はあちゅう 嫌われる。 はあちゅうが妊活宣言でまた炎上!アンチに嫌われ続ける理由は?

はあちゅうは、なぜ嫌われてしまうのか?

はあちゅう 嫌われる

出典: いや~久しぶりですね、 はあちゅう先生のネタ。 実はわたくし過去に1度しかはあちゅう嬢の記事を書いてないんですけどね。 この記事がはあちゅう先生の関連ワードで検索上位にあがってしまっているため、 はあちゅう女史を心から毛嫌いする読者のみなさまから、けっこうな頻度でコメントをいただくんですよ。 そんなことをされたら、まるで僕が アンチはあちゅうの急先鋒みたいに見えるじゃないですか! いいぞ! もっとコメントくれ!! …でですね、そのコメントのやり取りが結構なボリュームになってきているので、 もったいないからこれをネタにして1つの記事にしてしまおうというのが今回の主な趣旨でございます。 なぜ、はあちゅうは嫌われてしまうのか? その辺のナゾを読者のみなさまからいただいたコメントをベースに、なるべく論理的に客観的に分析していきたいと思います。 (あえて書いておきますが、僕自身は はあちゅうさんが大好きですからね!w 世の中にははあちゅうさんを「メスゴリラ」などと揶揄する方もいらっしゃるようですが、 彼女はどちらかというと「ヴィーナス」ですよね?ね?) ちなみに僕は中身ペラペラのつまらないブログを読む気はしないので、 いまどんな内容になっているのかは本当にぜんぜん知らないのですが、 彼女のブログを読んでみたいという 危篤な奇特な方は、からどうぞ。 タップできる【目次】• はあちゅうは、なぜ嫌われてしまうのか? 出典: では、なぜはあちゅうは嫌われてしまうのでしょうか? 前述の記事に寄せられるコメントのなかから、頻出するキーワードを抜き出してみましょう。 「何故あそこまで上から目線で他人を馬鹿にするような発言ばかりするのかが理解できません…」 「どうしてあんなに上から目線で物を言えるのか?ギモンです。 」 「なんか鼻につく感が不愉快な気分にさせるから、だいっキライやわーw」 「これだけ人を苛立たせる才能はすごいですよね。 」 …こんな感じです。 つまり 上から目線で人をバカにしているという点がはあちゅうさんが嫌われる第一の理由ということですね。 これを見てピン!ときました。 そういえば高知に疎開したわれらが敬愛するイケダハヤト尊師におかれましても、得意芸は 一般の方々をバカにして見下すことでしたね。 彼のブログ「」でも世の中の人を見下し煽るような記事をよく見かけます。 まったくおなじですね。 自らの冴えなかった・モテなかった青春時代や学生生活、 会社に順応できずに挫折してしまった苦い経験が故に、 コンプレックスを隠そうと必死にマウントポジションを取ろうとしているのです。 ウホウホしているのです。 これはまあ…しょうがないですね。 はあちゅうしかり、イケハヤしかり、まだまだ(精神年齢が)若いですから。 不特定多数の一般人をバカにして虚勢をはっているうちは、まだまだお子ちゃまなんです。 まあ、そのうち大人になっていく過程で気付くはずですけどね、 謙虚さが大切だと。 グサッ(ブーメランが突き刺さる音) はあちゅうは同性からも嫌われている? はあちゅうって男性からは嫌われるけど、女子にはそこそこ好かれているだと思ってたんですよね。 でも 女性からのネガティブなコメントも多いんですよ。 いくつか紹介しましょう。 「女子代表みたいな立場で物事を言っているようだけど、全く一緒にして欲しくない。 性の問題にも多く触れるけど、何この人?!という感じです。 不特定多数の異性と経験をしたから何だ?数じゃないんだよと。 (中略) 彼女は独身で失う物もないし、若さだけで物も言えるから大胆にもなれていると思うけれど 下世話な話が大好きで、人の事は損得勘定、どこにも知的要素がない。 」 いいですね。 「 一緒にして欲しくない」「 どこにも知的要素がない」ってところに 生理的な嫌悪感がにじみ出ていますね。 「初めまして。 