ゆうちょ銀行 社員。 ゆうちょ銀行の年収は653万円!給料・採用・強みなどゆうちょ銀行を徹底解説!

株式会社ゆうちょ銀行の中途採用事情~社員年収、就労環境など~

ゆうちょ銀行 社員

銀行・信金業界では第19位 銀行・信金業界の企業内でのゆうちょ銀行の年収ランキングは第19位です。 銀行・信金業界の年収第1位は三井住友トラスト・ホールディングス、第2位は第四北越フィナンシャルグループ、第3位はコンコルディア・フィナンシャルグループとなっています。 有力企業全体で第999位 CareerBookが調査した有名企業約3000社の中で、ゆうちょ銀行の年収順位は第999位です。 キャリトレの実際の求人情報 成長企業の求人情報No1 ゆうちょ銀行のような会社に興味がある方には、 キャリトレで情報収集をすることがおすすめです。 忙しくても、条件のいいスカウトが届けば、面談を受けてみる。 という受け身の活動も可能です。 元人事のコメント 特に第二新卒の情報収集に、キャリトレは非常におすすめです。 キャリトレには都心の成長企業・大手企業の有名企業が多くの分けて向けの求人を出しており、 経験が浅い第二新卒がメインターゲットになっています。 若手向けのキャリアアップ情報ならNo1 キャリトレは、あのビズリーチが運営する若手向け転職サイト。 特に 20代、30代をターゲットにしており、数々の成長企業の求人など、 第二新卒を中心とした若手のキャリアップ求人を数多く揃えています。 大手企業からITベンチャーまで キャリトレには、 楽天やサイバーエージェント、LINE、DeNAなどのメガベンチャーと言われる企業から、 Amazon、富士通、電通やpwc、SoftbankやIBMなどの大企業もキャリトレに求人を出しています。 基本は待ちでOK。 オファーも届く キャリトレの最大の特徴は、 いいねをするだけで、企業から面談確約のオファーが届くこと。 エージェントに会ったりしなくても市場価値を知ることが出来るので、 転職活動は忙しくてできないけど、どんな会社が自分に興味を持ってくれるか知りたい、という人に非常におすすめです。 営業・ビジネス職、企画職、事務・専門職などの職種の年収情報が報告されています。 例として、営業職の年収は300万円~600万円。 事務職の年収は300万円~500万円となっています。 ただしあくまで一般的な水準であり、人によっては、上記よりも大きな年収をもらっているケースはあるようです。 年収に関する口コミ情報 年度末に人事評価シートを提出する。 上手く根回しをすれば、評価が上がる可能性もある。 会社名 2000年度 2001年度 2002年度 2003年度 2004年度 2005年度 2006年度 2007年度 2008年度 2009年度 2010年度 2011年度 2012年度 2013年度 2014年度 2015年度 2016年度 2017年度 2018年度 2019年度 りそなホールディングス -万円 -万円 1039万円 1004万円 748万円 737万円 799万円 927万円 909万円 958万円 901万円 886万円 915万円 917万円 952万円 923万円 889万円 872万円 892万円 -万円 三菱UFJフィナンシャル・グループ -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 1113万円 1115万円 1141万円 1135万円 1085万円 1062万円 1054万円 1050万円 1047万円 1133万円 1066万円 1062万円 1068万円 -万円 三井住友フィナンシャルグループ -万円 -万円 -万円 1173万円 1119万円 1107万円 1148万円 1207万円 1337万円 1302万円 1295万円 1258万円 1222万円 1159万円 1265万円 1252万円 1273万円 1252万円 1188万円 1156万円 みずほフィナンシャルグループ -万円 1178万円 1209万円 1103万円 977万円 987万円 1003万円 1032万円 1067万円 1055万円 1006万円 995万円 971万円 930万円 932万円 948万円 970万円 991万円 987万円 912万円 カンタン5分 ゆうちょ銀行の転職情報 ゆうちょ銀行への転職を検討している方はこちらの記事をご参考ください。 