足が臭い 対処法。 子どもの足が臭い!|足の匂いを解消する方法

靴が臭いけど洗えない時の対処法は?アルコールで消臭できる?

足が臭い 対処法

足にいる雑菌• 疲労やストレス• 病気 順番に詳しく紹介します。 足にいる雑菌 足が臭い原因で最も多いのが、 足にいる雑菌です。 実は足って、体の中でも汗をかきやすい部分だとご存知でしょうか? 特に足の裏には、汗をかく汗腺というものが多くあり、 足だけで1日にコップ1杯分の汗をかくとも言われています。 汗そのものは無臭なのですが、足に潜み汗を餌にしている菌に分解されることによって、臭いにおいが発生するのです。 疲労やストレス 疲労やストレスも、足が臭くなる原因と考えられます。 日々の仕事などで疲労がたまると、本来尿として排出されるはずのアンモニアが皮膚から出て、疲労臭と呼ばれるものに変わります。 さらにストレスによって自律神経が乱れると、足の裏に大量の汗をかくようになり、 雑菌が繁殖しやすくなる原因にもつながりやすくなります。 病気 病気も、足が臭くなる原因として考えられます。 大量の汗をかいてしまう「多汗症」の人や、免疫力が低下している人の足は、 菌が活発に活動しやすくなるので、臭いも強くなります。 足の臭いは遺伝する? 手や柔らかいタオルで洗う 足を洗うときは、 手や柔らかいタオルで優しく洗いましょう。 スポンジやボディータオルでゴシゴシ洗うと、足に傷が付き、そこに雑菌が溜まりやすくなってしまいます。 足の裏のシワに沿って洗う みなさん足の裏を洗うとき、指からカカトに向かって縦に洗っていませんか? 実は足の裏のシワは、横に向かって出来ているシワもあるので、 縦に洗うだけでは効果があまり期待できません。 足を洗うときは、 シワに沿って横にも洗いましょう。 指の間や爪の中も洗う 指の間は、汚れが溜まりやすいのでよく洗いましょう。 また、爪垢が溜まるとそこから何とも言えない臭いが発生します。 毎日意識して爪の中も洗いましょう。 足を洗うときに見落としがちなのが、 カカトです。 カカトにも、汚れや汗が結構溜まっているのでしっかり洗い流しましょう。 しっかり洗い流して水分を拭き取る 石鹸カスや泡が残らないように、 しっかり洗い流しましょう。 その後、タオルで水気が無くなるまでしっかり拭き取りましょう。 特に指の間に水分が残っていると、雑菌の繁殖につながってしまうので気をつけましょう。 足の爪を切る 足の爪に溜まった垢は、 雑菌の繁殖を手助けする餌となります。 こまめにカットして、爪垢が溜まらないように注意しましょう。 靴を清潔にする 靴を清潔に保つことは、雑菌の繁殖を防ぐことにつながります。 靴は足から出る汗を多く含んでいます。 靴の中や靴箱の下に新聞紙を入れておくことで、靴の水分を吸収して清潔に保つことができるでしょう。 本当は、できるだけ毎日同じ靴を履くことを避けたいですが、そうもいきませんよね。 そんなときは、 せめて雨の日に履く靴だけでも変えてみてはいかがでしょうか? 雨に濡れた靴は、そのまま乾くと雑菌だらけになってしまいます。 レインブーツを用意することで、普段履いている靴が濡れてしまうのを防げますよ。

