インスタ ライブ 録画。 インスタライブは保存ができる?!特殊なアプリを使わずに簡単に録画する裏技!

嵐のインスタライブの録画・保存方法。インスタグラムの登録・視聴方法も説明☆

インスタ ライブ 録画

この時、すぐにダウンロードできるようなら「 Live Video is Ready」 ダウンロードに時間がかかるようなら「 Loading」と表示されます。 「 Loading」と表示された場合は、OKをタップして「 Live Video is Ready」と表示されるまで1分ほどお待ちください。 これでカメラロールにアーカイブが保存されます。 画面収録 iPhoneでインスタライブを録画したい場合は、標準機能の画面収録を使って録画しましょう。 画面収録をしても相手にバレる心配はありません。 これまで画面収録を使ったことがない場合は、まずコントロールセンターに画面収録を追加してください。 ここからの手順はホームボタンの有無で若干異なります。 iPhone 8 以前のホームボタンがある機種をお使いの場合は、画面下から上に向けてスワイプするとコントロールセンターを表示できます。 iPhone X 以降のホームボタンがない機種をお使いの場合は、画面右上から下に向けてスワイプするとコントロールセンターを表示できます。 コントロールセンターが表示されたら、画面収録ボタンを長押ししてマイクがオフになっていることを確認しましょう。 マイクがオンになっていると内部音声だけでなく周囲の雑音も拾ってしまいます。 あとは「収録を開始」をタップしてインスタライブの画面を開くとライブ配信を録画できます。 録画を終了したい場合は画面上部の赤色のステータスバーをタップして「停止」で終了できます。 Androidから行う場合 Android編ではインスタライブの保存アプリと画面録画アプリの使い方をご紹介いたします。 in Grabber インスタライブの保存アプリ「in Grabber」はコメントなしで保存できる優れものです。 ただし、配信者がライブ終了後にアーカイブを公開していない場合は保存できません。 ここからはライブのアーカイブが公開されていることを前提に使い方を解説してまいります。 アプリを開くと利用規約への同意を求められるので「CONTINUE」をタップしてください。 次に年齢を設定して再び「CONTINUE」をタップします。 ログインできたら画面下の「Search」をタップして、アーカイブを公開してくれているユーザーを検索しましょう。 フォローしている人数が少なければ画面左下の「Posts」からアーカイブを探していただいても構いません。 そうするとIGTVにシェアされているライブが表示されるので、ダウンロードボタンをタップしてください。 これでギャラリーにライブが保存されます。 AZ スクリーン レコーダー 「AZ スクリーン レコーダー」はAndroidの代表的な録画アプリです。 ですが、Android端末の仕様上、内部音声のみを録画することはできません。 内部音声のみを録画したい場合は分配ケーブルなどが必要になります。 ここからは上記の点を踏まえて読み進めてください。 アプリを起動したら「GO TO ALLOW THIS」をタップし「他のアプリ上に重ねて表示」を有効にします。 続いてホーム画面に戻り画面右下の録画ボタンをタップして、メディアやマイクへのアクセスを許可してください。 これでAndroidの画面をいつでも録画できるようになります。 録画の開始や停止は画面上部から通知バーを引き出すと手軽に行えます。 PCから行う場合 PC編ではインスタライブのアーカイブを保存できる「IG Stories for Instagram」を使った保存の仕方をご紹介いたします。 こちらはリアルタイムで録画する方法ではありませんが、コメントなしで保存できるのが特徴です。 アーカイブが公開されない可能性があるので録画しておきたい方は、• Windowsをご利用の場合は「」• Macをご利用の場合は「」 をお使いください。 どちらも各OSに標準搭載されています。 追記 インスタの仕様が変わり、ストーリーではなくIGTVにアーカイブが残るようになったため、IG Stories for Instagramでは保存できなくなりました。 