その歴史は約40年と古く、これまで45万人以上をサポートしており、業界最多の実績を誇っています。 保有している求人の量や質、サポート体制など、あらゆる面でトップレベルの水準を誇っており、その総合力が強みと言えます。 特に 求人量は32万件以上(非公開求人含む)と、他社を圧倒しており、地方都市にも拠点を構え、日本全国だけでなく海外の求人も豊富に取り扱っています。 求人案件の取りこぼしを防ぐために、登録は必須と言えます。 転職エージェント選びで迷っている方は、 総合的に安定しているリクルートエージェントで間違いないでしょう。 オススメ度 特徴 総合 転職支援実績No. 圧倒的な求人量と手厚いサポートが強み。 求人の量・質 非公開求人含め求人数が32万件と他社とは一線を画している。 サポート リクルートグループが築いた信頼性で企業への交渉力は抜群。 担当者 業界各所から優秀なキャリアコンサルタントが集まっている。 マイナビエージェント 大手企業はもちろん、ホワイトな優良中小企業に出会える マイナビエージェントは 20代〜30代半ばで、優良企業を紹介してほしいという方には非常におすすめの大手総合転職エージェントです。 提携企業も若手〜中堅層の採用ニーズを抱えている企業が多いです。 また、新卒採用市場で最大手のマイナビグループは、新卒採用で培った企業とのネットワークを活用し、 大企業はもちろん、優良中小企業の求人を多数保有しています。 マイナビエージェントが保有する求人の半数以上が非公開求人で、一般公開したら応募が殺到するような人気求人を紹介してもらうことが可能です。 オススメ度 特徴 総合 若手の転職支援実績が豊富。 優良企業の求人を多く保有している。 求人の量・質 大手企業はもちろん、ホワイトな中小企業の非公開求人が多い。 サポート キャリアカウンセリングから選考対策、企業への交渉まで一貫してサポートが手厚い。 担当者 密なコミュニケーションが特徴的だが、頻繁すぎるという声も。 ビズリーチ 国内最大級!キャリアアップといったらココ ビズリーチはハイクラス向けの会員制転職サービスで、ヘッドハンターや人事から直接スカウトが届いたり、高年収の求人を検索することが可能です。 その会員数は151万人を突破しており、 ハイクラス向けの転職サービスでは業界最大手です。 求人量・質など総合的に欠点がなく、 高年収ポジションや管理職での転職を希望しているは必ず登録しておきたいサービスです。 また、今すぐの転職を考えていなくても、スカウトを受け取りながら興味あるオファーが来たら話を聞いてみたいという人にもおすすめです。 オススメ度 特徴 総合 ハイクラス向けの転職エージェントとして実績No. 1を誇る。 求人の量・質 公開求人数は12万件と総合転職エージェントと引けを取らないほどの量。 サポート 基本サービスには選考対策などのサポートが含まれていない。 担当者 業界に精通したヘッドハンターから専門的なアドバイスをもらうことも。 キャリトレ 話題沸騰!ITベンチャー企業への転職なら登録必須! CMで人気のキャリトレは、若手向けに特化した全く新しい転職サイトです。 運営元はビズリーチで、「ビズリーチ」はハイクラス向け、「キャリトレ」はキャリアの浅い若者向けと、ターゲットが棲み分けされています。 12万件以上の求人数は業界トップクラスで、中でも急成長を果たしているITベンチャー企業の求人を多く取り扱っています。 また、簡単ワンタップの操作で、企業にあなたの興味を届けることができ、マッチした企業から直接オファーが届くようになります。 転職活動に役立つ機能が充実しているのも大きな特徴です。 