パントリー amazon。 Amazonパントリーの使い方・手数料を無料にする方法・実際活用してる私の感想まとめ

Amazonパントリーとは?使い方と実際に使ってみた感想

パントリー amazon

まいど、卒でやらさせてもらってます、です。 今回は、のサービス 「パントリー」とは何か、また どんなメリットがあるのかについてまとめてみました! このサービス、のアカウントを持つ全ユーザーであればプライム会員以外でも利用できるようになったんですって! ( なお、この記事の情報は2019年12月14日時点のものです。 パントリーとは 「 パントリー」とは、 食品や日用品などの商品をル1箱にまとめて配送してくれるサービスなんです。 複数の商品を一度に受け取れたり、重いものを玄関先まで届けてくれたりと 使いようによっては便利なサービスだと思います! ただ、このサービス、 クセが すごいん じゃ。 そのポイントを確認しておきましょう。 容量上限のあるル1箱ごとに手数料がかかる パントリーの パントリーで注文した商品はの中にまとめられて配送されてきます。 その 1箱につき手数料(配送料込みで 税込390円)がかかるのです。 「パントリー」対象商品の中から購入する また、パントリーでは「パントリー」対象の商品の中から購入することになります。 この「パントリー」対象商品は、 通常のストアの商品ラインアップとは異なっているので注意です!! パントリー内の商品カテゴリーは、• 「 」• 「 」• 「 」• 「 」• 「 」• 「 」 となってます! 生活の中で消費するものが中心となってますね!! さらに、 通常のストアの商品と一緒に送ってもらうこともできないので注意です!! 例えば ストアで売っている本をパントリーの箱に入れて配送してもらうなんてことは できません。 「なんか不自由なサービスじゃね??」 いやしかし、逆に パントリーにしかない商品や価格設定もあるみたいですよ。 通常だと1ケース単位でしか買えないドリンクが1本単位で買えたり、 通常のストアよりも安い商品があったりします! 一度ラインナップを見てみると面白いと思います。 (パントリーのトップページは から) 時間指定できる パントリーでも配送の時間指定ができます! ただ、会員は無料で時間指定できるのですが、 非プライム会員は別途200円かかります。 (ちなみに、以前は非会員は 「パントリー」のサービス自体を利用できなかったようなのですが、2019年12月現在 すべてののアカウントを持つユーザーが利用できるようになっているのです!) パントリーのトップ画面 たまにクーポンやキャンペーンがある パントリー内でのクーポンやキャンペーンがたまにあるのです。 クーポン付きの商品画面 クーポンは特定の商品が 「〇〇% OFF」になったりします。 また 「対象商品を〇〇点以上購入で手数料無料」のキャンペーンも結構な頻度であるようです。 パントリーのトップ画面 目当ての商品がセールやキャンペーンの対象になったときは 「買い」かもしれませんね! パントリーのどこが便利なん? さて、パントリーの特徴はだいたい分かったけれど、こんな「クセがすごい」サービスの どこがいいの?、 通常のの配送とどう違うの? 今回私が12月11日にサービスを使ってみた上で、まとめてみました。 12月11日に購入したもの(全19点) パントリーのメリット パントリーのメリットは以下の通りだと思います。 での24本入り(左)とパントリーの3本入り(右) 例えば、では「 」500mlが24本入りでの取り扱いなのですが、 パントリーでは3本単位で購入できるようになっています!! これがけっこう便利で、 お気に入りの商品の近所では売ってない味なんかを試してみたりするときに少ない量で注文できたりするのです! (クーポンやセールで安く買い物できることも?) 全体的な印象として商品の価格の面では、 スーパーやドラッグストアなどの通常時の価格よりは安く、セール時の価格よりは高いという感じでした(商品によってまちまちですが)。 そもそも手数料がかかることを踏まえると、 安さよりも手間や時間を省けるサービスであると考えるべきだと思います!! ただ、 パントリー内でのクーポンやキャンペーンで目当ての商品が対象になっているときはすごくお得に買い物できるかもしれません! (クーポン付きの商品は から見れます) パントリーはこんな人にオススメ ぽいポーズ では、 パントリーはどんな人が使うと便利なのでしょうか。 私は次のような方たちに「刺さる」と思います。

