きびなご フライ。 キビナゴの旬の時期・季節はいつ?産地やどんな魚か、食べ方のおすすめも

キビナゴの旬と食べ方。イカナゴとの違いも。

きびなご フライ

もくじ• city. sukumo. kochi. html キビナゴは、1年中獲れる魚種なんですが、実はキビナゴには旬の時期が年2回あるとされています。 ここでは、キビナゴの旬について見ていきましょう。 寒さの厳しいこの時期は身が引き締まりとても美味しいですね。 また、2回目の旬は、初夏の時期である5月から6月で、この時期は「子持ちキビナゴ」の旬になります。 この時期に水揚げされるキビナゴが子持ちキビナゴです。 子持ちですので、お腹の中に卵や白子が入っています。 キビナゴはこの時期になると、産卵のために湾に入ってくるため漁獲量も増えてきます。 1回目の旬となる冬期は、寒の入った12月頃は刺身が美味しいと思います。 また2月頃になると、産卵期前で脂がたっぷりのってきますので、塩焼きがおススメです。 キビナゴを水揚げし、各地の市場に出荷しているのは鹿児島・熊本・長崎・宮崎・大分・愛媛・高知・和歌山・三重・静岡となっていますが、中でも有名な漁獲地は鹿児島・高知・長崎となります。 これらの産地ではキビナゴの漁獲量が多く、ポピュラーな魚としてきびなごは知られていますが、それぞれで旬の時期にも違いはあるのでしょうか?• 鹿児島県 5月~6月が旬とされています。 高知県 冬~春が旬とされています。 長崎県 6月と8月が旬とされています。 長崎県では、 8月も旬があるとされています。 8月は特にから揚げで食べることが多いようです。 また、鹿児島県では、郷土料理の一つとされていて、地域に欠かせない食材となっています。 鹿児島県は、キビナゴを市場に流通させている数少ない地域のひとつですが、キビナゴは同県内では広く分布して生息しているので、さまざまな場所で盛んに漁獲されているそうです。 キビナゴの身は非常に柔らかく、手で開いて刺身を簡単に作ることができるので、鹿児島県では手開きした刺身を菊の花にかたどって並べる「菊花造り」が有名です。 また、調理が簡単で用途も幅広いため加工商品も多く存在するなど、お土産品としても人気の魚なんです。 インド洋と西太平洋の熱帯・亜熱帯域に広く分布していますが、日本では本州中部以南で主に漁獲されています。 漁獲される地方によって「ハマゴ」や「キビナゴ」「カナギ」など色々な呼び名が見られます。 かなり呼び名があるので、こちらも簡単に紹介しておきます!• キッポ 鳥羽 ・・・小魚の意味から「寸魚 きお 」の転呼でキッポと呼ぶ。 「寸 き 」は古代の尺度の単位で現代の寸 すん にあたる。 カナギ 九州・山口 ・・・糸のように細い魚の意味。 古語で「カナ」は糸のことであり、「ギ」は魚名語尾。 この地方ではイカナゴもカナギと呼ぶ。 ハマゴイワシ 伊豆 ・・・春の産卵期になると岸近くに群がることから、「浜魚 はまご イワシ」の意。 ジャムキビナゴ 長崎五島 ・・・「ジャム」は「ジャミ」の転呼で、極めて小さいものをいう。 細身や細魚の意。 シュレン 奄美 ・・・呼名の語意は不祥であるが、珠簾 タマスダレ のように、すがすがしく美しい魚の意であろうか。 シザコ 種子島 ・・・イワシの仲間なので、「ジャコ」が訛って「ザコ」になった きびなごのおいしい食べ方は? ここまででキビナゴの旬についてご紹介しましたが、次にここではキビナゴの美味しい食べ方について、ご紹介しようと思います。 刺身・・・一番は刺身です! 縦帯状の模様が美味しそうですね。 名産地である鹿児島では刺身を酢味噌で食べるそうです。 blog22. fc2. html.