2種類のスカウト機能や、人工知能が搭載されたレコメンド機能で、受動的に希望条件に合った求人を探すことが可能です。 20代・30代でITベンチャーへの転職であれば、キャリトレを使わない選択肢はないでしょう。 オススメ度 特徴 総合 20代向けの求人数では、リクナビやマイナビと同等の水準。 求人の量・質 12万件の求人のうち、大多数が20代向けの求人。 サポート AIを搭載したレコメンド機能や、2種類のスカウト機能が充実。 担当者 ツイッター上で担当者が相談に乗ってくれるユニークな機能。 パソナキャリア 年収重視の方は登録必須!67%の人が転職後に年収アップを実現 パソナキャリアは、人材業界大手のパソナが運営している総合転職エージェントで、 転職がはじめてで年収を上げたい方におすすめです。 また、 利用者の半数以上が転職経験がなく、転職がはじめての人からの評価が高いです。 はじめての転職で不安だけど、年収アップを目指しているけど、はじめての転職で不安という方は、パソナキャリアを利用しましょう。 オススメ度 特徴 総合 総合的に安定している。 特に年収アップに強みを持っている。 求人の量・質 求人数は4万件と、リクルートやdodaに比べると劣っている。 サポート 丁寧なキャリアカウンセリングや選考対策が好評。 担当者 企業への交渉力が強く、67%の人が年収アップを実現している。 doda 抜群の安定感!IT・通信業界、営業・企画職への転職に強い dodaは業界大手のパーソルキャリアが運営している転職エージェントで、転職支援実績はトップクラスです。 非公開求人を含め全国14万件の求人を保有していて、リクルートエージェントの32万件に次ぐ 国内2番手の求人数を誇っています。 14万件のうち約8万件が非公開求人で、一般の転職市場には出回らないようなdoda独自の求人を紹介してもらうことが可能です。 特に、IT・通信業界や、営業・企画職の求人が多いため、 IT志望でビジネス職の方は必ず登録しておきたい転職エージェントです。 また、キャリアコンサルタントによる丁寧なキャリアカウンセリングに定評があり、「初めての転職で不安」という方にも自信を持っておすすめできます。 面接確約オファーが届くスカウトサービスや、転職フェアなどのイベントを頻繁に開催しており、自分に合った企業が見つかる機会も充実しています。 オススメ度 特徴 総合 求人量は国内2番手でトップクラス。 求人の量・質 公開求人6万件、非公開求人8万件と豊富な求人量が強み。 サポート スカウトや転職イベントで、自分に合った求人が見つかる機会が豊富。 担当者 LINEで気軽に転職相談や求人提案を受けられる。 転職エージェントを利用してみよう ゆうちょ銀行のような会社に転職したいと強く思っていらっしゃる方は、転職エージェントの利用もおすすめします。 エージェントに利用するメリットは、次の3つです。 自分のニーズに合った会社を紹介してもらえる• 履歴書の書き方や、面接の方法などを教えてもらえる• 企業との年収などの交渉もお願いできる 自分のニーズに合った会社を紹介してもらえる 世の中には様々な会社があり、転職媒体を利用すれば何万社もの企業の求人に応募する事ができます。 しかし、本当にあなたが求めているニーズ似合った企業を自分で探すのは、転職に不慣れな方にはとても難しいことです。 転職エージェントは、これまでに何十人、何百人の転職をサポートしてきています。 丁寧にあなたの大事にしていることや逆に嫌なことを伝えた上で、実際にどんな企業がどんな人を募集しているのかをしっかりと聞いてみましょう。 そうすれば、自分では探しきれなかった、あなたにピッタリの企業を紹介してくれるはずです。 履歴書の書き方や、面接の方法などを教えてもらえる 初めての転職活動をする人は、実際の転職活動をとても不安に感じる事があると思います。 そんな中で、あなたの転職成功をゴールとして、一緒に並走してくれる人の存在は貴重です。 一般的な転職エージェントの担当者は、履歴書の添削や、面接の受け答えのアドバイスなどを行ってくれる担当の人が多いです。 