IGTVにシェアされているアーカイブの保存方法は、を参照ください。 それでは「IG Stories for Instagram」の使い方を解説していきます。 追加できたらにアクセスしてください。 保存したいライブの配信者をフォローしており、その配信者がライブをストーリーにシェアしていた場合は、フィードの先頭にライブアイコンが表示されているのでクリックしてください。 もし、相手をフォローしていない場合は検索してプロフィールページからアイコンをクリックしましょう。 これで公開中のライブがPC上に保存されます。 自分のインスタライブを保存する方法 自分のインスタライブを保存する方法は簡単です。 ライブ配信終了後の画面で「動画をダウンロード」をタップしてください。 そうするとカメラロールやギャラリーにライブが保存されています。 ライブを見逃した方向けにアーカイブを残したい場合は、「IGTVでシェア」をタップしてください。

次の

嵐のインスタライブの録画・保存方法。インスタグラムの登録・視聴方法も説明☆

インスタ ライブ 録画

インスタライブとは インスタライブとは、大人気SNSインスタグラムのアプリ内で利用できるライブ配信機能です。 写真や動画と違い、 リアルタイムな動画を楽しむことが最大の特徴になります。 またインスタライブは別のアプリや配信機材などは必要なく、インスタグラムのアカウントとスマホ1台で手軽に利用できることで人気となっています。 サービス開始当初は芸能人・有名人によるライブ配信が主でしたが、その手軽さから今では一般ユーザーの利用も多くなりました。 インスタライブのコメント機能 インスタライブには 視聴者から配信者にコメントを送る機能があります。 コメント機能があることによって視聴者と配信者間でコミュニケーションをとりながらライブ配信を楽しむことができます。 人気のあるインスタグラマーともライブ配信を通してコミュニケーションがとれるのでコメント機能はインスタグラムをより楽しくしてくれる機能といえるでしょう。 関連記事はこちら インスタライブの見方 最初にインスタライブの見方や基本的な使い方を解説していきます。 まずはインスタグラムのアプリを起動して、ホーム画面を開きましょう。 ホーム画面を開いたら画面の上にある「ライブ動画」と表示されたストーリーのアイコンをタップします。 「ライブ動画」のアイコンをタップすると、以下の画像のようにインスタライブに見ることができます。 インスタライブを見始めると同時に「〇〇(自分のID)が参加しました」とコメント欄に通知されます。 ユーザーの参加通知は 配信者だけでなくほかの視聴者にも届くので、あなたがインスタライブを見にきたことが知られるようになっています。 芸能人のインスタライブであれば問題ないでしょうが、知り合いの配信に参加するときは注意が必要です。 以降ではインスタライブを見ているときの基本的な操作を解説していきます。 インスタライブにコメントを送る インスタライブを見ている最中はコメントを送って配信者とコミュニケーションをとることができます。 配信に参加するとまず画面の下に「こんにちは」や絵文字が表示されるので、どれかタップして配信者に挨拶してみましょう。 ここでは「こんにちは」をタップします。 タップしたものがコメント欄に送られたことがわかります。 コメントや絵文字の候補一覧が表示されるのは、インスタライブを見始めたときだけです。 2回目以降コメントを送りたいときは、画面の下にあるコメント入力フォームにテキストを入力して送りましょう。 コメントした内容は配信者やほかに視聴している人全員みることができます。 誰にみられるかわからないので個人情報などのコメントはしないように注意しましょう。 インスタライブにハートを送る インスタライブには配信を盛り上げるハート(いいね)を送る機能があります。 通常の投稿と違って、インスタライブのハートはひとり何回でも送ることができます。 ただハートを送ったからなにかが起こるとかはないです。 しかし、配信を見ているだけでなく、ハートやコメントを送って自分も配信に参加していくとインスタライブをより楽しめるでしょう。 それではハートはどのようにして送るのかを解説します。 操作はすごくシンプルで、インスタライブの画面右下にある「ハートマーク」をタップするとハートを送れます。 