婚活 返事 遅い。 婚活で返事に迷った時、男と女は違う。

婚活中に「返事が遅い」と感じた場合の対処法3つ|婚活サイト ブライダルネット|IBJ

婚活 返事 遅い

そもそもメールの返信が遅い=脈ナシではない 恋愛において、メールの返信速度と脈アリかどうかの関係性については、さまざまな意見がありますが、メールの返信が早い=脈アリだと捉える人が多いようです。 つまり、その逆のメールの返信が遅い=脈なしと捉える人も多いということになりますね。 それは婚活においても同じこと。 あまりメールが来ない相手には徐々に興味がなくなってしまったり、婚活に本気度が感じられないと不満に感じる人もいるのです。 ただし、 メールの返信が遅いだけですべてのケースが脈ナシだと判断するのは少し早すぎるかもしれません。 婚活での少ないチャンスをしっかりとモノにしていくためにも、遅い裏に隠された理由はあらかじめ頭にいれたうえでメールのやり取りを開始しましょう! 婚活ならでは理由があった! 婚活では、複数の人とコミュニケーションを図る場合が多いですよね。 誰か一人に絞ってアプローチしたり、メールのやりとりをする人は少数派です。 正式なお付き合いにまで発展するには、その複数人の中で「この人が一番!」と、お互い思えるかどうかが大切です。 婚活を初めて間もないころは、誰か一人とマッチングするだけで嬉しいものですが、相手の状況は違うかもしれません。 複数人と連絡しあっている ふつうの恋愛と違う点は、やはり結婚に向けた出会いのために、理想の人を見つけるまでは複数の人とコミュニケーションを図る点ですよね。 中には、「年内に結婚したいと思える人に出会う!」など期間を決め、やや焦り気味で婚活している人もいます。 積極的に婚活に励んでいる人は特に、複数人とのメールのやりとりを並行して行っている可能性が高いです。 ということは、どうしてもテンポよくメールのやりとりができませんよね。 メールが来て速攻で返信したのに、返事がこないのは、この原因が影響しているかもしれません。 興味をもってもらえなくなった 複数人と同時にメールをするのが当たり前な婚活では、言い換えれば出会った複数人の中から理想に近い人を絞っていくことでもあります。 もし、他に自分よりもさらに理想的な異性と出会った場合は、残念ながらあなたに興味がなくなったのかもしれません。 また、他の人とは連絡をとっていないのに、あなたとは連絡をとっている場合でも、長期的にメールを重ねるうちに新鮮味がなくなり、興味がうすれてしまった可能性も考えられます。 相手に悪気がない場合もある! 筆マメかどうかは、個人の感覚の問題です。 メールが来たらすぐに返信しないと落ち着かない人もいれば、確認はするものの、返事の必要性がなければ返信しない人もいます。 特にプライベート性の高いメールのやりとりだと、返信を早く求める内容にはなりませんよね。 ですから、 「返信しないことについて悪気はない」という人が一定数いることも予め覚えておきましょう。 本当に仕事が忙しい 婚活をする人は、20代後半~40代前半までが多く、働き盛りの年代でもありますね。 そのため、仕事が忙しくてなかなか返信できないという人もいます。 「たった1分あれば返信できるのに!」と思うかもしれませんが、本当に仕事のことで頭がいっぱいだと、常に仕事モードですから、手持ち無沙汰な時間があったとしても、「メールを返す」という意識に変わらないこともあるのではないでしょうか。 こういった場合、 メールの返信が遅くなるのは仕方のないことかもしれませんので、相手の状況をよく考えながら関わることも大切です。 体調や気分がすぐれない 多忙を極める現代人、時には体調を崩したり気分がすぐれないこともありますよね。 弱って休んでいる時だからこそ、誰かに甘えたいと考えてメールを送る人もいますが、その逆の人もいます。 特に、婚活中は相手に対してのメール内容にとても気遣うものです。 体調が悪いなどのネガティブな内容をメールしては、相手も困るだろうと考える人も多いんです。 