オタク 街 コン レポ。 オタク向け街コンに5回参加してみて分かった感想と問題点!

【街コン体験レポ】オタクだけど街コンに行ったら強烈な殿方に遭遇した

オタク 街 コン レポ

どうもはじめまして。 しがないです。 街コン行くからレポ書こうって思ったけどじゃ書きづらそうだしは中高のがえぐいから新しく登録した。 ブログとかn年ぶりすぎて色々思い出してはいけない思い出が蘇ってくる。 アニオタ向け街コン行ってきましたよ。 あ、先に言っておきますが私は彼氏募集してないです。 じゃあなんで行ったんだよってのは後述しますね。 興味ない人は読み飛ばして 【理由】 経緯としては、仕事暇だなーってネットサーフィンしてたらたまたま婚活パーティレポ見つけて面白いやんけ!ってなって色々漁って分析してたら行って見たくなった。 婚活パーティじゃなくて街コンにした理由は「出会える人数が多く、かつ婚活パーティほどガツガツしてないから」。 ざっとレポみた感じ婚活パーティの方が彼氏候補は作れそう。 でも私彼氏欲しくないので。 同世代のアニメ語れる新しい友人が欲しいんだよッ! というのも、今年新卒の社会人なんだけれども、入った会社が社内に女私1人。 あとはおっさんしか居ない。 1番年が近くて30後半子持ち。 しんど。 基本「おはようございます」と「おつかれ様でした」と業務連絡しかしない毎日。 正直ストレス。 遊べる友人も少ないし、新しい出会いもない。 これはどこぞの場で新しい友人を作りたい…と考えていた。 で、婚活パーティレポでこれだ!ってなった。 そこから街コンの方に移行した理由は ・婚活パーティより参加人数が多いからいろんな人に出会えそう ・女性側は安いお金で酒や食べ物が楽しめる ・婚活パーティよりあっさりした関係作りで終わりそう ・レポ見てたら街コンの方が私みたいな人がわりと居る です。 逆にガチで彼氏彼女欲しい!って人は街コンより婚活パーティ行った方がいいと思う。 【考察:街コンと婚活パーティーの違い】 街コンは男女の参加費の開きが大きい。 私が今回参加したのは「男性7500円、女性1000円」。 アニオタ向けは特に開きが大きいらしい。 てかレポ書いてる人にも何人かいた。 けど婚活パーティはそれが少ないと思う。 だって食事ないし。 例え女性側が凄く安かったとしても「お金を払って知らない異性と話しに行く」しか目的がない。 街コンよりは女性側もガチだと思う。 さらに婚活パーティの1対1で喋る方式。 口説きたい相手が居たらここおきなく口説ける。 そしてなんと言ってもマッチング方式。 最後にカップル発表があるみたいだけど彼氏彼女候補が作りやすい理由としては私はこれが大きいと思う。 男性が高いお金払ってガチなのはもちろんだけど、マッチング方式でさらに他の人の前で発表されることにによって「自分はこの男性から選ばれた」「特別意識された」って自覚を持つ。 選ばれて嬉しくない女は多分居ないと思う。 それが婚活パーティ終わった後も女性側も相手とのやりとりに本気になるんじゃないかなって思った。 だから本当に婚活考えてる人は婚活パーティの方がいいんじゃないかな。 逆に私みたいに「彼氏彼女は置いといていろんな人と出会いたい!」って人は街コンの方がいいと思うよ。 連絡先は多分街コンの方がいろんな人と交換できる。 【本題のアニオタ向け街コン感想】 で、そろそろ本題 ? で街コン感想。 とりあえず私の簡単なスペックをば。 ・21歳 ペーペーの新社会人 ・顔は下の上くらい 多少マシなブスって感じ 斜めから見たらに似てるとよく言われる ・身長158胴長 ・がっつりアニオタ。 守備範囲広い雑食。 ・雰囲気はネットで画像とかでたまに見る「よく見かける女オタ」に出てくる高音早口で友人にツッコミを入れる奴 自分で書いててもきっつ。 あ、似だとイケメン?って思った人いたらすみません。 特殊メイクじゃない方の女装の想像してください。 これをもう少し整わなくした感じ。 これ重要。 で、今回は彼氏欲しいAちゃんとBちゃんと一緒に行ってきました。 今回の目的としては二人の恋の始まりを応援するってのも大きい。 ちなみに服装はこんな。 パンピ 死語 のコスプレやで。 