送ったハートはハートマークから上のほうに一瞬あがり、すぐに消えるようになっています。 ですからハートマークを連打してもハートがどこかにたまることはないので、気軽に使っていきましょう。 インスタライブをシェアする インスタライブはストーリーと同じようにほかのユーザーにシェアすることができます。 気に入った配信があれば友だちにシェアして一緒に楽しむといいでしょう。 ここではインスタライブのシェア方法を解説します。 まずは画面の右下にある「紙飛行機マーク」をタップしましょう。 送信先アカウント一覧が表示されます。 シェアしたいユーザーの右側にチェックを入れて、画面の下にある「送信」をタップします。 これでインスタライブをシェアすることができます。 非公開アカウントによるインスタライブの場合、 シェアできるのは配信者のフォロワーに限られることを覚えておきましょう。 インスタライブの参加リクエストとは インスタライブを見にいくと表示されている「〇〇(配信者のID)のライブ動画への参加リクエストを送信する」。 これがどういう機能なのか気になっている人も多いのではないでしょうか。 参加リクエストは、 ほかのユーザーと一緒にコラボ配信するときに使われます。 コラボ配信がどういうものかはLINEグループのビデオ通話をイメージしてもらえるとわかりやすいかもしれません。 参加リクエストをしてコラボ配信すると、LINEグループのビデオ通話のようにお互いの画面が同時に表示された形で配信が行われます。 「配信をみてるときに間違ってリクエスト押しちゃったらどうしよう…」 と不安に思わなくても大丈夫です。 「リクエスト」を間違ってタップしたとしても、以下の画像のような確認画面が表示されます。 ここで「リクエストを送信」をタップしなければ大丈夫です。 たとえリクエストを送ってしまったとしても配信者がリクエストを承認しないとコラボ配信は始まりません。 基本的に インスタライブを見るだけの人は気にしなくていい機能ですね。 ほかユーザーのインスタライブを録画・保存する方法 ほかユーザーのインスタライブを録画や保存しておいてあとでじっくり見たいと考える人も多いはず。 ですが、 インスタグラムのアプリではインスタライブを保存しておくことはできません。 どうしても保存したいときは、iPhoneであれば標準で使える画面収録機能を、Androidであれば画面収録するアプリを使ってみてはいかがでしょう。 ただし後々トラブルにならないよう、インスタライブの動画を保存する旨を配信者にあらかじめ伝えておくことをおすすめします。 インスタライブを見逃したときにあとから見る方法 配信者がインスタライブのアーカイブを残していた場合、配信を見逃してもあとから見ることができます。 アーカイブの見方はインスタライブを見るときと同じように行います。 インスタグラムを開いてホーム画面の上にあるストーリーの一覧から「再生マーク」のついたアイコンをタップしましょう。 「再生マーク」のついたアイコンをタップするとインスタライブのアーカイブをみることができます。 アーカイブからメッセージを送る アーカイブでは配信者へのメッセージが可能で、送ったメッセージはダイレクトメッセージに届くようになっています。 インスタライブをみて配信者に伝えたいことがあればメッセージを送ってみるといいでしょう。 アーカイブでは早送り・巻き戻しができる 通常のインスタライブと違い、アーカイブで は動画の早送りや巻き戻しをしながらみることができます。 早送りは画面右側をタップ、巻き戻しは画面左側をタップすると15秒単位で行われます。 アーカイブでは興味ないところはとばしたり、好きなところを巻き戻して何度も見たりなど、アーカイブならではの楽しみ方ができます。 ただ、アーカイブはストーリーと同じように24時間たつと自動で消えるようになっているので、時間のあるときに早めに見たほうがいいでしょう。 お近くのノジマ店舗を検索いただけます インスタライブ配信開始の通知を受け取る方法 好きな人のインスタライブはできるだけリアルタイムで見たいもの。 そんなときはライブ配信が始まったときに通知を受け取れるようにしておきましょう。 通知の設定はインスタライブをするユーザーのプロフィール画面から行います。 