次の

キビナゴの旬と食べ方。イカナゴとの違いも。

きびなご フライ

魚売場でよく見かける「わかさぎ」「きびなご」「かたくちいわし」「稚鮎(ちあゆ)」などの小魚たち。 旬になると値段も手頃で買ってみようと思うものの、下処理が面倒そうで手が出せない、なんてことありませんか? でも実は、下処理は不要! 頭や内臓を取らなくても丸ごと食べられる、使い勝手がいい魚なんです。 そこで今回、魚のプロに簡単に作れる揚げもの「フリット」のレシピを教えてもらいました。 材料3つでカリッと揚がる 「小魚フリット」の作り方 「小魚は水洗いするだけで丸ごと使えます。 フリットなら衣の材料はたった3つ。 最大のポイントは炭酸水を使って衣をカリッとさせること。 天ぷらやフライより、ずっと気軽に作れるのでおすすめです」 そう教えてくれたのは、伊勢丹新宿店の魚のプロ、<東信水産>上條八千代シェフ。 材料(作りやすい分量)• <フリット衣>• 小麦粉…70g• 片栗粉…30g• 炭酸水(ビールでも可)…100㎖• 揚げ油…適量 作り方 1)小魚はさっと洗って。 水気をふく 小魚は洗ってバットなどに並べ、ペーパータオルで挟み、しっかり水気をふく。 「魚の水気はしっかりと拭くことがポイントです。 水気があると衣がつきにくく、揚げるときにはねる原因にもなります」 2)フリット衣を作る ボウルに小麦粉、片栗粉を入れて軽く混ぜる。 炭酸水を注ぎ入れ、泡立て器でよく混ぜる。 「炭酸水の代わりにビールを使うのもおすすめです。 炭酸水を使う場合に比べて、衣の味にコクが出て、アルコール効果でよりカリッと仕上がります。 衣は薄い茶色に色づきます。 初心者は揚げ油をたっぷり使ったほうが、油の温度が安定するので失敗しにくい。 「魚に塩気があるので、塩はふらなくてOKです。 揚げ時間は魚の大きさによって変わります。 7~8cmの魚は3~4分。 さらに小さい3~4cmの魚は1~2分を目安に揚げてください」 衣はカリカリッ、魚の身はふわふわっ! 香ばしい揚げたてフリットをつまんで口に入れると、衣はカリカリッとした食感。 魚の身はふわふわっとやわらかく、うまみが広がります。 パクパク食べやすいサイズなので、ビールを片手にすれば、もう手が止まならい美味しさ! 「好みでカレー塩、山椒塩、スパイス塩などをふったり、衣に直接、カレー粉や粉チーズを加えたりしても美味しいですよ」 丸ごと食べられるのが小魚のいいところ。 カルシウムもとれるので、お子さまのおやつにもおすすめです。 5~8㎝の大きさで5~6月が旬。 さらに小さい2~4㎝のものは「豆じんた」と呼ばれる。 一般的には干物として流通。 揚げるときは洗わずに衣をつけて。 身はやわらかく加熱してもかたくならない。 揚げるときは目をとる。 ほかに、 【わかさぎ】【きびなご】【かたくちいわし】【ちか】【目光り(めひかり)】【川えび】など。

次の

キビナゴの旬と食べ方。イカナゴとの違いも。

きびなご フライ

もくじ• city. sukumo. kochi. html キビナゴは、1年中獲れる魚種なんですが、実はキビナゴには旬の時期が年2回あるとされています。 ここでは、キビナゴの旬について見ていきましょう。 寒さの厳しいこの時期は身が引き締まりとても美味しいですね。 また、2回目の旬は、初夏の時期である5月から6月で、この時期は「子持ちキビナゴ」の旬になります。 この時期に水揚げされるキビナゴが子持ちキビナゴです。 子持ちですので、お腹の中に卵や白子が入っています。 キビナゴはこの時期になると、産卵のために湾に入ってくるため漁獲量も増えてきます。 1回目の旬となる冬期は、寒の入った12月頃は刺身が美味しいと思います。 また2月頃になると、産卵期前で脂がたっぷりのってきますので、塩焼きがおススメです。 キビナゴを水揚げし、各地の市場に出荷しているのは鹿児島・熊本・長崎・宮崎・大分・愛媛・高知・和歌山・三重・静岡となっていますが、中でも有名な漁獲地は鹿児島・高知・長崎となります。 これらの産地ではキビナゴの漁獲量が多く、ポピュラーな魚としてきびなごは知られていますが、それぞれで旬の時期にも違いはあるのでしょうか?• 鹿児島県 5月~6月が旬とされています。 高知県 冬~春が旬とされています。 長崎県 6月と8月が旬とされています。 長崎県では、 8月も旬があるとされています。 8月は特にから揚げで食べることが多いようです。 また、鹿児島県では、郷土料理の一つとされていて、地域に欠かせない食材となっています。 鹿児島県は、キビナゴを市場に流通させている数少ない地域のひとつですが、キビナゴは同県内では広く分布して生息しているので、さまざまな場所で盛んに漁獲されているそうです。 キビナゴの身は非常に柔らかく、手で開いて刺身を簡単に作ることができるので、鹿児島県では手開きした刺身を菊の花にかたどって並べる「菊花造り」が有名です。 また、調理が簡単で用途も幅広いため加工商品も多く存在するなど、お土産品としても人気の魚なんです。 インド洋と西太平洋の熱帯・亜熱帯域に広く分布していますが、日本では本州中部以南で主に漁獲されています。 漁獲される地方によって「ハマゴ」や「キビナゴ」「カナギ」など色々な呼び名が見られます。 かなり呼び名があるので、こちらも簡単に紹介しておきます!• キッポ 鳥羽 ・・・小魚の意味から「寸魚 きお 」の転呼でキッポと呼ぶ。 「寸 き 」は古代の尺度の単位で現代の寸 すん にあたる。 カナギ 九州・山口 ・・・糸のように細い魚の意味。 古語で「カナ」は糸のことであり、「ギ」は魚名語尾。 この地方ではイカナゴもカナギと呼ぶ。 ハマゴイワシ 伊豆 ・・・春の産卵期になると岸近くに群がることから、「浜魚 はまご イワシ」の意。 ジャムキビナゴ 長崎五島 ・・・「ジャム」は「ジャミ」の転呼で、極めて小さいものをいう。 細身や細魚の意。 シュレン 奄美 ・・・呼名の語意は不祥であるが、珠簾 タマスダレ のように、すがすがしく美しい魚の意であろうか。 シザコ 種子島 ・・・イワシの仲間なので、「ジャコ」が訛って「ザコ」になった きびなごのおいしい食べ方は? ここまででキビナゴの旬についてご紹介しましたが、次にここではキビナゴの美味しい食べ方について、ご紹介しようと思います。 刺身・・・一番は刺身です! 縦帯状の模様が美味しそうですね。 名産地である鹿児島では刺身を酢味噌で食べるそうです。 blog22. fc2. html.

次の