スカートにスニーカーじゃない靴なんてなん年ぶりだろうか。 13時50分スタートだったので13時に駅集合、20分くらいにはお店に着いてた。 かなり早かったのにすでに2人入り口の前にいた 街コンて何軒か周るものが多いんだろうけど今回は1店舗のみ。 そもそも人数が男女合わせて30人くらいみたいだったし妥当かなと。 受付は30分から開始だったので3人でくだらない話をしながら待ち、入り口で名前を言って身分証を見せて入店。 【プロフは大事】 早く来る理由はいろんな街コンレポでも言われてるけど簡単なプロフィールを書くから。 さらにアニオタ向けのは好きなアニメや漫画も書く欄がある。 これは話のネタになるからたくさん書いた方がいいんだけどいざ書くとなるとなかなか思いつかない。 ので早めの入店大事。 席は女性は2人しか同じテーブルに座れないみたいで私とAちゃんが同席、Bちゃんが少し離れた席に座った。 そして書く内容!「自分の好きなもののアピール」でなおかつ「話題になりそうなもの」を書かなきゃいけない。 よっぽどのジャンルじゃなければコアな作品は避けた方が良さそう。 大好きな作品を1、2個と話題になりやすそうな作品を4、5個書くと話しやすいと思う。 話振れそうなジャンルないと相手が困る… 話題になりやすそうな作品としてはとか、とか、盛り上がってたり鉄板なジャンルあたりが良いと思う。 今回とくに書いてる人はやっぱり多かった。 私は15歳差くらいの人との話で盛り上がりました。 ありがとう 【スタート】 飲み物を頼み、スタッフさんの開催の合図でスタート。 男性とプロフを交換し話す。 誰がどうだったとかはあんまり書きたくないのでざっくり話すけど、もちろんみなさんアニオタなので話が合わないわけがない。 ただ、前述した通り私達21歳で若い方なので年齢差が広がると話が合わない印象…知識足りないオタクで申し訳ないです…! あときになる「見た目のヤバさ」。 不潔な印象のある人はいなかったと思う。 ただ髪の毛の後退具合が気になる方と早口で話が聞き取れなかった方はいた… でも本当に見た目がオタオタしい方はいなかった。 話したらがっつりオタクだけど。 男性の年齢に関しては22〜35くらい?だったかな?女性陣は分からないけど参加者だと私達が一番若いんじゃないんだろうか。 席は30分話して男性が席移動してくシステムだった。 あと料理もあるけど唐揚げとポテトとサラダとパスタのみ。 しかもやすそうな感じの。 チーズのお店って見たからチーズ料理期待したんだけどなあ〜。 料理は自分たちで取りに行くシステムなんだけど、そもそも話してたら取りに行く時間ないし、あんまり美味しくなさそうだしで全然食べてない。 事前にご飯はしっかり食べておこう! 移動の5分前にスタッフさんから声がかかるのでそのタイミングでLINE交換。 これは顔と名前とLINE一致させるのが大変だってレポで読んだから頑張って名前を編集しようとしたけど無理だった。 まあでも現状はなんとかなってる。 これを何回か繰り返して終了。 今回は最後に気になった人の番号を3人書いてスタッフさんに渡す。 有難や。 そして二次会。 友人と話し参加決定。 別途2000円のお支払い 男性は3000円なので男性の負担はトータル10500円。 【二次会】 二次会会場はカラオケ。 二次会向かう途中に初めて女性陣とお話ししました。 顔小さい!可愛い!でもカバンにチャームついてる!これはオタクですわ! カラオケではスタッフさんの働きで男女が交互に座る形に。 そしてアニソンメドレー。 楽しい。 が、Bちゃんがケータイをしてるぞ。 そしてAちゃんもしだす。 あ、これ私もみた方がいいなと思ってLINEを開く。 Bちゃん「私帰るね」 おっふまじか。 Aちゃん「私も帰ろうかなあ」 …まじか。 二人とも割と一次会盛り上がってたじゃん!?えっ!?二人の恋の始まりを見届けるミッションが達成できない!? けど無理に引き止めるのもなあ。 私も帰るか?と思ったけど女性陣とも話たいし何より2000円無駄にしたくない 貧乏 という事で私だけ残る事に。 カラオケは楽しかった。 ぼっちになったけど。 でも女の子と連絡先交換できたし遊ぼう!みたいな話できたぞ!やったね! 