最近ブログを始めた者です。 ブログについて勉強していると彼女に行きつき、ザっと記事を見させてもらったのですが… なんとなく嫌なカンジを受けてしまい、そしてこちらのブログ記事を発見して「あ~なるほど」と腑に落ちたものがありました。 」 嫌な感じをうけるのは 男女共通っぽいですね。 だから彼女がどこで何をしようが、なにを食おうが、誰と寝ようが…さっぱりどうでも良いのですが、 いや本当にどうでも良いのですが、 ただ感心したのは、 世の中にははあちゅう嫌いの人がこんなにもいっぱいいて、 イケハヤしかりですが、 嫌われることで成り立つビジネスっていうのが本当にあるんだなぁということですね。 それに比べ、 同性からも異性からも愛される宿命を背負って生まれてしまった僕なんぞは、ある意味不幸なわけです。 誠意がなければ淘汰されるので、自由にやればいい もうちょっとコメントを探ってみましょうか。 下記のように お金の稼ぎ方に関する批判もけっこう多いですね。 「甘い考えの若者を馬鹿高い料金でオンラインサロンに誘い込み、それで生きている、もはや宗教ですよね。 」 「売れればなんでもいい、ネットでの扇動家としての面が本職なんでしょうけど、セコさが鼻について苦手な人は多いでしょうね。 」 「結局はマネタイズ方法を覚えてしまった、キラキラ系女子代表ということでしょう。 」 「ただの炎上商法でお金を稼ごうとしているから他人が不愉快に思うことばかりしてしまう」 …まあ(個人的には)別にいいと思うんですよね。 どんな方法であっても法を犯さない範囲でやっていただけば。 基本的には自由ですから。 「 ちょっと大げさに盛ってなんとかしよう」 「 金が儲かればウソは日常茶飯事だよね」 「 コピーコンテンツのなにが悪いの?」 …こんな人は世の中に腐るほどいます。 特にはあちゅうやイケハヤに限ったことではありません。 彼女たちなんかまだ生ぬるいほうです。 ぶっちゃけやったもん勝ちですから。 これは資本主義だから仕方がありません。 サロンやnoteで、うんこのお役にも立たない情報を高い料金で売りさばいていようとも、 それは 騙されたヤツが悪いのです。 勉強料だと思います。 そういう経験も成長するためには必要なんですよね。 そもそも、そんな張りぼてのようなサロンに騙される人たちは、 自分が騙されていることにすら気付いていないものです。 …でも、 読んでくれているユーザーに不誠実なコンテンツはやがて必ず淘汰されていきます。 そこで気づくわけです。 いままで誰のおかげでお金儲けができたのかを。 最後に|はあちゅうは可哀想な人? 出典: いただいたコメントのなかで、すごく的確なことを言っている読者さんがいたのでご紹介します。 いまを真剣に生きている人たちの魂には響いてこない彼女の言葉、 そしていくら金を稼いでいようと有名になっていようと、 世の中にとって徳を生み出しているわけではなさそうなその仕事内容にはまるっきり魅力を感じません。 私はいまの自分の人生のほうが楽しいし幸せだと思ってますが、 彼女はこんな一般人を叩きまくってでしか自分の人生に価値を見出せないのでしょうかね。 だとするととても可哀想な人です。 …はい、こちらからは以上です。 文句があればコメント欄へどうぞ。 はじめまして。 はあちゅうさん、女性のキラキラ系の友達と友達な自分に酔っているところが小学生の女の子かよ、と思って同性として嫌いです。 本も何度か読んだことがありますが、友達といるときはその友達のエッセンスを盗み出す格好のよいインプットの時間だみたいなことが書いてあって、そんなことを公言している人と友達はよく付き合っていられるな、と思ってしまいました。 それから嫌いになり、彼女の本は読まなくなりました。 基本的に自分よりかわいい女の子や生まれながらにしてお金持ちの人たちに憧れて嫉妬してコンプレックス拗らせているのに、そばにいて仲良い自分をアピールするの、痛々しすぎる… 言っていることも周囲の人の受け売りばかりで、中身がないですよね…。