次の

Amazonパントリーとは

パントリー amazon

Amazonパントリーとは? Amazonパントリーは「 安く、必要な食材、日用品購入できる」便利なサービスです。 購入商品は は1つの箱でまとめて届くので、画像の赤枠で囲んだ部分を見て「箱のどのくらいの容量になったか」確認しながら注文をしていきます。 Amazonパントリーの利用条件 Amazonプライム会員向けのサービスです。 まずはプライム会員になる必要があります。 食品や日用品を1個から注文できる ネットで食品や日用品の買い物をするというと、ある程度の個数を まとめ買いすることになるのが普通ですよね。 たしかにお得で楽かもしれませんが、 収納スペースや迫る賞味期限に困ることも… でも、Amazonパントリーでは 商品を1個単位から注文できるので、一度に たくさん予備を抱えて困るようなことにはなりません! スーパーのように必要なものを必要なだけ購入できるので、無駄な買い物もしづらくなりますよ。 できるだけ詰められるように、1商品あたりの数は少なくても、複数の商品を組み合わせて買うのがおすすめです。 ダンボール1個あたり390円の手数料 送料 がかかる 290円から値上げ済み Amazonパントリーの 手数料(配送料)は段ボール1つにつき390円です。 きちんと無駄遣いしないようにと考えていくつものスーパーやデパートを 買い回りをしている方も多いかもしれません。 昨今の運送網の混雑に伴う値上げにより手数料は一律390円となっています。 誤った情報が記載されているサイトもあるのでよく確認しておきましょう。 AmazonパントリーとAmazonフレッシュの違いとは? 利用条件 プライム会員 プライム会員 配送料 1箱390円 1回500円 商品価格 常に割引あり ちょっと安い 取扱商品数 食品・日用品・その他 生鮮食品・食品・日用品など 対象エリア 全国 限定的 配送 Amazon Prime同様 最短4時間 備考 少量からでも利用しやすい 6,000円以上で配送無料 AmazonパントリーとAmazonフレッシュの大きな違いは 取扱商品と 対象エリア、 発送方式です。 Amazonパントリーは食品や日用品以外を中心に、必要なものを必要な分だけ購入できるサービスになっています。 一方、 Amazonフレッシュは生鮮食品や食品に特化した配送サービスです。 Amazonパントリーは 日用品を少量から買いやすいネット通販、Amazonフレッシュが 配送が早いネットスーパーというイメージになります。 Amazonパントリーの5つの特徴・メリットを紹介! Amazonパントリーの概要がわかったことで、利用する メリットについてみていきましょう。 次の5つが魅力的に感じられる人であれば、ぜひ一度は利用してみてください! Amazonパントリーのメリット• 通常よりもお得に安く買い物ができる 上の画像でわかるように、 通常のAmazonよりパントリーで頼むほうが割安なのは購入時にも確認できます。 住んでいるエリアによっては スーパーよりも安い場合も…! 車を出して買い物に行くコストを考えても、 徒歩にしても面倒なこともない分、お得感が感じられるのがメリットです。 たしかにお得で楽かもしれませんが、 収納スペースや迫る賞味期限に困ることも… でも、Amazonパントリーでは商品を1個単位から注文できるものが多いので、一度にたくさん予備を抱えて困るようなことにはなりません! スーパーのように 必要なものを必要なだけ購入できるので、無駄な買い物もしづらくなりますよ。 できるだけ詰められるように、1商品あたりの数は少なくても、複数の商品を組み合わせて買うのがおすすめです。 キャンペーンやクーポンによる割引を活用する 期間限定のキャンペーンで、利用しがちな食品や日用品のいくつかを対象として、「この中からいくつ頼めば300円OFF」といったものが頻繁に行われています。 Point クーポンやキャンペーンを上手に活用すれば、買い物にいくよりずっと安く欲しいものが自宅まで届くこともあります。 マイナーな商品はリアル店舗を探す手間が省ける amazonパントリーめっちゃいい。 薬局何軒もまわったりハンズ行ったりそしてそれを持ち帰る手間が全部はぶかれた!プライム会員最高。 