まずは通知を受け取りたいユーザーのプロフィールを開きましょう。 プロフィールを開いたら「フォロー中」をタップします。 フォロー中ユーザーのメニューが画面の下にでてくるので、「お知らせ」をタップしましょう。 メニューが「お知らせ」の画面に変わったら「ライブ動画」をタップします。 するとライブ動画の通知設定画面が表示されます。 標準だと「一部のお知らせをオンにする」にチェックが入っているはずです。 「すべてのお知らせをオンにする」に変更しましょう。 これで通知設定をしたユーザーが配信を始めたときに、プッシュ通知を受け取ることができます。 インスタライブの動画は見逃してもあとでアーカイブで見れます。 しかし、リアルタイムでコメントやハートを送って配信に参加する楽しみは味わえません。 ですから見逃さないためにも通知設定をオンにしておくことをおすすめします。 インスタライブの配信方法と基本操作 ここまではインスタライブを見る側の操作方法を解説してきました。 ここからは配信する側の操作方法を解説していきます。 まず最初はインスタライブの配信方法です。 インスタグラムのホーム画面から「ストーリーズ」アイコンをタップしましょう。 するとストーリーの投稿画面が表示されます。 標準で「通常」が選択されているので「ライブ」を選択しましょう。 ライブ画面が表示されたら配信ボタンをタップして、インスタライブ開始です。 インスタライブが始まると以下画像のような画面になります。 カメラは画面左上のマークからインカメに変更可能です。 ユーザーがライブ配信に参加してくると「〇〇(視聴者のID)が視聴し始めました」とコメント欄に表示され、だれが見にきたかわかるようになっています。 また、現在配信を見ている人数が画面の上に表示されます。 のちほど解説しますが、視聴人数のところをタップすると今だれがみているかを確認することができます。 以降ではインスタライブを配信している側の基本的な操作方法を解説していきます。 視聴者にウェーブを送る インスタライブ配信者から視聴者に「ウェーブ」を送ることができます。 ウェーブとは、配信者が配信を見てくれている人に対して挨拶のように使われます。 視聴者でいうところのハートを送る行為と同じようなものです。 ただ ハートと違い、ウェーブは一度しか送れません。 ウェーブは手軽に送ることができます。 ユーザーがインスタライブを見にきたときの通知「〇〇(視聴者のID)が視聴し始めました」の右側に「ウェーブ」が表示されます。 この「ウェーブ」をタップしてウェーブを送りましょう。 ウェーブを送るとユーザーのアイコンにウェーブマークが表示されます。 あわせて「〇〇(視聴者のID)にウェーブを送信しました」と通知。 ウェーブを送ったからといってなにかあるわけではりません。 もし送られてきたら「自分が配信に参加したことを見てくれているんだな」くらいに思っておくといいでしょう。 データフォルダにある写真・画像をライブ配信画面に映す インスタライブではデータフォルダにある写真をライブ配信画面に映して視聴者に見せることができます。 見にきているユーザーに共有したい写真などあれば活用してみるといいでしょう。 ここでは写真を画面に映す方法を解説します。 ライブ配信画面の右下にあるマークをタップすると、画面の下にデータフォルダにある写真が表示されます。 画面に映したい写真を選択してタップしましょう。 タップした写真は以下画像のように画面いっぱいに表示され、カメラの映像は画面右上に小さく映るようになります。 写真の表示をやめたいときは、データフォルダの一番左にあるアイコンをタップすると元に戻すことができます。 カメラの映像だけで内容が伝わらないときなどに、データフォルダの写真を活用してみてはいかがでしょうか。 ライブ配信画面にエフェクトをかける エフェクトをかけてライブ配信画面を加工する方法を解説します。 ライブ画面右下にあるマークをタップすると、エフェクト効果の一覧が表示されます。 使いたいものをタップしましょう。 エフェクト効果は画面全体を変えるものや顔認識して顔を変えるものなど様々です。 活用すると動画が華やかになったり、おもしろおかしくなったりするのでインスタライブがもっと楽しくなるでしょう。 