幸楽苑 休み。 幸楽苑 深谷東方町店

ラーメン「幸楽苑」、赤字100店舗超の崖っ縁

幸楽苑 休み

発生50年を迎えた「3億円事件」ならぬ、年の瀬の「2億円事件」が注目されている。 ラーメンチェーンのホールディングス(HD、福島県郡山市)が2018年12月31日朝刊に出した全面広告が話題だ。 デカデカと「2億円事件。 」と掲げられたこの面には、「日本の正月を変える事件になってほしい」という、同社社長による意気込みが書かれている。 ツイッター「最高やな」「素敵過ぎて泣けてきた」 手元の朝日新聞朝刊(東京版)を見ると、31日15時から1月1日いっぱい、フードコートの一部店舗などをのぞく「全店」を休業させるという内容。 そこには、11月に就任したばかりの新井田昇社長の思いがつづられている。 「いつからでしょうか。 お正月にいろいろなお店が営業するようになったのは。 私たち幸楽苑も、いつしか年中無休のらーめんチェーン店を売りにしていました」 こんな書き出しから始まる文章で、新井田氏は、企業にとって売り上げや株価は大切ながら、新社長としての初仕事は「働く人の気持ち」を守ることだったと明かす。 1月1日の売り上げは「およそ2億円」にのぼるが、「働き方改革を、お正月にも」との思いから、創業64年で初めて休業を決めたそうだ。 幸楽苑HDの公式サイトでは、「2億円事件」とともに、「今夜はおそば屋さんで年越しそばを食べてください」と題した広告も掲載。 いずれもインパクトのあるデザインになっている。 ツイッターでは、 「幸楽苑の2億円事件最高やな」 「2億円事件が素敵過ぎて泣けてきた」 「幸楽苑15時から休みに入るらしいし逆に行きたくなってきたな?」 「普段なかなかお目にかかることもないトップが現場を意識した舵取り。 売上2億失っても、2億以上に得ることが多いってことかな」 といった声が出ている。 なおJ-CASTニュースが29日に「元日・2日は『従業員の「元気」充電のため休みます』 スーパーの取り組み、応援の声も」で伝えているように、この年末年始には、スーパーマーケットなどで、元日の営業を休む動きが相次いでいる。 外部サイト.

次の

パートの休みって希望通り取れるの?|マイナビパートTIMES

幸楽苑 休み

メディアでの解説は、 人件費の上昇や原料高による採算の悪化というものがほとんどです。 が、果たして本当にそうでしょうか? 今回の大量閉店は、 幸楽苑の低価格帯ですら売上を確保できないことを意味します。 人件費が少々上昇しても、原料費が高くなっても、売上が伴えば問題はないはずです。 これは、日本における デフレのゾーンがさらに低価格へと移行した可能性を示しています。 駅前一等地に「富士そば」の意味 いま 下北沢駅の駅近の一等地で、改装作業が進んでいます。 何ができるのかなと見れば、「 名代 富士そば」。 いわゆる「立ち食いソバ」の業態です(最近は「立ち食いソバ」でも、座り席が多いですが)。 富士そばは首都圏で次々と出店しており、多くの客でにぎわっています。 価格は、かけそば300円、かけうどん300円から。 概ね 300円台から400円台で食事ができます。 ページ内の商標は全て商標権者に属します。 銘柄の選択等、投資の最終決定は、ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 また、本サイトに掲載している全ての記事およびデータについては、その情報源の確実性を保証したものではありません。 本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切責任を負いません。 万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。 本WEBサイトの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

次の

愛知県岡崎市の幸楽苑が全店閉店予定(矢作店・岡崎東店)

幸楽苑 休み

郊外路面店の多くは緑の看板と白い外壁に改装、イメージチェンジを図っている(記者撮影) 12月21日、福島市に「いきなり!ステーキ」の福島太平寺店がオープンする。 69席の着席スタイルで、運営するのはラーメンチェーン大手の幸楽苑ホールディングス(HD)だ。 いきなりステーキを展開するペッパーフードサービスとフランチャイズ(FC)契約を結んで出店する1号店だ。 2店あるとんかつ店の1つを業態転換する。 今後も既存のラーメン店などを閉店・改装し、2018年3月末までに東日本で計6店をFCで出店する計画だ。 業績は上場後、初めて赤字に転落 幸楽苑がステーキ店を出店するのは、業績の低迷が続き、ラーメン店の自社競合が起き始めているためだ。 幸楽苑HDの2017年4~9月期(上期)は、1997年の株式公開以来、初の営業赤字だった。 2018年3月期の通期でも純利益が初の赤字に転落する。 幸楽苑では、全店の1割に近い52店を今期中に閉店することも決めた。 このうち6店が、いきなりステーキのFC店に生まれ変わるわけだ。 「上場20年という節目の年に初の赤字となり、たいへん申し訳ない。 52店閉店で年間売上高25億円を失うが、同時に4億円の赤字も消える」 11月30日の決算説明会で、同社の新井田傅(にいだ つたえ)社長は神妙な面持ちで語った。 福島県郡山市に本社を置き、東北や北関東に店舗が多い幸楽苑は、2011年の東日本大震災の後、一時的に100店の休業に追い込まれたが、そのときでも黒字は維持した。 現在の状況がいかに厳しいか、よくわかろうというものだ。 幸楽苑の凋落ぶりは、同じラーメンチェーン大手、「日高屋」を展開するハイデイ日高と比べるとより鮮明だ。 ハイデイ日高の場合、1999年の株式公開以来、増収が続き、純利益は今2018年2月期に13年連続で過去最高を更新する見通しだ。 店舗数は現在400店強で幸楽苑より100店以上も少ないが、2017年2月期の売上高は385億円で、初めて幸楽苑(2017年3月期の売上高は378億円)を上回った。

次の