本当に何しにきたんだろうごめんなさい 【その後談】 連絡先交換してよろしく〜みたいな挨拶以外で話すことあるの?って思ってたんだけど、きました連絡。 3名から。 一人は「すずなさんに一位いれました!」って方 私からは票を入れてなかった方だったので申し訳無かった もう一人は「歌声素敵でした!今度ご飯行きましょう!」とカラオケで隣だった方から。 歌声素敵!?知らない人の前でアニソン歌う緊張で音とテンポ外しまくったのに!? つい「勘違いでは?」と返したら勘違いじゃないですよ!とのご返事。 どうもありがとうございます。 前述した通りお友達作りがメインなのでご飯行くかはわからないです。 そもそもお世辞の可能性もあるし。 もしご飯行ったらまたレポ書くかも? 三人目はカラオケで仲良くなった女性の方。 丁寧な文に「今度ぜひ遊びに行きましょう!」と。 私も遊びに行きたいので話が弾みました。 可愛い。 とまあ一応ちゃんと連絡が来てそれなりにお返事してる。 こんな感じで出会いはあるみたいなので、誰かの参考になれば。 【終わっての感想】 素直に楽しかった。 いろんな話題で盛り上がれたし、なにより自分と世界が違う人と話すのは新鮮で割と好きなんだなと実感した。 でもこれ友達がいたおかげが強いなあ。 一人でいたらあんなに喋れなかったかも…ありがとうAちゃんBちゃん。 あと余談だけど街コンの帰りに人生初ナンパされました。 すげえなパンピのコスプレ。 mituyasuzuna.

次の

アイドルマスター好きの24歳・喪女によるオタク街コンの感想|新潟│街コンCEOのレポ・ブログ

オタク 街 コン レポ

先日、「 (国内最大の街コンサイト)」で募集されていた オタコン(アニメコン)に行ってきました。 オタコンとは、アニメ好き・漫画好きなど 「オタク」が集まる大規模な街コンです。 オタクの聖地・秋葉原の飲食店を貸し切って開催されたのですが、 集まったオタクは総勢200人以上という信じられない盛況ぶりでした。 私はもともとアニメにはさほど興味なく、最後に熱心に見てた作品を思い返すと小学校の頃の幽遊白書とかまで遡ります。 しかし、一緒に行く友達がアニメ好きだったことと、100人規模の大規模な街コンに行ってみたかったことから急遽参戦しました。 ・・・いや本当は、もっと 打算的な考えがあったんです。 自分で言うのもなんですが、私は見た目的にはモデルのようなイケメンでは決してないものの、5段階評価なら「4」くらいの評価は受けてきました。 だから、正直こう思ってたんですよね。 男が多すぎてヤバイ!オタコン(アニメ街コン)参加者の実情 アニメコンの会場となったのは、秋葉原駅近くの商業ビルに入ったダイニング居酒屋。 店内にはガンガンにアニソンが流れています。 会場に入るなり、まずは身分証のチェック。 ズラズラと並んでいる参加者たちの顔ぶれをそれとなく見渡します。 街コンの 参加条件は20歳〜39歳なので、年齢層は結構幅広めです。 男性参加者はやはりオタクっぽさあり。 一人参加が半数以上と多い。 なるほど、男性参加者は予想通りというか、いわゆるオタクっぽい雰囲気が全身から滲み出ている感じの人が多い。 大学生っぽい若い人から、45歳派遣社員みたいな年季の入ったオジサンまで多種多様です(39歳までの参加なので30代ですが、見た目40代のおっさんもかなり多い)。 そして 1人男性は1人参加者がかなり多い様子。 パッと見でも6〜7割は一人参加でした。 ザッと見ても、「え、こんなイケメンがアニメコンに来るの!?」みたいなイケメンはいません。 ザ非モテっぽいオタクからフツメンのオタクまでがゾロゾロ。 女性参加者は可愛い・キレイな人も。 一人参加者は4割〜5割くらい 女性陣も、全体のイメージとしてはやはり アニメイトにいそうな女性が多い。 お世辞にも全体的にレベルが高いとは言えないけど、中には可愛い・キレイな女性もチラホラといます。 コスプレイヤーさんかな?と思わせるような可愛い人もいてテンション爆上がりでした。 率直な感想としては「 思ったより悪くないじゃん」という感じ。 アニメコンという響きだけで無意識に期待値を下げすぎていたのかもしれません。 一人参加者もそれなり多くて、女性も半数弱は一人参加な印象です。 