インスタライブの視聴者を確認する方法 インスタライブの配信者は、視聴人数だけでなく現在だれが見ているかがわかります。 ライブ画面うえの数字(視聴人数)をタップすると視聴者一覧が表示されます。 視聴者一覧ではユーザーのアイコンとIDを確認することができます。 インスタライブを見ている特定のユーザーを除外する方法 インスタライブを配信していると、視聴者のなかには不快なコメントを送ってくるユーザーがいるかもしれません。 そんなときはユーザーを配信から除外して追い出してみましょう。 ユーザーの除外は視聴者一覧から行います。 まずは視聴人数をタップして視聴者一覧を表示し、除外したいユーザーの「・・・」マークをタップします。 すると「〇〇にストーリーズを表示しない」がでてくるのでタップしましょう。 「〇〇にストーリーズを表示しないようにしますか?」と最終確認がでてくるので「非表示にする」をタップすると配信から除外できます。 ユーザーの画面には、「除外された」ではなく「インスタライブが終了しました」といった表示になるので、 相手は除外されたことに気づきません。 ただ、急にインスタライブが終了するので相手に怪しまれる可能性はあります。 インスタライブ終了時にアーカイブを残す方法 ここではインスタライブの終了とアーカイブを残す方法を解説していきます。 インスタライブの終了するときは、まず画面右上の「終了する」をタップしましょう。 「ライブ動画を終了しますか?」と確認画面が表示されるので「今すぐ終了」をタップします。 これでインスタライブを終了することができます。 また終了時にはライブ動画のアーカイブを残すか残さないかの選択が必要です。 アーカイブを残す場合は「ストーリーズをシェア」をタップしましょう。 シェアしたアーカイブの動画は ストーリーと同じように24時間たつと自動で消えます。 配信した動画をいつでも見れるようにしたいときは、保存しておくといいでしょう。 インスタライブ動画の保存方法 インスタライブの動画を保存する方法を解説します。 動画の保存はライブ終了時で行うので、ライブ終了画面まで進みましょう。 ライブ終了画面を開くと左上にあるマークをタップします。 これでライブ動画を保存することができます。 まとめ 今回はインスタライブについての説明から基本的な使い方まで解説してきました。 インスタライブは今や芸能人だけでなく、だれでも気軽に配信・視聴できるサービスです。 本記事で解説した内容を参考にインスタライブを楽しんてみてはいかがでしょうか。

次の

インスタライブの動画を保存(ダウンロード/アーカイブ)する方法|ライブ配信.net

インスタ ライブ 録画

2018年5月21日 2020年4月1日 Instagram(以下:インスタ)には1秒1秒がリアルタイムに配信される「インスタライブ」という機能があり、テレビの生放送のように今この瞬間に起きていることをフォロワーに配信ができます。 インスタライブで配信したものは、ストーリーにシェアすることで24時間公開されます。 ですが、せっかく頑張って撮影したライブ配信。 たったの24時間後に消えてしまうのって、すごくもったいないですよね。 また、誰かのインスタライブのリプレイを後から見たいと思った時も同様で、24時間で消えてしまうのはなんだか寂しい気もします。 そこでこの記事では、インスタライブの保存方法について詳しく解説していきます!自分のインスタライブをと他人のインスタライブとでは保存方法が違うので、ぜひチェックしてみてくださいね。 もくじ• インスタライブはアーカイブに自動で保存されない まず結論からお話すると、インスタライブは配信後ストーリーにシェアしても 自然アーカイブに残らない仕様になっているので注意しましょう。 一方ストーリーであれば投稿した写真や動画は、設定をONにしていればアーカイブに保存され、いつでも再度確認することができるのです。 インスタライブは自然に残らない、一方 ストーリーは自然に残すことができる、まずはこれらの違いについて頭に入れておきましょう。 ハイライトにまとめることができない ちなみにインスタライブの場合はハイライト機能も使えません。 リアルタイム配信であるため、制限が多いのですね。 「保存する」からカメラロールに保存 ちなみに、ストーリーにも投稿したい場合は下の「シェアする」をタップすればOKです。 