次の

足が臭いのはなぜ!? 足が臭う原因と対処法6つを徹底紹介

足が臭い 対処法

日本小児科学会専門医。 2002年、慶応義塾大学医学部卒。 神奈川県内の病院・クリニックで小児科医としての経験を積み、現在は神奈川県横浜市のなごみクリニックに院長として勤務。 内科・小児科・アレルギー科を担... 幼稚園や保育園、学校から帰ってきた子供の足が「臭い!」と感じたことはありませんか?子供の足が臭い原因は、一体何なのでしょうか?また、病気の可能性もあるのでしょうか?今回は子供の足が臭い原因や対処法、病院に行く目安などについてご紹介します。 子供の足が臭い原因とは? 足が臭い原因は、主に雑菌が繁殖してしまうことです。 子供の足に雑菌が繁殖する原因は様々で、子供の足が「うっ!」と鼻をつまんでしまうほどの臭いというのは、決して珍しいことではありません。 子供の足が臭くなる主な原因は以下の通りです。 新陳代謝が活発 子供は大人に比べて新陳代謝が活発で、大人よりもたくさんの汗をかく傾向にあります。 汗をかき、湿った状態のままでいると、細菌や真菌が繁殖しやすくなり、体臭が出てしまうのです。 夏場のサンダルであればあまり問題はありませんが、通常の靴の場合、基本的に靴下を履くため、子供の足の温度は上昇します。 そんな状態で動き回ると大量に汗をかいてしまいます。 靴の汚れ 同じ靴を履き続けたり、洗っていなかったりすると、足から出た汗や垢が靴の中に溜まっていきます。 すると、前述の菌が繁殖しやすい環境ができあがり、足が臭くなることがあります。 爪の伸び 足の爪が伸びすぎると、爪の間にホコリや垢などさまざまな汚れが溜まりやすくなり、雑菌が繁殖してしまいます。 関連記事 靴は複数を用意し、定期的に洗う 足をきれいにしていても、靴が汚れていると、臭いを絶つ効果はどうしても減ってしまいます。 靴は湿気が抜けにくいため、足の臭い防止を考えると、同じ靴を2日連続で履かないようにしましょう。 汗をかきやすい夏場は、3~4足を履き回すようにするのもいいですね。 また、足の臭いが気になるときは、できれば月に1回は靴を洗うようにしてください。 洗った後は、完全に乾かしましょう。 生乾きのままだと、雑菌が繁殖して逆効果になることがあります。 靴下をこまめに変える 子供が幼稚園や保育園、学校から帰ってきたら、足を洗い、すぐにきれいな靴下に履き変えます。 家の中で過ごす場合は、靴下を履かせなくても大丈夫です。 通気性の良い靴下を履くようにするのも効果的です。 中敷きを交換する 中敷きは汚れて穴が空きやすいので、中敷きを交換するのも一つの方法です。 また、裸足で靴を履かないようにすることも大切。 裸足で靴を履くと、汗や垢が靴の中に残りやすくなります。 足の爪の手入れをしっかり行う 特に冬場は、靴下を履いていることが多いので見落としがちですが、子供の足の爪は思っている以上に速く伸びていきます。 足の爪は、雑菌が繁殖しやすい場所なので、こまめに切るようにしましょう。 アロマオイルで足湯をする 実は大人だけでなく、足湯が大好きな子供も多くいます。 じっとしていられない子には本を読ませるか、テレビを見させるなどして、他のものに集中する環境を作ってあげましょう。 子供に好きな香りのアロマオイルを選ばせてあげるのもいいですね。 足に制汗スプレーをする 足に制汗スプレーをすることによって、足の臭いの原因となる雑菌の繁殖を抑えることができます。 また、ミョウバン水にも同様の効果があります。 初めてミョウバン水を使うときは、腕の内側などに少量吹きかけ、肌にかぶれが出ないかチェックしましょう。 かぶれが出た場合は、濃度を薄めるなどして対応してください。 ミョウバン水の作り方 空のペットボトルにミョウバン(15g)を入れ、水道水(500ml)を注ぐ。 よく振って一晩置き、ミョウバンが溶けたら、空のスプレーボトルに入れて完成。 子供の足が臭いのは病気の可能性も? 何をやっても足の臭いがとれない場合は、多汗症の可能性があります。 人間が汗をかくのは、基本的に体温調節が必要なときです。 しかし、多汗症の人は、体温調節が必要でないときも汗をかいてしまいます。 多汗症は、ある特定の場所だけ発生する場合もあり、足の裏だけ過剰な汗をかいてしまうことを「足蹠(そくせき)多汗症」といいます。 この病気の可能性がある場合、足の裏だけが異常に汗をかいていることが多いので、皮膚科を受診しましょう。

