赤ちゃん お腹 ギュルギュル。 お腹ギュルギュル痛い

お腹がギュルギュル鳴る5つの原因とその対処法を分かりやすく解説

赤ちゃん お腹 ギュルギュル

このページの目次• 新生児のお腹がギュルギュルするのは腸が活発に動いているから 新生児の赤ちゃんが授乳をした後はぐっすりを眠ったと思っていたのに、いきなりぐずりだすこともあります。 さっきまでスヤスヤ寝ていたのにいきなりぐずりだすと、何かあったのか不安になるものですが、授乳後であれば腸が活発に動いている証拠と言えます。 新生児の内臓は短くしっかりとしていないので、授乳をした時には上手く消化できていないことも考えられます。 早く消化しやすくなっていますが、消化をする時には腸が活発に活動します。 腸が活発に活動することによってお腹がギュルギュルするようになり、寝ている時でも新生児がびっくりして、ぐずりだしてしまうのです。 新生児は寝る時間も長いので授乳後にはすぐに寝てしまいますが、体内ではまだ消化しきれていない状況なので、腸が活発に動き出してしまいます。 新生児はびっくりしてぐずってしまいますが、腸の動きがおさまってくると眠りについてくれるはずです。 新生児のお腹がギュルギュルする時は空気がたまっている 新生児が授乳した後にお腹がギュルギュルするのは、お腹の中に空気がたまってしまうことが主な原因となります。 授乳する時にはミルクと一緒に空気も飲み込んでしまうので、お腹の中に空気が入り込みます。 新生児だけでなく人は食事をする時でも空気を取り込んでしまいますが、上手くゲップをして空気を吐き出すことができます。 新生児の赤ちゃんが上手くゲップができないと、空気が入り込んだままなので違和感を感じてぐずりだしてしまいます。 お腹がギュルギュルするのは空気がたまっている状態なので、上手くゲップをさせて空気は吐き出させることが大切です。 授乳た後はすぐに寝てしまうことも多いので、ゲップをさせることを忘れてしまうと後でぐずりだしてしまいます。 抱きかかえて軽く背中を叩いてあげるとゲップをしやすくなるので、授乳をした後には必ずゲップをさせてから寝かせるようにしましょう。 ゲップが上手くできない時も新生児のお腹はギュルギュルしやすい 新生児のお腹がギュルギュルする原因は空気が入り込むことでおきますが、上手くゲップをすることができればすぐい対処することができます。 しかし新生児によっては上手くゲップをすることができない時もあるので、お腹がギュルギュルしやすくなることもあります。 授乳した時に空気を飲みこんでしまうのは仕方がないことですが、できるだけ空気を飲みこまないようにすることも必要です。 お腹がギュルギュルした状態ではずっと違和感を感じてぐずってしまうので、ぐっすり眠ることもできなくなってしまうでしょう。 ダラダラ飲ませたり授乳していれば大人しいからといって余分に与えてしまうと、より空気を飲みこむ回数が増えるのでギュルギュルしやすくなります。 空気がたまってしまうことが原因だと分っているので、できるだけ空気をため込まないように対処することが大切です。 お腹がギュルギュルする時は空気を飲むことを減らす工夫をする 毎回お腹がギュルギュルすることが多くなると癖になってしまうので、できるだけ空気をためないように工夫することが大切です。 新生児は体の発達が未熟なのでお腹がギュルギュルすることもありますが、できるだけ空気をため込まないしたいものです。 授乳する時には時間を空けることによって、空気を飲みこむ回数を減らすこともできます。 ダラダラとずっと与え続けるのではなく、メリハリを持って授乳させることによって空気をため込まない時間を作ることができます。 もしも上手くゲップができなくて空気がたまってしまうようならば、おむつ替えの時に足を動かしておならをしやすいようにするのも有効な手段のひとつです。 また授乳から時間が経っていれば、お腹を軽くマッサージすることでおならをしやすくすることもできます。 できるだけ空気をため込まないようにすることが大切なので、授乳回数や時間に気を配るようにしましょう。 ゲップが出るのにグズる時は医者に相談することも必要 新生児はお腹がギュルギュルするのが当たり前だと思っていると、思わぬ病気になっていることも考えれます。 普段からできるだけ空気を飲みこまない工夫やため込まないようにして、ゲップを出させることで新生児も快適に過ごせます。 しかし上手くゲップができない時もあればお腹が張ってしまうこともあるので、普段からよく観察していれば異変に気づくことができます。 新生児は腸が活発に活動するだけでもぐずりますが、胃腸に原因があると毎日ぐずるようになります。 今までぐずっていなかったのに毎日ぐずりだしたり、授乳したものを吐き出してしてしまうようなら病院に行って診察してもらいましょう。 お腹の張りが強くなることで普段と様子が違うことを感じられますが、病気までは疑うことはできないでしょう。 胃軸捻転症などの病気になっていることも考えらえるので、早めの診察をすることが大切です。 自己判断せずに診察することが大切なので、新生児は普段からしっかりと観察しておきましょう。

