと伝え様子を見ていました。 その3日後、祖母の容体が回復し、親戚達と今後の介護などの話し合いも終わったのであと2日休んだら出勤したい、とスタッフから申し出がありましたのでそのつもりで出勤当日を迎えたのですが、そのスタッフは来ませんでした。 何かあったのかと心配になり電話しましたが、出ません。 留守電に折り返し連絡を下さいと入力しましたが連絡はありません。 お祖母様の事でいろいろ慌ただしかった事もあり肉体的精神的に疲れてしまったでしょうし、さらに追い詰めてしまいそうな気がするので連絡を頻繁にするのは避けてそっとしておきたい気持ちもあります。 ですが、どの様な状況であれそのスタッフが無断欠勤をした事によって残業する事になった他のスタッフや休日のスケジュールを変更して代わりに出勤してくれたスタッフの事を考えると、売り場の責任者として無断欠勤については怒りを覚えてしまいますし、今後も自分の言った日なのに突発で休む事が続けば他スタッフの負担が増えるのは明らかですので、こちらとしても困ってしまいます。 この様な状態のスタッフの無断欠勤に、どう対応したら良いのか分からず悩んでいます。 皆様ならばどの様になさいますか? ご指導のほどよろしくお願い致します。 理由は、お祖母様が危篤状態で危ない、との事でした。 事態が事態なので悔いのない様に過ごしてもらいたいと思い、落ち着くまで休める様に調整するから遠慮なく言う様にと伝え様子を見ていました。 その3日後、祖母の容体が回復し、親戚達と今後の介護などの話し合いも終わったのであと2日休んだら出勤したい、とスタッフから申し出がありましたのでそのつもりで出勤当日を迎えたのですが、そのスタッフは来ませんでした。 何かあったのかと心配になり電話しましたが... Q 本日、父が倒れ緊急入院しました。 脳関係(おそらく脳梗塞)なのですが、あいにく今日は休日なので詳しい検査を明日から行い、以後の治療をきめていく、とのこと・・・。 (意識はまだあります) とはいえ、私は正社員として働いているので明日から仕事があります。 サービス残業ももちろんあります。 定時になったらすぐに帰れる、という状況ではございません。 そこで質問なのですが 上記の理由で明日から数日、 仕事を休んだり、早退する、ということは、常識的に考えてありなのでしょうか?? もし「あり」なのでしたら上司に相談してみようと思うのですが・・・。 私の周りをみてもこういった理由で休んでいる人はまだいなくて・・・。 (私はまだ20代半ば・・で・・) こういったことで休んだりするのは・・・非常識な行為なのでしょうか?? 是非、一人でも多く意見をきかせてください A ベストアンサー お父様が倒れられたとのこと、びっくりされていると同時にとても心配されているのではないかと思います。 そのような事情であれば、休んでも構わないと思われます。 なお、法律的な面で心配、というのであれば、 6ヶ月以上継続勤務し、契約上出勤することになっている日の8割以上出勤していれば、10日の年次有給休暇を取ることが可能です。 まずは、明日の朝にでも「こういう事情でお休みさせてください」と会社に年次有給休暇の取得を申し出られてはいかがかと思います。 そのほか、お父様が介護が必要な状態になった場合には、最大で93日の介護休暇を取ることが可能です。 (雇用保険の被保険者であるなどの細かい条件がありますが) 公共職業安定所に問い合わせれば、介護休業のことについて教えてもらえるはずです。 会社は介護休業の間は賃金を支払わなくても構わないのですが、介護休業した場合、雇用保険から給付金が支払われる制度もあります。 家族を介護する人が増えてきている時代ですし、公共職業安定所にもそういう労働者を支援する制度がありますので当てはまるようなら、その制度を活用されたほうがよいと思います。 (まだ介護が必要な状態になるとは決まったことではありませんが、念のため。 ) 倒れたばかりでお父様は何かと不安なことがよいでしょうから身内のかたがそばにいられたほうがよいかと思います。 とにかく早めにお見舞いに行ってあげてくださいね。 お父様が倒れられたとのこと、びっくりされていると同時にとても心配されているのではないかと思います。 そのような事情であれば、休んでも構わないと思われます。 なお、法律的な面で心配、というのであれば、 6ヶ月以上継続勤務し、契約上出勤することになっている日の8割以上出勤していれば、10日の年次有給休暇を取ることが可能です。 まずは、明日の朝にでも「こういう事情でお休みさせてください」と会社に年次有給休暇の取得を申し出られてはいかがかと思います。 そのほか、お父様が介護が必要... Q 親の容態が不安定な場合休みを貰うのは非常識でしょうか? 仕事を休むべきか?出勤するべきか?悩んでいます。 一進一退の状態で、再起をかけて入院中の父の介護をしてきました。 特に、先週一週間、上司にお願いして、昼から休みを頂いて 午後から介護にあたってきましたが、昨日、主治医から 意識などは、現在ありますが、容態が急変して、急死する可能性もあります。 覚悟しておいてください。 と言われました。 他に家族もいなく、一人で病院において置くのは、あまりにもとも思いますが 意識不明とか、確実に死ぬという状態でもなく、どういった判断をするべきか 非常に悩んでいます。 みなさんが同じ様な立場であったり 職場の人間だとすれば、どう思いますか?このような状態で 休みを貰いたいのは、甘え、非常識なことだと思われますか? A ベストアンサー 職場側の立場です。 建前論としては、有休を限度いっぱい申請し、それでも足りないなら無給の介護休暇・介護休職をとっても問題はないとの回答になります。 しかし、現実には、制度がしっかりしている大きな会社や公務員などと 仕事がいっぱいいっぱいの中小企業とでは異なります。 前者なら 制度をフルに活用しても問題ありませんし、一人くらい欠けても支障を来たしません。 ただし、後者では 一人が長期的に欠けるとなると仕事に支障を来たしてしまい、連続した休みには良い顔をしませんし、社内の人々も 表面はともかくとして内心では快く思っていません(あえて言えば 会社を辞めて看病に専念して欲しいと思っていたりします) ということで 私も現実を言うだけで どうすべきかとは言えません。 私は、親が亡くなった時は遠方のため死に目に会えませんでしたが、そういう人もいます。 家族の全員が死に目に立ち会っているわけではありませんし、冷たいことを承知で言えば、死に行く人より これから長く生きるであろう人の状況を重視するという考えもあります。

次の