アルキメデスの大戦 感想。 「アルキメデスの大戦」に関する感想・評価 / coco 映画レビュー

アルキメデスの大戦

アルキメデスの大戦 感想

上映日 2019年7月26日 上映時間 130分 制作国 日本 監督・脚本 山崎貴 原作 三田紀房 音楽 佐藤直紀 出演 菅田将暉/舘ひろし/柄本佑/浜辺美波/笑福亭鶴瓶/小林克也/小日向文世/國村隼/橋爪功/田中泯 巨大戦艦「大和」の建造計画の是非を巡り、海軍内部が二分する中、数学によって計画を阻止しようと奔走する天才数学者の奮闘を描くサスペンス・エンターテインメント。 三田紀房の同名人気コミックスを『ALWAYS 三丁目の夕日』『永遠の0』の山崎貴監督が実写映画化。 『アルキメデスの大戦』のあらすじ 1933年、欧米との対立を深め、軍拡路線を進める日本では、海軍省が秘密裏に世界最大の戦艦の建造を計画していた。 山本は独自に巨大戦艦の建造費を見積もり、計画の不正を指摘して建造を阻止しようと目論み、天才数学者の櫂直(かい ただし)に目をつける。 櫂は筋金入りの軍隊嫌いだったが、日本の未来を守るため軍隊入隊を決意。 持ち前の頭脳と度胸で前途多難な試算を行うが、海軍内の大きな壁が立ちはだかる。 登場人物紹介 櫂直 かい ただし(菅田将暉) 海軍主計少佐。 22歳の天才数学者。 東京帝国大学を中退し、アメリカに留学しようとするところを、山本五十六に海軍へ勧誘される。 軍隊嫌いだが戦争へと傾倒することを危惧し、巨大戦艦建造計画の不正を、持ち前の数学的能力で暴いていく。 計測マニアで常に巻き尺を携帯している変わり者。 この先、『アルキメデスの大戦』のストーリーを結末まで解説しています。 ネタバレを含んでいるためご注意ください。 巨大戦艦の建造計画 1945年、大日本帝国海軍の巨大戦艦「大和」が米軍の魚雷と空中爆撃により大破し、沈没した。 その12年前、海軍省では世界最大の戦艦を建造する計画を秘密裏に進めていた。 海軍の軍事会議で、少将の 山本五十六 は「今後の海戦は航空機が主流になる」と考え、 藤岡喜男(ふじおかよしお) 造船中将が設計した 航空母艦(空母) の必要性を説く。 しかし、大艦巨砲主義の 嶋田繁太郎は、 平山忠道が設計した全長300m級の 巨大戦艦を支持する。 海軍大臣の 大角岑生は巨大戦艦に魅了されるも、最終決定は次回の会議に持ち越された。 数学の天才・櫂直 山本は料亭で海軍中将の 永野修身と今後の方針を話し合っているときに、 櫂直という若者に出会う。 櫂は居候先の尾崎家でのトラブルで帝国大学を中退したが、数学の天才だった。 平山案の予算が虚偽の数字を出していると疑った山本は、平山案の不正を明かすため、櫂に見積もりの計算を頼む。 山本は「対アメリカ戦の勃発を阻止するためにも、巨大戦艦で国民に期待させないようにしたい」と櫂を説得する。 しかし、アメリカに留学が決まっており、軍隊が大嫌いな櫂は山本の申し出を断る。 しかし、櫂は「このままでは日本が火の海になってしまう」と予感し、海軍入隊を決意する。 山本から主計少佐に任命され、 櫂は2週間後に行われる最終決定会議までに、平山案の見積もりの再計算を行うことになる。 戦艦の設計図 櫂は海軍省で特別会計監査課の部屋を与えられ、部下の 田中正二郎と共に見積もり計算のための準備に取り掛かる。 しかし、平山案の設計図と予算は会議のメモしか残っておらず、最高軍事機密である見積もり案を直接閲覧することは不可能だった。 櫂は田中と共に、 戦艦長門(ながと)に乗艦する。 艦長の 宇野積蔵の目を盗んで、櫂は長門の設計図をノートに書き写す。 翌日、櫂は長門の寸法を自前の巻き尺で1日がかりで測定する。 海軍省へ戻った櫂は造船を独学し、実寸データをもとに長門の設計図を作成する。 櫂は長門の設計図を元にして、平山案の巨大戦艦を図面に起こそうと考えていた。 裏で大角大臣とつながっていた嶋田は山本側にあらゆる妨害工作を行う。 嶋田の腹心である 高任久仁彦(たかとうくにひこ)が尾崎家の女中 セツに情報を聞き出し、櫂と 尾崎鏡子のスキャンダルを海軍内に流して邪魔をする。 一方で、 櫂は寝食を忘れる勢いで、平山案の巨大戦艦の設計図を完成させた。 大里造船が協力 最終決定会議まで残り9日、図面から経費を算出するためには資材費や人件費などの価格表が必要だった。 方法を考えあぐねている櫂に、田中は 民間の造船下請け会社から価格表を得ることを提案する。 何人かの社長に直談判をするが、平山勢の圧力によって情報は聞き出せずじまいだった。 翌日、櫂は鏡子と隠れて再会する。 鏡子は尾崎造船と軍部の方針に意義を唱えて出入り禁止にされた大里造船の社長・ 大里清を紹介する。 