この手順はAndroidもiPhoneも同じなので、迷うことは無いでしょう。 カメラロールに保存できれば後からストーリーにシェアすることもできますね。 自分のライブ配信を保存し忘れたら後から保存できる? ついうっかり「保存する」をタップするのを忘れてしまった場合、さらに24時間のストーリーにシェアもしなかった場合は、 ライブ動画はそのまま消えてしまうということになります。 こうなってしまうと 後から保存することは不可能になります。 レアリティを出したい場合には保存なし、シェアなしという手もアリかもしれませんが、配信時間に都合の合わないフォロワーはたくさん居るはずです。 なので、 せめてストーリーにシェアして事前にリプライを表示させるのをおすすめします。 リプライ動画には再生ボタンがつく 「保存する」をタップし忘れたとしても、ストーリーにシェアする作業を確実に行っておけば24時間いつでもリプレイできます。 さらに、後述の画面録画を使って自分の配信のリプレイを録画すれば、バックアップとして保存することも可能になるんですよ。 他人のインスタライブのリプレイを保存する方法 さて、自分のインスタライブが保存できることが分かりましたが、他の人のインスタライブは保存できるのでしょうか? iOS(iPhone・iPad)の場合は画面録画機能で 他人のインスタライブの場合、時間帯によってはリアルタイムで見られないことも多いので、配信者はストーリーにシェアして24時間リプレイを見ることができるようにしているケースがありますよね。 ですが、 残念ながらそのリプレイはインスタアプリからでは保存できない仕様です。 インスタのアプリではデフォルトでは他人のストーリーは保存できない仕組みになっているためです。 とは言え、インスタアプリではなく スマホにある画面録画機能を使えば、他人のインスタライブでも保存できます。 画面録画アプリを使う 検索するといくつか画面録画アプリが出てくるのですが、上記の画像の「画面録画」アプリが使いやすいですよ。 ダウンロードしたら最初にやり方を説明してくれるので安心です。 他の人のライブを見逃したら後から保存できる? 残念ながら他の人のライブ配信を見逃した場合、そしてその人が ストーリーにリプライ動画をシェアしていない場合は、後から保存することができません。 しかしそれがもしも友達の配信だったなら、 ライブ配信動画を端末に保存している可能性がありますので「もう1回見たい!」という希望を伝えてみましょう! PCからではインスタライブを保存できない 残念ながらPCではインスタストーリーの閲覧ができないので、 インスタライブ自体を見ることができません。 PCでできることは写真や動画の閲覧、コメント、フォローなど。 インスタライブを見たい場合も保存したい場合もスマホからが基本です。 番外編:インスタの各種保存機能の使い方をチェック 最後にインスタのデフォルト機能でできる、さまざまな保存機能の使い方をチェックしましょう。 自分のストーリーズを保存する方法 インスタの自分のストーリーを保存する方法については、以下の記事をご覧ください。 自分のハイライトを保存する方法 自分がハイライトにまとめた動画を保存する方法をご紹介します。 「写真を保存」をタップ 「カメラロールに保存されました」という表示が出れば完了です! この記事ではインスタライブの保存についてをご紹介しました。 インスタライブは制限がそれなりにありますが、ユーザーからリアルタイムにもらったコメントに答えるなど使ってみると楽しい機能です。 保存機能や画面録画で行ったバックアップは、インスタライブだけではなく、IGTVやYouTubeなどの別のプラットフォームに再投稿することもできます。 ぜひ使ってみてくださいね。 詳細 インスタのストーリーで投稿した写真や動画は24時間で消える仕組みになっているため、ユーザーのリアルタイムに近い日常などを知ることができる便利な機能です。 しかし、ストーリー機能をさらに上回る、まさに1秒1秒がリアルタイムに配信される「インスタライブ」という機能もあります。 インスタライブではテレビの生放送のように、今この瞬間に起きていることをフォロワーに配信できるのです。 インスタライブで自分が配信したものや誰かが配信したものは、シェアすることでストーリー同様24時間公開されます。 