はじめての転職の方は、是非一度転職エージェントの方に相談してみましょう。 企業との年収などの交渉もお願いできる 実際に希望の企業の選考を重ね、見事内定を手に入れた時、後は「どんな条件で合意するか」という段階になります。 希望の会社に転職できれば、それが一番の事ですが、その上でできるだけいい条件で入社したいですよね。 転職エージェントなら、そんな最後の交渉も一部代理で行ってくれます。 その理由は、「 あなたができるだけ高い年収で転職してくれたほうが転職エージェントの報酬も大きくなる」からです。 関連記事 カンタン5分 ゆうちょ銀行の年齢別の推定年収 ゆうちょ銀行の平均年齢は、42. 8歳です。 平均年収は669万円です。 このことから、厚生労働省が出している年収データ、及び職種ごとの年収比率データを元に、ゆうちょ銀行の職種、性別、年代別の推定年収を算出しました。 ご理解の上、ご参考ください。 20代の社員はまだ社歴が若いため、全体の平均年収よりも低い傾向にあります。 このことから、ゆうちょ銀行の20代の平均年収は、396〜462万円と想定されます。 30代の推定平均年収:539〜606万円 ゆうちょ銀行の30代の平均年収は、539〜606万円だと想定されます。 一般的な企業の30代の平均年収は263〜295万円となっており、20代の前半から30代の後半に掛けて、100万円以上も昇給があるものの、まだまだ全体成長過程といえます。 40代の推定平均年収:669〜736万円 一般的な企業の40代の平均年収は326〜359万円となっています。 年功序列形式の企業が多いため、40代で年収が上限に近くなってきています。 対して、ゆうちょ銀行の40代の平均年収は、669〜736万円です。 50代の推定平均年収:782〜795万円 ゆうちょ銀行の50代の平均年収は、782〜795万円だと思われます。 一般的な企業の50代の平均年収は381〜387万円となっています。 年収はピークに達し、50代での年収の増加は、あまり見込めないようです。 60代の推定平均年収:482〜560万円 ゆうちょ銀行の60代の平均年収はおよそ482〜560万円、一般的な企業の60代の平均年収は235〜273万円です。 50代で年収はピークを迎え、減少傾向になります。 ゆうちょ銀行の男女別の推定年収 厚生労働省が発表している、男女ごとの平均年収の分布を元に、ゆうちょ銀行の職種ごとの平均年収を推定してみました。 男性 女性 ゆうちょ銀行推定 737万円 536万円 平均 337. 6万円 245. 7万円 男性の推定平均年収:737万円 2020年現在、厚生労働省が発表している資料によると、男性の平均年収は337. 6万円と、女性よりも約1. 4倍の開きがあります。 ゆうちょ銀行の従業員の男女比は明らかにはされていませんが、仮に1:1の割合とすると、ゆうちょ銀行の平均年収は737万円です。 女性の推定平均年収:536万円 一般的な女性の平均年収は245. 7万円。 ゆうちょ銀行の平均年収は、約536万円だと推定されます。 ゆうちょ銀行の役職別の推定年収 厚生労働省が発表している、役職ごとの平均年収の分布を元に、ゆうちょ銀行の職種ごとの平均年収を推定してみました。 一般社員級 係長級 課長級 部長級 ゆうちょ銀行推定 473万円 876万円 1172万円 1441万円 平均 216. 8万円 401万円 536. 8万円 659. ゆうちょ銀行の一般社員の推定年収は、473万円です。 係長級の推定年収:876万円 係長級の社員は、一般社員の約1. 8倍の年収となっており、役職の有無が年収に大きな差を生むことがわかります。 ゆうちょ銀行の係長級の社員の推定年収は、876万円です。 課長級の推定年収:1172万円 課長級の社員は、係長級の社員の約1. 3倍の年収です。 一般社員と係長級の社員ほどの違いはないもの、およそ100万円以上の年収の違いがあります。 ゆうちょ銀行の課長級の社員の推定年収は、1172万円です。 部長級の推定年収:1441万円 部長級の社員の年収は、課長級の社員の、約1. 一般社員の約3倍の年収差があります。 ゆうちょ銀行の部長級の社員の推定年収は、1441万円です。