また、気分がすぐれない時に返信すると「そっけない内容になるかもしれない」とあえてメールを送らない人もいます。 さらに、本当に寝込んでしまっている状況だとメールの返信どころではありませんので、この辺りの 見極めは重要なポイントです。 スマホを見る頻度が少ない 人それぞれの習慣の問題ですが、スマホを一日のうちに数回しかチェックしない人と、頻繁にチェックする人とでは、メールが来たことに気づく回数が異なります。 スマホを鞄の中に入れっぱなし。 充電器に挿しっぱなし。 といった あまり注意深く見ない人はどうしてもメールがきたことに気づきにくいものです。 無理のない範囲に調整しようとしている 婚活歴が長いと、ある程度要領を得るようになります。 マッチングした人とのメールは、はじめこそ盛り上がりますが、徐々に話題がなくなったり、始めから力を入れすぎると疲れてしまうことを経験者は知っています。 ですから、 メールのやりとりに疲れて相手とのコミュニケーションがおっくうにならないよう、あえて無理のない範囲にとどめてメールをする人もいます。 婚活初心者の人や期間を決めて婚活している人は、マッチングした人のことを早くよく知りたい!とメールのやりとりを頻繁に行いたいと思うでしょう。 ですが、相手が結婚に急いでいない場合は、意識的に自分の生活に無理のない範囲で婚活しようとすることから、どうしても温度差が生じる原因になるんです。 婚活・恋愛初心者にありがちな原因も! 婚活には、これまで恋愛ベタであまり異性とのコミュニケーションの経験がない人もいます。 日常生活に出会いがない人も参加しやすいため、これまで誰とも付き合ったことがないという人もいますよね。 特に、男性の場合、女性ほどメールをこまめにやりとりしたり、話題を展開していくことが苦手な人もいます。 「今日は天気がよくて、とても気持ちよかった~」など、日記のようなメールを見た時、どう返答してよいものか戸惑う人だっているんです。 また、 相手によく思われる文面を意識するあまり、何度も送信前に読み返したり、書き直しているうちに時間が経ってしまうということもあります。 また、「私のことについては聞いてくれないのなら、興味がないのかな」とも思われかねません。 これは、あなたのメールの内容を見直すべきです。 相手は一生懸命コミュニケーションをとろうとしていても、あなたの返答やメールから相手のことを知りたいという気持ちが伝わらなければ、自然消滅に近い形でメールが途絶えてしまう原因になります。 まとめ 今回は、婚活のメール返信が遅い時の疑うべき7つのポイントについてご紹介しました。 メールの返信が遅い=脈ナシという可能性もありますが、相手に悪気がないこともあるため、一概に脈ナシとは言い切れないようです。 しかし、メールの返信タイミングについての価値観も、その人の個性と言えますから、お互いに歩み寄る中で心地よいタイミングでメールを返信してくれるというポイントだって一つの判断要素です。 婚活を急いでいる人や、相手の真剣度を重視したい人で、メールの返信が遅いことにヤキモキする場合は、デートや電話でのコミュニケーションが可能かどうかを打診しても良いかもしれませんね。 バツイチ再婚者、シンママ、シンパパ ・中年婚、年の差婚、地方婚ができる ・女性は月額料金無料 男性は月額3400円〜• 関連する記事• 2019. 28 「結婚するならこんな人が良い!」という理想はあっても、実際に見つけるとなると難しいもの。 男性に求める条件を決めても、なかなか理想の条件を満たしている[…]• 2019. 20 婚活パーティーでは女性らしい服装が好まれるので、パンツよりもスカートの方がおすすめです。 しかし、スカートであれば何でもいいというわけではありません。 女[…]• 2019. 30 結婚に向けた出会いのチャンスといえる婚活パーティー。 東京エリアでは多種多様な婚活パーティーが広がりを見せていますが、新宿での婚活パーティーはどのような[…].