数量限定の柔軟剤が欲しいのに近所に取り扱いがない• なかなか近所にはメジャーではないものを扱うお店がない• どうしてもアレが食べたいのに、売ってるお店が近くにない! パントリーを利用すれば、こんな足も心も疲れる生活とはサヨナラできます。 Amazonパントリーは 取扱商品が多いので、なかなか店舗で売っていないようなものでも見つけられられることが多いです。 風邪をひいたときや育児中には超便利 お布団のありがたさ! 全力でAmazonパントリー待ってる。 ネットスーパーなどでは一度に5,000円以上頼まないといけなかったり、配送に500円かかるなど高くついてしまう事も多いもの。 でもAmazonパントリーなら 家から出なくても必要な商品を必要な分だけ届けてくれるので助かりますね! まとめ買いをしなくて良いのもポイントです! Amazonパントリーの2つの注意点やデメリットも確認しておこう Amazonパントリーメリットに続いて、 デメリットもしっかりと確認しておきましょう。 デメリットについてもよく理解しておくと、安心してAmazonパントリーを利用することができますよ! 1. 商品を丁寧に扱っているからとはいえ、楽したくて頼んだのに!と不便に感じてしまうシーンもあるかもしれません。 1つの商品の箱買いやまとめ買いにはおすすめできない 箱でまとめ買いしたい商品でも、お得に購入できるのがパントリーサービスの良さです。 ですが、1箱390円の送料がかかります。 ある商品だけが欲しい• パントリーに欲しいものを入れたけど余裕がありすぎる このようなは、通常のAmazonショッピングで購入するほうが良いこともあります。 通常Amazonなのか、 パントリーなのかは どのくらいの数・種類の商品を購入したいかで決めると良いですね。 Amazonパントリーの評判・口コミを紹介! Amazonパントリーの特徴、メリットとデメリットについて紹介してきました。 利用した方の声も参考になるので、Amazonパントリー経験者の評判・口コミもみてみましょう。 Amazonパントリー初めて使ってみたけどなんとなく割高なような気がする。 便利で嬉しい• 安い!近所のスーパーより安い!• 買い物に車を出すよりお得• 届くのが早い• 地元で手に入らないものもGETできる• スーパーでは見られないような商品も買える 評判や口コミではこんな評価が目立っています。 住んでいる地域や環境によってはスーパーよりも安いことも! また、 対象商品が多いこと、 発送が早いこともメリットとして感じている人が多いですね。 体調が悪いとき、 忙しいとき、 何となくだるくて動きたくないとき、 天気が悪くて出かけられないとき、そんな時でも頼りになるのがAmazonパントリーの良さです。 Amazonパントリーで買うべきおすすめ商品ジャンル3選! せっかくAmazonパントリーを利用するなら、 こんな商品こそ頼むとお得!といえる商品のジャンルを厳選してまとめています。 安いとはいえ、390円お金を払って、さらにはプライム会員としての年会費も支払うわけですから「使ってよかった!」と思いたいですよね。 紹介するおすすめジャンルを参考に、ライフスタイルに合わせてお得感の強い方法で Amazonパントリーを使い越してください! 重量がある飲料系• 缶詰やカップラーメンは地震などの災害時のための保存食としても重宝します。 でも 普段の買い物では意外とかさばって邪魔、ということもあってまとめて買うのも面倒だったりしませんか? 缶詰は保存が長期間可能なのは嬉しいですが、袋を持って帰るとき足などに当たって、痛い思いをすることも多いですよね…。 保管のためにある程度の量を必要を買いたいときはAmazonパントリーが重宝します! Amazonパントリーで日々の買い物をお得に・楽にしよう! 広い範囲で使えて、配送料も手ごろ(というより安い!)、取扱商品も多い、 Amazonパントリーについて紹介してきました。 同じプライム会員向けの、かなり限定的なサービスになっているAmazonフレッシュと比較しても、「広い範囲で利便性とコスパが高い」ということがわかります。 送料は一律390円なので、 計画的にまとめ買いするのがお得に・便利に活用するコツです。 Amazonパントリーには お得なキャンペーンやクーポンもあるので、上手に使いこなして賢い消費者をめざしましょう!.