次の

株式会社ゆうちょ銀行の評判・口コミ|転職・求人・採用情報|エン ライトハウス (5365)

ゆうちょ銀行 社員

多様な働き方支援:とにかく休みがめちゃくちゃ多い、かつ一部の部署を除いて殆ど残業(通称:超勤)がないのが魅力。 休みは完全週休二日制で、かつ祝日もお休み。 いわゆる「カレンダー通り」というやつですね。 もし土日祝に出勤することがあれば、代休(非番変更、週休変更)することができます。 一番の特徴は計年(計画年次有給休暇)。 毎年4月に発給される20日間の有給休暇の、消化しきれなかかった分を次年度以降、最大3年かけて順次消化していく制度です。 最大で前々年度分10日+前年度分10日休むことができる。 また夏季休暇3日、冬季休暇2日があるだけでなく、営業所社員は防犯の観点から「5営業日連続で休暇を取得する」ことが義務付けられているため、年に1度長期休暇は確実に取れます。 口コミ投稿日:2020年03月24日 社内制度:エリア本部の表彰と、本社の表彰があります。 )があり、それらを満たし、かつ上位の優績者から表彰されます。 副賞金等はありませんが、優績者らを集めた「推賞式」等がホテルのレストランホール等で催され、次へのモチベーションアップに繋がります。 本社表彰については、著しく顕著な成績を残した上で、かつ店所長の推薦がないと選定されません。 選定されると本社役員(いわゆる社長さん)とお話しする機会や、椿山荘での豪華なお食事等を楽しめます。 しかし副賞金は執行役表彰で五千円、社長表彰で1万円とかなりケチいので、こちらには期待しないほうが良いです。 口コミ投稿日:2020年03月24日 女性の働きやすさ:もっと良い会社はもちろん山ほどあるとは思いますが、ゆうちょ銀行も恵まれている環境だと思います。 産休、育休は必ず取れます。 子供が小さいうちは時短勤務で遅く出勤して早く帰れます。 診断書次第では産休が早く取れるケースもあります。 年間に25日休みが付与されますが取り損ねることはないです。 そして、子供の病気などで休む場合はこの25日とは別で休めます。 営業手当は、純粋に数字で判断されます。 数字だけで見られるので、性別や上司部下関係なく評価されます。 勤務時間内でどれだけ数字が取れるかが大切です。 現在、日本郵政全体でノルマに対しての業務のあり方が問題視されています。 来年度からは営業の評価の仕方を変える方向らしいので、4月以降は今と違うことを期待しています。 口コミ投稿日:2020年01月12日 入社理由・入社後の印象:【入社時の期待】休みが多く、プライベートを充実させることができる。 また、お給料もそこそこ貰えるので自分の趣味に充てることができる。 福利厚生がとにかく整っている会社なので、ある程度自分の希望の勤務地や環境で働けると思っていた。 【入社後のギャップ】休みは貰えるが、2年目と3年目の有給の貰える日数が全然違う。 10日以上違う。 そんなに差をつけるのであれば、もう少し均等にして差を埋めて欲しい。 お給料は安定してもらえるが、基本給だけ見ると仕事量に比較して低いと感じる。 また、希望の勤務地で働けるということはほぼない。 それ以外の者は適性などに関係なく別の部署や勤務地に飛ばされる。 口コミ投稿日:2020年04月17日 仕事内容:エリア限定職は配属になった店舗での仕事量が全然違う。 来客人数が少ない地域では暇な時間帯もあるという。 また、そこにいる上司の考え方に沿って社員の教育も行われるため、とにかく経験を積ませようと最初から難しいことにもチャレンジさせる現場と、最初は基本的なことしか教えずだいぶ時間が経ってから難しい業務を教えていく現場もある。 そのため、成長度合いや経験の差が店舗によって出る。 場合によっては事務知識も乏しい社員が課長代理になっている場合もあり、ミスが連発する店舗もある。 お客様から直接感謝される場面も多いが、日々クレームは絶えず来る。 