どことなく、 可愛い人ほど1人参加なイメージでした。 逆に腐女子っぽい人ほど同じ腐女子友達と一緒にきてる感じですね。 女性に比べて、男性参加者が圧倒的に多い地獄 男、多すぎない? 参加者は総勢230名を超えました!と運営が話していましたが、その内訳はパッと見た感じでは 男性160名:女性70名くらいのイメージ。 つまり 女性の2倍以上の男性で溢れかえっていました。 ここまで男女比が傾いている街コンを私は後にも先にも知りません。 男が女の2倍いるということは、必然的に 相当数の男があぶれるということを意味します。 【街コン開始】早々に「余る」の男たちと、オタサーの姫状態の女たち いざ合コンが始まると、嫌な予感は的中。 いち早く飲み物をとってスタートを切ったコミュ力高い男たちが、次々と女性に話しかけて捕まえていきます。 あちらで話しませんか?」と誘いだす巧みなテクを使っていました。 マジかよ・・・コミュ力高すぎかよ・・・ どうせ非モテのオタクばかりだろうと、完全に侮っていましたね。 そんなこんなで、私がようやくファーストドリンクを受け取った時にはもうほとんどの女性は他の男性に取られているわけです。 出遅れた男性も一人で突っ立ってるのは恥ずかしいので、とにかく誰かと話そうと「余ってる女性」を必死に探して捕まえていきます。 という感じで、 女性はもう誰もがオタサーの姫。 スタートで余り者になっても、3分も一人で立ってれば男から話しかけられます。 それに対して、 コミュ力低い男性の「余り者」は地獄です。 ほとんどの女性が取られると、もうフロアの隅っこで一人でジュース飲みながら楽しそうに話す男女を眺めているしかありません。 それがあまりに惨めなので、同じく余り者の男性と「どうも・・・人多いですね・・・笑」みたいな会話をし始めて悲壮感がヤバイ。 (いや、割り込んでくるなや!!!!!) どう見ても年上でドリフターズという感じのおっさん二人組が無理やり割り込んできたことで、そこは男性4人:女性1人という地獄絵図。 しかもドリフターズは筋金入りのアニオタっぽくて、いかに自分のアニメに対する造詣が深いかを語り出す始末。 もはや私と友人には興味なく、女性Aさんしか見てない。 完全に私たちから女性Aさんを奪おうとしている。 つい今までこちらはライトに進撃の巨人で盛り上がっていたのに、いきなり沼に引きづり込まれた女性Aさんももはや相槌と愛想笑いしか打っていない。 しかしそれに気づかず話をやめないドリフターズ。 だからモテないのだ、お前らは。 そんな感じで、強引に乱入してきたドリフターズによって場を支配されて心底やる気を失った私(と友人)は、あえなくその場を離脱。 申し訳ないが女性Aさんをその場に残して、また次の女性を探しにいきました。 【2人目】動物の森好きの女子Bさん、Cさん二人組。 会話する気がなく無事死亡・・・ 続いて声をかけたのは、何やら壁に向かって黙々とカレーライスを食べている女性BさんCさんの二人組。 その背中からは激しい陰キャ臭が漂っていて話しかけるのも戸惑うのですが、他に空いている女性がいないので仕方ない・・・と声をかけました。 結果、ほとんど話すのも時間の無駄に終わりました・・・。 まず、話しかけているのにカレー食べる手を止めない(笑)。 カレー食べるついでに仕方なく話をしている感じです。 そして、基本的に全然こちらを見て喋らない(笑)。 動物の森が好きとのことで、どうにか話を膨らませようとこちらが質問しているのに、 この人たちは相手と喋る気がないのか? カレーを食いにきたのか・・・? 即、離脱。 【3人目】美人だけど闇属性の女性Dさん、ビンゴ中に逃げられる 最後にアタックしたのは、細身で後ろ姿はモデルに見える美形の女性Dさん。 パーティ開始時から目をつけていた女性で、フラフラと暇そうな女性がいないかなと彷徨っていたところ、ちょうど近くで女性Dさんが他の男性たちから解放されたところだったので、他の男に取られる前にすかさず突撃しました。 しかしこの女性Dさん、雰囲気は美人なのだが、話してみると予想以上に【闇が深い】・・・。 テニスの王子様が好きらしく、2. 5次元舞台の俳優を追いかけているらしい? 