櫂と田中は大里に会いに大阪へ向かうが、軍と関係を絶った大里に追い出されてしまう。 櫂と田中はあくる日も会社で待ち続け、情報提供を願い出る。 ふたりが諦めて帰ろうとしたその時、大里造船へ鏡子がやって来る。 鏡子のおかげで、櫂は大里社長と話をする機会を得る。 櫂の精巧な設計図を見て「櫂なら国を変えることができるかもしれない」と思い、 大里は櫂に協力することにする。 櫂は大里造船にあった資料をもとに船の建造費、人件費のデータを計算していく。 大里は尾崎造船が軍艦の建造費を安く抑える代わりに、巡洋艦を高く買わせるなどして海軍に対して「抱き合わせ」商法をしていることを教える。 最終決定会議 あとは価格表をもとに見積もり計算をするだけで順調かと思われたが、最終決定会議の開催日が翌日午前11時に前倒しになったと知らせが入る。 東京へ向かう最終夜行列車まで残り1時間で、櫂は驚異的な計算スピードを発揮し、あることを発見する。 櫂は自ら完成させた平山案の設計図にはさみを入れて、それを計算用紙にして田中や鏡子に巨大戦艦に使われる鉄の総量だけを計算させる。 大里に別れを告げ、夜行列車で計算しながら櫂、田中、鏡子は東京へ戻る。 櫂はギリギリまで計算を続け、田中と共に最終決定会議に到着する。 櫂と田中が残りの計算を続ける中、最終決定会議が開始される。 永野は時間稼ぎをしようとするが、嶋田に阻止される。 大角大臣は大蔵省から予算を獲得するために、藤岡案より安い見積もり価格の平山案を通そうとしていた。 櫂は時間稼ぎをするため、田中に鉄の総量を出す残りの計算を任せ、会議に割り込んで、黒板に図と計算式を使って説明を始める。 デタラメだと言う嶋田側に対して、櫂は既存の船の建造費を鉄の総量から計算して、式が正しいことを証明してみせる。 そして、田中が計算を全て終わらせる。 計算された鉄の総量から、巨大戦艦建造のためには提出された見積もり案の2倍近い、2億円がかかることが明らかになる。 巨大戦艦建造に隠された思惑 さらに、櫂は平山側が尾崎造船と密約を交わしているのではないかと指摘する。 平山は不正を認めたが「国を守る巨大戦艦の建造を極秘に進めるためには、建設費を安く見せかける必要があった」と弁明する。 大角大臣は平山の発言に賛同し、平山案が可決される。 必死に行ってきたことが水の泡になったと感じた櫂だったが、平山案の設計図に重大な欠陥があることに気づく。 平山案では巨大な海の波に耐えられず、戦艦が大破してしまう恐れがあった。 一方、櫂が作成した設計図では海洋波を考慮した構造計算がされていた。 つなぎ合わさった櫂の設計図を見て平山は感嘆し、技術者として敗北を認める。 平山は設計案を取り下げ、藤岡案の航空母艦が会議で承認される。 戦いに勝利した櫂だったが、「実社会では表面的な正義感では語れない真(まこと)の正義がある」という平山の発言に戸惑いを隠せないようだった。 一方、非戦派だと思われた山本は、実は対米戦の早期決着をつけるために航空機で奇襲をしかける 真珠湾攻撃を目論んでいた。 戦艦大和の誕生 会議から1ヶ月後、櫂は平山に招かれて、巨大戦艦の20分の1の模型を間近で見る。 平山は「巨大な海洋波に耐えられる設計の数式を教えて欲しい」と櫂に頼み出る。 平山は同じ設計者として、櫂が心の奥底では巨大戦艦の完成を望んでいることを見抜いていた。 平山は櫂と同様、日本が戦争に向かうことは避けられず、国力で劣る日本は必ず負けると思っていた。 平山の言葉に櫂は動かされ、 協力を決意す る。 それから9年後、完成した戦艦「大和」の進水式が行われる。 真珠湾攻撃によって戦争へと舵を切った山本に、櫂は苦々しい表情で敬礼する。 櫂は日本の名を背負った戦艦大和を見送りながら、その運命を見据えて涙するのだった。 『アルキメデスの大戦』の感想 VFX技術に定評のある山崎貴監督だからこそ再現できる、圧倒的なスケールの戦艦大和が大迫力でした。 その戦艦大和が無残にも崩れ、海に沈んていく冒頭のシーンは圧巻でした。 一見、巨大戦艦建造計画に隠された不正を暴くというストーリーに見えますが、一筋縄ではいかない展開が面白かったです。 「航空母艦 vs. 巨大戦艦」という単なる軍艦の対立構造から、「山本五十六 vs. 平山忠道」という異なる思想の対立関係にシフトする瞬間が鮮やかでした。 天才だけれど変人の櫂直と生真面目で規律を守ろうとする田中のコンビがコミカルに描かれたり、櫂と鏡子のプラトニックな恋愛模様が描かれたり、人間ドラマが合間に挟まれて戦争ものといえど堅苦しすぎず、楽しみながら見ることができる作品です。