事務以外にも営業活動があり、月末は月次目標達成のため営業活動のほうに重きを置く。 かなり切羽が詰まっており、来店いただくお客様に必死に声かけをしている。 口コミ投稿日:2020年04月12日 福利厚生:交通費は一番安い通勤方法の半年分単位で支払われます。 ですので場合によっては持ち出しになります。 単身赴任は最悪です。 会社は最低限の赴任費用しか支払いません。 600キロ離れているところで15万円程度です。 普通の民間企業だったら引越し費用は会社持ちですが、ゆうちょ銀行は違います。 自分で引越会社を探し、超えた引越し費用は自分持ちです。 社宅 家賃最高で30000円超あり、補助なし も40年以上前の汚い建物ばかりです。 モチベーションが下がります。 賃貸の物件に入った場合、家賃補助は最高27000円まで。 後は持ち出しです。 転勤辞令は4月1日着任だと10日前の3月21日です。 そのタイミングでは民間住宅はまずありません。 結果、汚い社宅に入る羽目になります。 リフォームした社宅もありますが、まだまだ少数です。 壁紙、塗装、給湯を変えていますが、洗濯機はベランダです。 例えばお風呂から出ると、そこは玄関。 5階建の社宅はエレベーター無しで階段幅も昔の規格なので狭いです。 苦労することこの上ない。 これが会社幹部になってもこのようなところに住まないいけません。 口コミ投稿日:2019年02月18日 雇用の安定性:【新卒社員の定着】銀行と行っても、地銀やメガバンクと比べてしまうと給与は低いです。 また、新入社員は2年の窓口での経験を積んで、FC(ファイナンシャルコンサルタント)となりますが業務より営業目標をこなす仕事に移ります。 販売する商品性は投資信託、変額年金保険で元本保証のないものを取り扱うこととなりますので、市況や経済状況の変化の情報を収集しないといけません。 また、コンプライアンスの徹底。 高齢者への販売など年々ルールが厳しくなる中、営業ノルマはどんどん増えていきます。 どんな市況環境であっても、毎月の販売目標を達成させないといけないプレッシャーが常にあります。 同期との格差が目に見えると耐え難い辛さも経験すると思います。 このFC制度についてはきちんと入社前から説明を受けますが、実際FCになる前に退職したり、離職をしていく若手社員が多いのが現状です。 口コミ投稿日:2019年11月 5日 給与水準:非正規なのに仕事量が極端に多くてトイレにすら行けなかった。 仕事の質や責任は正社員と変わらないもしくはキツイのに、時給は1,000円あるかないかくらい。 正社員は他の人と世間話をしてばかりで非正規の方が忙しく、年間の残業時間は正社員より多い年も何度かあった。 時給は年に1度上がり、どんなに仕事をしても、頑張っても10円くらい上がるだけ。 評価によっては1円も上がらない。 ボーナスは1回当たりで10万にすら届かないし、福利厚生の待遇も正社員と比べると雲泥の差がある。 仕事ができる人とできない人の差が激しく、仕事ができる人に業務が集中するが、基本的に年功序列の賃金体系のため、正社員でも給与はさほど上がらない。 間違いなく頑張った人が損をするので、仕事ができない人はちょうどいいかもしれない。 口コミ投稿日:2020年01月31日 給与水準:総合職であれば年収はそこそこありますが、店舗で働く者からするとやる気は出ないくらいの収入です。 店舗に配属されてくる総合職の1年目の社員と13年働いて来た者とほぼ同じくらいの基本給。 下手すれば、教育する立場の人間の方が低所得です。 ゆうちょ銀行で長年働き続け、上位役職につけたとしても人が羨むほどの収入は見込めないです。 年2回、賞与とは別に営業手当が支給されますが、基本給自体が低いので年収となるとそれほど良くはないと思います。 入社当時は同級生と比べると恥ずかしくて言えなかったです。 また、やる気のない社員や、自分より営業数字が劣る社員と比べてもそれほど年収に大差はないので、頑張らないほうがこの会社では得なのではないのか。。。 という気に時々なります。 口コミ投稿日:2019年11月 5日.