次の

「お見合い申し込みの返事がこない!」理由とは?

婚活 返事 遅い

出逢えたを叶える親切丁寧な横浜神奈川川崎の結婚相談所横浜Be婚わたべです。 お見合いは出逢いのルールがあります。 お互いにプロフィールで気に入った男女が日にちを決めて約束の場所に会いに行きます。 お見合いの場所は、ホテルのラウンジで待ち合わせして、そのままティールームでお茶をして会話を楽しむのが一般的です。 レストランやティールームの前で待ち合わせして、お店に入ることもあります。 お見合いは、二人でお茶をいただきながらお互いにお人柄を確認して、一緒の時間を共有します。 そして、お見合いが終われば双方の仲人にお返事をします。 お互いに気に入れば、連絡先を交換して交際開始となり、普通の男女の交際が始まります。 お見合いが終わると、本日のお見合いのお返事をしなければなりません。 もう一度お会いしたいのか。 それともお断りなのか。 人の印象は第一印象で決まるので、これは無いなと思うのはすぐにわかりますね。 今日はとても楽しかったので、また会いたいな。 と好意的な返事もすぐに出来ます。 しかし、なかなか返事できないことがあります。 お相手が良いのか悪いのか考えてしまう時です。 そんな時は、仲人にどういう返事をしていいのか迷ってしまいます。 迷った時は、男性と女性では対応が違うことを知っていましたか? それはね、男性と女性の感じ方や行動の違いから来るからなんです。 男性が迷いがある場合にはお付き合いを勧めません。 男性が、お見合い後にもう一度会いたい!彼女がとても気に入った、彼女が忘れられない。 そんな時は、すぐに交際希望と返事します。 しかし、もう一度会いたいと気持ちを即答できない場合は、男性は彼女にそれほど好意を抱いていいないんです。 男性の場合、最初に会った時に彼女に対する好意の感情はピーク最高に上がっています。 それから、時間を重ねる毎に、だんだんと好きという気持ちが減っていきます。 一回目に良くなかった時に、2回目はもっと気持ちの度数が下がってしまいます。 次にもっと良くなることはほとんどありません。 だから男性は最初に良くなかった女性とは何度あっても感情は上がらないので、結婚に繋がるのはほとんどありません。 好きでもない女性と交際するのは、時間とお金の無駄になりうるので、最初にダメと感じた人とはさっさとお断りしたほうが男性には良い方法かと思います。 これは、人によって感情の変化は例外もありますので、その時は参考になさってください。 男性の本能に逆らうことなく、初めて会ってまた会いたいと思った女性と交際すると、ますます女性に対して愛情も信頼も強くなり、やがて結婚に繋がることになります。 これが、男性の成婚に繋がる成功のコースです。 女性の場合はどうでしょう? 女性は男性とは、迷った時の対応が違ってきます。 「迷ったならば、もう一度会ってみたらどうかしら。 」と、再度お会いすることを進めます。 女性は男性と違う考えや行動が違います。 最初はあまり良くなくても、2回、3回と会うことにより相手の良いところを認めて気持ちも変化してくることが多くあります。 女性は男性のように最初に感情がピークに盛り上がることはあまりありません。 最初は少しでまあまあいい人かしら?、次にデートして、また時間を置かずに会ってみる。 回数会うたびにだんだんと好きの感情が高まってきます。 男性と女性は恋心も違うようです。 じわじわと好きの感情が高まってきてやがて好きな気持ちがピークを迎えてゴールインとなります。 仲人は男女の気持ちの特質を見て、男性と女性にアドバイスをしていきます。 交際するのか辞めるのかは決めるのは本人です。 お見合いをした本人の結論は大事です。 ご本人の意見を支持して次に進めますので安心して仲人にお返事してください。 最近はお相手の返事が来るまで、絶対に自分の返事をしない人が多くいます。 お相手に交際希望と先に返事をして、お相手から交際を断られると自分が振られた気分になりプライドを傷つけられたと感じるからなのでしょう。 それは、あなたが振られたのではありません、単にご縁がなかっただけなのです。 次のご縁に早くつなげるためにも、お見合いの返事は早くいたしましょう。 出会いや結婚前提のお相手などの男女のお付き合いについてお気軽にご相談くださいませ! ご相談したからといって入会のご案内はございませんのでご安心を。 横浜Be婚わたべ宛入会前に結婚相談をチャットで 直接facebookメッセージでも受け付け中。 お電話のご相談なら045-355-3115? Webから: 投稿日 : 2016年9月22日.