次の

はあちゅう炎上!妊娠してから妊活宣言は不妊女性へのマウンティング

はあちゅう 嫌われる

肉級です。 さんが先日妊娠を発表いたしました。 おめでとうございます。 昔からはあさんのやり方は汚く、自己中心的なので嫌いです。 さんの下記記事を読んでいただいてもわかるよう、人としておかしいのでは?と思うことが多々あります。 お時間あれば是非ご一読いただければ嬉しいです。 そんなさんですが、妊娠というのは嬉しいことであり子供が好きな私としては是非祝福したいと思います。 さんおめでとう!元気な子供が生まれてくることを祈ってます。 でもやっぱりなんですね。 妊活ブログを開始した直後ぐらいに、妊娠したことは黙ってお金稼ぎやブログのために妊娠してない自分を偽り続けていたんです。 3月21日のブログでは、妊娠数カ月経つのに妊娠検査薬で陰性が出たと虚偽の報告。 19年1月10日にさんが妊活宣言をネットで行った後の発言の流れをフォローしていますが、さんが「嘘をついていない」と言っているのは「妊活を開始した(とされる)1月10日の書き込みの時点では妊娠をしていなかった(知らなかった)」というだけです。 この妊娠検査薬陰性事件については全く触れません。 これについて多数の批判があるのに、問題をすりかえ 「今回の件は、妊娠=裏切りと思われて炎上したんです!」と勝手に、妊娠が叩かれる!という解釈へ変えてしまいました。 さらには男性のほうが炎上すべきと全然違う方向へ逃げる始末。 しかしこの話題、女性は集中砲火浴びても男性が矢面になることがないのがなんとも。 妊娠中の女性がタバコ吸ったら歴史的炎上をすると思うけどその夫が吸ってても非難されない、とかね。 お弁当のいろどりで男性が炎上する時代が来たら「時代もここまで進んだか!」って感動するかも〜。 — 肉級 mecchanikuniku 同じような意見を言ってる方も沢山みられました 妊娠のニュース目にしたくないのに入ってくるのなんとかならんかね…性別がもうわかるってことは1月に妊活公表したり2月に妊活のインタビュー受けたりした時には既に妊娠してたってことよね…子供が可哀想とかは思わないけど妊活で本当に苦しんだ人間としては個人的に無理なニュース — かおる 2353kf2 妊娠と聞いてまず「こいつの言うことを鵜呑みにする必要がない、実際に産むまでは真偽保留」と思ったもののさすがにこれは邪悪すぎるかなと思ったが、大凡の予定日と性別が既にわかってることから逆算すると妊娠把握してから妊活宣言してたっぽい話が出てきて本物の邪悪は違うな、と思った。 ー新しいモンスター「ソーシャルモンスター」 上記のようにSNSで平気で人を傷つけ、さらには隠蔽したり、嘘をついたり、サロン生は奴隷ですといったり、人の気持ちをさげずむような行為をしたり、を売って自己責任だとか言ったり、じぶんの拡散力を使って、気にくわないことがあったらそのお店を叩いたり、SNSでの蛮行が酷い方がいます。 そんな方は稀なんですが稀すぎるのでSNSで暴れて不快にする人という意味も込めてソーシャルモンスターと呼びたいと思ってます。 ちなみに、先日、温泉旅行にいったそうですが、匿名で投稿した内容と泊まった日やインスタにアップしてた写真などから行動が酷似しすぎてて、投稿者がさんだとばれてしまったよう。 ROOM(ショッピングSNS)で貯めたというポイントだけを使って家族で訪れている宿泊先の旅館について、〈大ハズレで、お財布と心にダメージを負い〉などとツイートしています。 その2日後、大手旅行予約サイトにて非常に酷似する不満をぶちまけている匿名の投稿があると話題になり、そこには〈家族が妊娠中〉とも記されている。 内容を見てみると、 キャプションはありません。 他にも見られた方はいたようでしたが… — わたし 競馬らぶ urawatashichan 妊娠を告げても配慮してほしいのなら希望を出した方がいいでしょう。 妊娠中の知人と一緒に旅行いっても率先して用意してました。 そして普通にアルコールをおいてることにイライラなんてどこのクレーマーなのかしら。 飲まなきゃいいのよ。 それを敢えて長々とクレームを書く。 いかがなものなのかしら。 さらには、 これもまさしくブーメラン サロン生を使って自分の書籍に対するレビューを操作したり、旦那も動員したり言っていることと、やっていることがまるで逆 自分でやっていることがわかってない? イヤわざとやってるよな、 いっそのことこの業界から追放されてくれないかしら? — しろうとさん 16shirouto には「サイクル」という被害者になり信者獲得をするサイクルがありますが、今回も発動いたしました。 そのうち精神を壊してしまう人もいるかもしれません。 もういるかもしれませんが…。 こういう不快なものをSNSにまき散らすのはソーシャルモンスターといってもいいのではないでしょうか。 今後不快なことが起きるのか予想をしてみると ・ホテルや特定の観光地へ個人的不満をソーシャルで拡散(もうすでにやってましたがさらにカレートしそう) ・医者・看護師・師を非難 ・子供のおもちゃ非難 ・習い事非難 ・インフラ非難 ・子供がいじめっこになっても被害者面をしてSNSで拡散。 ・炎上したら子供を盾にする ・子供をコンテンツにして、子供の人権を守らない ・育児の代表者面をする ・意味不明な旦那非難からの男性非難で夫婦分断 などなど ある程度想像できてしまいます。 ソーシャルモンスターはこれからも色々出てくるかもしれません。 不特定多数に毒をまき散らすソーシャルモンスターという存在はモンスタークレーマーと同じように社会問題になるでしょう。 どう対応すべきなのか…。 考えないといけないフェーズに入っていると思います。 ご査収ください。 mecchanikukyu.