次の

新入社員です。

ゆうちょ銀行 社員

多様な働き方支援:とにかく休みがめちゃくちゃ多い、かつ一部の部署を除いて殆ど残業(通称:超勤)がないのが魅力。 休みは完全週休二日制で、かつ祝日もお休み。 いわゆる「カレンダー通り」というやつですね。 もし土日祝に出勤することがあれば、代休(非番変更、週休変更)することができます。 一番の特徴は計年(計画年次有給休暇)。 毎年4月に発給される20日間の有給休暇の、消化しきれなかかった分を次年度以降、最大3年かけて順次消化していく制度です。 最大で前々年度分10日+前年度分10日休むことができる。 また夏季休暇3日、冬季休暇2日があるだけでなく、営業所社員は防犯の観点から「5営業日連続で休暇を取得する」ことが義務付けられているため、年に1度長期休暇は確実に取れます。 口コミ投稿日:2020年03月24日 社内制度:エリア本部の表彰と、本社の表彰があります。 )があり、それらを満たし、かつ上位の優績者から表彰されます。 副賞金等はありませんが、優績者らを集めた「推賞式」等がホテルのレストランホール等で催され、次へのモチベーションアップに繋がります。 本社表彰については、著しく顕著な成績を残した上で、かつ店所長の推薦がないと選定されません。 選定されると本社役員(いわゆる社長さん)とお話しする機会や、椿山荘での豪華なお食事等を楽しめます。 しかし副賞金は執行役表彰で五千円、社長表彰で1万円とかなりケチいので、こちらには期待しないほうが良いです。 口コミ投稿日:2020年03月24日 女性の働きやすさ:もっと良い会社はもちろん山ほどあるとは思いますが、ゆうちょ銀行も恵まれている環境だと思います。 産休、育休は必ず取れます。 子供が小さいうちは時短勤務で遅く出勤して早く帰れます。 診断書次第では産休が早く取れるケースもあります。 年間に25日休みが付与されますが取り損ねることはないです。 そして、子供の病気などで休む場合はこの25日とは別で休めます。 営業手当は、純粋に数字で判断されます。 数字だけで見られるので、性別や上司部下関係なく評価されます。 勤務時間内でどれだけ数字が取れるかが大切です。 現在、日本郵政全体でノルマに対しての業務のあり方が問題視されています。 来年度からは営業の評価の仕方を変える方向らしいので、4月以降は今と違うことを期待しています。 口コミ投稿日:2020年01月12日 入社理由・入社後の印象:【入社時の期待】休みが多く、プライベートを充実させることができる。 また、お給料もそこそこ貰えるので自分の趣味に充てることができる。 福利厚生がとにかく整っている会社なので、ある程度自分の希望の勤務地や環境で働けると思っていた。 【入社後のギャップ】休みは貰えるが、2年目と3年目の有給の貰える日数が全然違う。 10日以上違う。 そんなに差をつけるのであれば、もう少し均等にして差を埋めて欲しい。 お給料は安定してもらえるが、基本給だけ見ると仕事量に比較して低いと感じる。 また、希望の勤務地で働けるということはほぼない。 それ以外の者は適性などに関係なく別の部署や勤務地に飛ばされる。 口コミ投稿日:2020年04月17日 仕事内容:エリア限定職は配属になった店舗での仕事量が全然違う。 来客人数が少ない地域では暇な時間帯もあるという。 また、そこにいる上司の考え方に沿って社員の教育も行われるため、とにかく経験を積ませようと最初から難しいことにもチャレンジさせる現場と、最初は基本的なことしか教えずだいぶ時間が経ってから難しい業務を教えていく現場もある。 そのため、成長度合いや経験の差が店舗によって出る。 場合によっては事務知識も乏しい社員が課長代理になっている場合もあり、ミスが連発する店舗もある。 お客様から直接感謝される場面も多いが、日々クレームは絶えず来る。 事務以外にも営業活動があり、月末は月次目標達成のため営業活動のほうに重きを置く。 