次の

お腹がギュルギュル鳴る5つの原因とその対処法を分かりやすく解説

赤ちゃん お腹 ギュルギュル

お腹がギュルギュル鳴る5つの原因 空腹 お腹がギュルギュル鳴るときにまず考えられるのは、単純に空腹が原因であることです。 胃は筋肉で伸びたり縮んだりしています。 この筋肉の伸び縮みにより、胃に入ってきた食べ物が胃液により消化され腸で吸収されやすくなるのです。 このような胃の筋肉の動きをぜん動運動と言います。 そこで、空腹になり血中の糖濃度低下すると、胃の中のものは十二指腸に送り出されるため胃の伸び縮みが活発化します。 このときに胃の中の空気が圧縮され、ギュルギュルとお腹が鳴ってしまうのです。 そこまで空腹感はなくても、このようなメカニズムでお腹が鳴ってしまうことはよくあります。 自律神経の乱れ 自律神経とは、体の生理作用をコントロールしている司令塔のような神経です。 この自律神経が精神的ストレスや疲れなどが原因で乱れると、上述した胃のぜん動運動にも乱れが生じお腹がギュルギュル鳴る原因となってしまうのです。 自律神経によるぜん動運動は意識的にコントロールできるものではなく、呼吸のように無意識で働くようになっています。 自律神経の乱れにより、ぜん動運動が活発化し空腹でなくてもお腹がギュルギュル鳴ってしまうのです。 また、自律神経が乱れるとお腹が鳴るだけでなく、体がだるく感じたり、腹痛、吐き気、食欲不振などさまざまな全身症状が現れることがあります。 冷え 体が冷えることで、胃などの消化器官の機能が低下することでお腹がギュルギュル鳴ってしまうことも考えられます。 特にお腹が冷えると、胃腸の機能が低下しやすく冷えてしまった胃腸を活性化させようとお腹が鳴ったり、腹痛、下痢などが起きてしまうのです。 秋冬などの気温が低いときはもちろん、夏場でもエアコンの使いすぎによりお腹が冷えてしまうことはよくあります。 特に体が冷えやすいと感じている女性の方は注意しなければなりません。 過敏性腸症候群 過敏性腸症候群とは、 20〜30代の若い世代で発症しやすく、下痢や便秘、腹痛などお腹のさまざまな症状を引き起こす病気です。 この過敏性腸症候群の症状の一部でお腹がギュルギュル鳴っているということも考えられます。 過敏性腸症候群でよくある症状は、通勤・通学中に電車の中で腹痛や下痢の症状を引き起こしてしまうケースです。 この病気が引き起こされる原因は、主に 精神的ストレスです。 よく緊張したり不安にかられる性格の方、神経質、完璧主義な方は性格上、精神的ストレスを溜め込みやすく過敏性腸症候群を発症しやすいのです。 お腹がギュルギュル鳴る他にも、腹痛や下痢、便秘などお腹の症状が現れる場合は過敏性腸症候群ではない疑いましょう。 こちらでさらに詳しくお伝えしていますので併せてご覧ください。 参考: 呑気症(空気嚥下症) 呑気症とは、正式には空気嚥下症と言い、空気を大量に呑み込んでしまうことにより胃や食道などに空気が溜まってしまうことを言います。 これにより、お腹がギュルギュル鳴ったり、ゲップが出やすくなる他、お腹が膨れる感じがしたり胸やけ、腹痛などの症状も現れることがあります。 このような呑気症になってしまう原因は、過敏性腸症候群と同様に精神的ストレスがあげられます。 他にも、呑気症の特徴的な原因として歯の噛みしめもあげられます。 無意識的かつ慢性的に歯を噛み締しめていると呑気症になりやすくなってしまうのです。 呑気症についてはこちらの記事でも詳しくお伝えしています。 参考: お腹がギュルギュル鳴るときの対処法 朝食を摂る 朝は時間がなく、朝食をしっかり食べていない方も多いのではないでしょうか。 朝食をおろそかにしてしまうと、脳が空腹感を感じやすく日中にお腹が突然ギュルギュルと鳴り出してしまうことが多くなってしまいます。 できるだけ朝食はしっかりと食べるようにすることでお腹が鳴るのを防ぐことができます。 消化の良い食べ物を食べる 食事の内容にも気をつけましょう。 消化の悪い食べ物であったり、肉類など動物性タンパク質が多い食事、揚げ物、アルコールなどが中心となっている食生活をしていることもお腹がギュルギュルと鳴ってしまう原因となります。 このような食生活は胃腸を悪くしてしまったり、腸内の悪玉菌が増えてしまう原因となりお腹がギュルギュル鳴ってしまうことにつながります。 体を温める 上述したように体が冷えると体質によってはお腹が鳴りやすくなるのでしっかりと体を温めるように意識しましょう。 特に寝ているときにお腹が出ていたりして冷えてしまうことが考えられます。 すると、起床後にも冷えが続き、お腹が鳴ってしまうことが考えられます。 安静にする 上記のように精神的ストレスは自律神経の乱れを引き起こしたり、過敏性腸症候群、呑気症などにつながる恐れがあります。 運動などをしてストレスを発散させる他、しっかりと睡眠を取ったりして安静にしていることも大切です。