次の

アルキメデスの大戦(漫画)のあらすじとネタバレ!読んだ感想も参考に!

アルキメデスの大戦 感想

CONTENTS• 映画『アルキメデスの大戦』の作品情報 C 2019「アルキメデスの大戦」製作委員会 【公開】 2019年(日本映画) 【原作】 三田紀房『アルキメデスの大戦』 【監督・脚本・VFX】 山崎貴 【キャスト】 菅田将暉、柄本佑、浜辺美波、笑福亭鶴瓶、小林克也、小日向文世、國村隼、橋爪功、田中泯、舘ひろし 【作品概要】 戦艦大和の建造を軸に、第二次世界大戦を数学者の視点で描く、かつてない漫画『アルキメデスの大戦』を映画化。 原作は『ドラゴン桜』『インベスターZ』などユニークな発想と独自のテーマ性で時代に斬りこんできた三田紀房。 キャストには、帝国海軍という強大な権力に数学を武器に挑む数学の天才・櫂直に菅田将暉。 彼を海軍にスカウトする山本五十六に舘ひろし。 監督はかつて宇宙戦艦ヤマトを『SPACE BATTLESHIP ヤマト』として映画化していたこともある『永遠の0』の山崎貴が務め、今回、いよいよ本家の大和を描くことになりました。 映画『アルキメデスの大戦』のキャラクターとキャスト 櫂直(かいただし)(菅田将暉) 元東京帝国大学数学科の学生で西の湯川秀樹と東の櫂と呼ばれる天才肌。 山本五十六(舘ひろし) 櫂をスカウトした海軍少将。 航空主兵論派。 田中正二郎(柄本佑) 櫂の補佐役を命じられる海軍少尉。 元は山本の付き人。 尾崎鏡子(浜辺美波) 尾崎財閥の令嬢。 家庭教師・書生として働いていた櫂と心を通わせる。 永野修身(國村隼) 山本の上司に当たる海軍中将。 大角岑生(小林克也) 海軍大臣。 新型戦艦建造に関する軍事会議の決定権を持つ。 嶋田繁太郎(橋爪功) 海軍少将。 大型戦艦の建造推進派。 平山忠道(田中泯) 海軍造船中将。 大型間の設計を進める。 大里清(笑福亭鶴瓶) 大阪の造船会社社長、かつて尾崎財閥と取引があった。 映画『アルキメデスの大戦』のあらすじとネタバレ C 2019「アルキメデスの大戦」製作委員会 1933年欧米列強との対立を深める日本。 海軍少将の山本五十六は、これからは航空戦こそが戦争の主体になるだろうと空母の新造計画を提案しますが、日露戦争の栄光に縛られる保守派で大型軍艦の建造を主張する嶋田や造船中将の平山たちと激しく対立します。 海軍大臣の大角を密かに抱き込んでいた嶋田派の計画が優勢で進む中、山本は偶然出会った天才数学者の櫂をスカウトします。 山本は自分たちの空母建造案より規模が大きい嶋田・平山案の大型戦艦建造案の見積もりが低いことに疑問を持っていました。 櫂と山本の共通の認識としてアメリカを中心とする相手と本格的な戦争となった場合、日本は間違いなく負けるだろうというものがありました。 C 2019「アルキメデスの大戦」製作委員会 しかし、そんな中で大型戦艦ができてしまった場合、その存在感ゆえに自分たちの力を過信して暴走しかねないという山本の危惧を知った櫂はアメリカ留学を諦めて海軍に入ります。 戦艦のデータがなかなか手に入らず、更に嶋田派の妨害もあり、再見積もり作業は遅々として進みません。 東京近郊の民間企業にも断られた櫂は、大阪の造船会社社長の大里を頼ります。 大里はかつて尾崎財閥との取引で揉めて、干された経験があり、櫂を相手にしません。 しかし、尾崎財閥の令嬢・鏡子が駆け付け大里を説得、櫂たちはやっと戦艦建造に必要な費用の詳細を知ることができました。 