次の

お見合いで返事が遅いときは脈なし!? 相手の頭の中は?

婚活 返事 遅い

「ちょっと返事が遅いな」と感じても、その相手は仕事が忙しくてじっくり返事を考える時間が取れないのかもしれませんし、あるいは、もともとメールやLINEなどのやり取りがマメではなかったり、苦手なタイプなのかもしれません。 そんな相手に返事を催促しても良いことはありません。 返事を急かしたら「自分のペースとは合わないな」「こちらの事情を考えてくれないんだな」などと思われて印象が悪くなるだけです。 相性を見極めながら距離を縮めていく女性と比べて、男性は一気に燃え上がるような恋愛をしやすい傾向があります。 そんな男性が「すぐに返事が欲しい」と思ってしまうのもわかりますが、そこで グッと堪えて待つ優しさを持てなければ、恋活・婚活を成功に導くことは難しくなります。 仮に、その女性があなたとライバルのどちらと関係を進展させるか迷っていたとしたら、ペースを合わせてくれないような男性は不利になるでしょう。 男性であっても女性であっても、相手の気持ちや状況に配慮することは、恋愛において必要不可欠なのです。 「返事が来るまで待て!」と言われても、相手の気持ちが気になって思いを抑えきれないこともあるかもしれません。 そんなときは、「しつこいな」と嫌がられてしまうリスクはありますが、少なくとも2~3日は間を空けてから、 イチかバチかで連絡してみるのもありです。 連絡する内容は思い切ってデートの誘いも良いですが、唐突ですので、まずは 相手への好意を端的にはっきり伝えてみましょう。 ストレートに好意を伝えられて嫌な気持ちになる人はいません。 今までやり取りした内容や、デートに行ったことがあればその思い出などを具体的に挙げて、どんなときに自分が相手のことを「好き」と感じたのか、あらためて伝えてみてください。 特に男性は、自分の感情を素直に表現することや、言葉にして伝えることが得意ではない人が多いです。 そういった態度が「この人、本当に私に好意があるのかな?」と迷わせてしまっているかもしれないので、時には「好き」という気持ちをストレートに伝えることが必要なんです。 ただ、思いがあふれ過ぎて長文になっていたり、勝手に想像を膨らませて暴走してはいけません! 一日置いてみる、下書きするなど、伝えたいことは整理してから伝えるようにしましょう。 そうは言っても、反応が悪いことが1度や2度ではなくずっと続くようなら、やはり相手は何らかの事情を抱えている可能性が高いです。 そんなときはすっぱりと諦めて、 次の恋を探しましょう! 恋愛や婚活が成就するかどうかはタイミング。 これまでは「相手の返事が遅い場合の対処法」を書いてきましたが、逆に自分自身が返事を遅らせてしまって、相手をヤキモキさせていないかを振り返ってみることも大切です。 婚活を進める中で一度やり取りが始まると、次のステップに進みたいと思えない相手でもお断りできず、当り障りのないやり取りを続けてしまうことがあります。 そのような関係を増やしていくと、誰に対しても返事が遅くなったり、真剣に考えようと思い始めた本命をヤキモキさせてしまったりすることが出てきてしまうかもしれません。

次の