かなり切羽が詰まっており、来店いただくお客様に必死に声かけをしている。 口コミ投稿日:2020年04月12日 福利厚生:交通費は一番安い通勤方法の半年分単位で支払われます。 ですので場合によっては持ち出しになります。 単身赴任は最悪です。 会社は最低限の赴任費用しか支払いません。 600キロ離れているところで15万円程度です。 普通の民間企業だったら引越し費用は会社持ちですが、ゆうちょ銀行は違います。 自分で引越会社を探し、超えた引越し費用は自分持ちです。 社宅 家賃最高で30000円超あり、補助なし も40年以上前の汚い建物ばかりです。 モチベーションが下がります。 賃貸の物件に入った場合、家賃補助は最高27000円まで。 後は持ち出しです。 転勤辞令は4月1日着任だと10日前の3月21日です。 そのタイミングでは民間住宅はまずありません。 結果、汚い社宅に入る羽目になります。 リフォームした社宅もありますが、まだまだ少数です。 壁紙、塗装、給湯を変えていますが、洗濯機はベランダです。 例えばお風呂から出ると、そこは玄関。 5階建の社宅はエレベーター無しで階段幅も昔の規格なので狭いです。 苦労することこの上ない。 これが会社幹部になってもこのようなところに住まないいけません。 口コミ投稿日:2019年02月18日 雇用の安定性:【新卒社員の定着】銀行と行っても、地銀やメガバンクと比べてしまうと給与は低いです。 また、新入社員は2年の窓口での経験を積んで、FC(ファイナンシャルコンサルタント)となりますが業務より営業目標をこなす仕事に移ります。 販売する商品性は投資信託、変額年金保険で元本保証のないものを取り扱うこととなりますので、市況や経済状況の変化の情報を収集しないといけません。 また、コンプライアンスの徹底。 高齢者への販売など年々ルールが厳しくなる中、営業ノルマはどんどん増えていきます。 どんな市況環境であっても、毎月の販売目標を達成させないといけないプレッシャーが常にあります。 同期との格差が目に見えると耐え難い辛さも経験すると思います。 このFC制度についてはきちんと入社前から説明を受けますが、実際FCになる前に退職したり、離職をしていく若手社員が多いのが現状です。 口コミ投稿日:2019年11月 5日 給与水準:非正規なのに仕事量が極端に多くてトイレにすら行けなかった。 仕事の質や責任は正社員と変わらないもしくはキツイのに、時給は1,000円あるかないかくらい。 正社員は他の人と世間話をしてばかりで非正規の方が忙しく、年間の残業時間は正社員より多い年も何度かあった。 時給は年に1度上がり、どんなに仕事をしても、頑張っても10円くらい上がるだけ。 評価によっては1円も上がらない。 ボーナスは1回当たりで10万にすら届かないし、福利厚生の待遇も正社員と比べると雲泥の差がある。 仕事ができる人とできない人の差が激しく、仕事ができる人に業務が集中するが、基本的に年功序列の賃金体系のため、正社員でも給与はさほど上がらない。 間違いなく頑張った人が損をするので、仕事ができない人はちょうどいいかもしれない。 口コミ投稿日:2020年01月31日 給与水準:総合職であれば年収はそこそこありますが、店舗で働く者からするとやる気は出ないくらいの収入です。 店舗に配属されてくる総合職の1年目の社員と13年働いて来た者とほぼ同じくらいの基本給。 下手すれば、教育する立場の人間の方が低所得です。 ゆうちょ銀行で長年働き続け、上位役職につけたとしても人が羨むほどの収入は見込めないです。 年2回、賞与とは別に営業手当が支給されますが、基本給自体が低いので年収となるとそれほど良くはないと思います。 入社当時は同級生と比べると恥ずかしくて言えなかったです。 また、やる気のない社員や、自分より営業数字が劣る社員と比べてもそれほど年収に大差はないので、頑張らないほうがこの会社では得なのではないのか。。。 という気に時々なります。 口コミ投稿日:2019年11月 5日.

次の