「ふふふ・・・」と野口さんのような闇属性の笑い方が特徴的で、完全に闇属性です。 住んでる場所などを聞いても、「埼玉の方ですね・・・」など何を聞いてもあやふやに濁すので話がそれ以上に広がらず・・・。 その上、こちらから常に話を振らないとすぐに沈黙が流れるため、これがキツい・・・。 女の子も理性では「チャラい男は嫌い」と言いつつ、メスとしての本能ではアタックしてきてくれるオスを待っているもの。 なので結局のところ、積極的にアプローチした男が女の子をゲットできるんです。 街コンのような大規模な出会いの場では、いくらイケメンでも自分から積極的に動かなければ、成果ゼロに終わる戦場。 どうせここでしか会わない人達、いつもの自分とは違うハンターになった気分で、積極的にアプローチしてみることが必要です。 【おまけ】アニメ好きから水族館好きまで!多種多様になった最近の街コン。 いやいや最近の街コンは、本当に多種多様なものが開催されるようになっています。 私が利用している でも例えば、.

次の

【男女比やばい】オタク街コン(アニメコン)で惨敗した感想レポ|アニメオタクには良い出会い場

オタク 街 コン レポ

アニメコンとはオタクの街コン! オタク向けの街コンでは開催実績も多く、開催場所も東京や関東だけでなく、関西、九州、地方でも開催されるほどです。 金曜日の夜開催もあれば、土日も日中と夜からの2回回しで開催されることもあります。 1日2回回しは東京だけかもしれないですけど。 個人的にはオタク向けの街コンでは一番有名なんじゃないかなと思ってます。 ですが!アニメコンはチケット代金が高いです。 オタク向けの街コンって他の普通の街コンよりもかなり割高なんですけど、アニメコンも例外ではありません。 男性だと1人分で9000~9800円程度、女性で1000円くらいですね。 前回参加をしたオタパは男性1人分で8000円だったので1000円も違いますね~。 普通の街コンに参加をしている人からするとちょっと高いなと思われるかもしれません。 オタク向けの街コンって男性側の需要が高いため、募集すると申し込みが殺到して男性枠がすぐ埋まっちゃうんです。 なので参加費用も需要の高さに合わせてお高くなっているということです。 アニメコンの会場は? 今回は池袋で開催されたアニメコンに行ってきたのですが、会場はダーツUP東池袋店でした。 そうなんです!オタパの会場と一緒のとこでした笑 ただ、今回は18時開催で、店内全てを埋められる程の人数でもなかったためか、オタパの様に店内貸し切りではなくて、店内の半分を貸し切っての開催でした。 なので、店内の半分のスペースで一般のお客さんがダーツをやっていたり、お酒を飲んだりしている中での街コンでした。 一般のお客さんは特にアニメコンの参加者に対して、変な目で見てきたとかはなかったので居辛さがあったとかは特に無かったです。 また、逆に私たちもアニメコンに集中していたので、一般のお客さんに対しても引け目を感じたとかも無かったですね。 変に意識をしたりする必要はないと思います。 アニメコンの実際の参加人数は? 私が申し込みをした時は、申し込みページには参加人数が60人突破と書いてありました。 参加人数が60人ってことは男性30人、女性30人ってことです。 うーん、中々の大所帯なので賑やかな街コンになりそうだなと思いました。 この時は。 当日、私がアニメコン会場に入り着席した後に、本当に参加者が60人いるのかどうか確認すべく、人数を数えてみました! うん!確かに60人以上は確認が出来ました! ですが、人数比が全然合っていませんでしたけどね!!! テーブルが15テーブル程あったのですが、ほとんどのテーブルにおいて、1テーブルに女性が2人で男性が3人座っているという状況でした。 つまり、男女比が1:1ではなく3:2で明らかに男性の比率が多かったのです。 街コンって参加人数が多いほど、非日常感とイベント感が出て、参加者のテンションも上がって、楽しい街コンになりやすいです。 なので今回のアニメコンも楽しい街コンになるだろうと思って、楽しみにしていたのですが、男女比率がここまで崩れているとは… この点はがっかりポイントですね。 