C 2019「アルキメデスの大戦」製作委員会 ギリギリの中で鉄の使用量と費用の相関関係を見出した櫂は軍事会議ギリギリになって嶋田・平山案の見積もりが低過ぎることを証明して見せます。 これで空母案が採用されるかと思われましたが、これまで押し黙っていた平山中将が、この低い見積もりは意図的なものだと説明します。 大掛かりな予算計上を他国が見れば、日本の本格的な軍拡の動きを察知されかねず、平山はそのために敢えて、低い見積もりを提出したのでした。 この深謀遠慮を知った大角海軍大臣は大型戦艦建造案を採用します。 これまでの努力が無駄となり愕然とする櫂。 ところが、そこで掲示されていた平山案の戦艦の設計に大きな欠陥があることを発見それを指摘します。 嶋田は相手にしませんが、その指摘を受けた平山は自身の計画の大きな穴を認め、計画を下げます。 C 2019「アルキメデスの大戦」製作委員会 大型戦艦建造計画は中止となり山本たちの航空母艦建造が決定します。 戦争をしない、戦火を拡大させないという考えを持っていた山本ではありましたが、日米開戦が避けられないことも感じていて、櫂にはその部分を伏せて自分の元に呼んだのでした。 非戦派と思われた山本の発言に驚く永野に対して、山本はハワイ真珠湾への奇襲が効果的だと持論を展開します。 軍事会議からしばらくして、櫂は平山に呼び出されます。 そこには巨大な戦艦の模型がありました。 この戦艦は軍と国民に誤解を与え、戦争に向けて走らせかねないと危険視しますが、平山はだからこそのこの巨大戦艦が必要なのだと櫂に語り掛けます。 日本人の国民性からどれだけ戦況が不利になっても戦い続けるであろうと考えた平山はそんな国民の士気を完全に折るために、象徴的な戦力の確立とその敗北を用意しなければならない、そのための巨大戦艦建造だと櫂に迫ります。 返す言葉のない櫂はやがて、大型戦艦建造に深く関わっていきます。 巨大戦艦は後に大和と名付けられ、日本海軍の象徴となるのでした。 映画『アルキメデスの大戦』の感想と評価 C 2019「アルキメデスの大戦」製作委員会 超大型戦艦と言う悪魔の取引 映画の冒頭では沖縄方面に出撃したものの 撃沈される戦艦大和の姿がダイナミックに描かれます。 そしてクライマックスの会議の後に挿入される、大型戦艦の在り方を巡る櫂と平山造船中将のやり取りは まさに悪魔の取引と呼ぶべきものです。 決定的な敗北感を国民に与えるためのシンボルとしての大型戦艦建造という選択肢を提示されて、代わりになるような決定的な手段を考えられなかった櫂は、大和の建造に邁進することになります。 そこにはかつて活き活きと数学を武器に海軍内で動き始めた頃の溌剌さはありません。 必ず迎えるであろう運命を知っていて大和を見送る櫂の流す涙はあまりにも切ない涙です。 まとめ C 2019「アルキメデスの大戦」製作委員会 夏場に東宝が軍記モノというと、オールドファンは 岡本喜八監督の『日本のいちばん長い日』(1967)から始まった8・15シリーズを思い起こす人もいるのではないでしょうか? しかし、日本海軍を舞台に戦艦大和を巡る攻防を描いた本作は、 いわゆる軍記モノ・戦記モノとは違った感想の映画になります。 そして 多くの監督から「天才」と呼ばれる俳優、菅田将暉。 本作では文字通りの天才数学者を演じています。 また、山本五十六演じる舘ひろしをはじめ、脇を固める実力派俳優陣の重厚な演技にも注目です。 映画『アルキメデスの大戦』は2019年7月26日(金)全国ロードショー!.