次の

なぜ?お腹からぐるぐる音が鳴る|下痢・腹痛・ガスの解消法。病気の可能性は?

赤ちゃん お腹 ギュルギュル

お腹が鳴る仕組みについて お腹が鳴ることを、医学用語で「腹鳴(ふくめい)」と言います。 なぜ腹鳴が起こるのか、その仕組みについて解説します。 これが腹鳴の正体です。 ちなみに消化管は空腹時にも蠕動運動を行っており、何も食べてなくてもお腹にたまったガスと腸の内容物が混ざり合うことでお腹は鳴ります。 つまり腹鳴は、生きている猫にとっては当たり前のことと言えます。 消化管の中には、食物と一緒に飲み込んでいる空気、食物が消化される時に発生するガス、腸内細菌が発生するガスがたまっていて、げっぷやおならによって自然に排出されるのですが、このガスが発生する量が増えたり、上手く排出することができないと強い腹鳴を起こしたり、腹鳴の回数が増えたりします。 どんな腹鳴が異常?正常との見極め方とは? 正常の猫でも当然お腹が鳴ることがあるのですが、どんな場合は異常と考えたらいいのでしょうか? その見極め方について解説します。 異常な腹鳴かどうかのチェックリスト 以下のチェックリストに当てはまる箇所が少ない場合、猫のお腹から聞こえたゴロゴロ音は生理的な腹鳴と考えて、しばらく様子を見てもよいでしょう。 もし逆に当てはまる箇所が複数見られる場合は病気の可能性がありますので、動物病院に相談に行きましょう。 腸内にガスが増えやすくなる「消化管の病気」とは? 消化管の病気になると、腸内細菌のバランスが乱れるため消化管内にガスが溜まりやすくなります。 この状態を医学用語で「鼓腸(こちょう)」と言います。 では猫はどんな消化管の病気を起こすことがあるのでしょうか? 消化不良 猫の消化管の病気の中でも日常的に見られるのが、食べ物の影響を受けた消化吸収不良です。 食べ過ぎたり急激にフードを変えてしまったり、牛乳などの乳製品を与えてしまったりすると消化不良を起こし、細菌バランスが乱れ鼓腸や腹鳴が見られたり下痢を起こしてしまいます。 急性胃腸炎 胃や腸に突然起こる炎症を急性胃腸炎といいます。 症状は突然の下痢と嘔吐で、症状が強いと強い腹鳴とともに水っぽい下痢を起こすことがあります。 原因としてはウイルスや細菌、寄生虫などの感染症によるものの可能性が考えられ、検便等の検査で原因が特定されることもありますが困難であることも多いです。 この病気になると数週間以上続く慢性的な下痢や嘔吐の他、鼓腸、体重減少や嘔吐、食欲低下といった症状が表れます。 中高齢の猫において、発症が多くなる病気です。 悪性腫瘍 猫の腸管にはリンパ腫、肥満細胞腫、腺癌といった悪性腫瘍が発生することがあり、症状は前述の炎症性腸疾患と非常に似ています。 リンパ腫は高齢猫において非常に発生頻度が高い悪性腫瘍で、「低分化型」と「高分化型」の2つのタイプがあり、低分化型リンパ腫に比べ高分化型リンパ腫は進行がゆっくりであり、内視鏡検査の結果も炎症性腸疾患との鑑別が難しいことがあります。 