ですが24時間後に消えてしまうのってもったいないですよね。 そこで今回は、インスタライブの保存方法について詳しく解説します。 自分のインスタライブをと他人のインスタライブとでは保存方法が違うので確認してくださいね。 自分のインスタライブをAndroidやiPhoneでの保存方法 自分が配信したインスタライブの保存は簡単です。 まずインスタアプリを起動したらストーリー投稿画面に行きましょう。 「保存する」からカメラロールに保存 ライブ動画が終了したらこの画像の画面に変わります。 右上に「保存する」とあるので、ここをタップすれば自分のカメラロールに保存できますよ。 ちなみに、ストーリーにも投稿したい場合は下の「シェアする」をタップすればOKです。 この手順はAndroidもiPhoneも同じなので、迷うことは無いでしょう。 カメラロールに保存できれば後からストーリーにシェアすることもできますね。 他人のインスタライブのリプレイを保存するには画面を録画する 他人のインスタライブの場合、時間帯によってはリアルタイムで見られないことも多いのではないでしょうか。 もし配信者がストーリーにシェアしてくれていれば、24時間の間はリプレイを見ることができます。 ですがそのリプレイはインスタアプリからでは保存できません。 インスタアプリでは他人のストーリーは保存できない仕組みになっているためです。 というものの、 インスタアプリではなくスマホにある画面録画機能を使えば他人のインスタライブでも保存できます。 少し荒技になりますが、他人のインスタライブのリプレイを録画するというやり方です。 画面録画アプリを使う Androidなど画面録画機能がないスマホの場合は外部アプリを使いましょう。 検索するといくつか画面録画アプリが出てくるのですが、上記の画像のアプリが使いやすいですよ。 ダウンロードしたら最初にやり方を説明してくれるので安心です。 PCからではインスタライブを保存できない インスタはスマホだけでなくPCからでも利用できるのですが、スマホとは違いいくつかの制限があります。 PCでできることは写真や動画の閲覧、コメント、フォローなど。 残念ながらPCではインスタストーリーの閲覧ができないので、インスタライブ自体を見ることができません。 よって、PCからだとインスタライブの保存ができないようになっています。 インスタライブを見たい場合も保存したい場合もスマホからが基本です。 インスタライブはアーカイブには保存されない インスタストーリーに投稿した写真や動画は、設定をONにしていればアーカイブに保存されますよね。 アーカイブを開けばいつでもストーリーを再度確認できるのです。 インスタライブはハイライトにも追加できない そのため、ストーリーをアルバムのようにまとめる「ハイライト機能」はインスタライブにも使えないということに。 インスタライブはリアルタイム配信であるため、制限が多いようです。 インスタライブを保存し忘れたら後から保存できるのか 自分がインスタライブを配信した場合、配信終了後は右上の「保存する」から保存できると解説しました。 では、ついうっかり「保存する」をタップするのを忘れてしまった場合、後から保存できるのか気になりますよね。 インスタライブはストーリーとは違い、アーカイブには保存されません。 よって、「保存する」をタップし忘れたら、さらに24時間のストーリーにシェアもしなかったらそのままライブ動画が消えてしまうということです。 レアリティを出したい場合には保存なし、シェアなしという手もアリかもしれませんが、せっかくなら保存したいという人がほとんどでしょう。 保存したい場合は右上の「保存する」をタップし忘れたとしても、 ストーリーにシェアは確実にやっておきましょう。 ストーリーにシェアしておけば24時間いつでもリプレイできます。 その リプレイを先ほど紹介した画面録画の方法で録画すれば、保存し忘れても後から保存が可能です。 インスタライブは制限がそれなりにありますが、ユーザーからリアルタイムにもらったコメントに答えるなど使ってみると楽しい機能です。 画面録画の方法なら「インスタライブ」ではなく「インスタストーリー」として再投稿もできます。 ぜひ使ってみてくださいね。

次の