次の

映画『アルキメデスの大戦』ネタバレあり感想・レビュー!結末を知りながら見る頭脳戦は果たして面白いのか?

アルキメデスの大戦 感想

「アルキメデスの大戦:221話」のネタバレ 嶋田の心変わり これまで櫂を敵視してきた嶋田が大和売却に賛同の意を示した。 櫂を含め全員がその心変わりに驚愕し疑問を抱く。 海軍・吉田と山本は気の迷いもいい加減にしろとなだめるが、これはあくまで本心てあると断言。 何か裏があるのではないかと疑うものの、自身が窮地てある以上嶋田の援軍に乗るしかないと櫂は覚悟を決める。 その答えに東條はこれで協議は打ち切るべきだと声を張り上げるが、このまま否決すれば日米の合意そのものが白紙撤回となるのだ。 国家の最高権力者が自ら外交交渉に臨み成立させた業績は非常に重たいもの。 これを日本が破棄したとなれば大統領の心中は計り知れないものとなると嶋田は言う。 同意見の牟田口は嶋田に加勢。 そのお陰で政府側も合意破棄に慎重になるしかなかった。 俺に任せろ 嶋田の発言により議論の流れが明らかに変わった。 嶋田に託した。 そもそも大和売却を否決すればアメリカとの外交を断ちきることになる。 国益優先で結論を出すべきだと考えた政府側にすかさず吉田が割って入ろうとしたが嶋田がそれを制した。 たかが戦艦一隻、替えはいくらでもあると。 誰もが驚愕する言葉だったが、一旦下駄を預けるのも悪くはないと考えた吉田の言葉で日米和平協定は受諾された。

次の