次の

【炎上】はあちゅう子供虐待?!内容やインスタ画像!アンチの通報運動?

はあちゅう 嫌われる

はあちゅうは妊娠してから妊活宣言?疑惑で炎上! 大人気ブロガー・はあちゅうさんがまたもや炎上騒動を巻き起こしたようです。 今回のはあちゅう炎上騒動の種は、女性にとってデリケートな問題、妊娠や妊活に関する事でした。 はあちゅうさんが既に妊娠しているにも関わらず妊活を頑張っているふりをしていたという疑惑が浮上し、本気で妊活をしている人達からの猛烈な反発を生んだのです。 今回は、はあちゅうさんの妊娠しているのに妊活宣言疑惑!大炎上騒動について詳しく紹介します。 妊活で公言していた内容と出産予定日が合わないとネット上で疑いの声! はあちゅうさんは2019年1月10日、自身の公式ブログにて「旦那観察日記〜妊活編〜」という新企画をスタートさせました。 妊活に取り組んでいる様子をブログにてそれから数ヶ月にわたって公開し、3月21日には妊娠検査薬の結果が陰性であった事などもSNSでアップしていました。 しかしそのわずか数日後の3月27日、はあちゅうさんは「妊娠のご報告」として「 秋に男の子を出産予定です 」と発表。 このタイミングから、妊活ブログを発信し始めた頃には既に妊娠していたのではないか?という疑惑が浮上、Twitterなどでの炎上騒動に発展したのです。 問題をすりかえたはあちゅうの言い訳に批判の声が殺到 この炎上は主に一連のはあちゅうさんの妊活コンテンツを見て「はあちゅうも妊活頑張っているんだなぁ」と共感していた、本気で妊活に取り組んでいる女性達から巻き起こりました。 つまり、妊娠が既にわかっていたにも関わらず、ネットコンテンツとして自身の妊活を売り物にし、商売に利用しようとするのは本気で妊活をしている人達をバカにしているという批判が起きたのです。 これに対して、はあちゅうさんはTwitterで上のように反論しますが、これが問題のすげかえであるとして、炎上はさらに激しくなります。 批判している人々からすれば「妊活で苦しんでいる人がいるのに、本当は妊娠しているのに妊活を商売にしていた事が許せない」のであって、妊娠した事自体を批判しているわけではないからです。 過去にも数々の炎上を繰り返しているはあちゅう はあちゅうさんは人気ブロガーとして知られていますが、これまでにも頻繁に炎上騒動を巻き起こしており、その騒動をテコにして有名ブロガーに登りつめたという経歴を持っています。 はあちゅうは何でもSNSのコンテンツにしたい?勝手に炎上して自業自得? そもそも、はあちゅうさんは「自分の人生そものものがコンテンツ」を公言し、自分の人生をなんでもSNSコンテンツにするというビジネススタイルをとっています。 今回の騒動に関しても、炎上させる事で自身のコンテンツに注目を集めたいだけの炎上商法では?と見る向きも多いのです。 「 はあちゅうは被害者ヅラしているけれど、自分で進んで勝手に炎上させているのだから自業自得 」という声が多いのもこのためです。 被害者ぶってる?弱い立場を利用した炎上で信者獲得? はあちゅうさんのこれまでの炎上騒動に対する反応の特徴として、必ず「 自分は被害者である 」という立場を取る事も指摘されています。 今回の件に関しても「自分は妊活してあっさりと妊娠してしまったから、妊活中の人達から裏切り者扱いされ、不当な批判を受けている」というスタンスを取っているように見られています。 これもまた、こうした炎上騒動を利用して被害者の立場をとる事で、自分を擁護して味方になってくれる人を募り、信者を獲得しようとしているのでは?という指摘も出ています。 YouTubeも大炎上でコメント欄を閉鎖!