次の

子供の足が臭い原因や対処法はニオイは消せるの?病気の可能性もアリ

足が臭い 対処法

子供の足が臭くなる原因 ずばり!足が臭い原因は主に雑菌!! この雑菌が繁殖して臭いが発生するのです。 そして、この雑菌が繁殖しすぎると、水虫の原因にもなりかねません! 雑菌が繁殖してしまうのはなぜなのでしょうか?雑菌の繁殖の原因は次の3つが考えられます。 発汗によるムレが雑菌の繁殖の原因 臭いの原因の一つとして足裏の汗や皮脂を栄養として雑菌が繁殖する際に雑菌が出す腐敗臭があります。 子供は大人に比べると基礎体温が高く、新陳代謝もとても活発なため、発汗しやすいです。 特に夏は発汗が多くなる上、高温で靴の中が蒸れやすくなりますよね。 雑菌は有害な菌などから守ってくれていますが、運動して汗をかいた靴を履き続けた結果、高温多湿になった靴内で雑菌が繁殖してしまい、腐敗臭がさらに強くなってしまいます。 足の爪が長いのが雑菌の繁殖の原因 子供の足が臭う場合、まず足の爪や指の間に埃がたまっていないか確認してみてください。 特に足の爪を伸ばしていると爪の間に垢や靴下のくず、ホコリが溜まります。 さらに古くなった角質も溜まり、湿気もあるため細菌がとても繁殖しやすいのです。 ひどいと爪の水虫が原因の場合もありますので、あまりに臭うときは注意してみてあげてください。 靴の汚れが原因 ずーっと同じ靴を洗わずに履き続けると足から出た汗や垢が少しずつ溜まっていき、菌が繁殖しやすい環境になります。 特に小さい子供は裸足のまま靴を履く事が多いので雑菌が大人よりも多いです。 子供の足の臭いが減る対策 雑菌が繁殖しないように、足の臭いが減る対策としては、足元を清潔に保つ方法が考えられます。 次の2つの方法を試してみるだけでも劇的に変化があるはずです。 汗をかいたら靴下も変える 外で遊んでたくさん汗をかいて帰ってきたときには、インナーだけでなくも変えてあげると良いでしょう。 また、靴下自体も厚手のものでなく、通気性の良い綿100%、メッシュ素材、速乾性のある靴下を選ぶとムレも改善されるでしょう。 さらに、5本指靴下や消臭加工、制菌加工等がほどこされている靴下であればより臭いを抑えることが可能です。 靴を定期的に洗う きれいな足を雑菌の多い靴に突っ込ませるのは嫌ですよね。 靴もこまめに洗いましょう。 毎日でなくとも週に1回、最低でも月に1回洗うだけでも臭いは軽減されます。 また、毎日同じ靴を履かせないようにすること。 代わりの靴を複数用意し、 一日履いて蒸れた靴はしっかり乾燥させましょう。 中敷きも変えることが出来ればと尚良いです。 子供の足の臭いを消す方法 上記の対策をしてもなかなか臭いがとれない場合は、とにかく足を清潔にすることを心がけるのが重要です。 まず、子供が外から帰ってきたら、石けんを使って足をよく洗います。 ポイントは足の指と指の間を開いて手で優しく洗うことです。 ゴシゴシと強く洗うと、皮膚に傷が付いて雑菌が入り込んでいく可能性があるので、泡でやさしく洗うのがポイントです。 特に夏場はうがい手洗いとセットで足もこまめに洗うといいでしょう。 また、 足の爪はこまめに切ってあげることも忘れずに。 足の爪にはたくさんの雑菌がまぎれていて、爪を切るだけでも臭いがしなくなる場合もあります。 毎日足を洗うときに爪と皮膚の間を使わなくなった歯ブラシなどでブラッシングするのもオススメです。 焼ミョウバンは、サッと溶けるわけではないのでよく混ぜたらとけきるまで3日ほど放置してください。 透明になったら原液の完成です。 これを水、またはお湯で10倍に薄め、洗った足にスプレーするだけです。 是非試してみてください。 まとめ 子供は大人よりも汗もかきやすく、その分細菌も繁殖しやすいです。 臭いのもととなる菌を繁殖させないよう足を清潔に保ちましょう。 また、幼少期から当たり前のように足のお手入れを行っていれば、思春期になってから恥ずかしい思いもさせずに済むかもしれません。 今回ご紹介したことは子供だけでなく大人にもおすすめですので是非親子で楽しく消臭ライフを送りましょう。

次の