次の

【比較表など】Amazonパントリーを使ってみた!価格比較とメリット・デメリットまとめ

パントリー amazon

そんなことはありません!! 生活必需品って薬局やスーパーで買った方が安い!と思っている方が多いですが(私も思ってました)、実はAmazon…かなり安いです。 しかも頻繁にキャンペーンを行っていたり、まとめて買うと割引があってお得だったり、かなり便利だったのでメリットを紹介していきますね! パントリーを使うべきメリット 【1】市販品より安い 上にも書きましたが、Amazonパントリーで販売されている商品は薬局やディスカウントショップより安い場合が多いです。 商品によっては高い場合もありますが、他のメリットも加味すると絶対にパントリーで購入するのがお得ですよ。 【2】重たい物・かさばるもの・持ちにくい物がひとまとめ 毎日の生活に必要なトイレットペーパーやティッシュボックス、詰め替えのシャンプーや飲料水って結構重いし、運ぶの大変ですよね。 それを玄関まで持ってきてもらえるのはかなり助かります。 個人的にパントリーで購入して良かったーと思えたのはこれらの商品!• トイレットペーパー• ティッシュボックス• 飲料水• まとめ買い割引 指定の商品を6点以上買うと手数料290円が無料になるというもの。 こちらは他のクーポンと組み合わせて利用できます。 パントリー限定クーポン 対象商品の表示価格から値引きがあります。 割引は注文が確定した時に適用されます。 割引条件がクリアできているかは、ショッピングカート内をチェックすると確認できますよー! 【4】パントリー限定商品がアツい 実は、Amazonパントリーを使うきっかけになったのた、 パントリー利用時限定のマスク販売があったからなのです。 Amazonパントリーで購入できるもの Amazonパントリーで購入できる商品は、以下のカテゴリー内にある対象商品です。 食品 スイーツ・スナック菓子、麺類・パスタ、米・穀類、レトルト・料理の素、調味料・食用油、缶詰・瓶詰、製菓・製パン材料、シリアル・ジャム、ベビーフード 飲料 酒・水・ミネラルウォーター、炭酸飲料、野菜・フルーツジュース、お茶飲料、ビール・発泡酒、チューハイ・カクテル、ワイン、焼酎、ノンアルコール飲料 日用品 ティッシュペーパー、トイレットペーパー、洗濯・仕上げ剤、家事・掃除用品、消臭・芳香剤、キッチンペーパー、キッチンラップ、ポリ袋・保存用バッグ、オーラルケア・歯ブラシ、シャンプー・ヘアケア、ボディソープ・バス用品、ボディケア・クリーム、ハンドケア・フットケア、ひげ剃り・ムダ毛処理、スキンケア・基礎化粧品、メイクアップ、メイク道具・ケアツール ヘルスケア 生理用品、マスク、サプリメント、指定医薬部外品、救急・応急用具、冷却用品、コンタクトレンズケア用品、ベビー&マタニティ、シニアサポート・介護 ペット用品 猫(キャットフード、おやつ、トイレ用品)、犬(ドッグフード、おやつ、トイレ用品)、小動物、熱帯魚・鑑賞魚、電池・電球 Amazonパントリー対象商品は「パントリー」マークが目印です。 手数料を払う価値はある? 手数料は一律390円で配送料は無料です。 手数料…ちょっと高いなあと感じる人もいるかもしれません。 ただ、 日々の買い物で「面倒だなあ…」「重いなぁ…」と感じている部分をほぼ丸投げすることができるのは大きいかなぁ…と感じています。 対象商品を選んで手数料を無料にするサービスなどを併用すれば、 体力・時間・お金の節約になるので払う価値はあるといえます。 Amazonパントリーの使い方 【1】Amazonアカウント登録 名前とメールアドレス、パスワードを設定すれば、Amazonパントリーがすぐに利用できます。 お届け先や支払いに関することは、商品購入時までに必要となります。 すでにAmazonを使っている、会員である方はこの工程をスキップしてくださいね。 【2】Amazonパントリーページで商品をカートに入れる Amazonの検索窓に「パントリー」といれるとパントリーページに移動できます。 「パントリー」マークがついた対象商品から好きな商品を選んでカートに入れていきます。 対象商品を選ぶと手数料が無料になる場合もあります。 【3】注文完了で完了! 「レジに進む」ボタンを押して、注文内容を確認します。 ここで、クーポンが反映されているかなど最終チェック!変更またはキャンセルもできます。 内容がOKなら「注文を確定する」ボタンで注文を完了させます。 ただし、別々の到着、送料などの条件も異なります。 後、パントリー専用ボックスで商品が届きます。 Amazonプライムに加入する必要はある? Amazonパントリー自体はプライムに加入しなくても利用することができます。 ただし、Amazonプライムは年会費4,900円…月額にすると400円ほどの負担なので、パントリーで2回以上買い物をすれば利用料金の元が取れます。 加えて、プライム会員になるとAmazonが提供するさまざまなサービスがお得に利用できます。 30日間の無料体験が用意されているので、まずは使ってみてくださいね。 節子流!ネット通販生活をもっとお得にする方法.

次の