「子供のため」はもう遅い? はあちゅうさんはYouTubeチャンネルも開設していますが、この妊活炎上騒動の影響で批判的意見があふれたとして、そのコメント欄を閉鎖しています。 はあちゅうさんは「子供のため」を強調していますが、そもそも子供のためを思うのであれば、妊活や子育てを自身のビジネスに利用するべきではないのでは?という意見もあります。 はあちゅうさんが度々炎上騒動を巻き起こしている事を考えれば、子供をSNSコンテンツとして利用する事は絶対に避けるべきという声が高まっているのです。 はあちゅうは炎上をどう思ってる? 炎上商法とも言われ、批判にさらされているはあちゅうさんですが、はあちゅうさん本人はこうした炎上をどう考えているのでしょうか? 炎上商法だという非難は「頭悪いな」? はあちゅうさんはメディアの取材で「炎上騒動についてどう思う?」という質問を受け「頭悪いな」と回答しています。 頭悪いな、と思います。 みんな「炎上商法だ」って意味もわからず言ってますけど、 炎上で名前が知られたところで、いいことはほとんどないんですよ。 それに議論を呼ぶことと、倫理的にアウトなことをして炎上するのは違うのに、そのへんを混同していることもありますよね。 (引用:新R25) はあちゅうさんは、炎上させたいとは思っていないものの、自分を偽りたくないから自分の思ったことを発言している。 その結果炎上しているに過ぎないという考え方のようです。 炎上したら長期間落ち込んでしまう? そして、意外にもはあちゅうさんは炎上すると長期間落ち込んでしまうのだそうです。 自身の容姿をバカにされ、それを10年以上引きずった事もあるのだとか。 炎上はいくら体験しても慣れませんし、落ち込みますね。 そこは キングコングの西野さんや イケハヤ(イケダハヤト)さんたちとは違います。 あの人たちはメンタルが強いし、炎上を波乗りのようにエンタメ化しているというか。 私は毎回「もうダメだ」とメンタルが不安定になります。 そういう姿を知らずに「本当に傷ついているんですか?」って言われて、また落ち込むこともあります。 「本当は無神経のくせに」って言われているようで…落ち込みのエンドレススパイラルです。 (引用:新R25) はあちゅうさんはメンタルが弱いとの事ですが、これだけ炎上を繰り返していても自身のスタイルを変えないという事自体、極めて強靭なメンタルだと言えるのでは?という声もあります。 今までで一番精神的ダメージが大きかったのはオンラインサロンのインタビュー? はあちゅうさんがこれまでの炎上騒動で一番精神的ダメージが大きかったのは、オンラインサロンの炎上騒動だったとインタビューで答えています。 はあちゅうさんが心血注いで準備してきたオンラインサロンがネットで炎上騒動となり、サロンに参加している人や自分が友人だと思っていた人などからも批判が出た事が最も辛かったそうです。 記事を読んだ元サロンメンバーからも、サロンやサロンメンバーを悪く言う人が出てきて……。 参加者の皆さんとは一人ひとりお会いして信頼もしていたので、精神的につらかったです。 しばらくうつのような状態になり、感情の起伏がなくなったり、寝られなくなったりする日々が続きました (引用:NIKKEI STYLE) デマが拡散されて新たな火種に こうした批判の嵐に耐えられなくなったというはあちゅうさんは、2000人以上いたTwitterのフォローを4人(2019年現在は3人)まで減らしました。 そして、ちょうどはあちゅうさんがTwitterのフォローを減らしたタイミングで、はあちゅうさんの知り合いの著名人がある事件で逮捕されました。 これが「はあちゅうは自分も逮捕されるのを防ぐために、証拠隠滅でフォローを消したのではないか?」という根も葉もないデマ情報の拡散に発展、新たな火種となったのでした。 