では猫はどんな呼吸器の病気を起こすことがあるのでしょうか? 鼻の病気 猫は両方の鼻がつまってしまうと上手く鼻呼吸が出来ないため口呼吸になり、その結果呑気してしまうということは珍しくありません。 猫に鼻づまりを引き起こす病気には、鼻炎・副鼻腔炎や、鼻腔内腫瘍、鼻咽頭ポリープが挙げられます。 このような鼻の病気になると、鼻づまりの症状(流涙、鼻水、くしゃみ、いびき)に加え、元気食欲の低下、鼻血も合わせて見られることがあります。 症状からはどの病気なのかの鑑別は難しいですが、発症年齢がいつなのかは診断の上で重要なヒントになり、鼻炎はどの年齢の猫にも見られますが、鼻腔内腫瘍は高齢の猫、鼻咽頭ポリープは若齢の猫に発生が多い傾向にあります。 これらの病気になると、呼吸困難を引き起こし呑気したり、元気や食欲の低下、咳などの呼吸器症状が見られます。 肺炎は細菌感染や誤嚥によるものがほとんどです。 肺腫瘍の発症原因は不明ですが、高齢の猫に見られ、肺が原発性のものもあれば、どこか別の臓器の腫瘍が転移することもあります。 猫の肺水腫の原因で最も多いのが、肥大型心筋症という心臓の病気によるものです。 肥大型心筋症になると心臓の収縮力が弱まりうまく血液が循環しなくなるため、胸水や肺水腫といった病態を引き起こし、呼吸困難に陥ります。 喘息とは、細菌やウイルスなどの感染症以外で起こる気管支の炎症のことで、ホコリやタバコの煙などの有害刺激や、アレルギー反応が炎症の引き金になると考えられています。 猫の喘息の症状としては呼吸困難による呑気の他、咳や喘鳴(ぜいめい)と呼ばれる気道が閉塞してヒューヒューと音がなる症状などが見られます。 治療はステロイド剤の内服もしくは吸入を行い、この投薬で症状が改善されることが喘息の特徴になります。 猫は体調不良を訴えることができませんので、日頃から注意深く猫の行動を観察しておき、腹鳴が気になったらぜひチェックリストを参考にしてみてくださいね。 「動物病院に連れていきたいけど治療費はどのくらいかかるんだろう?」 「愛猫の病気を治してあげたいけど高額費用を支払う余裕がない…」 という飼い主さんはとても多いです。 動物病院で治療する場合、病気によっては10万円以上かかってしまう場合もあります。 動物病院で治療すれば助かった命は実に多いです。 経済的な問題で愛猫の寿命を縮めないためにも愛猫が元気なうちにペット保険に加入することが大事になります。 でも「ペット保険っていうけど、どういう保険があるの?」という疑問も出てくるかと思います。 ペット保険の加入に迷った場合には、ペット保険の一括資料請求がおすすめです。 複数のペット保険の資料を比較することで「 あなたと愛猫にとって一番ベストの保険が分かる」というメリットもあります。 利用は無料です。 詳しくはこちらをご覧ください。 >>> <<<.

次の