アニメコンの運営も男女比率を合わせるように努力をしているとは思いますが、 正直この参加人数の多さでこの男女比率は無いですね。。。 男女2:2でお話するのと3:2でお話するのとじゃ、会話のやりやすさが全然違ってきます。 テーブルの人数が多いということはそれだけ、1人1人の話をする時間が少ないということですから、自分も相手も印象に残りづらい、残させづらいんですよね。 印象を残せていないと、当然、街コン後のラインの反応もあまり良くなく、繋がらずに終わるパターンとなることが多いです。 アニメコンの受付から着席まで 私が参加したアニメコンは18時に乾杯でしたので、その15分前の17時45分に会場入りをしました。 もう少し早めに到着して、最初の席の女の子とお話ししたり、プロフィールカードを書いておきたかったのですが、相方が遅刻をしてしまったのでそれが叶わず。。。 会場入りをすると女性のスタッフさんが受付をされていて、名前の確認後に席へ案内してくれました。 スタッフさんは女性が1名、男性1名の2人体制のようでした。 最初の飲み物は自分で選ぶことが出来ず、ウーロン茶を問答無用で渡されました。 2杯目以降は飲み放題メニューから自由に選ぶことが出来ます。 さて、友達と席についてしばらくすると、女性2人が同じ席に案内されてきました。 見た感じかなり若くて可愛い女の子で非常に嬉しかったです笑 後で年齢を聞いてみると、2人とも22歳でした。 若すぎぃ! そんなこんなでお若い2人とお話ししてると、男性が1名が私たちの席に案内されてきました。 前述したとおり、男女比が崩れているので、この街コンでは私と友人とこの一人参加の方の3人ペアで街コンに臨むこととなります。 アニメコンってプロフィールカードないのかよ! プロフィールカードがあるものと思ってたんですけど、まさかの無しでした。 乾杯の時間間際になってもプロフィールカードが配られないんですよね。 ここで少し嫌な予感がしました。 もちろん、当たりました。 乾杯の時間になり運営スタッフの女性の方が連絡事項・注意事項をアナウンスを始めました。 「今日は参加人数が多いので全員の方とお話が出来ないかもしれません!」 (まぁこれはしょうがない。 全員と話ができる街コンなんてほとんどないしね) 「ちなみにプロフィールカードはありません。 以前はありましたがなくなりました!みなさんのコミュ力で頑張ってください!」 (えー!プロフィールカードないのかよ!これはかなり不利な戦いになるぞ…) 私の経験上、プロフィールカードが有るのと無いのとでは全然違います。 だって、まず会話の初めに簡単に自己紹介をする必要がありますよね? プロフィールカードが無いということはですよ?口頭で自己紹介をしなければなりませんよね? その口頭の自己紹介を全ての組にするってことですよ? 10組と話すとなったら、10回も自己紹介をするんですよ? 最初の1組目、2組目くらいならまだいいんですけど、最後の方になってくると「また、自己紹介するのかよ」「あと何回同じことを言えばいいんだよ…」と面倒くさくなって自己紹介が乱雑になってきちゃうんですよね。 プロフィールカードがあれば、カードを見せながら簡単に自己紹介できるし、会話が途切れてしまっても、プロフィールカードを見れば会話のネタが書いてあるわけですから、話も続けやすいです。 あと、街コンが終わった後にプロフィールカードをラインで送ってあげることで、自分の事を思い出させてくれることも出来ますし。 プロフィールカードが無くても誰とでも会話を盛り上げられるのであれば良いのですが、人見知りだったり、話すのが苦手な人にとっては辛いかもしれません。 1組と話す時間が短すぎない…? 個人的に会話のする時間が短すぎるのが一番モヤっとしたと言いますか、不満でしたね。 1組と会話できる時間なんですけど、大体15分程度でした。 15分って意外と短いです。 意外とじゃなくて確実に短いです。 最初に自己紹介をすると思いますが1人あたり1分で自己紹介をするとしましょう。 男性3人女性2人の合計5人なので、自己紹介で5分かかります。 そうすると残り10分の内でお相手と会話をして、自分のことや魅力を伝えたり、コミュニケーションを深めていくことになります。 