エゴサーチをやめ、ブロック機能も利用するように 自分を批判する声が続々と噴出してくる事に嫌気がさしたはあちゅうさんは、自分の名前をエゴサーチする事をやめ、SNSで自分を批判するアカウントは徹底的にブロックするようにしたそうです。 炎上し続けても発信をやめないのはアンチに対する強い信念があるから? これだけ炎上騒動を巻き起こしながらも、はあちゅうさんがSNSなどでの発信をやめないのは「アンチをスルーするのはいじめを無視するのと同じ事」という信念があるためだそうです。 はあちゅうさんはアンチに攻撃されて泣き寝入りするのではなく、アンチと戦う姿勢を崩さない。 アンチに対して、彼女が強気なコメントを返すと、「大人げない」と反応する人もいる。 だが彼女は、「リアルな場、SNS上、対面している状況、どんなシチュエーションにかかわらず、人間に上下はなく、フェアな立場であるはずです。 相手は一方的に悪口を言うことが許されて、私が反論することが許されないというのはおかしい」と話す。 (引用:NIKKEI STYLE) はあちゅうにはアンチが多い?嫌われる理由は? ここまで見てきたように、はあちゅうさんは決して炎上を望んでいないと言う事がわかりましたが、それでは何故、これほど頻繁に炎上騒動が巻き起こるのでしょうか? はあちゅうさんを「嫌い」という人がネット上には非常に多いのもその一因だと言われていますが、はあちゅさんを「嫌い」という理由は一体なんなのでしょうか? セクハラを問題視しながら童貞をネタに はあちゅうさんは、過去に勤めていた広告会社の上司にセクハラやパワハラ被害を受けた事を訴え、それが社会現象にまで発展した事がありました。 しかしこの騒動後、はあちゅうさん自身が過去にSNSで童貞をバカにする言動を執拗に繰り返していた事が発覚、炎上してしまいます。 自分が過去にセクハラを受けたと被害者ヅラをして訴えているにも関わらず、自分も過去に童貞をネタにするセクハラ行為を行なっていた事が発覚しアンチはあちゅうが激増したのです。 低学歴をバカにしてる? さらに、はあちゅうさんはこれ以外にも、不特定多数の人々をやたらとバカにしてマウントを取る言動が目立ちます。 例えば、はあちゅうさんのこのツイッター投稿は低学歴の人を無意識にバカにしているとして盛大な炎上騒動に発展しています。 動物もSNSのコンテンツにしか思ってない? さらに、はあちゅうさんは動物愛護精神のある人からも「嫌い」という声が目立ちます。 原因ははあちゅうさんの上のツイートで、まるでSNSで有名になりたいがために動物を飼う事を勧めているようで、動物の命を何だと思っているのか?という批判が噴出、炎上したのです。 お金を使ってくれないとファンじゃない? また、はあちゅうさんの金儲け主義が「嫌い」という人も多数いるようです。 例えば、上のツイートにも批判が集まりました。 はあちゅうさんはネットコンテンツで稼いで生活しているので、この主張は正論ではあるのですが、こうした発言を包み隠さずにしてしまう事で炎上騒動に発展してしまう事が多いようです。 はあちゅうがアンチを特定して情報公開!信者も粘着質? 2019年3月、はあちゅうさんが自身のアンチを特定し、ネットで情報公開する反撃に出た事が騒動になっています。 また、アンチだけでなく、はあちゅうさんの信者も粘着質でやばいというのも話題になっています。 しつこいアンチの情報をネットでさらして批判が殺到 はあちゅうさんが自分にしつこくアンチ行為をしてくる人の情報を Twitterで 晒した事が物議を醸しています。 この投稿から、このアンチの主婦の方の身元が割れる事になりました。 これに対し「真偽の説明もなしにいきなり個人特定できる情報を晒すのはおかしい」と批判が殺到、炎上騒動に発展しています。

次の