ですが、たった10分だけで相手の印象に刺さる様な話をするのは難しいです。 1対1でなら話は別ですけど、今回は更に1テーブルに5人もいるわけですから、全員が満遍なく話が出来たり、会話に参加なんて厳しいです。 大抵5人の内の2人か3人だけで盛り上がって、残りの人が聴き手になって終わってしまったりするんですよね~。 というか今回参加したアニメコンはそんな感じで終わってしまいましたね。 乾杯前の注意事項のアナウンスの際に運営スタッフさんからは「参加者全員とお話が出来ないかも」と申し訳なさそうに伝えられてましたし、その配慮で1組との会話時間が短かったのかなとは思います。 あまりにも短くてろくに会話が出来なかったので短すぎるのもどうかなと思うところはありますが。 ただ、1組と会話する時間が短いということは、それだけ多くの組、異性と出会えるということです。 今回のアニメコンは1組15分程度だったので、合計8組の異性、つまり16人の女の子と出会えることが出来ました! もちろん、席替えする時間になる前にはアニメコンのスタッフからライン交換のアナウンスがありますから、連絡先も簡単に交換することが出来ましたね。 僕も全ての組とラインを交換することが出来ましたし! 大人数の異性と出会いたいということでしたらアニメコンは良いかもしれないです。 アニメコンの2次会ってどうなの? 大抵の街コンは1次会が終わった後に2次会が開催されたりします。 今回参加をしたアニメコンでは公式の2次会というのはありませんでした。 個人個人でご自由に2次会なりなんなりやってね!という感じです。 会場になっているダーツUPにそのまま残って2次会をしているグループもいたり、居酒屋に移動してるグループ、カラオケしにいったりしているグループもいたりしました。 ちなみに、僕は友達と2人でつけ麺を食べてそのまま帰りました。 何人か誘ってみたんですが、反応が悪かったのでさらっと退散したという次第です。 アニメコンってどんな人達が参加しているのか 僕が話をした女の子たちはの年齢層ですが20代中盤が多かったです。 最年少は22歳の学生さんで、最年長で32歳の人だったかな? 中にはザ・婚活!みたいな服装にお化粧バッチリのお姉さんもいらっしゃいました。 ぱっと見た感じ、前回のオタパと同じように見た目も綺麗にしている人、可愛い感じの人が多かったです。 男性人も普通っぽい見た目の人からオタクまで幅広い感じでした。 他の男性人と話をすることが出来なかったので、年齢層ははっきりとは分かりませんが20代がほとんどだと感じました。 アニメが好きな人、2.5次元が好きな人、声優が好きな人とか様々なオタクが集まってましたね。 参加者の年齢層や見た目もオタパとそんなに変わらないですね、やっぱ。 アニメコンのレポまとめ 感想・評価としてはアニメコンはそんなに悪くない街コンでした。 プロフィールカードは無いのは残念ですが、大勢の人と知り合えますし、ラインの交換もすんなり出来るのはグッドです。 アニメコンは開催頻度も多いので、日程が合わなくて参加が出来ない!ということも少ないので、お手軽に参加出来るのも助かります。 アニメコンのスタッフさんも手馴れた感じで進行していたので、安心してアニメコンを楽しめるはず! 欠点としては男性のチケットの代金が高いことと、チケットがすぐ売り切れてしまうというところでしょうか。 僕個人のアニメコンの感想は…? 主観的にはアニメコンは悪くないですし、おすすめですが、ただ、僕の個人的な感想としては今回参加をしたアニメコンはいまいちでした。 いまいちだったとは言っても、ペアになった男性が地雷で足を引っ張られてしまったという理由なので、ペア運が余程悪くなければ普通に楽しめたと思います。 まさか3人で1組だとは思ってなかったですしね笑 ちなみに、アニメコンが終わった後に、ラインを交換した人で気になった人へラインを送ってみたのですが、そこからデートに繋げることが出来ませんでした。 結果的に今回参加をしたアニメコンは失敗に終わってしまったのですが、次回参加をする機会があればまた参加をしてみたいと思います。 オススメ オススメ.

次の